この記事にはPRが含まれます。

【徹底解説】Webマーケティングのスキルアップに必要なスキルセットと勉強法

【身につけ方】Webマーケターに必要なスキルセットとWebマーケティングの勉強法を具体的に解説

これからの時代はWebマーケティングが来るらしい。マーケティングってなんか知的でかっこいいイメージもあるし、自分も勉強してみようかな。

この記事ではWebマーケティングの基礎知識について解説します。

こうしたことがわかる内容になっています。

Webマーケティングに必要なスキルは多岐にわたります。実際の仕事内容をイメージしながら、必要なスキルを身につけましょう。

 

>> 未経験からWebマーケターに!転職支援つきのおすすめWebマーケティングスクール【最新版】

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
この記事ではWebマーケターへの転職を実現したい方に向けて、最短でスキル獲得ができて転職支援に定評のあるWebマーケティングスクールを比較して紹介します。中には転職成功率が98%のスクールも。Webマーケティングスクールが、未経験からWebマーケターになるための最適な方法である理由についても解説します。

 

【Webマーケターに必要なスキルセット一覧】

【Webマーケターに必要なスキルセット一覧】

Webマーケティングを仕事にしようと思ったら、以下のようなスキルセットが必要になります。

【Webマーケターに必要なスキルセット】

  • マーケティングの基礎知識
  • フレームワーク活用
  • Webマーケティング手法の理解と活用
    (SEO、広告運用、SNS、リストマーケティングなど)
  • Webマーケティングの戦略立案スキル
  • 分析、仮説、改善施策のノウハウ
  • 行動心理学とセールスライティング
  • レポート作成のためのExcelやPowerPointスキル

それぞれ解説します。

 

・マーケティングの基礎知識

Webマーケティングを実践するには、まずマーケティングの基礎知識が必要不可欠です。

マーケティングとは「商品をいかにPRするか」というだけの仕事ではなく、消費者の悩みを探って最適な商品やサービスを設計するところから始まります。

Webマーケティングというと、広告出稿やSEO対策など具体的な施策に目が行きがちですが、そもそものマーケティングの目的や取り組み方のステップを理解しておかないと本質的な問題解決につながりません。

市場分析、顧客のニーズと行動の理解、競合他社の調査など、マーケティングの基本的な概念と手法を学ぶことが重要です。

 

・フレームワーク活用

効果的なWebマーケティング施策に考えるためには、フレームワークが役立ちます。フレームワークとは考え方の型のこと。

STP分析やSWOT分析、AISASやAIDCASなど様々なフレームワークがあり、これらを活用することで効果的な施策アイディアを発案しやすくなります。

マーケティングの現場ではこうした専門用語も飛び交いますので、意味を理解して活用できるようになりましょう。

 

・Webマーケティング手法の理解と活用

SEO、広告運用、SNS活用、リストマーケティングなど、Webマーケティングにはさまざまな手法が存在します。

クライアントによって予算や期間、求める結果は異なります。そのため、それぞれの手法を理解し、もっとも効果的なものを選択できるようにならなくてはなりません。

SEOだけでも、極めようと思ったら以下のように学ぶことがたくさん。

・検索エンジンの仕組みとランキングを決定する要因
・最適なコンテンツ制作スキル
・キーワードの選択
・分析ツールの導入と活用
・最新情報のキャッチアップ
・競合リサーチ
・記事改善リライトの手法
・サイト構造の設計
・記事内リンクの最適化
・被リンク獲得
・EEATの確保

まずは自分の専門分野を決めてから集中的に学ぶことをおすすめします。

 

・Webマーケティングの戦略立案スキル

優秀なWebマーケターは「戦略立案能力」に長けています。

マーケット分析や競合調査を基に、目標設定やターゲット設定を行い、明確な戦略を策定する。それがマーケターの仕事です。

ただ広告出稿ができるだけでなく、クライアントの課題を解決するために最適な戦略を立案できるようビジネスノウハウを磨きましょう。

 

・分析、仮説、改善施策のノウハウ

Webマーケティングの世界では、施策を考えて実施したら終わりではありません。データを分析し、改善施策を考えて実行する。そのサイクルを回しながら目標の達成に近づいていきます。

そのため、Googleアナリティクスやサーチコンソール、ヒートマップを使った分析スキルも必須。また、分析サービスを使っての競合調査も欠かせません。

データを分析し、問題点や改善の余地を見つけ出し、仮説を立てて改善施策を実施できるスキルを身につけましょう。

 

・行動心理学とセールスライティング

顧客に行動を促すためには、「顧客心理の理解」と効果的な訴求文を考える「セールスライティングスキル」が必要です。

・バンドワゴン効果
・リフレーミング効果
・アンカリング効果
・カクテルパーティ効果

このように人を動かす様々な心理効果が存在します。

行動心理学を学び、顧客の欲求やニーズに合わせた魅力的な訴求分を作成できるようになりましょう。

 

・レポート作成のためのExcelやPowerPointスキル

Webマーケターにとって、施策の成果をクライアントに報告することも大切な仕事です。

ExcelやPowerPointなどのツールを使いこなして、データを整理し、分かりやすいグラフやチャートを作成できるようになりましょう。

レポートによって成果を可視化することで、上司やクライアントに対して効果的なコミュニケーションを行えます。

 

ここまでWebマーケターになるために必要なスキルセットを解説してきましたが、これらはあくまで現時点のもの。

Webマーケティングで効果的な施策は時代と共に変化します。例えば5年前はFacebookを使うことが効果的でしたが、今はInstagramやTikTokに変わっていますよね。

そうした最新トレンドを追いかけることもWebマーケターには必要な勉強です。

 

【未経験からWebマーケティングスキルを習得するための7ステップ】

【未経験からWebマーケティングスキルを習得するための7ステップ】

未経験からWebマーケターになるには、どのようなステップを登ればよいのでしょうか?

Webマーケターに必要なスキルを学びつつ実績を作り、市場価値のあるWebマーケターになる方法を7つのステップで解説します。

結論から言うと、以下の7ステップになります。

  1. Webマーケティングの基礎知識と手法を学ぶ
  2. ブログやWebサイトを作って分析ツールを導入する
  3. SEOコンテンツの制作方法を学んで記事を投稿する
  4. 分析ツールを使って記事を改善する
  5. リスティング広告の出稿方法を学び、実際に広告の運用・改善をする
  6. SNSアカウントの育成やSNS広告の出稿に取り組む
  7. 最新情報にアンテナを張り、最適なマーケティング施策に取り組む

それぞれ解説します。

この次の章では、未経験におすすめのWebマーケティングの勉強法を解説します。まずはステップを知った上で具体的な勉強法をチェックしていってください。

 

ステップ① Webマーケティングの基礎知識と手法を学ぶ

まずは、Webマーケティングの基礎知識と手法を学ぶことから始めます。

Webマーケティングには、SEOやリスティング広告、SNSマーケティングなど、様々な手法があります。

そうした全体像を抑えた上で、自分が特化したい手法や方法についての知識を深めていくことが重要。

Webマーケティングの基礎については、本や動画、専門サイトで学べます。おすすめの教材は次章で紹介します。

 

ステップ② ブログやWebサイトを作って分析ツールを導入する

Webマーケティングの第一歩は、ブログやWebサイトを作ることです。

自分で作ったブログやWebサイトを運営する中で、Webマーケティングに必要なスキルや知識を身につけることができます。

自分のサイトを作るには、はてなブログなどの無料で開設できるブログを使う方法もありますが、おすすめはWordPressで1からサイトを作成することです。

世界中の大半のサイトがWordPressで作られているので、WordPressでサイトを運用できれば企業のサイト運営も可能になります。

自分のサイトを作ったら、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどの分析ツールを導入してみましょう。

自分のサイトのアクセス状況やユーザーの行動などを把握することができ、改善点を見つけることができます。

個人のサイトも企業のサイトもWebマーケティングで行う施策に大きな違いはありません。個人のサイト運営でも十分あなたの実績になります。

 

ステップ③ SEOコンテンツの制作方法を学んで記事を投稿する

SEOとは、検索エンジン最適化のことです。SEOコンテンツを制作することで、Googleなどの検索エンジンで上位表示されることができます。

検索順位で上位を獲得するには、検索エンジンのアルゴリズム(仕組み)を理解した上で、評価されやすいコンテンツを作ることが重要です。

キーワード選定やタイトルの付け方、内部リンクの設定など、SEOで評価される項目の理解と最適なコンテンツを作れるスキルが求められます。

記事作成を繰り返して、記事の作り方を学んでいきましょう。

 

ステップ④ 分析ツールを使って記事を改善する

初めに導入した分析ツールを使うことで、Webサイトへのアクセス状況や検索結果へ表示状況を確認できます。

また、ページビューや滞在時間、コンバージョン率などのデータも収集できます。これらのデータをもとに、記事の改善点を見つけましょう。

Webサイト上のコンテンツはアップロード後もいつでも自由に変更・更新することが可能。そのため、定期的にリライトをして順位アップを図ることが求められます。

サイトや記事の改善ポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • アクセス数が少ないページのタイトル変更や情報の加筆
  • 成約率の低いページの広告位置の調整や文言変更
  • 検索エンジン上位表示率の低いページの改善

これらの改善点を見つけて記事の改善に取り組み、上位獲得キーワード数を増やして行きましょう。

 

ステップ⑤ リスティング広告の出稿方法を学んで、広告運用をする

Webマーケティングの仕事には、ここまで説明した「コンテンツ制作&改善」と「広告運用」の2通りのパターンに分かれます。

Webマーケティング会社の中には、Web広告の運用がメインのところも多いです。そのため、Web広告の出稿方法を学ぶことも、マーケターとして仕事を獲得する上では重要になります。

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことです。

検索キーワードに関連する広告が表示され、クリックされることでアクセスを獲得することができます。

リスティング広告の出稿には、Google広告やYahoo!プロモーション広告などの広告配信サービスを利用することが一般的です。

これらのサービスの利用方法を学ぶことで、広告の作成から出稿までが出来るようになります。

しかし、単に広告を出稿するだけでは効果が出ずに広告費を無駄してしまう場合もあります。

リスティング広告の出稿方法だけでなく、広告の効果を上げるためのコツやテクニックも学ぶことが重要です。

 

ステップ⑥ SNSアカウントの育成やSNS広告の出稿に取り組む

SNSアカウントの育成やSNS広告の出稿に取り組むことも、Webマーケティングにおいて重要なポイントです。

SNSを活用することで、自社の情報や商品、サービスを多くの人にアピールすることができます。

SNSアカウントの育成には、自社の情報や商品、サービスに関連する情報を定期的に発信することが必要です。

また、SEO同様にSNSプラットフォームごとに露出を最大化できるコンテンツの作り方やコツを学ぶことも優秀なマーケターになるためには必須の勉強と言えます。

SNS広告の出稿に取り組むことで、自社の情報や商品、サービスを広く知ってもらうことができます。

SNS広告の出稿には、Facebook広告やInstagram広告などの広告配信サービスを利用することが一般的です。

SNS広告の出稿にあたっても、ターゲットの設定や広告の作成などコツやテクニックを学ぶことが重要になります。

 

ステップ⑦ 最新情報にアンテナを張り、最適なマーケティング施策に取り組む

検索結果の表示結果は、ユーザーのニーズや検索エンジンのアルゴリズムの変更によって常に変動しています。

現時点での最適な手法を見つけるためには、最新情報のキャッチアップが欠かせません。

まずは業界関連の情報やトレンドを把握し、傾向やニーズを知りましょう。ニュースサイトやプロのマーケターのSNSなどをフォローすることがおすすめです。

また、定期的な勉強会やイベントに参加することも、最新情報をキャッチアップする手段として有効です。

以上が、未経験からWebマーケターとしてのスキルを磨くための7つのステップです。

次章では、Webマーケターとしてのキャリアを歩み始めるために必要な初心者からの勉強法を解説します。

 

【Webマーケティングのスキルアップをするための勉強方法】

【Webマーケティングのスキルアップをするための勉強方法】

Webマーケティングは以下の方法で勉強することができます。

  1. 本で勉強する
  2. 動画・セミナーでWebマーケティングを学習
  3. SNSでマーケティング界隈のプロをフォロー
  4. Webマーケティング専門サイトで最新情報の収集
  5. 競合のコンテンツや広告をリサーチする
  6. Webマーケティングスクールで実践的な知識とノウハウを学ぶ
  7. コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る
  8. Webマーケティング領域の資格を取得する

Webマーケティング未経験の方でも、本や動画を使えば独学することは可能です。

しかし、Webマーケターとして仕事をするためには実践の経験が必須。そうした実践的な勉強ができる方法についても解説します。

 

1、本で勉強する

本で勉強する

もっとも一般的な方法が、本を読んで知識を得ることです。

ここでは全体像を把握するのにおすすめの入門書と、中級者以上向けの専門書をそれぞれ紹介します。

 

おすすめのWebマーケティング入門書

Webマーケティングの全体像を把握するのにおすすめの書籍は以下の3冊です。

まずはこうした入門書で、Web担当者に必要な知識をざっと押さえましょう。

 

SEO対策におすすめの専門書

Googleの検索結果は、検索エンジンのアルゴリズムにより順位が決まっています。

アルゴリズムとは計算方式のことで、200以上の項目に重要度を掛け合わせてWebサイトを診断、その点数により順位が決定するという仕組みです。

そのため、検索順位で上位を取りたければ、SEOのアルゴリズムを理解してサイトやコンテンツを最適化していく必要があります。

有名なところでは、「ページタイトルの中に狙いたいキーワードを含有し、特に重要な言葉をなるべく最初に持ってくる」のようなものがあります。

こうした検索エンジン最適化を学べる本としては、以下のものがおすすめです。

ちなみにGoogleの検索アルゴリズムは日々変化を繰り返しており、年に2回ほどコアアップデートと言われる大きな変化が加えられます。これはより検索者のニーズに合致した検索結果を表示させるためのもの。

このアップデートによって、上位獲得に最適な手法も年々変化しています。そのため、数年前に出版された本だと最新のアルゴリズムに対応できておらず、施策に取り入れても効果が出ないことも。

もちろん、普遍的な部分もあるので一概に昔の本が役に立たないというわけではありませんが、なるべく最新の書籍で情報収集をすることをおすすめします。

 

広告出稿におすすめの書籍

企業によってはインターネット広告を出稿することだけが、Web担当者の仕事になっているところもあります。

Webマーケティングにはいろんな手法があるとお伝えしましたが、インターネット広告に集中するということは、それだけ当たったときの効果が大きいということを意味します。

広告出稿は非常にシンプルで、一度やってみればやり方自体はすぐに習得できるでしょう。

しかし、広告出稿で成果を出すには、やり方だけを知るだけでは不十分です。

どのキーワードで、どの層に、どの時間帯でアプローチするか。どのようなクリエイティブ(バナーや文言)を作るか。

こうしたことについてのベストプラクティスを学ぶ必要があります。

広告出稿についての専門性を高めたい方には以下の書籍がおすすめです。

広告による成果を求められている場合は、こうした書籍で情報収集しましょう。

 

2、動画・セミナーでWebマーケティングを学習

動画・セミナーでWebマーケティングを学習

動画は文字に比べて5000倍の情報量があると言われます。

Webマーケティングにおいても、広告出稿方法や分析方法など、文字よりも動画の方がわかりやすい部分も多いので、動画学習も積極的に取り入れると良いでしょう。

Webマーケティングが学べる動画サービスには以下のようなものがあります。

特にUdemyの動画コンテンツは体系的な知識を得るのに役立つので、初心者にはとてもおすすめ。

頻繁に行われるセールでは、通常20000円以上のコンテンツが1000円台で購入できます。

定期的にサイトを覗いて、セール情報を見落とさないようにしましょう。

 

3、SNSでマーケティング界隈のプロをフォロー

SNSでマーケティング界隈のプロをフォロー

書籍でマーケティングやWebマーケティングの全体像を把握できたら、TwitterやYouTubeなどのSNSでマーケティング界隈のプロフェッショナルをフォローすることをおすすめします。

日常的に使うSNSが勉強の場に早変わりしますし、マーケティング分野では積極的に情報発信をされている方が大勢います。

Twitterでおすすめのアカウントは以下の方々です。

また、YouTubeでおすすめのチャンネルは以下の方々です。

彼らをフォローしておくと、SEOに関する最新情報や成功事例を勉強できます。

 

4、Webマーケティング専門サイトで最新情報の収集

Webマーケティング専門サイトで最新情報の収集

SEOやWebマーケティングに特化した情報を発信するメディアを押さえておくことも、Web担当者には必須の仕事です。

Webマーケティング業界の流れは早く、ひと月前まで通用していた施策が急に通用しないといったこともあり得ます。

最新の情報をしっかりと把握し、施策に取り入れることが重要です。おすすめの情報収集サイトは以下の7つです。

また、Webマーケティングの分野は日本よりも海外の方が進んでいます。そのため、海外の情報収集にもチャレンジしてみると良いでしょう。

これらのサイトでは世界最先端のWebマーケティングノウハウを学べます。

ブラウザの拡張機能でGoogle翻訳やDeepL翻訳を入れれば、ボタン1つで日本語化できるので、英語が苦手な方でも十分に情報収集可能です。

 

5、競合のコンテンツをリサーチする

5、競合のコンテンツをリサーチする

最新アルゴリズムの情報や効果のあった施策をリサーチすることも重要ですが、競合サイトを見学することも勉強になります。

同じジャンルの競合サイトであれば、カテゴリ構成や記事に書かれた情報に自サイトとどのような違いがあるかをピックアップして、差分を埋めていきましょう。

また、SEOにおいてレッドオーシャンと呼ばれるジャンルの上位サイトを見学することでも多くの学びが得られます。

「クレジットカード おすすめ」や「脱毛 おすすめ」などは稼げるジャンルの代表格となっており、上位にはSEOの猛者が集まっています。

激戦ジャンルで結果を出している彼らの施策をリサーチすることでコンテンツづくりのヒントを得られるかもしれません。

 

6、Webマーケティングスクールで実践的な知識とノウハウを学ぶ

Webマーケティングスクールで実践的な知識とノウハウを学ぶ

書籍や動画での勉強は独学が可能ですが、デメリットもあります。それは、自分で情報を取捨選択しなければならないことです。

マーケティングの勉強は非常に広範囲なため、どこをどう勉強していけば良いかわかりにくいところがあります。

役に立つものや立たないもの、今の自分に必要なものとそうでないもの。こうした情報の取捨選択が難しく、網羅的に学習できていなかったり、効率が悪かったりという難点があります。

こうした難しさを解決してくれるのが、Webマーケティングスクールの利点です。

Webマーケティングスクールでは、マーケターとして活躍するために必要なプログラムが用意されており、基礎も実践スキルも磨くことができます。

ただし、Web広告の運用スキルやSEO、マーケティングスキル全般を学べるスクールなど、Webマーケティングスクールの中でも特徴は大きく分かれます。

そのため、自分に必要なスキルを学べるスクールを選ぶ必要があります。

Webマーケティングが学べるスクールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

無料相談やトライアルを受け付けているスクールも多いので、一度体験してみることをおすすめします。

 

>>【最新7選】転職支援に強いWebマーケティングスクールを比較 働きながらWebマーケターに就職できる

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
この記事ではWebマーケターへの転職を実現したい方に向けて、最短でスキル獲得ができて転職支援に定評のあるWebマーケティングスクールを比較して紹介します。中には転職成功率が98%のスクールも。Webマーケティングスクールが、未経験からWebマーケターになるための最適な方法である理由についても解説します。

 

7、コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る

コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る

最初にお伝えしたように、マーケティングの勉強範囲はとても広いという特徴があります。

  • CVRやLTVといった専門用語の理解
  • マーケティングフレームワーク活用
  • 行動心理、インサイトの分析
  • セールスライティング・ストーリーテリングの習得
  • 仮説、分析能力
  • マーケティングツールの活用
  • Web集客、SEO
  • EXCEL、Powerポイントなどを使ったプレゼンスキル

本やビデオ、ポッドキャストで学べることは理解できても、それらをどのように組み合わせれば効果的に学べるのか、なかなかわからないものです。

私もマーケティングを学び始めた頃は、入門書から始めましたが、本を読んで本当にマーケティングが学べるのか疑問がありました。結局、本を読んでも仕事に活かせる実践的なスキルは身につかなかったのです。

「Webマーケティングで本当に必要な勉強を効率的に学ぶにはどうしたらいいんだろう? 自分に最適な勉強法を誰かに相談できたらいいのに。」

そんな方には、マーケティングのコーチングを受けてみることをおすすめします。

コーチングとは、マーケティングに精通したプロが、あなたの状況や将来の目標に応じて、必要な学習方法をアドバイスしてくれるサービスです。

コーチングはスクールとは違い、マーケティングを直接教えてくれるカリキュラムではありません。

しかし、カウンセリングを通じて、自分にとって必要なスキルとそれを身につけるための最適な学習方法がわかり、スキルアップのサポートを受けることができます。

みんなと同じカリキュラムではなく、自分の目標やレベルに合わせた最適なカリキュラムにカスタマイズされた学習プラン。それにより、自分の学習に必要なステップを明確に理解することができます。

英会話などの分野で人気のコーチングですが、最近では「ノツギ」のようなマーケティングに特化したコーチングサービスも登場しています。

ノツギのマーケティングコーチングの特徴は、以下の通りです。

  • 自分に何が足りていなくて、何をすれば良いのかを相談できる
  • 専門コーチとの1対1の面談にて、目標設定と実現までの学習カリキュラムを立てられる
  • 知識の習得が目的ではなく仕事での成果が目的なので、意味のない勉強にならない
  • 毎日の学習計画は状況に合わせて5分〜作ってくれるので取り組みやすい
  • 週に1度のミーティングでは、進捗確認だけでなく、仕事の課題についてもフィードバックしてもらえる
  • コーチは「頼れる先輩」のような、あなたの実務に近い経歴のマーケターが担当
  • 2ヶ月という短期間でマーケターとしての成長の型が作れる
  • コーチング期間に必要となる教材やコンテンツはノツギが負担(別途費用がかからない)
  • 無料カウンセリングの段階で、あなたに必要なものと学習の方向性を教えてもらえる

さらに、授業ではなく独学のサポートがメインなため、一般的なマーケティングスクールよりも低価格で利用できるのもポイントです。

マーケティングスキルを高めてキャリアアップを目指したい方は、コーチングで自分に最適な学習カリキュラムを組んでみてはいかがでしょうか。

 

>> ノツギ 公式サイトはこちら

 

8、Webマーケティング領域の資格を取得する

Webマーケティング領域の資格を取得する

マーケティグの資格を持っていることはあなたのキャリアに大きな価値をもたらします。

最近は資格よりもスキルという言葉がどの業界でも聞かれるようになり、一昔前よりも資格の持つ意味は薄れています。

とは言え、スキルを証明する上では資格の有無で大きく印象が変わります。

Webマーケティング関係の資格には以下のようなものがあります。

資格取得の学習の中で深い知識を得ることができ、実務に活かせるようになるでしょう。

 

>>【4選】転職に有利なマーケティングの資格はどれ? 未経験から最短でマーケターになれる勉強法

マーケティングのおすすめ資格5選 転職や就職には意味ない?
マーケターへの転職に有利なおすすめのマーケティング系資格を5つ紹介します。体系的にマーケティングスキルを勉強でき、転職市場での評価も高い資格を厳選。また、マーケターへ転職したいのであれば、資格取得よりも確実な方法があります。未経験から最短で転職したい方は参考にしてください。

 

Webマーケティングを勉強してみたいという程度ではなく「Webマーケターに転職したい」と強く望んでいるのであれば、正直独学はおすすめ出来ません。

Webマーケターへの転職を考えている方には、Webマーケティングスクールの受講がおすすめです。

上述したようにWebマーケティングはスキルセットの幅が広く、独学だけで完璧に全てを身につけることは不可能です。実践の中で試行錯誤しながらノウハウを磨いていく必要があります。

スクールでは転職するための必要十分の知識を学ぶカリキュラムを用意。独学だと勉強に終わりがないように感じますが、スクールなら必要な範囲がカリキュラムに収まっているので効率よく勉強を進められます。

また、模擬案件を通して自分の頭でマーケ施策を考える特訓が出来ますし、プロからのフィードバックも得られます。マーケターとしての力が磨かれていくのを実感できますよ。

さらに、Webマーケティングスクールの多くは「転職保証」や「転職支援」がついており、独自の求人案件も多く持っています。勉強後、そのまま転職の面倒を見てくれるのも大きなメリット。

おすすめのWebマーケティングスクールについては以下の記事で紹介しています。よかったらチェックしてみてください。

 

未経験からWEBマーケターに転職できる!7つのおすすめオンラインスクールを比較【最新版】

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
この記事ではWebマーケターへの転職を実現したい方に向けて、最短でスキル獲得ができて転職支援に定評のあるWebマーケティングスクールを比較して紹介します。中には転職成功率が98%のスクールも。Webマーケティングスクールが、未経験からWebマーケターになるための最適な方法である理由についても解説します。

 

【Webマーケティングとは? ニーズが高まる理由】

【Webマーケティングとは?】

Webマーケティングとは、インターネット上でモノやサービスを売るための施策を考えたり、データの分析や検証をする仕事のことです。

Webマーケティングスキルは今あらゆる業種でニーズが高まっています。

多くの企業がネットに参入している昨今、Webマーケティングができる会社とできない会社で売り上げに大きな差が生じているのです。

Webマーケティングを学べば以下のことが可能になります。

  • 会社の売上アップ
  • 他の企業へのコンサルティング
  • 自分の商品を作ってオンラインで販売する

つまり、Webマーケティングを学ぶことであなたはモノの売り方がわかり、企業から求められる人材になれるということです。

モノの売り方を知っている人はどんな環境でも生きていくことが出来ますよね。

会社に依存せず市場価値を上げられるスキルとあって、将来に不安を持つ人など多くの社会人から注目されているのです。

 

・マーケティングやデジタルマーケティングとの違い

(参照:プロモニスタ

Webマーケティングとマーケティングはざっくり言うと以下のような違いがあります。

【Webマーケティング】

インターネットを使って商品やサービスを売るための施策

【マーケティング】

商品開発、流通、販売促進など企業の活動そのもの

そのため、Webマーケティングは「マーケティングの一部」と言えます。

それならWebマーケティングよりもマーケティングを学んだ方が良さそうに思えるかもしれません。ですが、短期で大きな効果を生むことができるのがWebマーケティングの特徴でもあります。

さらに、まだまだ新しいスキルであるためにこの分野に特化した人材が少ないのも現状。

そのため、Webマーケティングはコスパ良く稼げるスキルを身につけたい人に最適なスキルなのです。

ちなみに「マケキャン by DMM.com」のようないくつかのスクールでは、Webマーケティングを習得するにあたり、マーケティング全般の知識を学んで活用するプログラムも用意されています。

 

【Webマーケターは具体的に何をする仕事?】

【Webマーケターは具体的に何をする仕事?】

基本的な概念がわかったところで、Webマーケティングの具体的な内容について紹介します。

 

・Webマーケティングの具体的な内容|売上を上げるための様々なアプローチ

インターネットを使って商品やサービスを売るための施策を考えることがWebマーケターの仕事だとお伝えしました。

売れるようにするには大きく2つのアプローチがあり、それが「集客」「販売」です。

まずはネットサーフィンをしたりSNSをチェックしたりしている人に対して知ってもらう施策を考えることが「集客」です。

集客施策には以下のようなマーケティング手法があります。

  • SEO(サイトや記事を検索上位に表示させるための施策)
  • リスティング広告(検索エンジンの結果に表示)
  • アドネットワーク広告(webサイトのページやアプリ内に表示)
  • 純広告(メディアごとの広告枠)
  • SNS広告(SNSのフィードに表示)
  • インフルエンサー活用(紹介してもらう)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • SNS運用
  • Youtubeチャンネル運用
  • Youtube広告

こうした施策の中から、効果の大きさ、即効性、費用、顧客最適化などを考えて、クライアントに適した施策を実行します。

商品やサービスを知ってもらうことが出来たら、次は「販売」のフェーズです。買ってもらうためには以下のような手法から施策を考えます。

  • 販売ページ(LP)の制作
  • サイト分析、改善(離脱率やCVR、問い合わせフォームの改善、ABテストなど)
  • マーケ手法全般(3C分析、4C分析、5フォース分析、カスタマージャーニー、セールスライティングなど)

主な施策はLP(ランディングページ)と言われる販売ページの制作、その改善を回す作業になりますが、そのためにはマーケティング全般の知識を活用しなければなりません。

Webマーケティングスキルと一口に言っても、実はこのようなさまざまな知識や手法を組み合わせる応用力が求められるのです。

 

・Webマーケターの実際の仕事内容

Webマーケターとしての仕事の流れは以下のようになります。

  1. クライアント獲得のための営業
  2. Webサイトのデータ分析(または制作)
  3. 改善施策立案
  4. 改善施策のプレゼン資料作成
  5. 顧客へのプレゼンテーション
  6. 改善施策実行
  7. 効果検証
  8. レポート作成

「レポート作成」をして終わりではなく、ここからさらに「サイト分析&改善施策の立案」に戻り、PDCAを回していく感じになります。

Webマーケターの多くは複数のクライアントを抱えています。そのため、いくつものサイトを同時並行で分析・戦略立案・検証していくことになります。

以下はWANNABE ACADEMYの卒業生が実際の職務研修で行ったマーケティングワークの内容です。

マーケティング課題を抱える企業に対してどのような施策を考えたのかをホームページ上に公開してあります。

(参照:実務研修「広告運用月次レポート」を大公開〜ワインのサブスクサービス Facebook広告編〜)

マーケティング思考の参考になるので、興味のある方はチェックしてみてください。

「自分がマーケターになったらこんな感じで施策を考えるのかぁ」という参考になります。

 

・Webマーケターとして働き方の種類

Webマーケターと一口に言っても、実は以下のように様々な働き方があります。

  1. マーケティング会社に勤務してクライアントワークを行う
  2. 一般企業でマーケティング担当者として勤務し、自社サイトの運営・改善を行う
  3. フリーランスWebマーケターとして独立し、①と②の両方を行う
  4. 個人のブログやSNS運用し、広告収入などを得る

Webマーケティング会社だけがWebマーケターの働き方ではありません。

多くの一般企業でもWebの活用は必須になっているため、Webマーケティングなどの部署を作って担当者を置いています。

Webマーケティングスキルがあれば、日本中のどこの企業からもニーズがあるということです。

また、副業のような形で自分のブログやSNS、YouTubeチャンネルなどを運営し、広告収入を得る人も増えています。Web集客のために行うことは企業でも個人でも大差ありません。

Webマーケティング業務の中で身につけたノウハウを、そのまま副業で活かすこともできるのは大きなメリットでしょう。

 

・Webマーケターの年収

転職会議のアンケートによると、Webマーケターの平均年収は438万円となっています。[参照:Webマーケティング(SEO・SEM)<30代>の年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計)]

ただし、上述したようにWebマーケターには様々な働き方があり、年収の目安も変わってきます。それぞれの働き方での年収の違いは以下のようになっています。

【Webマーケティング会社の一般社員】
SEOコンサルタント年収300〜500万円
YouTubeコンサルタント
SNSマーケター
Web広告運用担当者年収400〜500万円
Webディレクター(管理職)年収600〜800万円
【一般企業でマーケティング担当者として勤務】

年収400〜600万円

総合職と同等の給与になるのが一般的です。

【フリーランスWebマーケターとして独立】

年収400万〜1500万円

Webマーケターとして独立した場合や、Webマーケティングの仕事をしながら副業でサイト運営をする場合には、年収1000万円以上も十分可能になります。

 

以上、参考になれば幸いです。


 

LIFE WORK CAFEでは、企業サイトや個人ブログのWebマーケティング支援も承っております。詳しくはWebマーケティング支援サービスをご覧ください。

【Webマーケティング 関連記事】

未経験からWEBマーケターに転職できる!6つのおすすめオンラインスクールを比較【最新版】

【必要】社会人がマーケティングを勉強する意味はある? 5つの役立つメリットを解説

【習得】マーケティングの勉強って何からすべき?未経験からマーケターになるための勉強法8選

【転職に有利】マーケティング系の資格おすすめ4選|未経験から最短でマーケターになれる勉強法

未経験でWebマーケティングの仕事に就くのは厳しい? 初心者でも難しいマーケター転職を実現する方法

【おすすめ本35選】マーケティングスキルを独学で習得できる!初心者から中級者向けの入門書を紹介

【誤解】Webマーケティング会社の平均年収は低い? 年収1000万円を超える転職方法

Web担当者になった人におすすめの勉強法7選|Webマーケターとしてスキルアップ出来る本・サイト・資格を紹介

【始め方】Webマーケティングの副業って何がある?副業したいWebマーケターにおすすめの方法を解説

【自分で出来る】SEO対策の基本と勉強方法をわかりやすく解説 キーワードの検索順位を上げるために必要なことは?

【特徴解説】Webマーケターに向いている人の10の特徴と向いていない人の5つの特徴|適性がない人はやめとけ?

【なぜ?】Webマーケターへのキャリアチェンジがおすすめな10の理由