「仕事の聞き方がわからない」理由とコツを解説|自分で考えろと怒られるのはなぜ?

「仕事の聞き方がわからない」理由とコツを解説|自分で考えろと怒られるのはなぜ?ビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

 

社会人になりたての頃は、わからないことが山ほどありますよね。多くの人は仕事のやり方だけでなく、社会人としての基礎スキルさえも学ばないまま社会に放り出されます。

 

わからないことがあったら、その度に聞きに行くのが普通でした。しかし、仕事でわからないことを上司に聞きに行くと、「自分で考えろ」と怒られることがあります。

「聞きに行くのは良くないのか」と思って聞かないでいると、次は「あいつは何も聞きに来ない」と陰口を叩かれることになります。どうしろと言うのでしょうか?

 

実は、私自身がまさにこの状態でした。「わからないことは早い段階でたくさん聞いて、早く仕事を覚えよう」と思っていたのですが、思いっきり出鼻をくじかれました。迷える子羊状態だったと思います。もしかしたら、たった今、同じ状況になっている方も多いかもしれません。

 

私はその状態を解決するために、どうすれば仕事の聞き方を改善できるかを考えて取り組んでみました。結果的に上司から信頼してもらえる聞き方ができるようになったと感じましたので、その方法を解説します。

 

仕事の聞き方のコツがわかれば、上司に認められて楽しく仕事ができるようになります。

毎日仕事に行って上司に顔を会わせるのが憂鬱だと感じている方は、ぜひ参考にしてやってみてください。

 

 

【わからない仕事の聞き方|3つのコツ】

【わからない仕事の聞き方|3つのコツ】

 

仕事でわからないことを聞くためにはコツがいります。ただ何でもかんでも質問すれば良いわけではないのです。ポイントは、

・自分で考える
・上司の仕事の邪魔をしない
・上司に苦手意識を持たない

の3つです。それぞれ解説します。

 

・自分で考える

もっとも重要なポイントは、自分で考えるということです。

・その作業はどのようしたらできるようになるか?
・お客様からの質問にどのように答えたら良いか?
・こういう場合はどのような選択をするのが良いか?

まずは自分で考えてやってみましょう。

 

確かに、わからないことは聞きに行くというのは、物心ついた時から繰り返し行ってきた行動です。聞けば間違えることはありません。考えるよりも聞いた方が早いので無駄な時間もなくせます。

しかし、わからないことを聞いてばかりでは成長しません。ビジネスはゲームのように答えが決まっていることばかりではないので、自分で考える癖がついていないと確実に行き詰まるときが来るのです。

 

社員として働く皆さんは、アルバイトのようにただ言われた仕事をしていればいいわけではありません。指示待ち人間ではなく、自分で考えて行動できる人間にならなければいけないのです。「何したら良いですか〜?」みたいな無責任な質問をするのではなく、一人の社員として自覚を持ちましょう。

なんでも聞きに来る新人は、学生気分の抜けていない状態に見えます。社会に出たら、「聞けば教えてくれる」という常識を捨てなければいけません。「自分で考えること」が社会人の基本だと認識しましょう。

 

具体的には、「これってどうやったら良いですか?」を禁句にすることです。

 

自分で調べる、または人のやっていることを見て勝手に学びましょう。そして、考えた上で意見を請う。それが「自分で考えてから聞く」ということです。

 

・上司の仕事の邪魔をしない

わからないことは上司に聞く。聞くことで答えがわかり、自分の悩みは解決されます。自分としてはハッピーハッピーです。

しかし、そのとき、皆さんは上司の時間を奪っているということを忘れてはいけません。上司には上司の仕事があります。新人の教育だけでなく、様々な仕事をこなしています。

 

「うちの上司はいつも斜め上を見てぼーっとしています。」と思う人もいるでしょうが、頭の中は必死に働いているかもしれません。脳を働かせるということは実際に何かの作業をする以上に集中力を要する仕事です。

私たちが何の気なしに質問をすることで、上司の仕事は中断されます。 相手に聞くということは相手の時間を奪う行為なのです。

 

・タイミングはいつがいいか?
・上司の時間を邪魔してまで聞くべきことなのか
・同じことを2回聞くなんて迷惑だからメモして1回で覚えよう
・簡潔な聞き方にまとめておこう

 

このように、いつ、何を、どのように聞けば相手に迷惑がかからないかを考えてみましょう。これらを考えずに、忙しい時にまとまっていない質問をしてきたら、「自分で考えてほしいなぁ」と思ってしまいますよね。

 

相手のことを考えて聞く。新人だからなんでも聞けば良いわけではありません。相手の都合を考えて聞き方を工夫しましょう。

 

 

・上司に対して苦手意識を持たない

上司に聞くことを苦手に思っている方もいるかもしれません。一度「自分で考えろ」と言われた経験があると、聞くことを躊躇ってしまいますよね。

ですが、怒られたことをトラウマにする必要は全くありません。本当にわからないことは聞かなければ解決しませんし、聞かずに間違った方法で進むことの方が問題です。

 

「聞かずに自分で考えて」と言われたからと言っても、あなたのことを「嫌い」と言うわけではありません。忙しくてタイミングが悪かっただけかもしれませんし、いろんな悩みがあって余裕がなかったのかもしれません。

上司と言ってもちょっと年上なだけで同じ人間です。PERFECT HUMANではありませんので、そんなこともあります。

 

否定されたことで苦手意識を持つと仕事がとてもやりづらくなります。仕事に行くこと自体が嫌になるかもしれません。ですが、苦手意識はこちらの勝手な被害妄想です。

妄想に囚われず、普通に仕事をして、普通に聞くようにしましょう。

 

基本的に仕事は、好き嫌いを言いながらできるものではありません。苦手でも笑顔で対応するのが社会人です。その練習も兼ねて、何事もなかったかののように過ごしてみましょう。

 

・自分で考えてみる
・上司の仕事の邪魔をしない
・上司に対して苦手意識を持たない

これらを意識すれば、仕事の聞き方は改善されます。

 

スポンサーリンク

【「聞きに来い」と「自分で考えろ」の矛盾|その正体は「質問」と「相談」】

【「聞きに来い」と「自分で考えろ」の矛盾|その正体は「質問」と「相談」】

 

仕事を聞くと「自分で考えろ」と言われ、自分で考えるようにして聞きに行かないと「聞きに来い」と言われる。

私が社会人になって早々に遭遇したこの問題。ネットを見ていると、多くの人が経験しているようです。完全に矛盾しているこの問題に、当時の私は「人類が永遠に解けない難問」だと感じていました。

しかし、上司が言いたいことは、実は非常に簡単なことだったのです。

 

・「聞きに来い」と「自分で考えろ」の違い

まず、仕事を聞くという行為ですが、実は「質問」「相談」の2種類に分かれます。

 

「質問と相談って同じじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、その違いを明確にしておきます。

質問 = 答えを求めるもの
相談 = 意見を求めるもの

両者にはこうした違いがあります。

 

普段みなさんがしていることは質問でしょうか? 相談でしょうか? 多くの人は答えを求める「質問」をしているのではないかと思います。

そして、上司が聞きに来いというのは「相談」で、自分で考えろというのは「質問」のことなのです。

 

「これは〇〇ですか?」
「これってどうしたらいいですか?」
「〇〇がわからないので教えてください。」

これらは質問です。答えを聞きに行く行為です。

 

・質問がダメで相談が良い理由

「自分で考えろ」と怒られる人の特徴は、質問ばかりすることです。つまり、社会人になったら、質問はNG行為だと覚えておきましょう。

学校ではわからないことがあったら「先生教えて〜」と聞きに行っていましたよね。学校の先生は教えるのが仕事なので、聞いてくる生徒は可愛い生徒です。質問に行くことが歓迎されたでしょう。

しかし、社会に出ると、先輩や上司は自分の仕事の合間で私たちに教えてくれています。立場が違うので、基本的に質問は歓迎されません。

 

質問が歓迎されない理由は、以下の3つが挙げられます。

・答えをすぐに聞くことでラクをしようとしている
・人の時間を奪う
・わからないことに全部答えていたらキリがない

 

思い当たる節があるのではないでしょうか? ぶっちゃけ私も「聞けば答えがわかってラク」という考えがあったように思いますし、頻繁に質問をしに行くことで上司の時間を奪ってしまっていました。

 

では、相談の場合はどうでしょうか? 上司が「相談に来い」というのにも理由があります。

・自分で考えてから来るのでやる気が見える
・上司も頼られるのは嬉しい
・成長が見えて教育しがいがある

 

上司と言っても自分の仕事があります。仕事を聞きに行くということは、上司の仕事を邪魔することにもなります。とは言え、部下に頼られたり、教育して育てたいという気持ちも持っているのが上司です。

「自分で考えればわかるような質問には来て欲しくないけど、相談なら応じたいし、成長するヒントを提供したい。」多くの上司はこのように思っています。

 

質問と相談は同じ仕事を聞くという行為でも大きく異なります。

自分で考えろというのは「質問にくるな」ということです。すぐに答えを求めず、自分で考えろという意味です。逆に、仕事を聞きに来いというのは、「相談に来い」ということです。基本は自分で考えて、行き詰まった時には意見を聞きに来いという意味です。

 

上司は教育したいという気持ちを持っています。教育しがいのある相談なら喜んで乗ってくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

【仕事の聞き方の正解は「質問を減らして相談に行くこと」です。】

【仕事の聞き方の正解は「質問を減らして相談に行くこと」です。】

 

上司に聞いてもいいことと、聞かないほうがいいことの違いがわかってきたでしょうか?

 

相談はすべきで、質問はなるべく自分で解決する。それが社会人としての仕事の聞き方の正解と言えるでしょう。

 

では、質問を減らすにはどうしたら良いのでしょうか? また、相談とはどのようにしたら良いのでしょうか? 最後にその方法をお伝えします。

 

・質問を減らすには?

質問を減らすというのは、自分で考えるということです。聞く前に一度立ち止まって、どうしたら良いか考えてみましょう。そこで答えが見つかれば、上司の時間を奪わなくて済みます。

 

とは言え、新人で作業のやり方自体も知らないことがあります。やり方がわからない場合は聞いた方が良いと思うかもしれませんが、聞く以外にも方法はあります。

・マニュアルを見る 
・ググる
・人のやっていることを見て学ぶ

 

このようにすれば、わざわざ聞かなくてもやってみることができます。特に、人がやっているのを見学して覚えるというのは1つの重要なテクニックです。

たまに教わってなくてもできる人がいますが、そうした人は他の人がやっているのを見ながら覚えています。

自分で調べたり、人がやっているのを見ることで、わざわざ聞かなくてもできるようになります。

 

・上司に仕事の相談をするコツ

相談は、自分で考えたことについて意見を求めることです。ですので基本的には作業内容ではなく「課題」に関して聞くということになります。

 

仕事とは、目標に対しての課題を見つけ、改善していくというプロセスです。

・自分自身の課題について考える
・仕事を効率化する方法を考える
・チームや仕事がもっとうまくいく方法を考える
・業績を上げるためにできることを考える

新人でも2年目でも5年目でも、それぞれのフェーズで取り組むべき課題があります。

 

それについて自分なりの最適解を導き出して実際の行動につなげるわけですが、考えたことについてどう思うかと聞きにいくことが相談になります。

 

自分の与えられた課題について、もっとも良い答えは何かを考えてみましょう。その上で、

・〇〇についてこのように考えているのですが、見落としている視点はありますか?

・どうしても〇〇についての良いアイディアが見つからないのですが、相談に乗ってもらえませんか?

と聞いてみましょう。

 

このように見ると、質問と相談は全く別の次元の内容だとわかりますよね。

質問するような事柄は、直接聞かなくても考えたり調べたらわかることが多いです。質問は絶対にしてはいけないというわけではありませんが、わざわざそんな質問で上司の時間を奪わないようにしましょう。

 

仕事を聞くということは相談をするということです。今日からは質問を減らして、相談を増やしていってみてください。

 

 

【認められるために重要なのは、ビジネスの基礎スキルをつけること】

【認められるために重要なのは、ビジネスの基礎スキルをつけること】

 

この記事を通して、「仕事を聞く」ということがどういうことなのかを理解していただけたかと思います。

 

社会人にとっては「仕事を聞くというのは相談すること」というのが当たり前でも、学生上がりの新人は「聞くということは質問すること」が常識だと思っています。そこには明らかなズレがあります。そして、そのようなズレは様々な場面で出てきます。

・マーケティングの考え方
・マネジメントの方法
・会社の数字の見方
・分析と改善のスキル

こういったビジネスの基礎スキルについても、根底の知識や認識にズレがあると、正直言って会話になりません。

 

「アイディアが浮かばないなら、カスタマージャーニーマップでブレストして、オズボーンのチェックリストで広げてみたら?」という強力なヒントを得られても、「それってなんですか?」状態だと話になりませんよね。出直してこいと言われるでしょう。

 

そんな基礎的な会話も出来ない状態だと、いつまで経っても認めてもらえませんよね。

 

上司から認められるには、「仕事の聞き方」に限らず、基本的なビジネスを学んで根底の認識を揃える必要があります。

ビジネススキルというのは欠かせないものでありながらも、会社や学校で教われるものではありません。ビジネスに関する体系的な知識は、自分で学んで身につけなければ習得できないのです。

 

・職場で上司と良い関係を築きたい
・優秀な仕事をしたい

そう思うなら、ビジネスを学びましょう。自分で学ぶしかないのです。

 

ビジネスを学ぶと言うと、本や新聞、セミナーなどいくつかの手段が思いつくと思います。

その中でも、今は動画サイトで学ぶのが、もっともコスパ良く学べるのでおすすめです。ビジネスで動画を学べるサイトには、グロービス学び放題udemyなどがあります。

 

動画で学ぶことは本やセミナー以上にメリットがあります。具体的には、

・わかりやすい
・テーマやスキルについて体系的に学べる
・月々本一冊分の値段で見放題なのでコスパが良い

といった特徴があります。

 

ビジネスを学べるおすすめの動画サイトについては、以下の記事で紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。ビジネスを学ぶことで、仕事のスキルはどんどん上がっていき、信頼される仕事ができるようになりますよ。

 

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました