【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメを紹介|始め方も要チェックです

トレンド

「メタバース」が話題になっていますが、いまいちどのような世界になるのか理解しにくいという方も多いと思います。

この記事では、メタバースの世界をイメージできる映画・ドラマ・アニメを8つご紹介します。

もともとメタバースという言葉の語源は「スノウ・クラッシュ」という小説。また、メタバースについて解説するような書籍も多数販売されています。

こうした本を読んで勉強するのも良いですが、メタバースという世界をイメージするには映画を観るのが一番わかりやすいでしょう。

今後もメタバースをテーマにした映画は増えると思いますが、2021年末の時点でおすすめのものピックアップしました。

記事の後半では、メタバース世界が楽しみな方に向けて今から出来るメタバースの始め方をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

bitFlyer
 >> メタバース関連コインが急騰中!仮想通貨を始めるならbitflyerがおすすめ

 

【メタバースがわかりやすくイメージできる!映画・ドラマ・アニメを紹介します】

【メタバースがわかりやすくイメージできる!映画・ドラマ・アニメ紹介します】

メタバースの説明を長々としてしまいましたが、百聞は一見にしかず。

メタバース世界をイメージするには映画・ドラマ・アニメなどの映像作品を見たほうがわかりやすいです。

この記事で紹介するメタバースがテーマの映画を以下の8本です。

  • レディプレイヤー1
  • フリーガイ
  • アップロード〜デジタルなあの世界へようこそ〜
  • サマーウォーズ
  • 竜とそばかすの姫
  • ソードアートオンライン
  • シュガーラッシュ
  • 電脳コイル

「アバター」や「マトリックス」もメタバースをテーマにしているという声もありますが、ちょっと趣が違ったので除外しました。

数年前に見たことがあるという方もいるかもしれません。ですが、メタバースが現実味を帯びてきた今、改めて見ると新しい発見があるでしょう。

 

また、ここで紹介する多くの映画は「Amazon Primeビデオ」で見ることができます。プライム会員の方は無料で見ることができますし、プライム会員になっていない方でも30日の無料体験で視聴できますよ。

 

>> プライム会員になって今すぐ見る

 

・レディ・プレイヤー1


あらすじ

自らの姿をアバターに変え、さまざまな理想を叶えることのできるVRの世界「オアシス」。

その創設者の死後、オアシスの3つの謎を解いた者に莫大な財産とその仮想世界を譲るという遺言が発表される。

そして全世界を巻き込む争奪戦に、17歳の少年が挑む。

(参照:レディ・プレイヤー1

感想

 

>> レディ・プレイヤー1をプライムビデオで観る

 

 

・フリーガイ

あらすじ

 ルール無用のオンライン参加型アクション・ゲームのモブ(背景)キャラとして、平凡で退屈な毎日を繰り返すガイ。

ある日、彼は新しい自分に生まれ変わるため、ありえないほど“いい人”すぎるヒーローとして、プログラムや設定を完全に無視して自分勝手に立ち上がる。

ゲーム史上最大の危機が待ち受ける中、はたしてガイに世界は救えるのか…! ?

(参照:フリーガイ

感想

 

>> フリーガイをプライムビデオで観る

 

 

・アップロード〜デジタルなあの世界へようこそ〜

あらすじ

 未来では人は死後、豪華な仮想現実へ意識をアップロードすることが可能になっていた。

パーティー好きな男、ネイサンはアップロード先の仮想現実のホテルで、現実世界にいる顧客サービス係のノラと出会う。

ノラの助けで友情や愛、人生の意味を知っていくうちに、2人は親しくなっていく。

(参照:アップロード

感想

 

>> アップロードをプライムビデオで観る

 

 

・サマーウォーズ

あらすじ

 数学が得意な男子高校生が、憧れの先輩女子にせがまれ、彼女の田舎の大家族の前で婚約者のふりをする。

その夜、彼は謎のメールを受け取り、そこに示された奇妙な数字の解読に尽力する。

そして翌日、インターネット上の仮想世界の暴走によって世界が一変。少年は、一家と共にその危機に立ち向かう。

(参照:サマーウォーズ

感想

 

>> サマーウォーズをプライムビデオで観る

 

 

・竜とそばかすの姫

あらすじ

 歌が好きな女子高生・すずは、幼い頃に母親を亡くして以来、人前では歌うことができなくなっていた。

ある日、彼女は全世界から人が集まる仮想世界「U」に足を踏み入れる。

やがて、Uの世界で「ベル」という歌姫として人気者になるすずだったが、突然現れた謎の存在「竜」が、彼女とUを撹乱していく。

(参照:竜とそばかすの姫

感想

こちらは2021年夏に公開になったばかりで、まだ映像作品化されてません。予告編でお楽しみください。


 

・ソードアートオンライン(SAO)

あらすじ

 西暦2022年、1000人のユーザーによるベータテストを経て世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。

しかし、ゲームマスターにして開発者である天才量子物理学者の茅場晶彦がプレイヤーたちの前に現れ、自発的ログアウトは不可能であること、舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してクリアすることだけが脱出する唯一の方法であること、そして死亡した場合には現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。

プレイヤーの1人である少年キリトはこの絶望的な狂気のデスゲームで生き残るべく戦うことを決意し、始まりの街から旅立ってゆく。

(参照:ソードアート・オンライン

感想

アニメだけでなく映画版もあるので長い時間楽しめます。

 

>> ソードアートオンライン(アニメ・映画)をプライムビデオで観る

 

 

・シュガー・ラッシュ

あらすじ

ゲームの世界で長年悪役を演じるも、みんなに愛されるヒーローになりたいと願っていたラルフ。

そんなある日、彼は自分のゲームを飛び出し、お菓子の国のレース・ゲーム「シュガー・ラッシュ」に迷い込む。

そこで彼は、ヴァネロペという少女と出会う。やがて2人は、助け合いながら交流を深めていく。

(参照:シュガー・ラッシュ

感想

続編の「シュガー・ラッシュ オンライン」という映画もあります。

 

>> シュガー・ラッシュをプライムビデオで観る

 

 

・電脳コイル

あらすじ

時は202X年、今よりもちょっと未来。子供達の間で“電脳メガネ”が大流行していた。

この“電脳メガネ”は、街のどこからでもネットに接続し様々な情報を表示する機能を備えた、子供たちになくてはならないアイテムだ。現代の携帯電話のように普及し、ほぼ全ての子供が持っている。

舞台は由緒ある神社仏閣が建ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。

小此木優子は、小学校最後の夏休みを目前に、父の仕事の都合で大黒市に引っ越すことになる。

そこで出会ったのは、もう一人の“ユウコ”、天沢勇子。同じ名前で同じ歳だが全くタイプの違う二人。

新しい学校で個性豊かな子供たちと出会い、電脳空間で次々と巻き起こるフシギな出来事を体験する。

(参照:電脳コイル

感想

 

>> 電脳コイルをプライムビデオで観る

 

 

 

【メタバースは仮想空間、NFTはメタバース内のモノ、仮想通貨はそれを買うためのお金です】

【メタバースとは?】

メタバースとは、「デジタル空間上に多数の人が同時に参加して、そこであらゆる社会活動を行うこと」を意味します。

イメージしやすいところで言うと、「あつまれどうぶつの森」や「フォートナイト」といったゲームがわかりやすいでしょう。

それぞれのゲームでは、友人とゲームの中に集まってチャットをしたり、一緒にゲームを楽しんだり、アーティストのイベントに参加したりといったことができます。

ゲームという仮想の空間の中で、ネットを通して世界中の人が顔を合わせて一緒に楽しむことができる。

こうしたメタバース的な世界はすでにゲームというカテゴリの中で誕生しているのです。

しかし、これらはメタバース的ではあっても、メタバースではありません。

本当のメタバースが持つ大きな特徴の1つが、「それぞれの空間を行き来したり自由に作ったりできること」です。これを相互運用性と呼びます。

あつまれどうぶつの森の世界もフォートナイトの世界もお互いの空間を行き来することはできませんよね。

キャラクターやアイテムについても、あくまでそのゲーム内で用意されたものだけ。あくまで1つの会社が作った仮想空間であって、相互運用性はないのです。

これから生まれるであろうメタバース空間にはさまざまな「場」が生まれます。どうぶつの森のような空間もあればフォートナイトのような空間もあるでしょう。

それらを自由に行き来することができ、どこに行っても同じキャラクター(アバター)を使うことができるのです。

例えば、インターネットの世界にはニュースサイトがあったり、動画サイトがあったり、TwitterのようなSNSがあったり、Amazonのようなショッピングサイトがありますよね。

私たちは、これらを自由に行き来したり作ったりできます。これがインターネット世界です。

ただ、インターネットは2Dの世界であり、私たちは画面を通してしかそれに接することができません。

メタバース世界になると、3Dになってより没入感が増す体験ができるようになります。

自分のアバターがあって、いろんな世界を同じ姿で自由に行き来できる。VRゴーグルなどを使えば、まさに自分がそこにいるような感覚にもなるでしょう。

メタバースの世界では、どの空間にいても自分のアバターは自分がメタバース内で買ったモノを身につけていますし、どの空間にいても自由に買い物ができ、それを他の空間でも使用できます。

アイテムやお財布がメタバース内では統一されているということです。

それを可能にするのが「ブロックチェーン」という技術。

  • メタバース内で使えるお金=仮想通貨
  • メタバース内のモノ=NFT

という感じになります。

そのため、「メタバースがこれから来る!」と感じて、仮想通貨やNFTを購入している人が増えているのでしょう。

メタバース上には今後、商売や仕事、交流やエンタメ要素などさまざまな場が作られます。

会社説明会や車の展示会がメタバース上で開かれたというニュースも目にするようになりました。

FacebookがMetaに社名を変更してまで注力するメタバース分野。

他の世界中の巨大企業やスタートアップも続々参入しており、近い将来必ず実現するのではないかと注目を集めています。

 

【メタバースを始めるにはどうしたらいい?】

【メタバースを始めるにはどうしたらいい?】

こうした映像を観てみて、「実際に自分もメタバースの世界に行ってみたい!」と思ったのではないでしょうか?

今現在、メタバース空間には以下のようなプラットフォームがあります。

  • ディセントラランド
  • サンドボックス
  • クリプトボクセル
  • ソムニウムスペースVR
  • グリューミーシティ

しかし、どれもまだ映画のようなクオリティにはなっていません。

土地を買ったりミニゲームを遊べるくらいの機能しかなく、まだまだ発展途上の黎明期。

なので、正直今すぐディセントラランドに入ったとしてもまったく楽しくないでしょう。

とは言え、今のうちからメタバースの世界に行くための準備をしておくことは可能です。

その方法が仮想通貨「イーサリアム」を持っておくこと。

実は、上で紹介したメタバース空間は全てイーサリアムネットワークというブロックチェーン上で作られています。

つまり、イーサリアムがメタバースの基幹になっているということです。

また、メタバース空間で利用できるモノ(NFT)はOpenseaというプラットフォームで購入することができますが、購入はイーサリアムでおこないます。

メタバース空間の多くがイーサリアムブロックチェーンで形成され、そこで利用するモノの購入にもイーサリアムが必要。

そのため、イーサリアムは「メタバース世界に行くためのパスポート的な存在」と言えるでしょう。

とは言え、イーサリアムなんて1枚50万円(2021年11月時点)ほどの価格。そんなの買えないと思っている方もいるかもしれません。

しかし、仮想通貨は1枚単位ではなく0.01枚のような買い方も可能です。

イーサリアムを購入する場合も1000円あればOK。気軽に購入することができます。

仮想通貨といえばビットコインをイメージされる方も多いでしょう。しかし、メタバースが注目されるに連れてイーサリアムの評価も高まっています。

「トップの仮想通貨はビットコインからイーサリアムベースの通貨に置き換わるだろう」と語る有識者も現れています。(参照:コインテレグラフジャパン

そうなると、イーサリアムの価格は今後さらに値上がりすると予想されます。持っておくだけでも大きな価値を持つようになるかもしれません。

もちろん、イーサリアムは常に価格が変動しており、値段が上がる可能性もあれば下がる可能性や暴落するリスクもあります。購入するかどうかは自己責任でお願いします。

しかし、後になってちょっとしか買えないよりも、値上がりする前に買っておく。そうすることでメタバース世界を楽しみやすくなるのは間違いないでしょう。

・イーサリアムの買い方|LinePayにお金を入れるのと同じ感覚でした

仮想通貨を初めて購入するまでは若干の恐怖心もあったのですが、いざ買ってみるとそのカンタンさに驚きました。

LINE PAYを使うためにコンビニからお金を入れた経験がある方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨を購入するといっても、要は現金を仮想通貨に変えるだけのこと。現金をLINE PAYにするのと同じくらい簡単にできます。

イーサリアムを購入する方法は以下の3ステップです。

  1. 仮想通貨取引所のアカウント作成
  2. 口座へ入金
  3. アプリから金額入力して購入

それぞれ解説します。

 

1、仮想通貨取引所のアカウント作成

仮想通貨取引所には「CoinCheck」や「bitflyer」、「DMMビットコイン」など多数あります。

選ぶ上でもっとも重要なのは「セキュリティの強さ」です。

これまでに複数の仮想通貨取引所でハッキングが起き、数億ドルの被害が出ています。ニュースで聞いたことがある方も多いかもしれません。

ハッキングが起きると自分の預けていた資産が失われます。そうならないためにもセキュリティの強い仮想通貨取引所を利用しましょう。

日本でセキュリティの強い仮想通貨取引所としては「bitflyer(ビットフライヤー)」と「Coincheck(コインチェック)」がおすすめです。

 

【 bitflyer(ビットフライヤー) 】

Bitflyer

・データ通信や顧客情報データベースを暗号化(SSL化)しており盗聴や改ざんを防いでいる
・単純な文字列によるパスワードを禁止
・不正ログイン防止のためにSMSやデバイスによる2段階認証も可能
・マルチ・シグネチャ(複数鍵)によって、万が一1つの鍵が流出しても防げる
・投資家の資金をオフラインで管理。オンライン上のハッキングを受けにくい仕様(コールドウォレット)。

【Coincheck】

コインチェック

・データ通信を暗号化(SSL化)しており盗聴や改ざんを防いでいる
・不正ログイン防止のためにSMSやデバイスによる2段階認証を採用
・預かり資産はオフラインで管理(コールドウォレット)
・強固なパスワード設定の推奨
・IDセルフィを用いた対面確認に近い本人確認の実施

 

まずはどちらか1つを利用してみるといいでしょう。

中には万が一のリスクに備えて1つの口座ではなく複数の口座に分けて管理している方もいます。資金が増えてきたらいくつかの口座に分けてもいいかもしれません。

アカウントの作成は無料。アカウントを作る時点ではお金を入金する必要もありません。

合わせて10分くらいで口座開設の申請は完了しますので、まずはWEBサイトから会員登録ボタンをクリックしてみましょう。

届いたメールからアカウント登録用のページを開き、個人情報の入力と本人確認書類のアップロードをおこないます。

本人確認書類は免許証などをスマホで撮影し、データをアップロードすることで完了です。

 

>> 5分で完了!Coincheck(コインチェック)でアカウント作成

コインチェック

 

2、口座へ入金

審査が完了してアカウントが出来たら、仮想通貨を購入できるようになります。仮想通貨の購入の流れは以下の通りです。

銀行に入っているお金を仮想通貨取引所に移動(振込)

仮想通貨取引所にあるお金をイーサリアムなどの仮想通貨に交換

そのため、まずは仮想通貨取引所に日本円を移す必要があります。

アカウントが出来たら「この口座にお金を入れてください」というお知らせと口座番号の通知が来ますので、その口座に振込をおこないます。

振込したら、早ければ10分くらいで仮想通貨取引所の日本円残高が振り込んだ金額で表示されます。

 

3、アプリから金額入力して購入

仮想通貨取引所への日本円振込が完了したら、自分のアカウントを確認してみましょう。WEBサイトやスマホアプリ上で確認することができます。

この状態になると仮想通貨の購入が可能になっています。

イーサリアムやビットコインなどいろんな銘柄があるので、好きな銘柄をいくら分購入するかを決めて入力します。

これでイーサリアムの購入は完了です。

イーサリアムを購入すると、その後は様々な使い道があります。

  • そのまま仮想通貨取引所でイーサリアムを保有・売買をする
  • OpenseaなどのNFTマーケットでアイテムを購入する
  • Defiなど金融サービスに預けて運用する

NFTの購入やDefiでの運用には他のリスクも発生するのできちんとリサーチする必要はあります。ですが、仮想通貨取引所の口座開設だけならLINE PAYを使うのと同じくらいカンタンです。

興味のある方は少額から始めてみてはいかがでしょうか。

 

bitFlyer
>>  アプリでかんたんに仮想通貨が買えるビットフライヤー

 

【映像でメタバースの世界をイメージできたら実際に体験してみよう】

【映像でメタバースの世界をイメージできたら実際に体験してみよう】

メタバースの世界をイメージできる映画・ドラマ・アニメを紹介してきました。作風は違うもののそれぞれ共通する点もあり、理解が深まるのではないかと思います。

メタバースの世界をイメージできたら、実際に体験してみるのがおすすめです。

メタバース世界へのパスポート的存在であるイーサリアムを購入してみるのも良いし、手っ取り早くメタバース世界を体験するならゲームで遊んでみるのも手です。

フォートナイト」はPS4、Nintendo Switch、Androidスマホ、Windowsパソコンがあれば無料でソフトをダウンロードできます。

Nintendo Switchをお持ちの方なら「あつまれどうぶつの森」も人気なのでおすすめです。また、iPhoneなどのスマホでは「一緒に遊ぼう」というソフトがメタバースっぽくて面白いです。

メタバースの世界を一刻も早く体験したい方は、こうしたゲームから始めてみるのも良いのではないでしょうか?

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【関連記事】

>> 楽しい!大人が勉強するのにおすすめのテーマ6選|効率的な勉強法と習慣化する方法を解説

>>【動画あり】猫が出てくるおすすめ映画6選|猫大好き人間は全部観るよね?

>>【教えて】キャリア相談ができるおすすめサービス6選|カウンセリングでやりたい仕事がわかる!

 

プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

トレンドビジネススキル/仕事術
ライフワークカフェ