【初心者注意】オンライン英会話スクールの選び方と気をつけるべき4つのこと

【初心者注意】オンライン英会話スクールの選び方と気をつけるべき4つのことビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

「今年こそ英語を喋れるようになりたい!」

私と同じように、もう何年もそんな思いを抱えている方も多いと思います。

英語は学生時代も含めてかなり勉強してきたはずですが、勉強すれどもなかなか聞き取れるようにも喋れるようにもなりませんよね。

そして、気付きます。これまでの勉強法に問題があったのではないかと。

 

「そうか!話せるようになるには話すための勉強が必要じゃないか!TOEICの勉強をしても会話ができるようにはならないんだ!よし、ということは英会話スクールで勉強すれば喋れるようになるはずだ!」

 

今、英会話スクールを探している方の中には、このような自分だけが気付いた大発見に心が踊っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それこそ初心者が陥る英会話スクールの罠です。今のままでは三ヶ月以内に挫折するでしょう。

 

この記事では、初心者が知っておくべき英会話スクールの注意点と選び方のポイントをお伝えします。

 

・英語を喋れるようになりたい。
・きちんと役に立つ英語の勉強がしたい。

 

このような方の役に立つ正しい英語の勉強法を解説します。

 

 

【オンライン英会話初心者が陥りがちな注意点】

【オンライン英会話初心者が陥りがちな注意点】

オンライン英会話スクールを受講し始めた方の中で、3ヶ月以内にやめてしまう人は実に7割もいます。

その理由は英会話スクールへの誤解です。特に初心者は英会話スクールに行けば英会話ができるようになると考えていますが、実際はそこまで単純なものではありません。

 

オンライン英会話スクールを初めて受講する方が戸惑う4つのポイントを先に解決しておきます。

 

・英語を教えてはもらえません

オンライン英会話の授業では、いきなり外国人講師が現れ、英語での自己紹介から入ります。そして、そのまま会話をしながら英語に接するという流れで進みます。

スクールと言いつつもその内容はほとんど会話です。ところどころ間違った表現などを直してはくれますが、学校の授業のように文法や慣用句などを教えてくれる場所ではありません。

「教えてもらいながらちょっとずつ喋れるようになったらいいなぁ」と思って受講すると、全て英語で、しかも英語は教えてもらえないことに驚きます。

中には日本語がわかる講師もいますが、人気があるためなかなか予約ができなかったり、オプション料金がかかることもあります。

 

オンライン英会話スクールは英語を教わる場ではなく、自分の英語力をさらに鍛えるための場なのです。なので、基本的な勉強は自分でしておく必要があります。

 

・講師はアメリカ人だけではありません

オンライン英会話の講師は、フィリピンなどのアジア系の講師も多いです。アメリカ人の講師の方が珍しいくらいです。

英語が喋れることは間違いありませんが、それでもネイティブではないので独特の訛りがあります。

そのため、間違った英語とまでは言いませんが、学んだ英語がアメリカでは通じにくい英語になる可能性はあります。

 

また、オンライン英会話の講師はほとんどが副業でやっている人ばかりです。英語は喋れるけど教えるのは得意ではないという人も多いのです。

 

あくまで会話の場、自分の学んだ英語を実際に使ってみる場として活用するつもりでいましょう。

 

・パソコンとスカイプは自分で用意しなくてはいけません

オンライン英会話は基本的にインターネットに繋いだパソコンまたはスマホと、ビデオ通話アプリのスカイプを使って行います。

 

スカイプでのビデオ通話自体は無料で出来ますが、通信量はかかります。

また、スカイプのアプリをパソコンやスマホにダウンロードして使える状態にしておく必要もあります。

機械音痴の方だと、この設定がうまく行かずに受講できない人もいるようです。

 

オンライン英会話に申し込んだ後で慌てないよう、先にこれらの用意は済ませておいた方が良いでしょう。

 

・レッスンだけ受けても喋れるようにはなりません

ここがもっとも重要な点ですが、オンライン英会話を始めれば英語が喋れるようになるというのは間違いです。

レッスンは1回約30分から1時間程度です。それが週に2回ほどでしょう。実際の受講時間だけ見るとごくわずかしかないことに気付きますよね。

もちろん、これまで英語を喋る機会がなかった方にとっては30分の授業でも非常に有益でしょう。

しかし、1週間に数時間の英語に触っただけで英語は喋れるようにはなりません。

 

  • 英単語
  • 文法
  • リーディング
  • リスニング
  • ライティング
  • スピーキング

 

英語を使えるようになるためには様々な勉強のアプローチが必要です。

オンライン英会話スクールで全てが学べるわけではありません。英単語や文法、リーディングやライティングなどはスクール以外の場所と方法で学んでいく必要があります。

 

英会話が出来るようになりたいのであれば、自分の中で「英語を喋れるようになる」というプロジェクトを始めましょう。

そして、オンライン英会話スクールを受講することはそのプロジェクトの一部として利用するようにします。

 

スポンサーリンク

【失敗しないオンライン英会話スクールを選び方】

【失敗しないオンライン英会話スクールを選び方】

オンライン英会話スクールの数は2020年現在、数十社以上もあると言われています。

英語を喋りたいという需要は拡大し続けますので、インターネット上の英会話スクールは今後さらに増えるでしょう。

 

 

しかし、英会話スクールはピンキリです。時間が全然合わなかったり、先生の質が低くて勉強にならないことはざらにあります。

とは言え、結局どこも同じように見えてしまって決められないですよね。

 

失敗したスクール選びにならないように、選び方のポイントを押さえておきましょう。

ポイントは4つあります。

 

  • 講師は100人以上いるか
  • 運営母体は老舗や大手か
  • 料金明瞭か
  • 受けたい時間に授業をやっているか

 

それぞれ解説します。

 

・講師は100人以上いるか

講師の数が少ないと授業の予約が思うように取れません。

特に仕事が終わってから英会話の勉強をしようと思っても、多くの予約が集中する時間ですので、結局思うように授業が受けられないということになってしまいます。

そうならないためにも、講師の数は非常に重要です。100人以上の講師がいるスクールにしましょう。

 

英会話スクール大手のDMM英会話では6000人以上の講師がおり、レアジョブ英会話では4000人の講師がいます。

ともに日本語対応教師もいますので、初心者の方はそうしたところもチェックすると良いでしょう。

 

・運営母体は老舗や大手か

英会話スクールはスクールの内容だけでなく、運営している企業の情報も確認しましょう。

特に老舗企業や大手企業の方が望ましいです。オンライン英会話スクール業界は、非常にニーズがある反面、競争過多に陥っています。

オンラインであれば教室の家賃が不要ですし、フィリピンなどアジア圏の安い労働力を講師に置けば非常に利益を出しやすいという特徴があるので、参入しようと思う企業や個人も多いのです。

しかし、大手の営業力には敵わず淘汰されるスクールも多くなっています。

 

申し込みをして授業を受け始めたのに、スクールがなくなってしまったということにならないよう、運営母体の情報も確認しましょう。

確認してもわからないという方もいるかもしれません。

そんな時は、素人目線で見てもなんとなく不安なところは避けた方が良いです。老舗や大手などの安心して学習できる環境に身を置くのが良いでしょう。

 

・料金明瞭か

オンライン英会話スクールの比較サイトでは、基本的な月額料金を伝えているところが多いですが、きちんとサイト内に書かれている価格表も確認した方が良いです。

特定の時間に授業を受けたい場合など、月額料金の他にもレッスンチケットを別途購入しなければいけないことがあります。

 

また、支払い方法にも月払いと年払いなどがあります。初心者の方は年払いは避けるべきです。

いくら今の時点でやる気があっても、どこまで続けたいと思うかはわかりませんし、努力次第では一年もかからないかもしれません。

今流行りのジムでも、お金を払っているけれど結局行っていないという方も大勢います。

いくら割引が効いても、始めに年払い契約をすることはおすすめしません。

 

・受けたい時間に授業をやっているか

英会話スクールの中には24時間いつでも授業を受けられるところもあれば、21時までで終了といったところもあります。

生活リズムにもよりますが、あまり早い時間に終わってしまうスクールだと授業を受ける機会が少なくなってしまいます。

 

DMM英会話では24時間対応していますが、レアジョブ英会話では「6時から25時まで」となっています。

25時以降に受けたいという方は少ないかもしれませんが、学生さんなどで夜のバイト後に受けたい方だと選ばない方が良いです。

 

特に安いスクールでは終了時間を設けているところも多いので、自分の学習リズムに合いそうかどうかを確認するようにしましょう。

 

【英会話スクールを選ぶときは堂々と無料体験しよう】

【英会話スクールを選ぶときは堂々と「つまみ食い」しよう】

英会話スクールをどこにしようか迷った場合、いくつも無料体験をしてみることをおすすめします。

 

多くの英会話スクールでは、無料体験を設けています。それをいくつも受けてみるのです。少なくとも2~3箇所は受けてみることをおすすめします。

 

その中でチェックするポイントは以下の事柄です。

 

  • 授業の内容が望んだものかどうか
  • 講師との相性は悪くないか
  • 予約を取れやすそうか
  • 目標を確認してくれるか?そのためのフォロー体制はあるか?

 

こうしたことを自分なりに確認してみましょう。合わなければ堂々とやめれば良いのです。

 

無料で授業を受けさせてもらったりすると、申し訳ないという気持ちからそこに申し込もうとします。単純にやめたり断ったりするのが苦手な方もいるでしょう。

しかし、それは人間の心理的に必然のことです。そして、企業側もその心理を理解した上であえて無料体験を設けています。ビジネス的に言うと「返報性の法則」を利用したものです。

 

「一度無料で体験させちゃえば、断りにくくなって申し込んでくるでしょ?」

ハッキリと言えば、無料体験にはこういった「いやらしさ」もあります。

 

なので、受講するこちら側としても相手の思惑にハマる必要はありません。合わなかったり、満足できなければ断ればよいのです。

 

堂々と無料体験を使って、自分にあったスクールを選ぶことが重要です。

 

スポンサーリンク

【英語が話せるようになるために必要な3つのもの】

【英語が話せるようになるために必要な3つのもの】

結局、どのオンライン英会話スクールを選んでも、喋れるようになるかどうかは自分次第です。

絶対喋れるようになりたければ、以下の3つのポイントは心に留めておいてください。

 

  • 目標を明確にする
  • スクールだけに頼らない
  • 目標に必要な行動を継続する

 

順に説明します。

 

・目標を明確にする

多くの方は「スクールに申し込んだから喋れるようになる」と勘違いします。

それならば中学校から高校までの6年間も英語を学んだので、すでに喋れているはずです。

 

そうでないのは、「喋れるようになる」という目標を待っていなかったからです。

スクールに通うということは喋れるようになりたいという目標があるように思えます。ですが、より明確に目標をイメージすることが重要です。

 

海外旅行に行って、空港や現地でペラペラ喋っている自分を想像してみてください。

ビジネスの場で、相手の意見を理解した上で自分の意見をしっかり英語で述べている姿を想像してみてください。

憧れますよね。こんな人間になりたいという自分の姿を具体的にイメージし、そこを目標にするのです。

 

そして、毎回のレッスンの前にその姿をイメージしてから受けるようにします。

目標を明確に持つことで脳内物質の分泌が増えて、やる気や集中力、記憶力が向上します。

 

オンラインスクール一回一回の効率を上げるためにも目標設定は非常に重要です。

 

・スクールだけに頼らない

オンラインスクールは1回30分から1時間程度です。それを月に数回受けるだけで喋れるようにはなりません。

 

本気で喋れるようになるためには、普段から英語に触れる機会を作る必要があります。

 

スクールに通うだけで終わっては英語は喋れるようになりません。

「英語を喋れるようになる」というプロジェクトを自分の中に作り、そのために必要な要素の1つとしてオンラインスクールがあるというイメージにするのです。

 

私の場合は、英語を喋れるようになるために以下のような計画を立てました。

 

ー 英語を喋れるようになるにはどうしたら良いか? ー

 

  • 単語とイディオムを勉強する(出勤前の1時間)
  • リスニング教材を使って耳を鍛える(通勤時間)
  • 英語で意見が言えるよう日記を書く(毎日)
  • オンラインスクールで実際の会話力を磨く(週3回1時間ずつ)

 

このように、スクールだけに頼らず、自分の理想の姿をイメージして、それに必要な行動の一つとしてオンライン英会話スクールを利用する。

英語を喋れるようになるためには、日常での勉強と合わせたオンライン英会話スクールの活用が不可欠です。

 

・目標に必要な行動を継続する

もっとも重要なことは「継続」です。それを改めて理解しておいてください。

聞き飽きた言葉ですが、継続できない人は結局何も手にすることができません。

 

とは言え、継続しようと思っていても様々な要因が邪魔をしてきます。

私は継続を妨げる要因には以下の3つがあると思っています。

 

  • 面倒
  • 言い訳
  • 軽い達成感

 

これまでの習慣を変えて英会話に取り組むことは面倒です。できないことをやろうと取り組むのですから、ストレスもかかります。テレビやスマホを見ていた方が楽です。

 

「仕事が忙しかったから」
「寒くて起きれなかったから」
「昨日頑張ったから」

こうした言い訳も継続を妨げます。

 

また、少し喋れるようになった実感はポジティブな達成感に繋がります。

しかし、人というのは軽い達成感を感じた時に「よし、この調子で頑張ろう!」ではなく「頑張ったから今日は少し休んでもいいか」という風になりやすいのです。

 

これらが継続を妨げる三大要因です。

 

面倒は、快適快楽を選びたがる惰性の本能だと理解しましょう。

言い訳には「10秒だけやる」といったように疲れていてもやれる程度にハードルを下げると良いです。

軽い達成感を感じた時は初心を思い出し、まだ理想の状態ではないことを再認識します。

このように、目標を達成するために乗り越えていきましょう。

 

https://abc-by.com/tudukerarenai/

 

【レベル別おすすめオンライン英会話スクール】

【レベル別おすすめオンライン英会話スクール】

最後に、レベル別でおすすめできるオンライン英会話スクールをお伝えします。

 

  • いきなり外国人と話すのが正直不安
  • まずは一度オンライン英会話スクールというものを体験してみたい
  • 今年こそ本気で英語を勉強して絶対喋れる力を付けたい

 

自分のレベル感に合ったスクールをぜひ体験してみてください。

 

・いきなり外国人と話すのが正直不安な人向けの英会話アプリ

・いきなり外国人と話すのが正直不安な人向けの英会話アプリ

英会話をしてみたいけど、そんなに自信がないし喋れるか不安。そのような方は「トーキングマラソン」というアプリから入ってみてはいかがでしょうか。

 

「トーキングマラソン」はスマホを使ってAIと話すトレーニングができるアプリです。

実際の人間ではないので、間違えてもいいし時間をかけても大丈夫。自分のペースで英会話の練習ができます。

 

英会話の完全初心者が練習をするためには最適だと感じます。

 

実際の人との会話ではないとは言え、日常や旅行で使える英会話をしっかり身に付けることができます。

2週間無料お試しもあるので、自信がない方はこちらで練習してみるのも良いかもしれません。

 

トーキングマラソンで自主トレしてみる

【練習してこそ試合で活躍できますよね】

 

 

・まずは一度オンライン英会話スクールというものを体験してみたい人向け

Nativecamp

とにかく実際に外国人と会話する練習がしたい。そのような方には「Native Camp」がおすすめです。

多少背伸びしてでも実際に話す中で英会話スキルは磨かれていきます。どんどん練習したいと考えている方に最適なスクールでしょう。

 

その理由は以下の2つです。

 

  • 予約なしでいつでも受けられる
  • 定額なのにレッスン回数無制限だから短期集中トレーニング可能

 

オンライン英会話スクールのほとんどは予約制となっており、今すぐ授業を受けたいと思っても受けられないこともしばしばあります。

また、1回あたりの時間や1ヶ月あたりの受講回数も決まっており、それを超える場合は追加料金が発生するところばかりです。

 

勉強したいのに勉強できない。そんな歯がゆさを感じることもあるでしょう。

 

「Native Camp」であれば予約不要で受け放題なので受けたいときに好きなだけ受講することができます。

 

また、Native Campでは独自のアプリを使っての受講となります。

スマホ一台あればすぐに受講できるので、パソコンやスカイプなどの面倒な設定がいらないところも非常に利便性が高いです。

 

初心者も歓迎されており、7日間は無料体験ができます。無料体験中も受け放題なのでかなりお得ではないでしょうか。

 

 

Native Campで英会話を体験してみる

【メディア掲載多数で人気急上昇中です!】

 

 

・今年こそ本気で英語を勉強して絶対喋れる力を付けたい人向けのオンライン英会話スクール

・今年こそ本気で英語を勉強して絶対喋れる力を付けたい人向けのオンライン英会話スクール

「もう英語で挫折するのは嫌だ。」
「仕事で使うから何としても英会話が出来るようになりたい。」
「だらだら勉強していても仕方がない。今年こそ絶対喋れるようになるぞ!」

 

そのような決意を持って英語を学びたい方は、「RIZAP イングリッシュ」がベストです。

結果にコミットするダイエットで有名なライザップですが、英会話のスクールもやっています。

 

RIZAPイングリッシュはすでにある程度喋れる方向けになっています。日常会話レベルを超えたビジネスでも使える英語力を養うことができます。

ホームページでは無料で英語力診断テストも受けられます。一度試してみてはいかがでしょうか。

 

レッスン自体は週2回と決して多くはありませんが、日々課題が出されるので英語学習に集中できます。

専属トレーナーが付いて自分だけの課題を発見し、プログラムを用意してくれます。

 

内容が厳しいと言われるライザップですが、やりきる力を養える充実のサポート体制が用意されているので、自分が決めた目標のレベルまで完走することが出来るでしょう。

 

 

RIZAPイングリッシュでバリバリ伝わる英語を身に付ける

【30日間は全額返金保証付きだから安心】

 

 

以上がオンライン英会話スクールの選び方と注意点、おすすめの英会話スクールの解説でした。

この記事が英会話をマスターするきっかけになれば幸いです。

 

 

【英語学習 関連記事】

 

英語を話せるようになりたい人のための独学ロードマップ【完全版】

英会話初心者はスクールに行くな|独学できる最も効果の高い英語勉強法を紹介

わからない英単語が一瞬でわかる|英語の情報収集が効率的になる無料の翻訳辞書ツール

英語を使った副業って何がある? 5つの方法と英語で稼げる理由を解説

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました