夢は見るものじゃなくて叶えるもの? いいえ、育てるものです。

「夢の叶え方を知っていますか?」画像書評・映画評
森博嗣「夢の叶え方を知っていますか?」
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

 

あなたの人生をちょっとだけいい方向に変えるかもしれない本屋、BOOKS ROUTE 193です。どうぞゆっくり見ていってください。

 

今日の一冊は、小説「すべてがFになる」の著者でベストセラー作家として知られる、森博嗣さんのエッセイ「夢の叶え方を知っていますか?」です。

 

森博嗣さんは小説家ですが、誰もが憧れる不労所得を得て、今ではほとんど仕事はせずに、どんどん好きなことをしたり、夢を叶えながら暮らしています。そんな森さんの考える「夢の叶え方」がこの一冊に書かれています。

 

驚いたのは、森さんにとって小説家は、最初から夢ではなかったということです。森さんの夢は、大好きな鉄道模型を家中に広げて楽しむことだったと言います。入りからちょっとびっくりしますが、内容は新書とは思えないほどの濃さがあります。

 

「小さい頃から夢を聞かれるときはいつも職業を答えるみたいな風潮があったけど、本当はそうじゃない。」

 

「他人からどう思われるかだったり、他人からの評価だったりを気にしてたら本当の夢は見つからない」

 

「夢は○○ですと言ってても、ワンシーンだけ思い描いても実現しない。育てないと。」といった感じで、夢についての誤解や夢との新しい付き合い方を提示してくれます。

 

夢だけでなく、新しい価値観や生き方のヒントになる一冊です。

 

スポンサーリンク

 

 

【夢は見るものじゃない、育てるものだ。】

 

夢は、好きなことであり、理想の姿であり、最高の状態です。そして夢はそのまま、僕たちの人生になっていきます。

 

何を理想にして、どういったやり方でその道を進み、その過程でどのような経験をするか。それは夢であり人生でもあるのです。

 

夢を持つと、人生で進んでいくべき道が見えてきます。夢のある人は、人生を自分の意思で切り拓いて行く人たちなんです。

 

【他人からの評価を求めて夢を決めてる人たち 】

 

フェイスブックやインスタグラムといったSNSにはたくさんの素敵な思い出や出来事の記事が上がっています。

 

あなたが、初めて投稿したときのことを思い出してみてください。イイねを押してもらえるのがすごく嬉しかったのではないでしょうか?僕もそうでした。

 

そしてそのイイねが欲しいというのは、人間が持つ認められたいという欲求なんです。だから、イイねがもらえるようなことをしたり、買ったりするのはヒトの本能として当たり前のことではあるんです。

 

けれど、それが度を過ぎてくると、自分が本当に好きでしたいことなのかわからなくなってきます。

 

例えば、ヨーロッパに旅行に行って日本にない景色や文化に触れたいと心から思っているのか、それともヨーロッパのおしゃれな街並みで写真を撮ってみんなに見せて、「すごいねすごいね」と言ってもらいたいのか。

 

どちらも嬉しいものではありますが、人からの評価ばかり気にするようになったら、幸せは自分で感じることができなくなります。

 

夢も同じです。おしゃれなことじゃなくても、他人に認めてもらえなくても、自分が楽しい、好き、と思えるものを夢にしないと、本当にやりたいことをやって生きていく自分にはなれません。

 

実は多くの人がこのことを理解しないまま、間違った夢を持っているんです。

 

 

【夢を叶え続ける人 森博嗣が教える夢の叶え方】

 

夢は自分がこれまでに何かしらの影響を受けたものの中にしかありません。

 

まだ目指したい夢がない人も、自分の人生を振り返ってみると、そこにはきっと自分が心から楽しんだり、憧れたりするものがあるはずです。

 

楽しかったこと、好きだったこと、やってみたいと思っていること。そういったものをどんどん書き出していくと、自分が何を求めているのかが見えて来るはずです。

 

そうしたら、時間を作って夢を育てます。

 

その夢にまつわる情報を得て知識を増やしたり、技術を磨いたり、人との繋がりを築いたりと言った具合です。

 

夢は叶えて嬉しいだけじゃなくて、目指すこと、それに向けて頑張ること、夢に近づく毎日を送ること、そういった叶えるまでの状況すら楽しいのだと著者の森さんは話しています。

 

それはやはり、自分にとって楽しいこと嬉しいことを夢に出来ているからではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

【胸に残った言葉たち】

「夢の価値とは、人が自分や周囲を今よりも良い状態にする原動力となる、という点にあるとも言えるだろう。」

 

「自分の中に夢という楽しさを与えてくれるものを見つけた人は、人生に余裕を持つ。好きなこと、目指してることがあるということが安心感を与えてくれる。何かに向かうこと自体もたのしいし、想像すること、そのために失敗しても成長できると感じられるとまた楽しくなる。よくできたゲームではないかと思えるほど面白い。」

【夢の叶え方を知っていますか? 商品情報】

著者:森博嗣

出版社:朝日新聞出版

発売日:2017年1月13日

価格:760円(税別)




雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
書評・映画評
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ

コメント

タイトルとURLをコピーしました