キャリアと副業を考えるブログ LIFE WORK CAFE

【解説】未経験から最短でフリーランスになる方法 自分に合った仕事を見つけて稼ぐまでのステップ

【解説】未経験から最短でフリーランスになる方法 自分に合った仕事を見つけて稼ぐまでのステップ

自由な働き方が手に入るフリーランスは、とても魅力的ですよね。この記事では、未経験者が最短でフリーランスになる方法について詳しく解説します。

未経験からフリーランスの道に進むことは可能です。しかし、正しい戦略決めと計画的な行動がなければ失敗のリスクも高まります。

自分に合った仕事を見つけ、成功するための方法を解説します。ぜひ参考にしてください。

【なぜ今フリーランスとしての働き方が人気なのか?】

【なぜ今フリーランスとしての働き方が人気なのか?】

フリーランスとしての働き方を選ぶ人は、ここ数年で確実に増えています。

ここではフリーランスが人気の理由と、特に女性にとって大きなメリットを紹介します。

 

・フリーランスの魅力とは?

まずはフリーランスに魅力を3つ紹介します。実際に私も会社員から独立してこれらのメリットを存分に享受できています。

1、自由度が高い

まず、フリーランスの最も大きな魅力の一つは、自由度の高さです。会社の従業員としての縛りが少なく、仕事を自分のペースで進められるため、多くの人が自分らしい働き方を実現できると感じています。

自分でスケジュールを調整できたり、体調に合わせて労働時間を変えられたり、自宅や好きなカフェなど場所を選ばず仕事をすることだって可能。

社会人になったら会社に入り、満員電車に乗って、嫌な上司の命令に従って働かなくてはならない。そんなイメージがありましたが、そのすべてから解放される働き方も存在するのです。

2、会社に頼らずに自分で稼ぐ力が身につく

収入面でもフリーランスは魅力的です。プロジェクトごとに報酬を受け取るため、頑張り次第で収入をコントロールできます。

また、スキルや経験が向上すれば、プロジェクトの単価を上げることも可能。

スキルと営業力を磨いて個人でも稼ぐ力が身につけば、会社にしがみつく必要もありません。

会社員時代よりも多く稼ぐことだって十分に目指せます。

3、スキルアップの機会が多い

フリーランスは、さまざまなプロジェクトやクライアントを相手に仕事を行なっていきます。

これによって、幅広いスキルと経験が身に付きます。また、プロジェクト管理やコミュニケーションスキルなども向上します。

いろんなチャレンジができて自分自身の成長を実感できる。それもフリーランスの魅力の一つです。

 

・フリーランスは女性にとって特に理想的な働き方

私の妻もフリーランスとして働いています。彼女の様子を見ていると、フリーランスになるメリットは男性よりも女性の方が大きいのかもしれないなと思うことがよくあります。

妻の話を元に、女性にとってのメリットも紹介します。

1、ライフステージや体調の変化に合わせて働きやすい

女性はライフステージに合わせて柔軟な働き方を選びたいですよね。

結婚・出産などのライフイベントや体調の変化など、出社して働くのが難しいこともあります。

そうした状況に合わせて仕事を調整できるのは、フリーランスならではの魅力です。

自分の生活に合わせて仕事や勉強のスケジュールを組めたり、在宅で行うことができるため、ワークライフバランスを実現しやすいと言えます。

2、仕事内容や能力を正当に評価されやすい

日本社会ではいまだに男女平等の雇用機会が提供されているとは言えません。しかし、フリーランス業界においては男女による不平等はほとんどないと感じています。

むしろ、細かいところに気がついて丁寧な仕事ができる女性の方が重宝されるという話もよく聞かれます。

磨いたスキルで質の高い成果物を作れば、正当に能力を評価してもらえます。

気遣いやセンスなど、女性の方が強みを出せることも多いので、フリーランスは女性に向いている部分も多くあると言えます。

3、コミュニティが充実している

フリーランスのコミュニティは、助け合いや情報交換の場として非常に充実しています。

オンラインやオフラインのイベント、フリーランス向けのワークショップなどが数多く開催されており、他のフリーランスと交流することができます。

一人で働くとはいえ、こうした機会を利用することで孤独感を感じずに済みますし、モチベーションを維持しやすくなります。

フリーランスとしてのキャリア以外にもさまざまな相談ができるので、会社員時代以上に濃厚な人間関係が作れるかもしれません。

フリーランスとしての働き方は、自由度、収入、スキルアップ、ライフワークバランスなど、多くの魅力が詰まっています。

特に女性にとっては、ライフステージに合わせた柔軟な働き方ができることや、丁寧な仕事が評価されやすいことが大きな魅力。

フリーランスコミュニティも充実しており、孤独感もそんなに多くはありません。

自分らしい働き方を実現し、キャリアを築くために、フリーランスの道を考えてみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

【未経験からフリーランスになるにはどの仕事がいい?自分に合ったスキルの選び方】

【未経験からフリーランスになるにはどの仕事がいい?自分に合ったスキルの選び方】

スキルのない初心者の場合、どの仕事でフリーランスになるかを決めなくてはなりません。

自分の能力や興味に合ったスキルを見極めるのは難しいですよね。

そのため、ここでは「フリーランスになる上でおすすめの仕事」と「やめておくべき仕事」を紹介します。

まずは仕事の種類を知って、その中から自分の興味のあるスキルを体験してみてください。

 

・未経験からフリーランスになるのが難しい仕事|エンジニアはやめとけ

未経験からフリーランスになりたい人がやめておくべき職業。その代表格は「ITエンジニア/プログラマー」です。

ITエンジニアやプログラマーとは、プログラム開発、ウェブ開発、アプリケーション設計、データベース管理など、コンピュータ関連の仕事を行う人のことを指します。

エンジニアやプログラマーと聞くと「フリーランスの代表的な働き方の1つでは?」と思う方もいると思います。

しかし、エンジニアやプログラマーとしてフリーランスになる人は、会社に勤めて多くのプロジェクトを経験している人だけ。

初心者がいきなりフリーランスになるのは不可能です。

初心者がエンジニアやプログラマーとしてフリーランスを目指さない方が良い理由は5つあります。

  • 未経験から独立できるレベルになるには多くの勉強時間がかかる
  • チームで開発することがほとんどで、個人だけで出来る仕事がない
  • プロジェクトごとの報酬になることもあり、中長期間の収入がない場合がある
  • プロジェクトごとにクライアント企業に出社して仕事をすることになるので、フリーランスのメリットが少ない
  • 開発現場でのフリーランスへの風当たりがきつい

独学やスクールで数ヶ月学んでもようやく初心者を卒業したレベルです。その状態では案件に参加できるレベルにはなれていません。

一度エンジニアに転職をして、数年働いた後でようやくフリーランスになれるようなイメージです。

しかも、フリーランスになったとしても、結局クライアント企業に出向いて他の社員さんたちと働くことになったり、プロジェクトが完了するまで報酬が払われないこともあったりと、労働環境が良いとは言えません。

未経験からのフリーランスエンジニアは非常にハードルが高いので、やめておいた方が良いでしょう。

 

・未経験からでもフリーランスになるのが簡単なおすすめの仕事

では、未経験車がこれからフリーランスを目指すならどんな仕事が良いのでしょうか?

おすすめの職業として以下の5つを紹介します。

  1. Webデザイナー
  2. Webライター
  3. 動画編集者
  4. Webマーケター/SNS運用代行
  5. パーソナルトレーナー・インストラクター・カウンセラーなどの講師業

これらの仕事なら、未経験でこれからやり方を勉強していきたい方でも数ヶ月で独立まで実現できます。

 

1、Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインやコーディング、サイトで作るバナー画像やイラストの作成を行うことです。

Webデザイナーが未経験からフリーランスになりやすい理由には、以下のようなものがあります。

  • スキル習得がプログラミングよりも簡単
  • オンラインスクールやレッスン動画など教材が豊富
  • クラウドソーシングやSNSなどで案件数が多く仕事を取りやすい
  • クライアントが多様でHP制作の営業がしやすい
  • フリーランスWebデザイナーとして活躍している人が多く、コミュニティも豊富
  • 制作以外に保守点検などで継続収入を得られる
  • オンラインで納品できるので、場所を選ばず仕事ができる

Webデザイナーになるためには、HTML/CSS、JavaScript、Photoshop、Illustratorなどの基本的なスキルを身につける必要があります。

独学で学ぶことも可能ですが、Webデザインスクールやオンライン講座を活用すると、効率的にスキルを身につけることができます。

Web制作ができるようになったら、ポートフォリオ(作品集)を作りましょう。案件で採用されるかどうかはポートフォリオが鍵を握ります。

ポートフォリオを用紙したら、フリーランスのWebデザイナーとして活動を開始できます。

クラウドソーシングへの応募や直営業で仕事を獲得していきましょう。

 

>>【副業で稼ぐ】Webデザインスクールおすすめ7選 未経験に評判の案件紹介つき講座を比較

 

2、Webライター

Webライター

Webライターはその名の通り「文章を書くこと」を専門とした仕事です。クライアントから依頼を受けて、WebサイトやWebメディアの記事コンテンツなどを作成します。

  • 多くの人は基本的な文章作成スキルを持っているのでスキル習得が簡単
  • お金をかけずに勉強できる
  • クラウドソーシングやSNSなどで案件数が多く仕事を取りやすい
  • 様々なジャンルのメディアがあり、クライアントが多様
  • Webライターとして生計を立てている人も多い
  • オンラインで納品できるので、場所を選ばず仕事ができる
  • 文字単価という指標があり、スキルや実績がつけば明確な報酬アップを目指しやすい

こうしたメリットがあります。

与えられたテーマについて文章を書く仕事なので、日本語の文章を書ける人であれば誰もが今すぐにチャレンジすることが可能です。

とはいえ、Webライティングと言われるようにWeb独特の文章作法も存在します。

  • 検索エンジンで記事を上位に表示させるためのSEOスキル
  • クライアントの商品サービスに興味を持たせるためのセールスライティングスキル
  • 正しく簡潔に要点を伝えられる文章構成力

こうしたスキルを学ぶ必要があります。Webライティングの書籍やオンラインスクールで必要最低限のスキルを学んだら案件に挑戦できます。

まずは文字単価1円程度からのスタートになり、1記事の作成報酬が数千円といったところが相場。スキルアップをしながら数ヶ月ほど継続した実績を作れば、サラリーマンの初任給ほどを稼ぐことも十分可能です。

 

>>【厳選】口コミの良いWebライター講座おすすめ7選 未経験向けWebライティングスクールの特徴と評判を比較

 

3、動画編集者

動画編集者

動画編集者は、カット・トランジション(場面転換)・エフェクト(効果)・音楽や効果音の追加などといった編集を加え、YouTube動画や動画広告などを作成する仕事です。

  • 数週間で一通りのスキルを習得できる
  • 動画広告や動画教材の作成などの分野ではまだまだ需要が高まっている
  • クラウドソーシングやSNSなどで多くの案件を見つけられる
  • 動画編集同士のコミュニティも多い
  • オンラインで納品できるので、場所を選ばず仕事ができる

こうした理由で動画編集者も未経験の方にはおすすめです。

動画編集を学べる書籍や無料のYouTube動画は数多くあります。しかし、古いコンテンツの場合、動画編集ソフトの操作方法が変わっていて戸惑うことも。

やり方がわからないと勉強が進まなくなってしまう恐れもあるので、早く確実にスキルを習得したい方はオンラインスクールの受講がおすすめです。

 

【厳選】副業向け動画編集スクールおすすめ10選 社会人が学びながら稼げる実践オンライン講座を比較

 

4、Webマーケター/SNS運用代行

Webマーケター

WebマーケターやSNS運用代行業者としてのキャリアも、未経験からのスタートに向いています。企業サイトやSNSへの集客強化やWeb広告出稿、分析と改善を行うことが仕事です。

Webマーケター/SNSマーケターが未経験者にもおすすめな理由は、以下の通りです。

  • 思考法や方法論、ノウハウを学ぶことで仕事にできる
  • 多くの企業でニーズが高まっている
  • SNSなど普段から使い慣れているツールを使える
  • 未経験から数ヶ月で即戦力になれる
  • クライアントワークだけでなく自身のメディア、ECサイト運営など稼ぎ方の幅が広い
  • オンラインで作業ができるの、場所を選ばず仕事ができる
  • アルゴリズムに変化が生じるので、年長者だから有利という業界ではない(初心者でも参入可)

Webマーケティングでフリーランスになるためには、知識と実績が必要です。まずは基礎教材で学習し、自分のブログやSNSを運用して実績を作っていきましょう。

ただし、独学でやっていくには時間がかかる場合があります。

そのため、最短でフリーランスになりたい方には、スクールで学びながら課題を通して実績ありの状態になることがおすすめ。

数ヶ月で実績を複数作ることができるので、フリーランスとしてのスタートをすぐに切ることができます。

 

>>【厳選】転職支援が評判のWebマーケティングスクール7選

>>【厳選】SNS運用代行を学べるスクールおすすめ3選 インスタで稼ぐノウハウと副業の始め方を学べる

 

5、パーソナルトレーナー・インストラクター・カウンセラーなどの講師業

5、パーソナルトレーナー・インストラクター・カウンセラーなどの講師業

講師として自分の持っているスキルやノウハウを教える仕事も、フリーランスとして独立しやすい仕事の1つです。

フィットネス・栄養・語学・音楽・スポーツ・美容・キャリア・お金など、様々な分野で講師として活躍しているフリーランスがいます。

未経験からでもフリーランスの講師になりやすい理由やおすすめのポイントは以下の通りです。

  • 個人でも仕事を獲得できるマッチングプラットフォームやSNSの充実
  • オンラインツールの拡充でオフラインよりも多くの顧客を獲得できるようになった
  • 自分の好きなことを仕事にできる
  • コロナが収まって参加できるイベントの多くが再開
  • 自分のスケジュールでレッスンを開催できる
  • テーマの掛け合わせでニッチな分野の専門家になりやすい
  • 自分自身をブランド化しやすい

フリーランスとして活動するためには、まず初めにそのジャンルでのポジションを決めることが重要です。ニッチかつ需要のある分野で専門家になりましょう。

フリーランスとして生計を立てるには集客が欠かせません。SNSやココナラなどのマッチングプラットフォームを利用して、多くの見込み客に自分の存在を知ってもらうことが重要です。

顧客にとって役立つ情報を発信し、信頼関係を築くことが重要になります。

分野によっては養成講座のようなものもありますので、気になる方は「自分の興味のあるテーマ×講座 資格」などのキーワードで検索してみてください。

 

【スキルなしの未経験からフリーランスになるためのステップ|何が必要?】

【スキルなしの未経験からフリーランスになるためのステップ|何が必要?】

未経験からフリーランスになるには、スキルを学ぶだけでなく、戦略的な計画が必要です。

この章では、スキルなしの未経験者がフリーランスになるためのステップについて詳しく説明します。

  1. 目指したい職種や目標を見つける
  2. 目標とスケジュール決め
  3. スキルの学習&習得
  4. ポートフォリオ制作
  5. 戦略を考える
  6. 実案件をこなしながら実績作り
  7. スキルを磨いて顧客数&単価アップ&上流工程へ
  8. 教材作成&販売

これらのステップを踏むことで、フリーランスとしての独立からキャリア形成まで可能になるでしょう。

それぞれ詳しく解説します。

 

1、目指したい職種や目標を見つける

まずは自分がどの職種や分野に進みたいのかを明確にすることが不可欠です。

上述したように、フリーランスとしての選択肢は多岐にわたります。

Webデザイン、Webライティング、動画編集など、フリーランスになりやすい仕事の中から、自分の興味のあるジャンルを洗い出してみてください。

そこから情報収集をして、その仕事の内容や勉強方法、需要や競合状況を把握しましょう。インターネットやYouTube動画、書籍などで初心者向けコンテンツを探すことができます。

フリーランスとしてのジャンルが決まったら次のフェーズへ移ります。

 

2、目標とスケジュール決め

キャリアチェンジを目指す上で目標とスケジュールの設定は非常に重要です。いきなり会社を辞めてしまってはいけません。

フリーランスとしての収益について具体的な姿や目標を設定し、それを達成するためのスケジュールを考えていきましょう。

目標の実現には「逆算」が効果的です。まずは自分が考える最大限の理想の姿を思い描き、そこに辿り着くまでの道のりを逆算で考えてみます。

ところどころ訪れる重要なシーンが中期目標や短期目標になってきます。

例えば、中期目標としては6ヶ月後に最初のクライアントを獲得することを設定。それを達成するための短期目標を、週ごとのタスクとしてリストアップするといった感じです。

 

3、スキルの学習&習得

目標を立てたら、実際にスキルを学んでレベルアップしていきましょう。

書籍、YouTubeの動画チュートリアル、Udemyなどのオンライン講座、オンラインスクールなどを活用して、必要なスキルを習得していくことができます。

また、フリーランスとしての開業手続きや確定申告についての知識も不可欠です。税務ルールや契約書の作成方法も計画的に学んでいきましょう。

 

4、ポートフォリオ制作

いくら勉強をしても、スキルを証明できるものがなければクライアントからの信頼は得られません。

フリーランスとして仕事を獲得するには「ポートフォリオ」が不可欠です。自分の作品や実績をまとめて、ポートフォリオとして整理しましょう。

見栄えの良いポートフォリオにするために、ポートフォリオ作成ツールを使うのがおすすめです。

また、SNSやブログで有益な情報を発信することもアピールの1つの方法になります。

知識やスキルを証明して、その分野の専門家としての信頼を築く準備を行いましょう。

 

5、戦略を考える

スキルを学び、ポートフォリオを整えたら、次はクライアントを獲得する戦略を考える必要があります。

  • クラウドソーシング
  • スキルマッチングサービス
  • SNS
  • 直営業
  • エージェントからの案件斡旋

フリーランスの仕事獲得には様々な方法があります。

どこで、どのような方法で仕事を獲得するか。仕事獲得のノウハウを学んで戦略を立てることも重要です。

 

>>【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ7選

https://abc-by.com/freelancer-agent-matching/

 

6、案件をこなしながら実績作り

仕事を獲得できたら、実際に案件に取り組んでいくことになります。実務経験を積んで、どんどんポートフォリオに新たな実績を追加していきましょう。

経験の多さは信頼性につながります。

実案件の遂行中には、クライアントの要望を理解し、良好なコミュニケーションを心がけることが重要です。品質と納期を守ることで、クライアントからのリピートや紹介につながることも。

一度きりの仕事ではなく、継続契約してもらえるように取り組んでいきましょう。

 

7、スキルを磨いて顧客数&単価アップ&上流工程へ

フリーランスとして独立できたとしても、スキルアップは継続的に取り組んでいくべきプロセスです。

新しい技術やツールに常に対応することで、顧客数や単価を向上させていくことができます。

また、スキルの掛け合わせで希少性を上げる意識も大事です。WebデザインだけでなくWebライティングやマーケティングに関しても学ぶことで、より質の高いフリーランスになれるというイメージです。

さらに、プロジェクトマネージャーやディレクターといった上流工程に進めために、プロジェクト管理やリーダーシップスキルを磨いていくことも重要。

上流工程に進むことで自分が作業する以上の仕事ができるようになり、収益も伸ばすことが可能になります。

 

8、教材作成&販売

フリーランスの稼ぎ方はクライアントワークだけではありません。最終的に、自身の経験や知識を活かして教材を作成し、販売することも考えてみましょう。

オンライン講座や電子書籍などの自分の商品を販売することで、収益を多角化させ、キャリアをより充実させることができます。

自分で編み出したノウハウや成功体験を伝えることは、業界内で影響力を持つことにつながるでしょう。取材や研修での講師依頼などが来ることも。

フリーランスとしてのキャリアを盤石なものにするために、将来的には自社商品の販売も目指してみてください。

未経験からフリーランスに転身する道は決して簡単ではありませんが、適切な目標設定と行動を取ることで成功への道は開けます。

スキル向上と実績づくりに取り組み、フリーランスとしてのキャリアを築き上げましょう。

 

【今日からフリーランスを目指すための始め方】

【今日からフリーランスを目指すための始め方】

フリーランスになりたい!そう思ったら、具体的に今日から何をしていけば良いのでしょうか?

この章では、フリーランスを始める前に知っておくべきこと&やるべきことを解説します。

 

・フリーランスを始める前に知っておくべきこと

自由で自分らしい働き方が叶うフリーランス。そんなフリーランスに憧れているかもしれません。

ですが、必ずしもメリットばかりではありません。フリーランスについてもっと詳しく理解する必要があります。

  • どのスキルでフリーランスになるか?
  • なりやすい仕事かどうか?(自分に向いているか)
  • どんなステップ(スケジュール)でなれそうか?
  • どうやってスキルやクライアント獲得をするか?
  • フリーランスになって後悔しそうなことは何か?
  • フリーランスに失敗したらどうするか?

このようにフリーランスとしての全体像や働き方をより深く理解した上で、目指すかどうかを判断しましょう。

 

・開業に必要な申請や税金周りの知識も勉強しておく

フリーランスになるには、法的な手続きや税金に関する知識も不可欠です。

開業届、契約書の作成、税金や確定申告などについて正確な情報を収集しましょう。

初心者フリーランス向けの入門書などで学んでおきましょう。

 

・生活に最低限必要な金額を整理して経費削減

フリーランスとしての収入は、会社員と違って不安定になるリスクもあります。

そのため、生活費を賄うために最低限必要な金額を計算し、なるべく経費を削減しておくことが重要です。

まずは生活費やビジネスに必要な経費を詳細に予算化しましょう。固定費と変動費を区別し、毎月の支出を把握します。この予算をもとに、収入目標を設定していきます。

もちろんたくさん稼いでたくさん贅沢することを目指して頑張ることも重要です。しかし、稼げずに苦しい思いをして、夜も眠れないような状況にはなりたくないですよね。

そのためには必要経費をなるべく削減しておく必要があります。

食費や交通費の削減、必要なもの以外の支出を見直すことで、経済的かつ心理的な余裕を確保できます。

フリーランスとしてのキャリアをスタートさせる前に、必要な知識と情報を習得し、安定した生活を確保する準備をしましょう。

フリーランスの世界で成功するためには、準備と計画が不可欠です。

 

【フリーランスのデメリットと注意点】

【フリーランスのデメリットと注意点】

フリーランスになることは良いことばかりではありません。しっかりとリスクを知った上でキャリアを決める必要があります。

この章では、フリーランスになることのデメリットと向いていない人の特徴を解説します。

 

・フリーランスになることのデメリット

フリーランスとしてのキャリアはメリットも多いですが、一方でデメリットも存在します。ここでは、フリーランスになることのデメリットについて実体験から4つお伝えします。

1、不安定な収入

フリーランスの最大のデメリットの一つは、収入の不安定さです。

給与やボーナスのような安定収入がなく、案件や月ごとに収入が変動します。場合によっては仕事が取れずに収入がない期間があるかもしれません。

2. 孤独感

フリーランスは独立した個人として仕事をしているため、同僚や上司とのコミュニケーションが減ります。

クライアントとはあくまで仕事上での付き合いですし、エンジニアのようにクライアント企業に駐在する仕事にしてもアウェイ感は否めません。

フリーランス同士のコミュニティなどに所属していないと、孤独感や孤立感を感じることもあるでしょう。

3. 年金の支給額が減る場合がある

フリーランスとして個人事業主になった場合、厚生年金から国民年金に変更になります。そのため、年金支給額が減少する可能性があります。

個人型確定拠出年金やNISAなどを使って、自分自身で将来への備えをしていく必要があります。

4. 雑務と時間の管理

フリーランスはプロジェクトだけでなく、請求書作成、契約交渉、経費の管理など、雑務も自身で行う必要があります。

時間の管理とタスクの優先順位を設定するスキルがないと、本業以外の業務に忙殺されてしまうでしょう。

効率を上げる業務管理ツールなどを上手に使わないと、案件に取りかかれないということになってしまいます。

 

・フリーランスが向いていない人の特徴

フリーランスが向いていない人には、以下のような特徴があります。

  • 収入や心理的な安定感を求める人
  • 自己管理能力が弱い人
  • 孤独を嫌う人
  • 誰かに指示される方が楽な人

こうした方は、会社員を続けた方が良いかもしれません。

今の会社が嫌だからフリーランスになりたいと思っているかもしれませんが、転職で会社を変えれば解決する場合もあります。

職種や会社によっては、在宅やフレックスタイムなど自由な働き方が叶う方法もあります。

無理にフリーランスに限定せずに、キャリア相談などを通して自分に最適な方法を探してみてください。

 

>>【悩み解決】キャリア相談ができるカウンセリングサービス人気ランキング

https://abc-by.com/carrer-consultation-service/

 

・とはいえ、フリーランスが嫌になっても会社員に戻ることは可能

会社員を辞めてフリーランスになったら、フリーランスとしての生き方を続けないといけない。そう思っている方もいるかもしれません。

しかし、フリーランスとしての生活が合わなくなった場合は、会社員に戻ることが十分に可能です。

経験豊富なフリーランスを求めている企業は多く、会社員に戻って新たなチャレンジに進むフリーランスも多くいます。

フリーランスで培ったスキルや経験は、新しい職場でも活かすことができるでしょう。

フリーランスになる不安もあるかもしれません。ですが、「いざとなったら会社員に戻ろう」という気持ちでいれば、不安は少し軽減されるはずです。

 

【まずは興味のある仕事を体験して、自分に向いている仕事を探してみよう】

自分に向いている仕事を探してみよう

未経験からでもこれからフリーランスになることは十分に可能です。

フリーランスになりやすい仕事を選べば、数ヶ月でフリーランスとして独立できます。

まずは自分の興味のあるスキルにチャレンジしてみましょう。書籍やYouTubeで独学もできますし、そんラインスクールでは無料のお試し体験やフリーランスへの不安を相談することができます。

何か少しでもトライしてみることが、この先の人生の大きなきっかけになるかもしれません。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【フリーランス 関連記事】

【登録必須】フリーランス向けエージェント&マッチングサービスおすすめ5選 未経験がやるべき仕事の探し方と取り方を解説

【7選】フリーランスになりたい人にオススメの職種と必要なスキル 未経験から自由な働き方を手に入れる方法

【必見】フリーランスの仕事の取り方10選 仕事獲得のやり方とコツを解説

フリーランスが上手に自分を売り込む方法|営業できない人必見のテクニックとコツを解説

【必須】フリーランスの時間管理のやり方 仕事の生産性を最大化する集中力アップ方法も紹介

フリーランスにはどんなストレスがある? 先輩フリーランスがストレス軽減の秘訣を紹介

【10選】フリーランスの差別化成功戦略 他と差がつく自分ブランド構築方法を解説

フリーランスはワークライフバランスを整えるのが難しい?充実した仕事と生活の両立に必要なコツ

フリーランスがモチベーションを維持するコツ やる気が出ない原因を知って対処しよう

・参照記事

フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン

フリーランスの実態と課題

フリーランス白書

・参考書籍

稼げるフリーランスの法則 | 日経BP日本経済新聞出版

人の倍稼ぐフリーランス46の心得 | 草思社