【オワコン?】動画編集の副業で稼げない4つの理由|稼ぐ方法はYouTube以外の動画制作案件にアリ

【新常識】動画市場で稼ぐ方法は映像クリエイターになること? 動画編集がオワコンの理由

動画編集で稼げる時代は終わりました。

YouTubeの編集代行は需要よりも供給の方が多く、単価はどんどん下がっています。これから勉強をして動画編集スキルを身につけても、稼げるようにはなりません。

しかし、動画編集にはまだまだ「稼ぐための方法」が存在することも事実です。

ほとんどの人が知らずに損している方法があり、それが「YouTubeの動画編集者」ではなく「動画広告を作る映像クリエイター」になることです。

この記事では、以下のことを解説します。

  • なぜ動画編集ではもう稼げないのか?
  • これからの動画市場で求められるのは「動画広告が作れる映像クリエイター」
  • 映像制作の学び方と副業での稼ぎ方

これらについて解説します。

映像クリエイターとは、映像・写真・イラストといった素材を加工・効果付けをして動画を作る仕事です。

映像のつなぎ合わせだけでなく素材の加工や効果付けを自由にできることで、企業のTVCMのような映像を作れるようになります。

映像制作はYouTubeのような簡単な動画編集よりもスキルが高い分、汎用性が高く、高単価な仕事ができるようになるのです。

  • 今から動画編集を始めてみたい方
  • Youtubeの編集をしたくて動画編集を学んだけど仕事が取れない方
  • フリーランスとして動画制作でお金を稼ぎたい方
  • WEB関係の仕事をしている方で仕事の幅を広げたい方

こうした方にとっては必見の内容です。ぜひ参考にしてください。

【未経験からの動画編集では稼げない4つの理由|仕事も将来性もないからやめとけ】

【悲報。動画編集はオワコン。未来はありません。】

「YouTubeの動画編集ができるようになったら、副業やフリーランスとして稼げる。」

そう聞いて動画編集に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

働き方改革やコロナの影響で残業ができなくなりましたよね。そうした環境の変化によって副業を始めた方は多く、その中でも動画編集は特に人気です。

しかし、YouTubeの動画編集で稼ぐことはもう不可能です。

YouTuberの動画編集で稼ぐというブームは終わり、今後はさらに衰退していくでしょう。その理由は以下の4つです。

  • 動画編集者が増えすぎて仕事が取れない
  • 個人相手なので単価が安く割に合わない
  • 編集ソフトの進化で初心者でもカンタンに編集出来るようになった
  • YouTubeの編集ブームに乗るのはもう遅い

それぞれ解説します。

 

・動画編集者が増えすぎて仕事が取れない

・動画編集者が増えすぎて仕事が取れない

動画編集スキルはプログラミングのように難しいスキルではなく、未経験でも1ヶ月ほど勉強すれば出来るようになります。

今はYouTube上に無料の教材も多くありますので、学習コストをかけずにスキルを習得することができます。

しかし、それによって動画編集ができる人が増えすぎました。Youtuber以上に動画編集者の数が増えてしまい、仕事を取りにくくなっているのです。

 

・個人相手なので単価が安く割に合わない

個人相手なので単価が安く割に合わない

YouTuberの多くは個人であり、その多くはYouTubeからの広告収入がほとんどないような方ばかりです。

月に数百万円以上を稼ぐ有名YouTuberであれば、撮影した動画編集者を雇う余裕があるかもしれません。ですが、ほとんどの方はそうではありませんよね。

そのため、仕事の単価が安いのです。仕事を受注できたとしても、時給で見ると数百円程度の収入しか得られず、割に合いません。

しかも、契約しているYouTuberがやめてしまえば仕事は0。YouTubeは参入者が多いだけでなく、消えていく人も多い世界です。そうしたリスクがあることも理解しておく必要があります。

 

・編集ソフトの進化で初心者でもカンタンに編集出来るようになった

初心者でもカンタンに編集出来るようになった

以前まで、動画編集をするためには値段の高い高性能なパソコンや編集ソフトが不可欠でした。

そうした設備の導入コストが、動画編集の障壁の1つになっていたのです。

しかし、最近は高性能なパソコンが10万円以下で当たり前のように買えますし、編集ソフトも誰でも簡単に使えるようになっています。

そのため、「YouTubeの編集は自分で出来る」という流れが加速しています。つまり、動画編集者の需要がなくなっているのです。

  • プロ並みの動画編集が出来る無料のソフト
  • AIが動画を読み込んで自動でテロップをつけてくれるソフト
  • 音のない時間を自動でカットしてくれるソフト

今はこうしたソフトが無料で使えるようになっています。

YouTubeの動画編集のほとんどはテロップ付けと不要な部分のカット。それをAIが自動でやってくれるのでわざわざ動画編集者にお金を払う必要がないんですよね。

 

・YouTubeの編集ブームに乗るのはもう遅い

・YouTubeの編集ブームに乗るのはもう遅い

一時は多くの人が参入していたYouTubeですが、今は下火になっています。

毎日YouTubeを開いても、登録しているチャンネルがなかなか更新してくれない。最近はそう感じるようになりました。

  • YouTubeを始めたけど思ったほど稼げないからやめた
  • アンチコメントに疲れて辞めた
  • フォロワーは獲得できたので、オンラインサロンに移行した
  • 動画配信よりもカンタンな音声配信に移行した

実は、このような理由でYouTubeを去っていく人が増えているのです。

YouTubeをやる人が減っているということは、動画編集のニーズも減っているということ。頑張って動画編集ができるようになったところで、もう遅いのです。

こうした理由によって、これから動画編集者を目指しても稼げるようにはなりません。勉強した時間は無駄になってしまうでしょう。

 

【動画編集は稼げるという話は嘘なのか?】

【動画編集は稼げるという話は嘘? それが出来れば苦労しませんよ…】

動画編集をキーワードに調べると以下のような論調が見られます。

「稼げないなんて嘘」
「動画編集はまだまだこれから稼げる」

しかし、前述の通り動画編集の副業ニーズは減少しており、仕事も将来性もありません。そこについては彼らも認めている部分です。

では、なぜそんなオワコンになりつつある動画編集でこれからも稼げると言えるのでしょうか?

その理由は彼らの主張を見るとわかります。よく見ると、誰でも稼げると言っているわけではなく、「こうした特徴を持つ人なら稼げる」と言っています。

その特徴が以下のようなものです。

【動画編集で稼げる人の特徴】

  • 自分なりに編集方法や案件獲得方法を工夫している
  • 編集技法を学んでスキルを高めている
  • 副業サービスをいくつも利用している
  • コミュニケーションが優れている
  • 自分から営業する力が強い
  • 要領が良く生産性が高い
  • マネジメントする側に回っている

これが出来れば、斜陽産業の動画編集業界でもまだまだ稼ぐチャンスはあるとのこと。

…それが出来れば苦労しないですよね? 動画編集に限らず、どんな業界に行ったってこのように優秀な人なら稼ぐことができるでしょう。

もちろん稼ぐために努力することは必要です。しかし、同じように努力しても効率や成果に違いは出るもの。

あなたが上記のような動画編集者になれれば稼ぐことはできます。クラスのトップレベルに頭が良かったり、スポーツができたり、新入社員の中でも特別に成績が良かったような人なら稼げる可能性はあります。

しかし、ほとんどの人はそうではありませんよね。

結局、動画編集で稼げるのは、何事においても優秀な人だけなのです。

 

では、動画編集者を目指すのはやめたほうがいいのでしょうか?

単純に動画編集という作業が好きな方もいらっしゃるでしょうし、これから伸びると言われる動画市場で稼ぎたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

実は目指す方向を少し変えることで、動画編集で稼ぐことは可能になります。

目指すべき方向とは「企業の動画広告」。そして、企業の動画広告を作る仕事が「映像制作クリエイター」です。

未経験から動画で稼ぎたいと考えるのであれば、動画編集ではなく映像制作スキルを身につける方が圧倒的におすすめです。次章で詳しく解説します。

 

【オワコンの動画編集ではなく「動画広告の制作」がおすすめ|月収どれくらい稼げる?】

【動画編集者ではなく映像制作クリエイターを目指すべき3つの理由】

動画制作スキルで稼ぎたい方におすすめなのが「映像制作クリエイター」になることです。映像制作クリエイターは、主に「企業の動画広告を作る仕事」です。

・「動画で商品やサービスを紹介したい」
・「企業のブランディングを動画を使って行いたい」

このように、動画を使ってPRを行いたいと考えている企業は増えています。


動画編集業界とは企業の動画広告を扱う業界のこと。「企業の動画広告」こそ、動画で稼ぎたい人が狙うべき市場です。

そのためには、YouTube向けの動画編集スキルを学ぶのではなく、動画広告を作れるようになる勉強が必要です。

つまり、映像制作クリエイターを目指すということです。映像制作クリエイターを目指すメリットは3つあります。

  • 企業の動画マーケティング市場が拡大しているから
  • 高単価な企業案件を受注しやすいから
  • 制作だけでなく運用も依頼されやすいため継続的な収入になる

それぞれ解説します。

 

・企業の動画マーケティング市場が拡大しているから

1つ目の理由は動画広告が成長市場だからです。成長市場に身をおくと、比較的楽に稼ぐことが可能になります。

上りのエスカレーターに乗っていれば簡単に上にいけますよね。逆に衰退産業はまさに下っているエスカレーターを登ろうとしているようなもの。全力で頑張ってもほとんど上がることができません。

以下のグラフをご覧ください。動画広告の市場は右肩上りに伸びています。

 

企業の動画広告といえばテレビCMの印象を持つ方も多いと思います。

テレビCMは15秒の尺で少なくとも100万円以上、ゴールデンの時間帯では数億円が必要な場合もあります。そのため、大企業でないとテレビCMを出すことは不可能でした。

しかし、最近はYouTubeやInstagram、TwitterやTikTokなどのSNSを使えば、数千円で動画広告を出せるようになっています。

これなら中小企業だけでなく個人事業主でも動画広告に参入出来ますよね。しかも、ネット広告ではればターゲットを明確に限定して広告を出せるので、費用対効果も高い。

そのため、動画広告を作りたいという企業は増えているのです。

5G回線が広まれば、これまで以上に人々が動画にアクセスしやすくなります。そうした市況を考えても、これから確実に需要が高まるのが映像制作です。

その成長産業に身をおくことで稼ぎやすさは段違いに上がります。

 

・高単価な企業案件を受注しやすいから

企業の動画広告の良いところは、単価が高いことです。YouTubeの動画編集で稼げる収入と企業の動画広告で稼げる金額を比較してみます。

YouTubeの動画編集の相場は以下のようになっています。

内容料金期間
編集のみ1〜3万円/本1〜2週間
編集+企画5〜10万円/本2〜4週間

(参照:YouTube動画編集依頼の料金相場

YouTuberのような個人を相手にする場合、よほど稼いでいるYouTuberでなければ単価は低いままです。

一本数万円程度が相場ですが、強豪が増えているので近いうちに千円程度にまで下がってしまうでしょう。

一方で、企業の場合は「数百万円から数千万円規模の広告予算」を持っている場合が多く、今後はその予算が「動画広告」に流れてきます。

  • 動画での広告は情報量が多く、価値を伝えやすい
  • SNSを使えばテレビCMよりもはるかに低価格で動画広告を出せる
  • WEBでの動画広告は数値の測定や分析がしやすい
  • 「〇〇代 女性 年収◯万円以上」などのターゲティングが容易で、費用対効果も高い

このように、企業にとってもメリットが大きい施策になるからです。

企業の動画制作の料金相場は以下のようになっています。

動画の種類動画制作の相場目安
会社紹介動画30〜200万円
採用動画50〜200万円
ブランディング動画100〜300万円
商品・サービス紹介動画30〜100万円
展示会動画50〜200万円
マニュアル動画30〜80万円
セミナー動画20〜50万円
イベント動画30〜80万円
CM動画50〜300万円

(参照:【2022年版】動画制作・映像撮影の費用相場

ということは、一件あたり安くても数十万円、うまくいけば数百万円の報酬をもらうことが可能になります。しかも仕事の種類も多いので、1つのクライアントからいろんな仕事がもらえる可能性もあるでしょう。

YouTubeの動画編集でこれだけの額を稼ぐことは不可能です。しかし、企業を相手にした映像制作ができればそれが可能になるのです。

 

・制作だけでなく広告運用も依頼されやすいため継続的な収入になる

さらに企業案件では、動画の制作だけでなく動画広告の運用まで依頼される場合がほとんどです。

動画を作って納品しても、企業側としてはそれをどう使ったら良いのかわかりません。

「動画を作ってもらったけどYouTubeで広告を流すのか? SNSで流すのか?」
「どうやったらネット上に動画広告を出せるのか?」

一般的な企業では、こうした広告運用について詳しい人がいません。

そのため、動画制作をお願いしたところにそのまま広告運用まで受注するという形がメインになるのです。

広告運用では「実際に運用する金額+運用手数料」を請求でき、運用手数料の部分があなたの収入になります。

契約企業数が増えれば、運用手数料だけでも数十万円を得ることができますので、収入も安定するでしょう。

成長市場で需要が拡大し、さらに高単価で継続的な仕事を受注できる。これが、動画編集者ではなく「映像制作クリエイター」を目指すべき理由です。

この他にも、「企業の売上に貢献できて喜んでもらえる」「フリーランスとしての生き方が手に入る」といったメリットがあります。

今からYouTuberの動画編集で稼ごうと思っても不可能です。

動画編集に興味があるなら目指す方向を少し変えて、企業の動画広告を作れる映像クリエイターを目指した方が得ではないでしょうか?

 

 

\ 動画編集者よりも動画制作クリエイターが稼げる /動画クリエイター養成オンラインスクール
「Chapter 2」公式サイト

– 映像制作ソフト「After Effects」と仕事獲得のノウハウに特化 –

 

【YouTubeの動画編集を副業にするのはもう遅い|動画制作の始め方&稼ぎ方】

【成長市場で稼げる動画制作スキルを身につけよう】

これからの時代、動画市場で稼いでいきたいと考えるなら動画編集ではなく映像制作クリエイターを目指す必要があります。

企業や商品のPR動画を制作できる映像クリエイターになることで、成長市場に身を置きながら高単価な案件をこなして稼ぐことができます。

企業の動画広告とは以下のようなものです。テレビだけでなく、YouTubeやSNSでも見る機会が増えていますよね。

このような動画を作れるようになれば、多くの企業から単価の高い仕事を取れるようになります。

今まさに、多くの企業が「動画でPRをしたい」と考えています。そこに動画制作スキルを持ったあなたが提案にいけば、高い確率で仕事を受注できるでしょう。

経営者にとって動画での広告は、やった方がいいではなく、「やらなければいけないもの」になっているからです。

では、映像制作のスキルはどのように習得したら良いのでしょうか?

 

・動画制作を学んで稼げるようになるスクール3選|おすすめは「Chapter 2」

・Chapter 2(チャプター2)(Chapter2 公式サイト:https://chaptertwo.jp/lp/

本来ならば、企業の広告を作るようなスキルとなると映像関係の専門学校に通う必要があります。

しかし、自宅で好きなときに受けられて、未経験から動画クリエイターになれるオンラインスクールもあります。

自宅にいながら動画制作が学べるスクールには以下のようなところがあります。

その中でも特におすすめのオンライン動画制作スクールが「Chapter 2」です。

動画編集スクールの多くは「Adobe Premier Pro」という動画編集ソフトの使い方を教える中、Chapter 2では「Adobe After Effects」という動画制作ソフトに特化しています。(Premier Proも学べます。)

他の動画編集スクールで学べることは基本的に映像をつなぎ合わせるカット編集と、エフェクトや効果音、テロップの挿入方法だけ。結局のところ、元となる映像や素材がなければ何も作ることができません。

例えば、動画編集スクールで学んだスキルで作れるようになる動画は以下のようなものです。

YouTuberの動画編集代行であれば十分なスキルでしょう。しかし、テロップや効果音を入れるだけでは企業の動画広告を作ることはできません。

After Effectsは、1から動画を作ったり、文字やデザインを自由に動かしたりといったことができるソフト。

そのため、After Effectsに特化した動画クリエイタースクール「Chapter 2」では非常に幅の広い動画制作スキルを身につけることができるのです。

以下の動画はChapter 2の受講生が実際に作った動画集です。入会することでこのような動画が作れるようになります。

こうした文字や図形が動く映像が作れたら、いろんな企業の広告を作れそうですよね。

企業広告を作る際には、「素材はないけれど動画を作って欲しい」というニーズもあります。After Effectsのスキルがあれば、そうした要望に対応できます。

また、Chapter2で学べるのはスキルだけではありません。スキル習得後に稼ぐためのノウハウもカリキュラム化。さらには案件獲得のサポートまで充実しているのです。

動画編集を学ぶ人の多くはスキルを身につければ稼げるという間違った認識を持っています。結果、仕事が取れずに挫折します。せっかくスキルを学んでも稼げるようにならなければ意味がありませんよね。

編集スキルと仕事獲得スキルは全くの別物です。Chapter2では仕事を獲得して稼ぐ方法まできちんと学べるので、お金を出してでも講座を受ける価値があると言えます。

動画編集が学べるスクールについては以下の記事でも紹介しています。映像制作クリエイターになりたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

\ これから目指すなら動画制作クリエイター /1ヶ月無料体験はこちら
(Chapter 2 公式サイト)
 動画編集クリエイターを目指したい方向けの無料相談も実施中

 

 

・動画編集で稼ぐノウハウはKindle本でも学べる

動画編集や動画制作をして稼ぎたいと思っても、勉強方法はあまりありません。

書店やAmazon、YouTubeを見ても、動画編集のチュートリアル的なものばかり。稼ぐノウハウを教えてくれる教材はほとんどありません。

しかし、実は動画編集での稼ぎ方を教えてくれる教材がたくさん集まっている場所があります。それがKindleです。

Amazonが運営する電子書籍プラットフォームである「Kindle」には、動画編集で稼ぐためのノウハウ本が多数販売されています。

Kindleは専用端末がなくても、パソコンやスマホのアプリでいつでも読むことが可能。

出版社からは発売されないようなニッチな分野の本が多く並んでいます。実際に動画編集で稼いだ経験を持つ方が本を出しているので勉強になりますよ。

Kindleの本は一冊数百円で買えますが、Kindle Unlimited会員になれば月額980円で読み放題になるのも嬉しいところ。

初回30日は無料で利用でき、その期間に解約しても1円も発生しません。つまり、1か月以内に動画編集系のKindle本を読み漁って退会すれば、無料で動画編集で稼ぐノウハウを学べるということです。

ちなみに、Kindle Unlimitedでは以下のような本が読み放題の対象になっています。

Kindleで読める動画編集の稼ぎ方関連本
Kindleで読める動画編集の稼ぎ方関連本
Kindleで読める動画編集の稼ぎ方関連本
Kindleで読める動画編集の稼ぎ方関連本
Kindleで読める動画編集の稼ぎ方関連本

 

興味のある本があれば、お得なKindle Unlimitedをぜひ利用してみてください。

 

 

Kindle Unlimitedで
動画編集の稼ぎ方を学ぶ

無料で初回30日間の体験が出来ます。トライアル期間の解約も可能。 

 

・これから勉強するなら動画編集よりも動画広告の制作の方が稼げる

ニーズがあって一件あたり数十万円の契約になる映像制作は非常におすすめです。

 

YouTubeの動画編集はもうオワコンです。動画編集者を目指している方は映像制作に舵を切らないと損ですよ。

映像制作スクールなら今後も稼げるスキルが身に付きます。

・企業の動画マーケティング市場が拡大している
・高単価な企業案件を受注しやすい
・制作だけでなく広告運用も依頼されやすいため継続的な収入になる

今は動画編集ではなく、動画広告の制作ができる人材が求められています。求められているということは稼ぎやすいということ。

仕事も取りづらく、頑張っても単価が安い動画編集をやっても疲弊するだけ。それなら動画制作に注力した方が賢い選択ではないでしょうか?

動画制作を学びたい方は、一度「Chapter 2 動画クリエイターコース」をチェックしてみてください。

短期間で高レベルな動画制作スキルが身に付くのでおすすめです。

 

【動画制作スクールに興味があるけど受講を迷っている。そんなあなたに伝えたい私の経験】

スクールで学んでスキルを身につけたいと思っているけど、迷っている。私もそういう経験をたくさんしてきました。

  • 料金が高い…
  • 勉強する時間が取れないと思う…
  • できるようになるかわからない…
  • 忙しくなりそうでイヤだな…

このようにさまざまな理由が入り混じって、「やりたいけどやめよう」を繰り返していたのです。

そこからマインドチェンジを行い、自己投資の悩みについていくつかの気付きを得ました。

  • やらない決断の先には何もない
  • お金をかけてもなくなりはしない
  • 甘やかしは人間のダメな本能

スクールを受講するか躊躇している方に、こうした私の気付きが参考になるかもしれないと思ったのでお伝えします。

 

・やらない決断をした先には何も待っていない

「やらない」という選択をした結果、その後に手に入れられるものは何ひとつもありません。

時間やお金が余ったところで、どうせ何にもならないことに時間を費やして人生の大事な時間を浪費するだけ。

やってみたいと思っても結局すぐに諦める生活を続けた私は、「このままでは何もできないショボい人生になる」という最悪の未来に気付きました。

人生の最後の瞬間に「もっといろんなことに挑戦したらよかったなぁ」と後悔しながら終わっていく。そんなのはイヤですよね?

それに気づいてからは、やってみたいことにはとりあえずチャレンジしてみるという思考にチェンジしました。

もちろん、受講料を払うことでお金がなくなる恐怖や、ゆっくり映画を見たりゲームをしたりする時間がなくなることへの躊躇いはありました。

しかし、それよりも「後悔ばかりの人生になるのだけは避けたい」という気持ちが大きかったのです。

怖いけど飛び込んでみる。そのように変えたことで、初めてのことにチャレンジする恐怖がなくなりました。

やってみると結構なんとかなることも多く、「人生何でも実現できるじゃん」という気持ちにもなれています。

 

・お金はなくならない

また、やってみたいけどお金がないという考えにも、大きな見落としがあったことを発見しました。それは「新しいスキルが身に付くということは、新しい稼ぎ方を手に入れられるということ」ということです。

自己投資にはお金がかかります。ですが、稼げるスキルを身につけたら、掛けた金額以上のお金を稼ぐことができます。

お金はなくなるものではなく、今より良い自分になるための必要経費だということです。

 

・短期的な快楽を求めると後から焦ることになる

そして、もっとも大きな気づきだったのが、「やらないという選択は自分を甘やかすためのものだった」ということです。

新しいことにチャレンジすることは、ヒトに大きなストレスを与えるということをご存じですか?

本来ヒトは、快適快楽で安心安全な居場所に留まろうとする「自己保存の性質」を持っています。新しいチャレンジや変化なんて、本能的には求めていない。つまり、やらないという選択が自分にとって一番ラクなのです。

何かとやらない言い訳を見つけて自分を正当化していましたが、実はそれが本能的に惰性を求めるためのものだった。それを知ったときは、そんな自分に驚きました。

ですが、本能的には変化したくないとしても、変化しないことが正しい決断というわけではありません。結局は「短期的な快楽を手に入れるためのもの」でしかないのです。

確かに、新しい場所に飛び込むストレスはかかりませんし、自由な時間も確保できます。スクールの受講費用も使わずに済むでしょう。

しかし、長期的に見たら、「全く成長していなくてもっと焦る自分」「あの時チャレンジしておけばよかったという後悔」が待っているだけです。

受験や部活など、確かにきついことばかりだったかもしれません。しかし、頑張ったからこそ手に入れたものも多かったはずです。

「勉強してみたい!スクールに入ってみたい!」と思ったけれど、色々考えてやっぱりやめることにした。その決断の先には結局何もありません。

ですが、チャレンジすると決めて踏み出したら、何かは確実に変わります。出来るかどうかわからないけど、やったら何かが変わり始めるはずです。

今までの「やってみたかったけれど結局やらなかったもの」について考えてみてください。あの日、それをやってみた先の世界線はどうなっていたでしょうか?

いまあなたが生きている「やらないと決めた世界線」より、もっと良いものになっているかもしれません。

やりたかったけど、なんだかんだ言ってやらなかった。そんな経験が増えると、「この先やりたいと思ったこともどうせやらないんだろうなー」という思考にもなってしまいます。やる前から諦めてる癖がついてしまうのです。

その結果、何もやらないまま後悔だけを抱えて人生が過ぎていきます。私はそれがイヤでした。あなたもそんな人生にしたいわけではないはずです。

今の時代、やりたいと思ったことをやれるようにサポートしてくれる環境は整っています。スクールもその1つです。

人生を存分に楽しんで良いものにするために大事なことは、決意すること。決意次第で、やりたいことは何だって実現することができます。

スクールを受講したことは、新しい人生に導くパスポートのようなものだったと感じています。パスポートを手に入れれば、今よりもっと広い世界を自由に飛び回ることができます。

きっとあなたにとっても「あの日受けることを決めてよかった」と思える重要な経験になるはずです。

私の経験が、スキルアップをしたいけれど悩んでいるあなたにとって背中を押すメッセージになれば幸いです。

今日の決断がきっと良い未来へのきっかけになるはずなので、気になるスクールがあればお試し体験からスタートしてみてください。

 

 

【動画制作ならフリーランスになって独立することも可能|稼げるまでのステップ】

副業で出来るフリーランスの仕事の種類

動画制作は今後ますます需要が増します。実績を積んでいけばフリーランスとして独立することも可能でしょう。

案件一つひとつの単価も高く、サラリーマンの月収を超えることも十分現実的。未経験でこれから勉強を始める人にもチャンスはあります。

  1. 映像制作スクールで基礎と副業の始め方を学ぶ
  2. 副業で実績を作りながらさらに技術書を読んだりコミュニティに属してスキルを高める
  3. 映像制作のパッケージとホームページを作ってサービスを売り始める

このようなステップで進んでいけば、動画編集や映像制作の分野で食べていくことができるでしょう。

動画制作は楽しい仕事です。展開やエフェクトのアイディアを考えたり、コツコツ作業を進めるのはそれだけでも楽しい時間。そして、それが形になったときやクライアントからお褒めの言葉をいただいた時には「この仕事を選んで良かった」と思えるでしょう。

映像制作はきっとあなたの人生を変えるスキルになります。興味がある方はぜひ学び始めてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

※有益なセミナー動画が無料でもらえる

 

 

【動画編集 関連記事】

studio USの動画クリエイター総合コースの評判が高い5つの理由|料金もわかりやすく解説

【決定版】オンライン動画編集スクールおすすめ5選|稼げなければ勉強の意味なし

【最短】副業で稼ぐ力がつくおすすめスクール7選|独学では稼げない理由

副業用パソコンにMacをおすすめする7つの理由【どこが違う?】

【超入門】副業での動画編集の始め方|未経験から独学で稼ぐための勉強法

 

【動画編集の人気ソフト】

・Final Cut Pro

・Adobe Premier Pro

・DaVinci Resolve

・AviUtl

・Filmora

【映像制作スクール】

Studio US (運営会社:株式会社AHGS

Chapter 2(運営会社:株式会社Chapter2

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座(運営会社:ヒューマンアカデミー株式会社

【LIFE WORK CAFEのおすすめ記事】

【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較

【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較
転職や仕事の悩みを抱える人に注目されているサービスがキャリア相談です。キャリアカウンセリングでは、理想の働き方を見つけるための自己分析を行い、転職や独立を実現するまでのフォローをしてくれます。この記事ではキャリア相談を受けたい方におすすめのサービスをご紹介します。最適なサービスを紹介しますので、参考にしてみてください。

【最新5選】動画編集を副業に出来るスクールはどこ? オンラインでスキルと稼ぎ方を学んで収入アップ

【最新10選】動画編集を副業にして稼げるおすすめスクール 学びながら稼ぐことが出来るので社会人に最適
動画編集を学んで副業で稼ぎたいと考えている方にはオンラインスクールがおすすめです。動画編集のスキルは未経験からでも独学できますが、スキルだけでなく稼ぐノウハウも学べるのがスクールの大きなメリット。学びながら稼ぐ社会人も増えています。動画編集歴4年で副業の稼ぎ方をリサーチしてきた経験から副業で稼げるスクールを紹介します。

【社会人必見】Webデザインを副業に出来るおすすめスクール5選|Web制作を働きながら学んで最短で稼げる

【最新】おすすめWebデザインスクール7選 副業で稼ぎたい社会人が最短でWeb制作スキルを習得する方法
Web制作を副業にしたい社会人に向けて、おすすめのWebデザインスクールをご紹介します。Webデザインを最短で副業にしようと思ったらスクールで学ぶのが最適です。Webデザイン&副業歴4年の私の経験から、副業で稼ぐためのノウハウや転職支援サポートが整っているオンラインスクールを厳選して紹介します。

【7選】稼ぎたいWebライターにおすすめの講座と初心者向けWebライティングスクール|オンラインで副業ノウハウが学べる

【7選】稼ぎたいWebライターにおすすめの無料講座&初心者向けWebライティングスクール 副業ノウハウが学べる
Webライティングで稼ぐためにはスキルとノウハウが必要です。この記事では、Webライティング歴5年の私が「副業で稼ぐライティング力が付くおすすめのWebライティング講座」を紹介します。無料で受講できる講座もあります。Webライターになりたい初心者の方や、思ったように稼げないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

【転職向け】Webマーケティングスクールおすすめ5選|未経験からWebマーケターへ就職する最短ルート

【転職支援あり】Webマーケティングスクールおすすめ7選 未経験からのWebマーケター就職にはサポートが必須
この記事ではWebマーケター歴8年の私が、スキル獲得と転職サポートのあるWebマーケティングスクールを紹介します。Webマーケティングスキルは働きながらでも学ぶことができます。中には未経験からの転職成功率が98%のスクールも存在。未経験からWebマーケターになった人も多いので、ぜひ参考にしてみてください。

【4選】副業の稼ぎ方が学べるおすすめのオンラインスクール|講座を受講するべきか悩む?

【4選】副業スキルが学べるおすすめのオンラインスクール プログラミング以外にも稼げるスキルはある?
副業のスキルを未経験から最短で身につけたい!そのための方法は独学ではありません。時間の無駄で終わってしまわないよう正しい勉強方法を知っておく必要があります。この記事では未経験から副業で稼げるようになりたい方に向けておすすめの副業系スクールをご紹介します。ぜひご参考ください。

【初心者必見】仮想通貨の始め方と買い方をやさしく解説|暗号資産の基本と失敗しがちなポイントとは?

https://abc-by.com/cryptocurrency-exchange-recommendation/

プロフィール
著者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

副業動画編集
LIFE WORK CAFE