悩み解消!内定辞退を代行してくれるおすすめサービス3選|ストレスなく就職活動を継続できると評判

【悩み解決】内定辞退を代行してくれるおすすめサービス3選|ストレスなく就職活動を継続できると評判

内定辞退の連絡をするのってかなりのストレスですよね。怒られたり嫌味を言われるんじゃないかと不安になって、後回しにしてしまっていませんか?

怒られることがわかっていて、電話をかけたり会いにいったりするのはイヤですよね。

この記事では以下の内容をお伝えします。

  • 内定を辞退する3つの方法
  • 過去に内定辞退で起こったトラブル
  • 内定辞退を代行してくれるおすすめサービス
  • どんな人が内定辞退代行サービスを使うべき?

しかし、最近はノーストレスで内定辞退ができる方法も一般化しています。その方法が「内定辞退代行サービス」を使うこと。

その名の通り、内定辞退の申し出を代行してくれる業者があるのです。LINEで依頼するだけで、あとはすべて専門の代行業者が連絡してくれるのでカンタン。

「内定辞退を申し出たら怒られるかな?」
「なんて断ったらいいんだろう?」
「引き止めにあって結局断れなかったらどうしよう?」

こうしたことに悩む時間も不要。内定辞退の伝え方に頭を悩ますのは無駄な時間です。

早く解決して転職活動を続けたり、残りの学生生活を満喫できた方が良いですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

【内定辞退代行サービスおすすめランキング】

順位サービス名評価特徴
1位リクセル5.0成功率100%&過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス
2位ニコイチ4.5日本初の内定辞退&退職代行サービス
3位ネルサポ4.0業界最安値で内定辞退を代行

 

【内定をもらった会社に就職したくない…そんな時はどうしたらいい?】

【内定をもらった会社に就職したくない…そんな時はどうしたらいい?】

就職活動で受ける会社の数は、文系男子の平均が15.9社で女子が16.8社となっています。(参照:マイナビ 2023年卒内定者意識調査

それだけの数を受けると、複数の会社から内定をもらうことも珍しくありません。実際に内定を受ける会社はその中の1社だけ。他の会社は必然的に内定を辞退しなければなりませんよね。

熱心に就活をしたのはいいものの、断るときのことを考えていなかったという人は意外と多いもの。たくさんの内定をもらえたら嬉しいですが、その分お断りの連絡をしなければなりません。

では、内定辞退というものはどのようにしたらいいのでしょうか? 内定を辞退する方法は3つあります。

  • メールで連絡
  • 電話で連絡
  • 内定辞退代行業社を使って連絡してもらう

メールと電話での連絡は自分自身で辞退を申し出る方法です。採用試験のときにお世話になった人事の方や担当者に連絡を入れて内定辞退を告げます。

自分で告げるのが不安な方は内定辞退代行サービスを使うという方法もあります。フォーマットに沿って情報を入力するだけで最短でその日のうちに内定辞退を代行してくれます。

こちらの動画を見ると「内定辞退代行サービス」のイメージが掴めるはずです。

>>【検証】内定辞退代行サービスを使って内定を辞退してみた結果・・??

自分で連絡するのが礼儀であるようにも思えます。しかし、就活中に「御社が第一志望です!」と言ってきた会社も多いでしょう。

相手を裏切ることになるので後ろめたさを感じていたり、何か言われるのではないかと心配だと思います。

実際、内定辞退を申し出たことで怒られたり、不利益を被ることも少なくないのが現状です。

実際に内定辞退をした人はどのような体験をしているのでしょうか?

 

【内定辞退はトラブル多数? 説得を受けたり嫌がらせでストレスを受けることも】

【内定辞退はトラブル多数? 説得を受けたり嫌がらせでストレスを受けることも】

「内定辞退を告げたことで怒られた」という人は大勢います。

うまく切り替えられたり、ひどい扱いを笑い話に変えることができればまだ良いですよね。しかし、中には大きなトラブルになったりトラウマを抱えるほど落ち込んでしまうこともあります。

自分で内定辞退を申し出た場合にどんなトラブルが起こりうるのでしょうか?

  • 人格否定されるほど怒られる
  • 内定辞退後に嫌がらせを受けてストレスを感じる
  • 説得されて結局イヤな会社に就職することになる
  • 違約金や訴訟など法的な問題に発展するリスクがある
  • 申し出を無視されたまま辞退できたかわからない
  • 親や学校に苦情の連絡がいき、迷惑がかかる
  • その後の就職活動に支障をきたす

こうしたいくつかのパターンについて詳しく紹介します。

 

・人格否定されるほど怒られる

内定辞退を告げることのもっとも大きなデメリットは怒られることでしょう。

企業は選ぶ側であると同時に学生から選ばれる側でもあります。自分達は平気で学生を切るくせに、学生から辞退されたら怒るなんて不合理ですよね。

中には将来を応援してくれる素晴らしい企業もありますが、大抵の場合は怒られます。中には数時間の説教を受けて自信をなくしてしまう人も。

ですが、これが内定辞退の現実です。

内定辞退をするということは縁のない会社だったということ。今後関係のない会社にわざわざ怒られに行く必要はありませんよ。

 

・嫌がらせを受けてストレスを感じる

内定辞退は承諾されたものの、安心することはできません。その後に嫌がらせを受けるケースもあるのです。

以下の方のように、内定辞退後に何度も時間をとって社長や部長など各所への謝罪周りを要求されることも。

中にはコーヒーやカレーをかけられたという人も。大人としてあるまじき行為ですが、内定者(学生)を下に見ている企業が多いのも事実なのです。

 

>>【鍵アカもNG】就活生の裏アカが企業にバレるサービスが誕生|Twitterも特定済みかも

【鍵アカもNG】就活生の裏アカが企業にバレるサービスが誕生|Twitterも特定済みかも
就活生の裏アカを調査するサービスが企業調査センターで開始されました。これによってSNSや掲示板で書き込んでいる内容がたとえ裏アカや鍵アカでも企業に筒抜けになる可能性が出ています。就活生の中で裏アカをやっている方はバレてしまうのか?どうしたら良いのか?そのあたりを解説します。

 

・説得されて結局イヤな会社に就職することになる

内定辞退は「連絡してその旨を伝えればそれで終わり」というわけではありません。場合によっては受理されずに説得されることも。

直接説得されたら断りづらくなりますよね。結局入社することになり、「あのときちゃんと断っておけばよかった」と後悔してしまうかもしれません。

 

・違約金や訴訟など法的な問題に発展するリスクがある

基本的には内定を辞退することに違法性はありません。

しかし、場合によっては「御社が第一志望です」のような言葉が虚偽の報告となり、法的な問題に発展するリスクもあります。

よほど悪質なものでない限り訴訟まで発展することはありませんが、採用にかけた予算の請求などを請求してくる場合もあるようです。

違約金や訴訟などを起こされたら就活どころではなくなりますよね。

 

・申し出を無視されたまま辞退できたかわからない

内定辞退のメールを送ったけれど返事が来ない場合、内定辞退が受理されているかどうか不安ですよね。

きちんと認められていないまま入社日を迎えてしまい、「無断で内定を辞退した」と思われてしまうことにもなりかねません。

辞退の際には契約書を交わすようなことはほとんどありません。なので、しっかりと承諾してもらえたか確認するようにしましょう。

 

・親や学校に苦情の連絡がいき、迷惑をかける

内定辞退をしたことで学校や親に苦情の連絡がいくこともあります。自分だけの問題ならまだしも、親や学校にまでストレスをかけたくないですよね。

場合によっては、「あなたの学校からは二度と採用しない」と言われて後輩に迷惑をかけることも。

内定辞退の内容や態度には十分気を使う必要があります。

 

・その後の就職活動に支障をきたす

内定辞退で疲弊してしまうと、その後の就活に大きく支障を及ぼします。就活に前向きになれず、どこを受けても不採用に。

こうなってしまったら、就活だけでなく人生全体に影響がありますよね。

内定辞退では多くの場合、嫌味を言われたり怒られたりします。そうしたことに耐性があれば良いですが、気持ちが折れやすい人にとってなるべく避けるべき作業でしょう。

このように内定辞退を辞退したことでトラブルになり、落ち込んで就活が進まなくなることも。

行かない会社に断りの連絡を入れるだけで消耗するのって、正直ダルいですよね。こんな思いをするくらいなら、誰かに代行してもらった方が穏やかでいられるでしょう。

最近は内定辞退の代行サービスを利用する人の数が増加しています。まだ新しいサービスではあるものの、続々と新規参入が続いていることからもニーズの高さが窺えます。

内定辞退の連絡を代わりにやってもらいたい方は利用を検討してみてもいいでしょう。次に、いま現在利用できる内定辞退代行サービスを3つご紹介します。

 

【内定辞退代行サービスおすすめ3選|申し込み前に相談することも可能】

【内定辞退代行サービスおすすめ3選|申し込み前に相談することも可能】

内定辞退代行サービスを選ぶ際のポイントは3つあります。

  • 明瞭な料金設定
  • 過去の成功実績
  • 相談の可否

これらが内定辞退代行サービスを選ぶ上で重要なポイントです。

料金がわからないところや実績が書いていないところは避けた方が良いでしょう。

また、依頼前に相談に乗ってくれるところも増えているので、そうした手厚いサービスを受けられるかどうかも判断基準になります。

それを踏まえた上で紹介する内定辞退代行サービスが以下の3つです。

順位講座・スクール名評価特徴
1位リクセル5.0成功率100%&過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス
2位ニコイチ4.5日本初の内定辞退&退職代行サービス
3位ネルサポ4.0業界最安値で内定辞退を代行

それぞれ詳しく紹介します。

 

・リクセル:成功率100%で過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス

・リクセル:成功率100%で過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス

業界実績ナンバーワン!最大5社までストレスなく内定辞退できる

リクセルの特徴

  • 就活中の学生、転職活動中の社会人、エージェント利用者など誰でも利用可能
  • 内定承諾書や雇用契約書のサイン後、入社式直前などギリギリでの代行実績も多数
  • 賠償金や訴訟トラブルになったケースが一度もない
  • 個人だけでなく親や学校に連絡が行かないように取り計らってくれる
  • 申し込み前に相談に乗ってくれるから不安なく進める
  • 当日対応も可能なので今日中に解決できる
  • LINEでの質問は無制限。午前中から夜中まで当日中に返信があるので安心
  • 最大5社まで料金内で対応可能
  • 支払い完了後、24時間以内に代行連絡を開始(希望日がある場合は応じてもらえます)
  • 月によっては対応可能件数に上限がある
  • 電話での相談や申し込みには応じていない(LINEかメールのみ)

 

感想

内定辞退を代行してもらうなら、もっとも使い勝手の良いサービスです。これまでの実績に加え、相談は無制限で夜中まで対応してくれるので安心して代行を依頼できます。

また、一度の申し込みで最大5社まで対応してくれるのもありがたいポイントです。他のサービスの場合はその都度料金が発生するので、使い方によっては最安値で利用できます。

・リクセル:成功率100%で過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス

利用者の声

1週間悩んでいましたが勇気を出してリクセルさんに依頼したら1日で解決しました。早期に就職先を決めてしまい、内定承諾書を記入してしまいました。

その後、新しくやりたいことが見つかったので内定辞退を申し込んだところ、会って話がしたいと言われ内定辞退代行サービスを利用することにしました。

2〜3日のやりとりで内定辞退が完了したので、結果的に強い引き留めにあい消耗するより良かったと思っています。(大阪府 22歳男性/IT企業 内定)

転職活動をする中で複数から内定を頂き内定承諾書を記入したのですが、退職予定だった職場に引き留められ、給与や職場環境の改善する約束を頂きました。

そのため内定辞退したかったのですが、良くして下さっただけに気まずさがあり、内定辞退代行を利用しようと思いました。

LINEからの依頼ですがリクセルの担当者の方は連絡がスムーズで質問も丁寧に答えてくれるため特に問題なく辞退することができました。(福岡県 26歳/男性 インフラ系)

 

リクセルの料金

学生14,800円(税込)
毎月先着10名まで19,800円(税込)
上位以外24,800円(税込)
支払い方法は銀行振り込みまたはクレジットカード決済に対応
全額返金保証付き

 

申し込みの流れ

・リクセル:成功率100%で過去のトラブル0の実績を持つ人気No,1サービス

リクセル公式サイト(https://naiteizitai.com/
  1. 公式サイトからLINEに登録
  2. LINEで質問や相談をし、依頼する場合は申し込む
  3. 支払いを行う
  4. リクセルから企業やエージェントへ内定辞退の連絡がいく
  5. 内定辞退完了までLINEとメールで無制限に相談可能

 

 

 内定辞退代行サービスとして業界実績No,1

詳しい情報や相談申し込みはこちら
リクセル公式サイト

LINEで無料相談受付中

 

 

・ニコイチ:日本初の内定辞退&退職代行サービス

・ニコイチ:日本初の内定辞退&退職代行サービス

機械的な連絡ではなく、お世話になった想いも伝えられる電話代行サービス

ニコイチの特徴

  • 退職代行や内定辞退代行などあらゆる電話代行に精通
  • トータルの実績数はナンバーワン
  • あらゆる電話代行サービスにおいて成功率100%を継続中
  • トラブルが発生したケースもなし
  • 即日対応可能なので今日中に解決できる
  • 弁護士監修なので法的な問題になっても安心
  • 親や緊急連絡先へ連絡をしないように対応してくれる
  • 何度でも相談可能
  • 365日いつでも対応可能(7:00〜23:30の間)
  • 支払い方法は振り込み、クレカの他にPayPayやApple Payにも対応

感想

ニコイチでは「内定辞退代行サービス」という明確なプランがあるわけではありませんが、退職代行や各種電話代行に対応しているので内定辞退の代行も可能です。

最大の特徴は「緻密な打ち合わせ」にあります。正直、辞退する企業に特別な思い入れがない場合は不要です。他のサービスで迅速に連絡してもらった方が良いでしょう。

ですが、就活中にお世話になった人がいたり、社長さんがとても期待してくれていたような場合は、一言思いを伝えられたらと思いますよね。

ニコイチでは打ち合わせをする中で伝える内容を一緒に考えることができます。お世話になった方へ一言伝えてほしいという方には、ニコイチがおすすめです。

 

ニコイチの料金

ニコイチ電話代行パック15,000円〜
ニコイチ退職代行パック27,000円(税込)
クレジット払いは分割2回払いにも対応
支払い方法はゆうちょ銀行への振り込みとクレジットカード支払い、PayPayも可能

 

申し込みの流れ

  1. 公式サイトから問い合わせ(電話、メール、LINEに対応)
  2. 無料相談の実施
  3. 最適な方法の提案が行われ、依頼する場合は申し込む
  4. 料金の支払いを振り込みやクレジットカードなどで行う
  5. プロフィールや状況などをアンケートフォームに入力
  6. アンケートをもとに打ち合わせをし、内容を固める
  7. ニコイチから企業へ内定辞退の連絡がいく
  8. 内定辞退が完了後に連絡がくる

 

 

退職代行ニコイチ
公式サイト

 

 

・ネルサポ:最安値で内定辞退を代行

・ネルサポ:最安値で内定辞退を代行

とにかく最安で内定辞退の代行をしてほしい方におすすめ

ネルサポの特徴

  • 内定辞退成功率100%
  • 料金は業界最安値の税込10,000円
  • 電話・メール・LINEで相談可能(無料相談は回数無制限)
  • 即日対応可能なので今日中に解決できる
  • 弁護士監修なので法的な問題になっても安心
  • 利用料金以外に費用は一切かかりません

 

感想

ネルサポの魅力はなんと言っても10,000円で内定辞退連絡を代行してもらえるコスパの良さです。

安いとは言え、回数無制限の相談が無料で可能だったり、弁護士の監修も入った安心のサービスです。就活貧乏になっている学生にはありがたいサービスですね。

ただし、複数企業へ内定辞退を申し出たい方の場合は、5社まで対応してくれるリクセルの方がお得になります。

 

ネルサポの料金

10,000円(税込)

銀行振り込みとクレジットカード決済に対応。全額返金保証付き。

 

申し込みの流れ

  1. ホームページのメールフォーム・LINE・電話のいずれかで相談
  2. 依頼する場合は申し込みと料金の支払いを行う
  3. ネルサポが企業へ内定辞退の連絡を行う
  4. 内定辞退の連絡完了後、あなたへ報告がくる

 

 

内定辞退代行ネルサポ
公式サイト

 

 

【内定辞退の書き方・伝え方|メール&電話のテンプレを紹介】

【内定辞退の書き方・伝え方|メール&電話のテンプレを紹介】

内定辞退を申し出るのは面倒だけど、就活中でお金がないから代行業社に申し込むのもきつい。そんな方は自分で辞退を申し出ることになります。

内定辞退を伝える方法は「メール」と「電話」の2通りから選ぶのが一般的です。

個人的にはメールでの連絡がおすすめです。「メール→電話→直接来社」の順に企業担当者の時間を奪うことになるからです。

正直、内定辞退は企業側にとって何の利益もありません。忙しい担当者の時間を割くのは時間の無駄だと思っている会社もあります。

会議中や仕事に集中しているときに電話や来客があると中断させられてしまいますよね。企業担当者の邪魔にならないようにするにはメールが一番です。

中には「電話くらいかけろ」「来社して直接謝罪しろ」という企業もありますが、まず初めはメールで連絡するのが相手のためでしょう。

メールと電話での伝え方は型(テンプレート)に沿ったもので構いません。それぞれのテンプレを紹介しますので、これを参考に文面を作ってみてください。

 

・メールで内定辞退を伝える方法(テンプレート)

メールで内定辞退を伝える際は以下の型を活用してください。

件名:
内定辞退に関しまして 〇〇大学(←学校名) ▲▲▲▲(←名前)本文:
○○○○株式会社(←社名)
人事部人事課採用担当
○○様(←担当者名)お世話になっております。
○○大学○○学部 ▲▲▲▲(←学校・学部・名前)と申します。先日は、内定を頂き誠にありがとうございました。身勝手なお願いで大変心苦しいのですが、一身上の都合により
貴社の内定を辞退させていただきたくご連絡いたしました。本来であれば貴社へお伺いし、直接お詫びするところではございますが
ご多忙かと思い、メールにて失礼致しますことを重ねてお詫び申し上げます。貴重な時間を割いて頂いたにも関わらず
このような結果になり大変申し訳ございません。末尾ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。―――――――――――――――
▲▲▲▲(←名前)
○○大学○○学部○○学科○年
携帯電話:〇〇◯-○○○○-○○○○
メールアドレス:
――――――――――――――

辞退理由については「一身上の都合」で構いません。大抵の場合は他の会社に決めたことが原因だと思いますが、「御社が第一志望です」と言っていた場合は嘘をついていたことになります。

理由を正直に伝えたところで余計にややこしくなるだけなので、最後は淡白に済ませましょう。

 

・電話で内定辞退を伝える方法(テンプレート)

電話で内定辞退を伝える際は以下の流れで進めましょう。

お忙しいところ恐れ入ります。○○大学〇〇学部の▲▲▲▲と申します。採用の件でご連絡致しましたが、担当の○○様はいらっしゃいますか?

お世話になっております。○○大学〇〇学部の▲▲▲▲でございます。ただいまお時間よろしいでしょうか?

先日は内定のご連絡を頂き、ありがとうございました。大変光栄なお話しですが、申し訳ございません。一身上の都合で辞退させて頂きたいと思い、ご連絡致しました。貴重なお時間を割いて頂いたにも関わらず、ご期待に沿えず申し訳ございません。

基本的な型はここまでとなります。あとは人事の方の質問に答えて進めていってください。

 

・内定辞退はいつまでにするべき?

内定辞退はなるべく早くするのが鉄則です。企業側はあなたが入社するものだと思って準備を進めています。

もし辞退するとなると配属を見直さないといけませんし、あなた用に発注していた備品などのキャンセルも必要になります。

場合によっては採用のやり直しまで必要になることもあるので、早く知らせるほうが企業のためです。

しかし、悩んだり躊躇しているうちに時間が経ってしまうこともありますよね。最終の期限はいつになるのでしょうか?

結論から言うと、入社日の2週間前までが1つの目安になります。それは以下の「民法第627条」に係る部分です。

「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」

民法第627条

辞退の意思表明をすれば、企業が拒否したとしても2週間後に契約は解消となることを意味します。逆に言えば、辞退申し入れ後の2週間は企業との内定関係が消えない場合があると言うこと。

そのまま入社日を迎えてしまうと、入社せざるを得ないこともあると理解しておいてください。

よく「内定承諾書にサインをしたら辞退できないのでは?」と思われがちですが、内定承諾書に法的拘束力はありません。内定承諾書に捺印した後でも辞退することは可能です。

では、入社予定日から二週間を切った段階になると内定辞退はできないのでしょうか?

上述した民法第627条により、交渉が難航するとトラブルが発生してしまう可能性もあります。

しかし、内定辞退代行サービスを利用すれば直前であっても対応してくれるところはあります。

辞退したいけれど直前になってしまった方は、まずは内定辞退代行サービスに相談してみることをおすすめします。

 

【内定辞退はこんな人におすすめ!新卒の就活だけでなく転職やエージェントへの連絡にも使えます】

【内定辞退はこんな人におすすめ!新卒の就活だけでなく転職やエージェントへの連絡にも使えます】

内定辞退は一般的には自分でするものです。それが採用したいと言ってくれた会社への礼儀でもあります。

しかし、怒らたりトラブルになったりすると就活どころではなくなります。内定辞退を通してトラウマを抱えた人もおり、人生全体に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

内定辞退の代行サービスを利用すべきなのは以下のようなタイプの人です。

  • 恐怖で連絡できない人
  • 怒られて心を乱されたくない人
  • とても良くしてくれらことで申し訳ない気持ちでいっぱいの人
  • すでに内定承諾書に記入してしまった人
  • 内定辞退のやり方の正解がわからなくて悩んでいる人
  • 内定辞退を申し出たけど引き止められたり断られたりした人
  • 入社式・内定式が直前に迫っている人

こうした人は自分で内定辞退を告げるべきではありません。

直接罵声を浴びせられたりしたらどうしても気持ちを引きずります。社会や年長者に対して臆病になり、その影響は社会人になった後も響き続けます。

明るく就活に励んでいた人が一度の内定辞退でやる気を失い、就活に失敗し続ける。そんな例もあります。

例えば内定辞退代行サービスの「リクセル」は5社まで対応してくれて2万円弱です。面接に数回行くくらいの値段で代行してくれると考えたら、心を守るために高い出費ではないとも思えます。

また、内定自体代行サービスは新卒者だけでなく、転職活動をしている方や転職(就活)エージェントを使っている方も利用できます。

エージェントを使っての就活の場合はエージェントの評判にも影響するため、下手な連絡はなるべく避ける必要があります。

内定辞退代行サービスでは相談した上で適切な伝え方を選択してもらえるので、適切な内定辞退をしたい方にもおすすめです。

 

【内定辞退後の就活やり直しはキャリア相談がおすすめ】

【内定辞退後の就活やり直しはキャリア相談がおすすめ】

内定辞退はあなたの権利です。企業が学生に対してお祈りメールを送るように、本来ならば学生側も断りの連絡を入れるだけで済むものです。

しかし、実際は必要以上に説教をされたり、法的拘束力がないにもかかわらず違約金などの脅しに遭うことも。

嫌がらせやトラブルで心を乱されないためにも、賢く代行サービスを使うのは必要なことです。

悩んで貴重な時間を無駄にしてしまっている方は内定辞退代行サービスの利用も検討してみてください。

また、もし就活に行き詰まってしまった場合は、あらためて自分の価値観や理想の働き方を考えてみるのも有効な手です。

就活迷子になったときは視野が狭まっています。人生視点で理想の働き方を考えて、その価値観に合う仕事を新たに見つけ直す。それが出来れば、就活で失敗するリスクを減らすことができます。

理想の仕事や働き方を考え直したい方には「キャリア相談サービス」がおすすめです。

20〜30代のビジネスパーソンの利用者が急増しているサービスで、多くの方がキャリア相談を機に生き方・働き方を見直しています。

就活中の学生も相談できるので、興味がある方は以下の記事もチェックしてみてください。

 

>>【厳選5社】キャリアカウンセリングが受けられるおすすめサービス

【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較
転職や仕事の悩みを抱える人に注目されているサービスがキャリア相談です。キャリアカウンセリングでは、理想の働き方を見つけるための自己分析を行い、転職や独立を実現するまでのフォローをしてくれます。この記事ではキャリア相談を受けたい方におすすめのサービスをご紹介します。最適なサービスを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【FAQ:内定辞退に関するよくある質問】

内定辞退や代行サービスを利用する際に気になる疑問についてお答えします。

 

・内定辞退代行サービスを使ったら変なやつだと思われる?

新しいサービスなので驚く人はいるかもしれませんが、人事担当者であればこうしたサービスがあることは理解しているはずです。

内定辞退の代行についてネット上では「自分で伝えに来ないなんて最近の若者はマナーがなっていない」という声も見られます。しかし、まったく気にすることはありません。

メールで伝えたところで電話くらい掛けてこいと言われますし、電話したら直接会いに来いと言われます。直接会って伝えたら、わざわざ時間を取るのがもったいないからメールでよかったと言われる始末です。

とにかく年長者は若者に苦言を呈したいだけなのです。

内定辞退をする時点で好印象を持たれることはありませんし、その会社と今後関わることもありません。辞退を伝えるという最低限のマナーさえできれば、自分で伝えても代行業社を使っても問題ないのです。

 

・内定辞退はどのタイミングでいつまでに伝えるべき?

辞退の場合はなるべく早く伝えるのが企業側からすればありがたいですが、入社日の二週間前までであれば問題ありません。

また、内定承諾書を出した後でも、それ自体に法的拘束力はありませんので辞退可能です。

もし、入社日から二週間を切っている場合や辞退を受け入れてもらえないような場合は、内定辞退代行サービスへ相談してみると良いでしょう。

 

・内定辞退をする学生は何割くらいいる?

リクルートの就職みらい研究所によると、内定辞退率は64.6%となっています。多くの学生は2つ以上の会社から内定を獲得しているので、ほとんどの学生が内定辞退をしていることになります。

 

・内定辞退の具体例は?

内定辞退をする場合、具体的には以下の例のような内容を伝える必要があります。

  • 会社名、部署名、担当者名
  • 自分の学校名、学部名、名前
  • 内定をもらったことへのお礼
  • 内定を辞退したい旨
  • 辞退の理由
  • 直接伺うべきところを、メールで連絡することに対するお詫び
  • 迷惑をかけたことへのお詫び
  • 結びの文
  • 署名

ただし、メール・電話・手紙など方法によってフォーマットに若干の差があるのでご注意ください。

 

・内定辞退の具体的理由はなんて言うのが良い?

内定辞退で使う理由としては以下のものが一般的です。

  • 一身上の都合
  • 他社からの内定
  • 適性をより活かせる会社への就職を希望
  • 就活中に起きた希望職種の変化

 

・内定辞退代行サービスを使うときの注意点は?

基本的に利用者(あなた)と3日間以上連絡が取れない場合、サービスの提供が中断され、返金にも応じてもらえなくなります。忙しい中での依頼になるとは思いますが、しっかりやり取りを行うようにしましょう。

 

【参照サイト】

リクセル(運営会社:株式会社ハーフ・オブ・イット

退職代行ニコイチ(運営会社:株式会社ニコイチ

内定辞退代行ネルサポ(運営会社:ネルサポート株式会社

内定辞退相談室

厚生労働省 大学等卒業予定者の就職内定状況調査

「配属ガチャ」不安で内定辞退や早期退職も 就活生55%が「職種も勤務地も自分で」……マイナビ調査

プロフィール
著者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

自分のキャリアを考える
LIFE WORK CAFE