リモートワークにベストな環境づくり|理想の仕事場に変えるために揃えたいもの5選 

リモートワークにベストな環境づくり|理想の仕事場に変えるために揃えたいもの5選 ビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの影響で、仕事のほとんどが在宅でのリモートワークになった方も多いのではないでしょうか。会社に行かなくても良いのは効率的な反面、家での仕事は不便な部分もあります。

この記事では、自宅を理想的なリモートワークの環境にするための方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

【家での仕事は「集中できない ・捗らない・疲れる」】

【家での仕事は「集中できない ・捗らない・疲れる」】

 

そもそも家というものは、「仕事をする場」としては構築されていません。家族や自分がリラックスできる場所として作っているはずです。もちろん、これまで家にはその役割が求められてきましたし、これからもそういった場所であることには間違いありません。

しかし、テレワークが推進される中、今後は「リラックスの場」と「仕事場」の両方の役割が家には求められます。集中して仕事も出来る場所にするには、リモートワークにベストな環境を作っていく必要があるのです。

 

TVの音や雑踏とした室内、数多くのちょっとした用事。家にいると集中を妨げる要素が数多くあります。その状態のままでは確実に生産性を落としてしまいますよね。

リモートワークが進むと、仕事が出来る出来ないの基準の中に「自己管理ができるかどうか」が大きく影響します。ですが、それはマインド次第ではありません。「良い環境を作れているかどうか」によります。

 

良い環境さえ作れれば、家でも作業に集中して生産性の高い仕事が可能になります。

 

テレワークは、コロナウイルスが終息するまでの一時的な措置では終わらないでしょう。企業側からすれば事務所の家賃という大きな経費を抑えることができます。リモートでも意外と問題なく仕事ができるということは、今回の騒動でわかったはずです。

 

ということは、今後私たちは在宅で仕事をし続けることになるでしょう。つまり、自宅は「withワーク」の空間になります。

そのための環境を構築しましょう。集中して仕事ができる環境をいち早く作りましょう。それが環境の変化に適応するということです。

 

では、実際にどのようなものを揃えればベストなリモートワーク環境になるのでしょうか?

 

 

【自宅をベストなリモートワーク環境にするための5つの道具】

【自宅をベストなリモートワーク環境にするための5つの道具】

 

自宅を理想的な仕事場に変えるために、おすすめしたい5つの道具をご紹介します。皆さんは、何が必要だと思いますか? 快適な職場と言えば、高性能なパソコンや仕事用のデスクなどが思いつくかもしれません。

 

理想の環境にするために重要なポイントは、「ノイズ」と「ストレス」を消すことです。集中を阻害するノイズを消し、作業に悪影響を与えるストレスを排除することで、自宅でも生産性の高い仕事をすることが可能になります。

 

では、ノイズとストレスを消すために必要なものとは何でしょうか? 結論から言うと、以下の5つです。

・外部ディスプレイ
・アクティブノイズキャンセリングイヤホン
・サーチインサイドユアセルフ
・椅子
・光回線のwi-fi

これらを揃えることで、自宅を快適な職場に変えることができます。

 

・仕事の生産性を下げるノイズの正体とは?

人間の集中力は、ちょっとした邪魔が入ることですぐに途切れてしまいます。それは人間の性です。人は「違和」を感じた時に即座に反応しないと、生物として生き残ることができませんでした。目に入ったものや聞こえる音に反応してしまうのは仕方がないことなのです。

 

とは言え、集中している時にそのような邪魔が入って集中力を途切らせたくはないですよね。カリフォルニア大学のグロリア・マーク氏によれば、集中した状態で知的活動を行っているときに何かしらのノイズが入ると、再び集中した状態に戻るまでに23分かかると言います。
何度も邪魔が入るうちに、あっという間に1日が終わってしまったという経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

ノイズは私たちの感覚で感じるものです。仕事の生産性を下げるノイズは以下の3つです。

・目に入るもの
・耳に入るもの
・心を掻き回すもの

これらを排除することで、より集中出来る環境が手に入ります。

 

 

・ノイズを消すために必要なもの① 外部ディスプレイ

1つ目に紹介するのは、外部ディスプレイです。ノートパソコンユーザーなら、自宅用に外部ディスプレイを購入することをおすすめします。外部ディスプレイを使えば、ノートパソコンの画面を外部ディスプレイに映すことができます。

 

外部ディスプレイのメリットは3つあります。

・視界に入るものがディスプレイだけになる
・大きな画面で作業効率が上がる
・画面位置が高くなり姿勢が良くなる

ノートパソコンであれば画面外のモノの動きが目に入ってきますが、大きな画面であれば他のモノが視界に入らないので作業に集中しやすくなります。視界からのノイズを消せると言うことです。

同時に、大きな画面になったことで様々なアプリケーションソフトを同時に表示しやすくもなります。

また、ノートパソコンは覗き込むように使うことが多く猫背になりがちですが、外部ディスプレイを目の高さ設置することで良い姿勢を保って疲れにくくなります。

 

外部ディスプレイは高いイメージがある方もいるかもしれません。しかし、意外と2万円弱で買えるものも多いので、設置のハードルは低いのではないでしょうか? 横長でPC作業のしやすいウルトラワイドモニターや、曲面になっているものもあり、在宅でも職場以上に快適にPC作業を行えます。

 

外部ディスプレイを選ぶ際は、机の大きさに合ったものを選ぶ必要があります。一般的には23〜24インチのものがもっとも快適に使えると言われています。パソコンとディスプレイをつなぐためにはケーブルも必要になります。パソコン側の端子を確認して、接続できるものを選びましょう。

 



・ノイズを消すために必要なもの② アクティブノイズキャンセリングイヤホン

2つ目に紹介するのは「アクティブノイズキャンセリングイヤホン」です。イヤホンは音楽を聞くためのものだと思われている方も多いと思いますが、アクティブノイズキャンセリングイヤホンは最高級の耳栓としてノイズをシャットアウトする機能も持ち合わせています。

ただ耳を封じて外部音を遮断するだけではなく、入ってくる音と真逆の音をイヤホン内で発することで外からの音を打ち消すことができるようになっているのです。つまり、アクティブノイズキャンセリング機能を使うことで、無音空間が出来上がります。

 

この機能は素晴らしすぎました。全てのノイズを遮断して完全に仕事にフォーカスできます。

 

私もそうでしたが、実際に使ってみないことにはこの凄さは体験できません。集中できる環境を作りたい人にはぜひ使って欲しい道具です。

 

アクティブノイズキャンセリングのついたイヤホンには様々な物がありますが、おすすめは「AirPods Pro」です。現時点ではこのイヤホンが最強です。

1万円以下の安価なものも出ていますが、遮音性能が中途半端なため「こんなもんか〜」と残念な買い物になってしまうと思います。AirPods Proは3万円ほどもする高価なイヤホンですが、集中する環境のためにはぜひとも投資すべきアイテムでしょう。

 

また、アクティブノイズキャンセリング機能のついたヘッドフォンもありますが、長時間着けていると重くて疲れるためおすすめしません。


 

・ノイズを消すために必要なもの③ サーチインサイドユアセルフ

3つ目に紹介するものが「サーチインサイドユアセルフ」です。これは何かと言うと、Googleが社員向けに行なっているる瞑想プログラム「マインドフルネス瞑想」について書かれた本です。

「道具を知りたいのになぜ本なの?」と思われるかもしれません。ですが、集中力を上げるためには非常に重要な要素なので紹介しておきたいと思います。

 

マインドフルネス瞑想の方法を知れば、集中力のスイッチを自分で入れることができるようになります。

 

私たちの集中を阻害するノイズは目や耳に入る物理的なものだけではありません。もっとも大きなものは「雑念」です。

 

「コロナウイルスで今後どうなっていくのかな?ちょっとニュースを見ようかな」
「友達や同僚は何してるかな?ちょっとSNS見ようかな」
「物の位置が気になり始めた。ちょっと片付けようかな」

 

このように、集中して仕事をしなくてはいけないのに雑念が邪魔をしてくることはありませんか? 多くの人は雑念を自覚するまでもなく、テレビを見に行ったりスマホを触ったりしていると思います。

ですが、はっきり言ってこうした行動は無駄ですよね。別に今やらなくても良いことばかりです。仕事に集中したいのであれば、そうした雑念は消さなくてはいけません。

 

どうでもいい雑念を消す方法。それがマインドフルネス瞑想です。具体的な方法は非常に簡単で、

①呼吸に集中するよう意識する
②ゆっくり深く息を吸って数秒止める
③ゆっくり吐いて、吐ききったら数秒止める

これを繰り返すだけで、雑念を消していつでも仕事に集中し直せます。

 

方法だけ見ると「呼吸なんていつでもしてるけど?」と思いますが、実際に巨大企業のGoogleでも瞑想を仕事の時間の中に取り入れて生産性をあげています。

一人で家で仕事をする上ではセルフマネジメントが欠かせません。ぜひあのGoogleも取り入れている「マインドフルネス瞑想」を試してみてはいかがでしょうか。

 




・ストレスを消すために必要なもの

・ストレスを消すために必要なもの

 

ノイズを消すと集中力は非常に高まります。それだけでも大きな効果があるはずです。
さらに自宅の環境を良くしたいと思うのならば、次に取り除くべきはストレスです。

「なんかイヤだな」
「イライラするな」

こんな気持ちがあると良い仕事ができません。快適な仕事環境を作るために役立つ2つの道具をご紹介します。

 

・ストレスを消すために必要なもの① 椅子

1つ目は椅子です。リビング用の椅子や床に座って作業をしている人もいるかもしれませんが、長時間座っていると疲れの元になりますし、ストレスも溜まります。

特にパソコン作業の多い人には、快適な椅子が何よりも重要です。背もたれ、座面位置、肘掛の高さが調整できる椅子を設置すれば、快適性は向上します。

よく「人生の3分の1を過ごすところだから良いベッドにしよう」という話を聞きますが、リモートワークで働く人にとって同じくらいの時間を過ごすことになるのが椅子です。

ストレスを軽減させるためにぜひ揃えたいアイテムでしょう。

 




・ストレスを消すために必要なもの② 光回線インターネット

2つ目は光回線のインターネットです。急なテレワークでネット環境を慌てて揃えた方も多いと思いますが、もし光回線以外のものを使っているのであれば、爆速でインターネットが使える光回線に替えることをおすすめします。

 

テレワークにはインターネット接続が欠かせません。その際、回線速度が遅いと途中で止まってしまうこともあります。会議の途中で通信が途絶えてしまったら全くスムーズな会議ができないですよね。

インターネット回線が速いとファイルのダウンロードやアップロードの速度も上がります。パソコンでの作業でストレスがかかるポイントが「スピード」です。早くやりたいのにネットで時間がかかるとストレスも増えます。

 

光回線を契約すると数万円のキャッシュバックを行なっているサービスもあります。今後テレワークで仕事をしていきたい方はぜひこの機会に光回線の導入を考えてみてください。

光回線のインターネットサービスは非常に多岐に渡ります。多すぎて決めきれないと思いますし、そこまで大きな差があるわけでもありません。私のおすすめの方法は、

 

・3大キャリアユーザーなら携帯電話のキャリアと同じところにする
・キャッシュバック金額の高いところにする
・その他キャリアや決めきれないなら「フレッツ光」にする

ぐらいの目安で良いと思います。

 

 

【高速インターネットの光回線サービスリンク】

・【ドコモ光】ドコモをお使いならドコモ光

・【ソフトバンク光】新規お申込みで最大75,000円キャッシュバック!

・【auひかり】速くて安い!工事費用実質無料!

・【フレッツ光】最大79,000円キャッシュバックor豪華人気商品プレゼント!



【働き方が元に戻ることはない|自宅はwithワーク前提で考えよう】

【働き方が元に戻ることはない|自宅はwithワーク前提で考えよう】

 

以上が、リモートワークにベストな環境の作り方のご紹介でした。

今後、コロナウイルスが終息したとしても、今までのように毎日会社に行くようなことにはならないでしょう。産業革命に代表されるように、新しい技術が広まればそれに合わせて世界は変革してきました。より生産性の高い方式に移行してきた歴史があります。今回リモートワークが広まったことは、真のIT革命が始まったことを意味するのではないかと思います。

 

そして、私たちの働き方は生き方や暮らし方と交差していきます。自宅は「暮らす場所」ではなく、「働きながら暮らす場所」になります。「withワーク」を前提に生活を構築していく必要が出てきています。

 

仕事場として考えたとき、今の家は「ノイズ」と「ストレス」に溢れています。リラックスできる空間だけでなく働きやすい空間を作っていくべきでしょう。

ここで紹介したようなツールを使って、働く場所としてもベストな環境を作ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
ビジネススキル/仕事術
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました