【高すぎる】仮想通貨の手数料を安く抑える8つの方法|損しない暗号資産の買い方とは?

【どこ?】仮想通貨の手数料を安く抑えられる取引所を比較| 損せず儲けるためのコツとは?メタバース・仮想通貨

知らない人は仮想通貨を買った時点で損してる? 暗号資産を始めるなら手数料の知識は必須です。

仮想通貨を買いたいなと思っているけれど、手数料が結構かかるらしい。お金を増やしたくて投資をするのに、最初から手数料で損をしたくない。コストを抑えてお得に仮想通貨を買う方法はあるの?

この記事では、仮想通貨取引所を比較して、手数料を安く抑えるための8つの方法をお伝えします。

私が仮想通貨を始めて購入したのは2021年の秋頃でした。メタバースやNFTに興味を持ち、それらを楽しむための方法としてイーサリアムを買いたくなったのです。

しかし、始めてすぐに「高すぎる手数料の存在」に気づくことになりました。

日本円を口座に入れるだけで手数料。仮想通貨を買うときにも手数料。他の仮想通貨に換金したり、仮想通貨でNFTを購入するときにも手数料。さらには買った仮想通貨を日本円に換金するときにも手数料がかかります。

仮想通貨の値動きで損をする以前に、手数料だけでどんどんお金が減っていくのです。

しかし、手数料を抑えるためのテクニックはいくつも存在します。手数料のかからない取引所を選び、最適な買い方をしていけば手数料での損を最低限に抑えることができるのです。

仮想通貨購入のポイントを押さえて、手数料を安く抑えた買い方ができるようになりましょう。

 

>>【有益】仮想通貨を無料で入手する7つの方法|リスク0で配布コインをゲットして投資を始めよう

 

 

【仮想通貨の手数料とは? 暗号資産の取引で発生する手数料一覧】

【仮想通貨の取引にかかる手数料(コスト)の種類|スプレッドって何?】

仮想通貨を購入するためには様々な手数料が必要になります。まずはどのような手数料が存在するのかを理解しておきましょう。

仮想通貨の取引では主に4つの手数料がかかります。

  • 日本円の入金&出金にかかる手数料
  • クレジットカード決済手数料
  • 仮想通貨取引所での売買手数料(スプレッド)
  • 仮想通貨の送金手数料(ガス代)

それぞれ解説します。

 

・日本円を取引所に入金&出金するための手数料

仮想通貨を購入するためには仮想通貨取引所にお金を入れておかなければなりません。PayPayを使うにあたって、先にコンビニで入金しておくというイメージです。

日本円の入金とは、いわゆる「振り込み」です。国内の銀行口座から仮想通貨取引所へ振り込みをすることで、仮想通貨取引所でコインを買うことができるようになります。

そこでかかってくるのが「振り込み手数料」です。仮想通貨を買うために入金するときと仮想通貨取引所から銀行口座に出金するときの両方で振り込み手数料が必要になります。

振り込み手数料の相場としては、1回あたり「300円〜1000円」ほど。10000円入金して手数料で700円取られたら7%も損しています。

仮想通貨は値動きが期待できるとは言え、7%の利益を潰していると考えたら大損ですよね。

しかし、中には「提携銀行からの入金の場合は振り込み手数料0円」の取引所もあります。

ですので、自分の持っている銀行と提携している仮想通貨取引所を使うか、使いたい仮想通貨取引所が提携している銀行の口座を先に作っておくと良いでしょう。

 

・クレジットカード決済手数料

仮想通貨の購入は銀行から仮想通貨取引所へ日本円を送金してから行うとお伝えしましたが、中にはクレジットカードで仮想通貨を買える取引所もあります。

しかし、その場合にはクレジットカードの決済手数料がかかります。手数料率はクレジットカードによって違いますが、相場は約3.5%ほど。

海外の大手仮想通貨取引所「バイナンス」の場合は、3.5%または10USD(10ドル)のどちらか高い方となっています。

購入金額が高くなればなるほど手数料も高くなってしまいますので、手軽ではありますが注意が必要です。

 

・仮想通貨取引所でのコイン売買手数料(スプレッド)

仮想通貨取引所に日本円を入金し、いよいよ仮想通貨を購入しようとしたあなた。買うときにも手数料が発生します。

仮想通貨取引所の中には「販売所」と「取引所」があり、どちらも手数料がかかります。

販売所の場合は手数料ではなく「スプレッド(売買差額)」という言い方をするので覚えておきましょう。販売所中には「手数料無料」と謳っているところが多いですが、実はスプレッドという名の手数料がかかります。

スプレッドとは売値と買値の差のこと。買うときはその差額を支払わなくてはいけません。どうして差額が生じるかと言うと、いわゆる「取引所の利益」のためです。

手数料はかからないけれどスプレッドはかかるので、言葉は違っても手数料を払うことに変わりはありません。

販売所は仮想通貨のデパートで買うイメージ、取引所はメルカリのように持っている人と欲しい人で売買するイメージです。

デパートで商品を買おうと思ったら、商品の仕入れ価格にデパート側の利益を加えた金額が商品価格になりますよね。

これはデパート側に手数料を払っているのと同じ。仮想通貨取引所で購入する際のスプレッドもこれと同じ原理です。

また、メルカリのような個人売買の場合、中抜きはありませんが「メルカリというサービスの利用料」として数%の手数料を取られていますよね。取引所でかかる手数料はこのサービス利用料のような意味合いです。

つまり、仮想通貨を購入する場合にはどちらにしても手数料がかかるということ。

しかし、販売所のスプレッドに比べると取引所の手数料の方が安いため、コストを抑えて仮想通貨を購入したい方は取引所で買うようにしましょう。

 

・仮想通貨の送金手数料(ガス代)

NFTの購入やDefiを使って仮想通貨を運用したい、または、国内の取引所で扱いのないアルトコインを買いたい場合には、国内の仮想通貨取引所で買ったコインを仮想通貨ウォレットや海外の仮想通貨取引所に移す必要があります。

その際にかかるのが送金手数料です。通称「ガス代」とも呼ばれるます。

実はこの送金手数料がもっとも厄介で高額になりやすい手数料なのです。

特に高いと言われているイーサリアムの場合、数万円の移動だけで5000円ほどの手数料がかかることも。

数百円レベルではなく数千円から数万円という高い手数料がかかるのが「仮想通貨の送金手数料」なのです。

しかし、国内の仮想通貨取引所の中には「GMOコイン」のように送金手数料が無料のところもあります。

買ったまま保有するだけでなくNFTや他のコインを購入したい方には、GMOコインの口座を持っておくことをおすすめします。

 

 

送金手数料が無料のGMOコインで口座を作る

※ 取り扱いコイン数も国内ナンバーワン!

 

 

【仮想通貨の高すぎる手数料を抑えよう!安く買うための8つの方法】

【仮想通貨で損せず儲けるには? 高すぎる手数料を安く抑えて暗号資産を購入する7つのコツ】

仮想通貨の購入にはいくつもの手数料がかかることをご理解いただけたでしょうか?

こうした手数料について知らずに仮想通貨を始めると、買った瞬間からいきなり損をしてしまうので注意が必要です。

実は私自身がまさにこのパターンで、みんながおすすめしている「bitFlyer」で始めたところ、送金手数料でいきなりお金が減りました。私にとっては送金手数料のかからないGMOコインの方が良かったのです。

では、手数料をなるべく低く抑えて損をしない仮想通貨投資をするにはどういった方法がベストなのでしょうか?

ポイントは以下の8つです。

【手数料を安く抑えて仮想通貨を買う方法】

  1. 提携銀行から即時入金を使って入金手数料を抑える
  2. 販売所ではなく取引所で購入する
  3. 販売所で購入する場合はスプレッドの狭い販売所で購入する
  4. 取引したい仮想通貨の手数料が最安のところを選ぶ
  5. 仮想通貨送金手数料が無料の取引所を使う
  6. 送金手数料の安い仮想通貨を購入する
  7. 送金はガス代の安い早朝に行う
  8. 目的に合わせて取引所を選ぶ

それぞれ解説します。

 

1、仮想通貨取引所の提携銀行から入金する

各仮想通貨取引所では、入金手数料がかからない「クイック入金」を採用しているところが多いです。

しかし、クイック入金は「取引所が提携している銀行口座」でないと利用できません。bitFlyerの場合は「住信SBIネット銀行」が提携銀行です。

こうした提携銀行から入金することで日本円の入金手数料が無料になります。

提携銀行は仮想通貨取引所によって異なるので、自分の使いたい仮想通貨取引所の提携銀行口座を用意するか、既に持っている銀行口座と提携している仮想通貨取引所を探してみてください。

 

2、「販売所」ではなく「取引所」で購入する

仮想通貨の購入には手数料がかかりますが、販売所と取引所で手数料の金額が変わります。基本的にほとんどの仮想通貨取引所は販売所と取引所を持っています。

買えるコインの種類は取引所の方が少ないことも多いですが、ビットコインのようなメジャーなコインであれば、ほとんどの場合取引所でも買えます。

ですので、手数料を安く抑えるためには仮想通貨取引所内の「取引所」で購入するようにしましょう。

 

3、販売所で購入する場合はスプレッドの狭い販売所で購入する

販売所と取引所では取引所の方が手数料が安くておすすめですが、販売所の方が使いやすかったり扱っているコインの種類が多いというメリットもあります。

そのため、販売所で買いたいという方もいらっしゃるでしょう。その場合はスプレッドの狭い(手数料の少ない)仮想通貨取引所を利用すると良いです。

スプレッドは仮想通貨取引所ごとに異なります。同じビットコインでも取引所によって買える価格が違うのです。

スプレッドの狭い仮想通貨取引所としては「bitFlyer」が人気です。アプリも使いやすくセキュリティ的にも安心して使える取引所なので、初心者の方には特におすすめです。

 

4、取引所で買う場合は買いたいコインの手数料を比較して最安のところを選ぶ

取引所で購入すれば販売所よりも安く購入できるとお伝えしてきましたが、実は取引所で購入するにしてもサイトごとに手数料が異なります。

例えばイーサリアムの場合、取引所での購入手数料が無料のところもあれば、0.01~0.15%の手数料がかかるところもあります。

取引所での購入の場合は、取引所によってもコインの種類によっても手数料が変わるので、自分の買いたいコインを買うのにいくらの手数料がかかるのを比較することが重要です。

 

5、送金手数料が無料の取引所を使う

NFTや海外の取引所を使う場合には、送金手数料がかかります。

上述した通り、少額のコインを移すだけで数千円から数万円がかかることも。この手数料については絶対に避ける必要があると言えます。

そのため、仮想通貨ウォレットや海外の仮想通貨取引所を利用する場合は「送金手数料0円」の取引所を使うのがマストです。

仮想通貨の送金手数料が無料の取引所としては「GMOコイン」がベスト。DMMビットコインも送金手数料が無料ですが、送金完了に最大3営業日かかるなど利便性は高くありません。

NFTや海外の取引所でしか買えないアルトコインを買いたい場合は、GMOコインで口座を作って取引を行うようにしましょう。

 

6、送金手数料の安い仮想通貨を購入する

バイナンスなどの海外の仮想通貨取引所やメタマスクなどの仮想通貨ウォレットへ送金する場合、手数料が無料の取引所を使うのがベストです。

しかし、普段使っている取引所がある場合、新しく口座を作るのは面倒でもあります。

どうしても今使っている取引所から送金する場合には、送金手数料の安いコインを買って送金するという手もあります。

例えばコインチェックで買ったイーサリアムを送金する場合、送金手数料が「0.005ETH」となっています。1ETHが40万円だとしたら送金手数料は2000円です。

しかし、同じくコインチェックで買える「lOST」コインの場合、送金手数料は1.0 IOSTです。IOSTの価格は2022年1月時点で1枚3円ほどなので、送金手数料は約3円だけで済みます。

このようにコインの種類によっても手数料が大きく変わるので、手数料の安いコインを選んで送るのも1つの手です。

 

7、仮想通貨の送金はガス代の安い早朝に行う

仮想通貨の取引にかかる手数料をガス代と呼びますが、このガス代は常に変動しています。

仕組みとしては、ざっくりと「利用者の多い時間帯はガス代が高い」と覚えておくと良いでしょう。

NFTがバズった時には多くの人がNFTを購入するために仮想通貨を送金し、ガス代が高騰しました。

時期的にどうしても高くなるときは仕方がありませんが、1週間で見た場合にもガス代の高い時間と安い時間が分かれます。

以下のグラフは手数料の推移を記録したものです。

7、仮想通貨の送金はガス代の安い早朝に行う

(参照:ガス代(ネットワーク手数料)が安いのは何時(いつ)?1週間のガス代調べました

日本時間の朝7〜8時ごろがもっとも安くなるというデータが出ていますね。このように、利用者が少なくてガス代が安くなりやすい時間を狙って取引するのも有効な手段です。

 

8、目的に合わせて最適な取引所を選ぶ

かかってくる手数料の種類は取引所ごとに変わります。そのため、誰にとってもベストな取引所というものはなく、使う用途によって最適な仮想通貨取引所は異なるというのが現状です。

買ったまま長期保有をするのであれば送金手数料のことは考えなくても良いですし、販売所ではなく取引所でしかコインを購入しないのならスプレッドのことは考えなくて良いのです。

結局は自分の目的に合った取引所を選ぶのが重要。では、あなたの場合はどの仮想通貨取引所を使うのがベストなのでしょうか?

次章では3つのタイプに分けて、おすすめ仮想通貨取引所を紹介します。

 

【仮想通貨取引所はどこを使うべき? 手数料を安く抑えられる取引所を比較】

【おすすめの仮想通貨取引所を比較|あなたに最適な取引所の選び方】

JVCEA(日本暗号資産取引業協会)によると、2021年11月時点での日本国内の暗号資産取引業者の口座数は全体で535万口座に。1年で150万人以上が新たに仮想通貨取引を始めています。

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所で口座を作らなくてはなりません。

2022年1月時点で金融庁に登録されている国内の仮想通貨取引所は以下の30社です。

これだけあると、どの取引所で口座を開設したらよいかわからないですよね。

それぞれの仮想通貨取引所は、手数料や購入できるコインの種類、取引量や信頼性などで違いがあります。すべて比較して自分に合う取引所を選ぶのがベストですが、正直面倒ですよね。

ですので、ここではタイプ別におすすめの仮想通貨取引所をご紹介します。

  • 購入したらずっと保有し続けたい人
  • NFT、Defi、メタバースなどに興味がある人
  • 価値が爆上がりするコインを買って億り人を目指したい人

まずは、この3つのパターンの中からあなたの仮想通貨との付き合い方をお選びください。

それぞれのタイプに最適な仮想通貨取引所とその理由を解説していきます。

 

・購入したらずっと保有し続けたい人におすすめなのは「コインチェック」

コインチェック

とりあえずビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨を買ってみたいという方におすすめの仮想通貨取引所は「CoinCheck(コインチェック)」です。

コインチェックは、国内最大級の17種類の仮想通貨を扱っている取引所(2021年12月時点)です。

購入や売却に使えるスマホアプリの使い勝手が良く、アプリダウンロード数も日本一。日本国内において最もメジャーな仮想通貨取引所の1つです。

長期保有(ガチホとも言います)を考えている方にとってなぜコインチェックがおすすめなのか?

最大のポイントは以下の3つです。

【コインチェックをオススメする理由】

  1. 暗号資産積立サービスがあるので、何もせずに毎月仮想通貨を買い増しできる
  2. 最大年率5%の貸仮想通貨サービスがガチホとの相性が良い
  3. 流出事件後に安心で堅固なセキュリティを構築し、信頼を取り戻した

コインチェックでは手数料が他の仮想通貨取引所に比べて高いことが最大のデメリットですが、頻繁に売買を行わないのであればそのデメリットがほとんど影響しません。

逆に、長期保有で儲けたい方にとっては「暗号資産積立サービス」や「貸暗号資産サービス」との相性がバッチリです。

コインチェック

実はコインチェックは2018年に「ネム」という暗号資産が流出する事件が起きています。

しかし、その後、東証一部上場企業のマネックスグループの傘下となり、セキュリティ面を大きく強化。その結果、国内でもっともセキュリティ面の強い取引所の1つになりました。

流出の過去があることはデメリットです。しかし、それがあったからこそ、2段階認証、暗号化通信、コールドウォレット採用でセキュリティ強化など、どこよりも堅固なセキュリティを構築できたとも考えられます。

今後長期で使っていく上でも安心して使える取引所だと言えるでしょう。

また、コインチェックには以下のメリットもあります。

・販売所よりも手数料が安く仮想通貨を購入できる「取引所」も使える
・国内最大17種類のコインを購入できる
・国内ダウンロード数NO,1のスマホアプリが使いやすい

特にスマホアプリの使いやすさは非常に高い評判を得ています。

仮想通貨は常に値動きがあり、他の取引所では難しいチャートのようなものを見なくてはいけません。コインチェックのようにわかりやすい画面設計なのは初心者にとっても嬉しいポイントでしょう。

以下のグラフは「お金の知恵袋」が行なった仮想通貨投資家へのアンケート結果です。

仮想通貨取引所ランキング

もっとも使っている仮想通貨取引所でコインチェックが1位になっています。みんなが使っている取引所なら安心ですよね。

コインチェックでの口座開設方法は3ステップ。最短1日でカンタンにできます。

暗号資産取引所の口座開設方法

1、公式ページから個人情報入力
2、スマホで顔写真と免許証写真を撮影してアップロード
3、本人確認が完了したらアプリから仮想通貨を購入

積立サービスや貸暗号資産を使って着実にビットコインを運用していきたい方はぜひ利用してみてください。

 

 

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する

※ 最短1日で取引開始可能です。

 

 

・NFT、Defi、メタバースなどに興味がある人におすすめなのは「GMOコイン」

GMOコイン

ニュースでも頻繁に報道されていたNFTやメタバース。さらには、仮想通貨を運用する方法としても注目を集めるDeFi。

こうした世界に興味がある方におすすめの仮想通貨取引所は「GMOコイン」です。

NFTアイテムやメタバースの土地の購入、DeFiでの運用をする場合、国内の仮想通貨取引所で買ったビットコインやイーサリアムを別の場所(仮想通貨ウォレットや海外の仮想通貨取引所)に移動させる必要があります。

これを仮想通貨の「送金」と言うのですが、国内の仮想通貨取引所のほとんどで送金手数料がかかります。

つまり、1万円のNFTを購入しようと思っても、送金手数料を引かれるのでそれ以上のお金が必要になるのです。

そんな送金手数料で損をせずに済むのがGMOコインの最大の特徴です。

【GMOコインをオススメする理由】

  1. 取引手数料・出入金手数料・送金手数料が無料だからお得に使える
  2. 取り扱いコイン数は国内最多だから欲しいコインを手に入れやすい
  3. 金融大手のGMOが運営しており、使いやすさ・セキュリティ・サポートに定評がある

GMOコイン

今後NFTやメタバースはさらに大きなトレンドになるでしょう。そうなると、NFTを買ったり遊んだりする機会も増えます。

その度に他の仮想通貨取引所では送金手数料がかかるとしたらどうでしょうか?謎にお金を取られてバカらしくなるはずです。

それがGMOコインなら、仮想通貨の送金手数料が0円。NFT・メタバース・DeFiに興味があって仮想通貨を買ってみたい方にとっては、ほぼここ一択だと言えます。

私は最初、何も知らずにbitFlyerで口座を作りましたが、すぐに手数料のかからないGMOコインを知って口座を作り直しました。今ではGMOコインしか使っていませんし、NFTを買いたいなら絶対にお得な取引所だと感じています。

GMOコインのその他の特徴は以下の通りです。

・2021年「暗号資産取引所現物取引ランキングNo1」に選出
・仮想通貨の送金手数料だけでなく、入出金手数料も無料
・コールドウォレット、2段階認証、定期的な脆弱性防止対策の実施でセキュリティ強化
・審査完了までが早い(最短即日)
・最大2倍のレバレッジ取引可能
・最大年率3%の貸暗号資産サービスも利用可能
・少額投資には少し不利(最低入金額は1000円でも最低出金額が1万円)

GMOコインもカンタン3ステップで口座開設が完了します。

1、公式サイトから個人情報入力
2、スマホで本人確認書類をアップロード
3、本人確認が完了したらアプリから仮想通貨を購入

スマホでスピード確認を使えば最短で10分で口座開設が完了。スマホアプリやPC画面も使いやすいので、今日から早速仮想通貨取引をスタートできますよ。

 

 

GMOコインで仮想通貨を購入する

※ 手数料無料に加えて、取り扱いコイン数も国内最多!

 

 

・アルトコインを買って億り人を目指したい人におすすめなのも「GMOコイン」

GMOコイン

仮想通貨投資で1億円以上の資産を築いた人を「億り人」と呼びます。

ビットコインを例に見ると、2013年には1枚1000円台から10万円台まで上昇し、1年で100倍に。2017年にも1枚10万円台から一時233万円まで上昇。さらに2021年には最高770万円を突破。

ビットコインに早くから投資していた人の中には億り人になった人も大勢います。

とはいえ、「今さらビットコインを買ってもそこまで伸びないでしょ」と思う方もいるでしょう。しかし、仮想通貨はビットコインやイーサリアムだけではありません。

世界中には、ビットコインのように大きく価格を伸ばすポテンシャルを秘めたコインがまだまだ数多く眠っているのです。

ビットコイン以外の仮想通貨の総称を「アルトコイン」、その中で時価総額の低いコインを「草コイン」とも言います。

2021年に話題になった草コイン「芝犬コイン(SHIB)」は1年でなんと1390倍に伸びました。

仮想通貨やWEB3.0の世界はまだまだ始まったばかり。世界中には何千種類ものアルトコインがあり、今はまだ価値がほとんどない草コインでも近い将来に数百倍から数千倍になるかもしれません。

億り人を目指すなら「今はまだ価値のついていないコイン」を見つけて買う必要があります。

世界には何千種類ものアルトコインがあるとお伝えしましたが、実はそのほとんどが日本国内の仮想通貨取引所では購入できません。

取り扱いコイン数が多いGMOコインですら、たったの19種類のコインしか買えないのです。

GMOコイン

日本国内で買えないアルトコインは、「バイナンス」という海外の仮想通貨取引所で購入するのが一般的な方法です。

しかし、バイナンスは日本円の入金に対応していないので、以下のステップが必要になります。

1、国内の仮想通貨取引所とバイナンスのアカウントを作る
2、国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入する
3、購入したコインをバイナンスの自分のアカウントに送金する
4、バイナンスに送金したコインで他のコインを買う

日本の仮想通貨取引所で取り扱いのないコインを買う場合、このような手順で進めることになります。

ここで重要なのが、「バイナンスに送る際の手数料」です。CoincheckやbitFlyerの場合は海外取引所への送金に手数料がかかります。

世界中には値上がりが期待できる草コインが続々と誕生しています。欲しいコインも次々に現れるでしょう。毎回送金するたびに手数料を取られていたら損ですよね。

そこでおすすめなのが「GMOコイン」です。

GMOコインは先ほどNFTを購入したい人におすすめの取引所でも登場しましたが、やはり仮想通貨の送金手数料が無料というポイントが非常に大きなメリットです。

海外の仮想通貨取引所やウォレットに資金を移して活用したい方にとっては、送金手数料0円のGMOコインを使うことは必須でしょう。

投資は値上がりを期待できる銘柄を選ぶことも大事ですが、それよりも重要なのが余計なコストを払わないことです。

バケツに穴が開いていたら、せっかく増えた水が減ってしまいますよね。仮想通貨もせっかく値上がりして儲かりそうなのに、手数料で損をしては意味がありません。

実は、送金手数料のかからない取引所は他にもあります。有名なところではDMMビットコインが手数料無料を謳っています。

しかし、DMMビットコインの送金には最大で3営業日かかります。今すぐ国内の取引所からコインを送って別のコインを買いたいと思っても、結構な時間を待たされるのです。

同じ送金手数料が無料の取引所でも利便性が低ければ使いにくいですよね。

草コインやアルトコインで稼ぎたい方は、仮想通貨の送金手数料0円で使いやすい「GMOコイン」で口座を作るのが最適です。

GMOコインの口座開設はカンタン3ステップで完了します。

暗号資産取引所の口座開設方法

1、GMOコイン公式サイトから口座開設をクリック
2、個人情報を入力
3、スマホで身分証明書をアップロード

最短10分で口座開設が完了し、取引をスタートできますよ。

GMOコインは仮想通貨に投資をしたい全ての方におすすめできる取引所。初めて取引所の口座を作る方も、すでに他の取引所の口座を持っている方も、GMOコインの口座は作っておくべきです。

 

 

GMOコインで仮想通貨を購入する

※ 送金手数料0円は仮想通貨投資家に必須の条件です

 

 

まとめると、基本的には「GMOコイン」で口座を作って仮想通貨取引を始めるのがおすすめ。もし、ビットコインやイーサリアムを購入してのガチホしか考えていないのであれば「Coincheck(コインチェック」もアリといった感じです。

よかったら参考にしてみてください。

 

【仮想通貨の手数料が安い取引所は「GMOコイン」】

仮想通貨の手数料は場合によっては非常に高額になる場合もあります。これから仮想通貨取引を始める方はぜひ知識をつけて投資を行ってください。

取引所選びは特に重要。そこを選ぶかによってかかる手数料は大きく異なります。仮想通貨の売買にかかる手数料を安く抑えたい方であれば「GMOコイン」が最適でしょう。

もっとも費用のかかる「送金手数料」が無料になるのは、仮想通貨取引をする上で非常に大きなメリット。

しかし、初心者であれば、「Coincheck(コインチェック)」も使いやすいのでおすすめ。アプリダウンロード数が国内No,1ですし、長期保有に最適な積み立てや貸暗号資産サービスがあるので便利です。

実は仮想通貨投資をする人の多くは、複数の仮想通貨取引所の口座を作っています。目的に合わせて使い分けているのです。

今後いろんなコインを買いたくなった時には、送金手数料のかからないDMMビットコインでも口座を開設してみると良いでしょう。

自分の用途に合わせて取引所を使い分けることが、コストを抑えて投資で儲ける上で重要なポイントになります。

まだまだこれから伸びるクリプト業界。お互い多くの利益を得られるよう情報収集を頑張っていきましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

GMOコインで仮想通貨を購入する

※ 取り扱いコインも最多で送金手数料も無料。国内ナンバーワンの取引所です。

 

 

【仮想通貨 関連記事】

【失敗しない】仮想通貨取引所のおすすめ3選|初心者も安心して使えるサイトとコインの買い方

【初心者必見】仮想通貨の始め方をやさしく解説|暗号資産の基本と失敗しがちなポイント
仮想通貨(暗号資産)を買ってみたいけど、よくわからないし失敗するリスクが怖い。 そんな方に向けて、初めての暗号資産のやり方と初心者が陥りがちな失敗ポイントを解説します。 この記事を読むこと...

【欲しい】イーサリアム(ETH)の買い方と購入後の活用法|メタバース・NFT・Defi系に強い!

【解説】メタバース系のおすすめ仮想通貨銘柄5選|買い方と購入後の運用方法をお伝えします
メタバース関連の仮想通貨が数日で数十倍に値上がりするなど、メタバースがにわかに注目を集めています。 2022年はメタバース銘柄で億り人になる人が増えるとも言われています。この...

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメを紹介|始め方も要チェックです

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメのおすすめ作品を紹介|始め方も要チェックです
「メタバース」が話題になっていますが、いまいちどのような世界になるのか理解しにくいという方も多いと思います。 この記事では、メタバースの世界をイメージできる映画・ドラマ・アニメを8つご紹介します...

【おすすめ10選】 どのNFTゲームが仮想通貨を稼げる?人気のブロックチェーンゲームの始め方と稼ぎ方

【最新20選】 稼げるNFTゲームを動画ありで解説!おすすめの人気ブロックチェーンゲームの始め方
これからはゲームをするだけで稼げる「NFTゲーム」をプレイしましょう。稼げないフツーのゲームはもう時代遅れです。 この記事では「面白くて稼げるNFTゲーム」を20本紹介します。まだNFTゲームを...

【無料で稼ぐ】仮想通貨をマイニングできるスマホアプリ8選|知らないと損です

【無料で稼ぐ】仮想通貨をマイニングできるスマホアプリ8選|知らないと損です
仮想通貨を手に入れる方法は「購入」だけではありません。仕組みを利用して「無料でもらう」方法もあるのです。 この記事では、ビットコインなどの仮想通貨を無料でもらえる「マイニング」について、その仕組...

【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介

【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介
メタバースはテクノロジーの側面だけでなく投資対象としても注目を集めています。 この記事では、そんなメタバース分野に投資できる株式銘柄をご紹介します。有望な日本株や米国株に加え、中国企業(全世界株...
プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

メタバース・仮想通貨
LIFE WORK CAFE