テレワークで仕事が物足りない? リモートワークは周りと差をつけるチャンス

テレワークで仕事が物足りない? リモートワークは周りと差をつけるチャンスビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

 

新型コロナウイルスの影響で、在宅でのテレワークに変わった方も多いと思います。満員電車での出勤がなくなり、家の中で仕事ができるのは非常に新鮮ですよね。

 

最初はお気に入りのリビングで仕事をしたり、ZOOMを使ったミーティングをしたりと楽しめる部分も多いリモートワークですが、家の中だとやっぱり集中しにくいと感じたり、仕事の量も普段と比べて少なくなって物足りないと感じている方も多いでしょう。テレワークになって、あまり生産的な仕事ができていないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テレワークは便利な部分もある中で、人によっては仕事が物足りないと感じる弊害も出始めています。

 

この記事では、テレワーク期間の時間活用術をお伝えします。結論を言うと、自由に時間を管理できるテレワーク期間だからこそ、自分のビジネススキルを伸ばす勉強のために時間を使おうと言うことです。

 

リモートワークの状況がいつまで続くのかはわかりませんが、久しぶりに他の社員と顔を合わせた時に、人によって大きな差が出ることになります。

 

・ただただ家で堕落した働き方をした人
・テレワーク期間を利用して自分のスキルを磨いて何倍も成長した人

 

リモートワークの期間はチャンスにもなればピンチにもなります。堕落した働き方をして差をつけられないためにも、しっかり自分のスキルを磨くことに時間を使ったほうが良いでしょう。

 

【テレワークで仕事が物足りない?リモートワークは周りと差をつけるチャンスです】

【テレワークで仕事が物足りない?リモートワークは周りと差をつけるチャンスです】

 

・テレワークで出来た時間をもっと活用したい
・自由な時間を使って周りと差をつけたい
・リモートワーク期間に何か新しいことが出来ないかな

 

そのような人におすすめなのが、「ビジネススキルの勉強」をすることです。リモートワークでの仕事は、集中的に取り組めば普段よりも早く終わることが多いですよね。仕事が物足りないと感じる方は、自分の仕事に必要なビジネススキルを高める良い機会です。

 

ビジネススキルはOJTの中でしか磨けないものではありません。営業スキルやマーケティングスキル、会計スキルなど、より成果の出る方法や効率的な方法は様々なところでスキルとして学ぶことができます。

仕事をする上で自分の価値を高めるスキルを体系的に学べば、より優秀なビジネスパーソンになることができます。仕事以外の時間で全く勉強しない人が成長できるわけがないとも言えます。

 

リモートワーク期間というのは、自分で仕事のスピードを調整できます。指示された仕事を早々と片付け、自分の勉強のために使える時間を多く確保することもできるのです。職場ではやりにくいことも、テレワーク環境では十分可能です。その機会を活かさない手はありません。

 

 

【テレワーク期間だからこそビジネスの勉強をする理由】

【テレワーク期間だからこそビジネスの勉強をする意味】

 

テレワーク期間中にビジネススキルの勉強をすべき理由は3つあります。

・テレワークは時間管理次第でいつもよりも余分な時間が生まれる
・周りが休んでいる間に差をつけられる
・時代の変化に合わせて自分のスキルを高める必要がある

それぞれ解説します。

 

・テレワークは時間管理次第でいつもより余分な時間が生まれる

テレワーク期間は通勤の時間も必要ありませんし、普段と比べて仕事量は減少する傾向にあります。労働時間やミーティングの時間は決まっているものの、それ以外の時間は何をしても良い状態です。

つまり、これまで会社で8時間使ってやっていたことを、半分の時間で終わらせれるようになれば、残りの時間は自分の時間として使うことができるということです。

 

ビジネススキルを高めるには、勉強と実践が欠かせません。仕事をしていれば実践については十分な機会がある場合が多いですが、勉強については仕事の時間外で行う必要があります。

出勤前や仕事後のカフェで勉強しているビジネスパーソンも多く見かけますが、仕事をしていると勉強する時間は非常に限られますよね。勉強しなくてはなぁと思っていても、なかなか時間が取れないのが現状ではないでしょうか。

 

しかし、テレワーク期間中であれば、時間管理次第で自由な時間が確保できます。仕事の時間を勉強に充てられるのです。

 

余分に生まれた時間をどう使いますか? 毎日の1〜2時間の使い方で、1ヶ月後には50時間もの時間差が生まれます。50時間をだらだらと過ごした人と、目的を持って勉強に取り組んだ人では大きな差が出るのは間違いありません。

 

・時間の使い方が自由だからこそ差をつけられる

テレワークが始まって1ヶ月弱が経ちましたが、SNSを見てみると「集中できずにだらだらと仕事をしている」という人も多いようです。みなさんも、気付くとテレビを見ていたりスマホを触っていたりしませんか?

集中できる環境を作れていれば問題ないかもしれませんが、リビングしか仕事できる場所がなく、子供もいるような状態だと集中するのは難しいですよね。

また、テレワークでが仕事が早く終わるようになったという人でも、有効活用できている人ばかりではありません。今までよりもYoutubeなどの動画を見たり、スマホでゲームをする時間が増えたと言う人もいます。

 

時間の使い方が自由だからこそ、いろんな過ごし方ができます。それはつまり、今までよりも差をつけやすくなったと言うことです。

会社で1日9時間近く拘束されている状態では、できることに差が生まれません。しかし、テレワーク期間中なら時間の使い方次第で大きな差をつけることができます。

 

特に勉強をしたかどうかは、その後の人生に大きな影響を及ぼします。自分のスキルについて体系的に学び直す機会はそう多くはありません。

学校では教わりませんし、自分から学ぶこともほとんどの人はしないでしょう。日本の社会人の平均勉強時間は1日6分という結果も出ており、多くの人は自分のビジネススキルを磨くための勉強をしていないことになります。

 

しかし、

・営業で成果を上げるためのスキル
・大きな効果をもたらすマーケティングスキル
・ビジネスの考え方

といったスキルを総合的に学んで仕事に活かすことが出来たら、人生は変わりそうですよね。

 

今後は、いままで以上にスキルを武器にして生きていかなければならない時代になります。今の時点で自分にはこれといったスキルがないという人はスキルを高めるチャンスです。

リモートワークの期間を有効に活用できれば、「自分の仕事で生かせるスキル」や「身に付けたいテーマについて勉強すること」で、ほんの数カ月で周りと差をつけられるようになります。

 

・時代の変化に合わせて自分のスキルを高める必要がある

新型コロナウイルスの影響は、「働き方改革」以上のインパクトを与えるものになるでしょう。

経済がストップすることで、企業の売上は軒並み下がります。今は影響の少ない業種でも、会社の売上が下がれば給与やボーナスの削減は回避できません。
そうなると私たちの生活も変化し、基本的に余分なものは買わなくなります。
それが原因でさらに企業の収益は下がり、人員削減にもつながるはずです。

 

皆さんは、会社に必要と言われる存在になれていますか?また、もし転職しようと思った時に、明確に自分のスキルや価値を提示できますか?

言われた仕事をしてきただけの人は、自分のスキルに自信がない人も多いと思います。

 

これからの時代、自分にとって必要だと思うスキルは自分から学んでいかなくてはいけません。そして、それを元に行動し、成果として蓄積していくことが重要になります。

もし自分の中で明確なスキルを持っていない人は、体系的に自分の仕事周りのスキルを学ぶことがファーストステップになるでしょう。

 

リモートワーク期間中はビジネススキルを高めるのに最適な時期です。このタイミングを有効活用できれば、会社内だけでなく市場全体における自分の価値はさらに高まっていくはずです。

 

【ビジネススキルって具体的に何を勉強すべき?】

・テレワーク中にビジネススキルを身につけるなら無料お試しを始めよう

 

では、具体的に何を学べばいいのでしょうか? このタイミングでプログラミングなどの新しいスキルを学ぶことも良いですが、一番効果が出やすいのは、「自分の仕事に活用できるスキル」です。これは人それぞれ違いますが、考え方は同じです。

仕事で成果を上げるために必要なビジネススキルを体系的に学びましょう。

 

ポイントは、

・成果に直結する
・体系的に学ぶ

この2つです。

 

新聞で政治や経済について情報収集したり、売れているビジネス書を読むような人は多くいます。しかし、はっきり言ってこれらのことはビジネスで成果を上げることに直結しません。

 

重要なのは、今日学んで明日から具体的な行動を取れるかです。自分のビジネス周りのスキルを学びましょう。まずは、

・自分の仕事で成果につながる要素は何か?
・どうすればその要素を高めることができるか?

これらについて考えてみることです。

 

その次に重要なことが、体系的に学ぶということです。

そのテーマの本を1冊だけ読んだところでスキルにはなりません。5冊から10冊、そのテーマについての古典的な書籍や人気のある本を読んで勉強することで、そのスキルの全体像やポイントとなることがわかります。それを自分のビジネスに活用して体験することで、スキルとして定着します。

 

自分の仕事に直結するスキルを洗い出し、体系的に学ぶ。これがビジネスパーソンがスキルを高める上で重要なポイントです。

 

 

【おすすめの方法はビジネス系動画サイトで勉強すること】

・おすすめの方法はビジネス系動画サイトで勉強すること

 

ビジネススキルの勉強といえば、本を読んだりセミナーに参加したりといったイメージを持たれる方も多いと思います。

ですが、私がお勧めするのは「ビジネスを学べる動画サイト」を活用することです。動画でビジネスを学ぶということに馴染みがない人もいると思いますが、

など、ビジネスを学べる動画サービスが最近注目されているのです。

 

ビジネスを動画サイトで学ぶメリットは5つあります。

・本よりもわかりやすい
・テーマに沿って体系的に学べる
・耳だけで学べるから「ながら学習」ができる
・外出する必要もなく、いますぐ始められる
・お金がかからない

それぞれ解説します。

 

・本よりもわかりやすい

1つ目に、本を読んでの勉強よりも動画の方がわかりやすいという点があります。

教科書を読んでもわからないけれど、学校や予備校の授業を受けることで理解できたいう経験がある人は多いと思います。ビジネスについても同様で、わかりやすい表現や図解、さまざまな例示を用いて教えてくれる動画の方が圧倒的に理解できます。

 

・テーマに沿って体系的に学べる

グロービス学び放題では、2500本を超えるビジネス動画が見放題です。学びたいスキルについていくつもの関連動画が用意されており、1つのテーマについて体系的に学ぶことができます。

動画を見るだけで、全体的な内容から細かい部分のテクニックまで網羅できます。

 

本で学ぼうと思ったら、入門者だけではスキルと呼べるほどの知識は得られません。より詳しく体系的に学ぼうと思ったら次にどの本を選ぶかも重要ですが、学習の道筋が示されているわけではありません。結局のところ、本で体系的に学ぶのは難しいのです。

わかりやすくテーマについてまとまっている動画サイトは、よりスキルを習得しやすい方法と言えます。

 

・耳だけで学べるので「ながら学習」ができる

動画であれば耳で流し聞きすることもできます。パソコンだけでなくスマホでも観れるので、いつでもどこでも勉強することができる点もメリットです。

 

・外出する必要もなく、いますぐ始められる

本を読もうと思ったら本屋さんに買いに行く必要があります。今のご時世だと、なるべくなら家から出たくないですよね。かと言ってAmazonで注文しても、届くまでには時間がかかります。

その点、動画であればすぐに勉強を始められます。外出自粛要請の中でも動画サービスであれば関係なく自分のやりたい勉強ができます。そこもメリットでしょう。

 

・お金がかからない

多くのビジネス系動画サイトは月額2000円以下で利用できます。これはビジネス書2冊以下の金額です。

その金額で何千本ものビジネス系コンテンツが見られるのは破格でしょう。新聞や有料系ネットニュースよりも圧倒的にコスパが良いサービスです。

特に、自分のビジネスに直結するスキルを体系的に学ぶという点においてはこれ以上優れたコンテンツはありません。

 

【テレワーク中にビジネススキルを身につけるなら無料お試しから始めよう】

・ビジネススキルって具体的に何を勉強すべき?

 

テレワーク期間中に自分のビジネススキルを磨いて周りと差をつけたい方は、ぜひこの機会にビジネススキルを磨く勉強を始めてみてください。

私のお勧めは動画サイトで学ぶことです。ビジネスが学べるおすすめ動画サイトについては、以下の記事でご紹介しているのでよかったら参考にしてみてくださいね。

 

 

その中でも私的には、「グロービス学び放題」を使っての勉強がもっともおすすめです。仕事の成果に直結し、自分の市場価値が上がるスキルを学ぶことができます。

いまなら「10日間の無料トライアル」も行っています。時間が作れる方は、10日間で集中的に学んでしまうのも手です。

 

ぜひこの機会に自分のスキルを高める勉強を始めてみてください。

mmこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
ビジネススキル/仕事術
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました