キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

TikTokコンサルになる方法 個人での運用代行の探し方と未経験からのやり方を解説

TikTokコンサルになる方法 未経験からのやり方と個人での仕事の探し方を解説

この記事では、TikTokコンサルについて、仕事内容や必要スキル、案件獲得の方法まで幅広く紹介します。

こうした内容で解説します。

TikTokコンサルはニーズが高まっている仕事です。個人でTikTokコンサルを目指す方はぜひ参考にしてください。

【関連記事】
厳選!SNS運用代行スクールおすすめ10選 SNSマーケティング講座を比較
個人がインスタコンサルになるには?未経験からのやり方と仕事の探し方を解説

Instagram運用代行スクールおすすめ10選 インスタ運用が学べるSNSマーケティング講座を比較
SNS運用代行を副業にしたい方に向けておすすめのSNSマーケティングスクールを2024年最新版で紹介します。SNS運用代行やインスタ運用代行のノウハウを学ぶことで、 SNSマーケターとして副業やフリーランスで稼ぐことが可能です。この記事では正しい学び方とスクールや講座の選び方を解説します。ぜひ参考にしてください。

【TikTokコンサルとは何をする仕事?稼げる金額の相場は?】

TikTokコンサルとはどのような仕事なのでしょうか? 仕事内容と報酬の相場を解説します。

まずはTikTokコンサルの働き方を理解しましょう。

・TikTokコンサルの仕事内容

TikTokコンサルの仕事は、企業やクリエイター個人のアカウントのブランディング戦略や運用支援を行うことです。具体的には以下の業務を行います。

  • ヒアリングを行い、クライアントの目的や現状を把握
  • TikTok公式のアカウントやコンテンツ分析ツールを用いて、インサイトを得てKPIを設定
  • ターゲットユーザー層に合わせた投稿戦略の立案
  • 動画編集のノウハウ提供やクリエイターとの効果的なコミュニケーション方法のアドバイス
  • 広告運用の提案やアカウントのブランディング支援

このように、TikTokマーケティングに関する専門的なノウハウを活かし、クライアントのTikTokアカウントの効果を最大化する役割を担っています。

・TikTokコンサルの料金相場

TikTokコンサルの料金相場は案件の規模や内容によって異なります。個人クリエイターの運用支援であれば月額5万円程度ですが、企業案件となると月額10万円以上が一般的。クライアントが増えれば、30万円や50万円以上の報酬も十分に可能です。

料金体系は以下のパターンが一般的です。

料金体系説明
固定月額制毎月一定額の報酬を得る。初期費用が別途発生する場合も。
成果報酬制フォロワー数や売上など、成果に応じた報酬を得る。

・TikTokコンサルと運用代行の違い

TikTokコンサルと運用代行は似た仕事に見えますが、実は違いがあります。TikTokコンサルは「戦略立案」と「運用のアドバイス」が中心の仕事です。

一方の運用代行は、実際のアカウント運用を行う仕事で、投稿作業やユーザー対応、アナリティクスなどを代行します。

TikTokコンサルは「考える」仕事、運用代行は「実行する」仕事といえるでしょう。両方の役割を兼務するケースも多くあります。

にっしゅ
にっしゅ

戦略立案が中心のTikTokコンサルですが、クライアントからは運用業務まで求められることも多いです。一人で両方こなすのは大変なので、運用代行は外注する人もいます。

【関連記事】
SNSマーケティングってどんな仕事内容? 副業でのクライアントワークの流れと月収の目安を解説

【TikTokコンサルのやり方と必要なスキル】

TikTokコンサルでは、以下のような仕事内容を進めていくことになります。

必要なスキルと合わせて解説します。

1、仕事を獲得する

TikTokコンサルの案件を獲得するには、自身の実績作りと営業活動が欠かせません。

フリーランスの場合は、実績豊富なクリエイターワークや過去の成功事例をポートフォリオにまとめ、プロフィールを作成します。

ウェブサイトやSNSでの発信、クラウドソーシングやコンサル専門サイトへの登録など、様々なチャネルで積極的に営業活動を行う必要があります。

【必要なスキル】
ポートフォリオ作成力、マーケティング力、プレゼン力、営業力

2、ヒアリング

案件獲得後は、まずクライアントとのヒアリングを行います。目的や現状の課題、ターゲットユーザー層、KPI、予算などを詳細に聞き取ります。ヒアリング力と傾聴力が重要なスキルです。

にっしゅ
にっしゅ

ヒアリングの段階で、クライアントのニーズを的確に捉えられるかどうかが、後の成功につながります。戦略立案に必要な情報をしっかりと引き出すことが大切です。

【必要なスキル】
ヒアリング力、傾聴力、課題発見力

3、戦略策定

ヒアリングで得た情報をもとに、TikTokマーケティングの戦略を立案します。アカウントのブランディング、ターゲットユーザー、投稿頻度、広告出稿計画など、様々な観点から具体的な施策を提案する必要があります。

にっしゅ
にっしゅ

TikTokのアルゴリズムの理解と、マーケティング知識、企画立案力が問われるフェーズです。

【必要なスキル】
マーケティング知識、TikTokインサイト、企画立案力、ブランディング力

4、コンテンツの企画

立案した戦略に基づき、実際のTikTok投稿コンテンツを企画します。どのようなテーマで、どのように表現するかを詳細に設計します。トレンド動向やユーザーニーズを捉えた企画力が必要不可欠です。

企画項目内容
テーマ設定ターゲットユーザーの関心事や話題性を考慮
ストーリー構成魅力的でわかりやすいストーリーを設計
表現方法動画のスタイルや効果的な撮影手法を検討
【必要なスキル】
企画力、ストーリーテリング力、トレンド分析力

5、動画コンテンツ作成代行

クライアントから動画コンテンツの制作依頼を受けることも多くあります。企画に沿って撮影から編集までをワンストップで請け負います。

  • 撮影、編集
  • ナレーション収録
  • 字幕付け
  • BGM選定
  • エフェクト加工

このように高度な動画クリエイティブスキルが求められます。

にっしゅ
にっしゅ

動画制作は大変だけど、自分で手がけることでクリエイティブの幅が広がるから楽しい部分もあります。クライアントの要望に合わせつつ、自分の感性を最大限に活かせるのもTikTokコンサルの魅力です。

【必要なスキル】
動画制作スキル、クリエイティブ力、表現力

6、投稿分析と効果検証

コンテンツを投稿した後は、データ分析によって投稿の効果を検証します。いいね数、シェア数、視聴時間、フォロワー増減などの数値指標を分析し、KPIの達成度を確認します。

TikTokのアナリティクスツールを使った分析力と、インサイト発見力が求められます。そうして得た分析結果をもとに、次の戦略立案につなげていきます。

【必要なスキル】
データ分析力、インサイト発見力、戦略立案力

7、レポーティングとPDCA

分析結果をレポートにまとめ、クライアントに報告します。数値だけでなく、背景にある要因や課題、対策案も含めてレポーティングを行います。

さらに、レポートの内容を受けて戦略の改善やPDCAサイクルを実施します。継続的な施策の見直しが成果向上に欠かせません。

にっしゅ
にっしゅ

レポーティングは単なる数値報告ではなく、的確な分析と・示唆・改善提案が求められます。クライアントに「このコンサルならば」と信頼してもらえるかどうかの勝負どころだと言えます。

【必要なスキル】
分析力、改善提案力、報告力、PDCAサイクル実行力

TikTokコンサルの仕事を探す方法には、以下の6つがあります。

1つの方法だけでなく、複数のやり方を掛け合わせることで仕事が途切れにくくなります。それぞれ解説します。

1、クラウドソーシングで探す

LancersやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトでTikTokコンサルの仕事を探すのが一般的な方法です。

業界の大手企業からスモールビジネスまでさまざまな案件が見つかります。実績がなくてもスタートできる半面、新規参入の競争が激しいというデメリットもあります。

にっしゅ
にっしゅ

クラウドソーシングは初めて仕事を見つける入り口としては最適です。しかし、報酬が安く、競争が激しいから長期的な活動は難しいかもしれません。実績を積んでから他の方法を組み合わせるのがいいと思います。

2、求人サイトやエージェントで探す

企業のTikTokマーケティング部門への直接雇用や、人材エージェントを介した仕事探しも有効な方法です。indeedや復業クラウドなどのサイトで探してみてください。

クラウドソーシングで探す案件よりも、長期で安定した収入を得られるメリットがあります。一方で、企業への直接応募は高度な実績が求められるため、初心者向けではありません。

3、ココナラで出品する

スキル売買プラットフォーム「ココナラ」で出品するのも一つの手です。企業やクリエイター個人から直接依頼を受けられ、売上に応じて報酬が入る成果報酬型です。

にっしゅ
にっしゅ

口コミと実績が集まれば、継続した収入源を確保できるでしょう。

4、SNSで探す

最近は各種SNSで仕事を募集する企業も増えてきました。

X(旧Twitter)やInstagramなどで情報収集を行い、募集情報をチェックするのが有効な対策です。また、SNS上で自らの実績やポートフォリオを発信しておくと、逆に企業からスカウトされる機会もあります。

にっしゅ
にっしゅ

SNSコンサルを探すにあたっては、企業もSNSを活用して優秀な人材を探す傾向にあります。TikTokコンサルとしてプロフィールを作ったり発信することも重要です。

5、オンラインコミュニティに入る

TikTokコンサル関連のオンラインコミュニティに入ることで、有益な情報収集や人脈形成ができます。

FacebookグループやSlackコミュニティなどがあり、案件情報の収集や質問対応、スキルアップが可能です。同業他社との横のつながりを持つことで、集客や営業の領域が広がるでしょう。

にっしゅ
にっしゅ

TikTokコンサル関係のコミュニティは、フリーランス系のコミュニティやSNSマーケティングスクールがウネいしていることが多いです。

6、SNSやYouTubeで情報発信をする

自身のSNSやブログ運営、YouTubeチャンネルでTikTokに関する情報発信をすることは、実績作りやブランディングに効果的です。

フォロワーや登録者を増やすことで、集客や認知向上に繋がります。発信を続けることで、企業から仕事を依頼される確率も上がります。

にっしゅ
にっしゅ

こうしたすべての要素を組み合わせて、日々取り組むことが成功への近道です。

【関連記事】
SNSマーケティングの勉強法12選 副業にするには何から始める?

【個人でTikTokコンサルになるにはTikTok運用代行スクールがおすすめ】

以上が、TikTokコンサルの仕事内容と仕事の探し方でした。

これからTikTokコンサルを目指す方には、スクールの受講がおすすめです。運用代行やコンサルのノウハウが学べ、さらには案件紹介を受けられる場合もあります。

にっしゅ
にっしゅ

おすすめのスクールは以下の記事で解説していますので、気になる方はぜひ無料相談をしてみてください。

【関連記事】
TikTok運用代行スクールおすすめランキング 選び方とメリットを解説

【厳選3選】TikTok運用代行スクールおすすめランキング 選び方とメリットを解説
TikTok運用代行に挑戦したいけど、どのスクールを選べば良いか分からない。そんな方に向けて、費用対効果が高く、実践を重視したカリキュラムを持つTikTok運用代行スクールを厳選して紹介します。TikTokの始め方から運用ノウハウまでスムーズに習得でき、卒業後の案件獲得サポートも充実しています。
プロフィール
著者について
にっしゅ

ブックカフェ経営、アパレルブランド運営、Webメディア運営など、好きなことを仕事にした暮らしを実践中。
LIFE WORK CAFEでは、動画編集・Webデザイン・Webマーケティングなどをメインテーマに、副業・フリーランス・キャリアに関する記事の企画構成から執筆までを行なっています。

にっしゅをフォローする
SNSマーケティング