【必要】社会人がマーケティングを勉強する意味はある? 5つの役立つメリットを解説

ビジネススキル/仕事術

マーケティングを勉強することであなたの価値は今よりさらに上がります。

「マーケティングと言われても自分の仕事には関係ないから勉強する意味がない」。そのように思っている方がいるかもしれません。

しかし、マーケティングを勉強すれば仕事の成果を上げやすくなりますし、思考の幅も広がります。

ビジネスパーソンとしてだけでなく人として成長することが出来るのです。

  • 市場価値の高い人間になりたい
  • 高い給料をもらいたい
  • 仕事が出来てチームに貢献できるようになりたい
  • 会社に依存しない生き方を手に入れたい
  • 自分の可能性を広げたい

こうした方にとってマーケティングを学ぶことには大きな意味があります。

この記事では、マーケティングを学ぶ意味と学んでも意味がないと言われる間違った理由について解説します。

後半では、いざマーケティングを学ぼうと思った人がどのようにマーケティングを学んでいけばいいのかについてもお伝えします。

今日からあなたもマーケティングの勉強を開始できます。ぜひ参考にしてください。

 

 

>>【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較

【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較
多くの社会人に注目されているWEBマーケティングスキル。この記事ではWEBマーケティングが学べるオススメのスクールを6つご紹介します。実践に近い内容で実績を作れる講座や未経験からの転職成功率98%のスクールもあり、マーケティングを学んで人生を変えたい方には最適です。ぜひ参考にしてみてください。

 

【マーケティングを学ぶ意味は? 学ぶことで得られる5つのメリット】

【マーケティングを学ぶ意味は? 学ぶことで得られる5つのメリット】

社会人がマーケティングを学ぶことで得られるメリットは5つあります。

  • 仕事選びの選択肢が増える
  • 年収がアップする
  • 本業以外の稼ぎ方ができる
  • 仕事がデキる人間になれる
  • お金で損をしなくなる

一言でいうと、マーケティングを勉強することで「あなたの人生は好転する」ということ。

  • お金を稼いで楽しく暮らしたい。
  • 仕事で評価してもらいたい。
  • ビジネスの原理原則を知りたい。

マーケティングを勉強することでこうした望みを叶えることができるでしょう。それぞれ解説します。

 

・仕事選びの選択肢が増える

マーケティングに強い人材になれば、転職しやすくなります。

会社員をされている方の中には、「今の仕事をクビになったらどこも雇ってくれない」と思っている方もいるのではないでしょうか?

私も新卒で就職してから5年間、書店で働きました。毎日残業しながら一生懸命働いていたつもりです。しかし、強みやスキルといったものは何一つありませんでした。

その原因は、「どこでも活用できて、自分にしかできない、求められるスキルを磨けていなかったから」です。

いくらレジ打ちやブックカバーをつけるのが早くなっても、それは書店でしか活用できないスキル。高い接客スキルを身につけても、ある程度の接客なら誰でも出来るのでニーズはあまりありません。

あなたの場合はどうでしょうか?

  • 数回教わったら誰でもできる仕事
  • 毎日、単純作業のくりかえし
  • 今の会社以外では使い道のないスキル

こうした働き方をしていたら、仕事選びの選択肢は広がりません。

一方、マーケティングスキルは「汎用的で希少なニーズのあるスキル」です。勉強し、日々の仕事のなかで実績を作っていけば、転職しやすくなります。

しかも、転職できるのはマーケティング会社だけではありません。いろんな業種の会社に転職しやすくなるのです。

それは、マーケティングがビジネスの基本中の基本だからです。

商品やサービスを販売して利益を上げること。これはすべての企業の使命です。そして、その実現のためにはマーケティングスキルを持つ人材が不可欠なのです。

つまり、どんな会社からも求められるということです。

例えば、ユニバーサルスタジオジャパンの立て直しで脚光を浴びたマーケターの森岡毅さんという方は、シャンプーなどの消費財メーカーであるP&Gでマーケターとしてのキャリアをスタート。

そこでの実績が認められ、ユニバーサルスタジオジャパンのマーケティング責任者に就任します。その後、「丸亀製麺」や「農林中央金庫の投資信託サービス」のマーケティングを担当されています。

メーカー、エンターテインメント、飲食、金融。マーケティングが出来るだけでこれだけ仕事の選択肢が広がるのです。

マーケティングを勉強すれば、日々の仕事の中で自然とマーケティング思考を鍛えてスキルを高めることができます。

毎日同じ作業の繰り返しではなく、日々新たなチャレンジが出来ているからです。

そうした日々の仕事の中で実績や結果が付いてくれば、転職においてもアピールできますよね。結果として、マーケティングを勉強することで転職しやすくなるのです。

 

・年収がアップする

マーケティングを仕事にすれば、平均よりも高い年収をもらうことが可能になります。

転職情報サイト「indeed」の調査によると、業種別の平均年収は以下のようになっています。

  • マーケティング業界     549万円
  • 一般営業職         351万円
  • 事務系総合職        349万円

このようにマーケティング業界の年収は平均的に見ても高水準であることがわかります。

もし今の仕事が事務や営業なのであれば、マーケティングを勉強して転職することで年収は200万円ほど上がることになります。

需要も将来性もある業界なので、これから勉強する価値は十分あるのではないでしょうか。

 

・本業以外の稼ぎ方ができる

マーケティングスキルが身につけば、副業や起業といった新たな稼ぎ方も可能になります。

  • 企業に対してのコンサルティング
  • 自分でWEBメディアやECサイトを運営
  • マーケティングノウハウをKindleやUdemyで販売

こうした副業で稼ぐマーケターも増えています。

副業が流行っているとは言え、自分にスキルがなければ出来る副業はありませんよね。

マーケティングスキルを勉強すれば、転職だけでなく様々な稼ぎ方が可能になるのです。

 

・仕事がデキる人間になれる

マーケティングスキルはマーケティング職以外の仕事でも活用できます。

マーケティングを学ぶことで得られるスキルとして以下のようなものが挙げられます。

  • 課題の原因に仮説を立てて解決策を考える能力(仮説分析力)
  • ヒトがなぜそのような行動を取るのか理解する能力(行動心理学)
  • 相手の心を動かし行動させる能力(セールスライティング)
  • EXCELやパワーポイントで資料を作る能力(ツール活用力)

こうした能力は、マーケティングだけでなく、人事や営業などの職場においても活用できそうですよね。

逆に、ほとんどの人はマーケティングの視点やスキルを持っていません。そのため、他の人から見たら「仕事がデキる人」になれるのです。

マーケティングはどんな業界でも必要とされるスキルだとお伝えしました。それは、マーケティングがビジネスの本質だからです。

マーケティングを勉強することで、ビジネスの仕組みや大事なポイントがわかります。仕事が出来る人間になりたい人にとっては、マーケティングは必修科目だと言えるでしょう。

 

・お金で損をしなくなる

マーケティングを勉強することでビジネスの仕組みがわかるとお伝えしました。

それによって、自分の消費行動を見直すことができたり、詐欺に遭わなくなるというメリットもあります。

消費行動が変わるというのは、簡単に言うと「余計なお金を使わなくなる」ということ。

マーケティングを学ぶ中で「行動心理学」という考え方に出会います。マーケティングとはヒトの行動心理を利用して利益を最大化することでもあるのです。

これは裏を返すと、企業は行動心理学を利用して私たちにモノを買わせようとしているということ。

例えば、行動心理学を利用したマーケティング施策(文言)には以下のようなものがあります。

  • 1万円以上で送料無料
  • 2点以上購入で10%オフ
  • 30%オフで買えるのはあと2時間!
  • 93%の人がすでに申し込んでいます。
  • スーパーでのウインナーの試食

こうした場面に出会ったことがあるでしょう。もしかしたらこれに釣られて買った人もいるのではないでしょうか?

これらがマーケティングの一環だと気付ければ、余計な出費を防ぐことができそうですよね。

また、こうした行動心理学は詐欺の場でも常套手段になっています。言葉巧みに気持ちを揺さぶって購入させてくる詐欺師。

マーケティングを勉強すれば、詐欺師のやっていることがマーケティング手法や行動心理学を用いたものであることに気付けるでしょう。

 

マーケティングを学ぶことは得するだけでなく、損をしないことにも繋がるのです。

マーケティングは詐欺にも使われると聞いて「そんな怪しいものなら勉強したくない」と思った方もいるかもしれません。

しかし、これは包丁と同じです。美味しい料理を作るために使えば道具ですが、人に向けたら凶器になる。

マーケティングも、困っているひとを助けたり、多くの人を幸せにするために使うことが本来の使い方です。

 

【なぜ?「マーケティングは勉強しても意味がない」と言われる3つの理由】

【なぜ?「マーケティングは勉強しても意味がない」と言われる3つの理由】

マーケティングを勉強することで上記のようなメリットがある一方で、「マーケティングを勉強しても意味がない」という声もあります。

これから勉強しようと思っているのに意味がないと言われたらやる気を削がれてしまいますよね。

私も、マーケティングの勉強をし始めた頃は、「これって意味あるのかな?」と思うときがありました。ですので、「勉強しても意味がない」という理由の根拠はわかります。

マーケティングの勉強をしても意味がないと言われる理由には以下の3つがあります。

  • 勉強しても活用する場がない
  • 結果が出なかった
  • マーケティングの勉強は終わりがない

それぞれ解説します。

 

・勉強しても活用する場がない

マーケティングのスキルは知識の有無ではなく実践で活用できるかどうかが重要です。

本を読んで勉強するだけで実際に学んだことを実践する場がない。そのような状況であれば、学んだのに意味がないと言われるでしょう。

将棋の本を読んで強くなるための勉強をしても、誰とも対戦しなかったら意味がありませんよね。マーケティングも勉強する「だけ」では意味がないのです。

しかし、目的があって、それを実現させるためにマーケティングを学ぶのであれば大いに意味があります。

  • 商品の売上を伸ばしたい
  • 営業成績を上げたい
  • マーケターになりたい

このようにマーケティングスキルを活用する前提で勉強すれば確実に成果は現れます。

ノウハウコレクターとは、勉強だけはしているけれど成果や行動につながっていない人のこと。本ばっかり読んで知った気になっているほど面倒な人はいませんよね。

マーケティングを学べる大学もありますが、結局知識だけ持っても活用の場がなければ無意味になってしまいます。

そういう意味では、実際にビジネスの場に出ている社会人の方がマーケティングを学ぶ意味はあると言えます。

 

・結果が出なかった

マーケティングの基礎を勉強したあと、勉強したものを活用して施策を考えてみました。

しかし、思ったように売り上げは伸びず、最初の施策は失敗に終わってしまったのです。その時に、マーケティングを勉強したけど意味がなかったなと感じました。

マーケティングを勉強したからと言って、全ての施策で結果が出るわけではありません。それぞれのケースで、市場環境や顧客の特性、商品力が違うからです。

ユニバーサルスタジオジャパンの後ろ向きジェットコースターは、マーケティング施策の1つとして生み出されたもの。大きな話題を呼び、USJが復活する大きな要因にもなりました。

では、世界中のジェットコースターが後ろ向きに走ればいいのでしょうか? 成功した事例を取り入れれば誰でも成功するわけではありませんよね。

マーケティングを勉強した人が誰でもかんたんに優秀な施策を考えられるわけではないのです。

しかし、考え方を学べば、成功に近いアイディアを考えることはできます。

魚釣りで例えてみます。

マーケティングを勉強する前の人がやっていることは、魚が跳ねたところに向かって竿を投げている状態。

海の中のどこに魚がいるかわからないから、跳ねるのを待ち、跳ねたところに竿を投げます。

しかし、魚が跳ねたからといってその場に魚が留まるわけではありません。竿を投げる頃には、別の場所に泳いでいっているので釣れないでしょう。

一方、マーケティングを勉強したら、そこにいる魚の種類・釣り場の環境・潮の流れ・水温などを見極め、魚がいそうな場所を探り当てることができます。

その場所に竿を投げれば、魚は食いつきそうですよね。

こうした思考が出来るようになることにマーケティングを勉強する意味があります。

もちろん、マーケティングを勉強したからと言って100発100中で結果が出るわけではありません。

しかし、何も勉強していない状態よりも確実に結果に近づくことができます。

 

・マーケティングの勉強には終わりがないから

マーケティングのスキルは「3ヶ月勉強したから身に付く」といったものではありません。

考え方の型(フレームワーク)のようなものはありますが、商品やサービスを取り巻く環境は変化し続けます。

そのため、過去の成功事例が永久に通用するわけではありません。マーケティングの知識は活用しながらアップデートをし続けなくてはならないのです。

とは言え、学んだことに意味がないというわけではありません。

ヒトの欲求の根本的な部分は数百年の間大きく変化はしていないということをご存知でしょうか?

根本的には生存欲求や自己実現欲求といった「マズローの5大欲求」があり、現代では「モテたい・稼ぎたい・認められたい」という欲求も普遍的なものになっています。

根本的な欲求を知っておくことはマーケティングの土台。土台となる部分を学んでおけば、あとは時代やトレンドに合わせてカスタマイズできます。

「勉強しても数年後には通用しなくなるから無駄」だというわけではないのです。

 

【マーケティングの勉強って何から始めればいい?】

【マーケティングの勉強って何から始めればいい?】

マーケティングスキルと一口に言っても、その内容は多岐に渡ります。

  • マーケティングフレームワークの活用
  • 行動心理学、消費者インサイトの理解
  • セールスライティング、ストーリーテリングの習得
  • 仮説、分析力
  • マーケティングツール活用
  • EXCELでのレポート作成
  • プレゼンテーション資料の作成

では、未経験の方がこれから勉強しようと思ったら、何から始めればいいのでしょうか?

私のおすすめする勉強法は以下のステップです。

  1. 学んだことをすぐに活用できる場と達成したい目的を持つ
  2. 入門書を読みながら実践する
  3. 仮説・分析・検証をしてスキルを磨く

それぞれ解説します。

 

1、学んだことをすぐに活用できる場と達成したい目的を持つ

前提として、勉強のための勉強は避けるべきです。

先ほどもお伝えした通り、本を読むだけではマーケティングスキルを身に付きません。

マーケティングスキルは実践してこそ意味を持つもの。そのため、学んだことをすぐに活用できる場と達成したい目的を持ちましょう。

  • 今の部署で売上をアップさせる
  • 知り合いの店の売上をアップさせる
  • 自分でネットショップを立ち上げて人気店にする
  • 自分のブログを立ち上げて、多くの人に読んでもらえるようにする

このような「実践の場と目的」を作ることが最初のステップです。

 

2、入門書を読みながら実践する

勉強する目的が出来たらマーケティングの勉強を開始します。

まずは、入門書となる本を読みながら基本的な考え方を習得しましょう。

大事なのは、読むだけでなく実践しながら身につけるということ。ただ読んでるだけになっていないか定期的にチェックするように心掛けてください。

おすすめの入門書は以下の3点です。

マーケティング関連の本は数十冊以上読んできましたが、これらは未経験者がマーケティングを勉強するのにおすすめ出来るなと思った3冊です。

ドラッカーが教える実践マーケティング戦略はマーケティングの基本を押さえるのにベスト。森岡さんのUSJの本はマーケティングを活用して自分がどう活躍できるかをイメージできる一冊です

 

3、仮説・実行・分析をしてスキルを磨く

入門書を読むだけでも様々な施策を思いつくでしょう。

それらを実践してみてください。結果が出るものもあれば、外れることもあります。

ですが、大事なのは、「その結果を受けてどう改善するか」です。

仮説を立て、施策を実践。定期的に分析をして、さらに仮説を立てます。

このフローを続けることがマーケティングワークです。

思いついた施策を一回実行して終わり。これでは本当のマーケティングスキルは身に付きません。分析や検証をしてさらに施策を考えていく中でマーケティングスキルは磨かれます。

入門書を読むまではマーケティングという武器を手に入れる段階。そこから、より切れ味の鋭い武器に磨いていくことが重要です。

思考・実践・更なる勉強を通してスキルを磨いていきましょう。

 

4、番外編

中には「いまの仕事では学んだことを活用する場がない」という人もいるでしょう。マーケティングと無縁の仕事内容だと活用が難しいですよね。

そんな方には「マーケティングスクール」で勉強するという手もあります。

オンラインのマーケティングスクールでは、マーケティングの基礎を動画講座で学びながら、オンラインワークショップで模擬課題に取り組みます。

受講している仲間やプロのマーケターと本番さながらの意見交換をして課題にチャレンジ。

ただ勉強するだけではなく、マーケターの実務に近い経験を積むことが出来るのです。

もしも今の環境がマーケティングに関係ない仕事だとしても、マーケティングはビジネスパーソンにとって学んでおいて損はないスキルです。

ゆくゆくはマーケティング系の仕事をしたい方であれば今のうちから学んでおく価値があります。

しかし、繰り返しますが、マーケティングの本を読むだけの勉強では意味がありません。実践の中で学ぶことが非常に重要です。

何十冊の本を読んでも、一度もマーケティングの実務をこなしたことがなければスキルがあるとは言えません。

本気で学んでみたい方は、マーケティングスクールで勉強してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較

【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較
多くの社会人に注目されているWEBマーケティングスキル。この記事ではWEBマーケティングが学べるオススメのスクールを6つご紹介します。実践に近い内容で実績を作れる講座や未経験からの転職成功率98%のスクールもあり、マーケティングを学んで人生を変えたい方には最適です。ぜひ参考にしてみてください。

 

【マーケターに転職したいならマーケティングスクールが近道です|未経験からの転職成功率98%!】

【マーケターに転職したいならマーケティングスクールが近道です|未経験からの転職成功率98%!】

まとめると、社会人になってからでもマーケティングの勉強をする意味は5つあります。

  • 仕事選びの選択肢が増える
  • 年収がアップする
  • 本業以外の稼ぎ方ができる
  • 仕事がデキる人間になれる
  • お金で損をしなくなる

このように、マーケティングを勉強することであなたの価値は高まります。生き方にも自由度が増すでしょう。

特に大きいのはマーケターになると年収が他の業種よりも高くなること。せっかく勉強するならあマーケターを目指すのもありですよね。

とは言え、転職を考える場合、基本的には今の仕事と異なる職種から選ぶのは難しいのが現状です。

新卒であればポテンシャル採用がメインですが、転職においては即戦力となる人材が求められます。

そのため、マーケティング経験のない方がマーケティング職に転職するのは難しいのです。

しかし、諦める必要はありません。未経験からでも最短3ヶ月でマーケターへ転職する方法があるのです。

その方法とは、WEBマーケティングスクールに通うこと。

スクールで勉強しながら実践形式の訓練を積む。そうすることで、卒業時にはマーケティング実務経験を手にすることが出来るのです。

実際、WEBマーケティングスクールの中には転職サポートや転職保証のついたところも多くあります。

その中でもDMM.comが運営するマケキャンbyDMM.comというスクールでは、転職希望者の98%が未経験からWEBマーケターへの転職に成功しています。

 

 

今の仕事からマーケターに転職したい。だけど、マーケティング経験や実績なんて持ってない自分には無理だよね?

そんな方でもWEBマーケティングスクールなら夢が叶うかもしれません。

マーケティングはこれからの時代さらにニーズが高まる仕事です。今のうちからその業界に身をおくことは生存戦略の1つになるでしょう。

マーケティング業界の可能性やおすすめのWEBマーケティングスクールについては以下の記事でも紹介しています。気になる方はぜひご一読ください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

>>【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較

【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ6選|未経験向けに口コミと動画で比較
多くの社会人に注目されているWEBマーケティングスキル。この記事ではWEBマーケティングが学べるオススメのスクールを6つご紹介します。実践に近い内容で実績を作れる講座や未経験からの転職成功率98%のスクールもあり、マーケティングを学んで人生を変えたい方には最適です。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【マーケティング 関連記事】

【未経験でも転職できる】マケキャンbyDMM.comは絶対にマーケティング職に転職したい人にとっての最短ルート

【未経験でも転職できる】マケキャンbyDMM.comは絶対にマーケティング職に転職したい人にとっての最短ルート
この記事では未経験からでも3ヶ月でマーケターに転職できる方法をお伝えします。マーケティングスクール「マケキャン by DMM.com」ではプロが認めるカリキュラムで実践的なスキルを身につけることができ、受講生の98%以上が転職に成功。マケキャンがマーケターを目指すあなたにとって最適で最短のルートになるはずです。

【習得】マーケティングの勉強って何からすべき?未経験からマーケターになるための勉強法8選

【習得】マーケティングの勉強って何からすべき?未経験からマーケターになるための勉強法8選
マーケティングの勉強って何から始めたらいいの? 私もこのような疑問を抱いていました。マーケティングスキルは、集客・販売・分析・戦略立案など幅広い分野を学ぶ必要があります。この記事では、未経験者がスキルを習得するために必要な勉強法や情報収集術、異業種からマーケターになるための方法を解説します。ぜひ参考にしてください。

【解決】自社サイトに集客したいウェブ担当者必見!WEBMARKSでSEOスキルを学ぼう 

【解決】自社サイトに集客したいウェブ担当者必見!WEBMARKSでSEOスキルを学ぼう 
自社サイトへの集客って難しいですよね。企業のWEB担当者がもっとも注力すべき分野。それはSEOです。とは言え、SEOにも複数の要素があります。何から勉強したら良いかわからない方も多いでしょう。この記事ではWEB集客スキルを強化したい方におすすめのWEBマーケティングスクール「WEBMARKS」を紹介します。

【転職に有利】マーケティング系の資格おすすめ4選|未経験から最短でマーケターになれる勉強法

【転職に有利】マーケティング系の資格おすすめ4選|未経験から最短でマーケターになれる勉強法
マーケティングの資格を取ったら転職で有利かも。そう思っている方に向けて、おすすめのマーケティング系資格を4つ紹介します。体系的にマーケティングスキルを勉強でき、転職市場での評価も高い資格を厳選。また、マーケターへ転職したいのであれば、資格取得よりも確実な方法があります。未経験から最短で転職したい方は参考にしてください。
プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

ビジネススキル/仕事術マーケティングスキル
ライフワークカフェ