キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

インスタグラムの分析手法を徹底解説 運用代行サービス選びのポイントは?

インスタグラムの分析手法を徹底解説 運用代行サービス選びのポイントは?

この記事では、インスタグラムマーケティングに取り組むマーケター・広告運用担当者の方々に向けて、以下の内容を解説しています。

  • インスタグラムの分析が重要な理由
  • インサイト活用、フォロワー数、リーチ数、エンゲージメントなどの具体的な分析手法
  • ハッシュタグ、プロフィール、投稿コンテンツ、アクセス解析など競合他社の分析方法
  • インスタグラム運用代行サービスの選び方とポイント

インスタグラムを効果的に活用するには、適切な分析が欠かせません。本記事ではその重要性と分析手法、さらに専門の運用代行サービスの選定基準までをわかりやすく解説します。

インスタグラムでの集客やブランディングに課題を抱えている方、運用代行サービスの導入を検討されている方は、ぜひ最後までご一読ください。

【関連記事】SNS運用代行スクールおすすめ10選 SNSマーケティング&インスタ運用で稼げる講座

https://abc-by.com/sns-operation-agency-course/

【インスタグラムの分析が重要な理由】

インスタグラムは現在、世界で最も人気のあるSNSの一つです。企業がインスタグラムを効果的に活用するためには、定期的な分析が不可欠となります。

インスタグラムの分析を行うことで、自社アカウントの現状を把握し、施策の効果を測定し、競合他社との比較を行うことができます。

本章では、インスタグラムの分析が重要な理由について詳しく解説します。

・SNS運用代行サービスを検討する前にやるべきこと

SNS運用代行サービスを検討する前に、まずは自社のインスタグラムアカウントの現状分析を行う必要があります。

以下の指標を確認することをおすすめします。

【確認すべき指標】

  • フォロワー数の推移
  • リーチ数(投稿が届いたユーザー数)の増減
  • エンゲージメント率(いいね/コメント/保存された投稿の割合)
  • 人気の投稿コンテンツとそのリアクション
  • フォロワーの属性(年齢/地域/関心事など)

これらの基本的な指標を把握することで、自社アカウントの課題や強みが見えてきます。

また、競合他社とのベンチマークを行えば、自社の立ち位置も明確になるでしょう。

Instagramインサイトには無料で分析機能が備わっているため、手軽に分析を行えます。

さらにFacebook Creator Studioなどのツールを活用すれば、より詳細なデータ収集と分析が可能です。

・インサイト分析でわかること

インスタグラムの定期的な分析を行うことで、以下のようなことがわかります。

【インサイト分析でわかること】

  • フォロワーの属性やニーズ
  • ターゲットに合った投稿内容とタイミング
  • 人気のあるコンテンツの傾向
  • リーチ数やエンゲージメント率の増減要因
  • 競合他社の投稿動向
  • インスタグラムのトレンド(利用者の興味/関心事など)

これらの情報を基に、投稿内容の改善や投稿タイミングの最適化、ターゲット設定の見直しなどを行えば、リーチ数やエンゲージメント率の向上が期待できます。

・効果的な運用につながる

インスタグラムの分析結果を基に、より効果的な運用を行うことができるようになります。具体的には、以下のようなシーンで活用できるでしょう。

【分析結果の活用法】

  • KPIの設定と、達成に向けた施策の立案
  • ターゲットに合わせた投稿コンテンツのブラッシュアップ
  • 投稿タイミングの最適化(リーチが最も高くなる曜日・時間帯の特定)
  • ハッシュタグの最適化
  • フォロワーとのエンゲージメント向上施策の実行
  • 競合他社の対抗策の検討

定期的な分析とPDCAサイクルを回すことで、インスタグラムの効果的な運用が可能になります。

運用を最適化することにより、リーチ数、エンゲージメント率、フォロワー数の増加が期待でき、結果的にマーケティング施策の成果が向上するでしょう。

企業がインスタグラムを本格的に活用するためには、分析は欠かせません。分析を怠ると、ユーザーニーズに合わない投稿や、リソースの無駄遣いにつながる恐れがあります。

定期的な分析を行い、競合や業界の動向、自社の現状を的確に把握することが重要なのです。

【インスタグラムのデータ分析手法】

インスタグラムを効果的に運用するためには、適切なデータ分析が欠かせません。この章では、企業がインスタグラムの分析を行う上で活用できる主な手法について解説します。

・Instagramインサイトを活用する

インスタグラムが提供する公式の分析ツール「Instagramインサイト」は、自社アカウントのデータを無料で確認できる最も基本的な手段です。

Instagramインサイトでは以下の項目を確認できます。

  • コンテンツ別のインプレッション数・リーチ数・エンゲージメント率
  • フォロワーの属性(年齢/地域/最も活発な時間帯など)
  • フォロワーの獲得と流出の推移
  • ストーリーズのインプレッション数・エンゲージメント率
  • プロフィールビューの数

インサイトはInstagramアプリ内から無料で閲覧可能です。データはコンテンツごと、日次や週次などの期間設定も可能なため、様々な視点から分析を行えます。

一方で、インサイトにはデータのCSVでの一括ダウンロードなど、一部の機能制限もあります。

より高度な分析を行いたい場合は、Facebook Creator Studioなどの外部ツールとの連携が必要になります。

・フォロワー数の推移を追う

自社アカウントの健全性を判断する上で、フォロワー数の推移は重要な指標の一つです。

一定期間でのフォロワー増減数を定期的に確認することで、以下のようなことがわかります。

  • マーケティング施策の効果
  • フォロワーの獲得・流出の要因
  • フォロワーの関心の高い投稿コンテンツ
  • 他社との競合状況

フォロワー数は単に数値を見るだけでなく、増減の傾向から施策の改善点を発見できます。

例えば、新規フォロワーが増えているが既存フォロワーの流出も多ければ、コンテンツ改善が必要だと分かりますよね。

また、InstagramインサイトやFacebook Creator Studioでは、フォロワーの属性データも確認が可能です。

年齢層や居住地域、ジェンダーなどを把握することで、ターゲットの適切性を判断し、コンテンツのブラッシュアップにつなげられます。

・リーチ数やエンゲージメント率を確認

投稿コンテンツがどの程度ユーザーに届いているかを示す指標として、リーチ数とエンゲージメント率は欠かせません。

リーチ数は投稿が実際に届いたユーザー数を表します。広告出稿時の目標設定の目安となり、ユーザーへの拡散度を測る上で重要です。

一方でエンゲージメント率は、投稿に対するいいね、コメント、保存された投稿数の割合を示します。ユーザーの関心度を知る上で参考になる指標です。

これら2つの指標はInstagramインサイトやFacebook Creator Studioなどのツールで確認できます。

投稿コンテンツ別、期間別、ユーザー属性別など、細かい設定で絞り込んだ分析も可能。リーチ数やエンゲージメントが目標から外れている場合は、ターゲット設定の見直しや、コンテンツの改善が求められます。

逆に好調な指標が出ている投稿の分析を行えば、横展開したり今後の施策の方向性を決めたりといった活用が可能です。

・投稿コンテンツの反応を分析

インスタグラムでコンテンツマーケティングを行う上で、投稿コンテンツの反応分析は欠かせません。

どのようなコンテンツが人気があり、ユーザーの関心を集めているかを把握することが目的です。

具体的には以下の指標を分析します。

  • 写真・動画・リールの投稿別エンゲージメント率
  • キャプション内のハッシュタグの反応
  • 投稿のタイミング(曜日・時間帯)とエンゲージメントの関連性
  • ユーザー属性別の反応の違い

InstagramインサイトやCreator Studioでは、投稿ごとにこれらのデータを確認できます。さらにユーザー属性とクロス集計することで、的確なターゲティングが可能になります。

また、反応の良かった投稿を競合他社と比較すれば、自社のポジショニングや強みを発見することも可能です。

このように投稿コンテンツの反応分析を行うことで、人気コンテンツの特性を掴み、今後の投稿内容の方向性が定まります。

ターゲットユーザーのニーズに合ったコンテンツを継続的に提供できるようになり、リーチ数やエンゲージメント率の向上が期待できます。

企業がインスタグラムを本格的に活用するためには、定期的なデータ分析が不可欠。様々な分析手法を組み合わせ、自社の現状と課題を明確にしましょう。

【競合他社の分析とは?】

インスタグラムを効果的に活用するためには、自社アカウントの分析だけでなく、競合他社の状況を把握することも重要です。

競合分析を行うことで、自社の立ち位置を確認でき、施策の方向性を定めやすくなります。本記事では、競合他社の分析手法について詳しく解説します。

・ハッシュタグの分析

競合他社がどのようなハッシュタグを使用しているかを分析することは、マーケティング戦略を立てる上で有効な手段の一つです。ハッシュタグを適切に活用できれば、自社の投稿がユーザーに発見されやすくなり、エンゲージメントの向上が期待できます。

具体的な分析方法としては、主要な競合他社のInstagramアカウントから過去の投稿を収集し、頻出するハッシュタグを抽出します。その上で、それらのハッシュタグの意味や用途、関連するトレンドを調査・整理します。

さらに、Google等の検索エンジンやSNS分析ツールを活用すれば、各ハッシュタグの人気度や関心の高さ、クチコミ状況なども把握できます。これらのデータを参考に、自社の投稿に最適なハッシュタグを選定することができるのです。

・プロフィール分析

競合他社のInstagramプロフィールを分析することで、そのアカウントの特徴やマーケティング戦略を垣間見ることができます。

分析する主な項目は以下の通りです。

  • プロフィール画像・ユーザーネーム
  • アカウントの説明文
  • リンクしているウェブサイトのURL
  • フォロワー数・投稿数
  • ハイライトの有無と内容

これらのデータから、競合各社がどのようなブランドイメージを持ち、どんな層をターゲットとしているかを推測できます。

さらに、フォロワー数やエンゲージメント率の推移を合わせて分析すれば、マーケティング施策の成功具合も読み取れるでしょう。

自社と競合のプロフィールを比較することで、自社の立ち位置や強み、弱みを把握できます。

・投稿コンテンツ分析

競合他社の投稿コンテンツを分析し、人気の高いコンテンツ特性を見極めることは必須の作業です。特に、以下の点に着目して分析を行います。

  • 投稿の種類(写真/動画/リールなど)
  • コンテンツのテーマや切り口
  • テキストや画像のクリエイティブ
  • ハッシュタグの使い方
  • 投稿のタイミングや頻度

これらを競合各社で比較し、共通の傾向を見つけ出せば、ユーザーが求めるコンテンツの方向性が定まります。

また、自社の過去の投稿データとも照らし合わせることで、より精度の高い分析が可能になります。人気投稿の要因を探り当てやすくなるでしょう。

・アクセス分析

Webマーケティングの手法であるアクセス分析は、インスタグラムのマーケティングにも応用が利く手法です。

具体的には、競合他社のウェブサイトにGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを設置し、Instagramからの流入数やアクセス行動を追跡します。

このようにアクセス解析を行うことで、以下のようなインサイトを得ることができます。

  1. Instagramから流入しやすいページやコンテンツ
  2. Instagramユーザーの関心事項
  3. Instagramユーザーのウェブサイト内の行動パターン
  4. 購買につながるInstagramのコンテンツの特徴

これらの分析結果を基に、Instagramからの集客効率化や、コンバージョン促進のための施策立案ができます。

このように様々な分析手法を組み合わせることで、競合に勝るマーケティング戦略の構築が可能になるのです。

ここで述べた内容を参考に、自社だけでなく競合の状況も定期的に分析してみてください。

【SNS運用代行サービスの選び方】

インスタグラムを本格的に活用するには、自社で運用を行うよりも専門の運用代行サービスを活用する方が賢明です。

代行サービスを利用することで、効率的かつ効果的なSNSマーケティングが期待できるためです。本記事では、運用代行サービスを選ぶ際の着眼ポイントについて解説します。

1、インスタ運用代行の必要性

企業がインスタグラムの運用代行サービスを検討する最大の理由は、「時間の確保」と「専門知識の活用」にあります。

多くの企業では、マーケティング担当者が本業務に加えてSNS運用も担っているのが実情です。

しかし、効果的なSNS運用には多大な時間とノウハウが必要になります。

定期的な投稿作成、ユーザーとのコミュニケーション、分析と改善、新施策の立案と実行など、膨大な作業を自社で行うのは現実的ではありません。

一方、専門のSNS運用代行サービスを利用すれば、プロの知識・経験を活用できます。投稿のタイミングやクリエイティブ、ハッシュタグの選定、ターゲティングなど、様々な部分で最適な施策が期待できるでしょう。

さらに、トレンドの把握や競合分析、効果測定といった高度な業務にも対応できるため、成果を最大化しやすくなります。

2、分析ツールの使いやすさ

SNS運用代行サービスを選ぶ上で重視すべき点の一つが、分析ツールの有無です。

Instagram自体にも一定の分析機能はありますが、より詳細なデータ収集や高度な分析を行うには、外部の専門ツールが不可欠です。

分析ツールがあれば、効果測定の精度が上がり、次の戦略立案への活かしやすくなります。自社の現状やユーザーニーズを正確に把握できるようになるでしょう。

もちろん、分析ツールには月額の利用料がかかります。サービス会社によってはツール費用をプランに含んでいるところと、別料金の場合もあるため、事前に確認が必要です。

3、担当者の分析力

SNS運用代行サービスを選ぶ際の最重要ポイントが、その会社の分析力です。分析力が高ければ、効果的な運用が期待できますし、低ければ単なる投稿作業代行に終わりかねません。

分析力を評価する上では、以下の点を確認するとよいでしょう。

【データ収集・分析の体制】
  • 分析専任のスタッフがいるか
  • どのような分析ツールを利用しているか
  • データ分析の実績やノウハウがあるか
【分析項目とレポートのクオリティ】
  • 丁寧な数値分析と可視化がされているか
  • 単なるデータ羅列でなく、インサイトが記載されているか
  • 自社の課題と改善点が明確に示されているか
【対応力】
  • 定期的な分析レポートの提出があるか
  • 分析結果についてのミーティングやコンサルティングを受けられるか
  • 競合他社の分析なども対応可能か

代行サービスの分析力が高ければ、精度の高い施策立案とPDCAサイクルの構築ができ、確実に成果につながります。

事前に上記のポイントを確認し、分析力の高い会社を選ぶことが肝心です。

インスタグラムのマーケティングで成功を収めるためには、自社だけでなく、専門の運用代行サービスの力も活用する必要があります。

本記事でご紹介した選び方のポイントを参考に、ぜひ最適な代行サービスを検討してみてください。

【SNSマーケティング 関連記事】

SNS運用代行スクールおすすめ10選 SNSマーケティング&インスタ運用で稼げる講座

SNS広告運用のやり方を解説 メリットとデメリットやWeb広告との違いは?

SNS集客を成功させるコツ 手法とビジネスでの成功事例を解説

【なぜ?】SNSマーケティングスクールは意味がない? 独学とスクールの違いとメリットデメリットを解説

SNSマーケティングってどんな仕事内容? 副業でのクライアントワークの流れと月収の目安を解説

SNSマーケティングの勉強法12選 副業にするには何から始める?

【人気】SNSマーケティングの副業のメリットとデメリット 運用代行はどんな人に向いてる仕事?

【需要は?】SNS運用代行の将来性を徹底解説 副業のSNSマーケターは今からでも稼げる?

SNSマーケティングに向いている人の特徴は?運用代行に向いていない人との違いを解説