【7選】メタバースでお金を稼ぐ方法| 儲けるために知っておくべき知識と必要なスキル

【7選】メタバースでお金を稼ぐ方法| 儲けるために知っておくべき知識と必要なスキルメタバース・仮想通貨

今話題のメタバース。この新しいテクノロジーには個人が稼ぐチャンスが多く存在します。

この記事では「メタバースでお金を稼ぐ7つの方法」をお伝えします。

ITバブルやスマホアプリの個人開発、仮想通貨バブルなど、時流の波に乗って儲ける機会はこれまでに何度もありました。

そして今、新たなバブルが来ているのがメタバースを代表とする「WEB3.0」の分野。NFTやトークンエコノミーとの組み合わせで、メタバースで稼ぐチャンスが増えているのです。

メタバースは新しい分野なので、初心者でもすぐに優位性を持つことができます。ぜひこの記事をきっかけに稼ぐチャンスを手に入れてください。

 

 

 

【メタバースで稼いだ仮想通貨を日本円に換金するための準備】

早速メタバースでの稼ぎ方を紹介していきたいのですが、その前に注意点が1つあります。

メタバースで稼いだお金は基本的に仮想通貨で入ってきます。その稼いだ仮想通貨を日本円に換金するためには、国内の暗号資産取引所の口座が必須だということです。

すでに仮想通貨取引所の口座を開設されている方は問題ありませんが、まだ持っていない方の場合はいくらメタバースで稼いでも換金できないので意味がありません。

メタバースへの入り口として仮想通貨取引所の口座開設は済ませておきましょう。

下記のグラフは仮想通貨を保有している人へのアンケート結果で、「コインチェック」がもっとも人気の取引所となっています。(参照:お金の学校

仮想通貨取引所ランキング

しかもコインチェックでは現在、口座開設と入金だけで2500円分のビットコインがもらえるキャンペーンを実施中!

もしまだ暗号資産取引所の口座を開設していないなら、この機会に作っておくことをおすすめします。こちらの9分の動画を見ながら進めるとわかりやすくて良いと思います。

 

 

「CoinCheck(コインチェック)」で口座を開設する

※稼いだ仮想通貨を日本円に替えるためには
暗号資産取引所の口座が必須です

 

 

【メタバースでお金を稼ぐ7つの方法】

【メタバースでお金を稼ぐ7つの方法】

早速メタバースで稼ぐ方法を紹介します。2022年4月時点で7つの方法があります。

  1. メタバース内のワールドやゲームを作って稼ぐ
  2. デジタルアイテムなどのNFTを作って売る
  3. メタバースで仕事をする(アバター接客・スキル販売)
  4. スキルを学んでメタバース人材になる
  5. ゲームをプレイして稼ぐ(Play to Earn)
  6. メタバースやNFT銘柄に投資して稼ぐ
  7. 暗号資産を無料でゲットして換金する

概要と具体的な稼ぎ方をそれぞれ解説します。

 

1、メタバース内のワールドやゲームを作って稼ぐ

1つ目の方法は「メタバースクリエイターになること」です。

メタバースには様々なワールドや誰でも遊べるミニゲームがありますが、それらを作る側に回ることで稼ぐことが出来ます。

現在、人気メタバースプラットフォームである「Decentraland(ディセントラランド)」と「THE SandBox(サンドボックス)」には、「Maker」や「Builder」といったクリエイター向けのツールが用意されています。

こうしたソフトを使ってメタバースワールドを作ってみましょう。

  • ワールドの入場料
  • ゲームのプレイ料金
  • コンテストに応募して賞金

現時点ではこのような稼ぎ方があります。

DecentralandやTHE Sand Box以外にも、今後多くのメタバースプラットフォームが登場してくるでしょう。「元素騎士オンライン」でもビルダー機能が搭載されると発表されています。

今のうちからワールド作りに慣れておくことで、今後さらに稼げるチャンスがあるかもしれません。

 

2、デジタルアイテムなどのNFTを作って売る

メタバース内で使われるアイテムはNFTとして有料で取引することが出来ます。メタバースワールドで使えるアイテムを作って稼ぐというのも1つの手段になります。

3Dソフトを使ってアバターやモーション、装飾アイテムなどを作れば、NFTマーケットで販売することが出来ます。

また、NFTは「二次流通時にも手数料収入が得られる」というのも大きな特徴です。

二次流通とはかんたんに言えば「転売」のこと。最初に買った人が他の人に転売した際に、作者であるあなたにも売上の数%が入ってくるという仕組みです。ある意味「不労所得」とも言えますね。

メタバースで使えるデジタルアイテムは、各プラットフォームの「Maker」を使って作ることが出来ます。

例えばTHE SandBoxでは、作ったアイテムをその場で販売できるNFTマーケットプレイスも用意されているので、試しに触ってみても良いでしょう。

ZEPETOというメタバースではZEPETO Studioというクリエイター向けの創作プラットフォームが用意されています。

ZEPETO Studioではすでに5000万以上のアイテムが作られており、数千万円の収入を得た人も誕生しているのです。

これからの有名デザイナーはメタバース上で誕生するようになるかもしれませんね。

こうしたプラットフォームごとのツールを利用しても良いですが、1から作る場合には「Blender」という3D作成のフリーソフトもあります。

こうした3Dソフトを使って製作できるようになれば、「OPENSEA」などのNFTマーケットを使って作品を販売することが可能に。

Blenderで3D作品を作れるようになればメタバースのプラットフォームに依存せず稼いでいけます。より稼ぎの幅が広がると言えるでしょう。

 

3、メタバースでアルバイトをする(アバター接客)

クリエイターになるだけではなく、現実世界と同じようにメタバース内で働いて収入を得ることも可能になっています。

アバター接客はその1つの手段。メタバース内では企業の展示会が開催されることも増えています。

そうしたイベントに来た方に対して、企業や製品の説明をボイスチャットで行うことを「アバター接客」と言います。

アバター接客の仕事は「メタジョブ」というバーチャル空間専門の求人サイトで探すことが可能です。

応募して採用されたら、事前に説明会に参加して基本的な働き方の説明を受けます。当日、メタバースワールドに入り、来場者へ接客するという流れになります。

アバター接客の時給は2000円ほどが相場となっており、一般的な接客業よりも高いのが特徴。

こちらの動画では接客される様子が見れますので、興味がある方はご覧ください。

 

>> メタバース空間でアルバイト!?どんな仕事??ブラウザからできる 始め方 VIVE Wonderland VRChat

 

4、スキルを学んでメタバース人材になる

本格的にメタバース社会で稼いでいきたい方は、スキルをしっかり学んでメタバース人材になるのもおすすめです。

メタバースに可能性を感じて参入を図る企業は増えています。そうした企業で働くこともメタバースで稼ぐ手段の1つになります。

メタバース系の企業へ転職しようとする際、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか? 現時点で応募のある求人を確認すると、以下の3つのスキルが挙げられています。

「Unity」と「Unreal Engine」はゲーム製作ソフト。「Blender」は3D作成ソフトです。メタバース空間やアイテム、アバターはこうしたソフトを使って作られています。

「メタバース 求人」で検索したときに出てくる企業の多くが、こうしたソフトの経験が必要となっています。

経験のない方はオンラインスクール等で学んでスキルを身につけるのがおすすめです。

メタバースに参入したい企業が増えているけれど人材は少ない。つまり、人材の需要と供給が合っていないのです。

今メタバース系のスキルを身につけることで転職しやすくなるとも言えますし、希少な人材なので給与も上がる可能性があるでしょう。

メタバース系のスキルを学べるスクールには以下のようなところがあります。

長期的な視点でメタバースにコミットしていきたいと考えている方は、こうしたスクールで本格的なスキルを学んでみるのもアリではないでしょうか?

 

>>【必見】メタバース業界への転職に必要なスキルは何?未経験から習得できるおすすめスクール3選

 


 

5、ゲームをプレイして稼ぐ(Play to Earn)

働くことだけが稼ぎ方ではありません。最近はゲームで稼ぐ「Play to Earn」という稼ぎ方が出てきています。

ゲームで稼ぐといっても、大会に出場して優勝賞金をゲットといった稼ぎ方ではありません。

毎日ゲームをプレイするだけで暗号資産をゲットできたり、ゲーム内で手に入れたNFTアイテムをマーケットプレイスで販売することで稼ぐことが出来るのです。

こうしたメタバース内で稼げるゲームのことを「ブロックチェーンゲーム」や「NFTゲーム」と言います。

稼げるゲームについては以下の記事で紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください。日々新しいゲームが生まれているので、情報収集して早めに参加することも稼ぐコツです。

 

>>【おすすめ10選】 どのNFTゲームが仮想通貨を稼げる?人気のブロックチェーンゲームの始め方と稼ぎ方

 

ただし、NFTゲームの中には始めるために初期費用として数万円かかるものも多く、ある意味で投資の側面も強いです。

・元を取れるか?
・手に入れた報酬の価値が下がるリスクはないか?
・運営元は信用できるか?

こうしたリサーチを行い、自己責任で始めるようにしてください。

 

6、メタバースやNFT銘柄に投資して稼ぐ

メタバースに触らなくても稼ぐ方法があります。それが「メタバース関連銘柄に投資する」ということ。

ただし、投資はお金を失うリスクも孕んでいます。自分でしっかりリサーチをした上で行うようにしてください。

メタバース系への投資には、「株式投資」「暗号資産投資」「NFT投資」などさまざまな方法があります。

メタバースがこれからさらに流行るとなると、VRゴーグルの開発に携わる企業の株や各メタバースで使われるコインの価値も上がると予想されますよね。

例えば、VRゴーグルが流行することで売上や株価が上がるのは、開発元のMetaだけではありません。製品で使われる部品を提供する企業も売上アップが期待されます。メタバース分野が伸びることで株価も上がる企業はたくさんあるのです。

メタバース関連株としては以下のような企業が注目されています。

・任天堂
・SONY
・パナソニック
・スクウェアエニックス
・GREE
・エヌビディア
・ロブロックス
・マイクロソフト
・メタプラットフォームズ
・ユニティソフトウェア
・テンセント(EPIC GAMES含む)
・アップル
・クアルコム
・オートデスク

こうした企業をリサーチして投資して爆益を期待しても良いかもしれません。

メタバースやVR関係の株にまとめて投資したい方には「テーマ投資」がおすすめ。

Folio」なら「VR 仮想現実」というテーマが用意されているので、それに投資するだけで上記の他にもさまざまなメタバース企業へ投資することができます。

 

>>【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介

 

また、株よりもメタバースプロジェクトに直接的に投資したい方におすすめなのが「暗号資産」や「NFT」。これらについては、株よりもボラティリティ(価格変動幅)が大きいのが特徴です。

数年前にビットコインに投資をした人が億り人になったように、2022年はメタバース系コインへの投資で億り人になる人が急増すると言われています。

暗号資産への投資は、暗号資産取引所で口座を作って入金し、欲しいコインを購入するというステップになります。

.
詳しくは「失敗しない!仮想通貨取引所のおすすめ3選|初心者も安心して使えるサイトとコインの買い方」の記事でも解説しています。

各メタバースサービスに関係する暗号資産には以下のようなものがあります。

・Decetntraland:MANAコイン
・THE Sand Box:SANDコイン
・Enjin Craft:ENJコイン
・EVERDOME:DOMEコイン
・NetVRk:NETVRKコイン
・Realy Metaverse:REALコイン

2022年2月に暗号資産取引所へ初上場を果たした「EVERDOME」というメタバース関連コインがあります。

上場前から期待されていた銘柄でしたが、上場から数日で40倍に価値が上がりました。100万円分買った人は数日で4000万円まで資産を増やすことができたのです。

今後さらにメタバースの中でEVERDOMEが注目されれば、まだまだ価値は上がるかもしれません。

また、コインによっては持っているだけで運用して増やしたり、他のコインがもらえるような仕組みもあります。

ステーキングやローンチプールというものです。こうした仕組みのあるコインを見つけると、ただ保有しているだけよりも稼ぎやすくなるはずです。

暗号資産や株ではなく、NFTのアイテムやメタバース内の土地に投資するのも手段の1つです。

先ほど、NFTアイテムを作って稼ぐという方法をお伝えしましたが、「買って、値段が上がったところで売る」という方法で稼ぐこともできます。

 

 

こうした転売に向けて動いている人はすでに増えていて、その代表格が「メタバース内の土地NFT」です。The Sand BoxやDecentraland内の土地はNFTマーケットプレイスで取引が始まっており、転売で利益を得た人はすでに出ています。

資本主義社会においてはプレイヤーである「労働者」よりも、投資によって利益を得る「資本家」の方が稼げる構図ですよね。

新しいメタバース社会で稼ぐために今から投資を始めておくのも良いかもしれません。

 

 

>> 暗号資産取引所「Coincheck(コインチェック)」で口座を作る
※ 国内ダウンロード数NO,1だから初心者でも安心です

 

 

>> 「folio(フォリオ)」でメタバース関連株にまとめて投資する

※ テーマを選ぶだけだから専門知識がいりません

 

 

7、暗号資産やNFTを無料でゲットして換金する

メタバース関連の暗号資産やNFTを持つことで稼ぐことができるとお伝えしました。しかし、暗号資産によっては過去に大きく値下がりしたこともあり、買うのが怖いと思っているかもしれません。

そんな方は「暗号資産やNFTを無料で手に入れる」ところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

暗号資産やNFTをもらう方法には以下のようなものがあります。

  • エアドロップ
  • マイニング
  • Braveブラウザを使ってネットサーフィン
  • bitFlyerクレジットカードで買い物
  • ポイントサイト活用
  • 口座開設キャンペーン

エアドロップやマイニングは簡単な作業をするだけで暗号資産やNFTが配布されるというもの。なぜ無料でもらえるのかというと、そのプロジェクトに人を集めたいからです。

メタバースのサービスを始めても、誰も来なければ全く盛り上がらずにプロジェクトは終わってしまいますよね。そうならない為には多くの人に利用してもらうことが重要になります。

繁盛店になったらあとは話題が話題を呼んで人が集まります。ですが、その状態を作るまでが大変です。そのため、まずは無料でコインやNFTを配ることで賑わせ、応援してもらおうという目論見があるのでしょう。

エアドロップが行われるのは、まだ人が集まっていない初期段階に行われることがほとんどです。

なので、エアドロップやマイニングでもらえるコインやNFTの中にはその時点で価値がないものも多くあります。

その後に大きく値上がりするか、結局流行らずに持っている価値がないまま終わるか。それは誰もわかりません。

ですが、そもそも無料でもらえるならもらっておくに越したことはないですよね。「上がったらラッキー」くらいの気持ちでチャレンジしてみましょう。

エアドロップのもらい方やスマホでも出来るマイニングサービスなど具体的な方法は以下の記事でお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

 

>>【有益】仮想通貨を無料で入手する7つの方法|リスク0で配布コインをゲットして投資を始めよう

 

【メタバースで稼ぐために必要な今すぐやるべき2つのこと】

【メタバースで稼ぐために必要な今すぐやるべき2つのこと】

メタバースで稼ぐ方法を解説しましたが、メタバースで稼ぐには必要なものがあります。それが以下の2つです。

  • メタバースに触って慣れておくこと
  • 暗号資産取引所の口座開設

それぞれ解説します。

 

・メタバースに触る

メタバースに触るということは、メタバース内をリサーチして回るということです。

まだまだ情報が少ないメタバースなので、調べるよりも実際に触ることでビジネスのチャンスを見つけることが出来ます。

例えば、飲食店を始めようと思ったらどんなお店がどんな料理を出しているのかというリサーチをやりますよね。

同じように、メタバースやNFTで稼ぐためにはメタバース内のことを知る必要があります。

どんなワールドやアバターがいて、どんなことをしているのか。実際に体験してみることでわかってくるものがあるでしょう。

メタバースの稼ぎ方を知りたいと思っている方の中には、もしかすると一回もメタバース空間に行ったことがない方もいるかもしれません。

そんな方は一度何かしらのメタバースサービスを体験してみることが重要です。

どんなNFTアイテムを作ったら売れそうか?
どんな種類のサービスがあるか?
どのプロジェクトなら投資する価値があるのか?

こうしたことを肌感覚で知るためにも、まずはメタバースに触って慣れていきましょう。

25年ほど前に起こったITバブル。その波に乗れた人はWindows95が出たときにビジネスのチャンスを感じて触りまくった人たちです。

10年ほど前にはスマホアプリの個人開発で波に乗って稼いだという人も多くいました。彼らもスマホが出始めの頃から触っていたから稼げたのです。

このように、テクノロジーが一般に浸透する前から触っておくことで稼ぐチャンスは得られます。

まだメタバースやWEB3.0について知らない人や懐疑的な人が多い今だからこそ、積極的に触っておく意味があると言えるでしょう。

 

・暗号資産取引のやり方を知っておく

メタバースはブロックチェーンや暗号資産と強く結ぶついた技術です。

メタバースで稼いだお金は基本的に「暗号資産」で手に入ります。ということは、暗号資産を日本円に換金する方法がなければ一円も入ってこないということでもあります。

メタバースでお金を稼ぎ、日本円に換金するために必要なもの。それが以下の3つです。

これらは全て無料でできます。暗号資産取引所の口座を作るだけなら1円も入金する必要はありません。

暗号資産を投資目的で保有すると価格下落のリスクがありますが、暗号資産取引所の口座開設だけならノーリスクなのです。

今後メタバースで稼ぐためにも準備をして慣れておきましょう。

 

【メタバースの最新情報を収集して先行者になろう】

【メタバースで稼ぐために必要な今すぐやるべき2つのこと】

今のところメタバースで稼ぐ方法は上記の7つです。しかし、日々新しいプロジェクトが誕生し、稼ぐチャンスが生まれています。

新しい情報をいち早くキャッチアップして、稼ぐチャンスを逃さないことも重要になります。

そのためには情報収集が必要ですよね。しかし、一般的なニュースサイトではまだまだメタバースに関する情報は多くありません。

では、どのようなところでメタバース、NFT、暗号資産の情報を収集したら良いのでしょうか?

方法としては以下のようなものがあります。

  • メタバース系専門サイト
  • 専門家のTweet
  • YouTubeでの解説
  • Podcast番組

フォローしておくべきサイトや専門家については以下の記事で紹介しています。気になる方はチェックしてみてください。

 

>> 【最新】メタバースの情報収集に役立つ10サイトを紹介|フォローすべき専門家は誰?

 

【メタバースで稼ぐためにはリスクを知っておくことも重要】

メタバースで稼ぐためにはリスクを知っておくことも重要

メタバースで稼ぐ上では、知っておかなければならないリスクも存在します。

メタバースは暗号資産と密接に関わっているとお伝えしました。ということは、暗号資産の価格変動にも大きく影響を受けるということです。

メタバース内でアルバイトをして1ヶ月で1ETH(イーサリアム)を稼いだとします。その時点で1ETHの価格が50万円なら、1ヶ月の収入は50万円ですよね。

しかし、日本円に換金せずにその翌月に1ETHが5万円に下落してしまったら、先月働いて得た収入は5万円になってしまうのです。

暗号資産は価格変動の幅(ボラティリティ)が大きいため、上がる可能性もあれば下がる可能性もあるのです。

  • 保有している暗号資産の価値下落
  • 暗号資産のハッキング
  • 暗号資産ウォレットの秘密鍵の紛失
  • 送金先アドレスやチェーンの間違いによる送金ミス
  • 詐欺サイトによる資産の盗難
  • 個人情報の流出
  • 高額情報商材による詐欺
  • 運営元の持ち逃げやプロジェクトの破綻

このように様々なリスクが存在します。また、これらは実際に過去に起こったことでもあります。

「稼ぎたい!儲けたい!」という気持ちで頭がいっぱいになると、思わぬ罠にかかってしまうかもしれません。

どんなリスクが考えられるか?
このプロジェクト(仕事)は関わって大丈夫か?
暗号資産防衛の対策は十分か?

常にリスクを警戒し、自己判断で行動していきましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

>> 暗号資産取引所「コインチェック」で口座を作る
※ いま始めないと稼ぐチャンスを逃すかも?

 

 

【メタバース 関連記事】

【始め方】メタバースで出来る5つのこと&やり方をわかりやすく解説します

【始め方】メタバースで出来る5つのこと&やり方をわかりやすく解説します
メタバースに興味があるけれど、いまいち何ができるかわからない。そう思っていませんか? メタバースとは、バーチャル空間にてコミュニケーションやゲームを楽しんだり、ミーティングやイベントの開催ができ...

【活用法】企業がメタバースをビジネスに導入する7つの方法|導入支援サービスへの相談がおすすめ

【活用法】企業がメタバースをビジネスに導入する7つの方法|導入支援サービスへの相談がおすすめ
メタバースをビジネスに活用できるかどうか。企業の分かれ道が迫っています。 2021年後半にFacebook社がメタ社へ社名変更したことを契機に、にわかに注目の的となったメタバース。 ...

【話題】メタバースを体験できるサービスを紹介| VRゴーグルなしでも楽しめるメタバース空間はある?

【14選】メタバースをVRゴーグルなしで遊べるサービスはある? VRゴーグルを無料で体験できるサービスも紹介
メタバースと聞くとVRゴーグルを頭にかぶるイメージを持っている方もいるのではないでしょうか? ですが、実はVRゴーグルがなくても体験できるんです。 メタバースとは「インターネット上に3DCGで作...

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメを紹介|始め方も要チェックです

【8選】メタバースがわかる映画・ドラマ・アニメのおすすめ作品を紹介|始め方も要チェックです
「メタバース」が話題になっていますが、いまいちどのような世界になるのか理解しにくいという方も多いと思います。 この記事では、メタバースの世界をイメージできる映画・ドラマ・アニメを8つご紹介します...

【必見】メタバース業界への転職に必要なスキルは何?未経験から習得できるおすすめスクール3選

【必見】メタバース業界への転職に必要なスキルは何?未経験から習得できるおすすめスクール3選
今メタバースを始めとするWEB3.0業界はもっとも熱い業界です。次の時代を牽引する企業に転職してチャンスをつかみましょう。 この記事では、メタバース業界へ転職するために必要なスキルとその学び方を...

【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介

【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介
メタバースはテクノロジーの側面だけでなく投資対象としても注目を集めています。 この記事では、そんなメタバース分野に投資できる株式銘柄をご紹介します。有望な日本株や米国株に加え、中国企業(全世界株...

【始め方】NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者にもわかりやすく解説!

【始め方】NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者向けにわかりやすく解説!
「NFT(エヌエフティ)って何ですか〜? 食べれるんですか〜?」という方に向けて、この記事ではNFTの価値と実際の売買方法をお伝えします。 「NFTとは、Non fundib...

【要注目】Everdomeの始め方と仮想通貨DOMEの購入方法|期待値No,1のメタバースプラットフォーム

【要注目】Everdomeの始め方と仮想通貨DOMEの購入方法|期待値No,1のメタバースプラットフォーム
2022年に入り、にわかに注目の的となった「Everdome(エバードーム)」。この記事では、Everdomeの特徴と遊び方を解説します。 また、Everdomeを語る上で欠かせない仮想通貨「$...
プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

メタバース・仮想通貨副業好きなことを仕事にする方法
LIFE WORK CAFE