キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

【独学可能】Web広告運用に必要なスキルとおすすめの勉強法

【勉強法】Web広告運用のスキルアップ方法とおすすめの本を紹介 未経験からでも独学で学べる!

Web広告は、今やビジネスを成功させるために欠かせない要素と言われます。

しかし、専門用語や使うツールが多いなど、初心者にとっては何から始めたらいいかわかりにくいところも。

この記事では、未経験の方でも、独学で学ぶことができるWeb広告運用のスキルアップ方法を紹介します。

Web広告運用を始める前に、正しい知識やスキルを身につけることが重要です。

しっかりとした学習方法を身につけることで、Web広告運用に必要な知識やスキルを習得することができ、仕事に貢献できるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

 

【Web広告の運用とは?】

Web広告の運用とは?

Web広告の運用とは、インターネット上で配信される広告の設計や管理、最適化を行うことです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページやSNSなどを見ていて画像広告や動画広告を見たことがあるでしょう。

企業が、その媒体でどのターゲットに向けて配信するかを設定した結果、あなたの画面上に表示されています。テレビCMのように、誰にでも同じ広告が流れるわけではないのです。

企業視点で考えると、不特定多数の人に広告を出すよりも、購入可能性のある見込み客に対して広告を配信した方がコストパフォーマンスが良いですよね。

そのため、Web広告は企業のWebマーケティング施策において欠かせない要素となっています。

Web広告の運用には重要なポイントがあります。

  1. 広告出稿場所の最適化
  2. 魅力的なクリエイティブの作成
  3. 効果の測定と迅速な改善

まず初めにこれら3つの仕事について解説します。

 

・広告出稿場所の最適化

Web広告の運用において重要なのは、適切な広告を適切なターゲットに向けて適切な場所とタイミングで配信すること。より多くの見込み客に広告を表示するにはこれらの設定が不可欠です。

例えば、自社がインターネット上でファッションアイテムの販売をしている場合はどうでしょうか?

若い人があまり見ない市役所のホームページに広告を出しても効果はほとんどないでしょう。

それよりも、ファッションに関連するWebサイトや、若年層の多いSNSに広告を掲載することで、より効果的な広告運用ができそうですよね。

こうした広告出稿の最適化がWeb広告運用で第一に重要なことです。

 

・魅力的なクリエイティブの作成

Web広告の運用において、最も重要なのは、ターゲットユーザーに魅力的な広告を届けることです。

まずは、自社の商品やサービスをよく理解し、適切なターゲットユーザーを明確にします。その上で、彼らの嗜好に合ったトーンや文言を使ってクリエイティブ(広告)を作成します。

最近は画像だけでなく動画コンテンツや音声プラットフォームを使った広告など、ターゲットに合ったクリエイティブを作ることが求められています。

 

・効果測定と改善

また、Web広告の運用においては、配信された広告の効果を正確に把握することも重要です。

雑誌広告などと違って、Web広告はいつでも変更可能なところもポイント。そのため、より効果が出るバナー広告やターゲットへいつでも変更ができるのです。

効果の把握は、Web広告のクリック数やコンバージョン(申込み)率、コストなどを管理・分析することで見えてきます。そして、改善点が見つかれば即座に施策に移します。

このように、しっかりと広告の改善点を見つけ出し、より効果的な広告を作成することは、Web広告運用者の重要な責務とも言えます。

Web広告の運用は、広告配信のみならず、その効果測定や改善点の把握などが必要となるため、多くの知識と経験が求められます。

初心者の方は、Web広告の基礎知識からスタートし、業界の最新情報に常にアンテナを張り、常に改善を意識しながら学習を進めていくことが大切です。

では、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか?

 

【Web広告運用にはどのようなスキルが必要?】

【Web広告運用にはどのようなスキルが必要?】

Web広告運用には、幅広いスキルセットが必要です。以下は、初心者が身につけるべき主要なスキルです。

  • Webマーケティング全般の知識
  • アナリティクス(分析)スキル
  • クリエイティブデザインスキル
  • コミュニケーション能力
  • プロジェクトマネジメント能力

それぞれ解説します。

 

・デジタルマーケティング知識

Web広告の世界で成功するためには、Webマーケティングに関する広範な知識が必要です。

Web広告はWebマーケティングというジャンルの一部分でしかありません。

SEO(検索エンジン最適化)、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティングなど、Web広告全般のトピックを学ぶことで、より最適なWeb広告を作成・運用していくことができます。

 

・アナリティクス(分析)スキル

Web広告運用には、広告キャンペーンの効果を正確に測定するための分析スキルが必要です。

Google AnalyticsやSearchI Console、Keyword Plannnerなどの分析ツールを使うことで、広告のCTRやCPC、コンバージョン率などのデータを収集・分析することが可能です。

まずはこうした必須ツールの使い方を学んでデータの見方を習得し、その上で洞察力や気づきを得るコツを学びましょう。

 

・クリエイティブデザインスキル

Webマーケティングの世界では、広告デザインのことを「クリエイティブ」と呼びます。

Web広告で成果を出すには、ターゲットの目を引くクリエイティブが欠かせません。

PhotoshopやIllustratorなどを使った基本的なグラフィックデザインスキルだけでなく、心理学に基づくクリエイティブ制作スキルが求められます。

また、最近では動画編集やアニメーション制作スキルなど、より高度なスキルが求められるようになっています。

 

・コミュニケーション能力

Web広告運用には、担当者やクライアントとのコミュニケーションスキルが不可欠です。

最適なクリエイティブを作るためには、クライアントの要望をしっかりとヒアリングして理解する必要があります。逆にクリエイティブ制作を依頼するときにも、しっかりとこちらの要望を伝えなくてはなりません。

こうしたコミュニケーション能力も、Web広告の運用に必須のスキルです。

 

・プロジェクトマネジメント能力

Web広告運用では、複数のパターンの広告キャンペーンを同時に実施する機会も多くあります。

そのため、多数のキャンペーンを管理するためのプロジェクトマネジメントスキルも求められます。

クリエイティブ制作や既存広告の分析などタスクの優先順位を決定し、期日を守り、多数のデータを管理する。

こうしたマネジメント能力も高めていく必要があります。

次章では、こうしたWeb広告の運用スキルを身につけるための勉強法を解説します。

 

【独学でWeb広告運用のスキルを身につける方法】

【独学でWeb広告運用のスキルを身につける方法】

独学でWeb広告運用を学ぶ方法には、以下の方法があります。

  • マーケティング専門サイトで学ぶ
  • 本でWeb広告運用の知識を身につける
  • オンラインスクールで学ぶ
  • 自分のメディアを作って広告出稿してPDCAを回す

それぞれ解説します。

 

・専門サイトで学ぶ

Web広告運用の情報はWeb上で多く拾うことができます。以下はWebマーケティングに関する情報を多く提供してくれるサイトです。まずはこうしたサイトをブックマークすることをおすすめします。

マーケターのよりどころ ferretWebマーケティングやマーケティングに関する情報や
求人コンテンツを掲載
Web担当者Forum企業Web担当者のためにノウハウやニュースを平日毎日
更新届けるメディア
Markezine翔泳社が運営するマーケター向け専門メディア

また、動画で学ぶこともおすすめ。動画学習サイトには以下のようなものがあり、有料のコンテンツだけでなく無料のものでも十分学ぶことができます。

Udemyマーケティング、データサイエンス、プログラミング
など、21万以上のコースを用意
Schooデジタルスキル・ビジネス力・デザイン・テクノロジー
リベラルアーツなどの動画を365日無料でライブ配信
ジッセンオンライン実践的なWebマーケティングを基礎から学べる
オンライン講座サービス
webinar roomマーケティングなど様々なビジネス系セミナーを
見逃し配信してくれるサービス

また、YouTube内にもWebマーケティングやWeb広告に関するアカウントが多数ありますので、キーワードを入力して気になる動画をチェックしてみてください。

 

・本でWeb広告運用の知識を身につける

Web広告の運用を体系的に学ぶために、まずは入門書を一冊読むことをおすすめします。

Web広告に関する本には以下のようなものがあります。

こうした本を読むと、Web広告に関して必要なことがわかってきます。

その先はさらに専門書を読み進めたり、ネットで各項目を検索したりするなどして、理解を深めていきましょう。

 

・オンラインスクールで学ぶ

オンラインスクールは、自分のスキルに合わせてカスタマイズされたカリキュラムで好きな時間に学ぶことができるため、おすすめできる勉強法です。

Web広告の運用を学びたい方におすすめのオンラインスクールとしては、「WEBマーケティングスクール」や「マケキャン」などが挙げられます。

これらのスクールは、実践的な広告運用のスキルを習得することができるとともに、初心者向けの基礎知識から応用まで幅広く学ぶことができます。

具体的には、広告運用の基礎知識やGoogle広告の運用方法、SNS広告の運用方法、リターゲティングなどについて学ぶことができます。

模擬案件に対して実際と同じ方法でワークを進めていくので、理論だけでなく実践的なスキルが身につきます。プロのWebマーケターからフィードバックをもらえるのもスキルアップのポイントです。

オンラインスクールを選ぶ際には、自分のレベルや目的に合わせた講座を選ぶことが重要。選ぶ際のポイントやおすすめスクールの紹介は以下の記事で行なっていますので、気になる方は参考にしてください。

 

>>【最新7選】転職支援に強いWebマーケティングスクールを比較 働きながらWebマーケターに就職できる

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

・自分のコンテンツを作って広告出稿してPDCAを回す

独学で勉強をしても、実際に自分で広告を出さないことにはスキルは身につきません。

とはいえ、「仕事がないのに広告を出すなんて出来ないじゃん」と思いますよね。

しかし、個人でも広告出稿を実践する方法があります。それが、自分のブログやSNSを始めてみることです。流れを解説します。

  1. はじめにテーマを決めて、ブログやSNSを立ち上げる
  2. コンテンツを作る
  3. コンテンツにアフィリエイト広告を貼る
  4. 「コンテンツへの誘導」を目的にGoogle広告やFacebook広告で出稿する
  5. キーワード選定やクリエイティブ改善でPVやCVの最大化を目指す

広告運用での実績を作ることがゴールなので、ビジネス的なテーマで伸ばしていく必要があります。

  • ビジネスにおけるスキルアップや副業を目指す人に役立つコンテンツ
  • 車のサブスクについて詳しく知りたい人に役立つコンテンツ
  • ドラマや映画の内容をもっと深堀したい人に役立つコンテンツ
  • 仕事に悩んでいたり転職したいと考えている看護師に役立つコンテンツ
  • 新しいガジェットを買う前に使用感を調べたい人に役立つコンテンツ
  • カメラの上達方法や動画編集ソフトの使い方を知りたい人に役立つコンテンツ
  • 全国各地のパーソナルジムを紹介するコンテンツ
  • クレジットカード選びで迷っている人にポイント還元率などを比較して紹介するコンテンツ
  • 新発売のコスメを実際に購入し、たくさんの写真を使って使用感をレビューするコンテンツ

このようにビジネス的なテーマで自分の興味のある分野を選び、商品やサービスを紹介するコンテンツを作成します。

アフィリエイト広告があれば貼ってみましょう。広告出稿で集めたユーザーがアフィリエイトリンクから申し込んでくれると、紹介報酬を得られます。

広告出稿には少なからずお金がかかるので、その分を回収できるようにアフィリエイト広告を貼っておくことをおすすめします。

アフィリエイトを掲載したコンテンツが出来上がったら、そのコンテンツへの誘導を目的にして広告出稿をしてみましょう。

どんなターゲットに向けて、どのようなキーワードで、どのような画像・文言でアピールするか。

これら全ての行動が、実はWeb広告運用の業務そのもの。つまり、自分でコンテンツを作って広告を回すことで、Web広告運用の実績と経験を得ることができるのです。

座学だけではどうしても実践経験は身につきません。まずは自分一人でも出来ることから取り組んでみて、経験と実績を作りましょう。

 

【Webマーケティングの実践的なスキルを身につける方法】

【Webマーケティングの実践的なスキルを身につける方法】

実践的な知識やスキルを身につけるためには、勉強をするだけでなく自分で広告運用を行う必要があります。

具体的には、以下の手順で進めていきます。

  1. サイトやSNSアカウントを作る
  2. 分析ツールを導入する
  3. 広告を出稿する
  4. 効果分析をする
  5. 改善施策を考える
  6. 再度広告を出稿して効果を分析する

これらはWeb広告運用の基本的な手順ですが、こうしたステップを繰り返し行なっていくことで最適な施策が見えてきます。

Web広告はいつでもクリエイティブやターゲットの変更が可能です。最新かつ専門的な知識を勉強したら、それを取り入れてABテストを繰り返し、最適解を探しましょう。

実践的なスキルを最速で身につけるには、とにかく知識の吸収とトライアンドエラーが鍵になります。

書籍の知識だけでなく、他社の施策を研究したり、オンラインスクールやサロンの勉強会に参加して異業種異業界の成功施策を学んだりするなどして、スキルアップを図っていきましょう。

 

【独学でWeb広告運用のスキルを身につける際の注意点】

【独学でWeb広告運用のスキルを身につける際の注意点】

Web広告運用のスキルを独学で身につける際には、注意点がいくつかあります。

 

・情報の信頼性に注意

まず、正しい情報源を選ぶことが大切です。インターネット上には多くの情報があり、中には正しい情報と誤った情報や新しい知識と古い知識が混在しています。

信頼できる情報源を選び、正しい知識を身につけるようにしましょう。

 

・広告運用には結構お金がかかる

次に、実際に広告運用を行う際には、十分な予算が必要になるところにも注意が必要です。

広告出稿には必ず費用がかかります。PDCAを回すには、何度もクリエイティブやターゲットを変更しながら広告出稿を実際に行わなければならないので、費用がかかる点には注意してください。

ちなみにWebマーケティングスクールを受講すれば、企業のWebマーケティング施策を企業のお金を使って行うことができます。自分のお金を出さずに広告運用ができるので、おすすめです。

 

・広告運用だけではWebマーケターとして不十分

広告運用で成果を出すためには、Webマーケティングに関する多角的な知識も必要です。

広告運用だけでなく、SEOやコンテンツマーケティング、SNSマーケティングや検証分析など、Webマーケティングに関する知識を幅広く身につけることが重要です。

これらの知識を学ぶことは、広告運用のスキルアップにもつながります。

しかし、そこまで学ぼうと思うと、範囲が非常に広くなって大変です。勉強の順番もどこまで学べばいいかも悩んでしまいますよね。

そのような場合、初心者から学ぶならWebマーケティングスクールがおすすめですし、中級者以上の方には、Webマーケティングのキャリア構築に必要なことを相談できるコーチングサービスを検討してみると良いでしょう。

Web広告運用に携わっていると、ゆくゆくはWebマーケティング全般のスキルを学ぶことになります。そのため、最初から体系的に学んでいくことをおすすめします。

 

【Web広告の運用スキルが身についた後はどうしたらいい?】

【Web広告の運用スキルが身についた後はどうしたらいい?】

勉強や実践を通してWeb広告の運用スキルを身につけたら、そのスキルにはどんな使途があるのでしょうか?

  • 自社やクライアントのWebサイトの集客や売上アップを目指す
  • 副業で企業のWebサイト運営を手伝う
  • 副業で自分の事業を始める
  • Webマーケティング会社や事業会社のWebマーケティング部署に転職する

Web広告運用スキルが身につけば、このようなことが可能になります。それぞれ解説します。

 

・自社やクライアントのWebサイトの集客や売上アップを目指す

Web広告の運用スキルを使うことで、自分やクライアントのビジネス目標に合わせた広告キャンペーンを設計、実施することができます。

キャンペーンの出稿だけでなく、広告の成果や効果を定量的に分析、改善するなどして、Webマーケターとしてのスキルを日々磨いていくことができるでしょう。

Webマーケターの中には、自社でWeb広告運用のスキルを磨きながら、副業やキャリアアップを目指して転職をする人も増えています。

 

・副業で企業のWebサイト運営を手伝う

Webマーケティングスキルがあれば、企業を相手に仕事をすることも可能です。

Webマーケターの中には、個人で企業と契約してWebマーケティング業務を副業でおこなう方も増えています。

Web広告運用の場合、広告費の10%から20%程度を手数料として稼げるようなイメージです。相場としては、月に約10~20万円は可能でしょう。

また、広告運用だけでなく、SEOやLP最適化も請け負えば、さらに副業で稼げる金額はアップします。

 

・副業で自分の事業を始める

広告運用スキルがあれば、どんな商品でも自分の力で売ることができます。

そのため、自分で商品を作ったり、商品を仕入れて自分のサイトで売ったりということも可能に。要は、自分の事業を始めることもできるのです。

 

・Webマーケティング会社や事業会社のWebマーケティング部署に転職する

Web広告運用スキルを習得後は転職市場での価値も高まります。

Webマーケティング業界は一般的な職種よりも年収が高い傾向があるので、Webマーケターとして転職するのも1つの手でしょう。

Webマーケターとしての転職の種類には、大きく分けて2種類あります。

  1. Webマーケティング会社に転職
  2. 一般企業にWebマーケターとして転職

Web広告運用スキルがあればWebマーケティング会社に就職することも可能ですが、それだけではありません。

どの企業も集客や売上アップを目指しています。そして、WebマーケターはWeb集客やサイトでのCVアップのノウハウを持っています。

ということは、どの企業にもWebマーケターとして転職できるということなのです。

Webマーケティングは今後数十年に渡って、転職市場で求められる続けるスキルであり続けるでしょう。今から勉強しても遅くはありません。

市場価値の高いスキルを身につけて、キャリアで困らない生き方を手に入れましょう。

 

【Web広告の運用は辛い?キャリアアップのために乗り越えるべきもの】

【Web広告の運用は辛い?キャリアアップのために乗り越えるべきもの】

Web広告運用は今後も市場価値の高いスキルです。稼ぎ方も多彩なので、習得したら働き方が変わりそうですよね。

しかし、Web担当者としてキャリアアップするためには辛さもあります。

  • 急速な変化に遅れないために勉強が必須
  • ROIのプレッシャー
  • 規制とコンプライアンス

ポジティブな面だけでなく、こうした乗り越えるべき困難についても理解しておきましょう。

 

・急速な変化に遅れないために勉強が必須

Web広告のトレンドは常に変化しており、新しい広告フォーマットや広告プラットフォームが現れています。

この急速な変化に追いつくためには、常に最新のトレンドや情報にアクセスし、アップデートすることが必要です。

一度勉強したら終わりではなく、継続的に情報収集や勉強を続けていく必要がある。そこに辛さを感じる人もいます。

 

・ROI(費用対効果)のプレッシャー

広告費用対効果(ROI)は、Web広告の成功を測る重要な指標です。

Web広告運用者としては、最適と思われる施策の立案、実行、レポート作成を毎月行うことになります。その際、やはり仕事としてやっている以上成果を求められます。

集客数やコンバージョン数が上がると嬉しいですし、貢献できたと実感できるでしょう。

ですが、考えた効果が出なかったり数字が下がったりすると、失敗の要因を詰められ、ストレスが大きくなることも。

Web担当者は、ROIを改善するために、常に広告戦略を最適化できるよう励む必要があります。

会社やクライアントのお金を使うというプレッシャーの大きな仕事であることも理解しておきましょう。

 

・規制とコンプライアンス

Web広告運用者は、広告の規制やガイドラインを理解し、それらを遵守する必要があります。

GDPRやCCPAなどのプライバシー法規制、広告に関する法律、自主規制基準など、多くの規制があり、それらを気にして運用を進めなくてはなりません。

特に最近は企業がコンプライアンスに厳しくなっており、ちょっとした文言にも修正が入ることも。

細かいことを気にし続けなくてはならない仕事であることも理解しておきましょう。

以上が、Web広告運用の勉強法の解説でした。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

>>【最新7選】転職支援に強いWebマーケティングスクールを比較 働きながらWebマーケターに就職できる

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

【Webマーケティング 関連記事】

【重要】社会人がマーケティングを勉強すべき5つの理由|キャリアアップ以外のメリットと必要性を解説

【8選】マーケティングスキルを独学できる勉強方法 未経験からマーケターになるには何からすべき?

【4選】転職に有利なマーケティングの資格はどれ? 未経験から最短でマーケターになれる勉強法

【解説】Webマーケティングに必要なスキルセットとWebマーケターになるための勉強法

【後悔】Webマーケティング職は未経験には厳しい?難しい理由と初心者でも転職を成功させる方法

【必読】マーケティングが学べる本おすすめ36選 初心者が読むべき入門書とWebマーケターの独学向け教科書

【いくら?】Webマーケティング会社の平均年収は低い? 年収1000万円を稼ぐWebマーケターになる方法

Web担当者になった人におすすめの勉強法7選|Webマーケターとしてスキルアップ出来る本・サイト・資格を紹介

【始め方】Webマーケティングの副業って何がある?副業したいWebマーケターにおすすめの方法を解説

【特徴解説】Webマーケターに向いている人の10の特徴と向いていない人の5つの特徴|適性がない人はやめとけ?