結婚後のお金の管理はどうしたら?夫婦で幸せに暮らす3つのポイント

結婚後のお金の管理はどうしたら?夫婦で幸せに暮らす3つのポイントお金/貯め方
スポンサーリンク

 

結婚が決めれば新居を決めたり、結婚式の内容を考えたりと楽しい時間が続きます。しかし、家族になる以上、家計の問題も考えていかなくてはなりません。

 

・生活費はどれくらいかかるのか?
・二人の財布の内訳はどうするのか?
・貯金はどれくらいしたら良いのか?

 

こうした問題を避けて通ることはできません。しかし、なんだかめんどくさそうで皆さん先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、結婚後の家計の管理方法をお伝えします。記事を読むことで、よくわからなかったお金について、何をしたら良いのかがわかるようになります。

 

 

【結婚後の幸せな生活にはお金の管理が超重要】

【結婚後の幸せな生活にはお金の管理が超重要】

 

なかなか言い出しにくいことでもありますが、

・お互いの収入はいくらか
・貯金はどれくらいあるか
・借金はあるのか

といったことを最初に確認しなければなりません。

 

 

「相手がいくら稼いでいるかわからない」という夫婦もたまにいますが、同じ家族でいる以上あまり健全とは言えません。

 

 

家計の管理は幸せな生活を送るために非常に重要です。お財布の管理ができていない夫婦ほど仲が悪くなりやすい傾向にあり、離婚にもつながってしまうのです。

 

 

・離婚原因のトップにはお金にまつわることがたくさん

 

離婚原因の第一位こそ「価値観の不一致」ではありますが、トップにはいくつもお金が関わる原因が入っています。

 

・浪費癖、お金へのルーズさ
・生活費を入れてくれない
・多額の借金を隠していた
・収入の優位性からのモラハラ
・お金の余裕のなさか暴力を振るう
・親への仕送り、介護費の負担問題

 

このようなお金がきっかけで離婚しないためにも、お金の管理はしっかりやっておかなくてはいけないのです。

 

せっかく好きになって結婚した人と、揉めて別れたくはないですよね。お金の使い方や価値観にはもちろん個人差がありますが、収入と支出を管理してお金に困らない仕組みを作ることは出来ます。

 

自由に使える部分は残しつつも、お金でトラブルにならないよう仕組み作りをすることが重要なのです。

 

 

・夫婦でお金のトラブルにならないための大切なポイント

 

夫婦でお金のトラブルにならないために重要なポイントが3つあります。

 

・見える化
・納得感(お互いの目指すところへ向けた相互扶助)
・収入と出費の適切な管理

 

まずは家計全体での収入と支出をはっきりさせます。家族がいくら稼いでいるかを知らないとあまり気持ちが良いものではないですし、家計にお金を入れていても何にいくら使っているのかがわからないと疑念が生まれます。

 

お小遣い部分での内容まで見る必要はありませんが、家族の収入や必要な支出を整理することが大事です。不要な支出があればカットするべきですし、そのためには何にどれくらいお金がかかっているかを見える化する必要があります。

 

また、家計の仕組み作りの中では、収入の高低によって支払い比率が変わってきます。そこで互いに納得感を持って決めていくことが重要です。ポイントは相互扶助です。一人の幸せではなく、家族の幸せを目的として助け合いながら生きていくという姿勢で決めていきましょう。

 

このように収入と支出項目をはっきりさせて、そこに対して二人で協力してアプローチすることが、幸せな家庭づくりには欠かせません。

 

 

・お金の管理は仕組み作りが重要

 

家計の仕組み作りをざっくりと説明すると、

・収入の把握
・必要支出額の管理
・貯蓄額の設定
・支払い方法の内訳決め(各々の負担額)

これらを決めることです。要は二人の財布をどうするかということです。

 

お互いの納得のいく形で家計の仕組みを作ることができれば、家庭内の金銭トラブルの危険性は低減できます。

 

話し合いや各種手続きなど、初めての仕組み作りは大変です。しかし、一度作ってしまえば、あとはライフスタイルの変化があった時に調整するだけで済みます。

 

お財布管理の仕組み作りは。幸せで豊かな結婚生活を送るためにも不可欠です。結婚してすぐが肝心ですので、しっかり決めていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

【結婚後の財布の管理方法のおすすめ】

【結婚後の財布の管理方法のおすすめ】

 

では、実際にどのようにお金を管理するのが良いのでしょうか?

 

お財布の管理については一般的に3つの管理方法がメジャーとなっています。まずはその3つの方法をご紹介し、合わせて私がお勧めするお財布の管理方法もお伝えします。

 

 

・お財布管理の3つの方法

 

結婚後のお財布の管理は、主に以下の4パターンが取られています。

・全額一方負担
・項目ごと分割
・定額入金
・共通財布

 

 

・全額一方負担の特徴

・収入の多い方が家計の支払いを全部負担するパターン。
・収入格差がある場合や専業主婦の場合などがこれ。
・妻の収入は子育てや貯金に回すなどに回す。
・方法としてはシンプル。
・支払い側が不公平感を感じてストレスになる場合も。

 

 

・項目ごと分割の特徴

・家賃と水道光熱費は夫、携帯代と保険代は妻など項目で分けるパターン。
・お互いの収入も家計の負担額も貯金も不明瞭になりやすい
・分け方によって不公平感を感じる場合も。

 

 

・定額入金の特徴

・それぞれが毎月15万円ずつなどの定額を家計の通帳に入金する。
・家計の支払いはそこから行う
・残った給料はそれぞれ自分のものにできるので自由度は高い
・結局お互いの収入は不明確なので、不測の時に揉めるリスクも。
・ものによっては家計の支払いにするかそれぞれの支払いにするか悩むこともあり、ルール決めが必要。

 

 

・共通財布の特徴

・収入を一枚の通帳で管理し、そこから全ての支払いを行う。
・基本的に公平。
・家計の収支が明確。
・二人で生きている実感が湧く。

 

 

・おすすめは共通財布

 

おすすめは共通財布です。共通財布にすれば、お互いの収入も把握できますし、家計の管理も二人で出来ます。お互いに謎の部分がないので、お金のことで変な疑いを持って仲が壊れることもありません。

 

自分の収入や貯金額を人に伝えるのに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、家族になったということは人生をともに歩いていくということです。

 

お互いを信頼し、助け合うためにもしっかりと見える化しておいた方が良いでしょう。

 

 

 

【結婚生活での上手な貯金の方法】

【結婚生活での上手な貯金の方法】

 

結婚生活を始めたら、家賃や生活費などの必要なお金の管理も重要ですが、貯金にも目を向ける必要があります。

二人で生活していく上で上手な貯金方法も知っておきましょう。

 

 

・決めた貯金額を先に抜くようにする

 

独身時代に全く貯金ができなかった人もいるでしょうが、結婚後は出来るようになる人も多いです。結婚したからといって生活費が二倍になるわけではありません。生活費は上がりますが、収入も2人分になるので少し余裕が出るはずです。

 

そうなった場合でも、意識して貯金をしなければすぐに浪費してしまうので注意が必要です。

 

 

ポイントは、お給料が入ったら先に貯金分を別の口座に抜くということです。家賃や保険代のように必要経費の1つとして貯金を加えるのです。

 

残ったお金で生活するようにすれば、ある分だけ使ってしまうという状態は避けられます。

 

貯金額の目安としては、全体の20%ほどが適正とされています。その金額を先に別口座に自動で移るように仕組み化しましょう。

 

 

・貯金だけではなく運用が肝心

 

お金を貯めるといえば貯金という認識の方も多いでしょうが、今後重要なのはお金の運用です。

 

数十年前までは銀行に預けるだけで利子がついてお金が増える時代でしたが、今はそうではありません。今後物価が上がれば、銀行に預けているだけでは結局お金が減っているのと同じことになります。

 

例えば、100円のアイスを買うのを我慢して5年間銀行に貯金するとします。5年後に下ろしてもほぼ100円のままですよね。(僅かな利子がつくことはありますが。)一方、その5年間の間にアイスの値段が100円から120円に上がったとします。5年後に同じアイスを買おうと思ってお金を下ろしても、買えないのです。

アイスだけではありません。電車の料金や電気代、お米の値段など、様々な物価が上昇すると、相対的に自分の預けていたお金の価値が減ってしまうのです。

 

そうならないために大事なのがお金の運用です。お金の運用なしに経済的な余裕は生まれないと言っても過言ではないでしょう。

 

以下は毎月5万円を10年間、毎年5%の利回りで運用した場合のお金の推移です。

 

5年間で600万円を預けたことになりますが、5年後に受け取れる金額は776万4000円にまで上がっています。

 

さらに以下は20年間運用した場合です。実際に運用した金額の倍近くにまで上がることがわかりますよね。

 

このようにしてお金は運用をして増やしていくことが重要です。結婚を機にこうしたお金の勉強をしておくことで、今後の人生は大きく変わるでしょう。

 

最後に、結婚生活を始めた二人で一緒に学べるおすすめのお金の勉強法をお伝えします。

 

 

【お金の価値観のズレを直すために一緒にお金の勉強をしよう】

【お金の価値観のズレを直すために一緒にお金の勉強をしよう】

 

結婚したばかりの頃は、

「なんで水出しっぱなしでシャワー浴びてるの?」
「なんで電気つけっぱなしなの?」
「なんで何にもならないスマホアプリに課金してるの?」
「なんで買ったのに使わないの?」

といった感覚の違いがたくさんあるでしょう。

 

お金についての価値観や感覚は、育ってきた環境によって全く異なります。いきなりお金についての話し合いをしても、その違いから喧嘩になってしまうかもしれません。

 

そうならないために、二人でお金との向き合い方について勉強をすることをおすすめします。

 

本やネットで調べても学べますが、一度しっかりとお金について学びたいのであれば、無料で受けられる「お金の教養講座」というものが非常に勉強になります。

 

 

詳しくは以下の記事で解説していますのでよかったら参考にしてください。

 

 

お金の管理方法や上手な使い方、運用で増やす方法などを2人で勉強すれば、お互い納得感を持って家計の管理を進めていくことができます。

本で勉強はしたくないという人も、2人で話を聞きに行くと考えればちょっとハードルは下がるのではないでしょうか。一緒にお金の勉強に行くというのも良い夫婦感がありますよね。

 

お金のことは学校では教わらないので、知らずに損していることもたくさんあります。興味のある方はぜひ受講してみてください。

 

 

以上が、結婚後のお金の管理方法についてのポイント解説でした。参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
お金/貯め方
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました