【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較

【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較ビジネススキル/仕事術

「これといったスキルはないけど、将来性のある仕事に転職したいなぁ。」

WEBマーケティングスクールでノウハウを学んで実績を付ければ、未経験でも今から3ヶ月後にはマーケターに転職できます。

将来性の高い職業に未経験から転職できる機会はなかなかありません。それがWEBマーケティング業界なら可能なのです。

この記事では「未経験からマーケターへの転職が可能なおすすめのWEBマーケティングスクール」をお伝えします。

記事を読むことで、以下のような悩みに対して答えを得ることができます。

  • 未経験だけどマーケティングを勉強する価値はある?
  • どうやって勉強したら良い?
  • 独学でも学べる?
  • わざわざスクールで学ぶ意味はある?
  • 未経験でも転職できるって本当?
  • マーケティングを学べば手に職を付けられる?

WEBマーケティングの知識は独学で学ぶこともできます。

しかし、「知っていること」と「WEBマーケティングを習得して活躍できる」ことは全く別物。

マーケティングのプロとして仕事ができるレベルになるには、独学だけでは正直なところ不十分と言えます。

活躍できるWEBマーケターになるためには、独学よりもスクールで学ぶ方がノウハウも実績も身につくのでおすすめです。

ぜひ参考にしてください。

 

【おすすめのWEBマーケティングスクール】

 

【未経験から転職可能!WEBマーケティングスクールおすすめ6選|動画と口コミで比較】

未経験から転職可能!WEBマーケティングスクールおすすめ6選

おすすめのWEBマーケティングスクールは以下の6つです。

「コンバジョニスタ」:WEBコンサルティング会社のOJT感覚でスキルを学べる
「マケキャン by DMM.com」:人気、実績ナンバーワン!体系的な学習で総合力が付く
「デジプロ」:実践特化型カリキュラムで使える知識が身に付く
「WEB MARKS」:SEOスキルに特化したWEBマーケティングスクール
「WANNABE Academy」:スクールに通うだけで「実務経験有り」になれる
「SHE likes」:25種類のWEB系のスキルを定額で学び放題!

それぞれ解説します。

 

この中で1番のおすすめは「マケキャン by DMM.com」です。転職成功率はなんと98%!「マーケターに転職したいならこのスクールで学べば間違いない」と言えるスクールです。

 

・コンバジョニスタ(CONVERSIONISTA)

・コンバジョニスタ(CONVERSIONISTA)

WEBコンサルティング会社のOJT感覚でスキルを学べる超実践的スクール

特徴

  • WEBコンサルティング会社が運営。現役のプロから学べる。
  • 講座は動画での基礎学習が終わってからがスタート。
  • 基礎知識は学習済みなので、講座ではまずクライアント獲得方法を学んで、クライアントを獲得。その後に広告運用を学びながら運用していく流れ。まさに実践の中での学習。
  • 受講中に実際にクライアントを獲得するから報酬も生まれる。
  • 変化の激しいトレンドに合わせたSNS広告の方法も学べる。
  • マーケティング資格の取得サポート、案件紹介、転職サポートあり。
  • 週一回のグループミーティングでアドバイスをもらったり、他の受講生から学びを得られる。
  • 日頃の疑問はいつでもチャットワークで質問可能。

このスクールで学べること

  • Google広告運用方法
  • Facebook広告運用方法
  • WEBマーケターとしての働き方全般
  • クライアント獲得方法(提案方法、ヒアリング方法、効果シミュレート方法)
  • 契約書、見積書、請求書の作り方
  • WEB広告運用のレポート作成方法

口コミ

Web集客についてのセミナーを受けました。SNS・リスティング広告運用のやり方や、売れるランディングページ制作のポイント、LPのアクセス解析方法や改善点の出し方などを、初心者にもわかりやすくイチからていねいに教えていただきました。

とてもわかりやすい説明で、すぐに活用できる内容でした。質問などもしやすい雰囲気で、しっかり答えてもらえたので良かったです。

最新のSNS事情やリスティング広告運用など「わかりやすく」「丁寧に」教えてくれました!そして、なんと言っても人柄が良いですね!

感想

知識だけを学べるスクールも多い中、コンバジョニスタは知識を学んだところからが本当のスタートです。

  1. クライアントごとに最適な広告運用の提案方法
  2. 広告プランニング
  3. 広告運用

このように、実際のマーケティングワークと同じ流れで進みます。

仕事の仕方を身につけることができるため、卒業後にもスムーズに案件に取り組めます。

いつ使うかわからない知識を学ぶのではなくたったいま必要な知識を学んですぐに実践するので、WEBマーケティングスキルの成長を実感できます。

 

WEBコンサルティング会社が運営しているスクールでこれだけ実践的な学びなので、まさにWEBマーケ会社に就職してOJTを受けている感じです。

 

>> Web広告っていくらかかるの?webマーケティング初心者向けに費用の出し方をプロが伝授

 

【学習期間】3ヶ月または6ヶ月
【料金】3ヶ月コース ¥24,800〜
6ヶ月コース ¥39,800〜

 

 

>> コンバジョニスタ公式ページで詳しく見る

 

 

>> 運営会社「ウィニングフィールド」についてはこちら

 

・マケキャン by DMM.com

・マケキャン by DMM.com

現役WEBマーケターが講師のナンバーワンWEBマーケター養成スクール

特徴

  • WEBマーケティングに関して網羅的に学べる
  • アウトプット前提で学ぶので身につきやすい
  • 実務に基づいて設計された実践的な未経験特化型カリキュラム
  • グループワークの様子を見て企業からのスカウトが来る可能性も
  • WEBマーケターへの転職希望者には転職サポートもあり(成功率98%)
  • 卒業後のキャリアアップ成功者多数で確かな実績あり!
  • 転職保証と20日間の全額返金保証あり

このスクールで学べること

  • WEBマーケティングの基礎
  • 業界理解
  • WEB広告、SNS広告の運用方法
  • 顧客課題分析のポイント
  • 戦略立案フレームワーク
  • プロジェクト進行方法
  • データ解析方法
  • 顧客向けレポート作成方法 など

口コミ

「マケキャンbyDMM.com」に関する Google でのクチコミ(投稿者: natsuki nishida)
★★★★★ "30代女性、マーケティング未経験でも転職できました。 学習〜転職までしっかりサポートしてもらえます。 「しっかり」というと、漠然としているので具体的に書きます。 ●学習面 ①質問し放題です。考え方のヒントや丁寧な回答をしてもらえます。 ②毎週末に課題に対してスライドを作成し、発表する時間があります。...
「マケキャンbyDMM.com」に関する Google でのクチコミ(投稿者: shunpei fukushou)
★★★★★ "最初は勢いで受けたのですが、結果として人生の転機となりました。特によかった点は授業内容と転職支援の充実度。 ITそのものに苦手意識と敷居の高さを感じていたのですが、いつまでも逃げてられないと学習を決意。探している中で評価が高そうなマケキャンを受講してみたので、最初は転職など考えていませんでした。 学習は...
「マケキャンbyDMM.com」に関する Google でのクチコミ(投稿者: toshi)
★★★★★ "無事に転職成功できました。 マーケティングの基礎から始まり、WEBマーケティングについて学べます。 現役のマーケターが講師のため、現場目線でのしっかりとした講義となってます。 週末の講義のほかに、平日に補講日が設けられてるため、疑問解消やインプット・アウトプットの場が多く設けられています。 転職面では、...

 

感想

最初の2ヶ月間で基礎から応用までを総合的に学び、3ヶ月目にプロのWEBマーケターとともにグループワーク。即戦力となる力が身に付きます。

インプットとアウトプットのバランスが最適で、確実に身についていっている感覚が嬉しい。

 

転職成功率は驚異の98%!完全未経験からでも3ヶ月でWEBマーケターになれるスクールです。

 

>>【転職保証】3ヶ月で未経験からWEBマーケッターになれる!? 無料カウンセリングに申し込みしてみた。【マケキャンbyDMM.com】

 

【学習期間】3か月
【料金】¥598,000(¥29,800からの分割払いも可能)

 

 

マケキャン by DMM.com の公式サイトを見てみる

 

 

【未経験でも転職できる】マケキャンbyDMM.comは絶対にマーケティング職に転職したい人にとっての最短ルート
この記事では未経験からでも3ヶ月でマーケターに転職できる方法をお伝えします。マーケティングスクール「マケキャン by DMM.com」ではプロが認めるカリキュラムで実践的なスキルを身につけることができ、受講生の98%以上が転職に成功。マケキャンがマーケターを目指すあなたにとって最適で最短のルートになるはずです。

 

>> マケキャン体験者の口コミははこちら

 

・デジプロ

・デジプロ

実践に重きをおいたWEBマーケティングのプロフェッショナルスクール

特徴

  • 動画での予習と現役WEBマーケターによる講義のハイブリッドスタイル
  • パーソナルトレーナーが付いて、チャットで質問し放題
  • WEB広告で使う知識を網羅的に学べる
  • 習うだけでなく、実際に自分の手で広告運用をさせてもらえる
  • 卒業後の相談サポートプランもあり

このスクールで学べること

  • WEBマーケティングの基本
  • WEB広告、SNS広告の運用方法
  • データ分析
  • レポート作成方法
  • WEBマーケティングのPDCA検証方法
  • 動画広告運用方法 など

口コミ

「デジプロ東京校(実践型Webマーケティングスクール)」に関する Google でのクチコミ(投稿者: RYOTO KOSAKA)
★★★★★ "全くの未経験からでも学べるカリキュラムで理解しやすかったです!講師も受講生に合わせて丁寧に教えてくださるので未経験でwebマーケ学ぶには最適なスクールです!"
「デジプロ東京校(実践型Webマーケティングスクール)」に関する Google でのクチコミ(投稿者: Matsu Toshi)
★★★★★ "Webマーケティングと広告運用を2ヶ月に渡って幅広く学べるため、これからWebマーケティング会社に転職したい方、どれかを単発で運用されているインハウスの方、スキルを上げたい個人の方におすすめです! また、講師の方は現役のWebマーケッターさんなので、わからないところは質問し放題なのもありがたかったです!...

感想

WEBマーケターとして結果を出すことにコミットした実践スタイルが特徴のWEBマーケティングスクール。

こうしがやっているのを見ているだけでなく、実際に自分の手を動かして広告運用を体験できます。

また、チャットワークで聞き放題の仕組みもありがたいところ。

 

広告の管理画面など、機能が多くてわからないことも多いですが、すぐに聞ける環境があるので挫折せずに済みます。

 

>>【コロナ禍転職】未経験からWebマーケティング職へ転職した方法【実体験】

【学習期間】2か月
【受講料金】通学プラン:¥300,000(¥18,000からの分割払いも可能)
オンラインプラン:¥350,000(¥20,000からの分割払いも可能)
【入会金】¥30,000

 

 

デジプロの公式サイトで詳しく見てみる

 

 

>> デジプロ東京校体験者のクチコミはこちら

 

・WEB MARKS

WEBMARKS

広告運用よりコスパが高いSEOスキルに特化したWEBマーケティングスクール。

特徴

  • SEO(検索エンジン最適化)とは、お金をかけずに検索上位を取るためのマーケティング手法
  • SEOに特化したカリキュラムで、「広告運用しかできないマーケターよりも有能なWEBマーケター」になれる
  • 動画学習+オンライン授業でスキルを習得
  • 実践型課題でアウトプットの場を用意。添削サポートも充実。
  • 質問は無制限に可能
  • WEBマーケティングの資格GAIQ・Web解析士の取得サポートあり
  • プロのWEBマーケティング会社が運営。現場で活かせる生のSEOスキルが学べる。
  • 自社での活用、転職、フリーランスなど様々な進路に最適なカリキュラムを用意
  • Webマーケターとして就職、転職、副業、独立できるレベルになる

このスクールで学べること

  • WEBサイト作成時に使えるSEO内部対策方法
  • 上位表示できるWEBサイトのキーワード選定メソッド
  • ページ評価改善のためのリライト方法
  • アクセス解析の方法とツールの使い方
  • 案件獲得のノウハウ(フリーランスコースのみ)

クチコミ

サイト上でも受講生の体験談が多数見られます。

感想

多くのWEBマーケティング会社は広告運用に特化している中、SEOマーケティングに特化した珍しいスクール。SEOはマーケターになる上でかなり重要なスキルです。

多くの企業はネット集客をしたいと思っているけれど十分な広告予算がない。

そのため広告運用しかできないマーケターではそうした企業をクライアントにできません。

しかし、SEOという切り口であれば「広告費をかけずにネット集客できる」という営業が可能になります。

結果、多くの企業から重宝されるWEBマーケターになれるでしょう。

 

SEOスキルを学ぶことでWEBマーケティングの仕事の幅が広がって稼ぎやすくなるのでおすすめです。

 

【学習期間】3か月
(講座2か月+就転職&案件獲得サポート1ヶ月)
【料金】就職コース:¥498,000(30歳未満・関東限定)
フリーランス養成コース:¥498,000
就職+フリーランス両取りコース:¥598,000

 

 

WEB MARKS公式サイトはコチラ

 

 

>> WEBMARKSの口コミ

 

・WANNABE Academy

・Wannabeアカデミー

学ぶだけで「未経験」から「実務経験有り」の状態までいける実務特化型スクール

特徴

  • 教材と週一回のオンラインライブ授業で実務に役立つスキルを学べる
  • しっかりと理解できなかった時は回数無制限で補講が受けられる
  • 転職、副業、資格取得などそれぞれのゴールに向けてのサポート体制も充実
  • 一日中チャットワークでの相談が可能
  • 講座の最後には「Google広告認定資格取得試験」を実施

このスクールで学べること

  • WEB広告、SNS広告の運用方法
  • WEBマーケティング効果分析方法
  • マーケティングフレームワーク
  • 広告運用(実践)
  • クライアントワーク(実践) など

口コミ

感想

WEBマーケティングで重要なのは実務経験に特化した学びを得られるスクールです。

WEB広告の運用方法だけでなく、案件の獲得方法やマーケティングのフレームワークなど、WEBマーケターとして活躍するためのカリキュラムがしっかりと用意されています。

学習期間中には提携クライアントの課題解決業務に参加することもできます。

卒業時に「実務経験有り」と履歴書に書けるレベルになれるのは、このスクールの大きな特徴です。

WEBマーケティングに興味がある人はWannabeAcademyのインスタグラムアカウントも要注目です。

 

【期間】3か月(+4か月の無料サポートあり)
【受講料】¥240,000(¥20,000からの分割払いも可能)
【入会金】¥60,000

 

 

WANNABE Academyの公式サイトを見てみる

 

 

>> WANNABE ACADEMYの口コミ

 

・SHE likes

 SHE LIKES

web系のスキルが25種類以上学び放題の女性限定スクール

特徴

  • 25種類のweb系スキルが定額で学び放題
  • webマーケティング講座もマーケティング講座もある
  • webサイト制作やデザイン、ライティングのコースもあるので総合的な力がつく
  • 実際のクライアントワークでのPDCAの回し方がわかる

このスクールで学べること

  • マーケティングの基礎知識
  • webマーケティングの基礎知識
  • コンテンツ記事の企画、作成方法
  • SNS運用
  • 広告運用
  • イラストレーターやPhotoshopでのクリエイティブ制作
  • 副業やフリーランスとしての活動方法など

口コミ

感想

女性限定のおしゃれなキャリアスクール。web系のスキルが25種類も学べるのはお得ですよね。

webマーケティングの他にもマーケティングや広告運用、SNS運用など専門のコースが用意されています。

webマーケティングをする上では、こうした知識があったほうが圧倒的に有利ですので、総合的な力をつけたい方には非常におすすめ。

女性限定なのが残念なくらい充実したカリキュラムです。

【学習期間】マーケティングコース 1〜2か月
WEBマーケティングコース 2〜3か月
【受講料金】月額¥13,567〜
【入会金】¥162,800

 

 

SHE likesで受けられるコースを見てみる

\ WEBマーケティングコースは無料体験も実施中 /

 

 

>>【好きすぎる…】SHE likesで私のキャリアがキラキラ輝き出しそうな7つの理由

なぜ?SHElikesで私の日常がキラキラ輝きだした7つの理由|評判のいい体験レッスンだけでも受けるべし!
この記事ではミレニアル女性向けのキャリアスクール「SHElikes」の特徴をご紹介します。自分らしい仕事ができずに全然輝けていないと思っている方は多いのではないでしょうか?女性が輝いて働くためには、資格ではなくスキルが重要です。魅力的な25種類のスキルが学び放題のSHElikesで新しいスキルを手に入れましょう。

 

>>SHE 青山校の口コミ

 

・初心者にオススメのWEBマーケティングスクールは「マケキャン by DMM.com」

・初心者にオススメのWEBマーケティングスクールは「マケキャン by DMM.com」

6つのスクールをご紹介しました。数あるWEBマーケティングスクールの中から選んだ6社なので、どれもおすすめ出来ます。

その中でも、全くの初心者からWEBマーケティングを学びたいなら「マケキャン by DMM.com」がおすすめです。

WEBマーケティングスクールとしての実績があり、網羅的なカリキュラムが用意されているので、0からでも安心して学べます。

 

転職成功率が98%ということは、企業側から見てもマケキャンのカリキュラムには信頼があるということ。WEBマーケティングスキルを身に付けたいなら、選んで間違いないスクールですよ。

 

詳しくは「【未経験も可能】絶対マーケティング職に転職したい人の最短ルートは「マケキャン」でした」の記事でも紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

404 NOT FOUND | ライフワークカフェ
ライフワークを見つけて自分らしく人生を歩くためのtipsを紹介するサイト

 

 

【おすすめWEBマーケティングスクール まとめ】

 

【そもそもWEBマーケターとは? WEBマーケティングの仕事内容を基本から解説】

【そもそもWEBマーケターとは? WEBマーケティングの仕事内容を基本から解説】

「これからの時代はWEBマーケティングが来るらしい。マーケティングってなんか知的でかっこいいイメージもあるし、自分も勉強してみようかな」

WEBマーケティングスクールの受講を考えている方の中には、このような方もいるかもしれません。

ですが、このイメージは必ずしも正しくはありません。

  • WEBマーケティングとマーケティングの違いは?
  • WEBマーケティングの手法にはどんなものがある?
  • 実際の仕事内容は?
  • 身につけるべき必要なスキルは?

これらについて解説します。

WEBマーケティングスクールに入ってから後悔しないように、マーケティングについての基礎知識をおさらいしてみましょう。

・WEBマーケティングとは?

WEBマーケティングとは、ネット上でものやサービスを売るための施策を考えたり、検証をする仕事のことです。

WEBマーケティングスキルは今あらゆる業種でニーズが高まっています。

多くの企業がネットに参入している昨今、WEBマーケティングができる会社とできない会社で売り上げに大きな差が生じているのです。

WEBマーケティングを学べば以下のことが可能になります。

  • 会社の売上アップ
  • 他の企業へのコンサルティング
  • 自分の商品を作ってオンラインで販売する

つまり、WEBマーケティングを学ぶことであなたはモノの売り方がわかり、企業から求められる人材になれるということです。

モノの売り方を知っている人はどんな環境でも生きていくことが出来ますよね。

会社に依存せず市場価値を上げられるスキルとあって、将来に不安を持つ人など多くの社会人から注目されているのです。

 

・マーケティングとの違い

(参照:プロモニスタ

WEBマーケティングとマーケティングはざっくり言うと以下のような違いがあります。

【WEBマーケティング】

インターネットを使って商品やサービスを売るための施策

【マーケティング】

商品開発、流通、販売促進など企業の活動そのもの

そのため、WEBマーケティングは「マーケティングの一部」と言えます。

それならWEBマーケティングよりもマーケティングを学んだ方が良さそうに思えるかもしれません。

ですが、短期で大きな効果を生むことができるのがWEBマーケティングの特徴でもあります。

さらに、まだまだ新しいスキルであるためにこの分野に特化した人材が少ないのも現状。

そのため、WEBマーケティングはコスパ良く稼げるスキルを身につけたい人に最適なスキルなのです。

 

ちなみに「マケキャン by DMM.com」のようないくつかのスクールでは、WEBマーケティングを習得するにあたり、マーケティング全般の知識を学んで活用するプログラムも用意されています。

 

・WEBマーケティングの手法

インターネットを使って商品やサービスを売るための施策を考えることがWEBマーケターの仕事だとお伝えしました。

売れるようにするには大きく2つのアプローチがあり、それが「集客」「販売」です。

まずはネットサーフィンをしたりSNSをチェックしたりしている人に対して知ってもらう施策を考えることが「集客」です。

集客施策には以下のようなマーケティング手法があります。

  • SEO(サイトや記事を検索上位に表示させるための施策)
  • リスティング広告(検索エンジンの結果に表示)
  • アドネットワーク広告(webサイトのページやアプリ内に表示)
  • 純広告(メディアごとの広告枠)
  • SNS広告(SNSのフィードに表示)
  • インフルエンサー活用(紹介してもらう)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • SNS運用
  • Youtubeチャンネル運用
  • Youtube広告

こうした施策の中から、効果の大きさ、即効性、費用、顧客最適化などを考えて、クライアントに適した施策を実行します。

商品やサービスを知ってもらうことが出来たら、次は「販売」のフェーズです。

買ってもらうためには以下のような手法から施策を考えます。

  • 販売ページ(LP)の制作
  • サイト分析、改善(離脱率やCVR、問い合わせフォームの改善、ABテストなど)
  • マーケ手法全般(3C分析、4C分析、5フォース分析、カスタマージャーニー、セールスライティングなど)

主な施策はLP(ランディングページ)と言われる販売ページの制作、その改善を回す作業になりますが、そのためにはマーケティング全般の知識を活用しなければなりません。

WEBマーケティングスキルと一口に言っても、実はこのようなさまざまな知識や手法を組み合わせる応用力が求められるのです。

 

・WEBマーケターの仕事内容

WEBマーケターとしての仕事の流れは以下のようになります。

  1. クライアント営業&獲得
  2. サイト分析
  3. 改善施策立案
  4. プレゼン
  5. 改善施策実行
  6. 効果検証
  7. レポート作成

「レポート作成」をして終わりではなく、ここからさらに「サイト分析&改善施策の立案」に戻り、PDCAを回していく感じになります。

また、WEBマーケターの多くは複数のクライアントを抱えています。

そのため、いくつものサイトを同時並行で分析・戦略立案・検証していく仕事になります。

以下はWANNABE ACADEMYの卒業生が実際の職務研修で行ったマーケティングワークの内容です。

マーケティング課題を抱える企業に対してどのような施策を考えたのかをホームページ上に公開してあります。

(参照:実務研修「広告運用月次レポート」を大公開〜ワインのサブスクサービス Facebook広告編〜)

マーケティング思考の参考になるので、興味のある方はチェックしてみてください。

「自分がマーケターになったらこんな感じで施策を考えるのかぁ」という参考になります。

 

・WEBマーケターとして稼ぐために必要な知識とスキル

WEBマーケターの仕事内容や手法をお伝えしました。

未経験の方がこれからWEBマーケティングを仕事にしようと思ったら、上記のことについて専門性を深めていかなければなりません。

具体的には以下のようなスキルセットが必要になります。

  • マーケティングの基礎知識
  • 上記のWEBマーケティング手法
  • 分析、仮説、改善のノウハウ
  • WEBマーケティングの戦略立案スキル
  • レポート作成のためのEXCELスキル

これらを学ぶ方法としては、本や動画、スクールにOJTなどさまざまな方法があります。

しかし、独学で全てを学ぶのは正直ムリです。未経験からWEBマーケティングを学ぶのであれば、スクールで学ぶのが最短で最適でしょう。

その理由を次章で解説します。

 

【おすすめWEBマーケティングスクール まとめ】

 

【WEBマーケティングを無料で独学することは不可能|実践的な力は付きません】

【WEBマーケティングは独学できる? 実践的なスキルは独学では難しい】

未経験からWEBマーケティングを学ぶ方法としては以下の4つがあります。

  1. 本で学ぶ
  2. オンライン動画で学ぶ
  3. スクールで学ぶ
  4. 就職して仕事をしながら学ぶ

いきなり就職するのはハードルが高いと思いますので、まずは、本・動画・スクールの中から選ぶのが良いでしょう。

動画サービスには以下のようなサイトがあります。

しかし、本を読んだり動画を見るだけでは知識を得るだけで終わりです。実践的な力は一切身に付きません。

私も本を何冊も読みましたが、WEBマーケティングの知識を得ることは出来ても使えるようにはなりませんでした。

先ほどお伝えしたように、「知っていると使えるは違う」のです。

しっかりと実践で役立つ勉強をするには、本や動画での学習ではどうしても足りないのが実情なのです。

 

・広告運用の経験を積むにはどうしても費用がかかる

また、お金をかけずに無料で勉強することも不可能です。

いやいや!本は図書館で借りて、動画はYouTubeで探せば無料でWEBマーケティングを独学できるじゃん!天才!

このように考える方もいるかもしれません。確かにプログラミングのようなスキルであれば無料の教材を使って独学することもできます。

しかし、WEBマーケティングにおいては無料で独学は不可能です。それは、広告運用をするためにはどうしても費用がかかるから。

広告費をかけずに施策だけ考えても机上の空論です。

実際にその施策に効果があるかどうかは広告費をかけて運用してみなければわかりません。

なので、WEBマーケターとして活躍できる人材になるためには、お金を出して広告を回してみることが必須なのです。

分析をして仮説を立てて広告を回して検証をする。それを繰り返すことではじめて、WEBマーケティングのスキルは身に付きます。

 

独学でできるのは知識を得ることだけ。WEBマーケティングにおいて知識だけの勉強は無駄なので、結局独学では何も習得できないのです。

 

・WEBマーケティングスクールで学ぶ5つのメリット

WEBマーケティングはお金をかけずに独学だけで習得しようと思っても不可能。

そのため、WEBマーケティングスキルを習得したいなら、スクールで学ぶのがベストです。その理由は5つあります。

  • 実践的なプログラムなので自分で考える力がつく
  • 体系的に学べるのでスクールだけで総合的な力がつく
  • 講師や仲間がいるので学習を継続しやすい
  • 施策の考え方について役立つアドバイスをもらえる
  • コミュニティでWEBマーケティングを学ぶ仲間ができる

それぞれ解説します。

 

実践的なプログラムなので自分で考える力がつく

実践的なプログラムなので自分で考える力がつく

スクールでは本や動画教材よりも実践的なプログラムが用意されています。

WEBマーケティングで重要なのは、ツールの使い方を知っていることではなく、思考法やツールをもとにどのような仮説や施策を考えるかです。

知っているのと使えるのとは全く別問題です。WEBマーケティングスキルを鍛えるためには、実際に自分の頭で施策を考えることが重要です。

どれだけレシピ本を読んでも、一回も作ったことがなければ美味しい料理は作れないですよね。

それよりも、いろんな料理を実際に自分で作っていく中で、コツを掴み、美味しい料理を作れるようになります。

WEBマーケティングもこれと同様で、実践が何よりも大事です。

本や動画での学習はどうしても受け身になります。それだけでは、何十冊の本を読んだとしても自分の力になることはならないのです。

WEBマーケティングのスキルを身につけて効果的な施策を打てるようになるには、実践を通して自分の頭で考えることがもっとも重要です。

 

体系的に学べるので、スクールだけで総合的な力がつく

体系的に学べるので、スクールだけで総合的な力がつく

WEBマーケティングスクールではWEBマーケティングに関する知識やスキルを体系的に学ぶことが出来ます。

そのため、スクールの内容を一周することでWEBマーケティングのスキルが身につきます。

本で学ぼうと思った場合、まずは入門書を読もうと思いますよね。そして「はじめてのWEBマーケティング」のような本を購入して一冊読み終えます。

もちろん、基礎を押さえるだけでスキルが身につくわけではありません。さらにスキルを磨くためには関連書をいくつも読み漁る必要があります。

そうしている内に、「読んでも読んでも、まだまだ知らない知識があるかもしれない。もっといろんな関連書を読まなくては。」という気持ちになってしまいます。

つまり、独学には終わりがないのです。いつまでも実践に移らずに、知識だけを勉強しているだけ。それでは上達していかないですよね。

スクールであればWEBマーケターとして力をつけるために必要なスキルが厳選されてプログラム化されています。

そのため、スクールだけでWEBマーケティングの知識を学び、実践練習もできます。

独学よりもWEBマーケターとしての力が付きやすいのは間違いないでしょう。

 

講師や仲間がいるので学習を継続しやすい

講師や仲間がいるので学習を継続しやすい

独学の難関はサボったり辞めたりしてしまうことです。

仕事の合間に勉強をしようとしても、「今日は忙しくて疲れたから休もう」という気持ちになることもありますよね。

独学の場合、WEBマーケティングで稼ぐまでのステップがはっきりとわからないため、中途半端に学んだだけで終わってしまう人も多いです。

スクールに通うことで講師や仲間と一緒に進んでいくことができます。

せっかく勉強したのに何の役にも立てずに終わっていたらそれこそ時間の無駄です。

WEBマーケティングを学んで稼げるようになるという目標をしっかりと叶えるためには、勉強を継続できる環境整備もポイントになります。

 

施策の考え方についてプロからアドバイスをもらえる

施策の考え方についてプロからアドバイスをもらえる

WEBマーケティングスキルを習得するには、基礎を押さえるだけではなく実践形式で訓練を積むことが重要。

WEBマーケティングスクールではそうした実践形式のトレーニングプログラムも多く用意されています。

勉強したからと言って、効果的なWEBマーケティング施策を次から次に思いつけるわけではありません。そこを多くの方は勘違いしています。

課題解決のための仮説を立てたり、施策を考える上では「勘所」のようなものが重要になってきます。

それは実践での経験や過去の成功事例によって培われます。

WEBマーケティングスクールの実践フェーズでは、経験を積んだプロから課題解決のためのアドバイスをもらうことができます。

百戦錬磨の優秀なコーチがついて、考えるヒントをもらえるのです。

 

甲子園に出場するような学校は監督やコーチに優秀な人が多いのはご存知でしょう。効果の高い練習や成長速度を高める環境は彼らによって作られます。

それはWEBマーケティングにおいても同様です。家で素振り(読書)だけしていても上手くはなりません。

良い環境に身を置いて、アドバイスをもらいながら成長する。それがWEBマーケターとして最速で成長するための方法です。

 

コミュニティで学ぶ仲間ができる

コミュニティで学ぶ仲間ができる

WEBマーケティングスクールには、生徒のコミュニティを用意しているところも多いです。

基本的にはオンラインでのやりとりになりますが、同じ目標に向かって頑張る仲間がいることで多くの刺激を得られます。

コミュニティがあることの利点として「努力の基準が変わる」ということも挙げられます。

一人で勉強していると、「今日はこの辺でいいか」と自分なりの頑張った基準で判断してしまいますよね。

1時間で満足する人もいれば、5時間以上やらないと満足できない人もいます。頑張りの基準は人それぞれ。あなたはどちらでしょうか?

1時間で満足していたら、5時間以上やっている人にどんどん差をつけられてしまいますよね。

独学だと周りの努力量を知らないままです。気付かないうちにどんどん周りに差をつけられてしまいます。

コミュニティがあることで、周りの努力量を知ることができます。

WEBマーケティングスクールはお金がかかるからこそ、本気で学びに来ている人も多いです。

だからこそ、周りにはすごい努力量の人もいます。

彼らの頑張りを目の当たりにすることで、自分の中でも努力の基準が引き上げられるでしょう。

 

自分をより高いレベルに持って行きたい人は、自分以外の人がいる環境に身を置くことが重要です。

 

【おすすめWEBマーケティングスクール まとめ】

【なぜWEBマーケティングスクールに通ったら転職がしやすいのか?】

【なぜWEBマーケティングスクールに通ったら転職がしやすいのか?】

WEBマーケティングスクールで学ぶことで、マーケターへの転職はしやすくなります。

その理由は3つです。

  • マーケティングノウハウを習得している人材になっている
  • スクールのカリキュラムの中で、マーケターとしての実績を作れる
  • 転職市場にないマーケターの求人がスクールにはある

WEBマーケティングスクールでの勉強は実践形式なので、単なるマーケティングの知識ではなく活きたスキルとして習得できます。

また、カリキュラムとして取り組む案件を自身のマーケティングワークの経験としてポートフォリオにできます。

スクールで学びながら、実績を作ることも出来ているのです。

こうした人材であれば、マーケティング会社やマーケターを探している事業会社ならぜひとも欲しいと思いますよね。

人材が欲しい場合、転職サイトなどに登録して募るのが一般的です。

しかし、マーケターという専門職の場合、転職サイトで募集しても希望する人材が応募してくる確率は高くありません。

それならば、マーケティングスクールに求人を出した方が確実にマーケティングスキルを持った人材を採用できます。

そうした狙いがあって、マーケターを募集する会社の求人がマーケティングスクールに集まっているのです。それもWEBマーケティングスクール経由だと転職しやすい理由です。

特に転職サポートのあるWEBマーケティングスクールでは、一般的な転職サイトには載っていない求人があることも。

こうした理由から、WEBマーケティングスクールで学んだ人はマーケターへの転職がしやすいと言えます。

 

【数十万円の授業料を払ってまでWEBマーケティングスクールに通う価値はある?】

【数十万円の授業料を払ってまでWEBマーケティングスクールに通う価値はある?】

マーケティングの仕事に転職したいけれど、スクールの受講料が高すぎてためらっているかもしれません。

なかなか数十万円もかけて何かをする機会ってないですよね。海外旅行でもせいぜい十数万円。私も、数十万円のスクールって詐欺じゃないかと思いました。

正直、知識を学ぶだけならマーケティング関係の本を読むことだけでも勉強はできます。

自分でWEBサイトを作って運営すれば、スクールに通わなくても実践することは可能です。

しかし、WEBマーケターに転職して人生を変えたいと思う方にとっては、この受講料金は払う価値があるかもしれません。

お金を払ってでもマーケティングスクールに通う価値を以下の4つのポイントからお伝えします。

  • マーケターという選択肢が増える
  • 年収がアップしやすい&汎用性があってさらに稼げる
  • 余計な勉強がいらない
  • 仕事を失わないための生存戦略になる

私自身も受講するかどうか非常に迷い、スクールの価値を考え尽くしました。迷っている方の参考になれば幸いです。

 

・マーケターという選択肢が増える

まず1つ目の価値は、当然ながらWEBマーケターになれるということです。

転職しようと考えた場合、一般的には今の仕事と同じ業種の仕事にしか就けません。

転職市場ではポテンシャルではなく、確かな経験や実績が求められるもの。それらがない状態で転職することは不可能です。

中には、未経験でも応募可能な仕事もあります。ですが、そうした仕事の場合は誰でも出来る仕事が多いため、収入は減少するでしょう。

マーケターへ転職する場合もマーケティングのノウハウや実績は必要です。

しかし、スクールに通えばそれに近い状態になれるのです。

  • カリキュラムを実践することで自分のスキルや実績になる
  • 現役のプロのノウハウを学べる
  • WEBマーケターに転職するためのサポートを受けられる

こうした充実のカリキュラムと転職サポートはスクールで学ぶ価値です。

例えば「マケキャン by DMM.com」の転職成功率は98%。ほぼ確実にその分野で転職できるということです。

車を買っても時計を買っても、海外旅行に行ってもそこまで人生は変わりません。

しかし、スクールで学んで転職できれば確実に人生に変化が起こるのです。

今の自分を少しでも変えたい。そう思っている方にはこの上ない価値があるでしょう。

 

・年収がアップしやすい & 汎用性があってさらに稼げる

WEBマーケティングスクールの受講料は数十万円。高額ですが、これは浪費ではなく自己投資です。

転職情報サイト「indeed」の調査によると、業種別の平均年収は以下のようになっています。

  • WEBマーケティング業界  455万円
  • 一般営業職         351万円
  • 事務系総合職        349万円

このようにWEBマーケティング業界の年収は平均的に見ても高水準であることがわかります。

つまり、営業や事務職からWEBマーケティング職に転職すれば、数ヶ月でスクール代金の元を取れるということです。

5年、10年と考えればその差はさらに広がりますよね。

さらに、WEBマーケティングスキルを習得して経験を積めば、更なるキャリアアップや副業も可能になります。

特に注目なのが副業の選択肢です。

  • 短時間のスポットコンサルティング
  • 企業や個人でECサイトを運営している人向けの広告運用
  • 自治体のWEBマーケティング施策立案
  • 自分でWEBメディア運営
  • 自分でECサイト運営
  • 広告運用のノウハウを電子書籍や動画教材として販売

WEBマーケティングスキルを習得すれば、様々な手段でお金を稼ぐことが可能になります。

そう考えると、アップする収入は年収の差だけではありませんよね。

年収の高い業界に転職できて、本業以外での収入を得るスキルを身につけられる。そう考えたら決して損する出費ではないはずです。

 

・余計な勉強がいらない

WEBマーケティングスクールのカリキュラムは、転職に必要なスキルから逆算されて構築されています。

マーケティング未経験者が勉強しようと思っても、まず何をどう勉強したらいいかわからないですよね。

書店に並ぶ入門書は広い範囲をカバーしているので内容が浅い。かといって専門書を最初から読んでもわからないことだらけ。

スキルを習得するまでのロードマップがないのです。

そのため、不要なテーマや情報が古くて使えないものを一生懸命勉強してしまったり、稼ぐために必要不可欠なテーマを勉強していなかったりといったことが起きます。

私もスクールに行く前に興味本位で買ったマーケティング本が1万円以上あります。ですが、どれも有益というには程遠い内容だったことに後から気づいたのです。

新しく勉強する分野に関しては知らないことも多く、どうしても無駄が発生します。それはお金だけでなく時間も同様。

そうした無駄をなくし、最短でプロになるために必要な勉強を最短で出来る。それもスクールに通う価値だと言えるでしょう。

 

・仕事を失わないための生存戦略になる

・仕事を失わないための生存戦略になる

転職してWEBマーケティングスキルを磨くことで、あなたの市場価値は今よりさらに上がるでしょう。

これからの時代を考えたら、マーケターとして経験と実績を積んでおくことは生存戦略の1つになります。

自分を客観的に見て、伸びていく産業で食べていけるスキルを磨く。実際、企業の場合はこうしたことが当たり前に行われています。

今の事業を頑張るだけでなく、別の事業にもチャレンジして利益を伸ばしている企業は多くあります。

例えば、ソフトバンク。最初の事業はPCソフトの卸売りでしたが、今では数多くの事業を行っていますよね。

TSUTAYAも最初は1つのレンタルビデオ店からスタートしました。そこから、スタバの入ったおしゃれな書店事業やTポイントカード事業などに移行しています。

あのトヨタですら、自動車事業に固執することなく「スマートシティ」という新しい分野に資源を投入しています。

あなたの5年後、10年後を考えてみてください。

今の仕事のままでも大丈夫だと思えていますか? 転職したいときに自由に好きな仕事に転職できますか?

これからの時代、WEBマーケティングのスキルは生存戦略に欠かせないものになります。

もし、今の仕事や働き方に危機感を感じているのであれば、WEBマーケティングを学んで、マーケターとして業界に身をおく方がリスク管理になるでしょう。

 

【WEBマーケティングスクールの選び方|失敗しないための4つのポイント】

【WEBマーケティングスクールの選び方|後悔しないための4つのポイント】

WEBマーケティングを学ぶならWEBマーケティングスクールがおすすめです。

しかし、WEBマーケティングスクールであればどこでも良いわけではありません。

スクール選びで失敗しないためのポイントは以下の4つです。

  • カリキュラムの内容
  • 学習環境
  • 転職サポート
  • 実績、受講者の感想

それぞれ解説します。

 

・カリキュラムの内容

1つ目のポイントは「学べる内容」です。

WEBマーケティングといってもその内容は非常に多岐に渡ります。

WEBマーケティングを全般的に扱うスクールもあれば、広告運用などWEBマーケティングの一部だけにフォーカスしたスクールもあります。

初心者であれば網羅的に学べるスクールがおすすめです。

広告運用に特化したスクールではWEBマーケティングの全体像を学ぶことができないので、初心者にはおすすめしません。

また、実践的な学びが出来るかどうかも重要になります。

オンラインスクールの中には、動画を見るだけのところもありますが、それでは本と同じで受動的な学習しかできません。

宿題やグループワークなど「自分で考えるプログラム」が用意されているかもチェックしましょう。

・学習環境

「動画やテキストを用意しているのであとは自分で勉強してください」というスタイルのスクールだと、テキストに載っている基礎以上の学びが得られません。

  • 講師からのアドバイスがもらえるか?
  • 生徒同士のコミュニティがあって切磋琢磨出来るか?

こうした学習環境もWEBマーケティングスキルを高める上では重要な要素です。

 

・転職サポート

この記事を読んでいるあなたは、マーケティングの経験がないけれどもマーケターに転職したいと思っているかもしれません。

WEBマーケティングスクールには、大きく分けて2種類あります。

  • 転職したい人向けのスクール
  • 今の仕事で使えるスキルを伸ばしたい人向けのスクール(インハウス向け)

例えば、「会社のECサイトの売り上げを伸ばしたいから担当者がWEBマーケティングの勉強に行く」といった場合には、インハウス向けのWEBマーケティングスクールで学ぶという感じです。

マーケターに転職を考えているのであれば、転職サポートのあるWEBマーケティングスクールに通うことをおすすめします。

新卒の場合は実績がなくてもポテンシャル採用と言われる人間性での採用もあります。ですが、転職の場合は経験や実績が重視されます。

転職サポートのあるスクールの中には、スクールでの広告運用経験をそのままポートフォリオ(実績)にできるところもあります。

また、独自に転職案件を持っているところもあり、転職しやすいのが特徴です。

そのため、転職を考えているのであれば転職サポートや実績のあるWEBマーケティングスクールを選ぶべきでしょう。

 

・実績、受講者の感想

各WEBマーケティングスクールの詳しい講座内容やサポート体制については、スクールのホームページだけでは十分ではありません。

申し込んだ後に思ったのと違ったと後悔しないためにも、実際に受講した人の声を聞くようにしましょう。

WEBマーケティングスクールの中にはホームページ上で卒業生の声を掲載しているところもありますし、TwitterなどのSNSでも体験談を聞くことができます。

感想に目を通すことで受講のイメージもわきますし、実際にどのようなことを学んでどう活用できるのかを知ることが出来ますよ。

【WEBマーケティングには将来性がある8つの理由|これからの時代で確実に役立つ】

【学ぶなら今!WEBマーケティングを2021年に学ぶべき8つの理由】

WEBマーケティングに興味がある方は、なるべく早く勉強を始めるべきです。その理由は8つあります。

  • 今後WEB上でのマーケティングが加速する
  • まだ活用できていない業種が多い
  • 文系理系問わない
  • WEBマーケティングスキルがあれば個人でも大企業と戦える
  • マーケターとして企業や自営業を救える
  • WEBマーケティングは汎用性が高く給料は高い
  • マーケターのスキルは副業でも活用できる
  • リモートでどこでも働ける

それぞれ解説します。

 

・今後WEB上でのマーケティングが加速する

企業にとって、今後ますますインターネット上での事業戦略が鍵になります。

そこで良い施策が打てるどうかは、優秀なWEBマーケターがいるかどうかに架かっています。

スキルのニーズが増えることに伴い、数年後には間違いなくWEBマーケターの数も増えるでしょう。

今はまだ先行者優位が働いています。今のうちから実績を積んでおくことが、WEBマーケターとしても重要です。

 

・WEBを活用できていない業種がまだまだ多い

WEBマーケティングのスキルを活用できる業界はIT業界だけではありません。

どの企業もホームページへ集客をして商品やサービスを販売することになります。

そうなると、業種に関係なくWEBマーケティングスキルを持つ人材が企業には必要ですよね。

あなたの会社がWEBに強くないのであれば、WEBマーケティングのスキルを持っているだけで会社から重宝される可能性があります。

まだWEBマーケティングに詳しい人は少ないので、今の努力が自分の価値を大きく高めることに繋がるはずです。

 

・文系理系問わないから学びやすい

今後10年で急成長する仕事には以下のようなものがあります。

  • エンジニア
  • AIスペシャリスト
  • マーケティングスペシャリスト
  • データサイエンティスト
  • サイバーセキュリティスペシャリスト

これらの多くが理系向きの仕事です。

その中でマーケティングスペシャリストについては文系理系問わず学ぶことができます。

もちろん、WEBマーケティングには数字を見たりデータを扱うという部分もあり、その点では理系の方が向いているように思えるかもしれません。

しかし、WEBマーケティングで重要なのは「数字から意味合いを感じて仮説を立てる力」です。

その部分で見ると文系の方が良い施策を考えやすいとも言えます。

プログラミングのように、「文系だから向いていない」と感じる必要はなく、文系理系問わずに活躍できる仕事がWEBマーケターなのです。

 

・WEBマーケティングスキルがあれば個人が大企業と戦える

資金力のない一人の個人でも、WEBマーケティングを使えば大きく成功することが可能です。

例えばテレビCMを出して集客をしようと思ったら、CMの制作と放映で何千万円もかかってしまいます。それこそ資本力がないと出来ません。

しかし、ネット広告であれば数百円から広告を出すことができます。

広告用の画像はいまどきスマホの無料ソフトでも作成可能。さらに、ネット広告以外にも、SEO施策やSNSマーケティングなどお金をかけずに出来る広告も多くあります。

本来、モノを売ろうと思ったら、どれだけ多くの広告費をかけることが出来るかが鍵になっていました。

WEBマーケティングスキルを身につければ、個人でもお金をかけずに集客していくことが可能なのです。

 

・マーケターとして企業や自営業を救える

WEBマーケティングを学べば、オンライン上での集客方法や売れるホームページの作り方がわかります。

インターネット上で商品の販売をしたいと考えている企業が増えていることはお伝えしましたが、その多くはネットでの売上の上げ方を知りません。

あなたがWEBマーケティングを学べば、そうした売上を上げたい企業や個人で頑張っているお店の売上アップに貢献することが出来るのです。

WEBマーケティングが出来れば、困った経営者を救う手伝いが出来ます。そうしたやりがいも大きな魅力の一つではないでしょうか。

・WEBマーケティングスキルは汎用性が高い

WEBマーケティングのスキルはどの会社でも使える汎用性の高いスキルです。

IT企業に限らず製造業や小売業など、「ネット上でモノやサービスを売りたい」「もっと多くの人に知ってもらいたい」と考えている会社がほとんどです。

言われた仕事をこなせる人よりも、売上を上げて業績にダイレクトに貢献できる人の方が価値は高いですよね。

多くの企業は売上の上げ方がわからなくて困っているので、売上を上げられるマーケターは転職市場での価値も上がります。

「ライバル企業の売上が上がった!理由はAさんの考えた施策にあるらしい。すごい!あんな人がうちの会社にも欲しい。」

こんな評判がつけば、他の企業からスカウトされる人材にもなることができます。

 

・WEBマーケティングスキルは副業でも活用できる

WEBマーケティングを学べば副業で稼ぐことも可能になります。

「オンラインでの売上を上げたいからアドバイスをしてほしい」と考えている企業は多い上に、クラウドソーシングやスポットコンサルといったマッチングサービスが増えたことで仕事は見つけやすくなっています。

また、WEB広告の運用は長期的な契約になりやすいが特徴。単発の案件ではなく継続的な仕事が出来るので、一度決まれば安定した収入にも繋がりやすいですよ。

その他にも、自身でウェブサイトの運営をして集客・販売をすることもできます。

サイトに広告を貼れば、クリックや購入に繋がった場合に広告費を得ることができることをご存知でしょうか?

紹介料の高い広告を選び、多くの人に見てもらえる記事を作れば、月に数万円から数十万円を稼ぐことも可能です。

広告を貼るだけでなく、自分の商品を販売するためにWEBマーケティングを活用することも可能です。

例えば、WEBマーケティングを勉強したい人向けのサイトを作って、記事の中で「WEBマーケティング完全ガイド」といった感じの電子書籍を販売するという手があります。

WEBマーケティングを学んで会社に貢献することもできるし、副業でも稼げる。稼ぎ方の幅が広がりますよね。まさに、自分が生きていくための武器を手に入れることができるのです。

・リモートでどこでも働ける

WEBマーケティングの仕事は、インターネット環境があればどこでも行うことができます。

コロナ渦で進んだリモートワーク化は今後さらに主流になっていくはずです。

リモートで働ける環境を作っておくと以下のようなメリットがあります。

  • 好きな場所で仕事ができる
  • 通勤の時間をカットできる
  • 家にいる子供の面倒を見られる
  • 引っ越しが自由になる

WEBマーケティングスキルを習得することで、働き方はもっと自由になります。

 

【おすすめWEBマーケティングスクール まとめ】

 

【実際に未経験からWEBマーケティングを学んで転職に成功した人の事例】

【実際に未経験からWEBマーケティングを学んで転職に成功した人の事例】

「完全に未経験だけど、本当にWEBマーケティングスクールで学んだら転職できるの?」と疑っている方もいるでしょう。

WEBマーケティングスクールのホームページでは、実際に未経験から転職に成功した方の事例が数多く上がっています。

以下はその一例です。

 

・電力会社の技術職からマーケターに転職(マケキャン by DMM.com)

「1週間後の課題発表(週末講義)に向けてインプットする」という流れがとても良かったと思っています。

ただ単に動画を見るだけの学習ではなく、週末講義で課題を発表する目的があるので自然と気が引き締まりますよね。

動画を見るのが「作業」にならないのがとても良かったかな…。あのおかげで、日々のインプットの質も高くなったかと思います。

>> 地方から1人で上京。マーケティング未経験から勝ち取ったWebマーケターへの道

 

・建築会社の施工管理職からマーケターへ転職

スクールで得られたスキルを一言でいうと「どうしたらできるかを考える」スキルですね。

できることを積み重ねた結果、何かができるようになったわけではなく、自分のやりたいことがあって、それを成し遂げるために逆算して必要な期間や物を考え、揃えていくという考え方は非常に勉強になりましたね。

>> 悩んでいる時間は無駄。行動するからこそ、やるべきことが見えてくる。建築業界からWebマーケターに転職する男の物語

 

・洋菓子店販売職からWEBマーケターに転職

まだまだ学んでいる最中ですが、マケキャンの提案書ワークの中で講師の方から教わったことを「そういうことだったのか!」と答え合わせをするような毎日です!!

受講当時は「なるほど!」とは思いつつも、「どの場面で活かせる」まではイメージが正直湧いていなかったのですが、今はリアルにイメージをすることができ、学んできたことの大切さを日々再認識しています。点が線になってきている感覚ですね。

>> スキマ時間を上手に利用し、販売職から念願だったキャリアアップを実現!

 

・プログラマーのインターンから一転、WEBマーケターへ就職

講義を受けながら就職をしっかり考えるようになりました。

応募先の調べ方や書類の書き方、面接の練習を鈴木さんやスタッフの高重さんにサポートしてもらいながら、無事、東京のWebマーケティング会社に内定をいただきました。

会社の面接では「即戦力だね」というメッセージをいただけました。広告の基礎知識を身につけていたのを評価してもらえたと思います。

>>「即戦力だね」と言われるほどの実践的な講義と心強い就職サポートが内定に直結。新卒から憧れのマーケターへ。

 

・飲食店の接客業からマーケターへ転職

課題で作ったプランニングシートを履歴書と一緒に送るようにしたら、書類の通過率が変わりました。未経験でも出来るってことを伝えられたのかなと思います。

面接で「広告表示オプションつけられる?」と細かいことを聞かれても、ぱっと答えられたのはデジプロのおかげです!

>> 飲食店の接客業務からマーケッターに転職!課題で作ったプランニングシートが役に立った

 

・食品メーカー生産技術職からWEBマーケターへ転職

デジプロを受講する前に10社ほど、Webマーケティングの会社に履歴書を送りましたが、書類選考の段階ですべて落ちました。

その後デジプロである程度学んでから、Web広告を学んでいる旨を履歴書に書いて、本気度をアピールするようになってから、12.3社のうち、半数の会社の書類選考を突破しました。

>> 未経験からマーケティングに転職が決まった!デジプロを受講して転職できた理由

 

このように未経験からスクールに通うことでマーケターへの転職を可能にした人は増えています。

マーケター・プログラマー・映像編集者など、いまは未経験の業界にもゼロから学んで転職できる時代です。

しかし、卒業生の方もおっしゃっていましたが、転職サイトで探して応募するだけでは落ちてしまうでしょう。

マーケターに転職するにはマーケティングスクールで学ぶことが近道。逆に言えば、マーケティングスクールで学ぶだけでマーケターへの道が開かれる。

そう考えたら、受講する価値は十分あるのではないでしょうか。

 

【転職だけじゃない!マーケティングを学んだらできること】

【学習後はどうしたら良い? 未経験から仕事や副業に活かす方法】

今すぐ転職したいわけではないけれど、将来のために学んでおきたい。

そのような場合は、本当にお金をかけて勉強する意味があるかどうか悩みますよね。

しかし、WEBマーケティングを学ぶ意味は確実にあると言えます。

そこで、WEBマーケティングを学んだ後の活用法を紹介します。具体的には以下の5つの方法があります。

  1. マーケターとして転職する
  2. 会社内でWEBマーケティング事業の提案をする
  3. 副業をする
  4. WEBマーケティング関連の資格をとる
  5. マーケティングの思考をビジネスに転用する

こうした方法であれば、WEBマーケティングスキルをさらに伸ばすことができます。

市場価値や収入を上げることもできるでしょう。それぞれ詳しく解説します。

 

1、マーケターとして転職する

1、マーケターとして転職する

WEBマーケティングスキルを自分の武器として伸ばしたいなら、マーケターに転職することがもっとも効果的です。

様々な案件をこなすことができますし、優秀なマーケターがいる環境に身を置くことで学べることも多いです。

マーケターとして転職する方法は3つあります。

  • マーケティング会社に就職
  • 企業のマーケティング部門に就職
  • マーケティング会社のFCとして独立

マーケターになるためには、マーケティング会社への以外にも道があります。

企業の全ての経営活動がマーケティングであるとお伝えしたように、どんな会社でも売り上げを伸ばせる人材(マーケター)を必要としています。

また、中には企業と個人がフランチャイズ契約を結ぶという働き方もあります。

加盟店料を払うことで、そのマーケティング会社の名前で営業できるということです。

実績の少ない状態から顧客に営業をするのは難易度が高いですが、マーケティング会社のノウハウと名前があれば個人で仕事を獲得することが容易くなります。

マーケティング会社でなくてもマーケティングの仕事をする方法はいくつもあるので、間口は広いと言えるでしょう。

WEBマーケターとしての転職に興味がある方は、転職サイトで求人を見てみてください。

以下のようなサイトには多くのWEBマーケティング関連の求人が掲載されています。

新型コロナウイルス感染症の流行により大打撃を受けた企業もあれば、業績を大きく伸ばした企業もあります。

WEBマーケティング会社は業績を大きく伸ばした企業であり、今後もさらにニーズは高まるはずです。

もし、今の仕事に不安を感じているのであれば、時代の変化に合わせて仕事を変えていくのも1つのリスクヘッジになるでしょう。

 

2、会社内でWEBマーケティング事業の提案をする

2、会社内でWEBマーケティング事業の提案をする

転職を考えていない場合、あなた自身が「あなたの会社のWEBマーケティングの担当者」になるという手もあります。

上司や社長に対して、「自社がWEBマーケティングを行うことで得られるメリット」や「具体的な施策」をプレゼンし、自分で仕事を作るのです。

経営者の中には、自社内でWEBマーケティングを進めたいけれど、専門的なスキルを持っている人材がいないから躊躇しているという方もいます。

もしも、あなたが業績アップにつながる施策を提案できれば、「それならWEBマーケティングは君に一任しよう」となるかもしれません。

役職に任命されたり、給与アップに繋がることも十分あり得るでしょう。

学んだスキルは、転職をしなければ活かせないわけではありません。今の会社でもWEBマーケティングスキルを活用する方法はあるのです。

 

3、副業をする

3、副業をする

WEBマーケティングスキルを活用できる副業には大きく分けて2つあります。

  • クラウドソーシングサイトでWEBマーケティング系の仕事を探す
  • WEBサイト(ブログ)を作って運営し、商品販売や広告収入を得る

クラウドソーシングサイトでは「企業のWEBマーケティングを改善出来る人材」が募集されています。

クラウドワークスランサーズWorkShipなどで案件を探してみてください。

とは言え、クラウドソーシングで募集されている仕事はWEBマーケターが副業として行うものが多く、スクールを卒業したばかりの初心者が出来るものはあまり多くありません。

そこでおすすめなのが、もう1つの副業方法である「WEBサイト運営」です。

まずは自分でブログを作って、そこに記事を書いていきます。

自分のブログやウェブサイトはWordPressを使ってカンタンに作ることができます。

書いた記事を検索結果の上位に表示させるための試行錯誤は、まさにWEBマーケティングそのもの。

SEOを強化したり広告を出稿するなどしてWEBマーケティングのスキルを磨いていくことができます。

また、上位表示して多くの人に読まれるサイトになれば、広告収入や商品販売で稼ぐことも可能です。

 

例えば、痩せたいと考えている人にパーソナルジムの紹介をする記事を書きます。

その記事が「ダイエット」で検索した時の上位に表示されれば、多くの人にその記事を読んでもらえますよね。

その内の一定数がパーソナルジムに申し込めば、広告収入を得ることが出来るのです。

 

さらに、広告収入だけでなく、自分が作った商品やサービスを販売することも出来ます。

例えば、WEBマーケターとして自分のスキルをサービス化して、ネット上で販売してみましょう。

「あなたの会社のWEBマーケティング施策を考えます。」といった感じでサービスの特徴や申し込みフォームを掲載したホームページを作ります。

そして、WEBマーケターを探している人に自分のサイトを見つけてもらえるよう、SEO施策や広告運用を行ってみるのです。

 

検索エンジン最適化、広告運用、セールスライティングなど、これらはWEBマーケターとしての実務そのもの。

サイトを運営することでそのサイトから収入を得ることも出来ますし、WEBマーケターとしての実績も付いていきます。

自分の運営しているサイトで集客や販売に成功すればそれはれっきとした実績です。自分で実績を作れば、クラウドソーシングでも案件を獲得しやすくなります。

 

4、WEBマーケティング関連の資格をとる

4、WEBマーケティング関連の資格をとる

WEBマーケティングスクールを卒業しても、はっきり言って目に見えるスキルにはなっていません。

そのため、自分のスキルとして確立させたいのであれば、資格を取ることもおすすめです。

WEBマーケティング関連の資格には、以下のようなものがあります。

こうした資格をとれば、WEBマーケターとして一定のスキルを持っていることが可視化されます。

履歴書に書くことも出来るので、こうした資格取得を目的に勉強を進めるのも良いでしょう。

 

5、マーケティングの思考を転用する

5、マーケティングの思考を転用する

マーケティングの思考は、マーケティング部門でしか活用できないわけではありません。

営業であっても人事であっても、「3C分析」や「SWOT分析」などのマーケティング思考は施策を考えるための一助になります。

まさにマーケティング思考は優秀なビジネスパーソンになるための基本スキル。

さまざまな視点からビジネスを見られるようになるので、学んでおいて損はない学問です。

 

こうした方法であれば、スクールで学んだWEBマーケティングスキルをさらに活用して伸ばすことができますよね。

学ぶ前にこうした活用のイメージが出来ていれば、学ぶ意欲が高まるのではないでしょうか。

WEBマーケティングなら、学んだけれど使う機会がないということにはなりません。

 

 

【おすすめWEBマーケティングスクール まとめ】

 

【WEBマーケティングはあなたの武器になる|自分の市場価値を高めよう】

【WEBマーケティングを学んで自分の価値を高めよう】

以上が、オススメのWEBマーケティングスクールとWEBマーケターになるためのステップでした。

WEBマーケティングはニーズが高い割に、まだまだ専門家が足りていません。

今のうちからWEBマーケターとして歩み始めれば将来へのリスクヘッジにもなるでしょう。

勉強は文系の方でも始めやすいので、興味のある方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【この記事で紹介したWEBマーケティングスクール】.

 

【WEBマーケティング 関連記事】

>>【無料あり】3大ビジネス動画サイトを比較|おすすめはグロービス学び放題

>>【大注目】仕事や転職に悩む20〜30代を救う「ポジウィルキャリア」がスゴい

>> 独学よりも圧倒的に効率的|無料で行けるプログラミングスクール3選

>>【必須】副業スクールで学ばないと稼ぐ力は付かない?|その理由とおすすめスクール

>>【厳選】副業特化のWEBデザインスクール3選|スキルだけでなく稼ぐ力まで身に付く!

>>【未経験でも転職できる】マケキャンbyDMM.comは絶対にマーケティング職に転職したい人にとっての最短ルート

>> 転職したいけどやりたい仕事が見つからない|適職が見つかる5つの方法

 

 

【当記事の参考サイト】

プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

ビジネススキル/仕事術プログラミング副業
ライフワークカフェ