【Webライティング】初心者でも案件を獲得する2つのコツ|月10万円までのステップ

【Webライティングの始め方】初心者でも出来る案件の見つけ方と勉強法を解説副業
スポンサーリンク

 

Webライティングならプログラミングのようなスキルを持っていない自分でも副業で稼げそうだ。けど、全くの未経験から仕事をするにはどうしたらいいんだろう?

 

スキルがなくても始めやすいとして話題のWebライティングですが、本当に何の経験もない自分でも出来るのか疑問ですよね。

私も単なる小売業のサラリーマンで、記事を書いた経験など全くない状態からのスタートでした。しかし、Webライティングを始めた翌月には1記事5000円の継続案件を受注でき、毎月5万円以上稼ぐことができました。

この記事では、副業でWebライティングをやってみたい方に向けて、初心者からWebライティングの案件を獲得する方法と勉強のやり方をお伝えします。

 

この記事を読み終わる頃には、実際に今自分が何をすべきかがはっきりわかります。

 

また、Webライティングの仕事内容や勉強方法もお伝えしますので、未経験でもWebライティングで稼ぐにはどうしたら良いのかといった全体像が理解できるはずです。

本業とは別の新しいスキルを身に付けながら副業で収入を得る。今日から始められる新しい働き方です。

どうぞ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

【Webライティングってどんな仕事?】

【Webライティングってどんな仕事?】

まずはWebライティングというものについて簡単に説明しておきます。

Webライティングとは、「インターネット上にあるウェブサイト内の記事(コンテンツ)を書く仕事」です。

皆さんも普段からネットを使って調べ物をしたり、ニュースを見たりしていますよね。そうした記事(コンテンツ)を書く仕事がWebライターの仕事です。

企業が運営しているWebサイトもあれば、個人が運営しているものもあります。そのため仕事の依頼主は企業だけでなく個人のWebサイト運営者という場合も多いです。

企業がウェブサイトを運営する目的は、自社のサービスや商品の販売やブランディングです。

そのためにサービスや商品を紹介する記事だったり、日常の悩みをもとに自社のサービスに誘導するような記事が必要になります。

 

例えば、不用品回収業者が、畳の捨て方がわからない人に向けて畳の捨て方を解説する記事を書くとします。
.
捨て方や注意点を書く中で、「ごみ収集業者に依頼すれば簡単にすぐ持って行ってくれますよ」と自社のサービスを紹介することで申し込みに繋がるというわけです。

 

一方、個人のウェブサイトは商品やサービスではなく、主にアフィリエイト広告にて収入を得ています。

 

例えば、カメラのレビュー記事を書いて、amazonのリンクを貼っておきます。
.
記事を読んだ人が興味を持ってamazonのリンクをクリックして購入すると、購入金額の数パーセントが紹介手数料としてサイト運営者に入るのです。

 

この広告のような仕組みをアフィリエイトと言います。

アフィリエイトの商材は、旅行や本、クレジットカードや脱毛体験など非常に多岐に渡ります。

一人で様々な記事を書くのは大変ですし時間もかかるので、そうしたアフィリエイト収入に繋がる記事の代行を募集しているサイト運営者も多いということです。

 

サイト運営者の売り上げにつながる記事を書くこと。それがWebライターの仕事になります。

 

【初心者でも副業で稼げる理由|特別なスキルが不要】

では、なぜこうしたWebライティングの仕事は初心者にもできると言われるのでしょうか?

それは、日本人であれば基本的な文章力は備えていますし、記事内容となる情報はすべてネットで検索して得られるからです。

 

想像してみてください。
.
自分の知らないことについても、1時間ほど集中的にネットで検索したら結構詳しくなると思いませんか?
.
ほんの1時間で得た知識でも、意外と立派な記事が書けるのです。

 

しかも、大体の記事は書き方が決まっています。型に沿って必要な情報だけを集めればいいのです。例えば、商品のレビュー記事であれば、

 

  • 商品の概要
  • メリットとデメリット
  • 使用した感想
  • どんな人におすすめか

 

といったことがわかれば記事に出来ます。

インターネットでこうした情報を調べて順番に書いていけばいいのです。いまどきインターネットの検索が上手に出来ないという人は非常に少ないですよね。

文章力なども必要なく、検索して型に沿って書くだけです。そのため、スキルがない人でも余裕で始められるというわけです。

 

【Webライティングという働き方のメリット】

【Webライティングという働き方のメリット】

副業の選択肢には、プログラミングやデザイン、せどりやアルバイトなど実に様々なものがあります。

私もいくつもの副業を経験していますが、Webライティングを副業におすすめ出来る6つの理由を紹介します。

 

・Webライティングは時間を選ばずどこでも出来る

1つ目の理由は、場所も時間も選ばずに仕事ができる点です。パソコンやスマホが1台あればどこでも記事の執筆ができます。

就業前、移動時間、休憩時間、仕事が終わってから寝るまでの時間。時間を見つけていつでも仕事ができるのが特徴です。

よく「インターネットに繋がっている場所でないと仕事ができないのでは?」と思われる方もいますが、基本的な執筆はWordなどを使ってオフラインで出来ます。

納品時だけメールやインターネットのクラウドを通して送る必要がありますが、記事を書くだけならインターネットに繋がっていなくても全く問題ありません。

 

・知識がなくても調べながら出来る

Webライティングの案件はクラウドソーシングのサイトで多数見つけることができます。

文章の書き方についてはそれぞれの企業がライティングマニュアルを用意しているので、それに従って書けば大丈夫です。

 

基本的な文章の書き方についてはマニュアルがあるので心配する必要はありません。

 

普段から文章を書く機会がなく、数千文字も文章を書ける自信がないという方もいるかもしれません。

ライティングの案件は「文字数」でボリュームが表されます。ボリュームの少ないものだと数百字、ボリュームが大きく単価も高いものだと3000〜5000字程度のものまであります。

ですが、見出し設定のコツを掴めば長文でも簡単に書けるようになります。

テーマについても、自分が詳しいテーマでないと書けないわけではありません。

もちろん、好きなテーマや自分が体験したことがあるテーマにについての記事なら比較的簡単に書くことができると思います。

しかし、それほど詳しくないテーマについてもインターネットを使えば調べながら書くことができます。

これまでにも、プライベートで興味を持ったことはネットで調べたり本を読んだりして詳しくなってきましたよね。

それと同じ方法で案件のテーマについても調べればOKです。キーワードで検索して上位10記事を読めば基本的なことはわかります。

その情報を元に自分の体験談や言葉を交えればオリジナルの記事に仕上げることができます。

 

このようなことから、Webライティングはスキルや知識のない方でも始めやすい副業と言えます。

 

・需要が大きい

Webライティングの案件は年々増えています。案件が多いということは需要があるということで、仕事を見つけやすいということになります。

Webライティングの需要が大きくなっている理由は2つあります。

 

  • インターネット集客の重要性が増している
  • 企業のホームページが上位表示されるためにはSEO施策が重要

 

Webライティングは商品やサービスを売るための記事を書くことだと最初にお伝えしました。

サービスや商品を探すとき、必ずと言っていいほどネットで検索をしますよね。以前は雑誌やテレビが情報源だったところが、ここ10年ほどで完全にネットに置き換えられました。

そのため、どの企業もインターネット上での販売戦略が非常に重要になっているのです。

しかし、ただホームページを作っただけでは大勢の人に見てもらうことはできません。

インターネット上には何億ものページが存在しており、その中でも1ページ目に出てくるサイトでないとほとんど見てもらえないのが現状です。

1ページ目の上位に表示させるためには「SEO」という検索エンジン最適化の施策が必要になります。

検索エンジンの細かいシステムは年々変化していますが、ページを上位に表示させるためには「検索ユーザーに対して有益なコンテンツ」であることが必須です。

そのため、各企業は自社ホームページ内に有益な記事を大量に用意することで上位表示させ、集客を図ります。

簡単に言うと、売り上げを上げるためにはたくさんの記事が必要なのでWebライターに依頼すると言う形です。

そうした企業が増えているので、Webライティングの案件数も増えているということです。

 

Webライティングは誰でもできる分倍率は高くなりがちですが、それ以上に需要も拡大しているので仕事は見つけやすいと言えます。

 

・未経験から副業で月数万円稼ぐなら1番稼ぎやすい

ネット副業で月に数万円を安定して稼ぐにはライティングが最適です。

副業で人気のあるホームページ制作であれば、一度ホームページを作ってしまえば契約は終了です。毎月新しい案件に応募し続けなくてはいけません。

ですが、Webライティングの継続案件に採用されれば、しばらくの期間は安定して仕事の案件と収入が得られます。

副業で継続して月数万円の収入を得たいと思ったら、Webライティングは稼ぎやすさナンバーワンでしょう。

 

・基本はパソコンだけど、記事を書くことはスマホでもできる

Webライティングの仕事はスマホでも可能です

確かに納品時はパソコンを使ってファイルをアップロードする必要がありますが、それ以外のタスクは全てスマホ一台で進めることができます。

 

  • 発注先との連絡 → メールやSlackなどのメッセージアプリ
  • 記事の情報収集 → スマホのブラウザ
  • 記事を執筆する → スマホのメモアプリ

 

このように1つの仕事をこなすために必要な工程のほとんどがスマホ一台で完結します。

 

スマホ一台あればできるので、休憩時間や通勤時間、家族とテレビを見ている時間といった隙間時間にも副業を進めることができます。

 

・稼ぐ以外のメリットも多い

Webライティングを始める際にスキルは必要ないとお伝えしました。それは、企業側からマニュアルをもらって勉強できるからです。

つまり、お金をもらいながらWebライティングのスキルを磨くことができるのです。

Webライティングのスキルといっても、そこには様々な要素が含まれます。

 

  • 論理的思考力
  • 検索力
  • 企画力
  • Webマーケティング力
  • 物事に詳しくなる

 

Webライティングの仕事をすることで様々なスキルを養うことができます。こうしたスキルや経験はWebライティングの副業でしか活かせないものではありません。

本業でも活用できるものですし、ビジネスパーソンとしての市場価値にも繋がるものです。

単純なアルバイトのように時間の切り売りではなく、しっかりと稼ぐに直結するスキルが身に付く点もWebライティングをおすすめできる1つの理由です。

 

【Webライティングの仕事はカンタン?初めて副業をする方が知っておくべき注意点】

【Webライティングの仕事はカンタン?初めて副業をする方に覚えておいてもらいたい注意点】

Webライティングの仕事は副業初心者でも出来るのでカンタンだと思われがちです。とは言え、副業といっても仕事であることに変わりはありません。

初めて副業をする方に覚えておいてもらいたい注意点を3つお伝えします。

 

・時間を確保する必要がある

月に数万円を稼ぎたいと思っている方も多いと思います。月に5万円を稼ぐとしたら、一例として以下のような感じになります。

 

・文字単価1円で5000文字の記事を10本納品=50000円

 

単純に計算すると、10本納品するためには3日に1本のペースで納品しなくてはいけませんよね。

1本の記事を納品するためには、以下のような工程が発生します。

 

  • 記事のテーマ選定
  • 情報収集
  • 構成
  • 執筆
  • 修正

 

これらを3日以内に終わらせないといけないのです。そう考えると、今の生活スタイルをかなり変容しなくてはなりません。

 

隙間時間で副業出来るとは言え、月に数万円を稼ぐにはしっかりと副業のための時間を作ることが必要になります。

・納期に遅れてはいけない

皆さんにとっては副業でも、依頼者にとっては副業ではありません。

副業と聞くとまだまだイメージ的には本業ほど重要ではない感じがする方も多いと思います。しかし、仕事を依頼された以上、責任を持って取り組む必要があります。

もっとも重要な点は、指定された納期に遅れないことです。納期に遅れれば先方に迷惑をかけることになりますし、低評価を押されることにも繋がります。

 

クラウドワークスなどの副業のプラットフォーム上では、評価がかなり重要な指標になります。
.
適当な仕事をして低評価を押されると、副業プラットフォーム上では仕事が取れなくなるでしょう。

 

社会人として当然のことではありますが、副業でもしっかりと納期を守って仕事を行いましょう。

 

・返信を早くする

納期に遅れないことと同様に、社会人として仕事をする以上は返信の速さも重要になります。

仕事は1人でするものではなく、多くの人間が関わっています。1人の遅れはその他関わる全ての人の時間を奪うことになります。

本業でも副業でも、誰かと仕事をする以上はその意識を持って取り組みましょう。

 

スポンサーリンク

【求人はどこで探せる?Webライティングの案件を見つける方法】

【求人はどこで探せる?Webライティングの案件を見つける方法】

Webライティングの案件は、主にクラウドソーシングサービス上で募集されています。

クラウドソーシングとはインターネット上で仕事を外注したい人と仕事を受けたい人をマッチングするサービスのことです。

Webサイトに掲載する記事はネット上で納品が出来ますので、クラウドソーシングとの相性が良いのです。

 

つまり、Webライティングを始める方法としては、クラウドソーシングサービスに登録して案件を探すということがスタートになります。

 

実績やスキルがある人の中には、クラウドソーシングを使わずに自ら営業をして仕事を獲得する人もいます。

しかし、初心者からいきなりその稼ぎ方は不可能ですので、まずはクラウドソーシングサービスを使って仕事をしてみましょう。

では、Webライティングの案件が見つかるクラウドソーシングサイトにはどのようなものがあるのでしょうか?

Webライティング案件が募集されているサービスで有名なのは以下の4つです。

 

 

各サービスごとに取り扱っている案件は異なります。

Webライティングを始めたいと思っているのであれば、全てのサービスに登録して案件を探すのが良いでしょう。もちろん登録は全て無料で出来ます。

各サイトには様々な案件があります。まずはどのような案件があるか眺めてみて、テーマの種類や文字単価の相場を掴んでみてください。

 

各サービスの特徴や選び方は以下の記事でも解説しています。詳しく知りたい方は参考にしてください。

ウェブライティングはどのサイトが稼げる?おすすめ案件の探し方
「副業でライティングをしてみたいけど、どのサイトで探せばいいんだろう?」この記事では、ライティングで稼ぐために必要な「おすすめのサイトと案件の探し方」」をお伝えします。ライティングはプログラミングなどのスキルが必要な副業と違い、誰でも始められますし、月に数万円といったまとまった収入を得られます。ぜひ皆さんも始めてみてください。

 

 

【副業でWebライティングをやってわかった仕事の流れ】

【副業でWebライティングをやってわかった仕事の流れ】

Webライティングはまずクラウドソーシングで仕事を探すところからスタートします。とは言え、実際にどんな感じで仕事をするのかイメージがつかない方も多いでしょう。

少しでもイメージがつきやすいように、私が初めて副業でWebライティングをした時の流れを紹介します。

今回は「単発案件」と「継続案件」の2つのパターンで紹介します。

 

・単発案件

単発案件とは、一回きりの記事作成で報酬をいただく働き方になります。

多くのものは1000文字以下と文字数も少ないものが多く、報酬も数百円程度です。しかし、実績を作るためにも初心者にはおすすめの案件です。

まずは簡単な単発案件を探すところから始めてみましょう。単発案件の流れとしては以下の通りです。

 

  1. クラウドソーシングで仕事を探す
  2. 出来そうな案件に応募する
  3. そのまま、サイト上の入力欄でライティングを行う
  4. 納品ボタンをクリックして仕事完了
  5. 報酬が加わり、規定の金額を越えれば振り込まれる

 

・継続案件

継続案件では、1つの依頼主から数本または数ヶ月の間継続して案件をいただきます。

納品するごとに次のテーマを渡されますので、その都度新しい案件を探す手間がかかりません。

 

月に数万円以上稼ぐ人の多くは継続案件で仕事をしています。

 

継続案件の場合は、まずどれくらい書けるか判断するためにテストライティングの機会を設けてある場合が多いです。

テストライティングをクリアすると本契約となり、継続して仕事の依頼をいただけるようになるという流れです。

継続案件の流れとしては以下の通りです。

 

  1. クラウドソーシングで案件を探す
  2. 出来そうな仕事を選ぶ
  3. 自己紹介と実績、スキルなどを入力して応募する
  4. テストライティングの案内が来る
  5. 与えられたテーマや書き方、納品方法でテストライティングを行う
  6. テストライティングで採用されれば、継続案件の案内が送られる
  7. マニュアルに沿ってライティングを行う

 

Webライティングの仕事はこのような感じで進みます。

より詳細な経験談は以下の記事にもしています。興味がある方はこちらもご覧ください。

【副業経験談】webライティング案件の実際の仕事内容を公開
副業についての情報収集をしていると、初心者でも稼ぎやすい方法としてクラウドソーシングサイトでのライティング案件がよく紹介されています。ですが、多くの人にとってはライティングの仕事がどういうものなのかわからないと思います。この記事ではそんなクラウドワークスでの実際の仕事の流れを解説していきます。是非参考にしてください。

 

【Webライティングの基本|始める前に知っておきたい基礎知識】

【Webライティングの基本|始める前に知っておきたい基礎知識】

Webライティングをする際にはWebライティングのスタイルに合わせた執筆が重要です。

Webライティングでは、「起承転結」のような学生時代に国語で習った知識は通用しません。Webサイトを見る読者に最適な書き方ではないからです。

ここでは基本のWebライティング術を3つご紹介します。

 

  • テーマについてのリサーチ方法
  • 記事の構成方法
  • 本文の作成時に心掛けること

 

まずは、これらのことを心掛けて執筆してみましょう。

 

・テーマについてのリサーチ方法

依頼者から記事のテーマが言い渡されたら、「さぁ、書こう!」と思う人は多いかもしれません。しかし、いきなり執筆してはいけません。

Web上の記事の多くは「検索」によって見られます。皆さんもネットで検索をして検索結果からページを見ることが多いと思います。

自分の行動を思い出して見ると気づくかもしれませんが、多くの人は1ページ目の上位の記事を見るだけで終わります。下の方の記事や2ページ目以降まで見に行くことはほとんどないですよね。

このように、Web上の記事を書くにあたって重要なのは「検索結果の上位に表示される記事を書くこと」です。

そのためには、検索者のニーズに応える記事を書く必要があります。それがGoogleの検索結果で上位に来るための最低条件だからです。

ということは、いきなり書き始める前に「そのキーワードで検索する人のニーズ」を考える必要がありますよね。

 

例えば、「パソコン 動かない」で検索する人はどのようなニーズを持っているでしょうか?

「パソコンが動かなくて困っているから、解決方法を知りたいんじゃないの?」と考えるかと思います。しかし、それだけでは十分ではありません。

実際にネットで検索して上位10記事を見てみると、

「パソコンが動かない原因が知りたい」
「自分で直すための対処法を知りたい」
「修理業者を探したい」

このように、様々なニーズがあることがわかります。また、

「フリーズした時の対処法」
「電源が入らない時の対処法」

といった感じで、パソコンが動かない状態についてもいくつかのパターンがあることがわかります。

もちろん状況によって対処法も変わりますので、それぞれに適切な内容にしなければなりません。

 

こうした検索者のニーズを考えて、適切な解決方法を示した記事を書く。それが上位表示に必要な記事の書き方になります。

 

上位に表示される記事を書くためには、まずは実際にキーワードで検索をして、どのような検索者のニーズがあるのかをリサーチします。

そして、それらについての詳しい方法を調べていくのです。

 

・記事の構成方法

リサーチ段階で、記事に含ませるべきことがわかって来るはずです。それらを元に記事の見出しを作っていきます。

会社でプレゼン資料を作ったことがある方ならわかるかもしれませんが、資料を作るときにはまず全体の構成を考えますよね。

Webライティングは文章を書くというイメージが強いかもしれませんが、資料作成にも似ています。

 

まずは全体の構成(見出し)を考える。そして、それぞれの見出し内に文章を入れていくという作業イメージです。

 

簡単に流れを解説すると以下のような手順になります。

 

  1. テーマを元に仮タイトルを付ける
  2. 検索者のニーズを元に書くべき内容を見出しにする
  3. 商品やサービスに誘導する導線を用意する
  4. 導入文とまとめを入れる

 

これで記事の構成が完成です。

商品やサービスへの導線については、案件によって不要な場合もあります。

例えば、先ほどの「パソコン 動かない」をキーワードにした場合、パソコンの修理に関するお役立ち情報を掲載したいサイトであれば、特に商品サービスへの誘導は不要です。

しかし、パソコンの修理業者が依頼主である場合は、「修理依頼」が記事を書いている目的になります。

つまり、「パソコンが動かなくて困っている方は、修理業者に依頼することでデータを消さずにその日の内に直せますよ」という訴求をして、パソコン修理のページへ誘導する必要があるのです。

最初に伝えたように、Webライティングの仕事の多くは、依頼主の提供する商品やサービスのページへの導線となる記事を書くことです。

そのため、自分の書いた記事から商品・サービスのページへいかに誘導するかを考えなくてはいけません。

 

・本文作成で心掛けること

記事の構成が出来たら本文を作成していきます。その際、注意すべき点をいくつかまとめました。

 

  • ですます調」で揃える
  • 3つ以上の項目が並ぶ場合は「箇条書き」にする
  • 最初に結論を持ってくる
  • 一文の長さは50文字以内
  • 冗長な表現はカットする
  • こそあど言葉」を少なくする
  • 誤字脱字チェックと推敲をおこなう

 

他にも依頼主から渡される記事作成マニュアルにて細かく指示がされます。それらを参考に、ネット上での読みやすさを心掛けて書いていきましょう。

 

【Webライティングで重要なSEOとセールスライティング】

良い記事を書けると文字単価が上がって稼ぎやすくなります。Webライティングにおける良い記事には2つの条件があります。

 

  • SEO
  • セールスライティング

 

インターネットで商品・サービスを売るためには、「検索上位にくること」と「検索者が購入したくなるスイッチを押すこと」が重要になります。

そのために必要なのが、「SEO」と「セールスライティング」です。

これらを身につけると、Webライターとしてより稼げる人材になります。それぞれ解説します。

 

・SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」のことを言います。要は、検索順位で上位を取るための施策のことです。

書いた記事を上位に表示させるためには、検索ニーズを考えた記事を書かなくてはいけないとお伝えしましたが、それだけではありません。

数億以上存在するWebページの中でGoogleがどのページを上位に表示するか。その基準(アルゴリズム)は数百以上の指標から決められると言います。

 

  • タイトル
  • 見出しの内容
  • ページの網羅性
  • サイトの権威性
  • キーワードの頻出度
  • 被リンク獲得数
  • 画像の有無
  • HTML構造

 

このように表示順位を決める要素は多岐に渡ります。他のサイトの記事よりも上位に表示させるためには、検索エンジン最適化(SEO)が重要になるのです。

こうしたそれぞれの要素に対して最適な状態に調整できるスキルがSEOスキルです。

 

・セールスライティング

検索順位で1位に表示させることで多くの人に見てもらうことが出来ます。

しかし、どんなに多くの人に見てもらっても、「この商品(サービス)が必要だ!」と読者に思ってもらわなくては購入に繋がりません。

どんなに集客できても売上につながらなければ意味がありませんよね。

 

「自分にはこの商品が必要だ!」そう思わせるためには商品(サービス)の力も重要ですが、それ以上に大事なのが人を動かす言葉の力です。

 

家電量販店でビデオカメラを見ても別に欲しいと思わないのに、ジャパネットたかたの高田社長がテレビで喋っていると欲しくなってくる人は少なくないはずです。

「お子さんの幼稚園最後の運動会は一回きりです。もう二度とその姿を見ることはできません。そんな瞬間をキレイな映像で残せたら一生の宝物になりますよね。」

こんな風に言われたら、今まで欲しいと思わなかったものが欲しいと思ってしまう。これがセールスライティングの力です。

 

売るために、人の心を動かす文章術。これを身に付けたら、どんな商品でも好きなように売ることが出来そうですよね。

 

SEOスキルとセールスライティングスキル。これらはWebライティング業界で重宝されるスキルです。文字単価を上げて月に10万円以上稼ぐためには必須のスキルとも言えます。

最初はクラウドソーシングでマニュアルを見ながら記事を作成していきますが、ゆくゆくはSEOとセールスライティングを学びながら記事に反映させていきましょう。

 

スポンサーリンク

【Webライティングの勉強方法|無料で受けられる試験もあります】

【Webライティングの勉強方法|無料で受けられる試験もあります】

「Webライティングを副業にして稼ぎたいけれど、記事を書くなんて全くの素人でやったことがないから勉強をしたい」。

いきなり仕事に応募する自信がない人もいますよね。私も初めての案件に応募する前は色々と調べました。

Webライティングは初心者でもしやすい仕事ではありますが、全く知識もないとどのように書いたら良いかわかりません。

スキルがないと出来ないわけではありませんが、多少の勉強は必要です。

Webライティングを勉強する方法は4つあります。

 

  • 本やネットで知識をつける
  • 講座を受ける
  • 資格の勉強をする
  • 無料ブログを使って練習

 

それぞれ説明します。

 

・本やネットで知識をつける

Webライティングの勉強でもっとも一般的なものが本での勉強です。

また、この記事のようにネット上にもWebライティングについて書かれた記事はたくさんありますので、ネットを使っても勉強が出来ます。

しかし、ネット上の記事は本ほど体系的に整理された情報ではありません。

Webライティングについて全体的な知識をつけるなら、本で勉強する方がおすすめできます。

私もWebライティングについては20冊以上の本を読みました。その中で初心者におすすめ出来る本を3冊紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。

 

【書く技術・伝える技術】

 


【10年使えるSEOの基本】

 

【沈黙のWebライティング】

・講座を受ける

Webライティングに特化した講座を受けることでもスキルを磨くことができます。講座を受けるメリットは実際にプロに添削してもらえるところです。

 

教わって、書いてみる。その上でプロからフィードバックをもらえるので、正しいWebライティングのスキルが身につきやすいと言えます。

 

また、受講後は講師から直接Webライティングの案件をもらえることもあります。プロの講師の下で実績が積めるというのもメリットでしょう。

Webライティングを学べる講座としては以下のようなものがあります。

 

 

オンラインで受けられるので、ネット環境があれば在宅でも受講できますよ。

 

・資格の勉強をする

Webライティングをするのに特別な資格は必要ありませんが、Webライティング用の資格も用意されています。

 

資格を取得すればスキルの明確な証明にもなりますので、最近は資格を取る方も増えています。

 

Webライティングの資格には、以下の3つがあります。

 

それぞれ実施団体が異なります。

クラウドワークスが運営するWebライター検定3級については、クラウドワークスのサイト上で誰でも無料で受講することができます。

まずは、腕試しに受けてみるのも良いでしょう。

 

・無料ブログを使って練習

ここまではいわゆる座学がメインです。

テキストやマニュアルを使うことで勉強できますが、結局のところ自分で書いてみないとスキルとしては身につきません。

Webライティングの練習として使えるのが無料ブログです。

無料で誰でも始めることが出来るブログで、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」が有名なところです。

無料ブログを使って練習し、Web上のサイトと比べて自分の記事が読みやすいかどうか見比べてみてください。

やり方としては、以下のような感じがおすすめです。

 

  1. クラウドソーシングサイトの案件をテーマにする
  2. リサーチや自分の主張をもとに構成を作る
  3. 実際に本文を書いてみる
  4. キーワードで実際に上がっている記事を見比べる
  5. 構成や文体などで訂正すべき点をチェックして修正する

 

Web上の上位に表示されている記事は、検索ニーズや構成、読みやすさなどのいくつものポイントで優れている記事であることが多いです。

そうした記事と自分の書いた記事を読み比べて、どのような違いがあるかを感上げるのは非常に有意義な勉強になります。

 

【副業初心者でもクラウドワークスで案件を獲得するコツ】

【副業初心者でもクラウドワークスで案件を獲得するコツ】

実際に副業で稼ぐとなると、クラウドソーシングサイトで案件に応募し、採用されなくてはいけません。

 

Webライティングは初心者でも始められる分、競合も多いです。特に最近は副業ブームでたくさんの人がクラウドソーシングを使って副業を始めているので、競争はより激しくなっています。

 

私もWebライティングを始めたばかりの頃は、一日かけて様々な案件に応募するも、一つも採用されないなんてこともありました。

そこから、どうすれば採用してもらえるのかを考え、試行錯誤してきました。

その経験を踏まえて、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで案件を獲得するコツを2つお伝えします。

 

  • 提案方法
  • 実績

 

始めたてで実績のない方が採用されるには、しっかりと自分をアピールする必要があります。

ぜひ参考にしてください。

 

・提案方法

Webライティング案件に応募する際、まずは自己紹介をする必要があります。

「この人にお願いしたい」と思われる自己紹介にするためは、以下のポイントを押さえることが重要です。

 

  • 素早い返信をすること
  • 納期を守ること
  • 正確な文章を書くこと
  • 案件のテーマについて自分なりの経験があり、有益な記事が書けること
  • 検索上位に表示されるSEOを意識した文章を書くこと
  • 依頼主の達成したい目標に向けて役立つ記事に出来ること

 

前半3つは基本的な定型文になりますので、後ろ3つが特に重要です。依頼主のためになる記事を書けることをしっかりとPRしましょう。

 

・実績

クラウドソーシングにおいては実績も重要です。始めたての頃は実績がありませんので、まずは簡単な仕事をいくつか受注して実績を5つ以上作りましょう。

クラウドワークスを使う場合は、「カンタン作業」で仕事を探し、「固定報酬制」で絞り込みます。

 

もっと簡単にできる仕事として「タスク」もありますが、こちらは実績としてカウントされませんのでやっても意味がありません。「固定報酬制」の仕事の中から簡単なものを選ぶようにしましょう。

 

カンタン作業の場合、報酬が低いものも多いです。しかし、最初は報酬を気にせず、Webライティングの案件で稼ぐための実績作りの時間と位置付けてやっていきましょう。

実績はクラウドソーシング上での実績の他に、

 

  • ブログ運営経験
  • Webマーケティングの実務経験
  • Webライティング系の保有資格

 

これらでも表現できます。

クラウドワークスでは無料でWeb上で受けられる「Webライター検定3級」というものがあります。実績づくりのために受けてみるのも手でしょう。

 

クラウドソーシングのライティング案件で仕事が取れない方へ【副業経験談】
副業でライティングをしたいけれど、全然採用されずに困っている方は多いのではないでしょうか?この記事では、クラウドソーーシングで仕事を探す側と依頼する側の両方をこなした経験から、採用されやすくなる方法をお伝えします。記事の後半では、自分のスキルに自信がない方に向けて勉強方法もお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

 

【Webライティングを副業にして月10万以上稼ぐためのステップ】

【Webライティングを副業にして月10万以上稼ぐためのステップ】

ここまででWebライティング初心者が勉強する方法から、実際に仕事の案件を行う流れまでをお伝えしてきました。

このような流れで進めば、未経験の方でも確実にWebライティングを副業にして新たな収入を得ることができるはずです。

 

しかし、月10万円以上を継続的に稼げるWebライターになるには、もう一工夫が必要になります。

 

では、初心者からWebライティングで稼げるようになるためにはどうしたら良いのでしょうか? そのステップは以下のような感じです。

 

  1. クラウドソーシングのカンタンな案件で実績作り
  2. 文字単価1円以上、文字数2000字以上の継続案件に採用してもらう
  3. 実績を増やしながらWebライティングの勉強も行う
  4. 勉強した知識を元にして、依頼主に改善提案を行う
  5. 依頼主に文字単価アップ交渉を行う
  6. 実績を元にさらなる高単価案件に応募する
  7. クラウドソーシングを利用せずに記事作成の営業を行う

 

ゴールとしては、フリーランスのWebライターとして個別で仕事の依頼をもらえるようになることです。

フリーランスのWebライターになれば、文字単価は自分で設定することができます。また、クラウドソーシングサイトに手数料を抜かれることもなくなります。

プラットフォームは仕事探しには便利ですが、より稼ぎやすいスタイルを構築できるのはフリーランスでしょう。

 

ポイントとしては、言われた記事を書くのではなく発注者の利益となる記事を書くこと。そのための提案ができることです。

 

イメージとしては、Webライターではなくディレクターやマーケターのような感じです。

Webサイトから商品やサービスが売れるように改善提案をして、実際に売上がアップしたらどうでしょうか? 評価も報酬も上がりますよね。

Webライティングはクラウドソーシングで仕事を探すものだと思っている人も大勢いますが、実はクラウドソーシングでライターを募集している人以外にも潜在的な顧客は多いのです。

最近は企業の営業活動もインターネット集客に移行してきているのが一因です。

 

例えば1つの美容院が集客をしようと思ったら、少し前まではチラシや雑誌に載ることが一般的でした。

しかし、今は「地域名 美容室」などで検索した時に上位に表示されることが、より重要になっています。

ネット検索で上位に表示させる方法は、Webライティングを勉強してきた人であれば知識もスキルもありますよね。

 

美容室はほんの一例で、今後は様々な業種がインターネットでの上位表示をしたいという悩みを持ち、それを解決してくれる人材を探します。
.
そうした場所に営業をかければ、数万円から数十万円の案件を受注することも可能でしょう。

 

このような話をすると、「それはWebライティングではなくてWebサイト制作になるのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

確かにネットで集客するためには、ホームページがあることが前提にはなります。しかし、今はホームページ1つだけで集客できる時代ではありません。

思い出してください。クラウドソーシングで募集されている案件は何のための記事作成だったでしょうか?

 

商品やサービスのサイトに誘導するために必要なもの。それがWebライティングによって書かれた記事です。

 

ホームページを作れる必要はなく、ホームページに誘導するための記事を書ければ良いのです。それならWebライターでも出来そうですよね。

企業はWebライターを使って、商品やサービスに誘導するための記事(コンテンツ)を作っています。これらをコンテンツマーケティングと呼びます。

コンテンツマーケティングについても、Webライティングを学んでいく中でスキルが磨かれます。

Webライティングで稼ぐ方法はクラウドソーシングで案件を探すだけではありません。Web検索で上位表示ができるWebライターの需要は様々な業界で高まっているのです。

 

まずはクラウドソーシングで稼げるようになる。そこから勉強をしながら実績を重ねて改善提案ができるようになる。そして、プラットフォームを利用せずに稼げるようになる。

 

今後Webライティングでがっつり稼ぎたいと考えている方は、ぜひ初めのうちからこうしたステップを意識して取り組んでみてください。

 

【Webライティング初心者が今日から始める第一歩はこれ!】

以上が、Webライティング初心者に向けた案件の見つけ方と勉強の方法でした。始め方と稼ぐまでのステップを理解していただけたでしょうか。

Webライティングは今後さらに求められるスキルになります。

SEOやセールスライティングのスキルがある人材は、人がネットでモノを買う時代にもっとも企業に求められる人材だからです。

 

稼ぐに直結するスキルを磨くなら、Webライティングは最適な選択肢の一つです。

 

早速これから一歩を踏み出そうと思われた方がやること。それは2つです。

 

  1. クラウドソーシングサイトに登録をして案件を探すこと
  2. Webライティングが学べる本で勉強すること

 

始めるにあたってリスクは1つもありません。

数ヶ月後、新しいスキルを獲得して収入を増やしている自分をイメージして、ぜひ今日から始めてみてください。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【Webライティングを始めたい人が登録すべきサイトと読むべき本】

 

【Webライティングの案件が探せるクラウドソーシングサイト】

 

【Webライティングが学べる本】

「書く技術・伝える技術」

 


「10年使えるSEOの基本」

 

「沈黙のWebライティング」

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
副業
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました