キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

Webマーケターは怪しい?胡散臭いWebマーケティング業界に転職しても大丈夫?

Webマーケターは怪しい?胡散臭いWebマーケティング業界に転職しても大丈夫?

Webマーケターという仕事に興味があるけど、胡散臭いや怪しいという話もある…。転職しても大丈夫?

この記事では、Webマーケティングに興味を持っている方に向けて、以下の内容をお伝えします。

【この記事でわかること】

  • Webマーケティングが胡散臭い&怪しいと言われる理由
  • Webマーケターの具体的な仕事内容
  • Webマーケティングの社会的な意義
  • 真っ当なWebマーケターになるために必要なこと

私は2019年にWebライターを始め、そこからWebマーケターとして業務に携わってきました。

Webマーケティングの仕事をしていて感じたのが、Webマーケティング業界に向けられる白い目です。両親からは「そんな怪しい仕事して大丈夫なの?」と心配されました。

確かに怪しい業者も一部存在しますし、胡散臭い手法を使うところもあります。

しかし、Webマーケティング業界全体がそうではないんです。

Webマーケターに対する偏見を払拭し、この業界の本当の魅力と可能性を伝えられればと思います。転職を検討している方の参考になれば幸いです。

 

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です
この記事では、Webマーケターという仕事の面白さや魅力、具体的な仕事内容を紹介します。

 

【Webマーケティングが胡散臭い&怪しいと言われる理由】

【Webマーケティングが胡散臭い&怪しいと言われる理由】

Webマーケティングは近年注目を集める分野ながら、その手法や用語の分かりづらさから「怪しい」「胡散臭い」と言われることもあります。

確かにこの業界には一部問題のある業者が存在するのも事実です。

では、具体的にどのような怪しさや疑わしさがあるのでしょうか?

 

1、カタカナや英語の専門用語が多い

Webマーケティングではカタカナ語や英語の専門用語が多く使われます。「SEM」「CMS」「KPI」などの略語から、「コンバージョン」「ディスクリプション」「アルゴリズム」など、耳にしたことのない言葉が飛び交います。

一般の人からすれば「なんだかよく分からない怪しい業界」と映りますよね。

実際に「リスティング違反に気をつけてASP系のWeb広告を出稿しCPAを上げる」といった文章になると、ほとんど呪文です。

こうした横文字が使われるのは、インターネットが世界基準のものであり、用いられる考え方やツールもGoogleなどのアメリカ製が多いことが大きく影響しています。

 

2、「稼げる」や「10倍アップ」などの胡散臭い言葉が多用される

Webマーケティングの仕事には、「月収100万円」「在宅で稼げる」など眉唾モノの胡散臭い表現が氾濫しているのも事実です。

特にアフィリエイトやSNSマーケティングの分野で「初心者でも簡単に儲かる」というキャッチコピーを目にすることは多いでしょう。

普通の価値観だと、そんな結果が出るなんて嘘だと思うでしょう。だからこそ、疑わしく思うはず。

確かに、誰でも稼げるわけではありませんし、簡単に10倍アップになるものではありません。

しかし、実はWebマーケティング業界ではそのような成果が出ることも珍しくはないのです。

それは、インターネットという青天井の世界で施策を打てるから。地方の飲食店であれば、人口もお店の収容人数も限られているので、施策の効果には限界があります。しかし、ネットの世界においては上限がないのです。

トレンドに乗ったり、検索結果の1位に掲載されたりすれば、その成果は本当に数十倍になることも。

怪しい表現ではありますが、現実的にあり得るので、その表現だけで一概に否定しないようにしましょう。

 

3、効果が見えない場合もある

SEO対策やWeb広告など、マーケティング施策を打ったものの直接の収益につながらない、または思ったような効果が出ない場合もよくあります。

GoogleなどのWebサービスは定期的に評価の仕組みを変更しており、検索順位が一気に下落すること事態も起こり得るのです。

そうなると「これだけコストをかけたのに全く効果がない」と不信感を抱くでしょう。

しかしこれはマーケティングの世界ならごくありふれたことです。リスクは必ずあり、施策を打ってもうまくいかないことの方が多いのが実情です。

Webマーケティングを魔法のように思っていると、成果が出ないことで否定的に思ってしまうかもしれません。

そうした偏見を持つのではなく、施策を打ってそのつど分析を重ね、仮説検証で伸ばしていくものだと理解することが重要です。

 

4、専門知識や数字で丸め込まれる感覚がある

Webマーケティングには多くの専門用語や指標、数値が飛び交います。

「プロフィットマーケティング」「CVR」「コストパーアクイジション」など、耳慣れない概念が次々と現れるので、一般の人からすれば「なんだか分からない怪しい話に巻き込まれそう」と不安になるかもしれません。

また、数値データで可視化されるため、論理的に話が構築されます。経験や感覚で経営を成功させてきた人からすると「机上の空論ばかりを引け散らかすいけすかない奴」に映る場合もあるでしょう。

ですが、実際に正しい数値を示すことは重要で、効果測定にはデータが欠かせません。数値化できない分野よりは客観的に言えるのが強みでもあります。

自分の理解の及ばない部分で、横文字や数値を出されて論理的に話されること自体に嫌悪感を抱いてしまっている。それが「Webマーケティングは怪しい」という思考に繋がってしまっている人もいるかもしれません。

 

5、データや数値の見せ方を操作する人もいる

一方で、上記の数値やデータを意図的に操作し、顧客を欺く業者も存在しているのも事実です。

例えば、「獲得数が50%アップした」と言われれば良さそうですが、裏を返せば「元々たったの2件だったのが3件になっただけ」といったこともあり得るのです。

つまり、数値の見せ方さえ上手ければ、些細な数字の上昇さえで大それた話に見せることが可能だということ。

そのような「誇大広告」の類いは倫理的に問題があり、本来のWebマーケティングの在り方から外れています。中には数値そのものが全く証拠のない虚偽の実績であることも…。

こうした業者の存在が、Webマーケティング業界全体が「胡散臭い」と評価されてしまう要因の一つになっています。

 

6、手法がグレーな場合がある

一部のWebマーケティングの手法については、倫理性や法的根拠に曖昧な部分があり、グレーゾーンと呼ばれるものもあります。

例えば、SNSの検索結果に不当に上位表示されるよう工夫したり、手を変え品を変えてGoogle検索の裏をかこうとするなどです。

結果主義に走りすぎたあまり、ときに倫理観が欠如したマーケティングが行われてしまうことも。

どの業界でも起こり得ることですが、特にWebマーケティング業界では、プログラミングをハックしやすいことや結果が数値で明確に出やすいため、多発しています。

ユーザーを欺いたり、公正な競争を阻害したりするような手法は、もはや「怪しい」と言われても仕方のない行為と言えるでしょう。

とはいえ、倫理観を持って正当なWebマーケティングを行なっている業者がほとんどであることも忘れてはいけません。

 

7、心理学を過剰に利用したセールストークが違和感

Webマーケティングでは消費者心理を上手く活用することが重要視されます。

  • カリギュラ効果
  • バンドワゴン効果
  • アンカリング効果など

このように様々なテクニックがあります。

Webマーケティング施策の中には、こうした心理的な手法を酷使しすぎて、かえって違和感や不信感を与えてしまうケースも。

「今すぐ購入しないと後悔しますよ」「絶対に損はさせません」といった強引な勧誘文句は、まさにそのような例と言えるでしょう。

こうしたセールステクニックは強い購入意欲を持った人には有効です。しかし、そこまで購入意思がないタイミングで見かけた場合には「なんだか胡散臭い」と映ってしまう原因にもなります。

 

8、事例を開示しない(できない)会社やマーケターが多い

優れたWebマーケターならば、過去の実績や具体的な施策事例をきちんと開示できるはずです。

しかし実際には、そうした情報を公開しない、あるいは公開できない業者やマーケターが多いのが実情です。

あなたも、ノウハウを隠し立てしたり一般論に終始したりするような企業に対して「なにかを隠しているのではないか」と疑念を持ったことがあるのではないでしょうか。

Webマーケティングはその性質上、ノウハウや成果、企業名を出しにくい部分があります。ですが、その透明性の欠如が原因となり、その活動自体が「怪しい」「胡散臭い」と映ってしまうこともあるのです。

 

9、消費者のことを考えずノウハウばかりを意識している

Webマーケターの中には、過度にノウハウやテクニックばかりを重視し、本来大切にすべき「消費者目線」を欠いている者も少なくありません。

検索エンジンの上位表示対策やSNSの反応率アップなどのテクニックに没頭しすぎて、クライアントや消費者の感情の部分が蔑ろにされることも。

成果主義なだけでなく、消費者のことを一人の人ではなく数値の一部としてしか見ないような風潮もあります。

消費者からすれば「自分たちのことは考えてくれていない」と映りますよね。

本来ビジネスはお客さんの方を向いてやるものですが、データやパソコンばかり見ていることも、Webマーケターが信用してもらいにくい要因になっているかもしれません。

 

10、そもそも広告やマーケティングはうざくて嫌悪感を持たれやすい

また、根本的な話をすれば、広告やマーケティングそのものに対して嫌悪感を持つ人は少なくありません。「うざい」「うるさい」といった感想は、Webマーケティングにも向けられがちです。

あまりにもターゲティングが過剰だったり、SNSやメールで次々とプロモーションが送られてくると、「なんだかこの会社のやり方って鬱陶しいな」と感じると思います。

一部の攻撃的すぎる広告手法が、Webマーケティング全体の信頼を損なっている側面も否めないところでしょう。

 

11、Webマーケティングとネットワークビジネスを混同している

Webマーケティングはインターネット上で行われるため、ネットマーケティングと言われることもあります。

ネットマーケティングと似た言葉で、ネットワークビジネスというものがあり、その2つが似ているのも「怪しさ」に繋がっているのではないかと思います。

ネットワークビジネスは「マルチ商法」や「ねずみ講」とも呼ばれる悪質で違法性のあるもの。正真正銘「怪しいビジネス」です。

マルチの勧誘が近づいてきたら嫌ですよね。人によってはWebマーケターもそれと同じように誤解している人もいます。

しかし、Webマーケティングはネットワークビジネスとは完全に別物です。名前が似ているせいで混同する人も多く、それゆえ嫌悪感を持たれる可能性もあります。

 

ここまでWebマーケティングが怪しいと言われる理由について紹介してきましたが、Webマーケティングの本質を見ると、全く怪しいものではありません。

次章ではWebマーケティングの仕事内容や社会的意義など、本当の姿をお伝えしていきます。

 

【Webマーケティング業界の仕組みとWebマーケターの具体的な仕事内容】

【Webマーケティング業界の仕組みと具体的な仕事内容】

Webマーケティングという言葉を聞いただけで、「怪しい」「胡散臭い」と思われがちですが、それは業界の実態を理解していないからこそ生まれる偏見かもしれません。

そもそも、Webマーケティングとは、インターネットを活用して商品やサービスを宣伝し、顧客を獲得する手法や仕組みを提供することを指します。

ネット通販の広告運用やサイトの上位表示対策などがおもな業務となります。

近年ではGoogleやInstagram、TikTokなど巨大ITプラットフォーマーが出現し、オンラインマーケティングのニーズが一気に高まったことから、この業界は急成長を遂げました。

広告費推移

2023年のインターネット広告費は3兆3,330億円で、テレビ・雑誌・ラジオ・新聞を合わせた大手マスコミ4媒体(テレビや雑誌など)の2兆3,161億円を大きく上回っています。

伝統的な広告代理店だけでなく、専門のWebマーケティング会社やベンチャー企業が増え、市場はどんどん伸びています。

 

・Webマーケティングの種類

具体的なWebマーケティングの手法は、大きく以下の種類に分けられます。

  1. Web広告(バナー広告、動画広告、検索連動型広告など)
  2. SEO対策(検索エンジンでの上位表示を狙う)
  3. SNSマーケティング(XやFacebook、Instagramなどの運用)
  4. メールマーケティング(メルマガの配信など)
  5. LINE広告(公式アカウントを使った宣伝)

これらの手法を組み合わせて、商品の認知拡大やサイト誘導、リード獲得を図っていきます。

最新のデジタルテクノロジーを活用することやアルゴリズムに対応することが求められるため、常に手法の進化に対応していく必要があります。

 

・Webマーケティングの仕事内容

Webマーケターの主な仕事は、ユーザーの興味を惹きつけ購入に導く、ネット集客活動全般です。

商品の魅力を伝える広告やコンテンツ(クリエイティブ)を作成し、プラットフォームで出稿。サイトへ誘導したユーザーの行動データを分析し、より効果的なプロモーション手法を検討・実行する。このようなサイクルを回します。

より具体的には、Web広告の企画・運用、SEO対策、SNS運用、ランディングページの作成、効果測定、レポート作成、打ち合わせなどがメイン業務となります。

クリエイティブ制作、データ分析、ロジカルシンキングなど、多様な知識とスキルが求められる仕事だといえます。

 

・Webマーケターの魅力は働き方の自由度や将来性が高いこと

Webマーケターの働き方の大きな特徴は、自由度の高さと将来性の高さにあります。

自由度が高いのは、様々な就業形態や勤務地が選択できるということ。在宅勤務なども可能ですし、企業勤めだけでなく副業やフリーランスとしての稼ぎ方も可能です。

また、デジタルテクノロジーの進化に伴い、マーケティングの現場でその重要性がますます高まっていくため、将来性も高いといえます。

すでに小さなお店や個人のクリエイターでもInstagramやTikTokをやっています。これから生まれるビジネスにおいても、Webマーケティングを使わずにおこなうのは不可能でしょう。

そのため、Webマーケターの需要は今後も拡大が見込まれています。職業として見た場合にも、キャリアアップの可能性に富んだ分野と言えるのです。

 

【Webマーケティングは怪しくない!社会的な意義を解説】

【Webマーケティングは怪しくない!社会的な意義を解説】

Webマーケティングは新しい分野ということもあり、その手法の分かりづらさから「胡散臭い」「怪しい」と捉えられがちです。

しかし、Webマーケティングには大きな社会的意義があり、様々なメリットをもたらしているのも事実なんです。

この章では4つの視点からWebマーケティングの意義や価値を解説します。

 

1、優れた商品やサービスの魅力を多くの人に知ってもらえる

Webマーケティングは、優れた商品やサービスの存在を多くの人々に知ってもらうための手段として大きな役割を果たしています。

あなたも、ネット上で知って買ったものや行った場所を数えたらすごい数になるはず。ネットのない世界だとこれだけのものに出会うことはできなかったですよね。

インターネット広告やSNS運用、SEO対策などを通じて、商品の魅力をより多くの人に知ってもらう機会を作れます。

これは企業側にもユーザー側にもどちらにもメリットがあることではないでしょうか。

 

2、ユーザーの購買体験の向上

Webマーケティングは、ユーザーにとっても大きなメリットをもたらしています。

Webマーケティングによって様々な商品との出会いの場が広がったとお伝えしましたが、より自分に合った商品を見つけやすくなった部分にも注目してみてください。

検索サイトやECサイトで様々な商品を簡単に比較・検討できるようになりましたし、いろんな人の口コミにも触れられることで失敗を減らせるようにもなりました。

また、テキストや画像、動画などのさまざまなメディアを使って商品が紹介されるようになったことで、より高度で分かりやすい情報収集が可能になりましたよね。

こうした購買プロセス全体が向上したのは、Webマーケターがユーザー体験の向上を図った結果ともいえます。

 

3、小さなお店や会社のビジネスチャンス拡大

Webマーケティングの浸透は、小さなお店や個人、規模の小さな企業にとっても追い風となっています。

テレビや雑誌といった従来の広告手法では予算の少ない会社は活用できませんでした。結果、集客や収益が増えず、なくなっていったお店も数多くあります。

しかし、Webマーケティングの分野では少ない予算でも大企業と対等に勝負できるフィールドが生まれたのです。

大きな展示会などに出展しなくても、SNSで宣伝を打てば多くの人に認知してもらえます。田舎の山奥で営んでいるパン屋さんでも、全国のお客さんからの注文を受けられるようになったのです。

Webマーケティングにより、コストをかけすぎずに一定の集客ができ、ターゲット層へのアプローチが容易になった。

そのことで、Webマーケターの力で小さなお店を救いやすくなったとも言えるのです。

 

4、データ主導で経営を効率化

Webマーケティングには、データに基づいた合理的な経営・マーケティング戦略を立案できるという特徴もあります。

サイトの行動データやSNSの反応データ、検索履歴データなどを分析することで、消費者の真のニーズを把握できます。

それを元に、売れ筋商品の絞り込みやプロモーションの最適化、商品改良のヒントを得ることができるでしょう。

つまり、マーケティングとデータ分析を連動させることで、無駄のない合理的な経営判断が可能になるのです。

Webマーケティングによって優れた商品と消費者をつなぐ役割を果たすことができ、社会の発展にも寄与していくと私は思います。

 

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です
この記事では、Webマーケターという仕事の面白さや魅力、具体的な仕事内容を紹介します。

 

【ただし、怪しいWebマーケターが存在するのも事実】

【ただし、怪しいWebマーケターが存在するのも事実】

Webマーケティングの世界は正しく活用すれば大変有益なものですが、一方で業界の中に一部の怪しい存在が紛れ込んでいるのも事実です。

倫理観の欠如した、消費者を欺くようなグレーなマーケティング手法を用いる業者も横行しています。

そうした胡散臭い業者の手口としては、まず「誇大広告」が挙げられます。サービスの実態や効果を誇張し、あたかも月収100万円が簡単に稼げるかのような煽り文句を使って消費者を誘引する例が多々あります。また、SNSなどで声をかけ「詐欺的な商材」を勧誘するケースもあり、極めて悪質です。

さらに「データ捏造」も問題の一つです。独自に集計したデータを改ざんし、実際よりも高い効果を偽装するのです。あるいは数値の出し方を意図的に操作し、一時的な数字の伸びを過大に強調するなどの手法も用いられます。

加えて一部の業者は、検索エンジンやSNSを不当に操作し、評判の水増しを図っています。自社の商品やサービスに高い評価を付けさせるために、別のアカウントからリンクを貼り付けたり荒稼作業をしたり、フォロワーを買って影響力を大きく見せたりするなどといった事例があります。

本来のWebマーケティングとはかけ離れた、極めて胡散臭い業者の存在は誠に遺憾です。

真っ当なWebマーケターを目指す者にとって、そうした違反者とは毅然とした態度で向き合う必要があります。

では、どうすれば真っ当なWebマーケターとして誇りのある仕事ができるのでしょうか?

 

【真っ当なWebマーケターになるために|未経験からの転職も可能】

【真っ当なWebマーケターになるために|未経験からの転職も可能】

Webマーケティングという言葉を聞くと、「怪しい」「胡散臭い」というイメージを持たれがちです。

しかし、本来のWebマーケティングは消費者のニーズに寄り添い、適切な情報を提供をすることでユーザーの人生を豊かにできる誇れる仕事なのです。

Webマーケターになりたい人に向けて、真っ当で信頼される一人前のWebマーケターになるための心構えと、未経験から転職できる方法をご紹介します。

 

・怪しくない真っ当なWebマーケターになるために必要なこと

Webマーケティングの世界は非常に広く、さまざまな手法が存在します。お伝えしてきたように、中には倫理的に問題のあるグレーな手法もあり、適切でないマーケティング活動を行う業者もいます。

真っ当なWebマーケターになるには、以下の点を意識することが重要不可欠です。

  1. Webマーケティングの目的と基本をしっかりと学ぶこと
  2. 倫理観を持った正しいWebマーケティングを行う環境で働くこと
  3. お客さんとのコミュニケーションを大事にして悩みや課題に寄り添うこと
  4. 勉強や情報収集を欠かさず、変化に対応し続けること
  5. プロフェッショナルの意識を持つこと

それぞれ解説します。

1、Webマーケティングの目的と基本をしっかりと学ぶこと

Webマーケティングだけでなくマーケティングの本質を理解することが何よりも大切です。

消費者に寄り添い、ニーズに合った商品・サービスを提案することが本来の目的。手法や専門用語の学習に加え、根本的な目標を忘れてはいけません。

2、倫理観を持った正しいWebマーケティングを行う環境で働くこと

同僚や上司、会社の方針がグレーな手法を容認していては、自身もつい同調してしまう危険性があります。

倫理観の高い健全な職場環境で働くことが不可欠です。会社選びや面接時にはその点をよく確認しましょう。

3、お客さんとのコミュニケーションを大事にすること

Webマーケターは単に販売ツールを提供するだけでなく、お客さんの本当の課題や悩みに向き合う姿勢が重要です。

じっくりと話を聞き、クライアントにとって一時的ではなく長期的な成功をもたらす最適なプランを立案することを心がけましょう。

4、勉強や情報収集を欠かさないこと

Webマーケティングの分野は目まぐるしく変化し続けています。新たな手法やデータ活用のノウハウなど、常に学び続ける姿勢が不可欠です。

また、古い情報をアップデートせずにいると成果が出なくなることも。成果が出ないとグレーな手法に手を染めてしまう人が増えるので要注意。

情報収集や勉強を継続して成果を上げることが、真っ当なWebマーケターである必要条件といえます。

5、プロフェッショナルの意識を持つこと

Webマーケターは単なる営業職ではなく、専門的な知識とスキルを求められるプロフェッショナルです。

プロ意識を持ち、高い倫理観とマーケティングリテラシーを持って仕事に臨むことが何より大切です。

 

・未経験からWebマーケターになるには転職支援付きのスクールで学ぶのがおすすめ

未経験からWebマーケターになるには、転職サイトで探すよりもWebマーケティングスクールを受講する方が近道です。

一般的な転職サイトや求人サイトでは経験者の募集しかなく、未経験可の求人があっても業務内容はマーケティングと関係ないこともあります。

一方、スクールでは、マーケティングの基礎知識からWeb広告の実践、データ分析の方法まで、カリキュラムを体系立てて学ぶことができ、さらに卒業後には、スクールが紹介する企業へ就職する道も用意されています。

スクールで実践的なスキルを学んできた卒業生は、企業側としても即戦力として期待できるため、一般的な転職サイトにはない求人が集まっているのです。

実際、多くのWebマーケティングスクールでは卒業後の転職希望者の転職成功率が90%以上。

また、現役のWebマーケターから直接指導を受けられるため、Webマーケターとしての正しいマインドや業界の最新動向も把握できます。

一から基礎を学びたい未経験者にはスクールの方が適していると言えます。

受講に費用はかかりますが、Webマーケターとして短期間で着実にスキルアップして転職できるというメリットは非常に大きいと感じます。

怪しくない本物のWebマーケターを目指すなら、基礎からしっかりと身につけた上で、正しい倫理観と高い意識を持つことが何より大切です。

転職支援のついたおすすめのWebマーケティングスクールについては別の記事で紹介していますので、興味がある方は併せてチェックしてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。