この記事にはPRが含まれます。

フリーランスにはどんなストレスがある? 先輩フリーランスがストレス軽減の秘訣を紹介

フリーランスにはどんなストレスがある? 先輩フリーランスがストレス軽減の秘訣を紹介

フリーランスは、自由なイメージとは逆に、特有のストレスを抱えることもあります。

この記事では、フリーランスが直面する様々なストレスをお伝えし、それらの克服方法について紹介します。

フリーランスとしての生き方には、収入の不安定性やクライアントとのコミュニケーションの問題、労働時間の管理など、様々なプレッシャーが存在します。

ですが、これらを乗り越えるヒントを理解しておけば、フリーランスとしての悩みを軽減することも可能です。

ぜひ参考にしてください。

 

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ7選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

【要因は何? フリーランスのストレスがたまるポイント】

【要因は何? フリーランスのストレスがたまるポイント】

フリーランスとしての生活は、自由度が高くサラリーマン生活よりも多くの充実感を味わえます。

しかし、その一方で会社員時代にはなかったストレスも生じます。

  • クライアント獲得の悩み
  • 収入が不安定
  • オンとオフの切り替えが難しい
  • 孤独
  • クライアントとのトラブル

フリーランスが抱えやすいストレスの要因について紹介します。

 

・クライアント獲得の悩み

フリーランスの最大の課題の一つは、クライアント獲得の不確実性です。

新規のクライアントを見つけ、継続的にプロジェクトを確保することは容易ではありません。この不確実性がストレスの要因となります。

会社に行けば仕事があり、毎月必ずお給料が振り込まれる会社員が、いかに安定していたかに気づきます。

大きな仕事が取れれば、会社員時代以上に稼ぐことも夢ではありません。しかし、クライアント獲得ができなければ収入も無くなってしまうのです。

クライアント獲得に関する不安を軽減するためには、フリーランス向けのエージェントやマッチングサービスなどの活用、コミュニティへの参加など、仕事獲得のチャンスを活用することが重要です。

クラウドソーシングや直営業だけでなく、さまざまな手段で仕事を得るようにしましょう。

 

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ7選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

・収入が不安定

フリーランスの収入はプロジェクトごとに変動し、毎月の収入が安定しづらい傾向にあります。

これにより、生活費の不安定性がストレスを引き起こすことがあります。

そうした収入の不安定性に備えるには、予算管理が鍵になります。少ない収入のときでも乗り切れるように、固定費や流動費を最小限に抑えられるように見直しておきましょう。

また、1つのクライアントに依存しすぎることがないよう、新たな収入源を確保しておくことも重要です。

別のクライアントやトレンドのスキルなど、収入のチャンスを日頃から探す習慣を持つことでリスクを軽減できます。

 

・オンとオフの切り替えが難しい

自宅やカフェなど、自分の好きな場所で仕事ができるのはフリーランスの魅力ですが、逆に仕事とプライベートの境界が曖昧になり、リラックスできないという問題もあります。

仕事スペースを確保したり、仕事時間とプライベート時間を明確に区別したタイムスケジュールを組むなど、いろんな工夫が必要です。

また、定期的にリフレッシュできる趣味を持つことも重要です。時間管理が自由である分、自分の好きなことを日常に取り入れて、ワークライフバランスをとりましょう。

 

・孤独への対処

フリーランスの多くは単独で仕事をしており、オフィスのような社交的な環境がありません。そのため、会社員時代に孤独感を感じる人も多いです。

孤独感を和らげるためには、以下のような対処法がおすすめ。

  • コワーキングスペースを利用する
  • フリーランス仲間とSNS上で繋がって定期的に交流する
  • オンラインコミュニティに参加する

お互いに孤独感を感じているフリーランス同士は、比較的簡単に関係性を構築することができます。

積極的に繋がりを作れば、孤独を感じることはなくなるでしょう。

 

・クライアントとのトラブル

個人で活動するフリーランスにとって、クライアントとのトラブルは大きなストレス要因の1つです。

仕事内容に関するコミュニケーションの相違や報酬の支払いに関する問題が生じる場合があります。

具体的には、当初に打ち合わせた以上の内容を要求されたり、支払い期限を過ぎても入金されないといった感じです。

こうしたトラブルを避けるため、最初は信頼のできるクライアントとプラットフォームを介した取引を行うことをおすすめします。

また、フリーランス向けのファクタリングサービスを利用するのも手です。

クライアントとの契約書があれば、事前に報酬相当額を受け取れるので、キャッシュフローの心配が軽減されます。

 

【これでストレスを軽減!フリーランスがメンタルケアのために心がけたいこと】

【これでストレスを軽減!フリーランスがメンタルケアのために心がけたいこと】

プロジェクトの締切り、クライアントとのコミュニケーション、収入の不安定性など、さまざまな要因がフリーランスのメンタルヘルスに影響を及ぼします。

しかし、日頃から適切なケアを習慣化することで、フリーランスのストレスを軽減することは可能です。

ここではフリーランス歴9年目の私が、メンタルケアのために取り組んでいることを7つ紹介します。

  • 運動を日課にして体を軽やかに保つ
  • 外で仕事をしてリフレッシュ
  • 規則的なスケジュールで過ごす
  • クライアント獲得方法を多様化する
  • スキルアップで自己肯定感アップ
  • 将来の目標から逆算して計画を立てる
  • レジリエンス力を高める

ストレスを感じなく体と心を作るために、ぜひ参考にしてみてください。

 

・運動を日課にして体を軽やかに保つ

フリーランスとしての仕事は、多くの時間をデスクワークで過ごすことが多いです。しかし、長時間のデスクワークは体に負担をかけ、ストレスを増幅させる要因となります。

運動も仕事の1つとして捉え、毎日の日課に加えましょう。

運動はエンドルフィンの分泌を促進し、気分を高揚させ、ストレスを軽減します。また、体力の向上で免疫を強化し、仕事におけるパフォーマンス向上にもつながります。

個人的には、集中力や自己肯定感のアップといった効果も感じられるのでおすすめ。

ヨガや筋トレ、ジョギングなど、簡単な運動で構わないので、取り入れてみてください。

 

・外で仕事をしてリフレッシュ

フリーランスは仕事の場所を選びませんが、多くの方は自宅にこもって仕事をしています。気づけば数日間、家から出ていなかったなんてことも。

外に出て新鮮な空気を吸ったり、太陽の光を浴びることは人間のメンタルケアに重要な要素です。

仕事場所を別の場所に替えるだけでもいいので、外に出て気分をリフレッシュしましょう。

カフェや図書館、公園などで仕事をすることで、いつもと違った新たな刺激を受け、ストレスを軽減することができます。

 

【7選】社会人が勉強や仕事に集中できる場所はどこ? 効率が上がるおすすめスペースを紹介

【7選】社会人が勉強や仕事に集中できる場所はどこ? 効率が上がるおすすめスペースを紹介
この記事では集中して勉強や仕事ができる場所を探している社会人におすすめの場所を7つご紹介します。社会人が勉強する場所として使われることの多いカフェや図書館。しかし、最近は騒がしい場所も増え、なかなか集中して勉強できる場所がなくなってきています。集中できる場所やツールなど、おすすめの勉強法をお伝えします。

 

・規則的なスケジュールで過ごす

フリーランスは出社の必要がないので、自由なスケジュールを持つことができます。朝早く起きる必要もありません。

しかし、不規則な生活リズムはストレスを引き起こす原因となります。フリーランスとはいえ、自分自身で規則的なスケジュールを組み、生活リズムを安定させる必要があります。

毎日同じ時間に仕事を開始し、休憩をとるようにしましょう。そうすることでストレスの軽減や生産性向上の効果が得られます。

 

・クライアント獲得方法を多様化する

仕事が取れない不安は、フリーランスにとって大きなストレス要因です。そのため、仕事の取り方を多様化し、案件獲得や収入に困らない体制を整えることが重要。

具体的には、フリーランス向けのエージェントやマッチングサービス、コミュニティなど、仕事獲得に役立つ手段を多く活用することです。

また、1つのクライアントに依存しすぎることも、将来的な不安の一因になります。

複数のクライアントから仕事を受注して収入の安定性を高め、ストレスを軽減させましょう。

 

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ7選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【登録必須】フリーランス向けマッチングサービス&エージェントおすすめ8選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説
フリーランス向けエージェントサービス&マッチングサイトは、フリーランスが安定して仕事を続けるために必須のサービスです。この記事では、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。仕事の紹介だけでなく、支払いや福利厚生のフォロー、面談のサポートなど、充実した支援を無料で受けることができます。ぜひ活用してください。

 

・スキルアップで自己肯定感アップ

フリーランスは競争の激しい市場。そこで生き残るためには、自分のスキルや専門知識を向上させる必要があります。

スキルアップすることで、自己肯定感を高めて仕事獲得のチャンスを広げ、不安を軽減させることが可能に。

自己成長はフリーランスの成功にもストレス軽減にも効果があります。

既存のスキルをさらに磨いたり、新しいスキルにチャレンジして出来る仕事を増やしたりして、不安の種を抑制しましょう。

 

・将来の目標から逆算して計画を立てる

フリーランスとして独立することが1つの目標だった方は多いでしょう。

そうした方の多くは、フリーランスになった後に目標を失い、行き当たりばったりで仕事をこなしていくことになります。

目標のない人生を送っていると、不安が募っていきます。逆に目標を持って日々取り組んでいる人の中には、たとえ貧乏だとしても不安よりも希望に目が向いていて、メンタル的に安定している人もいますよね。

フリーランスとしての独立は1つのゴールでしたが、その後の目標をしっかりと持てているでしょうか?

目標を持って逆算して計画を立てれば、今やるべきことが明確になります。また、今やっていることに意味を見出しやすくなり、メンタルは安定します。

今の仕事と将来の目標をつなげることも、フリーランスのストレス軽減に欠かせない方法の1つです。

 

・レジリエンス力を高める

レジリエンスとは、回復力や克服力、適応力などを指す言葉です。

フリーランスは、会社員以上に挫折や困難に直面する可能性の多い働き方です。

困難に対処するレジリエンス力を養うことで、自分自身のストレス耐性を強化できます。

レジリエンスを高める方法は、その知識を学び、瞑想などで取り入れることです。まずは以下のような本を読んで不安への対処法を理解しましょう。

読んだだけではすぐに忘れてしまうので、毎日10分ほど瞑想をしながら思考を自分に落とし込んでいきます。

常に思い出して思考を切り替えられるようになれば、ストレスが降りかかっても対処できるようになります。

 

【フリーランスは会社員よりもストレスを感じにくい7つの理由】

【フリーランスは会社員よりもストレスを感じにくい7つの理由】

フリーランスは会社員よりもストレスが多いと思われがちですが、実際にはフリーランスならではの利点があり、ストレスを感じにくい面も多く存在します。

ここでは、フリーランスがなぜ会社員よりもストレスを感じにくいのか、その理由を7つのポイントに分けてお伝えします。

 

1、自分に決定権がある

会社員は上司の指示に従わなければならない場面が多く、自分のアイデアや意見を通すことが難しい場合も多いですよね。

一方で、フリーランスには上司がいません。全て自分自身のやりたいように仕事を進めることができます。

嫌な上司や会社の方針に従わなければいけないのは、仕事における大きなストレスの1つではないでしょうか。

そうした依存がなくなることで、ストレスは大きく軽減できます。

 

2、変化に対応しやすい

ビジネス環境は急速に変化しています。新しい技術、トレンド、競合他社の出現など、変化に対応する能力が求められます。

企業の場合は、ビジネスモデルや組織構造の制約がついてまわり、変化への対応が遅くなりがち。いわゆるイノベーションのジレンマというものに陥ります。

一方のフリーランスは変化への対応をスピード感持って実行しやすく、イノベーションのジレンマに陥りにくいという利点があります。

AIやテクノロジーの発展で10年後になくなると言われる仕事も多いですが、フリーランスなら自分次第でスキルや働き方をチェンジしながら対応していけます。

今の仕事を続けていいか不安という問題は、会社員よりも少ないでしょう。

 

3、ワークライフバランスを取りやすい

フリーランスは自身の労働時間やオフィスを自由に設定できるため、ワークライフバランスを取りやすい環境にあります。

会社員は通勤時間やオフィスでの固定勤務時間に縛られがちですが、フリーランスは自分の時間を自由に使えるため、生活に合わせたワークライフバランスを実現しやすいです。

自分で労働時間を調整し、カフェやホテルで仕事ができるのも大きなメリット。家族や趣味、休息にも十分な時間を割けるでしょう。

 

4、コストを抑えた生活が可能

フリーランスは、働く場所にとらわれません。そのため、家賃や物価、移動費や交際費などをコントロールしやすく、生活費を抑えることが可能になります。

会社員は職場の近くに家を構えなければなりませんし、毎日の通勤費やランチ代、洋服代などの費用がかかっているのです。

そうしたコストをフリーランスになることで抑えることができ、会社員時代よりも少ないお金で生活ができるようになります。

 

5、自己成長機会が豊富

フリーランスは自分次第で収入を大きくできます。そのため、フリーランスになったことで新しいスキルや知識を積極的に習得するようになった人も大勢います。

会社員時代以上に自分の成長に前向きになるでしょう。結果的にスキルや収入を上げることができ、自己肯定感の向上にも繋がります。

つまらないけどやらなければならない仕事というものが少なくなり、仕事や勉強を楽しめるようになるでしょう。

 

6、成果に対して正当な報酬を得られる

会社員は高い成果を上げたとしても、それがすぐに年収に反映されるわけではありません。年功序列や固定給制度により、正当な報酬を得られているか疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

フリーランスはプロジェクトの成果に応じて報酬を受け取るため、より仕事に対して正当な報酬を得られるようになります。

また、経験や実績を増やすことで、成果報酬の交渉も十分に可能。これは仕事のモチベーションにも大きく影響を及ぼす要素です。

もっとスキルを磨いて、良い仕事をして、収入を上げよう。そういったモチベーションを持って仕事に取り組めるのは大きな喜びです。

 

7、クライアントの役に立てる実感を得られる

フリーランスの仕事の特徴は、クライアントのニーズにダイレクトに応えられること。そのため、クライアントから直接的に感謝をしてもらえます。

会社員が担当するのは、会社が請け負ったプロジェクトの一部分。全体像を把握しづらいことがありますよね。

一方、フリーランスはプロジェクト全体に携わり、自身の仕事がクライアントに直接的な影響を与えるため、実感を得やすいです。

自分個人で行った仕事がクライアントの役に立ったという実感は、フリーランスならではの魅力。

どんなに大変な仕事でも、最後にはストレスが吹き飛ぶような達成感を得られることもあります。

 

【ストレス対策を万全に期してフリーランス生活を楽しもう】

【ストレス対策を万全にしてフリーランス生活を楽しもう】

フリーランスにはさまざまなストレス要因が潜んでいますが、ストレス軽減のコツも存在します。

ここで紹介したような方法を実践することで、フリーランス生活をより楽しみ、ストレスから解放された働き方を手に入れられるでしょう。

一歩ずつ実践し、メンタルヘルスを大切にし、フリーランス生活を存分に楽しんでください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【フリーランス 関連記事】

【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【7選】フリーランスになりたい人にオススメの職種と必要なスキル 未経験から自由な働き方を手に入れる方法

【必見】フリーランスの仕事の取り方10選 仕事獲得のやり方とコツを解説

【解説】未経験から最短でフリーランスになる方法 自分に合った仕事を見つけて稼ぐまでのステップ

フリーランスが上手に自分を売り込む方法|営業できない人必見のテクニックとコツを解説

【必須】フリーランスの時間管理のやり方 仕事の生産性を最大化する集中力アップ方法も紹介

【10選】フリーランスの差別化成功戦略 他と差がつく自分ブランド構築方法を解説

フリーランスはワークライフバランスを整えるのが難しい?充実した仕事と生活の両立に必要なコツ

フリーランスがモチベーションを維持するコツ やる気が出ない原因を知って対処しよう

・参照記事

フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン

フリーランスの実態と課題

フリーランス白書

・参考書籍

稼げるフリーランスの法則 | 日経BP日本経済新聞出版

人の倍稼ぐフリーランス46の心得 | 草思社