キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

Webマーケティング業界は厳しい?未経験から転職する人が後悔する3つの理由

未経験でWebマーケティングの仕事に就くのは厳しい? 初心者でも難しいマーケター転職を実現する方法

人気の職種の1つであるWebマーケティング。ただでさえ競争率の高い仕事ですが、未経験の人がWebマーケティングの職種に就くのは難しいのでしょうか?

 

 

この記事ではこうした疑問にお答えします。

Webマーケティングは実績なしで転職することが難しい職種ですが、未経験の状態からでも実績を作って転職した人は大勢います。

記事で紹介する方法を参考にしてWebマーケターへの転職を実現してください。

 

>>【転職できる】Webマーケティングスクールおすすめ6選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

【未経験からWebマーケターへ転職すると後悔する理由は?どの仕事が厳しい?】

【Webマーケターってどんな仕事? 何が難しい?】

まずはWebマーケターの仕事内容をざっくりとお伝えし、その上でどういった部分が未経験者に難しいのかを解説します。

 

・Webマーケターの仕事内容

より多くのお客さんをホームページに集め、より多くの商品やサービスを買ってもらう。それがWebマーケターの仕事の目的です。

企業を相手にするマーケティング会社であればクライアントのホームページへの集客・販売強化を、事業会社のWebマーケティング担当者であれば自社サイトへの集客・販売強化をすることになります。

具体的には以下のような仕事内容になります。

  • クライアント営業&獲得
  • 達成したいゴールの設定
  • 最適な施策の選定(Web広告出稿やオウンドメディアのSEOなど)
  • サイト分析
  • 改善施策立案
  • プレゼン
  • 改善施策実行
  • 効果検証
  • レポート作成

こうした仕事を通して、クライアントの実現したい目的を叶えます。

Webマーケティングと聞くと広告運用やサイト改善施策をイメージする方も多いと思いますが、まずは営業から入ることもあることは覚えておきましょう。

 

・未経験からWebマーケターへ転職した人が後悔する3つの理由

未経験からWebマーケターへなることは可能です。未経験可の求人もありますし、マーケティング部署への異動希望を出すという方法もあります。

しかし、Webマーケターになった後が大変なのです。

未経験からWebマーケターになった人が感じる難しさには以下のようなものがあります。

  1. 専門用語がわからず会話についていけない
  2. 知識も知見もないため結果を出せない(残業も増える)
  3. 就業時間以外にも勉強が欠かせない

Webマーケティング業界では、とにかく多くの横文字やアルファベットの略称が使われます。そのため、そうしたワードを知っていないとまったく会話について行けません。

また、とにかく数字で結果が求められる業界です。未経験者や初心者には結果を出せるほどの知識や知見がないですよね。

仕事ができるできないの評価が数字で明確に現れるので、常にプレッシャーとストレスとの戦いになります。

そうした知識やスキルを磨くには、就業時間での勉強も欠かせません。結果的に残業も多くなり、マーケターへ転職したことを後悔する人も多いのです。

 

・それでもWebマーケターへの転職が人気な理由

未経験でのWebマーケター転職にはこうした難しさがあります。

しかし、それでもWebマーケターという仕事は魅力的なもの。私が感じたWebマーケティングの良さは以下のようなところにあります。

  • 考えた施策が当たって成果が出るのが嬉しい
  • 奥が深く、成長を実感し続けられる
  • 会社やクライアントの目標達成に貢献できる
  • 将来性がある
  • 年収アップしやすい
  • 時間や場所に縛られずに働ける
  • 副業や独立がしやすい

もちろん最初は苦労しますが、知識や知見が増えると結果も出しやすくなります。

自分の考えた施策が当たって成果が出るのは本当に嬉しい瞬間。アドレナリンが出まくります。

その経験をしてしまうと、Webマーケティングという仕事の虜になってしまうでしょう。

Webマーケティングの成果を上げるには、適切な広告運用方法や最新のSEO施策、行動心理学やセールスライティングなど様々な要素が必要であり、勉強に終わりがありません。

そうした勉強も最初は大変に感じますが、成果が上がる喜びを想像すると自然と頑張れてしまうのです。そうしているうちにどんどんスキルは磨かれ、市場価値もアップ。

こんなに魅力的な仕事は他にないのではないかと思います。未経験の人には厳しいと言われる業界ですが、挑戦する価値は十分にあります。

 

【なぜ?】社会人がマーケティングの勉強をすべき5つの理由|学ぶ必要性とメリットを解説

【なぜ?】マーケティングを学ぶメリット5選 社会人が勉強すべき理由を解説
マーケティングを勉強することであなたの価値は今よりさらに上がります。

 

【Webマーケターに転職したいけど未経験には厳しい?難しい理由は?】

【Webマーケターに転職したいけど未経験からは厳しい?難しい理由は?】

Webマーケターになるには、2つの方法があります。

  1. Webマーケティング会社に入ってクライアントのサイトを強化する
  2. 一般企業のWebマーケティングを担当する部署に入って自社サイトを強化する

Webマーケターと聞くとWebマーケティング会社に転職することをイメージされる方も多いと思いますが、実は一般企業(事業会社)のマーケティング部署で働くことも1つの方法です。

そのため、WebマーケターになるにはWebマーケティング会社に絞って求人を探すのではなく、「Webマーケティングの担当者を探している一般企業」も候補に入れてみるのがおすすめです。

とは言え、そもそも未経験からWebマーケターへ転職するのは難しいと言われます。

その理由はなぜでしょうか?

前提として、Webマーケティングはそもそも人気の職種の1つです。そもそもの競争率が他の業界よりも高いことは知っておきましょう。

その上で、20代と30代それぞれの厳しさと転職できる可能性についてお伝えします。

 

・20代未経験でのWebマーケティング転職は難しい?

20代であればマーケティング未経験の方でも転職できる可能性は十分にあります。理由は以下の3つです。

・20代はポテンシャルで採用されるから
・仕事にコミットできるから
・若者(Z世代)はあらゆるマーケティングの要だから

20代はまだ伸び代が大きく、現時点で未経験の状態であっても教育次第で大きく伸びる可能性があります。そういったポテンシャルで採用される例も多いので、未経験であることを足枷に思う必要はありません。

また、独り身であれば仕事へのコミット力もあると感じてもらえます。30代以上で家族も持つと仕事の優先順位は下がります。20代なら仕事も頑張ってくれるだろうという期待を持ってもらいやすく、採用されやすいと言えます。

そして、20代はなんと言ってもマーケティングの要となる世代です。そんな若者の意見を求めている企業は少なくありません。

Webマーケティング職において20代は活躍できる素地が十分あります。もちろん競争が厳しい業界ですが、転職が難しいという特別な理由はありません。

 

・30代以上のWebマーケティング転職が厳しい理由

35歳以上の転職はどこの業界でも厳しくなりますが、Webマーケティング業界においてもそれは同様です。また、未経験であれば尚更転職することは難しいと言えます。

・年上の部下(未経験)には教えにくいから
・新しい情報やノウハウに嫌悪感を持ちやすくなるから
・プライドを持っていて仕事を選びそうだから

今から新しいスキルを覚えていくというのは、歳を重ねるほど難しくなるものです。特にWebマーケティング業界では英語の専門用語や略語も多く、それを聞くだけで苦手意識を持つ人もいるでしょう。

トレンドになりつつある新しい商品やサービスにもどんどん接していかなければなりません。

あなたはTiktokやInstagramを使えていますか? いつまでもFacebookで止まっているような人は、流れの早いWebマーケティング業界は厳しいかもしれません。

また、Webマーケティングという職種自体がこの5年〜10年ほどで出てきた概念であるため、若い会社も多いという特徴があります。そのため経営者の多くが40代以下で、中には20代の社長もいます。

平均年齢も他の企業よりも若い傾向にあり、役員クラスに20代が入っているところも。あなたの上司になる人が年下になることも十分あり得るでしょう。

上司からすると「年上の部下」って教えにくいですよね。教わる側も年長者のプライドが邪魔して素直に教えてもらうことが出来ないかもしれません。

スキルや実績以前にこうした人間関係での問題が懸念されて、採用に至らないケースも多いのです。

 

【未経験でもWebマーケターへの転職を成功できる3つの方法】

【未経験でもWebマーケターに転職できた方法と勉強法】

(参照:デジプロ

実績が求められるWebマーケティング業界への転職ですが、未経験から転職を成功させる人も増えています。

Webマーケティングスクール「デジプロ」の調査によると、Webマーケターの6割は未経験からこの職についています。

Webマーケターへの転職を考えている方は、以下の3つの方法を取ることで転職を成功させることができるでしょう。

  1. 未経験可の求人案件に応募する
  2. Webマーケティングの実績を作って経験者として転職活動する
  3. 転職支援のあるマーケティングスクールで学んでサポートを受ける

それぞれ解説します。

 

1、未経験可の求人案件に応募する

1つ目の方法は「未経験可の求人案件に応募すること」です。

転職サイトにてWebマーケティング職の求人を検索すると、「未経験可」と書かれた求人も存在します。実績などが不要なので、Webマーケティングの経歴がない人でも採用される確率は十分にあるでしょう。

転職サイト大手のdodaで「Webマーケティング 未経験」を条件に検索すると937件がヒット。以下のような求人が確認できました。(2022年5月時点)

広報や求人などWebマーケティングを使った様々なチャレンジができそうな会社です。

未経験でも35歳まで応募可能です。

入社後のOJTでしっかりWebマーケティングの知識を学べそうですね。

Webマーケティング業界は成長産業であり、人材のニーズが高まっています。未経験でも募集がされている企業はありますので、積極的に応募してみましょう。

また、Webマーケティング業界に強い転職エージェントを活用すると、転職に向けたアドバイスをもらえます。

未経験の人でも、転職するために必要なことをアドバイスされて、転職を叶えたという事例もあります。

いきなり企業に応募するのではなく、こうしたエージェントを使っても良いでしょう。

しかし、注意点があります。それは、採用後にWebマーケティング職に就けるかはわからないということ。

Webマーケティング会社に就職したけれど、人事部に配属になったり雑務ばかりを任されたりするケースもあるようです。

面接等で採用後の仕事内容を確認するようにしましょう。

 

2、Webマーケティングの実績を作って経験者として転職活動する

2つ目の方法は「今からマーケティングの実績を作って転職する」という方法です。未経験者の採用が厳しいのであれば、経験者になってしまおうということです。

Webマーケティングの実績を作るには以下の3つの方法があります。

  • 今の職場でマーケティングに関する仕事をさせてもらう
  • ブログやSNSを立ち上げて自分で運営する
  • Webマーケティング関係の資格を取得する

今の仕事でマーケティング系の部署があれば、そこへの移動を申し出ることが1つの方法でしょう。そうした部署がない場合には、上司や役員に対して「マーケティング担当」を志願してみてください。

もし、社内で経験を積むことが不可能な場合は、自分でブログやSNSなどのWebメディアを運営するという方法もあります。

未経験からWebマーケターへ転職した方の中には、自分のブログを伸ばしたことを実績に転職活動に臨んだ方も多いのです。そして、ブログなどの実績が評価されて転職を成功しています。

個人のブログやSNSの運用も立派なWebマーケティング。思考方法や施策の内容は個人メディアも企業メディアも変わりませんし、戦う場所も同じです。

個人メディアで成果を出せるということは、Webマーケティングのスキルがあるということなのです。

とは言え、メディアを作れば誰でもすぐに成果が出るわけではありません。個人メディアで成功して転職するためには、早くても2年〜3年はかかるでしょう。

未経験から実績が出るまで時間がかかるのは間違いありません。では、なるべく早く一定の評価を得て転職したい方もいますよね。

そんな方は「Webマーケティング系の資格を取る」という方法があります。履歴書にマーケティングの資格を明記できれば、一定の評価を得られるでしょう。

Webマーケティングの資格でおすすめなのは以下の3つです。

・マーケティング・ビジネス実務検定(国際実務マーケティング協会主催)
・マーケティング検定(内閣府認定)
・IMA検定(Internet Marketing Analyst)

こうした資格を取得することでも、転職活動でアピールできる1つの材料になるでしょう。詳しい内容については以下の記事も参考にしてみてください。

 

>>【4選】転職に有利なマーケティングの資格はどれ? 未経験から最短でマーケターになれる勉強法

 

これら3つが、今からWebマーケティングの経験者になる主な方法です。しかし、実績とは「良い成果」のこと。

Webマーケティングに携わったことがあっても結果が出なかったのでは評価されません。

すでにブログやSNSを運営していてある程度の結果を出している方には良い方法ですが、まったくの未経験の方が今から始めるとなるとおすすめの方法ではありません。

 

3、転職支援のあるマーケティングスクールで学んでサポートを受ける

経験者になって転職する方法として3つのものを紹介しましたが、実はもう一つ未経験でも実績を作る方法があります。

それがWebマーケティングスクールを受講すること。

Webマーケティングスクールのカリキュラムには実務ワークがあります。実務ワークをこなすことでWebマーケティングの経験を積むことが可能。つまり、経験者になれるということです。

Webマーケティングスクールでは、以下のようなカリキュラムが用意されています。

  • マーケティングの基礎知識
  • マーケティングツールの活用法
  • Web広告出稿の方法
  • マーケティング施策の思考法
  • サンプル事例に対して施策立案
  • 実際の企業に対してマーケティング施策の企画立案

未経験から基礎を学び、約3ヶ月ほどで実践的な力まで養うことができます。

また、マーケティングスクールの中には転職サポートや転職保証のついたスクールもあります。受講生の多くが未経験からのマーケター転職に成功しています。

Webマーケティングスクールを受講すると費用がかかりますが、「インターネットアカデミー」のような経済産業省認定のスクールの場合、専門実践教育訓練給付金として受講料の最大70%が支給されます。

支給には条件がありますが、こうした制度を利用するとお得に入会できます。

今から最短でWebマーケターになるには、スクールを受講するのが最適な方法です。

以下の記事ではおすすめのWebマーケティングスクールを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【転職できる】Webマーケティングスクールおすすめ7選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

【未経験から出来るWebマーケティング勉強法】

【未経験から出来るWebマーケティング勉強法】

未経験でもWebマーケティングの仕事に就くことは不可能ではありません。しかし、基本的な知識は勉強しておくことに越したことはないでしょう。

では、Webマーケティングの基礎はどのように勉強するのが良いでしょうか?

独学と個人で実践できる方法をお伝えします。

 

>>【8選】独学でのマーケティング勉強は何からすべき?未経験からマーケターになるための学習法

 

・Webマーケティングの基礎を独学できるおすすめの本

独学に最適なのは本での学習です。マーケティングに関しては非常に多くの本が出ていますので、おすすめの本を5冊ご紹介します。

・ドラッカーが教える実践マーケティング戦略
【目次】
イントロダクション ドラッカーとマーケティング
第1章 マーケティング発想
第2章 競争戦略の策定
第3章 環境分析(マクロ&ミクロ)
第4章 ターゲットの決定(STP分析)
第5章 マーケティング・ミックスの決定
第6章 マーケティングの実行

マーケティングの基礎を網羅的に学ぶのに適した一冊です。

・USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
【目次】
プロローグ USJがTDLを超えた日
第1章 USJの成功の秘密はマーケティングにあり
第2章 日本のほとんどの企業はマーケティングができていない
第3章 マーケティングの本質とは何か?
第4章 「戦略」を学ぼう
第5章 マーケティング・フレームワークを学ぼう
第6章 マーケティングが日本を救う!
第7章 私はどうやってマーケターになったのか?
第8章 マーケターに向いている人、いない人
第9章 キャリアはどうやって作るのか?
エピローグ 未来のマーケターの皆さんへ

日本一のマーケターと言われる森岡毅さんの著書。マーケティングの面白さを知るのにおすすめの一冊です。

・沈黙のWebマーケティング
目次
01 夜明けのSEOペナルティ解除
02 偽りと本質のWebデザイン
03 Webライティングは二度輝く
04 逆襲のSWOT分析
05 コンテンツSEOの誘惑
06 コンテンツマーケティング攻防戦
07 真実のソーシャルメディア運用
08 G戦場のレンタルサーバー
09 さらばボーン!沈黙の彼方に!
炎の中の真実―EPILOGUE

Webマーケティングの基本をストーリーマンガ形式で学べる一冊。Webマーケターのほとんどが一度は読んだことがあるでしょう。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義
【目次】
・Webマーケティングとは?
・Webマーケティング調査の技術と市場を知るツール
・Webマーケティング調査のツールを習得する!
・ビッグデータを活用したWebマーケティング
・インターネット広告とWebマーケティングを理解する
・ホームページを中心にしたWebマーケティング
・価値観を伝える動画マーケティング(YouTube)
・ソーシャルメディア・マーケティング
・ネットを活用してリアルのビジネスを変えるマーケティング
・スマートフォン、タブレットを活用したアプリ・マーケティング
・価値主導の企業のWebマーケティング
・Webブランディングとネット社会の新たな潮流
・ニコニコ動画とWebマーケティング

Webマーケティングはディスプレイ広告やアフィリエイト、SNSなど範囲が広いです。そんなデジタルマーケティング全般を総ざらい出来る一冊。

・WEBマーケティング123の技
【目次】
第0章 集客以前の4つの原則
第1章 最小限の労力で成果を出すSEOの技
第2章 アクセスを加速するコンテンツマーケティングの技
第3章 最速で集客するためのWEB広告の技
第4章 利益倍増のヒントを見つける調査・解析の技
第5章 クチコミを最大化するソーシャルメディアの技
第6章 ツールでラクする効率化の技

優れたWEBマーケターは多くの打ち手を持っています。ツールの使い方だけではなく具体的な方法を学べる一冊です。

まずはこうした本で独学を始めてみると良いでしょう。

 

>>【おすすめ本35選】マーケティングスキルを独学で習得できる!初心者から中級者向けの入門書を紹介

 

・個人で出来るWebマーケティング実践力養成法

本でWebマーケティングの基礎や理論を学んでも、実際に自分でチャレンジしてみないと本当のWebマーケティングスキルは身につきません。

Webマーケティングは実は個人でも始めることができます。メディアを作って、学んだ知識を使いながら伸ばしてみる。そうすることでWebマーケティングのスキルを磨くことができます。

例えば、以下のような目標を持って取り組んでみましょう。

・興味のあるテーマに特化したブログを始めて、月に5万PVを超えるように施策を打ってみる
・TwitterやInstagramを始めて、フォロワー1万人を目指して運営してみる

検索結果で3位以内に来るのも、フォロワーを1万人にするのも非常に難しいことではあります。

未経験から始めてすぐに達成できるものではないでしょう。しかし、勉強をして試行錯誤を重ねる中で確実に成長していきます。

そして、実際にその目標を達成する頃には、あなたはれっきとしたWebマーケターになれているでしょう。個人でやってきたことはWebマーケターとしても使えるスキルになっているのです。

 

・転職までの最短ルートはWebマーケティングスクールで学ぶこと

このように本で独学をしたり、ブログ運営をする中で実践力をつけることはできます。

ですが、最短でWebマーケターへの転職を実現させたいのであれば、Webマーケティングスクールを受講するのがおすすめです。

Webマーケティングスクールを受講するメリットには以下のようなものがあります。

  • Webマーケターに必要な知識を0から体系的に学べるカリキュラムで、何を学べばいいのかが明確
  • グループワークを通して自分で考える経験とそれに対するフィードバックが得られる
  • 転職サポートにより、たった数ヶ月で転職が実現する
  • 副業やフリーランスになる方法など、スキルを使って稼ぐノウハウも学べる
  • コミュニティでWebマーケティングを学ぶ仲間ができる

特に転職サポートが受けられるのは大きなメリットです。また、Webマーケティングスクールには一般的な転職サイトには載っていない求人もあります。

Webマーケターを探している企業にとっては、Webマーケターを目指している人が多く集まる場所に求人を出した方が効率が良いんですよね。

転職サイトよりも多くの求人に出会えるところも1つのメリットと言えるでしょう。

Webマーケティングスクール経由で未経験からの転職を実現した方の体験談は以下の記事でも紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

 

>>【転職できる】Webマーケティングスクールおすすめ7選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】



【Webマーケティングスクールを受講すれば未経験でも転職して活躍できる】

【Webマーケティングスクールを受講すれば未経験でも転職可能】

Webマーケティング業界は今後ますますの成長が期待できます。スキルを身につけておくことで今後数十年は食いっぱぐれない状況を作れるでしょう。

Webマーケティングのスキルは汎用性のあるスキルです。1つの会社に依存せず、さまざまな企業で活かすことができるので、スキルを磨けば磨くほど市場価値の高い人材になれます。

未経験からでも学ぶことができるので、今からスキルを習得しておくことは一つの生存戦略になるでしょう。

本を読んだり、自分でメディアを立ち上げることで独学も可能です。しかし、なるべく早くWebマーケターとしてのキャリアをスタートさせたい方はWebマーケティングスクールを受講することをおすすめします。

知識と実績がつくだけでなく、スクール独自の転職サポートや内定獲得のノウハウを得られます。

Webマーケティングスクールの中には転職希望者の転職実績が98%と、ほぼ100%の人がWebマーケター転職を実現しているところもあります。強力なサポートを受けられるでしょう。

以下の記事では、転職支援のあるWebマーケティングスクールを紹介しています。興味のある方はチェックしてみてください。

 

>>【転職向け】Webマーケティングスクールおすすめ7選|未経験からWebマーケターへ就職する最短ルート

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

LIFE WORK CAFEでは、企業サイトや個人ブログのWebマーケティング支援も承っております。詳しくはWebマーケティング支援サービスをご覧ください。

 

【Webマーケティング 関連記事】

【4選】転職に有利なマーケティングの資格はどれ? 未経験から最短でマーケターになれる勉強法

【8選】独学でのマーケティング勉強は何からすべき?未経験からマーケターになるための学習法

【転職できる】Webマーケティングスクールおすすめ6選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

Webマーケティングとは? Webマーケターの仕事内容や手法を紹介【 Webマーケターになりたい人必見】

【必要?】社会人がマーケティングを勉強する意味はある? 5つの役立つメリットを解説

【誤解】Webマーケティング会社の平均年収は低い? 年収1000万円を超える転職方法

Web担当者になった人におすすめの勉強法7選|Webマーケターとしてスキルアップ出来る本・サイト・資格を紹介

【始め方】Webマーケティングの副業って何がある?副業したいWebマーケターにおすすめの方法を解説

【特徴解説】Webマーケターに向いている人の10の特徴と向いていない人の5つの特徴|適性がない人はやめとけ?