この記事にはPRが含まれます。

【徹底解説】SNS運用代行の始め方 勉強法と副業案件の探し方

【人気】SNS運用代行を副業にする方法 案件の探し方と未経験からの勉強方法を解説

SNS運用の副業は初心者にも始めやすくておすすめの仕事です。

Webデザインやプログラミングよりも勉強がカンタンで、動画編集よりも競合が少なく稼ぎやすいのが特徴。

この記事では、SNS運用代行の仕事をやってみたい方に向けて、勉強方法と始め方を解説します。

こうした内容でお伝えします。

昨年あたりからSNS運用代行のニーズが急増しています。基本的に在宅で出来て拘束時間も短いため副業として取り組むのにも最適です。

まだライバルが少なく稼ぎやすいジャンルですので、今のうちから始めて実績を作っておくとその後も稼ぎやすくなりますよ。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

【SNS運用代行の仕事内容と稼げる金額】

SNS運用代行の仕事内容と稼げる金額

SNS運用代行という仕事は、企業や個人のSNSアカウントを管理し、適切なコンテンツを制作することを指します。

  • 集客
  • ブランディング
  • 顧客の好意の醸成
  • 採用活動
  • 効果的な施策を見極めるABテストなど

このように企業のマーケティング活動において、SNSの活用は成功に欠かせない重要な要素と言っても過言ではありません。

しかし、ほとんどの会社には、適切なコンテンツの作成やSNSのアルゴリズムを理解できている専門の担当者がいません。

そこで、プロの視点から戦略的なプランニングや分析を行い、最適なコンテンツを提供できるSNS運用代行者が求められているのです。

 

・SNS運用代行の具体的な仕事内容

SNS運用代行の具体的な仕事内容は以下のようなものになります。

  • 打ち合わせ
  • コンセプト・運用戦略の提案(コンテンツ内容や導線など)
  • アカウントの作成
  • 投稿作成
  • 投稿スケジュールの管理
  • コメントの管理
  • データ分析
  • レポート作成&報告
  • SNS広告運用

まずはクライアントのSNS運用の目的を理解し、戦略を策定します。次に、興味を引く投稿を企画・制作し、定期的に発信します。

さらに、投稿の反応や成果をデータ分析し、改善施策を見つけて数字を伸ばしていくことが仕事になります。場合によっては、SNS上の広告運用を任されることも。

SNS運用代行の仕事を知るためには、上記の仕事を遂行できるスキルを身につけなくてはなりません。

 

・SNS運用代行で稼げる報酬の目安

インスタ運用代行業者が提供するサービスの場合は30〜100万円という規模感が一般的。

個人が運用代行を行う場合は、1ヶ月あたり5,000円〜50万円が稼げる金額の目安となります。

結構金額の幅がありますよね。その理由はいくつかあるのですが、まぜは扱う媒体によって規模感が異なることを理解しておきましょう。

短い文章だけのTwitter運用であれば月に5,000円から3万円ほどとなりますが、画像作成や動画編集が必要になるインスタグラムやTikTok、YouTubeの場合は3万円から数十万円と金額も大きくなります。

また、コメント返信だけを代行する仕事や、投稿作成も行う仕事、SNSのコンサルタント全体までを行う仕事など、案件のレベル感や投稿頻度、携わる時間も異なります。

ちなみにこれは1案件あたりの金額です。フリーランスで運用代行の仕事を承っている方などは、複数のクライアントのSNS運用代行を行っている場合も多いです。

また、上記の固定報酬に加えてフォロワー数やSNS経由での購入件数によってプラスアルファの成果報酬がもらえる場合もあります。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

【企業アカウントの運用代行が求められる5つの理由】

企業アカウントの運用代行が求められる5つの理由

そもそも、なぜ企業はSNSの運用を代行するのでしょうか?

  1. 企業のマーケティングにSNS活用が欠かせなくなっている
  2. SNS運用の知見がない
  3. リスクへの備え
  4. 人員を割けない
  5. 継続できない

こうした5つの理由について解説します。

 

1、企業のマーケティングにSNS活用が欠かせなくなっている

まず前提として、企業のマーケティング活動にSNSの活用が欠かせなくなっていることが挙げられます。

集客やブランディングだけでなく、最近は採用活動まで、SNSアカウントやSNS広告の運用なしに進めることは難しくなっているのです。

総務省の発表したデジタル活用の現状によると、携帯電話やスマートフォンの世帯保有率は9割以上。

また、総務省による令和3年通信利用動向調査のレポート内容によると、

個人のインターネット利用機器は、引き続きスマートフォンがパソコンを上回り、20~49 歳の各年齢階層で約9割が利用している。SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用する個人の割合は78.7%に達した。

このような調査結果が出ており、国民の多くがSNSを日常的に利用していることがわかります。

さらに、2019年にはインターネット広告費が初めてテレビの広告費を抜いたことが話題に。今まさに企業のプロモーション活動は、利用者の多いインターネットおよびSNSに集中していると言えます。

その中でもSNSは無料から始められるので、広告費をかけられない中小企業や個人も積極的に活用。

コストを抑えて活用できるSNSがマーケティング施策の鍵になっているのです。

 

2、SNS運用の知見がない

積極的に活用したいSNSですが、SNS自体がここ数年で隆盛してきた分野であるため、上手に運用できる人やノウハウを持つ人が多くありません。

「SNSを使って効率よく集客や売上アップに繋げたい。だけど誰も詳しくないから、SNS運用代行をしてくれる人にお願いしたい。」

こうした悩みが、SNSの運用代行のニーズが高まっている要因と言えます。

 

3、人員を割けない

知見がないことと合わせて、人員を割けないことも運用代行のニーズが高まる一因になっています。

コストを抑えた経営を行うため、どこの企業も人員はカツカツ。通常業務で手がいっぱいなところに、SNSの運用まで任せれられる人員がいないのです。

もし人員を割くとしても、正社員を担当につけるよりも業務委託で任せる方が安く済むという事情もあります。

フリーランスの場合は社会保障などの負担もありませんし、教育にかけるお金も不要。

社員の給料を払いながら教育費用も捻出することを考えると、運用代行に依頼した方が安く済むという側面もあるのです。

 

4、リスクへの備え

SNS運用にはリスク管理も重要になります。

社内の担当者がSNS上で社内の機密事項をツイートしたり、政治的な記事やゴシップ記事へ反応したことで炎上したニュースを目にしたことがあるかもしれません。

SNSに慣れていない人が下手に使うと、企業の信頼を一瞬で失う恐れもあるのです。

SNS運用に慣れていて、しっかりと炎上のリスクも理解したプロの運用者に依頼したい。そう考える経営者が多いのも、SNS運用代行者のニーズ増加につながっています。

 

5、継続できない

SNSの運用は大変ですよね。

無料で気軽に始めることはできても、投稿を作る時間がなかったり、ネタがなかったりと、継続するのは難しいものです。

また、一度アカウントを作ってフォロワーがついてしまうと、やめられないのも問題です。

企業の場合はなおさらでしょう。一度始めてしまうと、定期的な投稿をしないと信用を失う可能性もあります。

SNS活用を始めたいという経営者だけでなく、始めたものの運用に困っているという経営者のニーズも大きいのです。

運用代行を利用すれば、少しのお金を払うだけであとは自動化できますよね。

やらなくてはいけないけれど、リソースがなく困っている。多くの企業がSNSに対してこう言った悩みを抱えているので、SNS運用代行には大きなニーズがあるのです。

 

【SNS運用代行を副業にする6つのメリット】

SNS運用代行を副業にする6つのメリット

副業には動画編集やWebデザイン、せどりやWebライティングなど様々な選択肢があります。その中でもSNS運用は、最近副業で取り組む人が増えている人気の働き方です。

SNS運用を副業に選ぶことで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

  1. 在宅などリモートでどこでも仕事ができる
  2. 複数企業と契約できればサラリーマン以上の月収も可能
  3. SNS運用だけでフリーランスになっている人も多い
  4. 大掛かりな仕事ではないので、副業としても取り組みやすい
  5. SNS運用のノウハウが蓄積して市場価値アップにつながる
  6. デザインも投稿もスマホだけで完結できる

元々SNSをしている方にとっては趣味の延長のようなものです。

パソコンを使わずにスマホだけで投稿のデザインやアップロードも可能なので、ちょっとしたスキマ時間で進められるのもポイント。

SNS運用は多くの企業で求められているスキルなので、運用実績がつけば転職市場でも高い評価をしてもらいやすくなります。

稼げる金額のコスパの良さに加えて、自分自身のスキルにも昇華できるところが、SNS運用代行の大きなメリットです。

 

【SNS運用代行の始め方|個人でも可能な求人案件の探し方】

SNS運用代行の始め方|個人でも可能な求人案件の探し方

SNS運用代行の仕事内容とメリットをお伝えしたところで、SNS運用代行の始め方を解説していきます。

SNS運用代行は「始めるために必要なもの」を用意し、「案件の探し方」に沿って案件を獲得することでスタートできます。

それぞれ解説します。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

・SNS運用代行をするために必要なもの

まずは必要なものを理解して準備しましょう。

  • 実績&ポートフォリオ(伸びた経緯やノウハウなど)
  • アカウントコンセプト設計スキル
  • 投稿デザインスキル
  • データ分析&レポーティングスキル
  • 採用したくなる提案文作成スキル

SNS運用代行で仕事を獲得するためにはこれらのものが必要です。

好きに投稿を作ってアップロードすればいいだけでなく、マーケティング視点でアカウントや投稿を作ったり、分析と改善も業務の一環。

クライアントのゴールを達成できる運用スキルを身につける必要があります。

 

・SNS運営代行の仕事案件の探し方

SNS運営代行の仕事は以下の方法で探します。

  1. クラウドソーシング
  2. 求人サイト
  3. スキル出品
  4. SNS
  5. フリーランス向けマッチングサービス&エージェント(WORKSHIP、WARIS)
  6. スクールからの案件斡旋
  7. 知人からの紹介
  8. 直接営業

それぞれ解説します。

 

1、クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、タスクやプロジェクトベースで仕事の募集がされているサイトのことです。

Webデザインや記事作成、データ入力など、様々な仕事の募集があり、その中にSNS運営代行の仕事も見られます。

基本的にパソコンとネット環境があれば在宅で仕事をすることができます。

クラウドソーシングの有名なサービスとしては、「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。公式サイトから無料登録を行い、仕事を探し、応募するという流れになります。

 

2、求人サイト

一般的な求人サイトでもSNS運用代行の仕事を見つけられます。

クラウドソーシングのようなマッチングサービスを通しての仕事ではなく、正社員や業務委託といった形で直接契約をすることになります。

そのため、企業によって完全リモートで可能な場合もあれば、週に何度か出社して業務にあたることもあります。

Indeed」や「求人ボックス」といった求人サイトで案件を探すことができます。

希望の条件と合う求人に応募すると、試験や面接を実施。合格すると採用となります。

 

3、スキル出品

スキル出品とは、あなたができることを商品化して販売することを言います。

SNS運用代行 3ヶ月 10万円」といった感じでSNS運用代行スキルを出品し、それを見たクライアントから依頼を受けるといった感じです。

クラウドソーシングや求人サイトの場合はクライアントが募集をするのに対し、スキル出品はあなたが先に条件を出してクライアントを募集する形になります。

スキル出品ができるサービスには「ココナラ」や「ストアカ」といったところがあります。

こうしたサービスを使ってSNS運用代行を探す人もいるので、登録しておいて損はありません。

 

4、SNS

TwitterやインスタグラムでSNS運営代行者の募集がされていることもあります。

「運営代行 募集」などのキーワードで定期的にチェックして案件を探してみましょう。

 

5、フリーランス向けマッチングサービス&エージェント

フリーランス人口が増えてきたことにより、仕事を斡旋してくれる専用のエージェントや案件マッチングサービスも増えています。

フリーランス向けのエージェントとしては「Workship」や女性向けの「Waris Professional」などがあります。

こうしたサービスに登録してプロフィールを入力すると、SNS運用代行案件のリサーチができたり紹介してもらうといったことができるようになります。

 

6、スクールからの案件斡旋

SNS運用を学べるスクールの中には、卒業後に案件の斡旋や業務委託として仕事をもらえるところも。

SNS運用を学べるスクールは運営元がSNS運営代行を行なっているところも多く、抱えている案件を受講生に振ってくれるというわけです。

初めての副業の場合はトラブルにならないか不安な部分もありますよね。こうしたスクール経由の斡旋であれば、サポートを受けながら取り組めるので安心です。

SNS運用代行のノウハウが学べる講座については以下の記事で解説しています。

1日あたりたったの300円からプロのノウハウと添削を受けられるので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

7、知人からの紹介

「SNS運用代行を始めた」と自身のSNSなどを通して知人に知らせておくことも、仕事を獲得する1つの方法になります。

それを見た知人から彼らの会社のSNS運用代行を依頼されたり、困っている人がいたときにあなたを紹介してくれる可能性も。

そうした種まきをしておくことも、仕事を獲得する上では重要な取り組みです。

 

8、直接営業

求人や依頼を出してはいないけれど、SNS運営で困っている。そのような会社や個人も実は大勢います。

そうした方のニーズを嗅ぎつけて、自ら営業するのも手です。

あなたの得意とするSNSでいろんなアカウントをリサーチし、上手に運用できていないアカウントを見つけてコメントやDMをしてみましょう。

こうした営業で反応があるのはほんの数%だけではありますが、実際にこうした営業を受けたことでSNS運用代行の依頼をした例も多数あります。

新規開拓という意味で1つの方法になるでしょう。

 

【SNS運用代行の仕事が向いている人と向いていない人の特徴|インスタのフォロワー数は大事?】

SNS運用代行の仕事が向いている人と向いていない人の条件

以下のような特徴を持つ人は、SNS運用代行に向いています。

  • SNSの伸ばし方やアルゴリズムに理解がある
  • トレンドやアルゴリズムの変化に敏感で対応できる
  • デザインが好き&得意(動画編集もできれば尚良し)
  • 在宅で出来る仕事を手に入れたい
  • 企業の目的に最適なマーケティング提案ができる
  • 分析やリサーチをするのが好き&得意
  • 注意深く危機管理能力が高い
  • うまくいかなくても凹まずに改善策を考えられる人
  • SNSだけでなくマーケティング視点で様々な提案・実行ができる人
  • フォロワー数やバズ投稿を作った実績

逆に向いていない人の特徴を1つだけお伝えすると、それは「SNSを眺めるのが好きなだけの人」です。

私はこれまで「好きなことを仕事にすること」にいろんなテーマでトライしてきましたが、その中で分かったことが「消費的な好きでは稼げるようにならない」ということでした。

「消費的な好き」とは、自分が楽しむだけにやることを指します。

  • 映画やアニメを見るのが好き
  • インスタを眺めるのが好き
  • 美味しいものを食べるのが好き

こうした自分が楽しいだけのことを仕事にするのは難しいのです。

一方で、好きなことが生産的であれば、仕事にすることが可能。生産的な好きとは、自分が好きなことをすることが誰かの役にも立つことや何かしらの利益を生み出すことを指します。

  • おしゃれなデザインを作るのが好き
  • 自分の知っていることを誰かに教えるのが好き
  • 料理を作るのが好き
  • 良いと思ったものを誰かに伝えるのが好き

こうしたことが生産的な好きです。

あなたがSNS運用に興味を持ったきっかけも「SNSが好きだから」という理由かもしれません。

ですが、ただ眺めているのが好きなだけなら、仕事にするのはやめておいた方がいいかもしれません。

SNS運用代行の仕事は、SNSを眺める仕事ではありません。クライアントのゴールを理解し、フォロワーや申し込みを増加させるための施策を考えて実施する仕事です。

その中で、あなた自身が質の高い投稿を作る仕事もありますし、数値分析をしてレポートを作る仕事もあります。

それをやるのは苦痛ではないですか?

SNS運用を仕事にしたい人の中には、自分がSNSを見るのが好きだからという人も大勢います。しかし、そうした消費的な好きではできない仕事です。

そこを理解した上で、必要なスキルを身につけ、クライアントのSNS活用をレベルアップさせる気持ちで臨みましょう。

 

【初心者からSNS運用代行で稼ぐまでの6ステップ】

【初心者からSNS運用代行で稼ぐまでの6ステップ】

では、SNS運用で稼げるようになりたいと思ったら、どのようなステップで進めたらいいのでしょうか?

初心者からSNS運用で稼ぐまでのおすすめのステップは以下の通りです。

  1. SNSの企業アカウントの見学
  2. 必要なスキルの勉強
  3. 運用代行目線でアカウントの立ち上げ
  4. ノウハウを駆使して実績を作る
  5. ポートフォリオと提案文を作成
  6. 案件に応募する

それぞれ解説します。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

1、SNSの企業アカウントの見学

まずはSNSの運用代行がどのような仕事をするのかを知るために、SNSの企業アカウントを見学しましょう。

その企業がどのような目的を持って運営しているか?
どのようなデザインか?
どのような工夫が凝らしてあるか?

こうしたことに注目してアカウントや投稿をリサーチしてみてください。

この作業は実際に運用代行をするときの競合リサーチにも活用できます。

まずは自分の興味のあるジャンルを決めて、企業アカウントや人気アカウントをピックアップ。既存のアカウントを見学しながら学びを得ていきましょう。

 

2、運用代行に必要なスキルの勉強

SNS運用代行では実績だけでなく、あなたのスキルを証明する必要もあります。

そのため、知識やノウハウを体系的に説明できるようになりましょう。

  • 本を読む
  • YouTubeなどの動画で学ぶ
  • SNSで情報収集する
  • 実際に仮説検証をして成功パターンを増やす
  • スクールで体系的に学びながら実績を積む

こうした方法で必要なスキルを磨いていきましょう。

 

3、運用代行目線でアカウントの立ち上げ

勉強をするだけでは、実績は身につきません。

現時点ですでにあなたのアカウントを持っていると思いますが、運用者目線での運用はそれとは別物です。

インスタでもTwitterでも1人で複数のアカウントを作ることができるので、運用代行の目線でアカウントを作って運用してみてください。

 

4、ノウハウを駆使して実績を作る

テーマを決めてアカウントを作ったら、フォロワーや問い合わせを増やすための戦略策定、投稿作成と分析改善までをやってみてください。

ここまでの運用経験や学んだノウハウを駆使してアカウントを伸ばせれば、実績を作ることができます。

運用代行の仕事をする前からでもSNS運用のお試し体験はできるので、ぜひ取り組んでみてください。

 

5、ポートフォリオと提案文を作成

立ち上げたアカウントで仮説検証を繰り返していくと、数値としての実績や体験としての成功法則が増えていきます。

それらをまとめてポートフォリオを作りましょう。ポートフォリオとは作品集のようなものであり、履歴書としても使えます。

案件に応募する際には採用に有利になるものなので、提案文と合わせて用意しておきましょう。

 

6、実績とポートフォリオをもとに案件に応募する

ここまでのステップを踏めば、あなたはSNS運用のスキルがある人材になれています。

実績とポートフォリオを用意して案件に応募すれば、運用代行の仕事を獲得することができるでしょう。

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • スキル出品
  • SNS
  • フリーランス向けマッチングサービス&エージェント
  • スクールからの案件斡旋
  • 知人からの紹介
  • 直接営業

上述したこのような案件獲得方法を参考に、応募していってください。

 

【SNS運用代行で可能になる未来|フリーランスとしての働き方も実現】

【SNS運用代行で可能になる未来|フリーランスとしての働き方も実現】

以上が、SNS運用代行を副業にする方法と初心者からの勉強法でした。

SNS運用代行は他の副業と比べてまだまだ競合が少ない割に、多くの需要があるジャンルです。

興味のある方はぜひこの記事を参考にチャレンジしてみてください。

また、SNS運用代行で稼ぎたい方には講座の受講がおすすめです。

体系的なスキル習得もできますし、案件の紹介やサポートもあり、初心者からSNS運用代行で稼げるようになりたい方には最適な勉強法だと感じています。

以下の記事ではおすすめの講座を3つ紹介しているので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

 

>>【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【2024年最新】インスタ運用代行のおすすめスクール5選 SNSマーケティングのノウハウを学べる講座を比較
インスタ運用やSNS運用代行のノウハウを学ぶことは、副業やフリーランスとして稼ぐ第一歩です。まずは正しい学び方とスクールの選び方を知る必要があります。この記事では、豊富な知識と実践的なノウハウを学べるおすすめのSNS運用代行スクールを2024年最新版で紹介。インスタ運用代行で稼ぎたい方はぜひ参考にしてください。

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【FAQ SNS運用に関する気になる疑問】

最後に、SNS運用代行の副業に関して気になる疑問をまとめました。

 

・SNS運用代行で稼ぐのに資格は必要?

SNS運用代行の仕事で採用されるために必要なものは「スキル」と「実績」です。そのため、取らなくてはいけない資格はありません。

 

・運用代行の業務でアカウントを伸ばせなかったらどうなる?

SNS運用代行を承ったものの、アカウントを伸ばせずクライアントに貢献できない場合もあるでしょう。

そうした場合は返金を要求されるのかと不安になりますよね。

SNS運用代行ではクライアントのゴールを達成することが目標にはなりますが、基本的には成果報酬ではなく業務遂行に対する報酬となります。

そのため、契約通りの業務を遂行すれば、返金や罰金を求められることはありません。

ただし、思ったような成果が出ない場合やアカウントを伸ばせない場合は、契約終了となる可能性は十分にあります。

なるべき長い期間で継続してもらえるように、スキルアップを続けましょう。

 

・SNS運用が学べるおすすめの本や動画はある?

SNS運用が学べる本としては以下のものがおすすめです。

また、YouTubeでもSNS運用に関する情報が多く上がっています。

【完全攻略】2023年最新のアルゴリズムをインスタのプロ目線で完全網羅!

【インスタ】稼げない人必見!どんなアカウントでもマネタイズして収益化する方法を現役SNSマーケターが完全公開!

多くのアカウントを手掛けるSNS運用代行企業から個人でアカウントを伸ばしたインフルエンサーまで、幅広い情報が得られます。

こうした情報も活用してスキルを磨きましょう。

 

LIFE WORK CAFEでは、企業サイトや個人ブログのWebマーケティング支援も承っております。詳しくはWebマーケティング支援サービスをご覧ください。

 

【副業 Webマーケティング関連記事】

【厳選】SNS運用のノウハウを学んで稼げる講座おすすめ3選 選び方の注意点も解説

【厳選】人気の副業スクール&講座おすすめ5選 稼げるスキルとノウハウがオンラインで学べる

【最新8選】転職支援に強いWebマーケティングスクールを比較 働きながらWebマーケターに就職できる

 

記事内で紹介した書籍

「平均4.2カ月で1万フォロワーを実現するプロ目線のインスタ運用法」|石川侑輝 著 クロスメディア・パブリッシング

「Instagram完全攻略本決定版 売上とフォロワーを増やす知識とテクニックのすべて」|木村麗、UUULA ANALYTICS開発チーム 著 KADOKAWA

「自由すぎる公式SNS「中の人」が明かす企業ファンのつくり方」|日経トレンディ、日経クロストレンド 編集 日経BP