この記事にはPRが含まれます。

【解決】案件が決まらないフリーランス向け対処法 初心者でも案件獲得に成功する方法とコツ

【解決】案件が決まらないフリーランス向け対処法 初心者でも案件獲得に成功する方法とコツ

フリーランスは自由度が高い一方で、案件獲得の難しさに直面することもあります。

案件がなかなか決まらないと不安になりますよね。

この記事では、案件が決まらないで困っているフリーランスの方々に向けて、案件を獲得するための具体的な方法と戦略をお伝えします。

ぜひ参考にしてください。

 

フリーランスの仕事獲得に必須!登録すべきエージェントはこちら

【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

【フリーランスの案件が決まらない理由とそれぞれの対策法】

【フリーランスの案件が決まらない理由とそれぞれの対策法】

なかなか案件が決まらないフリーランスには、以下のような理由があります。

  • 競争率が高いジャンルで戦っている
  • スキルと実績が不足している
  • プロフィールの魅力不足(自分自身をマーケティング、独自の肩書きや専門性の追加)
  • 提案の質が低い
  • クライアントの条件にマッチしていない
  • あなたの特性に対してニーズがない
  • コネクションの構築不足
  • 様々なプラットフォームを活用できていない

それぞれ理由と対策方法を解説します。

 

・競争率が高いジャンルで戦っている

フリーランスとして成功するためには、選ぶジャンルも重要です。しかし、一部のジャンルは競争が激しく、新人にとっては強敵が多すぎることがあります。

例えば、Webデザインや動画編集など、多くの人が興味を持つ分野は競争率が高いです。そのような分野で案件を探している場合は、そもそもの難易度が高いことを理解しておきましょう。

対策として、自分の得意分野や専門性を見つけて特化することが効果的です。

ニッチな分野に特化することで専門性が増し、競争を避けつつ自分の価値を最大限に発揮できるクライアントを見つけることができるようになります。

 

・スキルと実績が不足している

ライバルが多い中で案件を獲得するためには、高いスキルと実績が不可欠です。

しかし、初心者のフリーランスは、スキルや実績が十分にないのが現状ですよね。

クライアントは信頼できる人に仕事をお願いしたいので、どうしても不利になります。

対策として、まずは自己研鑽を怠らず、スキルの向上に努めることが重要です。講座や専門書を活用してスキルアップを図り、実務経験を積みましょう。

また、最初は報酬の相場を参考にせず、無料や割引価格などでとにかく実績を積み上げることにフォーカスすることが、長期的な成功の鍵です。

 

・プロフィールの魅力不足

フリーランスとして成功するためには、自分自身のマーケティングを考えることも重要です。

プロフィールやポートフォリオには十分な魅力があるでしょうか?魅力不足が案件獲得できない原因になっているかもしれません。

自分自身をマーケティング視点で考え直し、強みや専門性をアピールしてクライアントの目を引くプロフィールにしましょう。

独自の肩書きや専門性を持つことで、クライアントはあなたの提供価値をより明確に理解できるでしょう。

また、過去の成功事例やクライアントからの評価をプロフィールに掲載することで、信頼性がアップします。

家族や知人にあなたのプロフィールを見てもらい、改善のアドバイスをもらうことも効果的です。

 

・提案の質が低い

案件を獲得するためには、スキルだけでなく提案の質も重要になります。

提案内容が魅力的でなかったり、クライアントのニーズに合わない内容だったりすると、案件獲得率は上がりません。

提案を行う際にはクライアントの要望・目的・課題を理解し、それに合わせた具体的な提案を行いましょう。

一般的なテンプレートではなく、自身のスキルや経験をアピールしつつ、個別のニーズに応じた提案を記載することが大切です。

 

・クライアントの条件にマッチしていない

案件を獲得するためには、あなたのスキルがクライアントの条件にマッチすることが必要です。

提案する際にはクライアントの要望と自身のスキルや経験が合っているか確認しましょう。

例えば、Webデザイナーを求めているクライアントは、Web制作ができれば誰でもいいわけではありません。

自社のジャンルにおけるホームページ制作経験を持ち、顧客獲得につながるWebデザインをしてくれる人を求めているのです。

そうした「表面的ではないクライアントの欲求」まで読み解いた上で提案を行なってみてください。

また、求められる条件に対して不足している部分は、スキルアップや経験を続けていくことも重要。

今の自分の力だけで戦おうとすると仕事の幅が広がらないので、常にスキルアップのための勉強を続けるようにしましょう。

 

・あなたの特性がニッチすぎてニーズがない

あなたのスキルがニッチすぎる場合、そもそものクライアントが見つかりにくい場合もあります。

専門性を打ち出して差別化することは重要ですが、それ以前にクライアントのニーズがなくなっては意味がありません。

こうした場合には、今とは異なるジャンルへの展開や、特性を生かした個別の提案方法を模索することが重要になってきます。

需要の高まるトレンドや市場変化にも敏感に対応し、自身の特性を柔軟に活かす工夫をすることも意識してみましょう。

また、ニッチすぎる場合、クラウドソーシングやエージェントで仕事を探すのではなく、自ら見込み客となるクライアントを見つけてアプローチすることも重要になります。

ニッチな分野ほど、クライアントにとっての有益さを理解してもらえれば、仕事獲得につながりやすいです。

 

・関係性の構築不足

フリーランスとして成功するためには、業界内での関係構築が重要です。コネクションを持つことで、案件情報や仕事のチャンスを得る確率が高まります。

そうした関係性を高めるためには、業界関連のイベントやセミナーに参加することがおすすめです。

クライアントの発見だけでなく、他のフリーランスや業界関係者と交流を深めることで、情報交換や協力関係の構築が可能になる効果もあります。

また、SNSでの情報発信やコミュニケーションを通して、オンライン上での関係性構築も行なっていきましょう。

 

・様々なプラットフォームを活用できていない

フリーランスとしての案件獲得には、様々なプラットフォームの活用が欠かせません。

クラウドソーシングやランサーズが有名ですが、実は他にもジャンルに特化したプラットフォームが数多く存在します。

特定のプラットフォームだけを使うことは、管理が楽というメリットもあります。しかし、案件の数や多様性が狭まり、安定的に稼げなくなるというデメリットも。

フリーランスとして仕事で困らない状態を作るためには、複数のプラットフォームを活用して自身をアピールすることが重要です。

フリーランス向けのマッチングサイトやエージェント、SNSなど、異なるチャンネルを駆使して自分をプロモーションすることで、幅広い案件の機会を得られるでしょう。

フリーランスが活用すべきエージェントについては「フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説」の記事で解説していますので、気になる方は合わせてご覧ください。

 

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

フリーランスの案件が決まらない理由は様々ですが、対策を講じることで案件獲得のチャンスを高めることができます。

  • 競争率の高いジャンルで差別化を図ること
  • スキルや実績を積み上げる努力を怠らないこと
  • 自分自身のマーケティングを強化し、クライアントとのマッチングを最適化すること
  • 関係構築や多様なプラットフォームの活用によって、幅広い案件の機会を掴むこと

成功するフリーランスになるために、これらの対策を実践してみましょう。

 

【駆け出しフリーランスのための契約の取り方&案件獲得のコツ】

【駆け出しフリーランスのための契約の取り方&案件獲得のコツ】

フリーランスが仕事を獲得する方法には以下のものがあります。

  • クラウドソーシングやマッチングサイトを活用して案件を探す
  • エージェントサービスを活用して案件を獲得
  • 案件紹介つきスクールで学んで仕事獲得
  • SNSの募集で他の人と違いを出して契約獲得する
  • 見込み客を見つけて営業する

こうした方法を活用して、駆け出しフリーランスが契約を勝ち取るためのコツを解説します。

 

・クラウドソーシングやマッチングサイトを活用して案件を探す

駆け出しのフリーランスが案件を探すための第一歩は、クラウドソーシングやマッチングサイトを活用することです。

これらのプラットフォームは、クライアントとフリーランスを結びつける架け橋となる場所です。多くの案件が集まるため、自分に合った仕事を見つけることができます。

クラウドソーシングで仕事を獲得するには、プロフィールやポートフォリオを充実させることが重要になります。

自分のスキルや専門性、過去の実績を魅力的にアピールすることで、クライアントからの信頼を得やすくなります。

また、案件の応募や提案文の書き方も慎重に行いましょう。定型文を使い回すのではなく、クライアントのニーズに合った提案を行い、その価値を的確に伝えることが大切です。

他の人からアドバイスをもらったり、言い回しや提案内容を試しながら、案件獲得しやすいパターンを探してみてください。

 

・エージェントサービスを活用して案件を獲得

フリーランス向けエージェントは、フリーランスとクライアントをマッチングさせる専門のサービスです。

エージェントサービスに登録することで、あなたに合った案件を紹介してもらうことができます。

エージェントサービスを利用する際のコツは、信頼性のあるサービスを選ぶことです。過去の実績や評判を確認し、自分のニーズに合ったエージェントを選びましょう。

また、自身のスキルや希望条件を正直に伝えることで、より適切な案件の提供を受けることができます。エージェントとのコミュニケーションを円滑にし、共に成果を追求する姿勢を大切にしましょう。

スキル別のおすすめエージェントは以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

>>【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

・案件紹介つきスクールで学んで仕事獲得

駆け出しフリーランスが案件獲得のために試みるべき一つの選択肢として、案件紹介つきのスクールや講座を受講することもおすすめです。

動画編集やWebデザイン、Webマーケティングを学べるスクールの多くは、副業やフリーランスとして稼げるようになることがゴールになっています。

そのため、業界の専門家から直接スキルを学べるのはもちろんのこと、実務に役立つノウハウや案件獲得のサポートまで受けることができるのです。

中には、卒業後の転職率92%以上や、100%の案件保証卒業生だけが利用できる案件マッチングサイトがあるスクールも。

スクールを活用する際のコツは、カリキュラムの内容と講師の経験を確認することです。実際の案件に即したスキルやノウハウを提供しているかどうかをチェックしましょう。

また、卒業生の成功事例を確認することで、そのスクールの実績や効果を評価できます。

スキルに自信がない初心者の方は、スクールを利用してスキルと案件獲得を目指すのも良いでしょう。

>>【厳選】人気の副業スクールおすすめ5選 初心者から稼げるスキルを学べる講座の特徴と口コミを紹介

【2024年最新】副業スクールおすすめ5選 学びながら稼げるオンライン講座を徹底比較
この記事では未経験から副業で稼げるようになりたい方に向けて、副業スキルが学べるおすすめのスクールを2024年最新版で紹介します。プログラミングや動画編集、Webライティングなど、副業で人気のスキルはオンラインスクールで学べます。記事の中では、自分に合った副業スキルの見つけ方も解説します。

 

・SNSの募集で他人と差をつける提案をして契約獲得するコツ

SNSは、自身のプロフィールをアピールするための貴重なツールです。同時に、SNS上ではしばしば仕事の募集がされることも。仕事探しのツールとしても利用できます。

しかし、駆け出しのフリーランスが契約を獲得するためには、他人と差をつける工夫が必要になります。

まずは、発信の質に注力しましょう。日常の出来事ではなく、自身の専門性やスキル、考え方を示すコンテンツを定期的に投稿し、ポートフォリオとして活用するのがおすすめ。

また、他人の投稿にコメントや引用を行うことでも、存在感をアピールできます。

さらに、プロフィールの充実や受注方法の記載など、仕事を依頼しやすい状態を作ることも重要です。

 

・営業できる見込み客を見つけるコツ

フリーランスとして契約を獲得するためには、営業活動も欠かせません。効果的な営業には見込み客を見つける能力が必須。

では、どのようにすれば見込み客を見つけられるでしょうか?

まず、ターゲットを明確に設定することが重要です。自身のスキルや専門性に合った業界やニーズを特定し、そこに関連するクライアントを探しましょう。

また、過去の実績や成功事例を公開して、クライアントが得られる価値を具体的に伝えることが重要です。見込み客が価値を理解しやすければ、契約獲得につながりやすくなります。

これらを意識した上で、担当者へメッセージを送ったり、提案書を作成したりといった方法でアプローチします。

正直、営業活動をして反応がもらえるのは、10%以下であることが一般的です。

そのため、1度送って反応がないからと諦めるのではなく、とにかく数を多く打つことが重要だと覚えておきましょう。

 

このように、駆け出しフリーランスが契約を獲得するためには、戦略的なアプローチが欠かせません。

  • クラウドソーシングやマッチングサイトの活用
  • エージェントサービスの利用
  • スクールでのスキル獲得と顧客獲得のサポート
  • SNSの有効活用
  • 地道な営業活動

こうした様々な方法を広く活用しましょう。

同時に、スキルや専門性を磨くことや、それを相手のニーズに合わせて適切に提案することが大切です。

このような戦略で望めば、駆け出しのフリーランスでも、契約を獲得して成功を収めることができるでしょう。

 

【スキルや実績が少ない初心者はどうすれば案件獲得できる?】

【スキルや実績が少ない初心者はどうすれば案件獲得できる?】

フリーランスが仕事を獲得する上で、スキルや実績は非常に重視されるポイントです。

しかし、初めて案件にチャレンジする場合や駆け出しのフリーランスだと、そもそも実績やスキルを証明することができません。それでは仕事が決まりませんよね。

そうした場合にはどうしたらいいのでしょうか?

  • 強みの構築とポートフォリオの充実
  • 実績がない人でも採用される提案方法とアピールのコツ
  • 初心者が最速で仕事獲得するには案件紹介つきスクールが最適

フリーランス初心者が仕事を獲得する際のポイントを解説します。

 

・強みの構築とポートフォリオの充実

スキルや実績が少ない初心者が案件を獲得するためには、まず自身の強みを明確にし、それを的確にアピールすることが重要です。

あなたの得意分野や特性を見つけ、それを強みとして活かす方法を考えましょう。

強みを構築するためのコツは、自己分析を行うことです。自分自身のスキルや興味、経験を振り返り、どの分野で他と差別化できるかを考えましょう。

自己分析が苦手な方は、キャリアカウンセラーに相談してサポートしてもらうこともおすすめ。カウンセラーからの質問に答えていく中で、自分の頭が整理できて自己分析が捗ります。

無料体験でも自己分析のサポートを受けられるので、気になる方は「キャリア相談のおすすめサービス5選 有料カウンセリングの無料体験で転職の悩みを相談しよう」の記事もチェックしてみてください。

あなたが提供できる独自の価値が明確になったら、ポートフォリオの充実に取り組みましょう。

スキルを証明する具体的な作品やプロジェクトをまとめ、クライアントに見せることで信頼性が高まります。

履歴書やExcelで作る味気ないポートフォリオではなく、自分のWebサイトを作ったり、ポートフォリオ作成ツールを利用したりといった方法が効果的です。他の候補者と差別化することができます。

 

・実績がない人でも採用される提案方法とアピールのコツ

効果的な提案方法とアピールのコツをマスターすることで、案件獲得のチャンスを広げることができます。

提案文を書く際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • プロジェクトの詳細や要望を把握し、クライアントの顕在ニーズと潜在ニーズを考える
  • クライアントの目指すゴールと自身の強みや特徴を結びつけ、メリットを与えられることをアピールする
  • 誤字脱字のない正確な文章や、分かりやすい表現になっているか確認する
  • 自身の熱意や意欲をアピールする

初心者の場合、実績がない分、クライアントはあなたの意欲や姿勢を重視することがあります。

提案文の中で、なぜそのプロジェクトに興味を持ち、どのように貢献したいと考えているかを具体的に表現しましょう。

 

・初心者が最速で仕事獲得するには案件紹介つきスクールが最適

スキルや実績が少ない初心者が最速で仕事を獲得する方法として、案件紹介つきのスクールを受講するのも1つの手です。

WebマーケティングスクールやWebデザインスクール、動画編集スクールなどでは、その道のプロによる指導やサポートを受けながら、実務スキルと初案件の獲得が可能になります。

案件紹介つきスクールを選ぶ際のポイントは、カリキュラム内容と講師の質を確認すること。

  • あなたが身につけたいスキルや知識がカリキュラムに含まれているか
  • 実際の案件で通用するスキルを学べるか
  • 講師の経験や実績が豊富か

こうしたポイントをホームページや無料相談会で確認しましょう。

初心者でも実践的なスキルを最短で身につけることができるだけでなく、案件も斡旋してもらえる。そう考えると受講する価値はあるのではないでしょうか。

スクール代の元を取って、作った実績でさらに稼げるようになっている卒業生も多いので、なかなか一人で稼げるようになれない方は一度話を聞いてみると良いでしょう。

 

【フリーランス初心者でも戦略次第で仕事を獲得することはできる】

【フリーランス初心者でも戦略次第で仕事を獲得することはできる】

スキルや実績が少ない初心者でも、案件獲得のための道は存在します。

まずは自身の強みを見つけ、それをアピールするためのポートフォリオを充実させましょう。

提案文を効果的に書くためには、クライアントのニーズを理解し、自身の意欲や姿勢を明確に伝えることが大切です。

また、一人でなかなか前に進めない方は案件紹介つきのスクールを受講することもおすすめ。実務に即したスキルを効果的に習得し、初心者でも最速で仕事を獲得する道が開けます。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

LIFE WORK CAFEではキャリア相談も承っております。詳しくはキャリア相談&副業支援サービスページをご覧ください。

 

【フリーランス 関連記事】

【必見】フリーランスの仕事の取り方10選 仕事獲得のやり方とコツを解説

【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【7選】フリーランスになりたい人にオススメの職種と必要なスキル 未経験から自由な働き方を手に入れる方法

【解説】未経験から最短でフリーランスになる方法 自分に合った仕事を見つけて稼ぐまでのステップ

フリーランスが上手に自分を売り込む方法|営業できない人必見のテクニックとコツを解説

【必須】フリーランスの時間管理のやり方 仕事の生産性を最大化する集中力アップ方法も紹介

【10選】フリーランスの差別化成功戦略 他と差がつく自分ブランド構築方法を解説

フリーランスはワークライフバランスを整えるのが難しい?充実した仕事と生活の両立に必要なコツ

フリーランスがモチベーションを維持するコツ やる気が出ない原因を知って対処しよう

・参照記事

フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン

フリーランスの実態と課題

フリーランス白書

・参考書籍

稼げるフリーランスの法則 | 日経BP日本経済新聞出版

人の倍稼ぐフリーランス46の心得 | 草思社