プログラミングが難しいと感じる初心者が知っておくべき4つのこと

プログラミングが難しいと感じる初心者が知っておくべき4つのことプログラミング
スポンサーリンク

 

プログラミングを学ぶ人が急増しています。

私も2018年の秋からプログラミングを独学で学び始め、半年ほどでようやく個人店のホームページ制作でお金を稼ぐところまで辿りつけました。

 

この記事を読まれている方の多くは、

・プログラミングを始めてみたいけれど難しいの?
・プログラミングを始めたけれど難しすぎる。こんなに難しいものなの?

といった思いを抱かれていることと思います。

 

私もプログラミングを学ぶ中で本当に何度もなんども挫折しそうになりました。プログラミングを勧める人のブログやYoutubeを見ると、「プログラミングは簡単」といった論調が多いです。しかし、私にとっては全然理解できなくて泣きそうになる日々が続きました。
実際、スムーズに学習できている人なんてほとんどいないのではないでしょうか?

 

この記事では独学でのプログラミング学習で苦しんだ経験から、プログラミングが難しいと感じている人に知っておいてほしいことをまとめました。

 

主なポイントは以下の4つです

・エラーでうまくいかないのが普通
・何を作るかが重要
・わかればわかるほどわからないことが増える
・全部理解できなくていい。プロも調べながらやってる

 

記事の後半では、

・稼げるようになるまでの一般的な勉強時間
・習得するために大事だったこと

をお伝えします。

挫折しそうな人でも、「まだまだこれからだ」と思える内容になっていたら嬉しいです。ぜひ参考にしてください。

 

 

【プログラミングが難しいと感じる初心者が知っておくべきこと】

【プログラミングが難しいと感じる初心者が知っておくべきこと】

 

プログラミングで挫折しそうになった経験からみなさんにお伝えしたいことは以下の4つです。

・エラーでうまくいかないのが普通だということ
・何を作りたいかが重要だということ
・わかればわかるほどわからないことが増えるということ
・全部理解できなくていい。プロも調べながらやってるということ

 

・エラーでうまくいかないのが普通だということ

プログラミングの初心者はprogateやドットインストールなどの学習サイトや入門書を使って勉強をしていると思います。

そうすると、言われた通りにやっているのにエラーになってうまくいかないこともありますよね。どこが間違っているのかわからないままイライラしたり、全然進まなくて泣きたくなったりしていると思います。

ですが、プログラミングというものはそういうものなんです。たとえプロのプログラマーでも、全体の時間の8割はエラーとの戦いだと言われています。それくらい上手くいかないのが普通なんです。

エラーで上手くいかないと辛いですし、それで挫折する人も多いのがプログラミングですが、みんな上手くいません。なので、エラーや上手くいかない状態になったら、「ですよね〜」といった感じで気持ちを切り替えて、エラーを直す時間に入りましょう。

 

エラーが当たり前だと思っていたら、ちょっと上手くいかないくらいで落ち込むことはなくなりますよ。

 

 

・何を作りたいかが重要だということ

プログラミングを始める目的はみなさんそれぞれですが、多くの方は稼げるようになりたいという目的を持って始めるのではないかと思います。
はっきり言って私も副業で月に数万円を稼ぎたいと思って学び始めました。

ですが、それだとプログラミングで何をしたいかがわからなくなります。ウェブサイトを作りたいのか、ウェブサービスを作りたいのか、スマホアプリなのか会社のシステムなのか。そこが明確な方が最短距離でプログラミングを学べます。

 

プログラミングスキルというのはあくまでツールでしかありません。プログラミングを学べば稼げるようになるのではなく、ウェブサイト制作やアプリ開発などができるようになって初めて稼げるようになります。プログラミングスキルはそのための道具なのです。

なので、プログラミングができるようになることを目標にしてもゴールにはたどり着けません。

 

・ウェブサイト制作を受注して稼ぐためにプログラミングを学ぶ
・アプリ開発ができるようになるためにプログラミングを学ぶ
・IT業界に転職できるようになるためにプログラミングを学ぶ

こうした「プログラミングを学ぶための目的」を明確に持ってください。目的がはっきりすれば、遠回りせずに必要なことを学べ、より早く稼げるようになります。

 

 

・わかればわかるほど、わからないことが増えるということ

プログラミング初心者にとってはウェブ制作がもっとも早く稼げるようになる道だと言われます。そのため多くの人は、HTML、CSSからプログラミング学習を始めるのではないでしょうか?

そして、HTML、CSSがわかってくると、実はウェブサイトを作るためにはJavascriptやJQuery、PHPやSQLといった他の知識が必要になることに気付きます。

最初は入力した文字が赤に変わっただけで「プログラミング出来てる!」と感動していたのに、わかるようになればなるほどわからないことの存在が見えて、途方も無い道の途中にいることがわかります。
そして、「どこまで勉強しなきゃいけないんだ」という絶望に変わります。

 

ですが、全てのプログラミング言語をマスターしている人なんていません。みんなわからないことだらけです。大事なのは、自分のやりたいことについての知識をつけることだけです。

最初はウェブページを作れるようになるのが当面の目標です。なので他のスキルには目を瞑りましょう。必要なことに集中して学び、できるようになったら次にやりたいことをできるように勉強していきます。

まずは静的サイトを思ったように作れるようになりましょう。それだけでもランディングページの制作ができるようになります。そして、そこで経験を積みながらまた新しいスキルを身につけていくのがプログラミングスキルの磨き方です。

 

わかればわかるほど、わからないことが多くなって嫌になる。だけど、いま必要なことだけに集中してみましょう。必要なスキルを身につけるための勉強を継続していくのです。

 

 

・全部理解できなくていい。プロも調べながらやってるということ

いまお伝えしたこととも関係するのですが、プログラミングスキルを身につけるというのは、全てを理解して覚えるというものではありません。

先週覚えたことを使おうとした時に、「あれ?どうやるんだっけ?」となることがありますよね。最初のうちはどんどん覚えてスキルを高めたい気持ちがあるので、先日習ったことを出来ない自分にがっかりすることもあるでしょう。

ですが、それで全然いいんです。やり方がわからなかったら、ネットで調べれば簡単にやり方が見つかります。

 

プログラミングはネットで調べながら進めるもの。そういう認識に変えましょう。

 

実際プロでも、やりたいことがあったらググって調べます。そしてネットの情報をもとに実装していきます。

テストの勉強みたいに何回も復習して完璧に覚える必要はありません。たまに学習サイトを何周もして上達した気になる人がいますが、その勉強方法はプログラミングの勉強として最適ではありません。

大事なのは、「そういえば、これをこうする方法があったなぁ」と思い出すことです。方法があったことを思い出せば、ググったら必ず出てきます。

全部理解できなくても学習を進めましょう。前にやったことを忘れていても大丈夫です。調べながら作っていければ全く問題ありません。

 

スポンサーリンク

【初心者からプログラミングで稼ぐまでにかかる時間】

【初心者からプログラミングで稼ぐまでにかかる時間】

 

プログラミング初心者に知っておいてもらいたことを4つご紹介しました。私と同じように、こういった点で引っかかって挫折しそうになっている人も多いのではないでしょうか。
わからないことがありつつも、継続していけば必ずわかってきます。途中でやめないことが一番重要です。

とは言え、一体どれくらいを目安に頑張れば良いのでしょうか? どれくらいでできるようになるかは、勉強方法や要領の良さによっても変わりますが、一般的な目安もあります。

 

プログラミングを始める人を、
・「独学で学ぶ」or「スクールに通う」
・「転職する」or「副業で稼ぐ」
で分けた時に、それぞれのパターンでの習得時間が以下の通りです。

 

・独学×転職する 200時間+成果物
・スクール×転職する 最短1ヶ月
・独学×副業で稼ぐ 200時間+成果物
・スクール×転職する 最短1ヶ月

 

独学の場合は200時間が一般的な目安です。1日2時間の学習であれば100日(3ヶ月)程度です。3ヶ月間毎日2時間の勉強を継続すれば、なんとか自分の力である程度思ったものを作れるようになります。

 

スクールに通うと、それより勉強時間は短くて済みます。理由は

・正しい道筋が明確であること
・わからなくて進まない時間を短縮できること

の2つが大きいでしょう。

プログラミングは言語によってできることが変わってきますので、自分が何をしたくてそのためには何が必要かというのを理解しなければなりません。
それを示してくれ、最適な学習プランを用意してくれているのがプログラミングスクールです。

また、プログラミングはうまくいかない時間との戦いが多くを占めるとお伝えしましたが、初心者はごくごく簡単なミスに気づけずに時間を浪費してしまうことも多いです。スクールに行けば、それこそ一瞬でミスを指摘してもらえます。自分でミスに気づいた方が勉強になるという人もいますが、初心者にとってはつまらないミスで時間を無駄にしている場合も多いです。

学習が目的ではなく、一刻も早くスキルをつけて稼げるようになることがゴールです。習得までの時間を短縮するなら独学よりもスクールの方がいいでしょう。

 

稼ぎ方には、クラウドワークスなどを使って副業で稼ぐか、転職をして年収を上げるかという選択肢があります。
仕事獲得や転職の応募をするにあたっては自分の力を成果物として示さなくてはなりません。ウェブサイト制作であれば、これまでどのようなサイトを作ったかということです。

基礎学習の200時間に加え、この成果物を作る時間が必要です。1つしか作っていない人よりも3つ4つ作っている人の方が仕事を取りやすいですし、質の低いページよりも趣向を凝らしたページを作って技術をアピールした方が良いでしょう。

 

スクールの場合は、学習が終わると仕事を斡旋してくれたり、転職支援をしてくれるところもあります。その場合は、最速1ヶ月で転職することも可能です。
中には、転職が決まればスクールの会費が無料になるようなところもあります。実質無料で教えてもらえ、転職までできます。IT系は将来があります。未経験からIT系への転職を希望している場合は、こういったスクールで無料で学ぶのも手です。

 

 

 

【プログラミングを習得するために大事なこと】

【プログラミングを習得するために大事なこと】

 

初心者がプログラミングを挫折しそうになっても継続し、スキルを習得するためには、以下の3つが重要です。

・毎日数時間の学習を日課にして継続する
・質問できる環境
・自走できる状態まで早くたどり着く

 

まずは継続です。辛くても続ければ光が射します。仕事の次くらいに優先順位を上げて、「毎日この時間にやる」とスケジューリングしましょう。

そして、初心者の場合はわからないことが出た時に、どうやって調べたらいいかすらわからない場合があります。基本的にはググれば出てくることが多いのですが、知っている範囲が狭いあまりにググって余計にわからなくなることもあります
ですので、最初は質問できる環境にいた方が圧倒的に早く習得できます。

とにかく、プログラミング初心者にとって重要なポイントは早く自走できる状態になることです。自分の力で調べてプログラミングを書いて成果物を作れることを自走するという言い方をします。
調べてもわからないことが多いと仕事なんてできませんが、ググってある程度わかる状態になれば仕事の案件もこなせるようになります。

その状態に行くためには、とにかく継続が超重要です。

そして、できれば効率よく上達できる道で継続した方が良いでしょう。

 

 

【正直、独学のみは圧倒的にコスパが悪かったです】

【正直、独学のみは圧倒的にコスパが悪かったです】

 

私はドットインストールでプログラミング学習を始めました。プロゲートも触ったことがありますが、あれは実際にテキストエディタを使いませんし、問題の正解以外のパターンを試したりできないというデメリットが大きかったので私はドットインストール派です。

ドットインストールで基礎を学び、図書館でウェブサイト制作の本を借りて知識を補い、そこからいくつかのサイトを模写するという流れで来ました。

ですが、お伝えした通り何度も挫折しそうになりました。そして、ウェブ制作でお金を稼げるようになったのは学習を始めてから半年後でした。ツイッターで同じ時期に学習を始めた人は、1ヶ月後に初の案件をやっていましたので、圧倒的に出遅れた感が強かったです。

 

今は副業やプログラミングが一種のブームみたいになっていて、多くの人が勉強を始めています。そしてウェブ制作などの案件の単価は、できる人が増えるに連れて低くなっています。以前は1件5万円だったようなものが、3万円や2万円になっています。

正直、これから独学でやるとかなり後発になります。基礎を終わらせた頃には、稼げる案件が全然ないということになるかもしれません。私はこれからプログラミングを学びたい人や、独学してきたけど行き詰まって挫折しそうになっている人にはプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

 

プログラミングやITに関するスキルがあることは間違いなく市場価値を上げます。この一年で皆さんの今後の人生を左右するかもしれません。スクール費用は数万円から数十万円にもなってしまいますが、自分の将来への投資になります。旅行を来年に延期したり、車の買い替えを我慢してでも学ぶ価値があります。
ぜひ、一刻も早く自走できるだけのスキルを習得して、この世界に踏み出しましょう。

 

この記事がプログラミングで苦しむ皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
プログラミング 副業
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました