【BiSH】初めてのライブDVDにおすすめなのはこの1枚|新規清掃員向け

【BiSH】初めてのライブDVDにおすすめなのはこの1枚|新規清掃員向けトレンド
スポンサーリンク

 

「BiSH最近知ったけど、めちゃくちゃかっこいい!ライブDVDが欲しいけど、初めて買うならどれがいいんだろう?」

 

2019年に「しゃべくり007」や「アメトーク」などの人気番組に登場して一気に知名度を上げたBiSH。2019年の年末にも様々な音楽番組に登場し、名曲「オーケストラ」を披露していました。

 

私は「アメトーク新規」と呼ばれるアメトークでBiSHを知ったニワカファンです。しかも、とりあえず録画していただけで一ヶ月以上も見ずに放置していたのです。知らないアイドルということで最初は興味すらわきませんでした。笑

 

しかし、見てみたらアイナ・ジ・エンドの声に一瞬で心を持って行かれました。かっこよすぎる……。そこからyoutubeで映像を見まくりました。

 

アメトーク内でアインシュタインの稲田さんが「BiSHはラルク以来の衝撃」だと言っていましたが、私も1組のアーティストにこれほどのめり込むのは、中学時代にMr.childrenにハマった時以来です。

 

正直、アイドルというにはそこまで可愛い子はいませんし、楽器を持っていないのでパンクバンドという印象もない。

ジャンル的に何になるのかわからないのですが、とにかく楽曲の良さや気持ちの入った歌声、6人のメンバーのそれぞれの個性の虜になっています。

 

youtubeで見るだけでは物足りず、どうしてもライブ映像をフルで見たいというところから、これまでのライブDVDを買い集めました。

 

BiSHのライブDVDは2020年4月の時点で5枚出ています。

 

どのライブもそれぞれ見所があってとても良いのですが、この記事では特に「最近BiSHを知った方が最初に買うとしたらどのライブDVDがいいのか」ということについてお伝えしたいと思います。

 

【BiSH買うならCDよりDVD? ライブDVDの魅力】

新規清掃員になった方は、「BiSHのCD欲しいな」と思っている方も多いと思います。しかし、BiSHを知るならCDよりもDVDの方がおすすめです。

 

BiSHはライブが本当に良いと言われています。メンバーたちも「ライブは清掃員と本気でぶつかれる場所」と言っており、彼女たちの本気のパフォーマンスはライブでしか味わえません。CDやテレビのBiSHとライブのBiSHは全く違うのです。

 

私なりのライブの魅力は以下の6点です。

 

・スタジオ収録の比ではないメンバーの熱量
・アイナ・ジ・エンドが考えた曲の振り付けが見れる
・ストリングス隊の生音
・ファンとの一体感
・ハシヤスメ劇場
・メンバーのMC

 

「BiSHと清掃員が本気でぶつかれる場所」と言われるように、清掃員の熱い声援に応えるようにBiSHのメンバーもぶつかってくるのが伝わります。

 

BiSHの曲は名曲も多く、CDを聴くだけでももちろん楽しめます。

しかし、BiSHの本当の魅力は映像作品でしかわからない部分がたくさんあります。

新規清掃員が最初に買うなら絶対ライブDVDがおすすめです。

【これは絶対ライブで観たい!BiSHの名曲】

これは絶対聞きたい!BiSHの名曲

BiSHはとにかく曲がかっこいいんですよね。疾走感があったり、エモーショナルだったり、心を揺さぶられたり、気持ちを鼓舞されるような曲が非常に多いのです。

どの曲にもなにか込み上げてくるものがあります。

 

BiSHは2015年に結成したので、まだ5年ほどの活動期間です。その中で、主観だとすでに20曲以上の名曲があるのです。こんなアーティストいません。

 

私のおすすめするBiSHの曲は以下のようなものです。

全てyoutubeでも見られるので、新規清掃員の方でまだ聞いたことがない方はぜひ聞いてみてください。(曲名をクリックするとyoutubeに飛びます。)

 

 

ほとんどが良い曲なのですが、特にこれらの名曲を余すことなく見れるDVDがないかと探してみたらありました。

 

それが2018年12月22日に幕張メッセメインホールで開催され、17000人を動員した「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」です。

 

私が紹介するまでもなく、各所から「BiSH史上最高のライブ」と賞賛され、アイナ・ジ・エンド本人もライブ中で「誰がなんと言おうと、間違いなく今日のBiSHは最高でした。」と言うほどのライブ。

まさにBiSHのベスト盤ライブDVDと呼ぶにふさわしい一枚となっており、その魅力を私なりにもお伝えしたいと思います。

 

【新規清掃員におすすめ|BiSHのベスト盤的ライブDVD】

新規清掃員におすすめ|これまでのBiSHのベスト盤的内容のライブDVD

「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」の魅力を挙げ始めたら止まらなくなりそうですが、6つにまとめます。

 

・24曲全て名曲揃い

まずは収録曲です。先ほどおすすめの曲を17曲挙げましたが、それが全て入っています。まさにベスト盤的な内容に仕上がっています。

BiSHのファンになりたての方は、このDVDだけでもBiSHの魅力的な曲をほとんど抑えることができます。

 

外れ曲が1つもないまさに名盤です。

 

・ステージが広い&演出がかっこよすぎる

幕張メッセメインステージはBiSH史上初。360度を観客に囲まれたセンターステージを主に使いますが、最初の曲で登場した後、サビまでの間に中央に全力疾走するアユニ・Dの姿も見られます。

 

横浜アリーナも同じくらい大きな規模でしたがステージはアリーナの側面だけでした。センターステージがある分、動きがあるのはこちらの方でしょう。

また、センターステージ上には巨大なスクリーンがあって「引きの絵」でも迫力があります。

 

圧巻だったのはMy landscapeで半透明の幕がセンターステージに降りてきたところ。

幕に花火の映像が映されながら、その中で行われる彼女たちのパフォーマンスは本当にかっこいいんです。

映像演出に数々の賞を受賞されている山田健人さんを迎えてのライブということで、BiSHの魅力を最大限に生かされた演出を味わえるのもこのライブの魅力です。

 


・メンバー全員の調子が良い

メンバー全員の調子が良い

BiSHの曲を何曲か聞かれた方なら感じたかもしれませんが、BiSHは全員が歌が上手いわけではありません。

曲によってはテンポはズレてるし音程は外れる。最初は「え?BiSHってこんな感じなの?」と思ってしまう人もいるでしょう。

 

それでも私の場合は「うわっ、なにこれ?下手じゃん。」ではなく「頑張れー!」と思ってしまいます。

そう思うのはもうすでに完全なファンになってしまっているということだと思いますが。笑

 

なので、まだそこまでBiSHにのめり込んでいるわけではなく、BiSHはかっこいい曲が多いからライブ映像も見てみたいと思っている方には、なるべくかっこいいシーンだけ見てもらいたいと思います。笑

そんな最高にかっこいいBiSHが見られるのが「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」です。

 

このライブ、全員調子がいいんです。音を外したりメロディーがズレたりするシーンがありません。

BiSHにハマってどんな彼女たちでも応援できるようになれば、少し可愛さのある彼女たちを受け入れられるようになるはずです。

ですが、まずはこのライブDVDでBiSHのかっこ良さに打ちのめされてほしいと思います。

 

【楽天でのレビューも見てみたい方はこちら】>>

 

・コールが響く

360度お客さんがいるセンターステージだからなのか、ライブの楽しみであるお客さんのコールもしっかり聞こえます。

横浜アリーナではあんまり聞こえなかったコールが楽しめるのもこのライブDVDの良さです。

 

とは言え、曲を邪魔するほどの大きさではありません。

アイドルのコールはファン以外にとってはノイズになる時があります。その点でも初めて観るDVDとしてちょうどいい感じです。

 

個人的には「HiDE THE BLUE」内でリンリンとモモコグミカンパニーが歌う「ありのままでいいのかな?」という歌詞に対して、ファンが「いいよー!」というコールが大好きです。笑

 

これからライブにも行ってみたいという方にとっては、こうした部分からもファンの盛り上がりを感じられるのでおすすめです。

 

・圧巻のバックバンド24人

「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」は、バックバンド24人による生音ライブです。

BiSHの後ろで24人が演奏する姿も圧巻です。代表曲の1つである「オーケストラ」はストリングス隊の音が特に胸に響きます。

 

それだけでも贅沢なライブ体験が満喫できます。

 

・何回も見たくなる

名曲揃い、映像演出の美しさ、全員が最高のパフォーマンス。

これだけ揃っているので、何度も何度も見たくなります。

 

好きなアーティスのライブDVDを買っても、結局は2、3回しか観ない人も多いのではないでしょうか?

このライブDVDは何度も何度も見たくなります。めちゃくちゃコスパの良い買い物になるはずです。

 

【amazonのレビューも見てみたい方はこちら】>>

 

スポンサーリンク

【BiSHその他のライブDVDの見所】

 

初めてのBiSHライブDVDなら「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」を全力でおすすめしますが、他の作品のことについても触れておきたいと思います。

 

「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」が気に入ったら他の作品もぜひ見て欲しいです。発売日順にご紹介します。

 

BiSH最新Blu-ray&DVD「And yet BiSH moves.」 2020年1月15日発売>>

 

・Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開” 日比谷野外大音楽堂

Less Than SEX TOUR FiNAL “帝王切開” 日比谷野外大音楽堂

2016年に行われたLess Than SEX TOUR の日比谷野外大音楽堂でのツアーファイナル「帝王切開」を収録した作品です。

 

BiSHは実は5人からスタートして2人抜けてその後2人入って(リンリンとハシヤスメ)さらに1人追加する(アユニ・D)という経緯があるのですが、現在の6人体制のBiSHが生まれた最初のツアーということで「帝王切開」というネーミングになっています。

 

日比谷野外大音楽堂でのライブはBiSHの伝説の始まりとも言われています。

今とは全然違った幼き頃のBiSHとも言える初期の彼女たちが見られます。

完成度は決して高くないですが、この頃のBiSHは貴重です。これからさらにビッグになる前に見ておきたい作品でしょう。

 

魅力は初の大型ツアーのファイナルということで観客全員がサプライズでペンライトを振るシーン。

これは清掃員の有志がBiSHに「ツアーお疲れ様」の気持ちを伝えるために観客全員に配っていたそうです。

急に客席にペンライトの光が広がったシーンを見たメンバーの表情がなんとも感慨深いです。

 

あと、アユニ・Dが今と全然違います。

今も今で良いのですが、この頃はBiSHに入ったばかりで初々しすぎて可愛すぎました。

ボーイッシュなハーフパンツで覚えたての振りを一生懸命踊るシーンは、応援し続けたくなります。アユニ・Dのファンには超絶おすすめです。

 

 

・BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS”

初の幕張メッセで行われたツアーファイナルを映像化した作品。

前作から1年経たないのに、すごい成長が感じられます。ちょっと比べ物にならないくらいの完成度の高さです。

 

この作品が私の中では最後まで1位を争った1枚でした。

セットリストが若干1.5軍的な選曲になっているので、初めての方にはやっぱり1軍曲がたくさん入った「THE NUDE」の方が良いかなぁと思って、こちらは2位にしてます。

とは言え、1.5軍でも名曲が非常に多いです。捨て曲などは一切ありません。なので、「THE NUDE」を観まくってもっとBiSHを観たいという人におすすめな1枚です。

 

このライブの最大の見所はアンコール後です。このMCとその後の「プロミスザスター」「生きててよかったというのなら」を見たら、「BiSHのファンでよかった。BiSHをこれからも応援したい。」と強く思えます。

この最後のシーンだけでも買う価値があります。感動して泣きます。

 

お金に余裕のある人は、「THE NUDE」と「REVOLUTIONS」の2枚買いがベストな選択です。

 

 

・BiSH “TO THE END”

2018年5月22日に横浜アリーナで行われた”TO THE END”公演を収録した作品。

初登場のMステのCMで告知され話題になりました。Mステ新規も大勢集まり当時最高の12000人を動員したライブです。

 

「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」も大規模でしたが、横浜アリーナも非常に大きい箱で迫力があります。

彼女たちの気合の入り方も違う感じがします。何より楽しそう。

 

また、光の演出やカメラワークも曲の魅力をより強調していて楽しめる作品です。

BiSHのライブ衣装はかっこいい感じのものが多いですが、この時の衣装は可愛くてアイドル感があります。

 

 

・BiSH And yet BiSH moves.

2019年9月23日にアイナ・ジ・エンドの故郷でもある大阪城ホールで開催されたアリーナワンマンライブを収録した作品です。

こちらが、2020年現在で発売されている映像作品の中では最新のものです。

 

幕張メッセや横浜アリーナでのライブを成功させてきた彼女たちが、初の首都圏以外でのワンマンライブに挑みました。

 

このライブにも、BiSHの魅力もたくさん詰まっています。セットリストもライブで聞きたい曲ばかりで楽しめます。

アイナ・ジ・エンドにとっては凱旋ライブになるので、今まで以上に気持ちが入っていたライブだったと思います。

また、序盤のGiANT KiLLERSでのハシヤスメ・アツコのロングブレスの煽りで、一気にライブ感が最高潮に達します。

 

全体的にアーティストとしてかなり成熟した感じを受ける作品です。大きな会場でのライブにも慣れてきたのか、以前の作品のような不安定さは全くありません。

 

ですが、だからこそプレッシャーに負けそうになりながらも自分の持てる限りの力で立ち向かう感じは少し弱く感じました。

怖くて震えそうで押しつぶされそうだけど全力でライブに向かっているBiSH。そうしたBiSHの魅力が全開で味わえるのは、「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」の方かなぁと思います。

 

 

【実はライブDVDは他にもある? CDを買わないと見れないライブがあるんです】

Amazonで「BiSH ライブ DVD」と検索した時に出てくるのがここで紹介した作品です。

ですが、これで全部ではありません。実はBiSHのライブは全てがDVD商品として販売されているわけではないのです。

 

実はDVD商品では出ていないライブDVDもあります。それが、「CDのDVD版」です。「CDなのにDVD版?どういうこと?」と思われますよね。私も最初は混乱しました。

 

BiSHのCDの多くは、

・初回限定版(主にBlu-ray)
・LIVE版(DVD)
・CD版

の3つが存在します。

 

その「初回限定版(Blu-ray)」と「LIVE版(DVD)」には、それぞれライブ映像が収録されたディスクが同梱されるのです。

 

つまり、CDを買うことでライブDVDも手に入るということです。

 

以下がこれまで発売されたCDと収録されたライブの内容です。

 

・Major 1st single「DEADMAN」LIVE版

【収録ライブ映像】Eden of Sorrow Tour Final ”iDOL is SHiT” @ LIQUIDROOM

 

・Major 1st album「KiLLER BiSH」LIVE版

【収録ライブ映像】 IDOL SWINDLE IDOL SWINDLE TOURIDOL SWINDLE TOUR Final @Shinagawa Shinagawa Stellarball

 

・Single 「プロミスザスター」LIVE版

【収録ライブ映像】 BiSH FREE LIVE ”iN THE END” @TSUTAYA O-EAST

 

・Mini album「GiANT KiLLERS」LIVE版

【収録ライブ映像】 BiSH NEVERMiND TOUR FiNAL @ZEPP TOKYO

 

・Album 「THE GUERRiLLA BiSH」LIVE版

【収録ライブ映像】 YOYOGi GiANT KiLLERS @YOYOGI PARK & TOKYO BiSH SHiNE 3 @ZEPP TOKYO

 

・Single「PAiNT iT BLACK」LIVE版

【収録ライブ映像】 THE けやき坂 GUERRILLA BiSH @ Roppongi Hills Arena

 

・Single 「Life is beautiful / HiDE the BLUE」LIVE版

【収録ライブ映像】 BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR FiNAL @中野サンプラザ

 

・Single 「stereo future」LIVE版

【収録ライブ映像】 TOKYO BiSH SHiNE 4 @ZEPP TOKYO

 

・Album「CARROTS and STiCKS」LIVE版

【収録ライブ映像】 stereoなfutureにしないYOKOHAMA @横浜赤レンガ倉庫

 

・Single「KiND PEOPLE / リズム」LIVE版

【収録ライブ映像】 LiFE is COMEDY TOUR FiNAL @ZEPP TOKYO

 

・Album「LETTERS」LIVE版

【収録ライブ映像】 NEW HATEFUL KiND TOUR FiNAL @NHK HALL

 

 

実はBiSHのライブ映像はDVDとして発売されていないものがこれだけあるのです。

 

ライブDVDとしての最新作は2020年1月に発売になった「And yet BiSH moves」ですが、実は2020年7月に発売になった3.5thアルバム「LETTERS」のDVD版「NEW HATEFUL KiND TOUR」が最新の映像作品になります。

 

セットリスト、衣装、MCの内容など、それぞれのライブに違った魅力があります。

CDのLIVE版(DVD)は今でも購入できますので、ライブ映像を探している方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

 

【BiSHのライブBlu-rayを手に入れる方法|Blu-ray版が欲しくなるその魅力】

ここまでDVD作品の紹介をしてきましたが、BiSHの映像作品は初回限定版だけBlu-ray版も販売されています。

 

上で紹介したDVDも初回限定のBlu-ray版が出ていましたが、現在は一般販売では品切れになっています。

オークションサイトやフリマアプリではプレミアがついているものもあります。当時1万円ほどで購入できたものが5万円以上したり、中には10万円を越える価格で販売されているものもあるほどです。

 

ですが、Blu-ray版はDVD版と比べて映像も音質も全然違います。

 

特にライブ映像の場合、映画と比べても映像と音質がより重要になりますよね。

映画はストーリーがわかればいいからDVDで良いという人もいると思います。しかし、ライブ映像に関しては絶対Blu-rayで観た方が体験価値は上がります。

 

Blu-rayとDVDでは映像と音質の両面で大きく異なります。

 

画面の繊細さを表現する解像度という指標があります。

DVDの場合は「720×480ピクセル」であるのに対し、Blu-rayは「1920×1080」となっており、まずは圧倒的に映像が綺麗です。

大画面で観てもボヤけたり荒れたりすることがありません。

 

また、音質についてはさらに差が生じます。

DVDでは実際の音声データが25〜90%ほど圧縮されることがあります。そのため、元の音声データから削られる情報があったり、劣化した音になるのは避けられません。

ライブ映像は没入感があればあるほど楽しめますよね。

その没入感を感じるのに音質は非常に重要です。BiSHのライブを家でも楽しむなら、Blu-ray版がおすすめです。

 

さらに、Blu-ray版にはBiSHのメンバーによるライブの副音声解説も入っています。

副音声では、それぞれのメンバーの裏話や掛け合いも楽しめます。BiSHのメンバーはみんな話も面白いのでこっちも聞きたいですよね。

副音声は残念ながらDVD版には含まれていません。

普通に観るだけでなく、副音声版でも楽しめる。二度美味しいのはBlu-ray版だけなのです。

 

これからライブ映像を買おうと思っているのであればぜひともBlu-ray版をおすすめしたいのですが、初回限定版でしか買えないので今はほとんど入手不可能です。

BiSHのライブをBlu-rayで楽しみたい方は、今後のBiSHの新作をチェックしておいてください。

 

【結論】新規清掃員におすすめのDVDは「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」

 

以上が新規清掃員向けのおすすめライブDVDの紹介でした。

 

このようにDVD作品からCDのDVD版まで様々なライブDVDがありますが、結論、初めて買うなら「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」がおすすめです!

CDやPVとは全く違った本当のBiSHの魅力が詰まっています。買って絶対に後悔しない1枚です。

 

とは言え、「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」だけでなく、どのDVDもおすすめできます。笑

 

好きな曲が入っているものやなんとなくの好みもあると思いますので、この記事だけでなくAmazonや楽天のレビューを観ながら買ってみてください。

 

これからもっとBiSHを知りたい方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

 



タイトルとURLをコピーしました