プログラミングを学んだ後ってどうしたらいいの?|スキル習得後の活用法

プログラミングを学んだ後ってどうしたらいいの?|スキル習得後の活用法プログラミング
スポンサーリンク

 

今年はプログラミングが熱いって聞いて勉強し始めたけど、勉強した後って実際どうしたらいいの?

 

昨今プログラミングを学ぶ人は非常に増えています。その中には、「とりあえず副業で数万円稼げるらしいから始めてみた」という人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、初心者が副業で出来る仕事はランディングページの作成などの初歩的な仕事に限定されます。さらにそこも、初心者上がりの競合がひしめき合うレッドオーシャンとなってしまいました。

 

正直、これからプログラミングを学んで副業で稼ぎたいと思っている方は、少し出遅れた感が否めません。

 

では、今プログラミングを学んでいる人は学んだプログラミングスキルをどのように活用したら良いのでしょうか?

 

この記事では、「プログラミングを勉強している人が学習後に見据える姿」として3つのパターンをお伝えします。これらを目標に取り組めば、結局学んだけど稼げなかったということにはなりません。

 

ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

プログラミングスキル習得後の3つの活用法

プログラミングスキル習得後の3つの活用法

 

プログラミングを学ぶ人が目指すべき道は、

・就職、転職
・クラウドソーシングや営業をして副業、起業
・自分でサービスを作ってリリース→広告を貼ったり買収で収益化

の3つです。

 

以下、詳しく解説していきます。

 

 

IT系企業に就職、転職する

 

プログラミングを学んだらIT系の会社で働くことをおすすめします。

 

今後ますますプログラミングスキルは世の中に必要とされるスキルです。そして、そのスキルを活用できるのも伸ばせるのもIT系の企業だけです。

 

もし、いま全く違う業種で働いているとしたら、プログラミングを学んでも日常業務では全く活用できない人も多いと思います。以前の私もそうでした。結局使えないスキルを身につけてもどうしようもないのです。

 

大事なのはニーズのある場所でスキルを出すことです。IT業界ではプログラマーの不足が深刻な問題となっています。とは言え、HTMLやCSSなどの初歩的な言語しかできない人ではなく、優秀なプログラマーが不足しているのです。

 

業界に求められる優秀なプログラマーになるためには、スクールや独学だけでは足りません。企業に就職して実戦で磨いていく必要があります。

 

これからプログラミングを学んでスキルにし、それを武器に人生を切り開いていきたい方は、就職を視野に入れて勉強することをおすすめします。

 

企業によって採用時に求められるプログラミング言語やスキルは異なります。まずはGEEK JOBのようなプログラマー向けの学習・就職支援サイトでどのような案件があるのか様子見してみてはいかがでしょうか?

 

いずれフリーランスを目指すにしろ、実務経験があることは確実に有利に働きます。

 



 

クラウドソーシングや営業をして副業、起業

 

プログラミングを学んだ後のステップとして2つ目にあげるのが、クラウドソーシングを使った副業とその後の起業です。

 

プログラミングを学んだ後に副業として取り組む方のほとんどは「クラウドソーシング」を使って案件を探します。そしてホームページの制作など自分にもできそうな案件に応募して仕事をしていきます。

 

そこで経験と実績を積めば、そのままクラウドワーカーとして副業をやっていくことも出来ますが、自らホームページ制作会社を立ち上げることも出来ます。

 

ウェブデザインのスキルと営業スキルを持っていれば、個人で企業を相手に仕事を獲得することも可能です。

 

初めは自分で営業して、取ってきた案件を自分でこなすことになると思います。ですが、慣れてくれば実際の制作はクラウドソーシングを使って代行してもらい、営業に専念するという働き方も出来ます。

 

企業のホームページだけでなく商品のランディングページや小さな個人店のホームページ制作まで、やろうと思えば様々な仕事が提案できます。

 

多くの方は転職か副業しか考えていません。少し視座を高く持って、起業を目標に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

自分でサービスを作ってリリース→広告を貼ったり買収で収益化

 

プログラミングでできることはウェブサイト制作だけではありません。自分の欲しい機能を持ったアプリやサービスも作れるようになります。

 

そうした制作物によって収入を得ることも可能です。

 

アプリを例にすると、アプリ自体を有料で販売もできますし、広告をつけてアドセンス収入などを得ることも出来ます。場合によっては、企業から買収の話が持ちかけられるかもしれません。

 

個人がプログラミングして制作したアプリケーションに対して企業から買収の話が来ることは世界的にも頻繁に見かけられる話です。

 

数百万や数千万で大手企業に買収されるアプリを作ってみるのも夢がありますよね。

 

 

 

プログラマーは今後さらに求められる職業|今のうちからスキルを磨こう

プログラマーは今後さらに求められる職業|今のうちからスキルを磨こう

 

以上がプログラミングを学んだ後にできること3選でした。

 

プログラミングスキルは今後さらに求められるスキルです。ですが、スクールで学んだり独学しただけでは求められる人材にはなれません。学習の先に目標を見つけ、そこに向かってスキルを高めていきましょう。

 

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

【無料&独学】プログラミングで稼げるようになるために僕が選んだ勉強法

【無料&独学】プログラミングで稼げるようになるために僕が選んだ勉強法  >>

 

 

文系ITスキルなしの僕でもプログラミングの勉強を始めたわけ【プログラミング初心者日記 1 】

【プログラミングを学んで意味あるの? これからの時代に必須と言われる理由】>>

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
プログラミング 副業
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました