転職で何に後悔した? 後悔しないためのポイントと良い仕事に出会えるおすすめの転職方法

ビジネススキル/仕事術

初めて転職をしようと考えたとき。色々な不安があります。今の仕事に不満を持っていて転職をしても、今よりも良い環境に変わるかといえば必ずしもそうではありません。

「せっかく転職したのに、こんなはずじゃなかった。」そんな後悔だけは避けたいですよね。

この記事では、これから初めての転職をしようと考えている方に向けて、

・転職を後悔した人の失敗パターン10選
・7つの転職方法から選ぶおすすめのやり方
・転職で後悔しないために意識すべき3つのこと

これらをお伝えします。

私も転職前に失敗パターンを知っておいたことで、転職後に後悔を感じずに済みました。転職の失敗にはパターンがあります。それに当てはまらないように気をつけるだけで転職の失敗や後悔は確実に回避できます。

「転職して本当によかった」

心からそう思えるきっかけになればと思います。参考にしてみてください。

 

【転職を後悔した原因は? 失敗パターン10選】

【転職を後悔した原因は? 失敗パターン10選】

「転職をしたけれど正直失敗したと感じる。転職したことを後悔している。」そう感じる人は100人中25人以上います。(参照:転職してよかった人の割合ってどのくらい?転職成功のための戦略も解説!)

基本的には自分の判断を正当化したいのが人間です。なので、なるべく転職してよかった理由を探して自分を納得させようとします。しかし、それでも後悔は生まれてしまいます。

実は、転職を後悔する人に話を聞くと、失敗の原因にはいくつかのパターンがありました。

どのような場合に転職を後悔するのか。パターンを10個お伝えします。

 

1、「譲れない条件」で選んだせいで他のことが嫌すぎる

転職をする際には、あれもこれもと希望するよりも「譲れない条件」を1つ選ぶと良いと言われます。

確かに、条件を限定することで当てはまる企業を絞りやすくはなります。しかし、譲れない条件を満たしたとしても、それ以外のことが嫌でしょうがなかったら転職は失敗します。

「給料だけで選んだけど、労働時間や環境が悪すぎてしんどい。これなら給料はそこそこでもっと良い労働環境のところにすればよかった。」
「好きなことを仕事にできたら幸せだと思ったけど、手取りが少なくなっていつもお金の心配ばかりしている。こんな状態じゃ好きだった仕事も楽しめないし、もう少しバランスを考えるべきだった。」

このような後悔をしないためにも、転職の条件は総合的に考えた方が良いです。

2、全く異なる職種へのチャレンジ

転職先の企業を選ぶ際、「同業他社」か「異業種」かで迷う方もいらっしゃるでしょう。20代の方であれば、異業種へのチャレンジもありです。

しかし、30歳が近い方や30代以上の方の場合、異業種へのチャレンジは後悔に繋がりやすくなります。

「全く違う業界にチャレンジしてみたけれど、これまでと勝手が違いすぎる。30才を過ぎたのに、また新卒からやり直しているようだ。」
「新しい業界に転職したことで、これまでの経験が何も活かせない。若い上司の下についているけれど、何も知らない人って思われてそうで辛い。」

逆にこれまでの経験を活かせる仕事であれば、経験者として対等またはそれ以上に接してもらいやすくなります。新しいことにチャレンジすることは良いことですが、0から転職しようとすると失敗の可能性も高くなるので注意が必要です。

3、ただ今の会社を辞めたいだけ

もしかすると、「今の仕事が嫌だから転職したい」と考えているかもしれません。もちろん、仕事内容や職場が変わることで好転することもあります。しかし、単なる逃げは人生に大きな後悔をもたらします。

「会社が嫌いだから転職したけど、転職先の企業も好きになれない。これならむしろ前の会社の方がよかった。もっと考えて転職すべきだったなぁ。」

嫌なことがあったらすぐに逃げるような癖がつくと、理想的な人生からはどんどん離れていってしまうのです。

一度きりの自分の人生をどんな人生にしたいですか?

そのために必要な変化があれば進んで行いましょう。しかし、理想を持たずに行き当たりばったりで道を変えていたら、望む人生を手に入れるのは難しくなってしまいます。

4、働いている人や企業の本当のところを知らなかった

十分な企業研究ができていないことも後悔に繋がります。多くの企業では、自社のことをよく見せようと多少誇張した紹介をします。

「イキイキした会社です。」と書かれていて惹かれたけど、その内容は10年近く前のもの。途中で社長が変わって会社の風土も変わってつまらない会社になっていた。

入った後に「思った会社じゃなかった」という後悔をしないためにも、転職サイトの情報だけでなく、実際に見にいったりSNSを使って調べるなど、企業研究をしっかり行う必要があります。

5、決まっていないのに辞めてしまった

転職したいという気持ちになったら、一刻も早く今の会社を辞めたいと思ってしまうもの。ですが、転職先が決まる前に今の会社を辞めてしまうと、泥沼にはまる可能性もあります。

転職しようと思ってとりあえず会社を辞めたけれど、転職って在職期間中にやらないといけなかったのか。現在は無職ですって言う度に怪訝な顔をされるし、内定も出ない。収入がないから、自分の希望よりもとにかく取ってくれる会社を探すしかない。

先に辞めてしまうとこのような後悔をしてしまうのです。

一般的に離職期間が長くなると、その分転職は難しくなります。転職の基本は在職期間中に行うこと。今すぐ辞めたい気持ちもわかりますが、いずれは辞めることができます。

今は辞めるよりも次を決めることが大事。失敗した人の教訓を活かして、今すぐ退職しないようにしましょう。

6、転職の準備ができていなくて全然受からない

良い転職をするには準備が必要です。自己分析や企業研究はできていますか?なんとなく転職活動をしても簡単には内定は出ません。

自己分析とかあんまりしていないけど、社会人として10年近く頑張ってきたからなんとかなるだろうと思っていた。けど、いざ面接になったら何も整理できていなくて喋れなかった。よく考えたら、ただ毎日仕事をしていただけで強みとかわからない。

企業視点で見たときに、新卒の採用と転職の採用は全く異なります。新卒の場合が「期待値採用」であるのに対し転職は「即戦力採用」の意味合いが強いです。

そのため、就活のとき以上に自分の経験や実績、社会人としての態度が重要になります。適当に転職しようと思わず、しっかりと対策を練りましょう。

7、知人の紹介やアドバイスで転職先を決めた

転職のきっかけには「友人からの誘い」もあります。気心の知れた友人が声をかけてくれたら嬉しいですし、自分のことをわかってくれいているからきっとその会社も自分に合うだろうと思いますよね。

しかし、知人の紹介で転職した場合も後悔する可能性は高いです。

「あいつがどうしても来てほしいって言うから転職を決めたけど、会社的にはそんなに歓迎ムードではないし仕事もつまらない。だけど声をかけてもらった以上すぐには辞められないなぁ。」

知人から声がかかる場合、そのほとんどはあなたにとってのベストな転職にはなりません。まずあなたがやりたいと思う仕事ではないからです。そして、「呼ばれたから来た」という気持ちで仕事をするのと「採用してもらえたから頑張ろう」という気持ちでは働くモチベーションも大きく異なります。

転職は自分の人生を左右するもの。誰かからの誘いで決めるのではなく、自分の意思で選んだ方が有意義なものになります。

8、完璧を求めすぎる

転職をしたら、今より良い環境で仕事ができる。そういう期待を抱きますよね。しかし、転職を後悔する人の中には、「転職に完璧を求めすぎた方」も多くいます。

「希望を持って転職したけれど、働いているうちにまた不満が出てくる。結局完璧な仕事ってないのかもしれないな。だったらわざわざ転職するよりも、前の仕事で頑張った方がよかったかも。」

例え長年の夢だったとしても、いざ働いてみると思ったのと違ったということはあります。あまり期待しすぎず、自分の納得のできる転職を目指しましょう。

9、プライドが高くて馴染めない

社会人経験が長くなると、転職先では年下の部下のもとで働くことも増えます。それを覚悟した上で転職をしないとストレスが増えることになります。

「社会人経験は自分の方が長いのに、社歴が長いというだけで若者が上司になるなんて。居心地が悪いなぁ。チャレンジしてみたのは良いけど、意外と前の仕事の方が向いてたかなぁ。」

転職は即戦力採用とはいえ、最初は年下に教わることも多いです。今の会社であれば基本的には年下は部下でしょうが、転職すると必ずしもそうとは限らないので、ある程度の覚悟は必要になります。

10、仲の良い同僚や良くしてくれた上司と疎遠になる

転職すると人間関係も変わります。

「いくらLINEやメールでいつでも連絡が取れるとは言え、転職したら仕事の時間や共通の話題が合わなくなったなぁ。せっかく良い人たちに囲まれてたからちょっと寂しい。」

このように、徐々に関係が希薄になります。

新しい職場では新しい出会いもありますが、転職によって今の人間関係を失うリスクがあることも知っておきましょう。

 

【転職で後悔したくない人が意識すべきこと】

【転職で後悔したくない人が意識すべきこと】

転職を考えているけれど、失敗したらどうしよう。簡単に戻るなんてできないし、後悔しない転職がしたい。

そんな方に意識してもらいたいポイントが3つあります。

・転職は「仕事選び」ではなく「生き方選び」
・転職だけが正解ではない
・これからは「ジョブ型雇用」に合わせたキャリア戦略が重要

この考え方を持つことで、転職での後悔を未然に防ぐことができます。それぞれ解説します。

 

・転職は「仕事選び」ではなく「生き方選び」

どんな仕事をしたいかだけでなく、どんな人生を歩みたいかを軸に考える。それだけでも転職への取り組み方は変わります。

給料がどれだけ高くても、365日仕事のプレッシャーに追い詰められ、余暇を楽しむ余裕も家族との時間もない生活はイヤですよね。

やりがいを求めて仕事を選んでも、環境や待遇が悪いと結局自分が苦しむことになります。

譲れない条件よりも総合的に考えることが大事だと先に述べましたが、どんな仕事をするかよりもどんな人生にするかが重要。どんな人生にしたいかを考えて、その一要素として働き方や会社を決める。

転職サイトに登録して企業を探す前に、叶うならどんな人生が理想的かを考えてみましょう。そして、その理想から今の現実を逆算して、必要な仕事に就くようにしてみてください。

 

・転職だけが正解ではない

理想の人生から仕事を選ぶようにすると、転職だけが正解ではないと気付くこともできます。初めて転職を考える方の中に多いのが、転職が目的になっていること。

転職によって現状から何かしらの変化は起こります。環境が変わったことで働きやすくなることもあるでしょう。しかし、転職を後悔する人がいるのも現状です。

転職を後悔する人の多くが、転職しか選択肢がないと思っていたこと。

・今の会社で部署移動の希望を出す
・会社にいながら副業や起業をする
・ステップアップのために社内で結果を出す。または市場価値のあるスキルを身につける
・仕事以外に楽しみや生きがいを見つける
・心理学などを学んで人間関係を見直す

このように転職しなくても何かを変えるきっかけは得られます。

自分にとって転職が最適解なのか? それとも、今の職場のままでも働き方を変えることで望んだ未来を得られそうなのか? 転職しかないと思うのではなく、人生視点で考えてみましょう。

 

・これからは「ジョブ型雇用」に合わせたキャリア戦略が重要

年功序列制度の崩壊、転職の一般化、リモートワークの推進やフリーランスの増加。戦後から70年近く続いてきた日本の働き方は、今変革の時を迎えています。

さらにこれから先注目される雇用体系として、「ジョブ型雇用」が挙げられます。ジョブ型雇用とは、企業が予め設けた職務内容とマッチした人材を採用するというもの。一言でいえば、「スキル基準」です。

これまでの採用では、企業の風土とマッチする人材を人柄や経歴などで選んでいました。入社後に業務を教え、成長してもらう。時には社内での異動を通して他の業務スキルも高めてもらうこともありました。

ジョブ型雇用では、「営業に特化した人材」「ソフト開発に特化した人材」「マーケティングに特化した人材」など、スキルを重視した採用に変わります。場合によってはプロジェクトが終了すれば契約も終了。社内での異動はなく、プロジェクトごとに企業を渡り歩くような働き方になります。

そのような雇用体系になったときに求められるのは、市場価値の高いスキルです。

・どんな商品でも売り上げをアップさせられる営業スキルを持った人材
・売れる商品を開発できるマーケティングスキルを持った人材
・自社アプリの開発ができるプログラミングスキルを持った人材

こうしたスキルを持った人が求められる時代がそこまで来ています。あなたにはスキルと呼べるものがありますか?

こうした時代に合わせてキャリアを考えることも重要です。数十年前であれば、大企業に入れば一生安泰と言われていました。そのために、有名大学に行くことが1つの正解だったのです。しかし、今はそんな時代ではありません。

ジョブ型雇用の時代は、市場価値の高い優れたスキルを磨くことが1つの正解です。基本的なスキルを身につけ、仕事で活用しながら自分の武器を磨いていく。そうした生き方が実現するにはどういう仕事が良いでしょうか?

こうした時代に合わせた生き方を考えるという視点も持って、働き方を考えてみてください。

 

【初めての転職でも成功できる!7つの方法から選んだおすすめの転職メソッド】

【初めての転職でも成功できる!7つの方法から選んだおすすめの転職メソッド】

現在、転職をする方法には7つのものがあります。

・転職サイトで探す
・転職エージェントに探してもらう
・ハローワークで探す
・繋がっている人の紹介で転職するリファラル採用
・TwitterなどのSNSを使ったダイレクトオファー
・キャリア相談サービス
・転職保証のプログラミングスクールなどで仕事の紹介を受ける

この中でおすすめの転職方法は、「キャリア相談サービス」を使った転職です。

キャリア相談サービスでは、独自の自己分析を通して自分のスキルの棚卸しや理想の人生マップの作成を行います。

国家資格を持ったキャリアコンサルタントとの面談の中で自分の中で考えていることを言語化できる。その体験は、転職という人生の節目において非常に有意義だと感じました。

・自分が何をしたいのかわからない
・転職したいけど、どうやって進めたらいいかわからない
・上司や同僚に相談しにくいキャリアの悩みを相談したい
・転職だけでなくいろんな視野から自分の生き方を考え直したい
・ジョブ型雇用に対応するために、何のスキルをどんなステップで習得したらいいか知りたい

こうした方にとってキャリア相談を使うことは、いきなり転職活動を始めてしまうよりも良い方法です。

おすすめのキャリア相談サービスや詳しい内容については以下の記事で紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

>>【話題】キャリア相談が出来るおすすめサービス6選|やりたい仕事や理想の将来が見えてくる!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

プロフィール
執筆者
にしむー

にしむーです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

ビジネススキル/仕事術自分のキャリアを考える
ライフワークカフェ