キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

SNSマーケティングの勉強法12選 副業にするには何から始める?

【超入門】SNS運用代行の勉強法12選 副業にするには何から始める?
SNSマーケティングの副業に興味がある!運用代行の仕事をするためには、どうやって勉強したらいいんだろう?

この記事では、SNS運用代行の副業を始めたい方に向けて、稼げるSNSマーケターになるために必要な勉強法を紹介します。

InstagramやTikTokなどのSNSをやったことがある方なら、「自分にも運用代行ができそう」と思うかもしれません。

しかし、個人のSNSアカウント運用と企業のアカウント運用代行は異なる部分も多いもの。

そのため、間違った勉強をすると稼げずに挫折してしまう可能性もあります。

SNS運用代行をするためには、SNSのやり方を学ぶだけでは不十分ということです。

これまでいくつもの副業に挑戦してきた私の経験から、副業で稼ぐために必要な勉強法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

【関連記事】
【徹底比較】SNS運用代行スクールおすすめ7選 インスタ運用の副業で稼げる講座2024年版
【厳選3選】TikTok運用代行スクールおすすめランキング 選び方とメリットを解説

【副業で稼ぐサポートを受けられるSNSマーケティングスクールでの勉強がおすすめ】

【副業で稼ぎたい人には稼ぐサポートを受けられるSNS運用代行スクールがおすすめ】

SNS運用代行を副業にするための勉強法を解説する前に、大前提として未経験から独学で稼げるレベルになるのは正直難しい部分も多いです。

  • 何から勉強したらいいかわからない
  • どのレベルまで勉強したら案件に応募していいのかわからない
  • 勉強したことを自分のアカウントでやってみてるけど全然フォロワーが伸びない
  • どうしても質の高いデザインにならない
  • クラウドソーシングに応募してるけど採用してもらえない
  • SNS運用のことはわかったのに仕事をもらえず挫折しそう
  • SNSを伸ばすコツはわかったけど、クライアントワークのやり方がわからない

こういった悩みを抱えて勉強が進まないか、稼げるようになる前に挫折してしまう人がほとんどでしょう。

副業で稼げるSNSマーケターになりたいのであれば、私はSNS運用代行スクールを受講することが最短ルートだと思います。

必要な内容がカリキュラム化されているので勉強に迷うことがありませんし、プロに直接質問したり添削を受けることでプロ基準のスキルに引っ張り上げてもらえます。

さらに仕事の斡旋を受けられたり、案件で困ったときにサポートもしてもらえます。

独学はお金がかからないのが何よりもメリットですが、お金をかけずに勉強しても稼げるようにならなければ意味がありません。

勉強した時間で別のことをした方が有意義だったと思えば、むしろ損をしているとも言えます。

スクールを受講するとお金はかかりますが、スキルは確実に身につきます。SNS運用代行として副業をする未来にも近づくはずです。

SNS運用代行の勉強法には様々なものがありますが、最短で副業開始できる状態まで行くにはスクールが最適だと私は感じています。

おすすめスクールを比較した記事も用意しているので、併せてご覧ください。

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ7選 選び方の注意点も解説

https://abc-by.com/sns-operation-agency-course/

【SNSマーケティングの勉強法12選|副業で稼ぐために効率的な学習法は?】

【SNS運用代行の副業で稼ぐための勉強法12選|クライアントワークに直結】

SNSマーケティングの副業で稼ぐための勉強法には以下の12通りがあります。

1、専門の書籍で勉強
2、SNS運用の稼ぎ方に特化したYouTubeチャンネルで勉強
3、SNS運用代行の専門家をフォローする(SNSで情報収集)
4、伸びている企業アカウントを分析する(特徴と要因)
5、SNS運用に関するセミナー(アラート)を受ける
6、SNS運用に関する資格を取得する
7、SNS運用代行スクールで教えてもらって案件獲得サポートを受ける
8、SNSのガイドラインを読み込む
9、SNS広告の勉強
10、SNS運用代行会社の事例から学ぶ
11、コミュニケーションツールに慣れる
12、SNS運用代行のオンラインコミュニティに入る

それぞれ解説します。

 

1、専門の書籍で勉強

SNS運用代行の知識を深めるには、まず入門者や専門書で基礎を学ぶことが重要です。

SNSマーケティングは重要性が増している分野なので、解説本も増えています。

例として、以下のような本があります。

これらの書籍では、SNSの特性やアルゴリズム、効果的な投稿方法、企画立案のプロセスなど、SNS運用代行に必要な基礎知識を網羅的に学ぶことができます。

加えて、SNSの各プラットフォームごとの使い分け方や、クリエイティブ制作のテクニックなども解説されています。デザイン力やライティング力の向上にもつながるでしょう。

これらの専門書を丁寧に読み込むことで、SNS運用代行において土台となる知識が身につきます。

2、SNS運用の稼ぎ方に特化したYouTubeチャンネルで勉強

専門書と並行して、YouTubeチャンネルでの情報収集も非常に有効な学習方法です。SNS運用代行に特化した動画コンテンツは、実践的なノウハウが満載です。

このような動画では、SNS運用の具体的なテクニックはもちろん、クライアント開拓や提案書作成、料金設定など、ビジネス面での実践的なアドバイスも得られます。

理論と実践を両輪で学べるため、短期間で実践的なスキルを習得できるでしょう。

こうした動画を視聴しながら、自身のSNS運用に活かせるアイデアを得たり、実践的な行動計画を立てたりすることができます。

SNS運用代行の副業において、必要不可欠な学習方法と言えるでしょう。

3、SNSマーケティングの専門家をフォローする

SNS上では、SNS運用代行の専門家が積極的に情報発信を行っています。彼らをフォローし、投稿内容をチェックすることで、最新のトレンドや実践的なノウハウを学ぶことができます。

SNSの各プラットフォームには、有名なインフルエンサーやコンサルタントが多数活躍しています。

Xでは、SNS運用の第一人者によるツイートを確認したり、Instagramでは、デザイン性の高い投稿を参考にしたりできます。

SNS運用代行について情報発信されている方の中では、以下のような方がおすすめです。

あや|フリーランス🕊SNS運用代行

あらやん@売れるSNSマーケ| SNS運用代行4アカウント

まつ船長|SNS運用代行の伝道師

彼らの投稿では、具体的な数値データや成功事例の紹介、アルゴリズムへの対応方法など、非常に実践的な情報を得ることができます。

このように、SNS上の情報発信者に注目し、その発信内容を積極的に学習していくことで、SNS運用代行のスキルを効果的に高められるはずです。

4、伸びている企業アカウントを分析する

SNS運用代行の仕事を受注する上で、成功事例の分析は非常に重要です。

特に、自分の専門とするテーマにおける競合企業の中で、伸びているSNSアカウントに注目し、その特徴と要因を詳しく分析することをおすすめします。

まずは、そうしたアカウントの投稿内容や投稿頻度、使用されているデザインなどの表現力を確認します。

どのような工夫がなされているのか?
どのような意図でこの発信をしたのか?
どのような部分はユーザーの関心を引き付けているのか?

仮説を立てて自分なりに分析してみましょう。

また、競合他社やベンチマークアカウントの施策については、常にアンテナを張っておく必要があります。

SNSアルゴリズムへの対応方法や、プロモーション活動の内容など、クライアント企業の運用でも活用できる情報を収集しましょう。

成功しているアカウントの詳細な分析を行うことで、自身のSNS運用代行の質を高めるヒントが得られます。競合他社の取り組みを学び、それをさらに磨き上げていくことが重要です。

5、SNSマーケティングのセミナーを受ける

企業のSNS運用代行では、常に最新のトレンドや技術を把握し、サービスの提供に活かすことが求められます。

そのためには、SNSマーケティングに関するセミナーに参加し、最新情報を学ぶことが効果的です。

SNSマーケティングの専門家が主催するセミナーでは、SNSアルゴリズムの変更点や、効果的なコンテンツ制作の方法など、最新のノウハウや業界トレンドを学ぶことができます。

それをサービスに反映させることで、クライアントからの評価も高まるでしょう。

セミナーの情報を得るには、Googleアラートへの登録がおすすめです。「SNS運用代行」というキーワードで登録すると、定期的に関連する記事がメールで届きます。

セミナー情報も多いので、効率的に情報を集めたい方は活用必須です。

6、SNSマーケティングに関する資格を取得する

SNS運用については資格も存在します。そうした資格取得を勉強手段として活用するのもおすすめです。

SNS運用代行に関連する資格としては、以下のようなものがあります。

SNSマネージャー(初級・上級・チーフ):一般社団法人ウェブ解析士協会

SNSエキスパート検定(初級・上級):一般社団法人SNSエキスパート協会

SNSリスクマネジメント検定:一般社団法人SNSエキスパート協会

SNSマーケティング検定:ビジネス能力認定サーティファイ

テキストでは必要な知識が体系に学べますし、試験がアウトプットの良い機会になります。

ただ本を読んだり動画を見ているだけでは、受け身の勉強になってしまいますよね。それだけでも知識はつきますし、自分のアカウントを運用するだけなら問題ないかもしれません。

しかし、クライアントワークでは仕組みや施策の説明をしなくてはいけません。アウトプットの機会が少ない勉強では、うまく説明できずに苦労することも。

資格取得を目標とした勉強では、単なる知識の蓄積だけでなく、実践的なスキルの向上にもつながるのでおすすめです。

また、SNS運用代行の副業では、他の副業と同じように競合が存在します。

基本的に、1案件で採用されるのは1人だけ。そのため、他のSNS運用代行者よりも優れていることを証明しなければなりません。

そのための戦略の1つとしても、資格取得は有効です。

7、SNSマーケティングスクールで教えてもらって案件獲得サポートを受ける

SNS運用代行のスキルを体系的に学びたいし、案件獲得のサポートも受けたい。

そんな方にはSNS運用代行スクールの受講もおすすめします。

SNS運用代行スクールでは、SNS運用代行の基礎から実践スキル、クライアントの開拓方法や提案書作成のコツなど、SNS運用代行で稼ぐために必要なことを総合的に学べます。

初心者からの勉強のステップや案件の獲得方法まで一貫して学べるので、非常に効率的な学習方法と言えるでしょう。

特に、SNS運用代行の実績を持つ講師陣による指導や添削は貴重です。実際のクライアントワークでの経験に基づいたアドバイスを得られるため、すぐに活用できる知識が身につきます。

他の勉強法では、知識だけを入れる勉強になりがちです。しかし、スクールでは実際にアカウントを運用したり、提案資料を作成したりと実践的な学びが多く得られます。

講師やクラスメイトからのフィードバックを得ながら、試行錯誤を重ねられるのは大きなメリットでしょう。

さらに、スクールによっては、卒業後の案件獲得サポートも用意されています。

講師陣のネットワークを活用して、初期の受注に結び付けられますし、業務の相談もできるので、とても心強いと思います

このように、SNS運用代行のスクールは、理論と実践を両輪で学べ、さらに案件獲得のサポートも得られる、非常に魅力的な学習方法と言えます。

SNS運用代行スクールについては以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ7選 選び方の注意点も解説

https://abc-by.com/sns-operation-agency-course/

8、各SNSのガイドラインを読み込む

SNS運用代行を行う上では、SNSプラットフォームの運用ガイドラインを確認することも重要です。

XInstagramFacebookなどのSNSでは、投稿内容や広告掲載に関する利用規約が定められています。これらのガイドラインを熟読し、理解を深めましょう。

SNSのルール違反は、アカウントの停止や広告承認の拒否につながります。

クライアントとのトラブルを避けるためにも、ガイドラインを遵守することが欠かせません。

また、ガイドラインに沿った適切な表現方法やアルゴリズム攻略のヒントを得られることもあるので、マストでチェックしておきたいところです。

9、SNS広告の勉強

SNS運用代行においては、SNSを使った広告運用を求められる場合も、そのため、SNS広告に関するノウハウも重要なスキルの1つです。

各プラットフォームにおける広告の設定方法や、ターゲティング、効果測定、最適なクリエイティブの作成など、SNS広告の知識も深めておきましょう。

広告運用に精通することで、クライアントのニーズに合わせた提案が可能になります。

単価アップにもつながる重要なスキルなので、併せて学んでおきましょう。

10、SNS運用代行会社の事例から学ぶ

SNS運用代行を副業やフリーランスとして行う上でも、SNS運用代行会社のサービス内容や成功事例から学べることは多くあります。

SNS運用代行を専門とする会社の取り組みや実績を分析し、ベンチマークとして活用することも勉強になります。

SNS運用代行会社には以下のようなところがあります。

株式会社ガイアックス

株式会社サイバー・バズ

株式会社SAKIYOMI

こうした企業のWebサイトやSNSでの発信内容をチェック。

プロはどのような投稿を作っているか?
効果的なフォロワー獲得戦略を行なっていないか?
クライアントへはどのような提案をしているか?

このような視点で見ていくと、副業や業務委託のSNSマーケターでも活かせる学びが得られます。

また、日本政府観光局のInstagram運用ガイドラインのように、自社の運用方法を公開している企業や団体もあります。

こうした資料からも学べるものが多いです。同じ副業SNSマーケターの情報だけでなく、こうしたプロの技を学ぶことも、運用代行者のスキルアップにつながるはずです。

11、コミュニケーションツールに慣れる

SNS運用代行では、クライアントとのコミュニケーションが非常に重要です。

Slack、Zoom、Googleミートなど、さまざまなコミュニケーションツールの使い方を習得しておくことが望ましいでしょう。

ミーティングへの繋ぎ方や資料の共有方法がわからないという状況にならないように、最低限の使い方は押さえておきましょう。

12、SNSマーケティングのオンラインコミュニティに入る

SNS運用代行に関するオンラインコミュニティに参加すしておくこともおすすめです。

同業者との情報交換や、レベルの高いベテランからアドバイスを得られる貴重な場となります。

SNS運用の最新トレンドや、クライアント開拓のノウハウなど、実践的な知見を学べるでしょう。中には、仕事の依頼も得られるところも。

人生逃げ切りサロン

インスタ研究室

このようなオンラインサロンで学ぶことができます。

オンラインコミュニティに積極的に参加し、SNS運用代行のスキルアップと案件獲得につなげていきましょう。

【SNS運用代行の副業を始めるために必要なこと|学ぶべきスキル】

【SNS運用代行の副業を始めるために必要なこと|学ぶべきスキル】

勉強を始める前に、そもそもSNS運用代行を副業に知るためにはどのようなスキルが必要なのかを理解しておく必要があります。

具体的には以下の5つがSNSマーケティングで必須のスキルとなります。

  • 質の高い投稿作成の作り方
  • フォロワーの増やし方、バズり方のノウハウ
  • アカウント分析のやり方
  • 提案資料&レポート資料の作成方法
  • クライアントの業界理解

それぞれ解説します。

・質の高い投稿作成の作り方

SNS運用代行において、クオリティの高い投稿作成は非常に重要です。

ユーザーの興味関心を引き付け、エンゲージメントを高めることが、フォロワーの獲得やクライアントの獲得につながります。

逆に、好きな会社の投稿がダサかったら残念な気持ちになりますよね。運用代行は会社の看板を背負っているわけなので、質の高いクリエイティブを作る能力は必須です。

まず、投稿のビジュアル面では、デザインツールの使い方を習得する必要があります。Canva、Photoshop、Illustratorなどのツールを使いこなせるようになりましょう。

また、デザインセンスも重要です。色彩、レイアウト、フォントなどを適切に組み合わせ、ユーザーの目を惹く魅力的なビジュアルを作成する力が必要です。SNSのトレンドも把握し、最新の感覚に合ったデザインを心がけることが重要です。

その上で、企業のブランディングに沿ったデザインを作成できるようになりましょう。

「自分にはセンスがないから難しいかも」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、デザインセンスは知識で補完できます。

多くのデザインを見て、ポイントを理解し、自分でも作ってみる。このステップでスキルとセンスの両面を磨いていけます。

・フォロワーの増やし方、バズり方のノウハウ

SNS運用代行において求められる最重要タスクが「フォロワーの獲得」です。

見込み顧客へのブランド認知度を高め、リーチを拡大し、ファン化や購買へ繋げる。企業のSNS運用の目的は基本的にこの1点に集約されます。

フォロワーを増やすためのノウハウを身につけるには、各SNSのアルゴリズムについて理解を深める必要があります。

Xでは「シェア数」、Instagramでは「投稿への滞在時間」、YouTubeでは「再生維持数やコメント数」など、プラットフォームごとの評価基準が存在します。

多くの見込み顧客へリーチしてフォロワーを増やすには、アルゴリズムに合わせた投稿戦略を立てていくことが重要。そのノウハウを学んで活かせるようにならなくてはなりません。

また、トレンド分析も欠かせません。人々の関心を惹く話題性のある情報を見極め、適切なタイミングで投稿することで、拡散性を上げることができます。

いわゆる「バズ投稿」を作るためには、トレンドに敏感になる必要があるのです。

SNSアルゴリズムの理解とユーザー行動の分析力を身につけることで、効果的なフォロワー獲得につなげることができます。

・アカウント分析のやり方

SNS運用代行の仕事は投稿を作るだけではありません。クライアントのSNSアカウント運用の分析をして、改善施策を提案することも求められます。

アカウント分析の際は、主に以下の3つの観点から検討します。

①「投稿実績の分析」
投稿数、投稿タイミング、投稿内容のジャンルなどを確認し、これまでのパフォーマンスを把握します。どの投稿が好評を得ていたか、ユーザーの関心をどのように惹いていたかを分析します。
②「ユーザー分析」
フォロワー数、年齢層、性別、地域などの基本属性を確認します。また、エンゲージメント率やリーチ数などの指標を分析し、アカウントの影響力を評価します。
③「競合分析」
同業他社や競合するアカウントの投稿内容や集客力を確認し、自社と比較することで、差別化ポイントや改善点を見出します。

これらの分析結果を踏まえ、クライアントの目標や課題に応じた具体的な施策を提案できるよう、分析の手法やスキルを磨いていく必要があります。

・提案資料&レポート資料の作成方法

クライアントへの提案資料やレポート資料の作成は、SNS運用代行の重要なタスクの1つです。

毎月定期的に「分析結果」や「施策提案」をわかりやすく報告する作業があります。

提案資料の作成にあたっては、クライアントの課題や目的を十分に理解し、それに合わせた解決策を提示することが肝心。

単なる数値の羅列ではなく、課題に対する具体的なアプローチ、施策の効果的な表現、効果検証のための指標設定など、クライアントの視点に立った内容を盛り込めるようになる必要があります。

また、資料の構成やビジュアルにも気をつけなくてはなりません。論理的な流れに沿って整理し、デザインを整えることで、説得力のあるレポートに仕上がります。

施策の実施状況や効果検証結果を、数値データと分析コメントを組み合わせて示し、クライアントの課題解決につなげられるようになりましょう。

・クライアントの業界理解

SNS運用代行を行う上で、クライアントの業界や事業内容を十分に理解することが不可欠です。

単なるSNS運用のノウハウだけでなく、クライアントの課題やニーズ、業界特有の慣習や規制などを把握する仕組みを作っておく必要があります。

まず、クライアントの事業内容や製品/サービスの特徴、競合状況などを把握します。

クライアントへのヒアリングの他に、書籍や専門サイト、YouTubeなどでリサーチを行うことで、的確な分析と効果的な施策の提案が可能となります。

また、SNS上のコミュニケーションにおいて、業界固有のルールやコンプライアンス上の留意点を理解しておくことも重要です。

特に、医療、金融、化粧品など、規制の厳しい業界では、慎重な対応が求められます。法令の理解と適切な表現力を備えることが不可欠です。

このように、クライアントの業界特性を深く理解することで、SNS運用代行の質を高めることができます。クライアントの事業成長に貢献するため、業界理解を深めましょう。

【関連記事】
Instagram運用代行の求人の探し方|バイト&フリーランス向け

【SNSマーケティングを勉強する際に知っておくべき注意点】

【SNS運用代行を勉強する際の注意点】

SNS運用代行の勉強をする上では、気をつけるべき注意点もあります。

  • 知識を勉強するだけでは稼げない(実践が重要)
  • SNSの伸ばし方を勉強するだけでは不十分(必要なものは他にもある)
  • 古い情報に注意
  • プラットフォームを絞る
  • 稼げるレベル感を理解する

ここを間違えてしまうと、いつまで経っても稼げるようになりません。副業で稼げるようになるための勉強のコツを解説します。

・知識を勉強するだけでは稼げない

SNS運用代行の副業に興味を持ったら、まずはSNSの基礎知識やSNSマーケティングの手法を学ぶことから始めますよね。

確かに、SNSの特性やアルゴリズム、投稿の仕方など、理論的な知識は不可欠です。

しかし、それらを単に勉強しているだけでは、実際に稼ぐことは難しいのが現状です。

理論と実践を並行して学習することで、現場で使えるスキルになります。

知識だけでなく、実際の運用ノウハウも習得できるよう、学習スタイルを工夫しましょう。

・SNSの伸ばし方を勉強するだけでは不十分

SNS運用代行を行う上で、フォロワーの獲得やアカウントのリーチ拡大は非常に重要なポイントです。

そのため、多くの人がSNSの伸ばし方やデザインの勉強に注力して勉強をするでしょう。

しかし、SNS運用代行のサービスを提供する上で、それ以外にも重要なスキルがあることを忘れてはいけません。

例えば、企画立案力、文章表現のセンス、クライアントとのコミュニケーション力、仮説検証スキルなど、多岐にわたる能力が必要。SNSの伸ばし方だけでは不十分なのです。

クライアントワークに直結する総合的なスキルを身につけられるよう勉強を進める必要があります。

・古い情報に注意

SNSは目まぐるしく変化するプラットフォームです。アルゴリズムの更新、新機能の追加、ユーザー動向の変化など、SNS運用の最新情報を常に把握し続ける必要があります。

そのため、SNS運用代行の勉強をする際は常に、それが最新の情報かどうかを確認することが重要です。

成功事例や手法であっても、現在では通用しない古い情報になっている可能性があります。

SNSやWebサイト、YouTube動画の場合は「投稿日」を、書籍の場合は発売日をチェックし、古くて役に立たない情報に惑わされないようにしましょう。

・プラットフォームを絞る

SNSにはさまざまなプラットフォームが存在しますが、SNS運用代行の副業を行う際は、対応するプラットフォームを絞り込むことをおすすめします。

なぜなら、各SNSプラットフォームには独自のアルゴリズムや機能、ユーザー層の特徴があるため、それぞれに適した運用ノウハウが必要だからです。

したがって、勉強の初期の段階で、自身の得意分野や業界に合わせて、特定のSNSプラットフォームに特化した学習を進めるのがおすすめ。

そちらの方がアウトプットを意識した勉強ができますし、仕事を取る際にも専門性をアピールできます。

・稼げるレベル感を理解する

SNS運用代行の副業をしている人はどの程度のレベル感なのかを知っておくと、あなたが目標とすべき知識水準や勉強時間の目安がわかります。

一人で勉強して案件獲得をしようとすると、

ライバルがどのくらいのレベルなのか?
1日何時間くらい副業に取り組んでいるのか?
クライアントに対してどんなレベル感の提案をしているか?

こういったことがわかりませんよね。これがわからないままだと、あなた一人だけ圧倒的にレベルが低い可能性も。

稼いでいる人が1日5時間取り組んでいるのに、あなただけ1時間やっただけで満足しているかもしれません。

ライバルが資料を念入りに用意して優れたプレゼンをしているのに、あなたは何の資料も用意せずわかりにくい提案をしているかもしれません。

「相手を知り自分を知れば百戦危うからず」ではないですが、稼いでいる人の基準を知ることは重要です。

コミュニティやスクールなどで、どの基準の努力やスキルが必要なのかを知ることが、稼げるSNSマーケターになるコツです。

【SNSマーケティング初心者向け!勉強から案件獲得までのロードマップ】

【初心者からSNS運用代行で稼ぐまでの6ステップ】

SNS運用代行を勉強するイメージが湧いたでしょうか?具体的には、以下のステップでSNS運用を学び、副業案件を獲得していきます。

1、SNS運用の基礎スキルを習得する
2、デザイン・ライティングスキルを磨く
3、分析ツールを使いこなす
4、模擬アカウントでシミュレーションしてポートフォリオ作成
5、クラウドソーシングに登録
6、案件情報・募集要項を分析して案件選定
7、ポートフォリオと提案資料を作成して案件に応募

詳しくは「SNS運用代行の始め方 初めての副業案件の探し方とロードマップ」の記事で解説しています。

こうしたステップで仕事を獲得できたら、その後は

  • 継続的な学習
  • 関連スキルの習得(SNS広告や他のプラットフォームなど)
  • SNSマーケティング関連の資格取得
  • ポートフォリオ更新
  • 既存案件の単価交渉
  • 新しい高単価案件へのステップアップ

といったイメージでキャリアを磨き、いろんな企業から求められる運用代行者を目指していきましょう。

【SNS運用代行の勉強法 まとめ】

SNS運用代行を勉強するには、次のような方法があります。
  • 書籍を活用する
  • 資格の勉強をする
  • 実際のSNS運用を通して学ぶ
  • スクールや学習サイトで学ぶ
スクールに通う場合は、授業で学んだ技術を積極的にアウトプットすることが大切です。たとえば、自分のSNSアカウントを運用して数字を伸ばしたり、副業やフリーランス案件に挑戦したりすることで、スキルとして定着しやすくなります。
また、成功している企業やインフルエンサーのアカウントを分析して、投稿スタイルや画像のデザイン、ハッシュタグの使い方などを学ぶことも有効です。投稿内容を作成する際は、デザインツールのCanvaやPhotoshopなどを使用することで、デザインスキルも身につきます。
SNS運用には継続的な努力と責任感が求められるため、情熱を持ってコンテンツを作成し、フォロワーとのコミュニケーションを行うことができる人が適しています。また、SNS運用を成功させるには、次のようなコツも知っておくとよいでしょう。
・SNS運用の目的を定める
・SNS運用のターゲットを明確にする
・商品・サービスに適したSNSを選ぶ
・アカウントは個人名を感じられるものにする
・ユーザーニーズを踏まえた投稿を意識する
・お役立ち情報を投稿する
・定期的なエゴサーチでユーザーとの交流を図る
・炎上対策を固めておく
この記事が少しでも参考になれば幸いです。