大金持ち&成功者になる具体的な方法はプログラミング|3つの理由と前例

大金持ち&成功者になる具体的な方法はプログラミング|3つの理由と前例ビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

 

一度きりの人生、できるなら大金持ちや成功者になりたいですよね。とは言え、会社で一生懸命に働いても大金持ちになれるわけではありません。成功者になるための地図を持たなければ、たどり着きたい場所には到着しません。

では、どうやったら大金持ちや成功者になることができるのでしょうか? 実はその答えはすでに明らかになっています。

 

この記事では、

・大金持ちの成功者になる方法
・そのためにはプログラミングスキルが必要

ということをお伝えします。

 

この記事を読むことで、これから何をしたら良いのかがはっきりとわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

【現代版 大金持ちになるための方法】

 

大金持ちの成功者になるためには、逆算して計画を立てる必要があります。

まず、大金持ちの成功者になる条件として、「ビジネスオーナー」か「投資家」にならなくてはいけません。

以下の表をご覧ください。

現代においてお金持ちになるためには、「ビジネスオーナー」または「投資家」になるのが条件です。これは有名なビジネス書「金持ち父さん貧乏父さん」のなかで紹介された概念です。

 

自分が働いて収入を得る「労働収入」ではなく、資産や他人に働いてもらう「権利収入」を得ることが重要です。

労働収入というのはいわゆる年収や時給といった考え方です。雇われて、与えられた仕事をこなすことで報酬を得ます。私たち一人一人の人間には、1日24時間という限界があります。なので、労働収入を得ている状態ではどれだけ頑張っても限界があるのです。

一方の権利収入は自分で働く必要がありません。従業員100人の事業を行えば、100人分の時間を使って事業を行うことができます。1日が24時間ではなく2400時間にもなるのです。投資家も同じ考え方です。株を所有する企業の従業員に働いてもらうことで、自分の資産を増やすという方法になります。

 

このように資産に働いてもらう仕組みを作ることで、自分一人が働いて得られるものの何十倍から何万倍も生産性が上がります。サラリーマンだけやっていては、到底及ばないですよね。

 

お金持ちになるためには、「ビジネスオーナー」または「資産家」になるのが最低限の条件なのです。

 

しかし、資産家になるためには運用するためのお金がなくてはいけません。10万円を運用するのと1億円を運用するのとでは、利益も大きく変わりますよね。ということは、お金のない状態で資産家になっても大金持ちにはなれません。そもそも資産家にすらなれないというのがリアルなところでしょう。

 

つまり、お金のない人がこれから大金持ちになるためには「ビジネスオーナー」になるしかないということです。

 

そして、大金持ちになるためにはもう1つ重要なカギがあります。それが「事業を作ったら売却すること」です。

作った事業は他の企業に売却することで売却益を得られます。いわゆるM&Aです。M&Aをすることによって経営者は何千万円から何億円といったまとまった金額を手にすることができるのです。それだけの元手が作れれば、大金持ちの条件である資産家になることができますよね。

 

まとめると、大金持ちになる方法は、

1、ビジネスオーナーになる
2、作った事業を売却する
3、売却益をもとに資産家になる

このルートが最強です。この流れは必須です、必ず覚えておいてください。

 

大金持ちになる流れはわかった。けど、それとプログラミングがどう関係あるの?
と思われるでしょう。

ビジネスオーナーになるには自分で事業を始める必要がありますよね。事業には様々なものがあります。数ある業種の中で何を選ぶか。選んだものによっても成功できるかどうかは変わってきます。

そして、現在ではウェブサービスやアプリを事業にすることが最も成功の確率が高いと言えます。ウェブサービスやアプリを作るためには、どんなものを作るかというアイディアも非常に重要にはなります。ですが、そのアイディアを形にするためのスキルがなければ絵に描いた餅で終わります。

 

アイディアを形にするスキル。それこそがプログラミングスキルなのです。そしてプログラミングスキルこそが、大金持ちの成功者になるために必要な武器になります。

 

スポンサーリンク

【大金持ち&成功者になる具体的な方法はプログラミング|3つの理由と前例】

 

なぜウェブサービスやアプリを作る事業が成功への道なのでしょうか?
その理由は3つあります。

・儲かるビジネスの4原則を押さえていること(+成長産業であること)
・大金持ちになる方法につながること
・前例があること

これらについて解説していきます。

 

・プログラミングは儲かるビジネスの4原則を押さえている

堀江貴文さんが提唱する「儲かるビジネスの4原則」をご存知でしょうか?

1.小資本で始められる。
2.在庫がない(あるいは少ない)
3.利益率が高い
4.毎月の定期収入が確保できる

 

この条件を満たしたものが、現代では儲かるビジネスになりやすいと言われています。私はここに「成長産業である」ということも付け加えたいと思います。上記の原則を満たしても、業界自体が斜陽産業であれば収益は右肩下がりになってしまうでしょう。

この「4原則+成長産業」に最も当てはまる業種が「ウェブサービス事業」です。

 

インターネットにつながるパソコンがあるだけで始められるので、始めるにあたってのお金がかかりません。
抱える在庫もありませんし、パソコン一台と自分だけなので経費も最低限で済みます。
また、サービスが出来上がって利用者が増えれば、課金や広告収入による収益化も可能です。

ウェブサービスは儲かるビジネスの4原則を全て満たしています。そして、ウェブサービス業界は完全に成長産業です。高速ネット回線の5Gが登場し、さらに人々の生活はネットに依存します。今後はいま以上に多様なニーズが生まれるでしょう。

 

・大金持ちになる方法につながること

現代社会で大金持ちになる唯一の方法は事業売却です。
ビジネスオーナーになるだけでは大金持ちになることはできません。事業を売却してこそ大金が手に入るのです。
これは中田敦彦のYoutube大学でも解説されていました。

会社経営の場合は儲けの全てが収入ではなく、毎月一定の役員報酬が収入になります。月商1億円の事業をしていても、経営者の月収は100万円程度という人もいます。そこから税金も引かれます。年商の大きな大企業を経営しても、収入は思っているほど多くないのです。

 

では、事業を売却するとどうなるのでしょうか? まず、売却することで経営者には多額の売却益が入ります。
売却益は事業の価値にもよりますが、月商の数十ヶ月分で売買されるようなこともあります。例えば月商1000万円程度のウェブサービスであれば、その売却益は数億円にもなり得るのです。

 

「ビジネスがうまくいって役員報酬を得られるなら十分ではないか」と思われる人もいるかと思います。しかし、事業が今後もずっと成長を続けられるかどうかはわかりません。
コロナウイルスが広がって大きく経済が停滞したように、どんな事情で事業がダメになるかはわからないのです。

事業を経営していくことは常にリスクとの戦いであるとも言えます。

 

しかし、売却できれば事業の今後について悩むことはなくなります。月商の何十ヶ月分という多額の売却益を得られれば、それをもとに新しい事業を行ったり資産運用することもできます。

産業競争力強化法が制定され、事業譲渡による税制が優遇されるようになったことも売却側にとっての利益を大きくしています。

 

IT業界では、こうした事業売買が非常に活発に行われてます。Youtubeも元々独立したサービスだったところをGoogleが買収しました。インスタグラムも同様にフェイスブックによって買収されています。

Youtubeがグーグルに買収されたのは2006年でした。Youtubeはその当時スタートアップしたばかりの企業だったにも関わらず、その買収金額は2000億円でした。

インスタグラムはと言うと、2012年にフェイスブック社によって買収されました。当時は社員がたったの13人で売上はほとんど0だったそうです。しかし、事業の価値が評価され、800億円ほどの売却益を手にしました。

 

このようにウェブサービスは可能性の非常に大きな業界なのです。1つのアイディアが大きな価値を持つことがあります。

アイディア次第でこれだけ大きな売却益を得られるのは、ウェブサービス業界以外にはないでしょう。

 

・実際にウェブサービス事業を売却した人たち

上記の2つは世界的にも大きな買収でしたが、日本国内でも事業の買収は頻繁に行われています。買収金額が明らかになっていないものも多いですが、1つの事業で数億円規模の収入を得ているはずです。

前澤友作:ZOZOTOWN 約2400億円
金靖征:女子向けキュレーションメディア「marble」 約12億5000万円
福山誠:異業種交流マッチング「ソーシャルランチ」1年4ヶ月 売却金額は不明
村田マリ:ソーシャルゲーム事業 2億円弱
iemo:9ヶ月
中川綾太郎:女性向けキュレーションプラットフォーム「MERY」2年2ヶ月

藤井裕二:イラストからグッズ製作「STARted」
一岡亮大:イラストレーターとクリエイターのマッチングサイト
原口悠哉:外国人向け情報サイト「Japan info」
望月佑紀:美容ヘルスケア業界の求人メディア
花房弘也:複数サイトの一括閲覧&購入アプリ「melo」
ハゲなどのコンプレックスメディア
赤星琢哉:読書の記録を可視化する読書メーター
山田進太郎:メルカリ創業前に映画生活というサイトを制作→ぴあに売却

 

ウェブサービスの場合はリリースから売却までの期間が1年以内のものもあります。これは「戦略がハマれば非常にスピーディーに大金持ちになれる」と言うことでもあります。

 

このように、「ウェブサービスを作って事業売却すること」は、現代におけるもっとも最短で大金持ちになる方法です。

成功者になりたい方、大金持ちを目指したい方は売却まで見据えたウェブサービスの開発を行いましょう。

 

 

【具体的にプログラミングで稼ぐ方法】

【具体的にプログラミングで稼ぐ方法】

 

具体的にウェブサービスを売却するまでの道のりは以下のような流れです。

1、ウェブサービスを作る
2、ウェブサービスを多くの人に使ってもらう
3、ウェブサービスを収益化(広告または課金)
4、ウェブサービスを大きくして売却(M&A)

 

このための第一歩がプログラミングを学ぶことです。アイディアも重要ですが、そもそものスキルがなければサービスを作ることができません。

プログラミングができると稼げるようになると言う話は多くの場所で聞かれます。確かに業界全体でプログラマーは不足していますので、手に職をつければ食いっぱぐれることはなくなるでしょう。

ですが、本当に稼げるようになりたければ自分で事業を作ることです。プログラミングができるようになれば、どのようなサービスでも自分で作ることができるようになります。

 

今からプログラミングで大金持ちになる方法は、

・プログラミングスキルを習得する
・ウェブサービスを考える

この2つを同時に行なっていくことです。

 

 

【プログラミングスキルの習得は現代における大金持ちへの最短ルート】

【まとめ:かなりベストな選択だけど用途によってはおすすめできない場合も】

 

今から頑張って練習しても年棒数億円の野球選手になることはできませんよね。しかし、プログラミングを学べば、今からでも大金持ちになることは可能です

ウェブサービスを個人で開発している人は大勢います。企業に買ってもらいやすいサービスを作れば個人で開発したものでも高額で買収してもらえるでしょう。

 

とは言え、まずはプログラミングスキルがないことには何を作ることもできません。全てはプログラミングスキルの習得から始まります。プログラミングを1から勉強する方法は、「【無料&独学】プログラミングで稼げるようになるために僕が選んだ勉強法」の記事でも解説しています。

ですが、正直なところ独学は非常にコスパが悪いです。

お金はかからないものの時間は非常にかかってしまいますし、途中で挫折してしまう人も多いのが現状です。途中で挫折してしまったら、そこまでかけた時間が全て無駄になってしまいます。

 

プログラミングスキルを学んで早くサービスを作れるようになりたいのであれば、やはりスクールで学ぶことが圧倒的に効率が良いです。今は無料で通えるスクールも出てきているので、そういったサービスをうまく使って最速で学ぶのがオススメです。

オススメのスクールについては「独学よりも圧倒的に効率的|無料で行けるプログラミングスクール3選」でご紹介していますので、よかったらこちらも参考にしてください。

 

プログラミングでウェブサービスを作れるようになれば人生は一変します。今は誰にでもそのチャンスを掴む可能性があります。それをつかめるかどうかは、今ここで行動できるか次第です。

ぜひ、ここで紹介した人たちのように、皆さんもウェブサービス作って事業譲渡し、売却益を手に入れましょう。

 

 

【関連記事】

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました