2017-09

書評・映画評

【書評】6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む|私たちにとって本とは何か

フランスで生まれた小説「6時27分の電車に乗って、僕は本を読む」を紹介しています。1冊のきちんと装丁されたものでなくても、ほんの1文からでも私たちは物語を膨らませることが出来る。人々の心に物語が広がっていく様は、本好きにとってはすごく共感できるシーンではないでしょうか。
2020.02.08
Life|より良い生き方

自分磨きの邪魔をするネガティブ人間への対処法|前向きに生きていくために

ネガティブな人が周りにいるとこっちまでネガティブになってしまう。だけど、幸せに生きていくにはポジティブでいることはとても重要なこと。今日はネガティブな人にかきまわされず、いつでもポジティブな自分でいるためのちょっとした方法をお伝えします。
2020.02.08
書評・映画評

山中伸弥が挫折の先に掴んだ栄光に学ぶ|挫折は未来へのきっかけです

iPS細胞を発見した山中伸弥。生命の未来を変えたとまで言われる研究の経緯と結果。そして彼自身の挫折と栄光を追ったドキュメント本を紹介します。彼自身の大きな挫折は実は未来へのきっかけでした。その物語は挫折から立ち直れない全ての人を勇気付けるでしょう。
2020.02.08
ビジネススキル/仕事術

【読みたい本がわからない】自分に合った本の探し方を元書店員が解説

この記事では読みたい本がないと悩んでいる方に、自分に合った面白い本との出会い方を解説します。書店員&ブックカフェオーナーとして10年以上書籍や読書に携わる中で、良い本との出会い方がわかりました。面白い作品と出会って本好きになれば、人生は大きく変わります。そんな一冊と出会うきっかけになれば幸いです。どうぞご覧ください。
2020.07.18
好きなことを仕事に

本屋をやりたい人必読!本屋Titleは本屋になりたい人の教科書的存在

東京西荻窪にある新刊書店「本屋Title」。個人書店が次々と店を閉める中オープンしたこの書店に全国から注目が集まっています。本書「本屋はじめました」では、本屋Titleの辻山さんが開店までの経緯、今後の展望をまとめており、本が好きで書店経営の夢を持つ人にとって多くのことを教えてくれるまさに教科書的な一冊です。
2020.07.18
書評・映画評

ユダヤの教えをビジネスに活用できる一冊【書評】ユダヤ人大富豪の教え

ビジネス書の名著「ユダヤ人大富豪の教え」から、幸せなお金持ちになるための方法を自分なりにまとめて書いています。ビジネス書数十冊分の内容の濃さを誇る本書。ビジネスでの成功に欠かせない知識がたくさん詰まっています。ぜひ読んでみてください。
2020.02.08
書評・映画評

書道で名言を創作し続ける中塚翠涛が作品に残した大切な言葉とは?

女性書道家 中塚翠涛さんの作品集「コトバノ森」から、著者の大切にしている言葉を紹介します。美しい字とそれに添えられた彼女の想いが合わさった一冊は、言葉の力を感じさせてくれるずっと大切にしたい一冊です。
2020.02.08
書評・映画評

自分を正当化していませんか? 他人を責めない生き方を学べる一冊

「自分の小さな箱から脱出する方法」では、怒りや不満によって人が自分の箱に入ってしまい、相手を見下し、自分を正当化しようとすると書かれています。どうしてそういう感情になるのか。そしてどうしたら箱から出て他人とうまくやっていけるのか。この一冊から多くのことが学べます。
2020.02.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました