飽き性、長続きしない性格は良くない?|人生は短いからいろんなことをしていい。

長続きしない、飽き性 画像Life|より良い生き方
長続きしない、飽き性 画像
スポンサーリンク

 

こんにちは、にしむーです。

 

夫婦でカフェを経営しながら、手作りの腕時計作りを始めたり、好きな本を集めた本屋をスタートしたりとやりたいことをどんどん形にする生き方をしています。

 

今はブログを書くことやWEBデザインを学んでサイトを作ったりWEBサービスを作りたいと思い勉強中です。あと、和菓子つくりやドライフラワーのアレンジメントなんかもやりたい。

 

そう書くと「多彩で器用」だと言ってもらえますが、全くそんなことはなくて、ただただ飽き性なだけなんです。

 

昔から一つのことにのめり込むことが苦手で集中力もなく、何事も長続きしない性格だったので、「こんな自分はダメなのかなぁ?」と考えていました。

 

ですが、ある本の中で出会った言葉により、長続きしない性格を誇らしくすら思えたんです。それからはやりたいことをやりながら、次に興味を持ったことがあればすぐにそっちに移るという行動を繰り返しています。

 

この記事では、長続きしない人や飽き性な人が自己否定せずに済む考え方をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

【『長続きしない』は、裏を返せば、『新しいことに挑戦』しているということ】

 

まずは長続きしない性格というのがなぜ悪く言われるのか考えてみます。

 

どの分野においてもその道の一流と呼ばれる人は、一つのことに人生の大半と言ってもいいぐらいの時間を費やしています。プロフェッショナルと呼ばれる人たちは、時間をかけて身に着けた技術や知識や経験を持っている人たちばかりですよね。

 

一説には、その道のプロになるためには10000時間かかるとも言われています。それくらいの長い時間を一つのことに費やさないとプロにはなれないということです。

 

日本人は特に「専門家」や「職人」といった肩書きに弱く、また、一つのことを貫く一点突破という生き方に美学を感じやすい民族です。そのため、一つのことを長く続けることも同様に美化されやすいんです。

 

しかし、長続きしないというのは悪いことではありません。裏を返せばそれは、「新しいことに挑戦している」ということであり、さらに大きな時間軸で見れば、「いろんなことに挑戦してみるということを継続してやっている」ということです。

 

一度きりしかない人生で一つのことに注力するだけが最良の生き方でしょうか?いろんなことに興味を持って、興味が湧いたことにはなんでもチャレンジしてみる。そういう生き方の方が良いという人はどんどん増えてきています。

 

もちろん、「生涯かけてこれをやり通したい」という一つのものに出逢えることも幸せなことです。だけど、そうではない違和感を抱えているものに大切な時間をかけ続けることは、後悔の種になります。

 

人生をかけてやり通したいものと出逢うまでは、「いろんなことに挑戦するということ」を続けてやっていく。自分の内から生まれる興味に導かれて行動することは、決して悪いことではありません。

 

 

スポンサーリンク

【三日坊主でも四日目やれば、続けていることになる。】

 

三日坊主という、私たち飽き性を代表する言葉があります。笑

 

私にとってはランニングがそうで、「やらなければいけない」と思いながらも面倒くさいので「今日はこの前の筋肉痛がキテるからちょっと休ませよう」といった感じですぐ理由をつけてサボります。

 

そして、また筋肉痛が収まったら再開する。筋肉痛が来たら休むの繰り返し。そんなこんなで一か月のうちに走るのは5~10回ぐらいになっていました。全然走ってませんよね。笑

 

自分の中でもサボりすぎているのはわかっていて、「ランニングをしています!」みたいなことは口が裂けてもいえないと思っていました。

 

ですが、友人と話しているときに「大学卒業してからずっと運動続けててすごいな」と言われたんです。

 

毎日じゃないのに。月に5回とかなのに。

 

それで気付きました。「毎日やらなくても、たまーにやるを繰り返してたら何年か後にはずっと続けているものになるんだ」ということに。

 

なのでみなさんも、やめるつもりじゃなかったのに三日坊主になって続けられなかったことがあれば、今日ちょっとだけやってみてください。そしてそれを気が向いたときにだけでも続けていけば、「長続きしなかったもの」ではなくなります。

 

興味を持ったいろんなことに挑戦していれば、やることが多くなりすぎてすべてのことを継続してやることはできません。それを「しなくなった」ではなく、たまにすることで「続けているもの」にすることが出来ます。

 

その考え方でいけば、「長続きしなかったもの」はなくなります。

 

 

【長続きを気にしてないで、興味のあることにどんどん飛び込もう。】

 

長続きはさせることが出来るし、高い視座で見たら「興味のあることに飛び込む」という長続きが出来ていることにも気付けましたか?

 

多くの人は興味があってもなんだかんだ言い訳をしてすぐに飛び込めないものです。そういう人たちにとっては、興味があることにどんどん挑戦できるみなさんは羨ましくもあり、また妬ましく思う時もあるんです。

 

だから「長続きしない人」「飽き性でダメ」というレッテルを貼って、すぐに動けない自分を守ってる。世の中には他人を否定することで自分が傷つかないように守る人間もいるので、もし非難されても聞く耳持たずでオッケーです。

 

私にとってもみなさんにとっても、一度きりの人生です。好きなことをどんどんやり続ける人生にして、自由に楽しく生きていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク


 

【関連記事】

 

好きなことは飽きてはいけない? 飽きる理由と好きなことで生きる方法

【好きなことは飽きてはいけない? 飽きる理由と好きなことで生きる方法】>>

 

 





雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
Life|より良い生き方
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました