アドセンス自動広告を設定しても最適な広告がないと何も表示されません

アドセンス自動広告で広告が出ない理由は「適した広告」がないからブログ

 

ブログを書いているの人の中にはアドセンス広告を貼って収益化されている方も多いと思います。

 

私もその一人なのですが、自動広告を使うようになってから明らかに収益が下がりました。

 

「自動だからブログ内の適した場所に適した広告が適量貼られるってことね。しかもAIが決めてくれるからベストな広告が出せるじゃん」

 

と思っていたのですが、そこには大きな落とし穴がありました。

 

 

アドセンス自動広告を設定しても最適な広告がないと何も表示されない

 

自動広告に設定しておけば、自動で広告が「設置される」わけではないのです。ここが非常に重要なポイントです。

 

正しい解釈は、「記事の内容に当てはまる広告を自動で探して、あれば入れてくれる」といった感じです。

 

自動広告がなかった時は、すべて手作業で記事の中に広告を挿入していました。

 

「この段落の下に1個目、ちょっと空けてここに2個目、結構長めの記事だから最後に3個目を入れてっと…」

 

記事を書くだけでも結構な労力がかかるのに、さらに画像の用意やseo施策、広告の挿入など仕上げにも色々と手間がかかります。

 

「自動広告を設定すれば、広告を挿入する手間がなくなるからラッキー」と思って使われている方も多いと思います。

 

ですが、自動広告は自動で広告を絶対に入れてくれるわけではないのです。

 

私の場合、自己啓発系の記事では全く広告が挿入されませんでした。広告効果のある記事ではないと判断されたのでしょうか。

 

しかし、手動で広告を挿入すると、「習い事系」や「趣味系」の広告が挿入されたり、ユーザーの趣味に連動した広告が表示されたりしますので、適した広告がないと判断されるのもおかしな気がします。

 

とは言え、現状では自動広告を設定していても広告が挿入されない場合があるというのは確かなようです。

 

 

自動広告に適した記事が少ないなら手動の方が安心

ブログのジャンルによっては自動広告だけで十分な方もいらっしゃるでしょうが、自動広告を設定してから収益が下がった方は、自動広告を信用しない方が良いと思います。

 

私も自動広告に頼りきりだった数週間の間、pvが集まっても何の広告も表示されていないという無駄な期間を過ごしてしまいました。

 

自動広告では適した広告がないと判断されても、手動で挿入すればそれっぽい広告がちゃんと入ります。活用できれば便利な仕組みですが、広告が表示されない可能性があると思うと使うのが怖くなりますよね。

 

もし、私と同じように「自動広告を設定したのに表示されていない」という方は、設定が間違っているのではなくて「適した広告がないから入れなくていいや」と判断されている可能性があります。

 

広告はブログを書く人間にとって非常に重要な要素です。そこを無闇に欠くことがないよう、自分できちんと入れていった方が安心でしょう。

 

プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

ブログ
ライフワークカフェ