この記事にはPRが含まれます。

【初心者必見】Web担当者が学ぶべき9つのスキルと勉強法

Web担当者になった人におすすめの勉強法7選|Webマーケターとしてのスキルアップに講座や資格は必要?
会社でWebマーケティングの担当者になったけれど、未経験だし何を勉強したらいいかわからない!

そんな方に向けて、この記事ではWebマーケティング歴5年の私が、Web担当者におすすめの勉強法を解説します。

未経験とはいえ、先輩に「仕事ができないやつ」だとは思われたくないですよね、

基礎知識だけでなく、最新ノウハウの入手方法もお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

【Web担当者になったらどんな仕事をする?】

Web担当者の仕事の全体像と成果を上げるために必要な勉強

Web担当者とは「Webを使った集客・販売を強化する担当者」のことを指します。では、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

 

・Web担当者の仕事内容

Web担当者の主な仕事内容には、以下の7つがあります。

1、Webマーケティング戦略の策定

今の時代に欠かせないWebからの集客を強化するために戦略を考えます。

  • 自社の商品・サービスに魅力を感じるのはどのようなユーザーか?
  • どのような方法でユーザーにアプローチするか?
  • 自社の商品・サービスと親和性の高いユーザーが多く利用している媒体はどれか?
  • ユーザーに興味を持ってもらうためにどのような施策が有効か?

こうした戦略を考えることから始まります。

2、ウェブサイトの管理と更新

Web担当者は企業のWebサイトやSNSを日々管理し、最新情報を掲載します。新しいコンテンツの追加や既存コンテンツの更新、画像や動画のアップロードなどが含まれます。

3、コンテンツ作成と外部リソースの活用

コンテンツの質はWeb成功の鍵を握ります。コンテンツとは、メディアにおける記事や画像、SNSの投稿内容や広告のバナー画像などのこと。

コンテンツは自社で制作するだけでなく、専門業者やフリーランスに依頼して作成してもらったりといった方法を取ることもあります。

これらの管理もWeb担当者の仕事になります。

4、コンテンツSEO対策(検索エンジン最適化)

コンテンツSEOは、自社メディアに記事を投稿していき、Web検索で上位表示を目指す施策を指します。

Webマーケティングにおいて、Web広告と両翼を成すほど重要な施策です。

見込み客が検索するキーワードで、あなたの会社の記事が上位に表示されれば、記事からあなたの会社を知るユーザーは増え、売り上げアップに繋がりますよね。

どのような悩みを抱えていて、どのような記事を作ればユーザーのニーズは満たされるか?

こうしたことを考え、メディア全体の構成や記事のテーマを作り、実際に記事を作成していくという流れになります。

5、Web広告運用

Google広告やFacebook広告などのオンライン広告プラットフォームを使用して、ネット上に広告を出稿します。

即日からユーザーの画面に表示されるので、最短で効果が出る方法として欠かせない方法になっています。

どのような興味関心を持ったユーザーに広告を届けるかといった「キーワード選定」やABテストによる広告の最適化を検証していきます。

6、Web集客の分析と改善施策立案

Web上での施策では、結果が数値として明確に現れます。分析ツールを活用すれば、Webサイトの訪問者数や滞在時間、検索順位のチェックなどを日々確認することができるのです。

そのため、施策のテストや効果検証が容易に。数値を確認し、それに基づいて改善策を立案し、効果を向上させていきます。

7、SNS(ソーシャルメディア)運用

SNSを使って企業の認知拡大や販促を担うのもWeb担当者です。

ソーシャルメディアのアカウント作成から投稿管理、SNS向けのキャンペーンの策定など、Webメディアや広告とは異なるSNSならではの運用ノウハウが必要になります。

こうした仕事を通して会社のWebサイトを改良し、ネット集客やオンラインでの販売をアップさせることが仕事です。

 

・Web担当者の仕事の流れと日課

Web担当者の仕事は多岐にわたりますが、典型的な仕事の流れと日課は次のようになります。

1、分析ツールを使用して効果を測定

アナリティクスツールを使用して前日のトラフィックデータを分析し、WebサイトやSNSでのPV数やCV数の管理を行います。

PV数とはサイトを訪れたユーザーの数で、CV数はコンバージョン数の略でサイトから購入した人のこと。

これらを確認し、施策の効果測定や報告資料の作成を行います。

2、コンテンツ更新

新しいコンテンツの制作や既存コンテンツの更新が行われます。質の高い記事の作成、既存記事の見直しと改善を行い、SEOに強いサイトを作っていきます。必要に応じて外注を使ったコンテンツ作成も行います。

3、ソーシャルメディア管理

SNSのアカウントをチェックし、スケジュールに合わせてコンテンツを投稿します。ユーザーからのコメントや質問に迅速に対応することも仕事です。

4、プロジェクト戦略の立案&管理

WebサイトやSNS運用に関連するプロジェクト(新機能の追加、デザイン変更など)の進捗状況を確認し、必要な行動を指示します。

5、問題発生時の対応

Webサイトに問題が発生した場合は迅速に対処します。例として、オンラインでの顧客対応やセキュリティ面での問題解決などが挙げられます。

6、Web担当者としてのスキルアップのための情報収集やセミナー参加

Web担当者は常に新しいデジタルマーケティングのトレンドやテクノロジーの変化に敏感でなければなりません。最新情報の収集や競合サイトの分析、セミナーなどの勉強会への参加も仕事の1つです。

 

>>【解説】Webマーケティングに必要なスキルセットとWebマーケターになるための勉強法

 

【Web担当者に求められる9つのスキルとは?】

【Web担当者に求められる9つのスキルとは?】

Web担当者には、幅広いスキルと知識が求められます。WebサイトやSNSでの集客を伸ばし、成果を上げるために必要なスキルとは何でしょうか?

ここでは、Web担当者に求められるスキルについて詳しくお伝えします。また、こうしたスキルの勉強方法については次章でお伝えします。

 

1、Webサイトのデザイン&編集の基礎スキル(HTML, CSS, WordPressなど)

Web担当者にとって、Webサイトのデザインと編集スキルは不可欠です。

Webページの構造やスタイルを調整できる能力は、サイトの見た目とユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。

具体的には、HTMLやCSS、WordPressといったプログラミングスキル(マークアップ言語)などを学ぶことでWebデザインが可能になります。

サイト制作や修正は外部のWebデザイン会社に委託する企業も多いですが、Web担当者として基礎的な知識は理解しておく必要があります。

 

2、広告運用ツールの活用スキル(Google広告、Yahoo広告、SNS広告など)

Webサイトへの集客において、広告出稿はもっとも重要な施策の1つです。

Google広告やYahoo広告、SNS広告などの基本的な出稿方法について学びましょう。

ただし、広告を出稿するだけなら誰にでもすぐに出来ます。

  • ターゲットやキーワードの選定に関するノウハウ
  • 最適なクリエイティブを作るデザイン&コピーライティングスキル

Web担当者には、広告の効果を最大化するためにこれらのスキルが求められます。

 

3、分析ツールの活用スキル(Google Analytics、Search Console、Clarityなど)

Web集客を成功させるには、戦略立案だけではなくデータ分析も欠かせません。

Web担当者はGoogle Analytics、Google Search Console、Microsoft Clarityなどの分析ツールを使ってトラフィックデータやユーザー行動をチェックし、改善施策を練る必要があります。

まずはこうした分析ツールの使い方とデータの見方について理解しましょう。

 

4、SNSアカウント作成&運用スキル

SNSはユーザーへの認知拡大やコミュニケーションに欠かせないツールになっています。

Web担当者は、X(旧Twitter)やInstagram、TikTokなど様々なソーシャルメディアプラットフォームに適切なコンテンツを作成し、エンゲージメントを高めるスキルが必要です。

 

5、仮説検証スキル

デジタルマーケティングは実験と改善の連続です。自社メディアの運営、SNS運用、広告出稿など、Web集客の全てにおいて仮説検証スキルが必要になります。

Web担当者は仮説を立て、異なる戦略をテストし、データに基づいて効果を測定するのが日課です。

最適な戦略を見つけ出して成果を最大化するために、仮説検証スキルを磨きましょう。

 

6、競合分析スキル

Webマーケティングでは自社のデータだけでなく、他のメディアについてもある程度のデータ収集と分析が可能です。

競合他社の動向を確認・分析することは、競争優位性を築くために重要です。

Web担当者には、競合他社の成功要因や戦略を把握して自社の戦略に活かす、分析能力が求められます。

 

7、施策立案&プロジェクト実施管理スキル

企業のWebマーケティングの成功には、計画的な施策が必要です。

Web担当者は戦略的な施策を立案し、プロジェクトを管理するスキルを持つ必要があります。

マーケティング全般に関わる知識を学び、ビジネスを成功に導く戦略策定スキルを身につけましょう。

 

8、クリエイティブ作成スキル(Photoshop, Illustrator)

ユーザーの興味を喚起してコンバージョンの高いコンテンツを制作するためには、魅力的なクリエイティブを作るスキルも必要です。

Webサイトで使われる画像やバナー広告、InstagramなどのSNS投稿には画像やイラストを使ったクリエイティブが欠かせません。

Web担当者はPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを学び、クリエイティブ制作スキルを高めましょう。

 

9、行動心理学&コピーライティングのノウハウ

最後に、行動心理学とコピーライティングの知識もWeb担当者に求められるスキルの一つです。

行動心理学を理解することで、ユーザーの購買行動を予測し、Webサイトのデザインやコンテンツを最適化できるようになります。

また、コピーライティング(文章の制作)のスキルは、魅力的なコンテンツの作成に欠かせません。言葉一つで人を動かすことができます。

コンバージョンをもっと増やしたい方は学んでみる価値のあるスキルと言えます。

 

【Webマーケター初心者はどうやって勉強したらスキルアップできる?】

【Webマーケター初心者はどうやって勉強したらスキルアップできる?】

Web担当者に必要な知識やスキルを磨くためには、以下のような勉強が必要になります。

  1. 本で勉強する
  2. SNSでマーケ界隈のプロをフォロー
  3. 動画・セミナーでWebマーケティングを学習
  4. 専門サイトで最新情報の収集
  5. コーチングを受けて自分に最適な学習計画を練る
  6. スクールで実践的な知識とノウハウを学ぶ
  7. Webマーケティング領域の資格を取得する
  8. 競合のコンテンツをリサーチする

ここからは各勉強法とおすすめの本やサービスを紹介します。

 

① 本で勉強する

本で勉強する

もっとも一般的な方法が、本を読んで知識を得ることです。

Webマーケティングを本で勉強するには、まず全体を網羅した入門書で概要を理解し、その後で自社のWeb施策に必要なテーマを専門書で深堀していくのがおすすめ。

先ほど、Web担当者が学ぶべきこととして最初に「自社のWeb運用目的」を挙げましたが、Web担当者に求められる役割は会社ごとに違います。

  • インターネット広告を出して、見込み客を手っ取り早く集客したいのか?
  • 自社の商品に関連する記事を集めたWebメディアを作って顧客を教育したいのか?
  • 自社サイトが検索順位で1位になるようにSEOを強化したいのか?

目的によって打ち手も異なります。そのため、全体像を把握した後は、各企業に最適な方法を学んで施策化していきましょう。

ここでは全体像を把握するのにおすすめの入門書と、中級者以上向けの専門書をそれぞれ紹介します。

 

・マーケティング思考を学べるおすすめ本

Webマーケティングというと、SEOや広告出稿、SNS集客がメインとなりますが、そもそものマーケティング思考がなければ効果的な施策は打てません。

Webマーケティングはマーケティングという大きな括りの一部です。Web担当者とは言え、マーケティングの全体像を知っていないと表面的な施策しか打てず、効果に繋がらないこともあるので注意が必要。

マーケティングには4Pや3C、カスタマージャーニーなどフレームワークと言われる思考の型が多数存在します。

そうした思考法を知っておくと、施策を考えるときに大変役立ちます。マーケティング思考も併せて学ぶことをおすすめします。

マーケティングを学べる本については以下のものがおすすめです。

マーケティング関連本については以下の記事でも解説していますので、参考にしてみてください。

>>【必読】マーケティングが学べる本おすすめ36選 初心者が読むべき入門書とWebマーケターの独学向け教科書

マーケティングの独学におすすめの本36選 初心者向け入門書から専門書まで紹介
マーケティングの勉強をしたいけれど、どの本を読めばいいのかわからない。そんな方に向けて、おすすめのマーケティング本を紹介します。マーケター初心者が読むべき入門書から国内外でベストセラーになっている名著、そして中級者向けの経営戦略や分析ノウハウを学べる教科書を集めました。Webマーケティングに関わる人も必見です。

 

・Web担当者におすすめの入門書

Webマーケティングの全体像を把握するのにおすすめの書籍は以下の3冊です。

まずはこうした入門書で、Web担当者に必要な知識をざっと押さえましょう。

 

・Webマーケティング中級者以上向けの専門書

全体像を把握できたら、各分野の専門書を読んでより詳しい知識を入れていきます。

  • SEO学習におすすめの書籍
  • 広告出稿におすすめの書籍
  • SNS運用におすすめの書籍
  • オウンドメディア運営におすすめの書籍

ここでは、上記4テーマにおけるおすすめ本を紹介します。

 

SEO学習におすすめの書籍

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味の言葉です。Googleの検索結果は、検索エンジンのアルゴリズムにより順位が決まっています。

アルゴリズムとは計算方式のことで、200以上の項目に重要度を掛け合わせてWebサイトを診断、その点数により順位が決定するという仕組みです。

そのため、検索順位で上位を取りたければ、SEOのアルゴリズムを理解してサイトやコンテンツを最適化していく必要があります。

有名なところでは、「ページタイトルの中に狙いたいキーワードを含有し、特に重要な言葉をなるべく最初に持ってくる」のようなものがあります。

こうした検索エンジン最適化を学べる本としては、以下のものがおすすめです。

ちなみにGoogleの検索アルゴリズムは日々変化を繰り返しており、年に2回ほどコアアップデートと言われる大きな変化が加えられます。これはより検索者のニーズに合致した検索結果を表示させるためのもの。

このアップデートによって、上位獲得に最適な手法も年々変化しています。そのため、数年前に出版された本だと最新のアルゴリズムに対応できておらず、施策に取り入れても効果が出ないことも。

もちろん、普遍的な部分もあるので一概に昔の本が役に立たないというわけではありませんが、なるべく最新の書籍で情報収集をすることをおすすめします。

 

オウンドメディア運営におすすめの書籍

オウンドメディアとは見込み客にアプローチする手段として注目されており、コンテンツマーケティングとも呼ばれます。

自社商品に関する記事を投稿し、その記事で集客できた読者を商品ページへ誘導するために使います。

例えば、水道の修理業者が、「水漏れの原因」や「凍結の解消法」、「蛇口の種類」といった記事を書いてメディアに掲載します。

すると、その記事を見た読者が水道修理の必要性に気づき、水道業者へ依頼をしてくるという流れを作ることができます。

ホームページだけだと集客できない層にアプローチできるのが、オウンドメディアの特徴です。

オウンドメディア運営で重要なことは、以下の3つです。

  1. 事業に関連する必要テーマを洗い出して記事にすること
  2. 記事を検索エンジンに最適化して順位を上げること
  3. 記事から自社商品への申し込む導線を作ること

こうしたオウンドメディア運営のノウハウを学べる本としては以下のものがおすすめです。

オウンドメディア運営はSEOも大きく関わるので、上述したSEOがテーマの本も併せて読むことをおすすめします。

 

広告出稿におすすめの書籍

企業によってはインターネット広告を出稿することだけが、Web担当者の仕事になっているところもあります。

Webマーケティングにはいろんな手法があるとお伝えしましたが、インターネット広告に集中するということは、それだけ当たったときの効果が大きいということを意味します。

広告出稿は非常にシンプルで、一度やってみればやり方自体はすぐに習得できるでしょう。

しかし、広告出稿で成果を出すには、やり方だけを知るだけでは不十分です。

どのキーワードで、どの層に、どの時間帯でアプローチするか。どのようなクリエイティブ(バナーや文言)を作るか。

こうしたことについてのベストプラクティスを学ぶ必要があります。

広告出稿についての専門性を高めたい方には以下の書籍がおすすめです。

広告による成果を求められている場合は、こうした書籍で情報収集しましょう。

 

SNS運用におすすめの書籍

企業にとってSNS運用も欠かせないマーケティング施策の1つです。SNSは認知のきっかけとして大きな役割を果たします。

そんなSNSに注力したいWeb担当者が読むべき本は以下の3冊です。

SNSで企業のアカウントを育てるために参考になる書籍です。

 

② 動画・セミナーでWebマーケティングを学習

動画・セミナーでWebマーケティングを学習

動画は文字に比べて5000倍の情報量があると言われます。

Webマーケティングにおいても、広告出稿方法や分析方法など、文字よりも動画の方がわかりやすい部分も多いので、動画学習も積極的に取り入れると良いでしょう。

Webマーケティングが学べる動画サービスには以下のようなものがあります。

特にUdemyの動画コンテンツは体系的な知識を得るのに役立つので、初心者にはとてもおすすめ。

頻繁に行われるセールでは、通常20000円以上のコンテンツが1000円台で購入できます。

定期的にサイトを覗いて、セール情報を見落とさないようにしましょう。

 

③ SNSでマーケティング界隈のプロをフォロー

SNSでマーケティング界隈のプロをフォロー

書籍でマーケティングやWebマーケティングの全体像を把握できたら、TwitterやYouTubeなどのSNSでマーケティング界隈のプロフェッショナルをフォローすることをおすすめします。

日常的に使うSNSが勉強の場に早変わりしますし、マーケティング分野では積極的に情報発信をされている方が大勢います。

Twitterでおすすめのアカウントは以下の方々です。

また、YouTubeでおすすめのチャンネルは以下の方々です。

彼らをフォローしておくと、マーケティングに関する最新情報や成功事例を勉強できます。

 

 

④ Webマーケティング専門サイトで最新情報の収集

Webマーケティング専門サイトで最新情報の収集

SEOやWebマーケティングに特化した情報を発信するメディアを押さえておくことも、Web担当者には必須の仕事です。

Webマーケティング業界の流れは早く、ひと月前まで通用していた施策が急に通用しないといったこともあり得ます。

最新の情報をしっかりと把握し、施策に取り入れることが重要です。おすすめの情報収集サイトは以下の7つです。

 

さらに、実はWebマーケティングの分野は日本よりも海外の方が進んでいます。そのため、海外の情報収集にもチャレンジしてみると良いでしょう。

これらのサイトでは世界最先端のWebマーケティングノウハウを学べます。

ブラウザの拡張機能でGoogle翻訳やDeepL翻訳を入れれば、ボタン1つで日本語化できるので、英語が苦手な方でも十分に情報収集可能です。

 

⑤ Web担当者向けマーケティングスクールで実践的なノウハウを学ぶ

Webマーケティングスクールで実践的な知識とノウハウを学ぶ

書籍や動画での勉強は独学が可能ですが、デメリットもあります。それは、自分で情報を取捨選択しなければならないことです。

マーケティングの勉強は非常に広範囲なため、どこをどう勉強していけば良いかわかりにくいところがあります。

役に立つものや立たないもの、今の自分に必要なものとそうでないもの。こうした情報の取捨選択が難しく、網羅的に学習できていなかったり、効率が悪かったりという難点があります。

こうした難しさを解決してくれるのが、Webマーケティングスクールの利点です。

Webマーケティングスクールでは、マーケターとして活躍するために必要なプログラムが用意されており、基礎も実践スキルも磨くことができます。

ただし、Web広告の運用スキルやSEO、マーケティングスキル全般を学べるスクールなど、Webマーケティングスクールの中でも特徴は大きく分かれます。

そのため、自分に必要なスキルを学べるスクールを選ぶ必要があります。

Webマーケティングが学べるスクールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

無料相談やトライアルを受け付けているスクールも多いので、一度体験してみることをおすすめします。

 

>>【最新7選】転職支援に強いWebマーケティングスクールを比較 働きながらWebマーケターに就職できる

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
この記事ではWebマーケターへの転職を実現したい方に向けて、最短でスキル獲得ができて転職支援に定評のあるWebマーケティングスクールを比較して紹介します。中には転職成功率が98%のスクールも。Webマーケティングスクールが、未経験からWebマーケターになるための最適な方法である理由についても解説します。

 

⑥ コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る

コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る

最初にお伝えしたように、マーケティングの勉強範囲はとても広いという特徴があります。

  • CVRやLTVといった専門用語の理解
  • マーケティングフレームワーク活用
  • 行動心理、インサイトの分析
  • セールスライティング・ストーリーテリングの習得
  • 仮説、分析能力
  • マーケティングツールの活用
  • Web集客、SEO
  • EXCEL、Powerポイントなどを使ったプレゼンスキル

本やビデオ、ポッドキャストで学べることは理解できても、それらをどのように組み合わせれば効果的に学べるのか、なかなかわからないものです。

私もマーケティングを学び始めた頃は、入門書から始めましたが、本を読んで本当にマーケティングが学べるのか疑問がありました。結局、本を読んでも仕事に活かせる実践的なスキルは身につかなかったのです。

「Webマーケティングで本当に必要な勉強を効率的に学ぶにはどうしたらいいんだろう? 自分に最適な勉強法を誰かに相談できたらいいのに。」

そんな方には、マーケティングのコーチングを受けてみることをおすすめします。

コーチングとは、マーケティングに精通したプロが、あなたの状況や将来の目標に応じて、必要な学習方法をアドバイスしてくれるサービスです。

コーチングはスクールとは違い、マーケティングを直接教えてくれるカリキュラムではありません。

しかし、カウンセリングを通じて、自分にとって必要なスキルとそれを身につけるための最適な学習方法がわかり、スキルアップのサポートを受けることができます。

みんなと同じカリキュラムではなく、自分の目標やレベルに合わせた最適なカリキュラムにカスタマイズされた学習プラン。それにより、自分の学習に必要なステップを明確に理解することができます。

英会話などの分野で人気のコーチングですが、最近では「ノツギ」のようなマーケティングに特化したコーチングサービスも登場しています。

ノツギのマーケティングコーチングの特徴は、以下の通りです。

  • 自分に何が足りていなくて、何をすれば良いのかを相談できる
  • 専門コーチとの1対1の面談にて、目標設定と実現までの学習カリキュラムを立てられる
  • 知識の習得が目的ではなく仕事での成果が目的なので、意味のない勉強にならない
  • 毎日の学習計画は状況に合わせて5分〜作ってくれるので取り組みやすい
  • 週に1度のミーティングでは、進捗確認だけでなく、仕事の課題についてもフィードバックしてもらえる
  • コーチは「頼れる先輩」のような、あなたの実務に近い経歴のマーケターが担当
  • 2ヶ月という短期間でマーケターとしての成長の型が作れる
  • コーチング期間に必要となる教材やコンテンツはノツギが負担(別途費用がかからない)
  • 無料カウンセリングの段階で、あなたに必要なものと学習の方向性を教えてもらえる

さらに、授業ではなく独学のサポートがメインなため、一般的なマーケティングスクールよりも低価格で利用できるのもポイントです。

マーケティングスキルを高めてキャリアアップを目指したい方は、コーチングで自分に最適な学習カリキュラムを組んでみてはいかがでしょうか。

 

>> ノツギ 公式サイトはこちら

 

⑦ Webマーケティングに関する資格を取得する

Webマーケティング領域の資格を取得する

マーケティグの資格を持っていることはあなたのキャリアに大きな価値をもたらします。

最近は資格よりもスキルという言葉がどの業界でも聞かれるようになり、一昔前よりも資格の持つ意味は薄れています。

とは言え、スキルを証明する上では資格の有無で大きく印象が変わります。

Webマーケティング関係の資格には以下のようなものがあります。

資格取得の学習の中で深い知識を得ることができ、実務に活かせるようになるでしょう。

 

>>【4選】転職に有利なマーケティングの資格はどれ? 未経験から最短でマーケターになれる勉強法

マーケティングのおすすめ資格5選 転職や就職には意味ない?
マーケターへの転職に有利なおすすめのマーケティング系資格を5つ紹介します。体系的にマーケティングスキルを勉強でき、転職市場での評価も高い資格を厳選。また、マーケターへ転職したいのであれば、資格取得よりも確実な方法があります。未経験から最短で転職したい方は参考にしてください。

 

⑧ 競合のコンテンツをリサーチする

5、競合のコンテンツをリサーチする

最新アルゴリズムの情報や効果のあった施策をリサーチすることも重要ですが、競合サイトを見学することも勉強になります。

同じジャンルの競合サイトであれば、カテゴリ構成や記事に書かれた情報に自サイトとどのような違いがあるかをピックアップして、差分を埋めていきましょう。

また、SEOにおいてレッドオーシャンと呼ばれるジャンルの上位サイトを見学することでも多くの学びが得られます。

「クレジットカード おすすめ」や「脱毛 おすすめ」などは稼げるジャンルの代表格となっており、上位にはSEOの猛者が集まっています。

激戦ジャンルで結果を出している彼らの施策をリサーチすることでコンテンツづくりのヒントを得られるかもしれません。

 

【Web担当者としてのキャリアの魅力】

【Web担当者としてのキャリアの魅力】

Web担当者としてのキャリアは、多くの人にとって魅力的な選択肢だと感じています。最後にWeb担当者としてのキャリアが持つ魅力について3つの側面からお伝えします。

 

・市場価値の高い汎用的なマーケティングスキルが磨ける

Web担当者への任命は、市場価値の高いマーケティングスキルを磨く絶好の機会です。

なぜなら、Webの活用は現代のビジネスにおいて不可欠なものであり、Webマーケティングの強化はどの企業にとっても重要な課題となっているからです。

Web担当を通して得られるスキルは汎用的で、さまざまな業界や職種で活かすことができます。幅広いキャリアの選択肢を得られるでしょう。

 

・優秀なビジネスパーソンに必須の「仮説検証能力」が磨ける

Web担当者には仮説を立てて効果を検証する機会が非常に多くあります。データに基づいた仮説検証は、あらゆるビジネスにおいて役立つスキルです。

最近はデータサイエンティストの講座にも注目が集まっていることからも、有用なスキルであることがわかりますよね。

  • データ分析スキル
  • A/Bテストスキル
  • 仮説の設定と効果検証
  • 改善施策立案

これらのスキルはあらゆるビジネスにおいて共通して価値の高いスキルであり、優秀なビジネスパーソンが備えている能力です。

Web担当者としての経験を通じて、仮説検証を行いながらビジネスパーソンとして上位に駆け上がることが可能になるでしょう。

 

・副業でも稼ぎやすい(ブログ運営やSNS運用代行など)

Web担当者としてのスキルは、副業やフリーランスの活動にも直接役立ちます。

たとえば、ブログ運営やSNS運用代行などの仕事は、Web担当者の知識と経験がフルに活かせる分野です。

実際、Web担当者として学んだ知見を生かして、ブログアフィリエイトで本業以上に稼ぐ人やフリーランスのSNS運用代行として独立する人もゴロゴロいます。

Web担当者としてのキャリアは、個人で稼ぐためのビジネススキルにつながるため、副業を考えている人にとっても魅力的。

Web担当者としてWeb集客のノウハウを学んだら、自分でブログやECサイトを立ち上げてみることもおすすめします。

副業と本業を組み合わせることで、収入を増やす機会を手に入れることができます。

 

【Web担当者としてのスキルアップにはチャレンジと成功体験が必要】

Webマーケターとしてのスキルアップにはチャレンジと成功体験が必要

Web担当者に必要な勉強法を解説してきましたが、もっとも重要なことは「勉強したことを積極的に活用して成功体験を得ること」です。

成功体験だけでなく、失敗体験でも良いです。とにかく、チャレンジして効果が出るかどうかを見ていく。その中で確度の高い施策を蓄積していくことができます。

知識を積み重ねることではなく、実体験としての成功体験を得ることを心がけてインプットに励みましょう。

独学に自信がない方はスクールやコーチングの活用がおすすめです。特にコーチングは自分のレベル感に最適な勉強法やキャリアアップのサポートを得られます。

Webマーケターとして自分を成長させていきたい方はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【厳選】転職支援が評判のWebマーケティングスクール 未経験の社会人でもマーケター就職や副業が可能

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
この記事ではWebマーケターへの転職を実現したい方に向けて、最短でスキル獲得ができて転職支援に定評のあるWebマーケティングスクールを比較して紹介します。中には転職成功率が98%のスクールも。Webマーケティングスクールが、未経験からWebマーケターになるための最適な方法である理由についても解説します。

【厳選】SNS運用代行を学べるスクールおすすめ3選 インスタで稼ぐノウハウと副業の始め方を学べる

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

LIFE WORK CAFEでは、企業サイトや個人ブログのWebマーケティング支援も承っております。詳しくはWebマーケティング支援サービスをご覧ください。

 

【パートナーメディア】

バーチャルオフィス1|費用を抑えて独立・企業が可能

リアルなオフィスがなくても、法人登記のための住所や郵便物の転送など、ビジネスを運営していくのに必要な機能が利用できるバーチャルオフィスです。

 

【Web担当者のスキルアップ 関連記事】

【8選】マーケティングスキルを独学できる勉強方法 未経験からマーケターになるには何からすべき?

【重要】社会人がマーケティングを勉強すべき5つの理由|キャリアアップ以外のメリットと必要性を解説

【いくら?】Webマーケティング会社の平均年収は低い? 年収1000万円を稼ぐWebマーケターになる方法

【後悔】Webマーケティング職は未経験には厳しい?難しい理由と初心者でも転職を成功させる方法

【勉強法】Web広告運用のスキルアップ方法とおすすめの本を紹介 未経験からでも独学で学べる!

【自分で出来る】SEO対策の基本と勉強方法をわかりやすく解説 キーワードの検索順位を上げるために必要なことは?

【特徴解説】Webマーケターに向いている人の10の特徴と向いていない人の5つの特徴|適性がない人はやめとけ?