【解消法】キャリアの不安や漠然とした仕事の悩みへの対処法|3ステップでキャリアプランが作れる

【解消法】キャリアの不安や漠然とした仕事の悩みへの対処法|3ステップでキャリアプランが作れる

キャリアの正解は人それぞれ違うもの。1つの正解というものはありません。

そうしたキャリアの不安や仕事の悩みを消す方法は、自分の軸を持ち、信じて進むことだけです。

この記事では、キャリアの不安を解消する方法を解説します。

  • 自分のキャリアプランが見えない
  • 入社したときに思っていたキャリアと違う
  • 周りと比べて良いキャリアを歩めていない気がする
  • キャリアアップの方法がわからない。
  • 自分に最適なワークライフバランスを知って実現したい
  • 年収アップしていく方法を知りたい

こうした悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

>>【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較

【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較
転職や仕事の悩みを抱える人に注目されているサービスがキャリア相談です。キャリアカウンセリングでは、理想の働き方を見つけるための自己分析を行い、転職や独立を実現するまでのフォローをしてくれます。この記事ではキャリア相談を受けたい方におすすめのサービスをご紹介します。最適なサービスを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

【なぜキャリアの悩みはモヤモヤして消えないのか?】

なぜキャリアの悩みはモヤモヤして消えないのか?

今の仕事をこの先も続けていいのかな?
転職したいと思ってるけど、自分は何をしたいんだろう?

このようなキャリアの問題の多くは、「漠然としか考えられないもの」です。その理由は3つあります。

  • 未知への恐怖と失敗への恐れ
  • 変わりたいけど変化は怖い
  • 慢性的な疲労によって考える力を奪われている

それぞれ解説します。

 

・未知への恐怖と失敗への恐れ

1つ目の原因は「何が起こるかわからないことへの恐怖」です。

現代はスマホ1つであらゆる情報を得ることができます。その中で、転職に関するネガティブなニュースも多く目にしてきたでしょう。

「転職をしたいとは思っているけれど、転職して失敗した話や苦労している話もよく聞く。」

そうした経験をすることで、無意識のうちにキャリアチェンジすることへの恐怖を感じてしまっているのかも知れません。

キャリアチェンジをしたことで成功した人や悩みが解消した人、自分がのぞむ待遇や環境を手に入れた人も大勢います。

しかし、そうした事実はあまりニュースにはなりません。多くのニュースはネガティブな内容であり、それはネガティブな内容の方が視聴者が食いつくからです。

そうしたメディアの報道偏重によって、キャリアチェンジ自体にネガティブな印象を持っている。それが自分のキャリアで明確な方向性を持てない1つの原因になっていると言えます。

こうした未知への恐怖を克服するには、徹底的に調べ尽くすことがコツです。

メリットとデメリットを調べて比較する。良い未来と悪い未来を考える。失敗した場合にどれくらいの大きさの影響があるかを調べる。

このようにわからないことをわかるようになることで、不安を解消することができます。

 

・変わりたいけど変化は怖い

ヒトには、変わりたいと思う欲求の裏に「本当は変わりたくない」という潜在的な欲求があります。心理学用語では「現状維持バイアス」と呼ばれます。

これは人間が備えている動物的な本能です。人間は本能的に「変化に伴うストレス」を避けようとします。

変わりたいと思ったときに、「変わるなんて言わずに今のままでいた方がいいよ」という声が発動するようになっているのです。

ストレスから自分の身を守るため、必要以上にビビらせにきているような感じです。

確かに、中学・高校の入学式とかって緊張しましたよね。仲の良い友達と違うクラスになって、ドキドキした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。あのドキドキも1つのストレスと言えます。

  • 転職したいけど、人間関係を新たに構築するのは面倒
  • スキルアップしたいけど、今のゆるい生活から抜け出して勉強しなくてはいけないのはイヤ
  • 変わりたいけど、今のままの状態も意外と気に入ってる

このように、目に見える欲求の裏には別の欲求が存在しており、それゆえモヤモヤしてしまうのです。

こうした2つの相対する欲求があることに気づいたら、「現状維持バイアスか。」と認識することが重要です。

自分をストレスから守るための必要以上の防御策が働いていると理解すれば、ちょっとしたチャレンジはしやすくなります。

 

・慢性的な疲労によって考える力を奪われている

答えが出せずにモヤモヤと考えてしまう原因は、疲れにもあります。疲れている時に頭がキレキレで働く人はいませんよね。

サラリーマンの多くは、慢性的に疲労を抱えています。疲労によって思考力が弱まっており、結果的にはっきりとした答えを見出せない状態になっているのです。

では、どうしたらキャリアの不安を解消することができるのでしょうか?

 

【漠然としたキャリアの不安を解消できる3ステップの対処法】

【漠然としたキャリアの不安を解消できる3ステップの対処法】

答えの出ないとキャリアの悩みを解消するには、以下の3ステップが効果的です。

  1. 漠然とした悩みや不安を書き出す
  2. 理想のイメージとギャップの認識
  3. 目標に向けた行動への集中

何に悩んでいるかをはっきりとさせ、理想の状態をイメージし、そのギャップを埋める行動を取る。そうすることで悩みや不安は解消できます。

それでは、具体的な方法を解説します。

 

1、漠然とした悩みや不安を書き出す

漠然とした不安や悩みを解消するコツは「書き出すこと」です。

  • 自分は何にモヤモヤしているのか?
  • 何が不安なのか?
  • 行動を妨げているものは何か?

こうしたことを、思いつく限りノートに書き出してみましょう。

何に悩んでいるかを言葉にすることは、自分の悩みの解像度を上げることにつながります。悩みの正体がはっきりするのです。

悩んでいる時や不安な時って、悩みや不安自体がはっきりしていないことがありますよね。考えてるけど、何を考えているか自分でもわからない。その状態では答えを出すことができません。

まずは、考えるべき問いをはっきりさせることが重要。そのために、悩みや不安を書き出して言葉にしてみましょう。

ちなみにこの「書き出す」という方法は、キャリアに限らずあらゆる悩みに効きます。ぜひやってみてください。

 

2、理想のイメージとギャップの認識

不安や悩みを書き出すことで、モヤモヤの正体がわかってきます。

  • どんなキャリアプランを描いたらいいかわからない
  • 会社でうまくいっていない気がする
  • 今のままこの会社にいていいのかわからないけど、転職したい会社もない

このようにさまざまな悩みが出てきたら、次にやることは「自分なりの正解を考えること」です。

それぞれの悩みや不安に対して、「ありたい姿」や「理想の状態」、「本当はこうなりたい」というものを書いていきます。

自分なりの正解と今の状態にはギャップがありますよね。そのギャップを認識することで、「じゃあどうすればその状態になれる?」という問いを立てることができます。

そして、そのための方法をより具体的に考えることができるようになるのです。

もし、なりたい姿や理想の姿について答えが出ないのであれば、「自分なりの理想の働き方を見つける」ということを理想の状態にしてみてください。

すると、「理想の状態を見つけるにはどうしたらいいかな?」という問いを作ることができますよね。あとはそのギャップを埋めるために何をしたら良いかを考えていきます。

理想の状態をイメージすることは、考えを進めるための問いを作れるというメリットがあります。ですが、それだけではありません。

先ほど、キャリアの悩みを考えるときには「未知への恐怖」があるとお伝えしました。道への恐怖とは、「失敗する姿」や「苦労する姿」を考えてしまって考えが進まなくなるということ。

しかし、ありたい姿をイメージできたら、未知への恐怖ではなく「既知への期待」に変わります。

「転職してもどうなるかわからないから、悩んでるはいるけれど答えが出ない。」これは未知への恐怖が出てしまっている例です。

「転職して今より自由な時間が増えて給料も上がってる。成長産業に身を置くことで将来の心配もなく、仕事に集中できている。社内の人間関係も良くて、自分らしくイキイキと働けている。」

逆にこのように考えることができたら、期待でワクワクが止まらなくなりますよね。

脳は現実と妄想の違いが認識できないと言われています。一度でもイメージできたら、それはあなたにとって既知の体験です。

その体験を現実のものにしたい。そうした欲求は行動の原動力になります。

今の悩んでいるあなたは、本当はどんな状態でありたいですか? 自分にとって最高にハッピーな状態をイメージしてみてください。

 

3、目標に向けた行動に集中する

問いに対して理想の状態を考えることができたでしょうか?

とは言え、今すぐに理想の状態になれるわけではありません。今の状態とありたい姿にはギャップがありますよね。

次に考えることは「理想と現実のギャップを埋める方法」です。

考え方には「積み上げ思考」と「逆算思考」の2つがあります。

積み上げ思考は、実現のために必要なものをとにかく書き出して、1つずつやっていくという考え方。一方の逆算思考は、理想の状態を叶える1ヶ月前、二ヶ月前の状態を考えて、ステップ式で実現する考え方です。

目標を達成しやすい考え方は「逆算思考」です。理想の状態をイメージしてあなたは、そこから今の姿までをつなぐ逆算ルートを考えてみてください。

逆算思考の考え方は以下のようなイメージです。

結果を出して周りから認められつつ、家族を養う十分な給料をもらっている状態

成果を上げたことで昇給できて、理想の年収に到達した

成果を上げるために必要なスキルを勉強した。同時に仕事に活かして成果につなげた。

理想の年収を実現するために必要なスキルや成果をリサーチした

自分にとっての理想のキャリア像を認識した

逆算思考なので、まずは叶えたい夢を一番上に書きます。そこから実現するまでの過程の姿を書き出していき、今のあなたと繋げます。上の表で言うと一番下が現在の自分の姿というわけです。

このように逆算思考で考えると、「今すべきこと」や「それをする目的」がわかります。

キャリアのステップを登るたびに「次のステップを実現するために何をすべきか?」を考えることができるので、何を考えたらいいかわからないような状態にはなりません。

しっかりと自分のありたい姿を認識して、そのための行動に集中できている。そんな人になれたら、キャリアの悩みは消えているでしょう。

まとめると、キャリアのモヤモヤとした悩みを解消する方法は以下の3ステップです。

1、漠然とした悩みや不安を書き出す
2、理想のイメージとギャップの認識
3、目標に向けた行動への集中

まずは不安や悩みを書き出して言語化するところから始めてみてください。

理想のキャリアプランは人それぞれ異なります。あなたにとっての理想のキャリアプランが見つかれば、あとはそれを叶えるために必要なことにフォーカスするだけです。

次の章では、社会人がキャリアアップできる5つのパターンを紹介します。環境や待遇を今より良くするためにはキャリアアップが必要になります。

しかし、ただ頑張っていればキャリアアップできるわけではありません。

キャリアアップのルートを知って、どういう戦略で自分の価値を高めていくかを考えてみましょう。

 

【社会人が知っておくべきキャリアアップできる5つの方法】

【社会人が知っておくべきキャリアアップできる5つの方法】

社会人にとって、問題なく仕事をこなすことはとても大事なことですが、それだけではキャリアプランを考えられているとは言えません。

同時に自分のキャリアをアップさせる戦略も考えておく必要があります。

キャリアアップする方法には以下の5つがあります。

  1. 現職でスキルアップ
  2. 異動してスキル獲得
  3. 同スキル同業他社への転職
  4. 同スキル異業種への転職
  5. 異スキル異業種への転職

これを知っておけば、転職の判断も合理的になります。それぞれ解説します。

 

1、現職でスキルアップ

一番イメージしやすいのは「現部署でのキャリアアップ」でしょう。今の仕事に必要なスキルを磨いて業績を上げたり、業務に関連する資格取得といった方法があります。

仕事が認められて昇格するという一般的なキャリアアップ方法です。

 

2、異動してスキル獲得

社内の別部署に異動して新しいスキルを獲得するという方法もあります。部署を異動することで、スキルを新しく習得することができます。

例えば営業部からマーケティング部に異動した場合、営業で培ったスキルに加えてマーケティングのスキルも磨かれることになります。

営業に強い人はたくさんいますが、「マーケティングにも精通した営業」になったら市場価値も大きく上がるでしょう。

スキルを掛け合わせるための部署異動も、キャリアアップするための1つの方法です。

 

3、同スキル同業他社への転職

転職もキャリアアップの大きなきっかけになります。そんな転職にも3つの種類があります。

「同スキル同業他社」は、今働いている会社と同じ業態の会社に転職することを指します。

例えばコンビニ業界で言うと、セブンイレブンにとってのローソンやファミリーマートが同業他社に当たります。

セブンイレブンで身につけたマネジメントや商品発注、マーケティングなどのスキルをローソンに転職して活かすという方法です。

 

4、同スキル異業種への転職

「同スキル異業種」は、証券会社の営業が保険の営業になるようなイメージです。

業界は変わりますが、証券会社で身につけた営業スキルはそのまま保険の営業でも活用できますよね。

同じスキルが求められる仕事でも、年収は業界によって変わります。

営業スキルを持っているのであれば、もっとも営業の年収が高い業界に転職することでキャリアアップを図ることができます。

IT業界の中では平凡なレベルのスキルしか持っていなくても、他の業界にいくことで「ITにバリバリ強い人」になれます。

強豪校では2軍だったけど転校した普通の学校ではエースになれる。そんなイメージです。

 

5、異スキル異業種への転職

「異スキル異業種」は、これまでに経験したことのない業種にチャレンジすることを指します。

未経験からのスタートなので、最初は年収が下がるかもしれません。しかし、将来性のある業種や自分の興味や強みを最大限発揮できる業界に移ることで、キャリアアップを実現できた人も大勢います。

最近は転職サポートのついたプログラミングスクールやマーケティングスクールのようなものも出てきており、異スキル異業種への転職にチャレンジする人が増えています。

こうしたキャリアアップの方法を知っておくと、より戦略的に自分の理想のキャリアプランを描けるようになるでしょう。

 

【不安や悩みを解消して自分らしい働き方を見つけたい方は、キャリア相談を受けてみるのがおすすめ】

【不安や悩みを解消して自分らしい働き方を見つけたい方は、キャリア相談を受けてみるのがおすすめ】

キャリアの悩みには、「1つの正解」があるわけではありません。そのため、自分にとっての最適を探すというアプローチこそが唯一の正解を導き出す方法になります。

上記で紹介したように、悩みを書き出して、自分なりの理想を考え、ギャップを埋めるという方法も1つのキャリアプランニングの方法です。

しかし、より自分に合った仕事や働き方を見つけるには、自分自身の価値観を知る必要があります。

自分の特徴や強み、望む待遇や職場環境、理想的な人生の姿など。これらを総合的に理解することで、自分に最適で後悔のない道を見つけることができます。

キャリアに悩みを抱えている方は、改めて「自己分析」をしてみるのがおすすめです。今、20〜30代の社会人を中心にキャリア相談サービスが人気を集めているのをご存知でしょうか?

キャリア相談サービスとはキャリアカウンセラーと一緒に深い自己分析を行い、自分にとっての理想の働き方や仕事を見つけることができるサービスのこと。

独自の自己分析ツールを使って、キャリアカウンセラーが様々な問いかけをしてくれます。それに対して考えて答えを出す中で、自分自身の考えていることを言語化することができます。

自分の中でしっかりと腑に落ちるまで問いを繰り返す。キャリアカウンセラーとの会話の中で、一人で自己分析をしても辿りつけない域まで深堀りすることができるのです。

実際にキャリア相談を体験した人の95%以上が「役に立った」「良いきっかけになった」などポジティブな効果を実感しているという結果も出ています。

言語化して解像度を上げることで、モヤモヤした悩みは晴れ、自分の望む人生を迷いなく歩んでいけるようになるでしょう。キャリア相談はその大きなきっかけになるはずです。

キャリア相談の内容は、自己分析の相談ができるというだけではありません。目指したい姿に向けた計画作成や行動のサポートもしてもらえます。

サラリーマン人生で失敗しないために、自分専用のコーチやコンサルをつけるというイメージです。そう考えると、利用する価値は大きいサービスだと言えます。

以下の記事では、キャリア相談サービスの特徴やおすすめサービスを紹介しています。キャリアの悩みについて一人では解決できないという方は利用してみてはいかがでしょうか?

>>【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較

【厳選】キャリア相談が出来るおすすめカウンセリング5選|仕事や転職の悩みが解決する有料サービスを比較
転職や仕事の悩みを抱える人に注目されているサービスがキャリア相談です。キャリアカウンセリングでは、理想の働き方を見つけるための自己分析を行い、転職や独立を実現するまでのフォローをしてくれます。この記事ではキャリア相談を受けたい方におすすめのサービスをご紹介します。最適なサービスを紹介しますので、参考にしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【キャリア・転職 関連記事】

【35歳限界説?】転職は何歳まで大丈夫?転職支援サービスの増加で男女ともに平均年齢アップ

【説教される!?】転職エージェントがムカつくときの対処法|他の転職支援サービスを使おう

未経験での転職活動が辛い…。受からないで不安な時期の乗り越え方

【後悔】転職しないことの7つのリスクと転職することの11のリスク|自分の軸を持って判断しよう

【必読】市場価値を上げるために必要な5つのこと|理想の仕事と年収を実現するキャリアアップの思考法

【解決法】転職したいけど何がしたいかわからない?やりたいことが見つかる適職の探し方

【悩む】転職に迷ったら誰に相談すべき? 家族や上司を避けるべき理由と最適な相談相手

転職で何に後悔した? 後悔しないためのポイントと良い仕事に出会えるおすすめの転職方法

【転職だけ?】やりがいのある仕事の見つけ方|喜びを感じられる仕事はきっと見つかる

【理想の仕事】ライフワークの見つけ方|やりがいのある天職を手に入れる3ステップ

【なぜ?】仕事で評価されない人の特徴と原因15選|会社内外での評価を上げるポイントも解説

【辞めたい】やばい会社の12の特徴と見分け方|ブラック企業で消耗している人は転職必須です

プロフィール
著者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

自分のキャリアを考える
LIFE WORK CAFE