ブルーボトルコーヒーエコカップの使い心地ってどう?【超おしゃれカフェアイテム】

ブルーボトルエコカップの使い勝手|ミニマルデザインが超おしゃれ!トレンド
スポンサーリンク

 

ブルーボトルコーヒーがおしゃれで可愛いエコカップを販売していました!

この記事では、欲しいけれど使い勝手の面やら値段の面やらで悩んでいる方に、実際に買って使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

 

結論から言うと、久しぶりにこんな嬉しい買い物ができました。

 

・水色のロゴだけのシンプルかついまどきのミニマルなデザイン
・テイクアウトカップ型でマグカップとは違ったコーヒー体験
・パソコンの横に置いていても安心なフタ&スリーブ付き

 

おすすめしたいポイントが目白押しです。

ぜひ参考にしてください。

 

【ブルーボトルコーヒーのエコカップ? おしゃれでカワイイ!】

【ブルーボトルコーヒーのエコカップ?何これカワイイ!】

ニュースアプリを見ていた時に広告として流れてきたのがブルーボトルコーヒーのエコカップでした。

ブルーボトルコーヒーは2015年に日本に1号店ができたアメリカのカフェ。コーヒー界のAppleと言われ、スペシャルティコーヒーブームの火付け役的な存在です。

 

コーヒーには何年おきにブームの波が来るのですが、5年ほど前から言われているのがサードウェーブコーヒーの波。セカンドウェーブコーヒーの波で有名になったのがスターバックスコーヒーなので、サードウェーブコーヒーの火付け役でもあるブルーボトルコーヒーにもかなりの注目が集まっているのですね。

コーヒー豆や淹れ方にこだわって極上の一杯を提供することがサードウェーブコーヒーの特徴で、ブルーボトルコーヒーでもマシンではなくペーパードリップにこだわった美味しいコーヒーが提供されています。

 

私は愛知に住んでいるのでブルーボトルコーヒーに行ったことはないのですが、カフェ好きとしては清洲白川に上陸した時から注目していました。

何と言ってもそのおしゃれさに心を打たれ、一度は行ってみたいなぁと思っていました。

 

ブルーボトルコーヒーと言えば白地に水色のボトルのロゴ。

そのシンプルでミニマルなロゴは一度見ただけで忘れませんし、いまどきの余白のあるデザインがすごく素敵ですよね。

グッズだけでも欲しいくらい好きなデザインでした。

 

そんな時に偶然目にしたのがブルーボトルコーヒーのロゴが入ったエコカップ。一瞬で目が奪われ広告をクリックしていました。笑

 

ブルーボトルコーヒーのエコカップは、テイクアウトカップを模したデザインで、環境に配慮して土に還る繊維を使用。いかにもブルーボトルコーヒーらしい印象です。

取っ手がない代わりに、熱くても持てるようスリーブが付いてきます。スリーブまで含めてデザイン的におしゃれです。

 

コーヒーショップ巡りが好きな人なんかは、あのテイクアウトカップを持って歩くことまで含めてが楽しみな部分ありますよね。

あのちょっと「アガる体験」ができるのも魅力です。

 

容量も340mmで十分な量です。おしゃれだけど小さいコップの場合、物足りない感じがするときもありますよね。この量なら満足できそうです。

 

値段は1つ1980円。

うん…カップ1つにしてはちょっと高いね。しかも送料を入れたら2500円くらいになる…。

この値段結構ネックですよね。私もカップ一つにそこまでの金額を出したことがないので、かなり悩みました。

 

けど、他のマグカップにはない存在感やデザインもすごく良い…。

普段から1円あたりの満足度を考えて買い物をする私には、なかなか悩む金額でした。

 

ですが、1000円のありきたりなマグカップを買っても喜びはそこまでありませんが、これならすごくハッピーな気持ちになるし、毎日のコーヒー体験も良いものに変わり、さらにが仕事のアウトプットなんかも上がっちゃうんじゃないかと考えました。

 

3000円のまぁまぁ欲しい服を買うくらいなら、1980円のマグカップを買ったほうが嬉しさは大きい!

半分言い聞かせながらも、「ブルーボトルコーヒーのエコカップ」を買う決断をしました。

 


【ブルーボトルコーヒーのエコカップ特徴と使い勝手】

【ブルーボトルコーヒーのエコカップ特徴と使い勝手】

ここからは実際に使ってみた感想と特徴をお伝えしていきます。

 

・特徴

まず、基本的なスペックとしては以下の通りです。

 

高さ:120mm 飲み口の広さ:80mm(直径)
容量:340mm
耐熱温度:カップ 180℃ フタとスリーブ 120℃
カップの素材:バンブーファイバー(竹繊維)、コーンスターチ、植物由来樹脂、メラミン樹脂
フタとスリーブの素材:シリコンゴム

・使い勝手

気になるのが「バンブーファイバー」という素材が何なのかというところ。

 

バンブーファイバーとは竹繊維のことを言います。一見プラスチックのように見えますが、プラスチックよりもサラサラとした手触りです。

割れにくく頑丈という特徴を持ち、最近はアウトドアで使う食器などでよく使われる素材になっています。

 

個人的にはこの質感が好きです。プラスチックよりも上質な感じで、持っていて安っぽい感じがしません。

 

肝心のコーヒーを注いだ後も、変な臭いなどは全くなく美味しく飲めます。プラスチックのカップやタンブラーなんかで飲むとなんか嫌な感じがありますけど、そういったものは一切ないです。

プラスチックとは完全に似て非なるものだと思ってください。

 

また、スリーブはシリコン製になっていて、滑りません。

スリーブといえばコーヒースタンドなんかで巻かれているものにはダンボール製のものが多いですよね。結構滑りやすい印象があります。

ですが、これはシリコンゴムなのでその心配は全くありません。持ち運びでも安心です。

 

マグカップと違ってフタがついているので、コーヒーの匂いを逃がしませんし、保温効果もあります。

酸素に触れると味が損なわれるコーヒーを飲む際には、こうした蓋がついているのはとても嬉しいですよね。シリコンの飲み口がクセになるかもしれません。

 

普通のマグカップに蓋がついているものもありますが、デザイン的になんか残念な印象がぬぐえませんし、これなら蓋も含めて良いデザインになっているので良いですよ。

 

・仕事用マグカップに最適

今回買ってみて、このブルーボトルエコカップは職場でコーヒーを飲みのに最適だと感じました。

理由は以下の5つです。

 

・蓋&スリーブ付きなのでパソコンや書類にこぼす心配が少ない
・取っ手がないので場所をとらない
・他人と被らない
・おしゃれなカップでコーヒーを飲みながら働くと気分が上がる
・ブルーボトルコーヒーの風を感じて普段よりリフレッシュできる

 

最後は完全にファン目線になっています。笑

自分がこのカップを使っているシーンをイメージすると実感がわくと思います。

お店に行ったことがない私でも、おしゃれな店内でカフェタイムを過ごしている気分になりました。笑

 

最近は在宅ワークをする方も増えていると思います。人混みを避けるためになかなかカフェにも行けなくねっていますよね。

ブルーボトルカフェのエコカップをお家で使えばカフェで仕事をしている気分を少し味わうことができますよ。

 

【ブルーボトルコーヒーのエコカップは控えめに言って買う価値あり|タンブラー割も使える】

【控えめに言って、ブルーボトルエコカップ買う価値ありです】

以上がブルーボトルエコカップの使い勝手と特徴説明でした。

 

ブルーボトルコーヒーはカフェ好きやコーヒー好きなら誰もが知っているお店でありながら、スタバほどのミーハー感もなく、ちょうど良いおしゃれさを感じられるブランドです。

 

会社でも一目置かれる存在になったり、カフェ好きの友人ができるきっかけになるかもしれません。

 

また、実はこのブルーボトルエコカップをブルーボトルコーヒーの店頭に持って行ってコーヒーを買うと20円引きでドリンクを購入出来ます。

 

プラスチックのストローやビニール袋は今後どんどん使用するお店がなくなっていき、マイカップを持ち歩いて使用する機会は増えてくるでしょう。

取っ手付きの陶器のマグカップを持ち歩くわけには行きませんし、プラスチックのタンブラーだとチープで味も損なわれてしまいます。

そういった視点で見てみても、ブルーボトルコーヒーのエコカップは今後重宝するグッズになるはずです。

 

 

ただマグカップが欲しいだけの人だったら別のものでもいいかもしれません。ですが、

・カフェやコーヒースタンドが好きな人
・ブルーボトルコーヒーのデザインが好きな人
・おしゃれなカップでコーヒーを飲みながら楽しく仕事をしたい人

このような人にとって、このカップはとても満足度の高い買い物になるはずです。

 

さらに、今ならブルーボトルコーヒー楽天オンラインストアでメールアドレスを登録して購入すると、「ブルーボトルコーヒーのオリジナル缶バッジ」がもらえるキャンペーンもやっているようです。

気になっている方はぜひこの機会に買ってみてくださいね。

 


 

【ブルーボトルコーヒーは他にもおしゃれなグッズがたくさん】

ブルーボトルコーヒーのデザインが好きな方は多いのではないでしょうか?

コーヒー界のAppleと言われるだけあって、おしゃれなお店が多いカフェの中でも異彩を放つデザインです。

 

ブルーボトルコーヒーでは、エコカップの他にも様々なグッズを販売しています。最後にオンラインでも買えるブルーボトルコーヒーのオリジナルグッズも紹介しておきます。









どれも惹かれますよね。気になるものがあればぜひ自分なりのほしい物リストに入れておいてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
トレンド
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました