【動画編集はオワコン】稼ぐには「映像制作クリエイター」になって企業の動画広告を作ろう

【新常識】動画市場で稼ぐ方法は映像クリエイターになること? 動画編集がオワコンの理由副業

動画編集を副業にして稼ぎたいと考えている方もいらっしゃると思います。

多くのYouTuberが誕生したことによって注目を集めた動画編集。ですが、動画編集で稼げる時代は終わりました。

これから勉強をして動画編集スキルを身につけても、稼げるようにはなりません。

 

この記事では、

・動画編集ではもう稼げない理由
・動画市場で求められている映像クリエイターという職種
・映像クリエイターになる方法

これらについて解説します。

 

映像クリエイターとは、映像・写真・イラストといった素材を、加工したり効果をつけることによって動画を作る仕事です。

素材を自由に扱うことによって、企業のTVCMのような多彩な表現が可能になります。

YouTubeのような簡単な編集よりもスキルが高い分、汎用性が高く、高単価な仕事ができるようになるのです。

 

・Youtubeの編集をしたかったけれど仕事が取れない方
・フリーランスとして動画制作でお金を稼ぎたい方
・WEB関係の仕事をしている方で仕事の幅を広げたい方

 

こうした方にとっては必見の内容です。ぜひ参考にしてください。

 

これから目指すなら動画編集者じゃなくて動画クリエイター

 

 

 

【悲報。動画編集はオワコン。未来はありません。】

【悲報。動画編集はオワコン。未来はありません。】

YouTubeの動画編集ができるようになったら、副業やフリーランスとして稼げる。そう聞いて動画編集に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

働き方改革やコロナの影響で残業ができなくなりましたよね。そうした環境の変化によって副業を始めた方は多く、その中でも動画編集は特に人気です。

しかし、YouTubeの動画編集で稼ぐことはもう不可能です。

YouTuberの動画編集で稼ぐというブームは終わり、今後はさらに衰退していくでしょう。その理由は以下の3つです。

 

・動画編集者が増えすぎた
・個人相手なので単価が安い
・編集ソフトの進化で自分で編集できるようになった

 

それぞれ解説します。

 

・動画編集者が増えすぎた

動画編集スキルはプログラミングのように難しいスキルではなく、未経験でも1ヶ月ほど勉強すれば出来るようになります。

今はYouTube上に無料の教材も多くありますので、学習コストをかけずにスキルを習得することができます。

しかし、それによって動画編集ができる人が増えすぎました。Youtuber以上に動画編集者の数が増えてしまい、仕事を取りにくくなっているのです。

 

・個人相手なので単価が安い

YouTuberの多くは個人であり、その多くはYouTubeからの広告収入がほとんどないような方ばかりです。

月に数百万円以上を稼ぐ有名YouTuberであれば、撮影した動画編集者を雇う余裕があるかもしれません。ですが、ほとんどの方はそうではありませんよね。

そのため、仕事の単価が安いのです。仕事を受注できたとしても、時給で見ると数百円程度の収入しか得られないでしょう。

しかも、契約しているYouTuberがやめてしまえば仕事は0になります。

YouTubeは参入者が多いだけでなく、消えていく人も多い世界。そうしたリスクがあることも理解しておく必要があります。

 

・編集ソフトの進化で自分で編集出来るようになった

動画編集をするためには、値段の高い高性能なパソコンや編集ソフトが不可欠でした。そうした設備の導入コストが、動画編集の障壁の1つになっていました。

しかし、最近は高性能なパソコンが10万円以下で当たり前のように買えますし、編集ソフトも誰でも簡単に使えるようになっています。

そのため、「YouTubeの編集は自分で出来る」という流れが加速しています。つまり、動画編集者の需要がなくなっているのです。

 

・プロ並みの動画編集が出来る無料のソフト
・AIが動画を読み込んで自動でテロップをつけてくれるソフト
・音のない時間を自動でカットしてくれるソフト

 

今はこうしたソフトが無料で使えるようになっています。

YouTubeの動画編集のほとんどはテロップ付けと不要な部分のカット。それをAIが自動でやってくれるのであればわざわざ動画編集者にお金を払う必要なんてないですよね。

 

こうした理由によって、これから動画編集者を目指しても稼げるようにはなりません。勉強した分だけ無駄な時間になってしまうでしょう。

 

では、動画編集者を目指すのはやめたほうがいいのでしょうか? 単純に動画編集という作業が好きな方もいらっしゃるでしょうし、これから伸びると言われる動画市場で稼ぎたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

実は目指す方向を少し変えることで、動画編集で稼ぐことは可能になります。

 

目指すべき方向とは「企業の動画広告」。そして、企業の動画広告を作る仕事が「映像製作クリエイター」です。

 

15年以上の実績で卒業生は9万人以上!

 

【動画編集者ではなく映像制作クリエイターを目指すべき3つの理由】

【動画編集者ではなく映像制作クリエイターを目指すべき3つの理由】

動画制作スキルで稼ぎたい方におすすめなのが「映像制作クリエイター」になることです。映像制作クリエイターは、主に「企業の動画広告を作る仕事」です。

 

・動画で商品やサービスを紹介したい
・企業のブランディングを動画を使って行いたい

 

このように、動画を使ってPRを行いたいと考えている企業は増えています。「企業の動画広告」こそ、動画編集者が狙うべき市場です。映像制作のスキルを身につけることで、企業案件をこなして稼ぐことができます。

 

映像制作クリエイターを目指すメリットには以下の3つがあります。

・動画広告市場が拡大しているから
・高単価な企業案件を受注しやすいから
・制作だけでなく運用も依頼されやすいため継続的な収入になる

それぞれ解説します。

 

・動画広告市場が拡大しているから

1つ目の理由は動画広告が成長市場だからです。成長市場に身をおくと、比較的楽に稼ぐことが可能になります。

 

上りのエスカレーターに乗っていれば簡単に上にいけますよね。逆に衰退産業はまさに下っているエスカレーターを登ろうとしているようなもの。全力で頑張ってもほとんど上がることができません。

 

以下のグラフをご覧ください。動画広告の市場は右肩上りに伸びています。

 

 

企業の動画広告といえばテレビCMの印象を持つ方も多いと思います。テレビCMは15秒の尺で少なくとも100万円以上、ゴールデンの時間帯では数億円が必要な場合もあります。そのため、大企業でないとテレビCMを出すことは不可能でした。

しかし、最近はYouTubeやInstagram、TwitterやTikTokなどのSNSを使えば、数千円で動画広告を出せるようになっています。

これなら中小企業だけでなく個人事業主でも動画広告に参入出来ますよね。しかも、ネット広告ではればターゲットを明確に限定して広告を出せるので、費用対効果も高い。そのため、動画広告を作りたいという企業は増えているのです。

5G回線が広まれば、これまで以上に人々が動画にアクセスしやすくなります。そうした市況を考えても、これから確実に需要が高まるのが映像制作です。

 

映像制作クリエイターになることで、企業の動画広告を作れるようになるのです。

 

・高単価な企業案件を受注しやすいから

企業の動画広告の良いところは、単価が高いことです。

YouTuberのような個人を相手にする場合、よほど稼いでいるYouTuberでなければ単価は低いままです。一本数千円程度が相場ですが、強豪が増えているので近いうちに数百円程度にまで下がってしまうでしょう。

一方で、企業の場合は「数百万円から数千万円規模の広告予算」を持っている場合が多く、今後はその予算が「動画広告」に流れてきます。

 

・動画での広告は情報量が多く、価値を伝えやすい
・SNSを使えばテレビCMよりもはるかに低価格で動画広告を出せる
・WEBでの動画広告は数値の測定や分析がしやすい
・「〇〇代 女性 年収◯万円以上」などのターゲティングが容易で、費用対効果も高い

 

このように、企業にとってもメリットが大きい施策になるからです。

 

ということは、一件あたり安くても数十万円、うまくいけば数百万円の報酬をもらうことが可能になります。

 

YouTubeの動画編集でこれだけの額を稼ぐことは不可能です。しかし、企業を相手にした映像制作ができればそれが可能になるのです。

 

・制作だけでなく広告運用も依頼されやすいため継続的な収入になる

さらに企業案件では、動画の制作だけでなく動画広告の運用まで依頼される場合がほとんどです。

動画を作って納品しても、企業側としてはそれをどう使ったら良いのかわかりません。

 

YouTubeで広告を流すのか? SNSで流すのか? 広告を出すといってもどこでどんな風にお願いしたら良いのか?

 

一般的な企業では、こうした広告運用について詳しい人がいません。そのため、動画制作をお願いしたところがそのまま広告運用まで受注する形になるのです。

広告運用では「実際に運用する金額+運用手数料」を請求でき、運用手数料の部分があなたの収入になります。

契約企業数が増えれば、運用手数料だけでも数十万円を得ることができますので、収入も安定するでしょう。

 

成長市場で需要が拡大し、さらに高単価で継続的な仕事を受注できる。これが、動画編集者ではなく「映像制作クリエイター」を目指すべき理由です。

 

この他にも、「企業の売上に貢献できて喜んでもらえる」「フリーランスとしての生き方が手に入る」といったメリットがあります。

 

今からYouTuberの動画編集で稼ごうと思っても不可能です。動画編集に興味があるなら目指す方向を少し変えて、企業の動画広告を作れる映像クリエイターを目指した方が得ではないでしょうか?

 

 

 

 

【YouTubeの動画編集ではなく、高単価な企業広告を作れるクリエイターになるのが正解】

【成長市場で稼げる動画制作スキルを身につけよう】

これからの時代、動画市場で稼いでいきたいと考えるなら動画編集ではなく映像制作クリエイターを目指す必要があります。

企業や商品のPR動画を制作できる映像クリエイターになることで、成長市場に身を置きながら高単価な案件をこなして稼ぐことができます。

今まさに、多くの企業が「動画でPRをしたい」と考えています。そこにスキルを持ったあなたが提案にいけば、高い確率で仕事を受注できるでしょう。

経営者にとって動画での広告は、やった方がいいではなく、「やらなければいけないもの」になっているからです。

 

では、映像制作のスキルはどのように習得したら良いのでしょうか?

 

本来ならば、企業の広告を作るようなスキルとなると映像関係の専門学校に通う必要があります。しかし、自宅で受けられて半年でスキルを習得できるオンラインスクールもあります。

それが「デジハリオンラインネット動画クリエイター講座」です。デジタルハリウッド大学を経営するデジハリが運営する映像クリエイターになるためのオンライン講座で、企業広告を作る土台となる動画制作スキルを学ぶことができます。

15年以上の運営実績があり、卒業生も9万人以上。個人のYouTuber相手ではなく企業の動画広告となると、実績のあるスクールでスキルやノウハウを学んだ方が安心です。

詳しくは以下の記事でも紹介していますので、映像制作クリエイターになりたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

ニーズがあって一件あたり数十万円の契約になる映像制作は非常におすすめです。
.
動画編集者を目指している方は動画制作に舵を切らないと損ですよ。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

【動画制作 関連記事】

【卒業生は9万人!】映像制作スキルを学ぶならデジハリオンラインの「ネット動画クリエイター専攻」がベストな3つの理由

【決定版】オンライン動画編集スクールおすすめ5選|稼げなければ勉強の意味なし

【最短】副業で稼ぐ力がつくおすすめスクール7選|独学では稼げない理由

副業用パソコンにMacをおすすめする7つの理由【どこが違う?】

【超入門】副業での動画編集の始め方|未経験から独学で稼ぐための勉強法

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つノウハウや自己投資メソッドを発信していきます。

副業
ライフワークカフェ