【独学での英語上達方法】初心者必見!スクールに行かずに英会話の練習ができる

英会話初心者はスクールに行くな|独学できる最も効果の高い英語勉強法を紹介英語学習法
スポンサーリンク

今年こそ英語の勉強をしたい。英語の勉強ならやっぱり英会話スクールに行くべきだろうか? でも、初心者すぎて英会話スクールに行くのはハードルが高いなぁ。

 

このような悩みを持っている人は非常に多いと思います。ある調査によると日本人の中で英語を話せる人は2%しかいないとも言われています。

 

とは言え、英語が喋れると旅行で役に立つだけでなくビジネスの場でも可能性が広がります。

今後ますます世界を意識した働き方が求められますので、英語の必要性が上がるのは間違いありません。

 

では、これから英語を勉強しようとしたらどのような方法が良いのでしょうか?

よく言われるのは、英会話スクールに行くことやTOEICの勉強をすることです。

特に英会話においてはスクールに行くことでしか上達しないと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、それは英語学習の初心者が陥る大きな罠です。

英会話スクールに行ったからといって誰もが上達するわけではありません。

 

この記事では、なぜ英語学習初心者は英会話スクールに行くべきではないのかを解説します。

また、英会話スクールに行かない方が良い理由だけ述べても皆さんの役には立ちませんので、独学でできる最も効果の高い英語学習法も後半でお伝えします。

 

ぜひ参考にしてください。

 

【英会話を独学?誰にも知られずに上達できるポケトークを使った学習法とは?】>>

スポンサーリンク

【英語初心者が英会話スクールに行ってはいけない4つの理由】

英語初心者が英会話スクールに行ってはいけない4つの理由

英会話スクールに行けば英語を喋る環境に身を置くことになります。そうすれば強制的に英語を喋ることになるので上達するように思えます。

しかし、実際は初心者が英会話スクールに行くのはハードルが高すぎるのです。

 

まずは英会話スクールに行ってはいけない4つの理由をお伝えします。

 

・なに言ってるかわからない

私は学生の時に英検2級まで取って、英語の勉強についてはそこまで苦手意識を持っていませんでした。

しかし、英会話スクールの初日にそんな自信は根元からへし折られました。

何を言っているのかが全く理解できなかったのです。

 

英会話スクールはマンツーマンのレッスンが基本です。

各部屋で待っていると担当の講師が入ってきて、会話を楽しんだり中にはテキストを使ったりしながら授業を進めます。

会話もテキストの説明も全て英語です。わからない会話や知らない単語について聞き返しても、説明もよくわからない英語なので理解できません。

苦笑いしてごまかしながら進むことになります。

 

そして、授業が終わった後の「何もわからなかった感」はヤバいです。

ただただ英語への苦手意識が増すだけで終わってしまいます。

 

・インプットの場ではない

そもそも、英会話スクールは学校の英語の授業ではありません。

英語の授業であれば、文法の説明や覚えるべき単語を教えてもらえます。

 

しかし、英会話スクールではそうした基礎的な学習については教えてくれません。

会話の中での言い回しや表現方法について教えてもらうことはあっても、座学として学ぶような場所ではないのです。

 

スクールに通うと、「英語を学べる」と思う方も多いと思います。

しかし、英会話スクールはそうしたインプットの場ではなく、学んだ英語を活用するためのアウトプットの場なのです。

そのため、英語学習を始めたての人にとってはハードルが高すぎます。

これから英語を学ぼうという人にとって英会話スクールは、英語を学べる場所ではありません。

 

・行くことで満足して上達しない

英会話スクールはあくまでアウトプットの場だとお伝えしました。

そのため、上達するには英会話スクール以外の時間でのインプットの時間が不可欠です。

 

中学から高校まで900時間ほどをかけて英語の勉強をしてきたにも関わらず、ほとんどの人は英語が喋れません。

なのに、週に数時間の英会話スクールに行くだけで喋れるようになるわけがないのです。

それにも関わらず、英会話スクールに通う人のほとんどはスクール以外での勉強時間を作りません。

 

仕事や家の用事があってそれ以上の時間が取れない人もいるでしょう。

ですが、英会話スクールに通っているということで満足してしまっている人がいるのも事実です。

実際、英会話スクールに行くだけでは自走する仕組みが作れません。自走とは自分自身で伸ばしていく力のことです。

スクールを出れば英語に関わる機会はありません。結局スクールに行って外国人講師と喋る時間しか、英会話のトレーニングができない人がほとんどなのです。

 

・そもそも日本人向けのシステムじゃない

私もそうなのですが、基本的に日本人は、

 

・人見知り
・自分のことはオープンにできない閉鎖的な性格
・外国人に対してコンプレックスが強く萎縮しがち
・とは言え、プライドは高くできないことや苦手なことは避けがち

 

といった特徴があります。

 

英会話スクールに行くと、慣れない環境や好きではない環境、ストレスの多い環境に身を置くことになります。

「来月から海外に出張が決まってどうしても英会話力を磨かなくてはいけない」といった緊迫した状況であれば、荒治療的にそうした環境に身を置くことも必要かもしれません。

 

しかし、今すぐ必要ではないけれどなんとなく英語を勉強しておきたい人にとっては、その環境は苦痛でしかありません。

人間は安定や安心な環境を求める生き物です。ストレスの強い場所に通うのは嫌になり、結果的に長続きできず英語は身につきません。

 

【いきなり英会話はハードル高い!外国人に会わずに英語が上達するツール】>>

 

【英会話初心者が上達するために必要な2つの力】

英会話初心者が上達するために必要な2つの力

英語を学びたい、英会話ができるようになりたい。

そのためには何を学ぶ必要があるでしょうか?

私は、会話ができる英語力をつけるために必要なのは以下の2つの力だと思います。

 

・自分の言いたいことを英語で言える力
・相手の言っている英語を理解する力

 

当たり前のことのように思えますが、この力を身につけることが学習の目的でなければいけません。それぞれの重要性と勉強方法を詳しく説明します。

 

・自分の言いたいことを英語で言える力

ぶっちゃけ、言いたいことが言えれば無駄に何百何千の単語を覚える必要はありませんし、いつ使うかわからない言い回しの文法を覚える必要もありません。

自分の言いたいことの言い方と発音さえ使えるようになったらいいのです。

 

自分の中の明確な課題に対して直接アプローチをすることをアクティブラーニングと言います。

1から文法や単語を学ぶといった受け身の姿勢ではなく、自分の知りたいことを自分から取りに行くという主体的な姿勢の勉強法のことです。

興味のない理科の授業などをなんとなく受けているよりも、好きなスポーツ選手の情報を積極的に調べている方が記憶に定着しますよね。

アクティブラーニングは勉強法として定着しやすいのです。

 

では、英語において自分の言いたいことを言えるようになるにはどのような勉強をしたら良いのでしょうか?

 

英語を話せるようになるために必要なことは「日記」と「発音」です。

 

まずは自分の考えていることを英語にする。そして、その発音をネイティブに近づけることが重要です。

英会話教室で「最近楽しかったことは?」といきなり聞かれてもほとんどの人は何を話したらよいかわかりません。

自分の好きなことですら誰かに説明するとなると途端に難しいと感じる人は多いと思います。

 

そもそも自分の話や自分の主張を明確に持っていないと英会話以前に日本語の会話も成り立ちませんよね。

相手の話に対して自分の主張を持たずに「まぁいいんじゃない?」としか答えていなかったら日本語の会話でも弾みません。

 

英会話が上達するためには日記を通して自分の主張を明確に持つこと。そして、それを英語化して、発音を学ぶこと。これが重要です。

 

・相手の言っていることを理解する力

自分の主張ができても相手の言うことが理解できなければ会話にはなりません。特に日本人の多くはリスニングが課題だと言われています。

私も英語教材でリスニングの勉強をしたこともあるのですが、非常に難しいくて苦戦したのを覚えています。外国人と話すと、なおのことスピードが上がって全然聞き取れないのです。

スピードラーニングなどのように「聞き流すだけ」で英語が聞き取れるようになると言う教材もありましたが、結局何を言っているか理解できないまま聞いてもただのノイズです。

 

理解しながら、聞き取る。そのためには、文章を確認しながら聞くことがおすすめです。

センテンスを確認しつつ英語を聞く。それによって、読み上げの速度や声に出さないワードなどを確認できます。

 

スポンサーリンク

【英語独学にもっとも効果のある方法とは?】

最も効果の高い英語独学方法とは?

英語を話せるようになるためには、話す力と聞く力が重要だとお伝えしました。それを身につける最も効果が高い方法をご紹介します。

 

それは翻訳機を使った英会話学習す。

 

皆さんもわからない英単語を調べるときや文章を翻訳するときにGoogleで検索をしたことがありませんか?

インターネットで「(わからない英語の文章) 和訳」で検索すると、Google翻訳と言うサービスですぐに日本語化されて表示されます。

逆に日本語を英語にしたいときにも、「日本語の文章 英訳」とすれば英語になって表示されます。

また、Google翻訳には音声機能も付いていますので、言いたい言葉を日本語で打ち込むだけで英訳文と合わせて発音の確認もできるのです。

Google翻訳はウェブ上の翻訳機とも言えるサービスです。翻訳機を英語学習に使えば、英語の上達に必要な「話す力」と「聞く力」を独学で学ぶことができるようになります。

 

さらに私がおすすめするのは、AIを使った自動翻訳専用機「POCKETALK(ポケトーク)を使っての英会話学習です。

 

ポケトークはスマホより一回り小さいサイズの機械で、ボタンを押しながら日本語を喋るだけで英語に翻訳された文章と音声を返してくれます。

先ほどアクティブラーニングが効果的だとお伝えしましたが、ポケトークを使えば「自分の言いたいこと」を即座に英語化できます。

必要な英語、言いたい英語だけ主体的に学んでいけるのです。

 

その他のポケトークの特徴をいくつか紹介しておきます。

 

>> こっそり上達 ポケトーク英会話術


・翻訳専用機なので使いやすさや性能も優れている
・Google翻訳のように入力する手間がかからない
・本体内の翻訳プログラムではなく、クラウド上のAIによって翻訳が行われるので、精度が向上し続ける
・2年間のクラウド使用料が価格に含まれているので、wi-fiや別途インターネットの契約は不要
・AIが翻訳を行うのでニュース原稿のような長文も翻訳可能
・1万回分の履歴も残るのでいつでも復習できる
・英語以外にも77か国語に翻訳可能
・AIによる英会話レッスン機能が付いている

 

英語や英会話の勉強で「翻訳機を使って勉強する」と言うのは馴染みのない方も多いと思います。

翻訳機本来の使い方とも少し異なりますが、実は非常に効果的な使い方なのです。

最大のポイントは「外国人と直接話さなくても練習できる」点です。

英語を学びたいと言う気持ちと矛盾しているようですが、英会話学習初心者にとっては直接話すのはハードルが高いのでポケトークを使うことで良い練習になるのです。

 

外国人と会話できるようになることはもちろん英会話の目的です。しかし、何事も本番の前には練習が必要です。その練習の役割を担ってくれるのにこれほど最適な相棒はいません。

 

また、主張を表したり日記を書くときにも翻訳機というのは役に立ちます。

自分の言いたいことを英語にしようとしたとき、基本的には知っている単語の範囲内でしか考えられませんよね。

そうなると、本当に言いたいこととは違ったニュアンスの文章になってしまうこともあります。知っている中から言葉を選ぶので成長もできません。

ポケトークを使えば、日本語で喋るだけで正しい英語に翻訳してくれるので、本当に言いたいことがどのような英語の文章になるのかを確認できるようになるのです。

 

文章だけでなく、発音の確認もできるので、まさに自分の言いたいことを英語で言うのには最適な練習方法だと感じています。

このように、英会話スクールに通わなくても英会話の勉強はできます。

人見知りの人もスクールで間違えることが恥ずかしい人でも、独学で効果的な学習ができます。

 

これまでの学習で成果が出てこなかったのであれば、方法が間違っていたと言う可能性も大いにあります。

ポケトークで英会話の練習というのはあまり知られていない勉強法です。しかし、自走して英会話を上達するための効果的な勉強法になるでしょう。

 

ぜひ英語で現状を打破したい方は試してみてください。

 



 

【英会話上達 関連記事】

・【初心者注意】オンライン英会話スクールの選び方と気をつけるべき4つのこと

・英語を話せるようになりたい人のための独学ロードマップ【完全版】

・外国人観光客への英語接客の不安はこれで解消|勉強なしで訪日客に通じるポケトーク

・英語を使った副業って何がある? 5つの方法と英語で稼げる理由を解説

・わからない英単語が一瞬でわかる|英語の情報収集が効率的になる無料の翻訳辞書ツール

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
英語学習法
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました