【失敗しない】仮想通貨取引所のおすすめ3選|初心者も安心して使えるサイトとコインの買い方

仮想通貨取引所のおすすめ3選|初心者も安心して使えるサイトトレンド

初めての仮想通貨で失敗しないコツは「リスク」と「損」を回避すること。

この記事では初心者でも安心して使える仮想通貨取引所を紹介します。また、口座開設後の買い方についてもお伝えします。

私も初めて仮想通貨を買った時には分からないことだらけでした。結局よく分からないまま、みんなが勧めているという理由だけで仮想通貨取引所やコインを選んでしまい、後悔をしたのです。

後悔というのは具体的にいうと以下の2つです。

  • この取引所では買いたいコインが買えない
  • 何をするにも手数料がかかってどんどんお金が減っていく

他にも取引所によってはリスク管理が甘いところもあります。仮想通貨はハッキングというリスクと常に隣り合わせ。過去にも大きな被害が出ていますよね。

こうした損をしないために最適な仮想通貨取引所を選びました。

これから仮想通貨を購入してみたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

 

【初心者におすすめの仮想通貨取引所】

  • GMOコイン:海外コインの売買やメタバース・NFT・DeFiで活用したい方に最適。
  • CoinCheck:「暗号資産積み立て」や最大年率5%の「貸暗号資産」サービスが便利。
  • bitFlyer:クレカやポイントなど、仮想通貨をもらえるサービスが充実。

 

【仮想通貨取引所の選び方|安全性・取扱銘柄・手数料が重要】

【仮想通貨取引所の選び方|安全性・取扱銘柄・手数料が重要】

仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントは以下の3つです。

【良い仮想通貨取引所を選ぶポイント】

  • 安全性の高さ
  • 取扱銘柄の多さ
  • 手数料の安さ

本来、投資をするためには十分な勉強が必要です。しかし、仮想通貨はこれまでにないテクノロジーを使っていることもあり、知らない言葉が本当にたくさん出てきます。

それら1つ1つを理解して始めようと思ったら、勉強だけで数ヶ月はかかってしまうでしょう。

仮想通貨は価格の変動性(ボラティリティ)が高いため、買うタイミングを逃すと稼ぐ機会を逃すことになります。今すぐに買いたいと思っている方もいるでしょう。

そのため、仮想通貨を買う上で最低限知っておきたい重要なポイントを3つだけお伝えします。

これを知らないと買った途端に損をしますので、まずはこの3つだけ理解しておいて下さい。

それぞれ解説します。

 

・安全性の高さ

仮想通貨取引所はこれまで何度もハッキングの被害に遭っています。安全性や信頼性をどのような方法でセキュリティを担保しているのかを確認しましょう。

日本では仮想通貨取引所を運営するためには「暗号資産交換業社登録」という国の厳格な登録要件を満たす必要があります。そのため、ある程度の安全性は担保されていると言えるでしょう。

しかし、登録業社の中にもハッキングを受けた事例はあり、それだけで安全とは言い切れません。

仮想通貨取引所のセキュリティ対策における重要なポイントは以下の3点です。

  • コールドウォレット(オフライン)での資産管理
  • 顧客情報データベースの暗号化
  • 2段階認証の採用

オンラインで資産を管理する体制のことを「ホットウォレット」、ハッキング被害等を受けにくいオフラインでの管理体制を「コールドウォレット」と言います。

ハッキングはネットのセキュリティを掻いくぐってきます。それならば、オンラインから離れたオフラインで管理することでハッカーの魔の手から逃れられますよね。

また、万が一顧客情報や資産情報が保管されているデータベースに侵入されたとしても、データが暗号化されていれば盗み見(ハッキング)されずに済みます。

さらに2段階認証にしておくことで、自分以外の人物が出金や売買などの操作を出来なくすることも可能。

このようにセキュリティ対策の優れた仮想通貨取引所を選ぶことで、安心して仮想通貨の取引が出来るようになります。

 

・取扱銘柄の多さ(買いたい仮想通貨があるか)

売買できる仮想通貨は取引所によってさまざまです。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなコインであれば多くの取引所が扱っていますが、その他のコインも買ってみたくなるもの。

その際、欲しいコインが取引所で買えないということになれば、別の取引所で新たに口座開設しなくてはなりません。

それは面倒なので、なるべく扱っているコインが多い取引所で口座を開設した方が良いでしょう。

また、仮想通貨を買う際には「販売所」と「取引所(板取引)」というものがあります。違いは以下のような感じです。

・販売所

→ 取引所が仕入れたコインを売ってもらう。カンタンに買える仕組みを作っているが取引所が仲介に入るのでスプレッド(手数料)がかかる

・取引所(板取引)

→ 売りたい人と買いたい人が直接マッチングする。一般的に販売所で購入するよりもお得に買える。

そのため、仮想通貨をお得に買うためには「取引所」を使うようにしましょう。

販売所の方が買うのは簡単だと言われますが、どうせゼロから覚えるなら一緒です。それなら最初から取引所での購入方法を覚えた方が良いですよ。

お得に買いたいなら最初から取引所で購入した方が良いですし、もし販売所で仮想通貨を始めた人も結局は取引所で購入するようになります。

取引所(板取引)のデメリットは、売買できるコインの種類が販売所よりも少ないところ。

基本的には仮想通貨取引所の取扱銘柄数というのは「販売所で買える仮想通貨の種類」になっています。そのため、取引所(板取引)で買える銘柄についてもしっかりチェックする必要があります。

販売所での取り扱い銘柄だけでなく、取引所(板取引)で扱っているコインについても調べておきましょう。

この後に紹介する「おすすめの仮想通貨取引所3選」では、各取引所が板取引で扱っているコインも含めて紹介します。

 

・手数料の安さ

仮想通貨の売買にはいくつもの手数料がかかります。

  • 入金手数料:日本円を銀行から仮想通貨取引所の口座へ振り込む際の手数料
  • 出金手数料:仮想通貨取引所から自分の銀行口座に移動する際の手数料
  • 売買手数料(スプレッドなど):仮想通貨取引所内で仮想通貨を購入するための手数料
  • 仮想通貨送金手料(往復):他の取引所やウォレットに移動する際に必要な手数料

取引銘柄や数量によっては、手数料だけで数千円から数万円になることも。

手数料について知らないと、利益が出る前にどんどん損をすることになります。

例えばビットコインの送金が1回0.0005 BTCだとすると、ビットコイン1枚が600万円の時に3000円という金額になります。

これは送金金額に限らずかかるものなので、1000円のビットコインを送るのに3000円の手数料がかかるという馬鹿げたことになります。

手数料の有無や額は取引所ごとによって異なります。また、「手数料無料」と書いてあっても、どの手数料が無料なのかを確認する必要があります。

  • 入金手数料も出金手数料も送金手数料も無料なのか?
  • 入金手数料だけが無料なのか?

そこでも大きく差があります。

仮想通貨を扱う上では手数料との兼ね合いが非常に重要。損をしないためにも手数料がなるべくかからない取引所でスタートするようにしましょう。

仮想通貨取引所選びのポイントとして「安全性」「取り扱い銘柄の数」「手数料」を紹介しました。

これらに加えて、「最低取引金額」や「最低出金額」なども意識できるようになるとなお良いでしょう。

こうしたポイントを踏まえた上で、私がおすすめする仮想通貨取引所を3社に厳選しました。初めての仮想通貨取引所選びの参考にしてください。

 

【おすすめの仮想通貨取引所3選|初心者でも安心して使えるのはどこ?】

【おすすめの仮想通貨取引所3選|初心者でも安心して使えるのはどこ?】

初心者でも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所は以下の3つです。

【初心者におすすめの仮想通貨取引所】

全て暗号資産交換業社に登録されているので信頼性も高い取引所です

それぞれ紹介します。

 

・GMOコイン

GMOコイン

海外コインの売買やメタバース・NFT・DeFiで活用したい方に最適!
仮想通貨送金手数料0円のもっともお得な仮想通貨取引所

特徴

  • 2021年「暗号資産取引所現物取引ランキングNo1」に選出
  • 販売所でも取引所でも購入できる
  • 入金手数料、出金手数料、仮想通貨の送金手数料が無料
  • コールドウォレット、2段階認証、定期的な脆弱性防止対策の実施でセキュリティ強化
  • 審査完了までが早い(最短即日)
  • 最大2倍のレバレッジ取引可能
  • 最大年率3%の貸暗号資産サービスも利用可能
  • 少額投資に不利(最低入金額は1000円でも最低出金額が1万円)

 

取り扱い銘柄(2021年12月時点)

【販売所で扱っているコイン】16種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)

【取引所(板取引)で扱っているコイン】7種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)

 

いくらから始められる?

ビットコイン(BTC)の最小注文可能数量は0.00001BTC。

1BTCが630万円の場合、63円から購入可能。

 

感想

個人的に一番おすすめの仮想通貨取引所です。

仮想通貨は保有するだけでなく、そのコインを使ってメタバースで遊んだり、NFTを購入したり、DeFiで運用したりといったことができます。

その際、仮想通貨ウォレットや海外の取引所にコインを送る必要があるのですが、そこでかかる手数料が無料なのはこの中でGMOコインだけ。

他の取引所だと数千円の手数料がかかると考えると、送金手数料が無料の凄さがわかりますよね。

今後仮想通貨と付き合っていくならGMOコインがベストです。

 

利用者の声

おすすめ動画

ガス代無料!「GMOコイン」口座開設、使い方、入金、送金方法の解説!!

 

 

→ GMOコイン公式サイトはコチラ

→ 送金手数料無料だから一番お得!

 

 

・CoinCheck(コインチェック)

コインチェック

最大年利5%!保有しながら「貸暗号資産サービス」で運用もできる

特徴

  • 販売所でも取引所でも購入できる
  • 国内最大17種類の通貨取扱い
  • アプリダウンロード数NO,1
  • 「暗号資産積み立て」や最大年率5%の「貸暗号資産サービス」を利用できる
  • 2段階認証、暗号化通信、コールドウォレット採用でセキュリティ強化
  • 手数料が高め

 

取り扱い銘柄(2021年12月時点)

【販売所で扱っているコイン】17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

【取引所(板取引)で扱っているコイン】5種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETC)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONA)
  • パレットトークン(PLT)

 

いくらから始められる?

ビットコインの場合、500円相当額から取引可能

 

感想

コインチェックではなんと仮想通貨を保有しているだけで運用することができる「貸仮想通貨サービス」を行なっています。

仮想通貨を貸して利息を得るというサービスとしては「DeFi」が有名ですが、DeFiを利用するには海外の仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットが必要ですし、英語のサイトばかりなので難易度が高いという問題も。

コインチェックの貸暗号資産サービスを使えば、国内にいながらDeFiのような仮想通貨運用ができます。

長期で保有(ガチホ)しながら少しずつ利息も得たいという方にはおすすめのサービスです。

ただし、コインチェックはかつてハッキング被害に遭ったことがあるので、市場のイメージはややネガティブです。

 

利用者の声

おすすめ動画

【完全版】コインチェックの使い方とビットコインの買い方

 

 

→ コインチェック公式サイトはコチラ

→ 買った仮想通貨は最大年利5%で運用できる!

 

 

・bitFlyer(ビットフライヤー)

Bitflyer

クレジットカードやポイントとの連携がウリ。普段の生活のついでに仮想通貨が貯まる。

特徴

  • ビットコイン取引量国内ナンバーワン
  • 最大2倍のレバレッジ取引可能
  • 最小取引単位数が最も小さいので細かい金額で買える
  • 毎月定額の積立で購入することが可能
  • ビットコインが貯まるビットコインクレジットカードを発行
  • Tポイントをビットコインに交換可能
  • 暗号化通信、不正アクセスの監視システム、2段階認証、コールドウォレットで強固なセキュリティを構築
  • 他の取引所や仮想通貨ウォレットへの送金には手数料がかかる

 

取り扱い銘柄(2021年12月時点)

【販売所で扱っているコイン】14種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)

【取引所で扱っているコイン】2種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

 

いくらから始められる?

ビットコイン(BTC)の最小注文可能数量は0.00000001。

1BTCが630万円の場合、0.063円から購入可能。GMOコインは最小が63円なので、63円、126円、189円のような買い方になりますが、Bitflyerでは1円単位で購入できます。

 

感想

BitFlyerはTカードのポイントを仮想通貨に替えることができるので、利用者から絶大な支持を受けています。また、2021年12月にはビットコインが貯まるbitFlyerクレカを発行。

普段の買い物でいつの間にかビットコインが貯まる便利さが受け、わずか3日で1万人以上の申し込みが殺到しました。

アプリの使いやすさやセキュリティ対策の堅固さも初心者におすすめできるポイントです。

 

利用者の声

おすすめ動画

【初心者向け】スマホでできる!ビットコインの買い方・売り方(2020年6月版)

 

 

>> bitFlyer公式サイトはコチラ

→ クレカを連動すれば、ビットコインを買わなくても貯まる

 

 

【初心者におすすめの仮想通貨取引所】

  • GMOコイン:海外コインの売買やメタバース・NFT・DeFiで活用したい方に最適。
  • CoinCheck:「暗号資産積み立て」や最大年率5%の「貸暗号資産」サービスが便利。
  • bitFlyer:クレカやポイントなど、仮想通貨をもらえるサービスが充実。

 

 

【メタバース・DeFi・NFTに興味があるなら「GMOコイン」がベスト】

【メタバース・DeFi・NFTに興味があるなら「GMOコイン」がベスト】

これから仮想通貨を購入したい方におすすめのサービスを3つご紹介しました。

  • 手数料の安さ
  • 利便性
  • お金の増えやすさ

セキュリティはどこも信頼性が高い上、それぞれの取引所ごとに違った良さがありますよね。

私も全ての口座を作りましたが、個人的にはGMOコインがもっとも便利に感じています。

実は私は最初、bitFlyerで口座を開設しました。ネットで多くの人がおすすめしていたからです。しかし、私にとっては使いにくいものでした。

  • 販売所では14銘柄あるのに、取引所では2銘柄しか買えない
  • 海外の取引所でコインを買おうと思ったら送金するだけで手数料がかかる
  • NFTやDeFiに興味があって仮想通貨ウォレットに送金しようと思ったらここでも手数料がかかる

ビットコインとイーサリアムを買って保有しておくだけならbitFlyerでも良いかもしれません。

しかし、仮想通貨を使っていろんなサービスを利用しようと思ったら手数料がその都度かかってしまうんです。これはコインチェックも同様。

GMOコインだけが海外の仮想通貨取引所や仮想通貨ウォレットへの送金手数料が無料になっており、色々とやる上ではGMOコインが最適でした。

しかし、逆にメタバースやNFTに興味がなく、買ったらそのまま保有しておきたい人の場合はコインチェックが良いでしょう。

クレジットカードをよく使う方や溜まっているTポイントをビットコインにしたい方にはbitFlyerもおすすめです。

取引所ごとに特徴が分かれているので、自分の使い勝手の良い取引所を選んで口座を作ってみてください。

 

【仮想通貨取引所の口座開設とコインの購入方法|海外取引所や仮想通貨ウォレットへの送金方法もわかる】

【仮想通貨取引所の口座開設とコインの購入方法|海外取引所や仮想通貨ウォレットへの送金方法もわかる】

仮想通貨取引所をどこにするかを決めたら、公式サイトから口座開設を申し込みます。

口座開設には1円もかかりません。銀行口座の場合、最低1000円預けないと口座を作れない場合もありますが、仮想通貨取引所では完全に無料です。

仮想通貨取引所での基本的な口座開設と仮想通貨の購入は以下のような流れで進みます。

 

【仮想通貨取引所の口座開設とコインの買い方】
.

  1. メールアドレスとパスワードを入力して仮登録
  2. 届いたメールのアドレスをクリックして個人情報を入力
  3. 免許証と本人が写った写真をスマホで撮影してアップロード
  4. 審査が完了したらマイページにログイン
  5. 銀行口座から仮想通貨を買うための日本円を入金
  6. 買いたいコインの銘柄と数量(金額)を入力して購入

 

仮想通貨の買い方をイメージできたでしょうか?

各サイトで「口座開設申し込み」をクリックすれば、わかりやすく方法を解説してくれます。基本的にはその手順に沿って作業をしていくだけで完了します。

詳しい開設方法は以下の記事でも紹介していますので、よかったらご覧ください。

 

>>【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!

【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!
仮想通貨イーサリアム(ETH)を買うのはLINEPAYに入金するくらい簡単に出来ます。この記事ではイーサリアムの購入方法と活用方法を解説します。イーサリアムはビットコインのような他の仮想通貨と違い、活用できるのが面白いところ。メタバースやNFT、DeFiでのイーサリアムの活用法もお伝えします。ぜひ参考にしてください。

 

【仮想通貨はチャンスとリスクが隣り合わせ|情報収集におすすめのサイト】

【仮想通貨はチャンスとリスクが隣り合わせ|情報収集におすすめのサイト】

仮想通貨は価格変動性(ボラティリティ)が非常に高く、利益を獲得する可能性と同じくらいに損をする可能性が高いもの。

まさにチャンスとリスクが常に隣り合わせ。そのため、情報収集が何よりも重要になります。

とは言え、仮想通貨の情報収集はどこでするのが最適なのでしょうか?

仮想通貨取引所の情報収集におすすめのサイトは以下の5つです。

こうしたサイトで仮想通貨の新規銘柄や情勢について情報を集め、最適な投資ができるようにしましょう。

仮想通貨取引所での口座開設は「【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!」を参考にやってみて下さい。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【初心者におすすめの仮想通貨取引所】

  • GMOコイン:海外コインの売買やメタバース・NFT・DeFiで活用したい方に最適。
  • CoinCheck:「暗号資産積み立て」や最大年率5%の「貸暗号資産」サービスが便利。
  • bitFlyer:クレカやポイントなど、仮想通貨をもらえるサービスが充実。

 

【仮想通貨 関連記事】

【どこ?】仮想通貨の手数料を安く抑えられる取引所を比較| 損せず儲けるためのコツとは?

【どこ?】仮想通貨の手数料を安く抑えられる取引所を比較| 損せず儲けるためのコツとは?
知らない人は買った時点で損してる?仮想通貨を始めるなら手数料の知識は必須です。 仮想通貨を買いたいなと思っているけれど、手数料が結構かかるらしい。お金を増やしたくて投資をするのに、最初から手...

【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!

【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!
仮想通貨イーサリアム(ETH)を買うのはLINEPAYに入金するくらい簡単に出来ます。この記事ではイーサリアムの購入方法と活用方法を解説します。イーサリアムはビットコインのような他の仮想通貨と違い、活用できるのが面白いところ。メタバースやNFT、DeFiでのイーサリアムの活用法もお伝えします。ぜひ参考にしてください。

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメを紹介|始め方も要チェックです

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメを紹介|始め方も要チェックです
メタバースの世界をイメージするには映画をみるのが一番。この記事では、メタバースがテーマになっている映画・アニメ・ドラマを8つご紹介します。FacebookがMetaへ社名変更したことで一躍トレンドワードになったメタバース。インターネットの仮想空間とはどのようなイメージなのか。映像を観ることでヒントを得られるはずです。

【おすすめ10選】 どのNFTゲームが仮想通貨を稼げる?人気のブロックチェーンゲームの始め方と稼ぎ方

【おすすめ10選】 どのNFTゲームが仮想通貨を稼げる?人気のブロックチェーンゲームの始め方と稼ぎ方
これからはゲームをするだけで稼げる「NFTゲーム」をプレイしましょう。稼げないフツーのゲームはもう時代遅れです。 最近ゲーム業界では「Play to eran(プレイトゥーアーン)」という言葉が...

【話題】メタバースを体験できるサービスを紹介| VRゴーグルなしでも楽しめるメタバース空間はある?

【話題】メタバースを体験できるサービスを紹介| VRゴーグルなしでも楽しめるメタバース空間はある?
メタバースと聞くとVRゴーグルを頭にかぶるイメージを持っている方もいるのではないでしょうか? ですが、実はVRゴーグルがなくても体験できるんです。 メタバースとは「インターネット上に3DCGで作...
プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

トレンドビジネススキル/仕事術メタバース・仮想通貨
ライフワークカフェ