【解説】RTFKT(アーティファクト)の買い方|初心者でもわかるNFTアートの購入方法と活用法

【解説】RTFKT(アーティファクト)の買い方|初心者でもわかるNFTアートの購入方法と活用法メタバース・仮想通貨

NFT界隈で人気を集めているRTFKT(アーティファクト)。ドット絵や二次元のイラストが多い中で、クールな3Dデザインは非常に特徴的ですよね。

この記事ではRTFKT(アーティファクト)に興味を持っている方に向けてNFTマーケットプレイスでの買い方を解説します。

また、中には「NFTって買う価値あるの?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。記事の後半ではNFTを買った後の活用法をお伝えします。

買う価値があるかどうかを判断してもらう材料になればと思います。参考にしてみてください。

 

記事ではNFTの特徴を紹介しますが、これは決して投資を促すものではありません。投資判断は読者の皆様自身で行ってください。情報収集の1つの手段や一個人の見解を楽しむ目的として読み進めてもらえれば幸いです。

 

>>【始め方】NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者にもわかりやすく解説!

【始め方】NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者向けにわかりやすく解説!
「NFT(エヌエフティ)って何ですか〜? 食べれるんですか〜?」という方に向けて、この記事ではNFTの価値と実際の売買方法をお伝えします。 「NFTとは、Non fundib...

 

【デジタルファッションNFT「RTFKT(アーティファクト)」とは? 5つの特徴を紹介】

【デジタルファッションNFT「RTFKT(アーティファクト)」とは? 5つの特徴を紹介】

RTFKT(アーティファクト)とは、デジタル上のファッションアイテムの制作・販売を行うプロジェクトのことです。

購入方法の前に、RTFKT(アーティファクト)の特徴と人気の理由について5つのポイントから解説します。

 

>> RTFKT(アーティファクト)公式サイトはこちら

 

・RTFKTの特徴

RTFKT(アーティファクト)の特徴は以下の5つです。

  1. 2020年1月に誕生したデジタルファッション企業
  2. アバターに着用できるデジタルファッションやスニーカーなどを制作
  3. CGツールではなくゲーム開発エンジンで制作
  4. 7分で600足完売
  5. 2021年12月にNikeに買収された

それぞれ解説します。

 

1、2020年1月に誕生したデジタルファッション企業

1、2020年1月に誕生したデジタルファッション企業

デジタルファッション企業と言われても聞きなれないでしょうが、一言でいうとナイキのような「ブランド」です。

「RTFKT(アーティファクト)ってなに?」と聞かれたら、「あぁ、スニーカーが有名なブランドだよ」と伝えるのが一番わかりやすいでしょう。

デジタルファッションはここ数年でにわかに成長している産業。Z世代とミレニアル世代の6割は「オフラインよりオンラインの自分の見せ方の方が大事」と言っているのをご存知でしょうか?

そうしたニーズに応えるべく、アバターやそれに着用させるデジタルファッションアイテムを制作するスタートアップが増えているのです。

また、リアルなファッションブランドもデジタルファッションへの参入を続々と表明。グッチやヴィトン、BEAMSなどもアバター用ファッションアイテムの制作・販売を行うなど、市場規模が拡大しています。

RTFKT(アーティファクト)の誕生は2020年。3人の友人が集まってプロジェクトは始動しました。実はこの3人が只者ではなく、それぞれ以下のスキルや職歴を持った人物でした。

ベンワ・パゴット」:セレブ向けのスニーカー制作を行っていた
スティーブン・ヴァジリー」:3Dアセットや人気ゲームのスキンを担当していた
クリス・リー」:eスポーツ会社でマーケティングを担当していた

つまり、デジタルスニーカーブランドを作るのにこの上ないメンツが最初から集まっていたということなのです。

 

2、アバターに着用できるデジタルファッションやスニーカーなどを制作

RTFKT(アーティファクト)のもっとも有名な商品は「デジタルスニーカー」です。デジタルスニーカーはメタバース空間やゲーム内でアバターに着用させることができます。

また、RTFKT(アーティファクト)は現実の自分が履いているように見せることも可能。

Snapchatというアプリを使えば、スマホを通してではあるものの現実世界で履いているかのように見せることができます。撮影した写真をInstagramに載せるセレブも多くいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RTFKT Studios(@rtfktstudios)がシェアした投稿

デジタルだけではなくリアルの体験にもつなげることができるのはRTFKT(アーティファクト)NFTの大きな特徴です。

RTFKT(アーティファクト)はアーティストやゲームメーカーと定期的にコラボ商品も作っており、APEXやCryptoPunks、村上隆とのコラボをする中で注目を集めていきました。

デジタルスニーカー以外にも、ジャケットやデニム、部屋も開発を進めており、デジタル時代の急先鋒となっています。

 

>> RTFKがこれまでに発表したアイテムはコチラ

 

3、CGツールではなくゲーム開発エンジンで制作

NFTの多くはイラスト作成ソフトや3Dモデリングソフトで制作が行われますが、RTFKT(アーティファクト)はEpic Games社のゲーム開発エンジン「Unreal Engine」を使って製作されます。

Unreal Engineは美麗なグラフィックがウリのゲーム開発エンジンで、Play Station4の「Final Fantasy 7 Remake」や「Fortnite」といったソフト製作や映画の製作に活用されています。

「EVERDOME」を始めとするメタバースプラットフォームでもUnreal Engineが使用されており、注目を集めています。

Unreal Engineを使って開発されているということは、ゲームやメタバースでの活用が前提になっているということ。

多くのNFTが観賞用で終わる中、RTFKT(アーティファクト)は実際にゲームやメタバース空間で使えるのです。

また、ゲーム開発エンジンで動的な表現が可能になったことで、カラーやデザインを変化させたり、ジェット・ディスプレイ・電飾などを装着したデザインも生まれました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RTFKT Studios(@rtfktstudios)がシェアした投稿

再生ボタンを押したら動くのでぜひ見てみてください。現実ではあり得ないスニーカーですよね。そうした部分も「ただのスニーカー画像以上の価値」になっています。

 

4、オークション開始から7分で600足完売

2021年3月にRTFKT(アーティファクト)はバーチャルスニーカーのオークションを行いました。そのオークションではなんと7分で600足が完売。約3億3,200万円もの売上となりました。

これまでにRTFKT(アーティファクト)が販売したスニーカーは全て完売。今は2次流通(転売)が行われています。

そもそもスニーカーは現実世界においても転売市場での人気が高いことをご存知でしょうか?

履かずに保管するコレクターも多く、10年以上前のスニーカーが当時の数倍の値段で取引されることも多いジャンルなのです。

実際、創業者のベンワ・パゴットもスニーカーをコレクションするセレブが多いことに注目しており、「それなら現実のプロダクトがなくてもいいじゃん。デジタルでもコレクターの収集欲を刺激できるっしょ。」と考えたことがRTFKT(アーティファクト)のきっかけになったと言われます。

こうした「収集」と「転売」というスニーカーの用途はNFTの用途とも非常に似ている部分があり、相性が良いです。

そう考えると、スニーカーを中心にブランドを作ったRTFKT(アーティファクト)創業者は天才だと言えます。今後のNFTやメタバースの盛り上がりに合わせてさらに注目を集めるブランドになるでしょう。

 

5、2021年12月にNikeに買収された

NIKEが買収

2020年にスタートしたRTFKT(アーティファクト)は、NFTやファッション業界の垣根を超えて注目を集め、様々なアーティストとコラボし、大人気のブランドに成長しました。

そして2021年12月にスポーツファッションブランド「Nike」に買収されます。そのため、現在はNikeのプロジェクトの1つになっています。(参照:ナイキがバーチャルファッションの先鋒RTFKTを買収

2022年4月にはついにRTFKTとNIKEのコラボデジタルスニーカーが発売に。

RTFKT(アーティファクト)ナイキ

RTFKT(アーティファクト)ナイキ

NIKEロゴはやっぱりカッコいいですね。アイテムを装着することでスキンデザインを変更することも可能。デジタルの特徴を最大限生かしたプロジェクトになっています。

誕生から売却までたった2年弱でしたが、その間にも「アンドリーセンホロウィッツ」や「ギャラクシーデジタル」、「ラリーウォルシュ」や「レッジャー」などから950万ドルを超える投資を受けました。

買収したNikeを始め、世界中の投資家から注目されるファッションブランド。それがRTFKT(アーティファクト)なのです。

 

※NIKEとのコラボNFTスニーカーはこちらから(OPENSEAのページに飛びます)

RTFKT x Nike Dunk Genesis CRYPTOKICKS

RTFKT – MNLTH(ガチャ)

RTFKT SKIN VIAL: EVO X

 

・購入できる作品と価格

過去に発売されたRTFKT(アーティファクト)の商品は全て完売したとお伝えしました。現在は2次流通市場で購入することができます。

NFTマーケットプレイスの「OPENSEA」では多くのデジタルスニーカーが取引されています。以下がその一部と価格です。

購入できる作品と価格

さらに、OPNESEAでは現金で買うことはできませんので、現金をイーサリアムなどの仮想通貨に替えた上で購入することになります。

1ETH(イーサリアム)が30万円程度だとすると、2ETHのスニーカーは60万円。20ETHで出品されているものはなんと600万円です。

また、イーサリアムでの購入はガス代と呼ばれる手数料が必要。ガス代は時間によって変動します。簡単に言うと、利用者が多いときは高くなり少ないときは安くなるという仕組みです。大体2000円から15000円の間を推移するような相場になっています。

そのため、RTFKT(アーティファクト)を購入するには、「作品の価格+ガス代」分のイーサリアムを持っておく必要があります。

では、RTFKT(アーティファクト)を買うにはどのような手順で進めれば良いのでしょうか?次章で、初めてNFTを買う方に向けて1から解説していきます。

 

【RTFKT(アーティファクト)の買い方を解説|OPENSEAで購入可能】

【RTFKT(アーティファクト)の買い方を解説|OPENSEAで購入可能】

RTFKT(アーティファクト)はNFTマーケットプレイスの「OPENSEA」にてイーサリアムで購入することができます。

そのため、初めてNFTを買う場合には以下の手順が必要になります。

  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 仮想通貨取引所に日本円を入金して仮想通貨を買う
  3. 取引所から仮想通貨ウォレット「メタマスク」へ仮想通貨を移動する
  4. OpenSeaのアカウントを作る
  5. OpenSeaでRTFKT(アーティファクト)買う

RTFKT(アーティファクト)を買うためにはOpenseaのアカウントとイーサリアムが必要で、イーサリアムを買うためには仮想通貨取引所で口座を開設しなければいけないということです。

それぞれ解説します。

 

1、仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座を開設します。初めて仮想通貨を買う方には利用者が多く使いやすさもピカイチの「Coincheck(コインチェック)」がおすすめです。しかし、送金手数料がかかってしまいます。

RTFKT(アーティファクト)を買うためには、仮想通貨取引所から仮想通貨ウォレットに送金する必要があります。

NFTの購入など目的であれば送金手数料がかからない仮想通貨取引所がおすすめです。GMOコインなら送金手数料無料なので、ここではGMOコインでの口座開設方法をお伝えします。

ステップは以下の4つです。

1、GMOコイン公式サイトから「今すぐ口座開設」をクリック
2、プロフィールを入力
3、スマホで免許証などの身分証明書の写真を撮影してアップロード
4、口座開設通知が来たらマイページにログイン

口座開設は全てスマホで完結するのでとてもカンタンです。GMOコインでもCoincheckでも同じ手順で出来ます。

送金用にはGMOコインがおすすめですが、コインを買ったら値段が上がるまでずっと保有しておきたい方にはCoincheckbitFlyerなどで貸し暗号資産サービスを利用して運用するのもおすすめ。

多くの仮想通貨保有者は目的別で仮想通貨取引所を使い分けています。どの取引所も口座開設は無料でカンタンにできるので、色々と使って最適な取引所を見つけてみてください。

 

2、仮想通貨取引所に日本円を入金して仮想通貨を買う

仮想通貨取引所の口座開設ができたら仮想通貨を買っていきたいですが、その前に日本円を入金しなければなりません。

スマホやPCからカンタンにできる「クイック入金」または銀行ATMを使っての「振込」から選択します。

クイック入金は対応している銀行が限られていますので、お持ちの口座が対応していない場合はATMから振込を行いましょう。

入金ができたら、仮想通貨を購入できるようになります

RTFKT(アーティファクト)はOpenseaにてイーサリアムで購入が出来ます。ビットコインなどの他のコインでは買えませんので注意してください。

そのため、仮想通貨取引所ではイーサリアム(ETH)を選んで購入します。

イーサリアム(ETH)を選択し、購入金額を入力して「購入」を実行。これでRTFKT(アーティファクト)を買うための仮想通貨「イーサリアム(ETH)」を手に入れることができました。

 

3、取引所から仮想通貨ウォレット「メタマスク」へ仮想通貨を移動する

仮想通貨取引所でイーサリアムを購入できた状態というのは、「銀行に預金がある状態」です。現実世界でお金を使うためには、銀行からお金を下ろして財布に入れておきますよね。

同じように仮想通貨を使ってNFTを買うためにも、「仮想通貨ウォレット」というお財布に移す必要があります。

仮想通貨ウォレットは「メタマスク」というものがもっとも有名。こちらはアカウントを作るだけで無料でウォレットを作ることができ、Google Chromeの拡張機能やスマホアプリとして使えます。

では、仮想通貨取引所に持っているイーサリアムをメタマスクに移す方法をお伝えします。

  1. PCかスマホでメタマスクをインストール
    → PCの場合はChromeの拡張機能を追加。Google Chromeなどの対応ブラウザを使います。
  2. メタマスクのアカウントを作成
    → 「Get Started」をクリック
  3. 初めてなので「Create a wallet」を選択
  4. パスワードを設定して、シークレットフレーズをメモ
    → シークレットフレーズは絶対に紛失したり他人に教えないように厳重に保管してください
  5. シークレットフレーズを入力して完了

上記の手順でメタマスクのアカウントを作ったら、「自分のウォレットのアドレス」が発行されます。

メールアドレスのようなもので、このアドレスに仮想通貨を送信することでウォレットにお金を送ることができるというわけです。

自分のメタマスクウォレットアドレスに送金する方法は以下の4ステップです。

  1. メタマスクの拡張機能またはアプリを起動
  2. トップ画面の「Account1」にマウスを当てて、クリップボードにコピーをクリック
    → その際、「イーサリアムメインネット」になっているか確認しましょう
  3. 仮想通貨取引所のマイページから「送金」をクリックし、コピーしたアドレスを貼り付け
  4. 送金を実行
    → 実行後、ウォレットに反映されるまで10分ほどラグが生じます

さぁ、これでついにRTFKT(アーティファクト)を買う準備ができました。NFTマーケットプレイス「Opensea」に向かいましょう。

 

4、OpenSeaのアカウントを作る

OpenseaでNFTを買うためにはアカウントが必要です。初めての購入の場合は登録ばかりで疲れますよね。Openseaのアカウント作成が最後のステップです。こちらはすぐに完了します。

1、Opensea公式サイトにアクセス
2、メニューバーの「人型のアイコン」をクリックし「setting」をクリック
3、「メタマスク」を選択し、メタマスクの画面から「接続」と「署名」をクリック

これで完了です。OpenseaでRTFKT(アーティファクト)などのNFTを買う準備ができました。

 

5、OpenSeaでRTFKT(アーティファクト)買う

Openseaの検索窓で「RTFKT」と入力して検索します。スニーカーの絞りたい場合は「RTFKT Creators」や商品名で検索すると見つけやすいです。Openseaでは3つの買い方があります。

・Buy now(今すぐ買える)
・オークション(最高値で希望した人が買える)
・オファー(保有者が誰に譲るか決める)

買いたいと思っても買えないものもあるので、確実に手に入れるためには「Buy now」でフィルターをかけてみましょう。

欲しいアイテムが見つかったらクリックして詳細ページに行き、「Buy now」をクリックします。商品価格と手数料が表示されるので、OKでしたらそのまま購入を進めてください。

これでRTFKT(アーティファクト)の購入が完了です。

 

ちなみにRTFKTは初回販売価格(Mint価格)からすでに数倍の値段になっています。そのため、NFTを安く買うならNFTが販売される前のホワイトリスト(優先購入権)を獲得することがポイント

今後も注目のNFTや欲しいNFTが続々と登場してくるはずです。そのときにチャンスを逃さないために必要なもの。それは以下の3つです。

  • TwitterでNFT界隈の情報収集
  • 仮想通貨取引所の口座とイーサリアム
  • 仮想通貨ウォレット「メタマスク」

これらは必須になってくるので、まだ作っていない方は今のうちから用意しておきましょう。

 

 

人気の仮想通貨取引所「コインチェック」で口座を作る

  ※ 人気No.1の国内暗号資産取引所です。

 

 

【NFTの活用方法|買う価値ある? 買った後はどうする?】

【NFTの活用方法|買う価値ある? 買った後はどうする?】

RTFKT(アーティファクト)の買い方を解説してきましたが、そもそもNFTって買う価値あるのでしょうか?

数億円で取引されるCryptoPunksだって、見方によってはただのJpeg画像です。ネット上で右クリックすれば誰でもカンタンに自分のパソコンに画像を保存できますよね。

タダで保存できる画像にお金を出す意味はあるのか。デジタルデータであるNFTについては、その価値を疑問視する声がまだまだ根強くあります。

しかし、調べてみるとNFTの価値はしっかりあることがわかります。

特にRTFKT(アーティファクト)のような世界的に評価されているNFTの場合、購入することで得られる恩恵も大きいです。

NFTを買うことで得られる価値は以下の8つがあります。

  1. ブランド商品を保有している感覚を楽しむ
  2. インターネット上のアイコンとして活用する
  3. メタバースプラットフォームやゲーム内で活用
  4. コミュニティに入って著名人や運営者とつながる
  5. 現実のアイテムと交換する権利がもらえる
  6. 不動産のように担保にしてDeFiでお金を借りられる
  7. 売却する
  8. 中には持っているだけで他のNFTがもらえるものも

ただのネット上の画像ではなく、現実のアイテムに引き換えられたり、担保代わりにしてお金を借りたり大きめの契約ができたりというメリットもあるのです。

NFTの全てが値上がりするわけではありませんが、注目を集めるNFTは購入価格の何十倍から何百倍に高騰することも。

株式や仮想通貨などの投資の一環としてNFTに注目してみることで、大きな利益を得られるかもしれません。

とは言え、結局価値を感じられるかどうかは人それぞれです。しかし、あなたがここで紹介するNFTの価値に共感できるのであれば買う意味は十分にあるでしょう。

私は「RTFKTってなに?このスニーカーカッコ良すぎるんだけど!」って一目惚れしました。投資とかコミュニティとかどうでもよくて、単純に「このNFTが欲しい!」って思って買いたくなってもいいんです。

 

【RTFKT(アーティファクト)以外にも注目!話題のNFTコレクションを紹介】

【RTFKT(アーティファクト)以外にも注目!話題のNFTコレクションを紹介】

RTFKT(アーティファクト)について紹介してきましたが、NFT界隈には他にも注目のプロジェクトが多数あります。

RTFKT(アーティファクト)以外にもかっこいいNFTがたくさん。詳しくは「NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者にもわかりやすく解説!」の記事で紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

 

【NFTを始めるなら今がベストです】

NFTを始めるなら今がベストです

この記事ではNFTアートを中心にご紹介しましたが、NFTはアート分野だけの話ではありません。

デジタル上のコンテンツはそのすべてがNFT化できるのです。それによって大きく変化するであろう業界はいくつもあります。

  • メタバース
  • 音楽
  • 文章
  • 写真
  • WEB3サービスのトークン(企業でいう株のようなもの)

これまではコピペされて終わりだったものがNFT化することで収益化できる。これはクリエイターやアーティストにとっては非常に画期的な仕組みです。

つまり、多くのヒトや業界がNFTに参入してくるということ。多くのファンを抱える彼らがNFTに参入すれば、急速にNFTが一般化するでしょう。

今はまだ黎明期ですが、多くの業界がこの機を逃すまいと動いています。今後数ヶ月から数年でNFT業界は急速に変化します。

新しい業界には先行者利益が発生するもの。NFTを買うなら、今まだ参入者が少ない今がベストなタイミングです。

来月より今月、来週より今週、明日より今日。これからの常識となるNFT業界に今日から飛び込んでみましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

NFTを買うための仮想通貨を「コインチェック」で購入する

 

 

 

【NFT メタバース関連記事】

【解説】メタバース系の仮想通貨はこの銘柄がおすすめ|イーサリアムの買い方と投資方法

【おすすめ10選】 どのNFTゲームが仮想通貨を稼げる?人気のブロックチェーンゲームの始め方と稼ぎ方

【始め方】メタバースで出来る5つのこと&やり方をわかりやすく解説します

【最新】メタバースの情報収集に役立つ10サイトを紹介|フォローすべき専門家は誰?

【7選】メタバースでお金を稼ぐ方法| 儲けるために知っておくべき知識と必要なスキル

【有益】仮想通貨を無料で入手する7つの方法|リスク0で配布コインをゲットして投資を始めよう

【期待大】メタバース投資の人気銘柄20選|いま購入したい株・ETFと証券会社での買い方を紹介

【始め方】NFTってなんですか? 価値と人気コレクションを初心者にもわかりやすく解説!

【話題】AZUKI(あずき)NFTの特徴とOpenseaで買う方法|なぜ人気? NFT投資の始め方を解説

【祝世界一】新星ギャルバースNFTの特徴とOpenseaでの買い方|なぜ人気? NFT投資の始め方を解説

【歩いて稼げる】Move To Earnアプリのおすすめ12選|STEPN以外にも筋トレやダンスで仮想通貨を稼げる

 

※記事内の画像はRTFKT(アーティファクト)インスタグラムより参照

プロフィール
執筆者
NiSH

NiSHです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

メタバース・仮想通貨
LIFE WORK CAFE