キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

Webマーケターで年収1000万円を実現する3つの方法【徹底解説】

【誤解】Webマーケティング会社の平均年収は低い? 年収1000万円を超える転職方法

将来性があって、場所や時間に縛られない自由な働き方ができるWebマーケター。

しかし、一方でWebマーケターという職業は年収が低いという噂も。

この記事ではこうした疑問にお答えします。

Webマーケティングと一口に言っても、仕事内容は会社によって結構違います。下請けのような企業に入ってしまうと、一般的な企業よりも平均年収が低くなってしまうので要注意です。

記事の後半ではWebマーケターとして年収1000万円を超えるための方法についてもお伝えします。

これからWebマーケティング業界への転職を考えている方の参考になれば幸いです。

 

>>【転職できる】Webマーケティングスクールおすすめ7選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

>>【徹底解説】マーケティングは何から勉強すべき?8つの初心者向け独学方法

https://abc-by.com/marketing-how-to-study/

 

【Webマーケティング会社の平均年収は低い?相場を解説】

【Webマーケティング会社の平均年収は低い?相場を解説】

Webマーケティング業界の年収が低いという話を聞きますが、そもそもWebマーケターにはいくつか種類があることをご存知でしょうか?

職種によって平均年収が変わり、一般企業よりも低い仕事もあれば年収1000万円越えの仕事もあります。
そのため、Webマーケター年収の差が大きい職種だと言えます。

では、どんな仕事があって、それぞれどのくらいの平均年収になっているのでしょうか?

 

・Webマーケターの仕事の種類

Webマーケターの働き方には以下のようなものがあります。

  • マーケティング会社に勤務
  • 一般企業でマーケティング担当者として勤務
  • コンサルタント会社に勤務
  • フリーランスWebマーケターとして独立

そして、業種にも様々なものがあり、例として以下のようなものがあります。

  • SEOコンサルタント
  • YouTubeコンサルタント
  • SNSマーケター
  • Web広告運用担当者
  • Webディレクター
  • コンサルタント

このようにWebマーケターの中にも働き方や仕事内容は様々なものがあり、それらによって年収も変わってくるのです。

 

・働き方や仕事内容によってWebマーケターの年収は違う

それぞれの働き方での年収の違いは以下のようになっています。

【Webマーケティング会社の一般社員】
SEOコンサルタント年収300〜500万円
YouTubeコンサルタント
SNSマーケター
Web広告運用担当者年収400〜500万円
Webディレクター(管理職)年収600〜800万円
【一般企業でマーケティング担当者として勤務(インハウスWeb担当者)】

年収400〜600万円

総合職と同等の給与になるのが一般的です。

 

【広告代理店やコンサルタント会社に勤務】

年収1000万円〜

Webを含めたマーケティング全般を担当するため幅広いマーケティングスキルが求められます。有名広告代理店とコンサルティング会社の平均年収は以下のようになっています。

【広告代理店】

1位:電通:約1,143万円
2位:博報堂DY HD:約1,021万円
3位:アサツーディ・ケイ:情報なし
4位:サイバーエージェント:情報なし
5位:バリューコマース:約590万円
6位:ゲンダイエージェンシー:約570万円
7位:クイック:約566万円
8位:プラップジャパン:約563万円
9位:共同ピーアール:約550万円
10位:セプテーニ・ホールディングス:約546万円

【コンサルタント会社】

外資系コンサルタント 600万円~2億円
経営コンサルタント  550万円~900万円
ITコンサルタント   450万円~900万円

Webマーケティングだけでなくマーケティングや経営に関する知見やノウハウが求められるため、平均年収も高めですね。

 

【フリーランスWebマーケターとして副業・独立】

年収400万〜1500万円

Webマーケティング業界では、フリーランスとして活動する人や独立して起業する人も多くいます。スキルや実績があれば独立することも可能だということです。また、独立する方が年収も上がる可能性があります。

Webマーケティングは企業のマーケティングを支援する仕事のイメージが強いと思いますが、同じ方法で
「自分の作った商品」を販売することもできますよね。

坂内学さんや國富竜也さんのようにSNSで影響力を持って自分の商品を宣伝し、年収数千万円を稼ぐことも夢ではないかもしれません。

 

【年収1000万のWebマーケターになる3つの方法|フリーランスや独立が鍵】

【年収1000万のWebマーケターになる3つの方法|フリーランスや独立が鍵】

Webマーケティング業界で1000万円以上の年収を稼ぐことは不可能ではありません。

上述したように、どの会社や業務を担当するかによって年収は変わります。初期段階では企業選びも1つの重要な要素になります。

しかし、Webマーケティングスキルがあれば企業に属さなくとも稼ぐことは可能です。そして、年収1000万円を超えるWebマーケターになるためには、会社の給料以外の部分で稼ぐことがポイントになります。

では、どうすれば年収1000万円以上のWebマーケターになることができるのでしょうか? その方法は以下の3つです。

  1. 一流のWebマーケティグスキルと実績を身につけて年収アップor転職(引き抜き)
  2. 副業で、他の企業のWebマーケティング支援や自分自身のメディア運営を行う
  3. Webマーケターとして独立して起業する

現在、年収1000万円以上を得ているWebマーケターの多くがこの3つのパターンのどれかに当てはまります。

Webマーケティング会社で磨いたスキルは、本業以外の場所でも稼げるスキル。以下のような副業方法があります。

1、メディア運営・アフィリエイト
2、SNS運営
3、企業のWebマーケティング代行およびコンサルタント
4、自社商品開発&販売
5、Webマーケ会社の業務委託を請け負う

副業で磨いたスキルはさらに本業でも活用できるので、相互に好影響を及ぼします。

実際、自身でメディアウネ位をして稼いでいるWebマーケターも多いので、単純な年収以上に稼いでいる人が多いと思った方が良いでしょう。

自分で稼げるスキルが身につけば独立も視野に入ります。Webマーケターになることで年収1000万円を目指すことは現実的な目標だと言えるでしょう。

 

【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

https://abc-by.com/freelancer-agent-matching/

 

【Webマーケティング業界の将来性|今さらWebマーケティング業界への転職はやめとけ?】

【今さらWebマーケティング業界への転職はやめとけ?】

Webマーケティング業界に興味がある方の中には、「いまさらマーケティングを学ぶのは遅いのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

プログラミングや動画編集といったスキルも数年前から人気が出てきて、多くの人が勉強を始めました。当時は副業手段としても注目されていましたが、今ではヒトが増えすぎています。

クラウドソーシングでは1つの求人に100人以上の応募が殺到することも。学んでスキルを手に入れても稼ぎにくい状態になっているのです。

Webマーケティングもプログラミングや動画編集と同じように、もはや稼ぎにくくなっているのでしょうか?

Webマーケティングとプログラミングや動画編集との違いは、比較にならないほど汎用性が高いスキルであることです。

マーケティングはビジネスの基本であり、あらゆるビジネスにとってなくてはならないもの。

マーケティングスキルを身につけていればどこの企業からも必要とされるので、学んで損をすることはありません。

今以上に仕事選びの幅が広がることは間違いありませんし、年収も上がる可能性が増えます。十分に学ぶ意味はあると言えるでしょう。

独学でWebマーケティングを学ぶ人も多いですが、個人的には一度Webマーケティング系の会社に転職するのもありだと思っています。

その理由は、圧倒的に実績と信頼性が手に入るからです。様々な案件に関わる中で、Webマーケティングの知見やノウハウが蓄積されることは言うまでもありません。

Webマーケティング企業で働いたことがあるという経験は、副業や起業をしたときに効果が最大化します。

独学しただけの人とWebマーケティング会社で3年働いた人。実績や信頼性は後者の方が圧倒的に上ですよね。

プロのWebマーケターとしての経歴がある人は仕事の取りやすさも上がります。自分でビジネスを始めた時のクライアントからの信頼感も高いので、優位に仕事を進められます。

Webマーケティングをこれからの自分の武器に磨いていきたいという人には、一度Webマーケティング会社に転職するのもおすすめです。この先、独学とは比にならない差が生まれるでしょう。

 

>>【必要?】社会人がマーケティングを勉強する意味はある? 5つの役立つメリットを解説

 

【年収の高いWebマーケティング会社に転職する方法】

【同じWebマーケターでも年収に差がある|就職・転職すべき会社の条件】

Webマーケティング職と言っても、働く企業や仕事内容で年収に違いがあることがわかりました。では、どんな会社や職種を選べば稼げるWebマーケターになることができるのでしょうか?

会社を選ぶ際には以下のようなポイントを考えてみてください。

  • ディレクターとして採用されるか一担当者として採用されるか?
  • 上流か下請けか?(中抜きされると年収も低くなる)
  • 総合的なマーケティング企業かWeb広告運用特化などの専門的な企業か?
  • 営業に強い企業か弱い企業か?
  • 大手か中小か?
  • 都会か地方か?

それぞれ前者の方が年収は高い傾向にあります。このような差が出るポイントを押さえて企業選びをしていきましょう。

 

【未経験からでもWebマーケターへキャリアチェンジする方法】

【未経験からでもWebマーケティング業界への転職は可能?】

未経験の方でもWebマーケティング会社に転職することは可能です。方法は3つあります。

  1. 未経験可の求人案件に応募する
  2. Webマーケティングの実績を作って経験者として転職活動する
  3. 転職支援のあるマーケティングスクールで学んでサポートを受ける

ただし、未経験可の案件の場合、採用後の仕事内容をしっかり確認する必要があります。

Webマーケティング会社だからと言って必ずしもWebマーケティングの仕事をさせてもらえるとは限りません。事務仕事や営業ばかりでマーケターとしてのキャリアを歩めない場合もあるので要注意。

また、未経験からWebマーケターへの転職に成功している人の多くは、ブログやSNSなど自分のメディアを持って実績を作っています。

実績をもとに転職活動をするので、経験者として見てもらうことができます。

しかし、メディアを作っただけでは成果と言えません。サイトが上位表示できていたり、売り上げができていてこそ実績として認められます。

今から本で勉強をして、メディアを作って、成果が出るまで運営するとなると、どんなに早くても1年以上はかかるでしょう。

最短で未経験からWebマーケターになりたい方におすすめの方法が、Webマーケティングスクールに通うことです。

Webマーケティングスクールに通うとなると、スクールによって合計で20〜60万円ほどの費用がかかります。費用に関しては高すぎると感じますよね。

しかし、カリキュラムをこなすことで、マーケターとして働くために必要な知識を1から体系的に学べます。

グループワークでは、本を読む独学だけでは出来ない「実際の案件をもとにマーケティング施策を考える力」が養われます。

また、Webマーケティングスクールの多くは卒業後の転職保証や転職サポートが付いているのも特徴。

一般的な転職サイトに掲載されていない求人案件も多く持っているため、勉強してそのまま転職できるという点は大きなメリットでしょう。

募集をかけるWebマーケティング企業からしても、転職サイトに求人を載せるよりもWebマーケティングを学んだ人に来てもらいたいという気持ちがあるのでしょう。

Webマーケターを目指すのであれば、Webマーケティングスクールを受講する価値は大いにあると言えます。

Webマーケティングスクールの受講期間は2ヶ月から6ヶ月ほど。独学で勉強するよりも短い期間でWebマーケターへの転職を果たすことが可能です。

おすすめのWebマーケティングスクールは以下の記事で紹介していますので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

>>転職できるWebマーケティングスクールおすすめ7選|未経験でもWebマーケター転職で年収アップを実現

【2024年最新】転職支援に強いWebマーケティングスクールおすすめ8選
【マーケター転職を目指す人におすすめのスクールTOP5】

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

・参照記事