映画「ホースソルジャー」ネタバレ感想!漢(オトコ)×実話×エンタメが魅力!

ホースソルジャー 書評・映画評
ホースソルジャー画像

「ホースソルジャー」(原題:12strong)

ホースソルジャー

ホースソルジャー画像

出演

クリス・ヘムズワース

監督

ジェリー・ブラッカイマー

 

あらすじ

アメリカ同時多発テロ事件直後のアフガニスタン戦争の際、アメリカが最初に行った反撃として、総勢5万のターリバーン軍にわずか12人で、それも馬に乗って戦ったアメリカ陸軍特殊部隊員の実話の映画化。【出典:Wikipedia】

 

感想

 

アフガニスタンの険しい山岳地帯で、かつて誰も経験したことのない騎馬による戦いを強いられたグリーンベレーの実話を元にした映画です。

※グリーンベレー:アメリカ陸軍特殊部隊

 

カラカラの岩場で、銃を片手に馬を操るクリス・ヘムズワース!!イケメンは、泥に汚れてるくらいがまたカッコイイんです!!

「必ず全員で帰る」と約束するネルソン大尉(クリス)の頼もしさ、それを信頼して付いていく部下の男たち。

 

実は英語音声英語字幕で一度しか観てない映画なので、日本語ではどんなセリフになっているか分かりませんが、

ネルソン大尉「ここから先(の戦い)は強制じゃない。来るか来ないかはお前らに任せる」

という男気なくだりは、定番だけどやっぱりキマっててかっこいいんですよね。

 

しかしこの映画、フタを開けてみたら、実はドスタム将軍(ナビド・ネガーバン)が一番の”漢(オトコ)”でした。

敵を無線で挑発したり、ネルソン大尉たちの危機に満を持して駆けつけたり。最後には敵対していた相手と握手まで交わしたりします。激シブです。

 

また、戦いの中で深まっていくネルソン大尉の部下であるマイロと、ドスタム将軍の少年兵ナジーフとの交流も私は好きでした。

付きまとわれてうっとうしいなと思っていたマイロも、実はナジーフが自分を守るための『彼なりの任務』を遂行していたと知るんです。

 

アクション映画としても楽しめるくらい派手な銃撃戦、どうして馬が吹っ飛ばないのか謎なくらいの爆発、最強過ぎるドスタム将軍…と、エンタメ映画に近い戦争映画(ジェリー・ブラッカイマー監督のそこが私は好きです。映画は楽しむものですからね!)ではあります。

ですが、そこに脚色があったにしろ、私たちの歴史の中で『こういうことがあった』と知ることが大切だと思うので、戦争映画だけどエンタメ要素もある、ある意味「敷居の低い良い映画」だと私は思いました。

 

似た戦争映画で『ローンサバイバー』がありますが、こちらはだいぶテイストが違います。ですが、こちらもメッセージ性の強い良い映画だったので、また次回、違うテンションで改めてご紹介させていただこうと思います。

 

 

※余談ですが。

邦題『ホースソルジャー』

原題『12 Strong』

英語で映画を観るようになってから、題名の違いを意識するようになりました。

『ホースソルジャー』だとやっぱりエンタメ感が強くなるので、私は『12 Strong』の方が実話の実写化らしく、リスペクトも感じるので好みです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました