転職の相談相手に最適なのはだれ? 有益なヒントをもらえるおすすめの相手とは?

転職の相談相手に最適なのはだれ? 有益なヒントをもらえるおすすめの相手とは?自分のキャリアを考える

転職は人生の中で重要な転換点。だからこそ、しっかり相談して考え方のヒントをもらいましょう。

この記事では、転職の悩みを抱えている方におすすめの相談相手を紹介します。

悩みを抱えているときというのは、自分が思っている以上に視野が狭まっている可能性があります。

見落としていた考え方や転職先の会社を考えるためのヒントをもらうことで、後悔しない最適な転職ができます。

実際、転職を考えている人の78%は誰かに相談をしています。相談相手も1人ではなく、2〜3人に相談する人が64%ともっとも多くなっています。(参照:第23回 アンケート集計結果「転職活動の相談相手」について

転職を考える上で何人かに話を聞いてもらうことは重要と言えるでしょう。

とは言え、相談相手を間違えると人間関係の悪化を招いたり、今の職場で働きにくくなって退社せざるを得なくなることも。

この記事を読むことで、正しい相談相手を理解し、良い転職活動をできるようになります。ぜひ参考にしてください。

 

>>【教えて】キャリア相談ができるおすすめサービス6選|カウンセリングでやりたい仕事がわかる!

>>【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較

 

【相談は意味ある?転職の相談は絶対にしたほうがいい理由】

【相談は意味ある?転職の相談は絶対にしたほうがいい理由】

転職について悩んでいるとき、誰かに相談したほうがいいのかわからない時がありますよね。

「自分の将来の話だから自分で決めるべきだし、相談しても反対されて終わりそう」

私もこんな気持ちを抱いていました。しかし、相談することには大きな意味があるなと考え直すことができたのです。

転職について悩んだ時に誰かに相談したほうが良い理由は3つあります。

  • 思った以上に視野が狭くなっていて、適切な判断ができないから
  • 考え方のヒントを得られて有益だから
  • 会話の中で自分の考えが整理されるから

誰かに相談することで、自分に見えていない視点から考え方のヒントを得ることができます。

また、会話をする中で自分がぼんやりと考えている悩みや望みの輪郭が鮮明になっていくこともあります。

悩んでいる時は、自分が思っている以上に視野が狭まっているもの。後になって考えてみたら、「もっと良い選択肢があったのに」と気づくこともありますよね。

良い選択をするため。そして選択を後悔しないためにも、相談して考え方のヒントをもらいましょう。

しかし、そうは言っても相談することの懸念点もありますよね。

  • 喧嘩になったらどうしよう
  • 人間関係がギクシャクしたらイヤだな
  • 周りに言いふらされて働きにくくなるかもしれない
  • 反対されたり引き止めにあったら気持ちが揺らぐかも

これらについては、「相談のスタンス」と「相手」によって解決できます。

まずは、「相談相手の言うことは1つの考えるヒント」だというスタンスで捉えましょう。

数人に相談したら、みんな違うことを言うでしょう。それらを全て聞き入れていたら、さらにどうしたら良いかわからなくなりますよね。

ですので、基本的に相談は、「自分の持っていない視点を得るための手段」というスタンスで捉えましょう。

そうすれば、

「あぁ、そういう考え方もあるのか。」
「まぁ、こんな風に考えるよね。」

といった感じで、相談している自分の状況をさらに俯瞰して見ることができます。

また、相談する相手についても非常に重要です。

誰に相談するかで有益かどうかは変わりますし、相手を間違えると人間関係にヒビが入ったり適切な判断ができなくなってしまう可能性もあります。

転職で迷ったときは絶対に相談すべき。だけど相手選びは非常に重要。このことを覚えておきましょう。

では、どんな人に相談すべきなのでしょうか? 次章で詳しく解説します。

 

【転職について相談できる6つのタイプの相手とおすすめの方法】

【転職について相談できる6つのタイプの相手とおすすめの方法】

転職の相談相手には以下の6つのタイプが挙げられます。

  • 会社の上司、同僚
  • 家族、友人、恋人
  • 転職した元会社の上司、同僚
  • 転職エージェント
  • キャリアコンサルタント
  • ハローワーク

この中には、相談しないほうが良い相手もいます。それぞれの特徴を解説します。

 

・会社の上司、同僚

・会社の上司、同僚

仕事の相談と聞いて最初に浮かぶのが会社の同僚や上司ではないでしょうか?

しかし、会社の人への相談は避けるべきです。

  • 転職したいという評判が広まる
  • 仕事を任されなくなる
  • 昇級が見送られる
  • 周りからの信頼が損なわれる
  • 居場所がなくなって働きにくくなる
  • 引き止められて気持ちが揺らぐ

こうしたデメリットがあります。

「信頼できる同僚やお世話になっている上司には相談したいし、周りに言うことはないだろう」と思うかもしれません。

しかし、100%誰にも言わないという保証はありませんし、噂が広まるにつれて話が大きくなりかねません。

ちょっと嫌なことがあって冗談で転職したいと言っただけなのに、話が大きくなって、本当に辞めるしかなくなってしまった。そんなことになってしまうかもしれないのです。

上司に関して言えば、もしあなたが転職を決めた場合、あなたの代わりになる人材を採用しなければなりません。

そのため、あなたの話を聞いた時点から上司の上司や人事に対して辞める可能性があることを伝える可能性は高いです。

会社の人は転職のプロでもありませんし、あなたのことよりも会社の方が重要です。

報告の必要はあっても、相談はすべきではありません。

 

・家族、友人、恋人

・家族、友人、恋人

家族や友人への相談を考えている方もいるでしょう。

相手との関係性にもよりますが、本気で相談の場を作って話を聞いてもらえば、何かしらのヒントを得られる可能性は高いです。

きっと大きな力になってくれるでしょう。

重要なのは、「本気で相談したい」と伝えること。日常会話のなかで冗談のように言っても相手は本気で考えてくれません。

 

・すでに転職している元上司、元同僚

・すでに転職している元上司、元同僚

転職経験者のアドバイスを聞きたいという思いで、元上司や元同僚に相談しようと考える方もいます。

会社も同じであれば、同じような悩みを持って転職に踏み切ったはずだから参考になりそう。今は違う会社だから、同じ会社の人に相談するようなリスクもない。

このように考えるかもしれません。

しかし、今の会社から転職したということは、あなたと同じように会社や働き方に疑問を持ったということ。

そのため、基本的には「転職したほうがいい」という意見しかもらえません。

また、人は自分の判断を正当化しようとするものです。

転職して状況が良くなっていれば「早く転職したほうが良い」とあなたに言うでしょう。

もし転職を後悔していても「他を知ることも良い経験になるから転職はおすすめ」と言うでしょう。

結局、転職した人というのは転職を正当化しがちです。

さらに、もしかするとあなたの他にもあなたの会社の誰かと交流を続けているかもしれません。

結局、今の会社の同僚や上司に相談するのと同じで、他の人にバレてしまうリスクは避けられないのです。

こうした意味では、相談相手として最適な存在とは言えないでしょう。

 

・転職エージェント

・転職エージェント

転職エージェントとは、転職を希望しているあなたの希望を聞き出し、企業の提案や転職活動のフォローをおこなってくれるサービスのこと。

転職エージェントは転職業界のプロフェッショナル。転職に関する知識ではこれ以上頼りになる人はいません。

転職サイトと合わせて利用されることの多いサービスですが、それぞれの特徴は以下の通りです。

【転職サイト】

・無料で利用できる
・登録したら自分で仕事を探さなければならない
・公開されている求人はどんな業種でも自由に見ることができる
・職務経歴書や面接のサポートはない

【転職エージェント】

・無料で利用できる
・専属のエージェントがついてサポートしてくれる
・面談で希望の仕事を聞き、それに合った仕事を提案してくれる
・非公開案件も多く持っている
・一方で、気軽に求人を見ることはできない
・紹介される企業が必ずしも自分に合った仕事とは限らない
・職務経歴書や面接のサポートもある
・サポート期間が決まっている場合がある
・職種や実績によっては断れる場合もある

登録すると初めに専属のエージェントとの面談が行われますので、そこで転職の相談をすることができます。

キャリアカウンセラーの資格を持つ人も多く、最適なキャリア構築のアドバイスを受けることができます。

転職エージェントへの相談の最大の利点は、自分の市場価値を知ることができることです。

転職をしたいと思っても、実際のところ転職できるのか不安という思いもありますよね。

転職エージェントは転職市場におけるあなたの価値を割り出してくれます。

強みを最大化して企業にアピールする方法なども学べますので、転職して給料アップする人も多いです。

一方、誰でも受けられるわけでないことと、必ずしも自分の希望する仕事を紹介してくれるわけではないところがデメリットと言えます。

ですが、無料で転職のプロが相談に乗ってくれる機会を活用しない手はないでしょう。

 

・キャリアコンサルタント

・キャリアコンサルタント

転職エージェントと違ってキャリアコンサルタントが有料で転職の相談に乗ってくれるサービスもあります。

【キャリア相談サービス】

1〜3ヶ月ほどの期間で、自己分析から実現したい人生や働き方を明確にし、それを叶えるためのキャリアサポートを行うサービス。

「マジキャリ」や「ポジウィルキャリア」などのサービスがある。

【キャリアコンサルタントへのスポット相談】

1回1〜2時間ほどの時間でキャリアコンサルタントが転職の相談に乗ってくれるサービス。「ココナラ」や「ストアカ」などのサービスからキャリアコンサルタントを探せる。

厚生労働省が実施している無料のスポットキャリアコンサル「おしごとアドバイザー」というサービスもある。

転職エージェントが無料で相談を聞いてくれるならわざわざ有料のキャリアコンサルタントを利用する必要はないように感じるかもしれません。

しかし、転職エージェントで受けられる無料のキャリア相談にはデメリットもあります。

  • 転職させるのが仕事なので転職ありきで話が進む
  • 求人を出している企業やエージェントの利益のために転職させられる感がある
  • 悩んでいる段階の人やこれまでの実績が乏しい人にはエージェントがつかない場合がある

転職の悩みを持ったとき、多くの人は「会社選び」が重要だと考えて転職活動をスタートします。

しかし、問題の本質はそこではないかもしれません。

  • 自分にとっての理想の働き方ってなんだろう?
  • 仕事をする上で大事にしたいことってなんだろう?
  • 仕事は人生の一部でしかない。後悔のない人生を送るにはどうしたらいいだろう?

転職エージェントに相談してもこうした問題への答えは出ません。

こうした働き方の本質がわかっていない状態で転職しても、また同じ問題に直面してしまうかもしれませんよね。

一方、キャリア相談サービスを利用すれば、徹底的な自己分析サポートによってあなたが本当に望んでいる理想の働き方や仕事を見つけることができます。

私も体験してみましたが、自己分析の質は学生時代にやった自己分析よりも深く、理想の人生から逆算した仕事選びができました。

仕事や働き方について1から考えたい。そんな方には、転職エージェントよりもキャリア相談サービスの方がおすすめです。

今の仕事をあなたはどうやって選びましたか? 正直、なんとなく仕事を選んで、なんとなく働いているのではないでしょうか?

自分の理想とする人生についてしっかり考えずに転職活動をしても、結局またなんとなくで仕事を選んで後悔するかもしれません。

転職は人生の節目ですよね。なかなかない機会だからこそ、生き方を見直すつもりでキャリアコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。

 

・ハローワーク(公共職業安定所)

・ハローワーク(公共職業安定所)

無料で気軽に転職の相談ができる場所としてハローワークがあります。

ハローワークは仕事を辞めた人が仕事を探すために行く場所だと思っている方も多いようですが、実は誰でも利用・相談に訪れることができます。

とは言え、基本的には今すぐ仕事を必要としている人向けの公共サービス。

職員のほとんどは公務員なので、相談に乗るというよりも仕事に就くまでに必要なステップを事務的に紹介されるような感じです。

また、紹介される求人もほとんどは地元の企業です。

専門的な仕事というよりも未経験でも誰でも応募できる仕事が多いので、転職の相談としてはあまり使えないでしょう。

 

【結論、転職の相談は「家族」「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」の3人にするのがおすすめ】

【結論、転職の相談は「家族」「転職エージェント」「キャリアコンサルタント」の3人にするのがおすすめ】

以上が、転職の相談をできる6つのタイプの相手でした。

ここまで聞いて、「相談相手として考えられる選択肢はわかった。けど、結局だれに相談するのがいいの?」と感じていらっしゃるかもしれません。

最初にお伝えしたように、転職の相談をする人の多くは2〜3人の人に相談しています。さまざまな視点を得るために複数の人に相談することは私もおすすめです。

では誰に相談するのが良いのか? 結論、以下の3タイプの人たちに相談するのが最適解です。

  • 家族や友人
  • 転職エージェント
  • キャリアコンサルタント

家族や友人に相談することで、あなたのことを理解している身内だからこその意見を聞くことができるでしょう。

転職エージェントでは面談を通してあなたの市場価値を算出し、会社を提案してくれます。

自分の可能性に気付けますし、年収アップに繋がる可能性もあります。

転職エージェントの有名なところでは「レバテックキャリア」などがあります。

サイトからアカウントの登録をしたら、その後にエージェントから面談の日程調整の連絡があり、サポート開始という流れです。

利用は無料ですし、紹介した企業が気に入らなければもちろん転職する必要はありません。気軽に登録して利用してみてください。

最後に、もっともおすすめなのがキャリア相談です。

キャリアコンサルタントのサポートの元、会社だけでなく自分の生き方から見直すことができます。

仕事についての本質的な問題に気付けたり、理想の人生から逆算した仕事選びができるので、最適な選択ができるでしょう。

 

>> 有料転職相談サービスって実際どうなの?【転職のプロが解説】

 

有料のキャリア相談サービスについては「マジキャリ」や「ポジウィルキャリア」が有名ですが、まだよくわからないという方もいらっしゃると思います。

最近は転職に悩む20〜30代の方から人気を集めていますが、初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。

下記の記事でもサービスの特徴や種類、料金などを詳しく紹介していますので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

 

>> 悩み解消!キャリアカウンセリングのおすすめサービス6選|相談でやりたい仕事がわかる!

 

転職は人生の中で重要な転換点。だからこそ、しっかり相談して考え方のヒントをもらいましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【転職 キャリア関連記事】

転職したいけどやりたい仕事が見つからない|適職が見つかる5つの方法

転職で何に後悔した? 後悔しないためのポイントと良い仕事に出会えるおすすめの転職方法

【新常識】やりがいのある仕事の見つけ方|あなたは知ってる? 自分だけの仕事を見つける方法

FPも? 10年後になくなる仕事一覧|あなたがAIに負ける理由と4つの対処法

【大事】生きていく上で必要なスキルと磨き方|食いっぱぐれないために仕事の武器を磨こう

プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

自分のキャリアを考える
ライフワークカフェ