キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

Webマーケターに必要なスキルセットは?Web担当者の仕事内容とキャリアアップ方法

Webマーケターに必要なスキルセットは?Web担当者の仕事内容とキャリアアップ方法
Webマーケターとしてやっていくにはどんなスキルを学ぶ必要がある?実際の仕事内容と合わせて知りたい!

そんな方に向けて、この記事ではWebマーケティング歴5年の私が、Web担当者に必要なスキルセットを解説します。

基礎知識だけでなく、最新ノウハウの入手方法もお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です

【徹底解説】Webマーケティングって面白い? Webマーケターとは魅力とやりがいの多い仕事です
この記事では、Webマーケターという仕事の面白さや魅力、具体的な仕事内容を紹介します。

【転職に強い】WEBマーケティングスクールおすすめ7選|未経験向けに口コミと動画で比較

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

【Webマーケター(Web担当者)になったらどんな仕事をする?】

Web担当者の仕事の全体像と成果を上げるために必要な勉強

Web担当者とは「Webを使った集客・販売を強化する担当者」のことを指します。では、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

 

・Web担当者の仕事内容

Web担当者の主な仕事内容には、以下の7つがあります。

1、Webマーケティング戦略の策定

今の時代に欠かせないWebからの集客を強化するために戦略を考えます。

  • 自社の商品・サービスに魅力を感じるのはどのようなユーザーか?
  • どのような方法でユーザーにアプローチするか?
  • 自社の商品・サービスと親和性の高いユーザーが多く利用している媒体はどれか?
  • ユーザーに興味を持ってもらうためにどのような施策が有効か?

こうした戦略を考えることから始まります。

2、ウェブサイトの管理と更新

Web担当者は企業のWebサイトやSNSを日々管理し、最新情報を掲載します。新しいコンテンツの追加や既存コンテンツの更新、画像や動画のアップロードなどが含まれます。

3、コンテンツ作成と外部リソースの活用

コンテンツの質はWeb成功の鍵を握ります。コンテンツとは、メディアにおける記事や画像、SNSの投稿内容や広告のバナー画像などのこと。

コンテンツは自社で制作するだけでなく、専門業者やフリーランスに依頼して作成してもらったりといった方法を取ることもあります。

これらの管理もWeb担当者の仕事になります。

4、コンテンツSEO対策(検索エンジン最適化)

コンテンツSEOは、自社メディアに記事を投稿していき、Web検索で上位表示を目指す施策を指します。

Webマーケティングにおいて、Web広告と両翼を成すほど重要な施策です。

見込み客が検索するキーワードで、あなたの会社の記事が上位に表示されれば、記事からあなたの会社を知るユーザーは増え、売り上げアップに繋がりますよね。

どのような悩みを抱えていて、どのような記事を作ればユーザーのニーズは満たされるか?

こうしたことを考え、メディア全体の構成や記事のテーマを作り、実際に記事を作成していくという流れになります。

5、Web広告運用

Google広告やFacebook広告などのオンライン広告プラットフォームを使用して、ネット上に広告を出稿します。

即日からユーザーの画面に表示されるので、最短で効果が出る方法として欠かせない方法になっています。

どのような興味関心を持ったユーザーに広告を届けるかといった「キーワード選定」やABテストによる広告の最適化を検証していきます。

6、Web集客の分析と改善施策立案

Web上での施策では、結果が数値として明確に現れます。分析ツールを活用すれば、Webサイトの訪問者数や滞在時間、検索順位のチェックなどを日々確認することができるのです。

そのため、施策のテストや効果検証が容易に。数値を確認し、それに基づいて改善策を立案し、効果を向上させていきます。

7、SNS(ソーシャルメディア)運用

SNSを使って企業の認知拡大や販促を担うのもWeb担当者です。

ソーシャルメディアのアカウント作成から投稿管理、SNS向けのキャンペーンの策定など、Webメディアや広告とは異なるSNSならではの運用ノウハウが必要になります。

こうした仕事を通して会社のWebサイトを改良し、ネット集客やオンラインでの販売をアップさせることが仕事です。

 

・Web担当者の仕事の流れと日課

Web担当者の仕事は多岐にわたりますが、典型的な仕事の流れと日課は次のようになります。

1、分析ツールを使用して効果を測定

アナリティクスツールを使用して前日のトラフィックデータを分析し、WebサイトやSNSでのPV数やCV数の管理を行います。

PV数とはサイトを訪れたユーザーの数で、CV数はコンバージョン数の略でサイトから購入した人のこと。

これらを確認し、施策の効果測定や報告資料の作成を行います。

2、コンテンツ更新

新しいコンテンツの制作や既存コンテンツの更新が行われます。質の高い記事の作成、既存記事の見直しと改善を行い、SEOに強いサイトを作っていきます。必要に応じて外注を使ったコンテンツ作成も行います。

3、ソーシャルメディア管理

SNSのアカウントをチェックし、スケジュールに合わせてコンテンツを投稿します。ユーザーからのコメントや質問に迅速に対応することも仕事です。

4、プロジェクト戦略の立案&管理

WebサイトやSNS運用に関連するプロジェクト(新機能の追加、デザイン変更など)の進捗状況を確認し、必要な行動を指示します。

5、問題発生時の対応

Webサイトに問題が発生した場合は迅速に対処します。例として、オンラインでの顧客対応やセキュリティ面での問題解決などが挙げられます。

6、Web担当者としてのスキルアップのための情報収集やセミナー参加

Web担当者は常に新しいデジタルマーケティングのトレンドやテクノロジーの変化に敏感でなければなりません。最新情報の収集や競合サイトの分析、セミナーなどの勉強会への参加も仕事の1つです。

 

>>【解説】Webマーケティングに必要なスキルセットとWebマーケターになるための勉強法

 

【Webマーケターに必要な11のスキルセットとは?】

【Webマーケタに必要な11のスキルセットとは?】

Web担当者には、幅広いスキルと知識が求められます。WebサイトやSNSでの集客を伸ばし、成果を上げるために必要なスキルとは何でしょうか?

ここでは、Web担当者に求められるスキルについて詳しくお伝えします。また、こうしたスキルの勉強方法については次章でお伝えします。

 

1、マーケティングの基礎知識

Webマーケティングを実践するには、まずマーケティングの基礎知識が必要不可欠です。

マーケティングとは「商品をいかにPRするか」というだけの仕事ではなく、消費者の悩みを探って最適な商品やサービスを設計するところから始まります。

Webマーケティングというと、広告出稿やSEO対策など具体的な施策に目が行きがちですが、そもそものマーケティングの目的や取り組み方のステップを理解しておかないと本質的な問題解決につながりません。

市場分析、顧客のニーズと行動の理解、競合他社の調査など、マーケティングの基本的な概念と手法を学ぶことが重要です。

また、効果的なWebマーケティング施策に考えるためには、フレームワークが役立ちます。フレームワークとは考え方の型のこと。

STP分析やSWOT分析、AISASやAIDCASなど様々なフレームワークがあり、これらを活用することで効果的な施策アイディアを発案しやすくなります。

マーケティングの現場ではこうした専門用語も飛び交いますので、意味を理解して活用できるようになりましょう。

 

2、Webサイトのデザイン&編集の基礎スキル(HTML, CSS, WordPressなど)

Web担当者にとって、Webサイトのデザインと編集スキルは不可欠です。

Webページの構造やスタイルを調整できる能力は、サイトの見た目とユーザーエクスペリエンスの向上に繋がります。

具体的には、HTMLやCSS、WordPressといったプログラミングスキル(マークアップ言語)などを学ぶことでWebデザインが可能になります。

サイト制作や修正は外部のWebデザイン会社に委託する企業も多いですが、Web担当者として基礎的な知識は理解しておく必要があります。

 

3、広告運用ツールの活用スキル(Google広告、Yahoo広告、SNS広告など)

Webサイトへの集客において、広告出稿はもっとも重要な施策の1つです。

Google広告やYahoo広告、SNS広告などの基本的な出稿方法について学びましょう。

ただし、広告を出稿するだけなら誰にでもすぐに出来ます。

  • ターゲットやキーワードの選定に関するノウハウ
  • 最適なクリエイティブを作るデザイン&コピーライティングスキル

Web担当者には、広告の効果を最大化するためにこれらのスキルが求められます。

 

4、分析ツールの活用スキル(Google Analytics、Search Console、Clarityなど)

Webマーケティングの世界では、施策を考えて実施したら終わりではありません。データを分析し、改善施策を考えて実行する。そのサイクルを回しながら目標の達成に近づいていきます。

そのため、Web担当者はGoogle Analytics、Google Search Console、Microsoft Clarityなどの分析ツールを使ってトラフィックデータやユーザー行動をチェックし、改善施策を練る必要があります。

データを分析し、問題点や改善の余地を見つけ出し、仮説を立てて改善施策を実施できるスキルを身につけましょう。

 

5、SNSアカウント作成&運用スキル

SNSはユーザーへの認知拡大やコミュニケーションに欠かせないツールになっています。

Web担当者は、X(旧Twitter)やInstagram、TikTokなど様々なソーシャルメディアプラットフォームに適切なコンテンツを作成し、エンゲージメントを高めるスキルが必要です。

 

6、仮説検証スキル

デジタルマーケティングは実験と改善の連続です。自社メディアの運営、SNS運用、広告出稿など、Web集客の全てにおいて仮説検証スキルが必要になります。

Web担当者は仮説を立て、異なる戦略をテストし、データに基づいて効果を測定するのが日課です。

最適な戦略を見つけ出して成果を最大化するために、仮説検証スキルを磨きましょう。

 

7、競合分析スキル

Webマーケティングでは自社のデータだけでなく、他のメディアについてもある程度のデータ収集と分析が可能です。

競合他社の動向を確認・分析することは、競争優位性を築くために重要です。

Web担当者には、競合他社の成功要因や戦略を把握して自社の戦略に活かす、分析能力が求められます。

 

8、施策立案&プロジェクト実施管理スキル

企業のWebマーケティングの成功には、計画的な施策が必要です。

Web担当者は戦略的な施策を立案し、プロジェクトを管理するスキルを持つ必要があります。

マーケティング全般に関わる知識を学び、ビジネスを成功に導く戦略策定スキルを身につけましょう。

 

9、クリエイティブ作成スキル(Photoshop, Illustrator)

ユーザーの興味を喚起してコンバージョンの高いコンテンツを制作するためには、魅力的なクリエイティブを作るスキルも必要です。

Webサイトで使われる画像やバナー広告、InstagramなどのSNS投稿には画像やイラストを使ったクリエイティブが欠かせません。

Web担当者はPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを学び、クリエイティブ制作スキルを高めましょう。

 

10、行動心理学&コピーライティングのノウハウ

行動心理学とコピーライティングの知識もWeb担当者に求められるスキルの一つです。

行動心理学を理解することで、ユーザーの購買行動を予測し、Webサイトのデザインやコンテンツを最適化できるようになります。

・バンドワゴン効果
・リフレーミング効果
・アンカリング効果
・カクテルパーティ効果

このように人を動かす様々な心理効果が存在します。

行動心理学を学び、顧客の欲求やニーズに合わせた魅力的な訴求分を作成できるようになりましょう。

 

11、レポート作成のためのExcelやPowerPointスキル

Webマーケターにとって、施策の成果をクライアントに報告することも大切な仕事です。

ExcelやPowerPointなどのツールを使いこなして、データを整理し、分かりやすいグラフやチャートを作成できるようになりましょう。

レポートによって成果を可視化することで、上司やクライアントに対して効果的なコミュニケーションを行えます。

 

ここまでWebマーケターになるために必要なスキルセットを解説してきましたが、これらはあくまで現時点のもの。

Webマーケティングで効果的な施策は時代と共に変化します。例えば5年前はFacebookを使うことが効果的でしたが、今はInstagramやTikTokに変わっていますよね。

そうした最新トレンドを追いかけることもWebマーケターには必要な勉強です。

 

【Webマーケティング初心者がスキルアップする方法】

【Webマーケター初心者はどうやって勉強したらスキルアップできる?】

Web担当者に必要な知識やスキルを磨くためには、以下のような勉強が必要になります。

  1. おすすめの本で学ぶ
  2. 動画サイトでマーケティング学ぶ
  3. オンラインスクールで学ぶ
  4. 専門家や専門サイトで情報収集をする
  5. ポッドキャストで関連番組をフォロー
  6. マーケティングトレースで鍛える
  7. 資格取得の勉強をする
  8. 自分で事業やメディアを運営する
  9. コーチングで自分に最適な学習計画やスキルアップ方法を知る
  10. 競合のコンテンツをリサーチする

こうした勉強法については「初心者向けWebマーケティング独学法」の記事で解説していますので、併せてチェックしてみてください。

 

【Web担当者としてのキャリアの魅力】

【Web担当者としてのキャリアの魅力】

Web担当者としてのキャリアは、多くの人にとって魅力的な選択肢だと感じています。最後にWeb担当者としてのキャリアが持つ魅力について3つの側面からお伝えします。

 

・市場価値の高い汎用的なマーケティングスキルが磨ける

Web担当者への任命は、市場価値の高いマーケティングスキルを磨く絶好の機会です。

なぜなら、Webの活用は現代のビジネスにおいて不可欠なものであり、Webマーケティングの強化はどの企業にとっても重要な課題となっているからです。

Web担当を通して得られるスキルは汎用的で、さまざまな業界や職種で活かすことができます。幅広いキャリアの選択肢を得られるでしょう。

 

・優秀なビジネスパーソンに必須の「仮説検証能力」が磨ける

Web担当者には仮説を立てて効果を検証する機会が非常に多くあります。データに基づいた仮説検証は、あらゆるビジネスにおいて役立つスキルです。

最近はデータサイエンティストの講座にも注目が集まっていることからも、有用なスキルであることがわかりますよね。

  • データ分析スキル
  • A/Bテストスキル
  • 仮説の設定と効果検証
  • 改善施策立案

これらのスキルはあらゆるビジネスにおいて共通して価値の高いスキルであり、優秀なビジネスパーソンが備えている能力です。

Web担当者としての経験を通じて、仮説検証を行いながらビジネスパーソンとして上位に駆け上がることが可能になるでしょう。

 

・副業でも稼ぎやすい(ブログ運営やSNS運用代行など)

Web担当者としてのスキルは、副業やフリーランスの活動にも直接役立ちます。

たとえば、ブログ運営やSNS運用代行などの仕事は、Web担当者の知識と経験がフルに活かせる分野です。

実際、Web担当者として学んだ知見を生かして、ブログアフィリエイトで本業以上に稼ぐ人やフリーランスのSNS運用代行として独立する人もゴロゴロいます。

Web担当者としてのキャリアは、個人で稼ぐためのビジネススキルにつながるため、副業を考えている人にとっても魅力的。

Web担当者としてWeb集客のノウハウを学んだら、自分でブログやECサイトを立ち上げてみることもおすすめします。

副業と本業を組み合わせることで、収入を増やす機会を手に入れることができます。

 

【Web担当者としてのスキルアップにはチャレンジと成功体験が必要】

Webマーケターとしてのスキルアップにはチャレンジと成功体験が必要

Web担当者に必要な勉強法を解説してきましたが、もっとも重要なことは「勉強したことを積極的に活用して成功体験を得ること」です。

成功体験だけでなく、失敗体験でも良いです。とにかく、チャレンジして効果が出るかどうかを見ていく。その中で確度の高い施策を蓄積していくことができます。

知識を積み重ねることではなく、実体験としての成功体験を得ることを心がけてインプットに励みましょう。

独学に自信がない方はスクールやコーチングの活用がおすすめです。特にコーチングは自分のレベル感に最適な勉強法やキャリアアップのサポートを得られます。

Webマーケターとして自分を成長させていきたい方はぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【厳選】転職支援が評判のWebマーケティングスクール 未経験の社会人でもマーケター就職や副業が可能

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

【厳選】SNS運用代行を学べるスクールおすすめ3選 インスタで稼ぐノウハウと副業の始め方を学べる

https://abc-by.com/sns-operation-agency-course/

 

【パートナーメディア】

バーチャルオフィス1|費用を抑えて独立・企業が可能

リアルなオフィスがなくても、法人登記のための住所や郵便物の転送など、ビジネスを運営していくのに必要な機能が利用できるバーチャルオフィスです。