キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

Webマーケターへの転職は未経験でも可能?最短で転職を成功できるロードマップを解説

Webマーケティングスクールの受講から転職実現までの道のり

この記事では、Webマーケティング未経験の人がWebマーケターに転職するまでの具体的なロードマップを解説します。

結論からお伝えすると、以下の流れになります。

  1. Webマーケティングスクールの無料相談を受けて転職に必要なことを整理する
  2. Webマーケティングスクールで実践経験を積み、必要なカリキュラムを修了する
  3. Webマーケティングスクールの転職サポートを受けて転職活動を開始
  4. 転職活動のサポートを受けて採用
  5. 今の会社を辞めてWebマーケターとしてのキャリアを歩み出す

このようなステップであなたも今日からWebマーケターとしてのキャリアを歩み出すことが出来ます。

なぜWebマーケティングスクールを受講することが前提になっているかというと、完全未経験ではWebマーケターになるのがほぼ不可能だからです。

独学では学習に時間がかかりますし、実践経験が積みにくいためスキルが高まりません。1年以上の時間をかければ不可能ではありませんが、今すぐ転職したい方には不向きです。

また、未経験歓迎のWebマーケター求人も存在しますが、実際に入ると営業や事務などマーケティングと関係ない業務を任されることも。

Webマーケターとしてのキャリアを歩むには、知識と実績をつけて転職活動に臨むのがマストです。そして、それが叶うのがWebマーケティングスクールというわけです。

Webマーケティングの無料体験を受けてみるだけでも、転職希望者にとっては有益な情報が多く得られるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

>>【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

1、Webマーケティングスクールの無料相談を受けて転職に必要なことを整理する

Webマーケティングスクールの中には学習だけでなく転職をゴールにしたところも多く、転職時に即戦力になれるスキルの習得やサポートを受けることができます。

まずはこうしたWebマーケティングスクールの無料相談を活用し、転職のイメージを固めるのがおすすめです。

スクールの担当者は皆プロのWebマーケターです。あなたの経歴や志望動機を踏まえた上で、現状の課題や転職に向けた準備の必要性を説明してくれます。

一人で転職を考えていても、わからないことが多いですよね。

  • どんな準備が必要なのか?
  • どんな会社を選べばいいのか?
  • これまでのキャリアで築いた強みをどんな部分で活かせるのか?

明確な答えが出ないまま、転職活動が先延ばしになったり、間違った選択をしてしまう可能性も。

そのため、転職を考えていることを伝えて、そのための明確な道筋を教えてもらうのがもっとも合理的です。

無料の説明会やカウンセリングをいくつか受けてみて、転職の全体像を理解してみてください。

 

2、Webマーケティングスクールで実践経験を積み、必要なカリキュラムを修了する

Webマーケティングスクールでは、受講後に即戦力として活躍できるよう体系的にスキルを習得できます。

スクールによって専門分野は異なりますが、基本的にはWebマーケティングの基礎から広告運用、SEOやアナリティクス(分析)といった実務スキルを学びます。

また、昨今ではSNSやECサイトの運営も重要な位置を占めているため、それら最新のトピックも取り入れられています。

未経験者には分かりやすいカリキュラムが用意されているのはもちろんのこと、単なる座学ではなく実務や実習も重視。

例えば、架空のECサイトを立ち上げてマーケティング施策を練る演習課題に取り組んだり、実在の企業の課題をプロジェクト形式で解決したりと、実務をシミュレーションで体験する機会が用意されています。

そのため独学では得られない学びを得ることができ、卒業時には「実務経験者」として転職活動に臨めます。

 

3、Webマーケティングスクールの転職サポートを受けて転職活動を開始

転職支援のついたWebマーケティングスクールのサポートは手厚く、カリキュラム修了後にエージェントが付いて個別にフォローしてくれます。

自己分析とキャリアプランの作成から始まり、応募書類の添削や面接対策、採用試験日程の調整など、様々なバックアップを受けられます。

難しい書類作成や不安なの面接対策まで、しっかりと寄り添ってくれるので、未経験者でも安心して転職活動に臨めるでしょう。

また、一部のスクールでは、提携先企業の非公開求人に直接応募できるケースも。

最近は求人サイトに掲載せず、Webマーケティングスクールの卒業生採用に力を入れている会社も増えています。

その背景として、スクール卒業生の多くが実際に即戦力として活躍していることや、現役プロWebマーケターから評価されるカリキュラムを修了した人への期待などが挙げられます。

スクールを受講するだけで他の初心者とは一歩も二歩も先に進めるので、この転職サポートを受けることが転職の最短ルートと言えます。

 

4、転職活動のサポートを受けて内定獲得

案件紹介や面接対策などのサポートを受けながら、転職活動を行います。

書類通過後の面接では自分の熱意をしっかりアピールし、Webマーケティングへの関心や適性、今後のキャリアビジョンを具体的に語りましょう。

スクールでの実務課題の内容や経験談を話すと、より高評価を得られるはずです。

Webマーケティングスクールでは、カリキュラム修了後も卒業生が在籍できるコミュニティが用意されていることもあります。

期間内に転職が成功できなくても、引き続きコミュニティ内でサポートを受けることも可能なので安心です。

万が一落選しても、フィードバックを参考に次へつなげます。何度か面接を重ねることで自信がついてくるでしょう。粘り強く活動を続ければ、遅かれ早かれ夢の内定は掴めるはずです。

 

5、今の会社を辞めてWebマーケターとしてのキャリアを歩み出す

内定が決まれば、今の会社の退職に向けて動いていきます。

新しい職場に慣れるまでは戸惑うことも多いでしょうが、スクールで学んだスキルを存分に発揮すれば、次第に業務に馴染んでいけるはずです。

さらに、コミュニティや卒業後の相談サポートを活用して、新しい職場でも即戦力になれるよう励んでいきましょう。

Webマーケターは今後さらなる需要の高まりが見込まれる有望な職種です。

将来的には、マネージャーやコンサルタントへとキャリアアップも目指せます。

成長産業で活躍の場が広がる面白い仕事なので、スキルを磨いてどんどん自分の可能性を追求していきましょう。

 

・Webマーケターへの転職で自分に合った働き方を手に入れよう

Webマーケターへの転職には以下のようなメリットがあります。

  • 汎用性の高いスキルだから将来的にも安心して働ける
  • スキルを磨くことで市場価値をどんどんアップできる
  • 転職に有利なだけでなく、副業やフリーランスでの稼ぎ方も可能に
  • 在宅やフレキシブル制など自由な働き方が実現しやすい

今の仕事に不満を持っていたり続けることへの不安がある方は、Webマーケティング職へ転職することで悩みを解消できるかもしれません。

Webマーケターへの転職は、違う仕事にチャレンジしたい方や、今より自由な働き方を手に入れたいという方にもおすすめ。年収も平均より高いので人生に余裕ができます。

未経験の方でもマーケターへの転職は難しくありません。今からでも勉強してキャリアチェンジを目指す価値はあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

>>【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】