この記事にはPRが含まれます。

【初心者必見】Webライティングの案件獲得のコツと月に10万円を稼ぐ方法

副業にはWEBライティングが最適な理由|初心者からの始め方とステップを解説

Webライティングは副業で稼ぎたい人に最適な方法の1つ。プログラミングやWebデザインと違って、特別なスキルがない人でも今日から始めることができます。

この記事では、副業でWebライティングをしてみたい方に向けて以下の内容で解説します。

この記事を読み終わる頃には、具体的にどのような行動をすれば良いかがわかります。早速行動に移して今日中に報酬を得ることも可能でしょう。

Webライティングを始めるきっかけになれば幸いです。ぜひ最後までご覧ください。

【おすすめ5選】Webライター初心者向け講座と稼げるWebライティングスクール|特徴と口コミを比較

【5選】ブロガーにおすすめのAIライティングツール ChatGPTよりSEOに強いブログ記事が作れる

【気になるところから読む】
初心者に向いている理由おすすめの勉強法実際の仕事の流れ

【Webライティングが副業初心者に最適な理由|未経験でも月に10万円以上稼げる】

【WEBライティングが副業初心者に最適な理由|未経験から1年で月に10万円以上稼げる】

Webライティングとは、一言でいうとネット上の記事(コンテンツ)を書く仕事です。

  • 検索する人の悩みを解決する記事
  • 商品やサービスを紹介する記事

あなたもネットで調べものをしたことや、気になる商品のレビューなどを検索したことがあると思います。

そうした記事を書く仕事がWebライティングという仕事です。

では、なぜWebライティングという仕事でお金を稼ぐことができるのでしょうか?

それはあなたが書く記事が企業の商品やサービスの売り上げに繋がるからです。

ここ数年、多くの企業が自社のホームページだけでなく、コンテンツの充実やオウンドメディア作りにも力を入れています。

ホームページを持っていることはもう当たり前。それだけではライバルとの差別化が難しく、集客が出来なくなっています。

そのため、関連するキーワードで記事を書いて、間接的に自社の商品やサービスを知ってもらう必要が出てきたのです。

整骨院を例に挙げると、以下のようなコンテンツを作ることで見込み客の集客に繋がります。

  • 部活で怪我をした時の対処法
  • 事故にあって体を痛めた時はどうしたらいい?
  • 体の慢性的な不調の原因は骨にあった?
  • 骨を整えることで不調が改善する3つの理由

こうしたコンテンツを作ることで、間接的に整骨院を知ってもらうことが出来ますよね。

そして、「気になる方はお問い合わせください」という形でサービスの購入へ繋げる。

このように、あらゆるサービスでコンテンツによる集客が必須になっています。そのため、記事を書ける人(Webライター)のニーズが拡大しているのです。

Webライティングが副業初心者にも始めやすい理由は、募集されるテーマの多様さにあります。

Webライティングの案件は幅広く、自分の好きなことや得意なテーマも見つかりやすいです。

プログラミングやWebデザインなどを副業にしようと思ったら、まずは学習してスキルを身に付けることから始めなければいけませんよね。

しかし、好きなことに関する文章を書くのであればスキルは不要です。いきなり自分の得意分野の仕事ができるのです。

他にもWebライティングが副業初心者に向いている理由には以下のようなものもあります。

  • 簡単な案件も多いので手軽に副業の第一歩として始めやすい
  • スマホでも出来るので、空いた時間や移動時間などにも気軽に出来る

未経験でも好きなことに関する記事執筆から始めれば、そこまで苦もなく副業をスタートできます。

Webライティングでは「文字単価×文字数」で報酬が決まるのが一般的です。そして文字単価はスキルと実績で上がっていきます。

始めは1文字1円ほどからのスタートでも、実績を積んでいけばWebライターとしての報酬はアップするのです。

好きなテーマで書き始めて、経験と実績を積みながら文字単価の高い案件にも応募していく。そうすることで、1年後には月に10万円以上を稼ぐことも十分可能になります。

 

【Webライティングで稼ぐのは難しい? 仕事の流れと副業案件の探し方】

【WEBライティングの始め方と上達するための勉強方法】

ではWebライティングの仕事を始めたいと思ったら、何からスタートしたら良いのでしょうか?

Webライティングの始め方は次の3ステップです。

【Webライティングの始め方】

  1. Webライティングの案件を扱うクラウドソーシングサイトに登録
  2. Webライティングの案件に申し込んで仕事を獲得
  3. 指定されたテーマについての文章を書いて納品

これがWebライティングで稼ぐステップです。

ですが、ざっくりと概要を伝えられても具体的にどのようにしたら良いかわかりませんよね。ここではそれぞれのステップを具体的に見ていきます。

 

・Webライティングの案件を受けるにはどのサイトに登録したらいい?

クラウドソーシングサイトには「クラウドワークス」や「ランサーズ」など、いくつもの種類があります。

どこに登録したらいいのかわからないという方も多いでしょう。

実はほとんど全てのクラウドソーシングサイトでWebライティングの案件があります。ですが、サイトによって扱っている案件が異なります。

そのため、まず最初は全てのサイトに登録をして案件を探すのがベストです。

Webライティングに慣れてくれば、どんなテーマでもある程度の記事は書けるようになります。

しかし、初めてのWebライティングの場合、なるべくなら自分が書けそうなテーマの記事書きたいですよね。

例えば1つのサイトにしか登録していないと、その中にあるテーマしか選べません。

逆に3つ4つのサイトに登録しておけば、その分多くのテーマから探すことが出来るので、自分が書けそうなテーマを見つけやすくなります。

Webライティングの案件が多いクラウドソーシングサイトには以下のようなところがあります。

まずはこれらのサイトに登録をして、案件を探すことがスタート。登録はメールアドレスの入力程度で完了しますので、5分もかからずに完了します。

その後の仕事の流れについては、後述する「クラウドソーシングでの仕事内容」を参考にしてください。

 

・稼ぐのは難しい?どのくらいのレベルが必要?

副業の仕事とは言え、お金をもらう以上はしっかりとした記事を納品しなくてはいけません。

では、Webライティングの仕事で稼ぐには、どの程度のライティングスキルが必要なのでしょうか?

会社や学校でも文章を書く機会はありますよね。「ですます調の統一」や「短文でわかりやすい表現」といった文章の基本は理解している方も多いでしょう。

そうした場面で特に問題なく文章を書くことができれば、ある程度の仕事は出来ます。

また、Webライティングの案件をする前には、企業からライティングのマニュアルが配布されることも多いです。

そうしたマニュアルを確認すれば基礎的なライティングスキルは学べるでしょう。

しかし、WebライティングにはWebライティング特有のスキルもあります。

  • 結論ファースト、箇条書きなどの工夫、スマホ最適化、
  • 検索上位表示を狙うSEOライティング(記事内容、タイトル見出し付け)
  • 読者の感情を誘導するセールスライティング

Webにおける文章は起承転結ではなく、結論を先に書く結論ファーストが基本です。

皆さんも自分の知りたいことを検索するとき、まずは結論を知りたいですよね?

長々と無駄な説明があったら飛ばして読むでしょう。場合によっては検索に戻って他の記事を読もうとするはずです。

また、ページを開いたら字だらけで真っ黒の記事があったらどうでしょう?

開いた瞬間に読む気が失せるのではないでしょうか?

読者の求めていない文章はWebライティングにおいてはダメな文章です。それでは読者の満足度に繋がりません。

また、満足度が下がればGoogleからの評価も下がって検索上位表示ができなくなります。

Webライティングの仕事で求められるのは、検索されたときに上位に表示されること。そして、そこから企業の商品やサービスへの申し込みにつながることです。

そのために企業はWebライターにお金を払って記事を作ってもらっています。

検索上位に表示させるためには、検索エンジンに求められる質の高い記事を書く必要があり、それをSEOライティングと呼びます。

  • そのキーワードで検索する読者の悩みにしっかりと答える内容か?
  • キーワードがタイトルや見出しに含まれているか?
  • 他の記事にはない独自性や情報の信頼性があるか?

これらはほんの一例ですが、このように「Googleが記事の質を判断するポイント」を押さえた記事を書く必要があります。

さらに、記事を読んだ読者が商品やサービスに興味を持つような文章を書くことも求められます。

例えば、以下の内容ではどちらが興味をそそられるでしょうか?

家にある不用品をまとめて捨てませんか? 不用品の回収ならお任せください。

自宅に長いこと置いてあった不用品。家族みんなが「邪魔だなぁ」と思っていましたよね。

だけど大量の不用品を捨てるとなると大変です。トラックを借りてきて、なんども積み込みを行ってゴミ集積場を往復しなければなりません。

それが、電話を1回かけるだけであとは全て業者がやってくれるとしたらどうでしょうか?面倒なことは1つもなく、たった1日で全て片付きます。部屋は綺麗になり、あなただけでなく家族みんなが晴れやかな気持ちになるでしょう。

今日、この瞬間に一念発起して電話をするか。またしばらくの間、不用品のある家に嫌な思いをしながら暮らすか。あなたはどちらを選びますか?

この記事を読んだ87%の人がその後に電話で依頼をしています。今なら料金が安くなるキャンペーンも実施中。これを逃すと損ですよ。

こうした読者の心理を読みながら行動を促す文章。それがセールスライティングです。

Webライティングは企業の商品やサービスを得ることが目的です。

そのためにはただ文章が書けるだけではなく、SEOライティングやセールスライティングのスキルも必要になってくるのです。

 

・あなたのWebライティング力を測る方法

クラウドワークス Webライター検定3級(無料)

自分にはWebライターとして稼ぐ力があるのかな?

そんな疑問をお持ちの方はクラウドワークスのWebライター検定を受けてみるのがおすすめです。案件に応募して採用されるための十分なライティング力があるかどうかを測れます。

Webライター検定3級はオンライン上で無料で受験することが可能。また、合格すると合格証も手に入ります。合格証が表示されることで、案件を受注しやすくなるというメリットも。

クラウドワークスは無料で登録ができ、Webライターとしての案件を探すのにも必須のプラットフォームです。Webライターで稼いでみたい方は早速登録して受けてみてはいかがでしょうか。

会員登録後、ログインしたら「スキル検定」の項目から受験できます。

もしWebライター検定3級に受からなければ、まだWebライターとしての基礎知識がないので稼げる可能性は低いです。

文章の書き方に変な癖がついているかもしれないので、講座などを受講して正しいWebライティングのスキルを身につけた方が良いでしょう。

勉強法は次章で解説します。

 

\ 3級の受験はなんと無料 /

クラウドワークスに登録して
Webライター検定を受けてみる

 

 

【Webライティングの勉強方法|無料で受けられる試験もあります】

【Webライティングの勉強方法|無料で受けられる試験もあります】

「Webライティングを副業にして稼ぎたいけれど、記事を書くなんて全くの素人でやったことがないから勉強をしたい」。

いきなり仕事に応募する自信がない人もいますよね。私も初めての案件に応募する前は色々と調べました。

Webライティングは初心者でもしやすい仕事ではありますが、全く知識もないとどのように書いたら良いかわかりません。

スキルがないと出来ないわけではありませんが、多少の勉強は必要です。

Webライティングを勉強する方法は4つあります。

  • 本やネットで知識をつける
  • 講座を受ける
  • 資格の勉強をする
  • 無料ブログを使って練習

それぞれ説明します。

 

・本やネットで知識をつける

Webライティングの勉強でもっとも一般的なものが本での勉強です。

また、この記事のようにネット上にもWebライティングについて書かれた記事はたくさんありますので、ネットを使っても勉強が出来ます。

しかし、ネット上の記事は本ほど体系的に整理された情報ではありません。

Webライティングについて全体的な知識をつけるなら、本で勉強する方がおすすめ。

私もWebライティングについては20冊以上の本を読みました。その中で初心者におすすめ出来る本を3冊紹介しておきますので、よかったら参考にしてみてください。

 

【書く技術・伝える技術】

【10年使えるSEOの基本】

【沈黙のWebライティング】

とは言え、WEBライティングというカテゴリは実はかなりニッチな分野。そのため、ほとんどの本屋さんには上記の本は置いていないかもしれません。

そのため、Kindle Unlimitedを使うのもおすすめです。

「Kindle Unlimited」はAmazonが運営している月額980円で12万冊以上の本が読み放題になるサービス。パソコン、スマホ、タブレットを使って、読みたい本をその場で読み始めることが出来ます。

Kindleで読めるライティング関係の本には以下のようなものがあります。

 

文章だけで月100万円稼ぐ方法

・伝えて動かす!WEBライティングの教科書

・WEBライティング基本のき:人に伝わる日本語の書き方 3つのコツで精読される記事を書く

・副業WEBライターで稼ぐ!確実に仕事を取るための案件別マニュアル:ライターは稼げないと辞めてしまう前に読む本

・マンガでわかる!プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術

・パッと書けてすぐに売れる 稼ぐ人の「超速」文章術

・ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック ブログSEOの入門書

・SEO大全:初心者に優しい!検索順位で1位を取るために必要なSEO対策

・現役プロライターが教えるWEBライティング講座〜文章で月5万円を稼ぐ方法〜

 

本を買おうと思ったら1冊1500円ほどはザラですよね。そう考えると、月額980円でこうした本が読み放題になるのは圧倒的にコスパが良いです。

Kindleには書店に並んでいないような電子書籍専用の本もあります。

ここでしか知ることのできない「WEBライティングで稼いでいる人の秘訣」を読めるのも大きなメリットです。

Kindle Unlimitedには30日間の無料トライアルがありますので、30日間で出来るだけの本を読んで学ぶのも1つの手。

期間内に解約すれば1円もかかりませんので、実質無料でWEBライティングを学べます。

WEBライティング初心者の人でも、こうして関連本を何冊か集中して読むことで書き方の基本や稼ぐための道のりを理解できます。

Amazonでアカウントを持っている方なら、ワンクリックで今から勉強を始めることができます。

WEBライティングで稼いでいる人から、成功のノウハウを学んでみてはいかがでしょうか?

 

Kindleで読める本を
チェックしてみる
30日間無料トライアルあり

 

 

・講座を受ける

Webライティングに特化した講座を受けることでもスキルを磨くことができます。

講座を受けるメリットは実際にプロに添削してもらえるところです。

教わって、書いてみる。その上でプロからフィードバックをもらえるので、正しいWebライティングのスキルが身につきやすいと言えます。

また、受講後は講師から直接Webライティングの案件をもらえることもあります。

プロの講師の下で実績が積めるというのもメリットでしょう。

Webライティングを学べる講座としては以下のようなものがあります。

オンラインで受けられるので、ネット環境があれば在宅でも受講できますよ。他にも以下の記事で紹介していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

>>【7選】WEBライティングおすすめ講座&スクール|初心者からWEBライターになれる勉強法と副業での稼ぎ方

【口コミ比較】Webライター講座おすすめ8選 初心者が最短で仕事を受注できるWebライティングスクール
この記事では、初心者が最短で仕事を受注できるWebライティング講座を比較して紹介します。Webライターになりたいけれど、文章に自信がないし、クラウドワークスでも稼げずに悩んでいる。そんな方には、文章添削や案件紹介を受けられるWebライター講座の受講が大きなきっかけになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

 

・資格の勉強をする

Webライティングをするのに特別な資格は必要ありませんが、Webライティング用の資格も用意されています。

資格を取得すればスキルの明確な証明にもなりますので、最近は資格を取る方も増えています。

Webライティングの主な資格には、以下の3つがあります。

それぞれ実施団体が異なります。

クラウドワークスが運営するWebライター検定3級については、クラウドワークスに無料登録することで誰でも受講することができます。

まずは、腕試しに受けてみるのも良いでしょう。

 

・無料ブログを作って練習

ここまではいわゆる座学がメインです。

テキストやマニュアルを使うことで勉強できますが、結局のところ自分で書いてみないとスキルとしては身につきません。

Webライティングの練習として使えるのが無料ブログです。

無料で誰でも始めることが出来るブログで、「はてなブログ」や「ライブドアブログ」が有名なところです。

無料ブログを使って練習し、Web上のサイトと比べて自分の記事が読みやすいかどうか見比べてみてください。

やり方としては、以下のような感じがおすすめです。

  1. クラウドソーシングサイトの案件をテーマにする
  2. リサーチや自分の主張をもとに構成を作る
  3. 実際に本文を書いてみる
  4. キーワードで実際に上がっている記事を見比べる
  5. 構成や文体などで訂正すべき点をチェックして修正する

Web上の上位に表示されている記事は、検索ニーズや構成、読みやすさなどのいくつものポイントで優れている記事であることが多いです。

そうした記事と自分の書いた記事を読み比べて、どのような違いがあるかを考えてみる。そうすることで非常に有意義な勉強になります。

 

【Webライティングの基本|始める前に知っておきたい基礎知識】

【Webライティングの基本|始める前に知っておきたい基礎知識】

Webライティングをする際にはWebライティングのスタイルに合わせた執筆が重要です。

Webライティングでは、「起承転結」のような学生時代に国語で習った知識は通用しません。Webサイトを見る読者に最適な書き方ではないからです。

ここでは基本のWebライティング術を3つご紹介します。

  • テーマについてのリサーチ
  • 記事の構成づくり
  • 本文の作成時に心掛けること

まずは、これらのことを心掛けて執筆してみましょう。

 

・テーマについてのリサーチ

依頼者から記事のテーマが言い渡されたら、「さぁ、書こう!」と思う人は多いかもしれません。

しかし、いきなり執筆してはいけません。

Web上の記事の多くは「検索」によって見られます。皆さんもネットで検索をして検索結果からページを見ることが多いと思います。

自分の行動を思い出して見ると気づくかもしれませんが、多くの人は1ページ目の上位の記事を見るだけで終わります。

ページの下の方の記事や2ページ目以降まで見に行くことはほとんどないですよね。

このように、Web上の記事を書くにあたって重要なのは「検索結果の上位に表示される記事を書くこと」です。

そのためには、検索者のニーズに応える記事を書く必要があります。それがGoogleの検索結果で上位に来るための最低条件だからです。

ということは、書き始める前に「そのキーワードで検索する人のニーズ」を考える必要がありますよね。

例えば、「パソコン 動かない」で検索する人はどのようなニーズを持っているでしょうか?

「パソコンが動かなくて困っているから、解決方法を知りたいんじゃないの?」と考えるかと思います。しかし、それだけでは十分ではありません。

実際にネットで検索して上位10記事を見てみると、

  • パソコンが動かないのは何が原因?
  • 自分で直すための対処法を知りたい
  • すぐに修理業者を探したい
  • フリーズしたら電源を落としていい?
  • 電源が入らないけどデータは大丈夫?

といった内容になっており、様々なニーズがあることがわかります。

もちろん状況によって対処法も変わりますので、それぞれに適切な内容にしなければなりません。

こうした検索者のニーズを考えて、適切な解決方法を示した記事を書く。それが上位表示に必要な記事の書き方になります。

上位に表示される記事を書くためには、まずは実際にキーワードで検索。その上で、どのような検索者のニーズがあるのかをリサーチすることが重要です。

そして、それらについての詳しい方法を調べて記事の見出しを作っていくのです。

 

・記事の構成づくり

リサーチ段階で、記事に含ませるべき内容がわかってくるはずです。それらを元に記事の見出しを作っていきます。

会社でプレゼン資料を作ったことがある方ならわかるかもしれませんが、資料を作るときにはまず全体の構成を考えますよね。

Webライティングは文章を書くというイメージが強いかもしれませんが、資料作成にも似ています。

まずは全体の構成(見出し)を考える。そして、それぞれの見出し内に文章を入れていくという作業イメージです。

簡単に流れを解説すると以下のような手順になります。

  1. テーマを元に仮タイトルを付ける
  2. 検索者のニーズを元に書くべき内容を見出しにする
  3. 商品やサービスに誘導する導線を用意する
  4. 導入文とまとめを入れる

これで記事の構成が完成です。

商品やサービスへの導線については、案件によって不要な場合もあります。

例えば、先ほどの「パソコン 動かない」をキーワードにした場合、「パソコンの修理に関するお役立ち情報を掲載したいサイト」がクライアントであれば、特に商品サービスへの誘導は不要です。

しかし、「パソコンの修理業者」がクライアントである場合は、「修理の申し込み」が記事を書いている目的になります。

つまり、「パソコンが動かなくて困っている方は修理しましょう。自分でイジるよりも安心です。」といった訴求をして、パソコン修理のページへ誘導する必要があるのです。

最初に伝えたように、Webライティングの仕事の多くは、依頼主の提供する商品やサービスのページへの導線となる記事を書くこと

そのため、自分の書いた記事から商品・サービスのページへいかに誘導するかを考えなくてはいけません。

 

・本文作成で心掛けること

記事の構成が出来たら本文を作成していきます。その際、注意すべき点をいくつかまとめました。

  • ですます調」で揃える
  • 3つ以上の項目が並ぶ場合は「箇条書き」にする
  • 最初に結論を持ってくる
  • 一文の長さは50文字以内
  • 冗長な表現はカットする
  • こそあど言葉」を少なくする
  • 誤字脱字チェックと推敲をおこなう

他にも依頼主から渡される記事作成マニュアルにて細かく指示がされます。それらを参考に、ネット上での読みやすさを心掛けて書いていきましょう。

 

【Webライティングで重要なSEOスキルとセールスライティングとは?】

【Webライティングで重要なSEOとセールスライティング】

良い記事を書けると文字単価が上がって稼ぎやすくなります。

1文字1円で5000文字の案件だと5000円ですが、1文字2円になれば1万円。同じ記事を書いても貰える報酬が変わるのです。

Webライティングの副業では、最初から文字単価の高い仕事を見つけるのは難しく、継続しながら徐々に上げてもらうというのが現実的です。

文字単価をアップしてもらうには「納期を守る」「コミュニケーションが円滑」などの最低限の条件がありますが、重要なのは以下の2つのスキルを持っているかどうかです。

  • SEO
  • セールスライティング

インターネットで商品・サービスを売るためには、「検索上位にくること(SEOスキル)」と「検索者が購入したくなるスイッチを押すこと(セールスライティングスキル)」が重要になります。

これらを身につけると、Webライターとしてより稼げる人材になります。それぞれ解説します。

 

・SEOスキル

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」のことを言います。

要は、検索順位で上位を取るための施策のことです。

書いた記事を上位に表示させるためには検索ニーズを考えた記事を書かなくてはいけないとお伝えしましたが、それだけではありません。

数億以上存在するWebページの中でGoogleがどのページを上位に表示するか。

その基準(アルゴリズム)は数百以上の指標から決められると言います。

  • タイトル
  • 見出しの内容
  • ページの網羅性
  • サイトの権威性
  • キーワードの頻出度
  • 被リンク獲得数
  • 画像の有無
  • HTML構造

このように表示順位を決める要素は多岐に渡ります。

他のサイトの記事よりも上位に表示させるためには、検索エンジン最適化(SEO)が重要になるのです。

こうしたそれぞれの要素に対して最適な状態に調整できるスキルがSEOスキルです。

 

・セールスライティングスキル

検索順位で1位に表示させることで多くの人を記事に集客できます。

しかし、どんなに多くの人に見てもらっても、「自分にはこれが必要だ!」と読者に思ってもらわなくては購入に繋がりません。

どんなに集客できても売上につながらなければ意味がありませんよね。

「自分にはこの商品が必要だ!」そう思わせるためには商品やサービスの力も重要ですが、それ以上に大事なのが人を動かす言葉の力です。

家電量販店でビデオカメラを見ても別に欲しいと思わない。なのに、ジャパネットたかたの高田社長がテレビで喋っていると欲しくなってきませんか?

「お子さんの幼稚園最後の運動会は一回きりです。もう二度とその姿を見ることはできません。そんな瞬間をキレイな映像で残せたら一生の宝物になりますよね。」

こんな風に言われたら、今まで欲しいと思わなかったものでも欲しいと思ってしまう。これがセールスライティングの力です。

売るために、人の心を動かす文章術。これを身に付けたら、どんな商品でも好きなように売ることが出来そうですよね。

SEOスキルとセールスライティングスキル。これらはWebライティング業界で重宝されるスキルです。

文字単価を上げて月に10万円以上稼ぐためには必須のスキルとも言えます。

最初はクラウドソーシングでマニュアルを見ながら記事を作成していきますが、ゆくゆくはSEOとセールスライティングを学びながら記事に反映させていきましょう。

 

【クラウドソーシングで初心者がWebライティングで実際に月10万円稼ぐまでのステップ】

クラウドソーシングでwebライティングの案件に採用されるまで

私はクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」に登録して案件を探しました。

他にもランサーズサグーワークスなどのクラウドソーシングサイトがあります。登録はどこも無料なのでこれから副業に力を入れていきたい方はそれぞれ登録しておくべきでしょう。

Webライティングで稼ぐには、「継続案件」に応募して採用されることが重要。タスクや単発案件ではなかなか稼ぎづらいのが現状ですので、その点だけまずは覚えておいてください。

この記事では「継続案件の実際の仕事内容」をお伝えしますが、その前に「継続案件を獲得するまでのステップ」も解説しておきます。

流れは以下のようになります。

  1. クラウドソーシングに登録
  2. 軽めの案件で文章を書いて実績を作る
  3. 1記事で4〜5000円稼げる継続案件を探して応募する
  4. テストライティングで記事を執筆する
  5. 合格したら継続ワーク

それぞれ解説します。

 

① クラウドソーシングに登録

まずはクラウドソーシングのサイトに登録していきます。登録は全て無料です。以下の記事で紹介するサイトには全て登録しておくと仕事を探しやすいですよ。

>>【5選】Webライティングで稼げるサイトはここ!初心者向けのおすすめ案件の探し方を解説します

Webライター初心者向けクラウドソーシングサイトおすすめ6選 Webライティング案件が充実
この記事では、Webライティングで稼ぐために必要な「おすすめのクラウドソーシングサイトと案件の探し方」をお伝えします。Webライティングはプログラミングなどのスキルが必要な副業と違って誰でも出来る案件が多いですし、月に数万円といったまとまった収入を稼げます。ぜひ皆さんも始めてみてください。

クラウドワークス」では、無料で受けられるWebライタースキル検定試験が用意されています。

ライティングの練習になりますので、ぜひ登録して腕試しをしてみてください。

 

② 軽めの案件で文章を書いて実績を作る

クラウドソーシングサイトに登録できたら、「Webライティング案件をチェックして応募しましょう!」と言いたいところですが、登録したばかりで申し込んでも採用される確率は低いです。

Webライティングはスキルがいらないのでハードルが低い分、ライバルが大勢います。

その中から選ばれるためには、以下の2つの準備が必要です。

  • プロフィールの充実
  • 小さな実績

1つ目はプロフィールの充実です。依頼主側は皆さんのプロフィールを見て、信用できる人なのかどうかを判断します。

これまでの仕事で文章を書く機会があったのであれば、そうした経験があることを記しておきましょう。

また、ブログやツイッターをしていればそれも武器になります。

「日頃からネットでの情報発信にも取り組んでいます」

「たくさんの方に読まれるようにWEBマーケティングについても勉強しながら取り組んでいます」

このような書き方をすれば、Webライティングに関する仕事への抵抗感がないことをアピールできます。

これまでの経験や現在の仕事でのライティングに関係する実績など、嘘のない程度で充実したプロフィールを用意してください。

保有している資格や可能な業務、1日の中で作業可能な時間の目安、月に稼ぎたい金額などは相手側もできれば確認しておきたいところです。書ける範囲で書いておきましょう。

2つ目のポイントは実績を作ることです。クラウドソーシングのサイトでは仕事をこなすと実績が付きます。

その実績の数が多いと信用度が上がって採用されやすくなります。

クラウドソーシングにおいて実績は「作業承認率」と「受注実績」という形で表わされます。

まず、作業承認率ですが、応募した仕事をやり遂げて納品完了まで行くことで承認されます。

仕事には比較的簡単な作業の多い「タスク」と、数千字程のまとまった量の文章作成が求められる「固定報酬制」あるのですが、どちらの仕事も作業承認率に反映されます。

しかし、受注実績についてはタスクでは付加されません。固定報酬制の仕事をしないと受注実績は増えないので注意が必要です。

重要になるのは受注実績です。そのため、受注実績の加わる「固定報酬制」の中で比較的軽めの仕事に申し込んで実績を作ることをおすすめします。

この時点では文字単価や報酬金額は考えなくて大丈夫です。

クラウドワークス初心者はとりあえず実績作り。webライティングとSEOの基礎を習得したら、条件の良いクライアント様探しをしよう。焦らずコツコツと案件に応募し続けるのがコツ。良いクライアント様はレスポンスが早く質問に丁寧。もちろん文字単価も大事。#webライター

参照:ききた/webライター (@ESIOUoNfkjebfXa)

その後安定した収入を得るための実績作り&練習だと思って取り組みましょう。5つくらいの受注実績を得たら次のステップに移ります。

 

③ 1記事で4〜5000円稼げる継続案件を探して応募する

受注実績ができたら継続案件を探して応募します。継続案件をおすすめする理由は一度仕事が決まれば他の仕事を探したり応募する手間がかからないからです。

単発の案件だと、1つの仕事をした後に、また1から案件を探さなければいけません。

Webライティングで月に数万円を稼ぐためには、実際に記事を書いて稼ぐ以外の時間は極力省くべきです。応募は継続案件に絞って行いましょう。

それに加えて重要なのが「文字単価」です。文字単価は1円以上のものでないとかなり消耗します。

Webライティングの仕事は情報収集や修正など執筆以外にも時間がかかります。

2000円の記事を書くのに執筆自体が1時間で出来れば時給は2000円となりますが、実際は情報収集に1時間、修正に30分といった時間がかかっていき、時給換算すると大してコスパが良くないということはザラにあります。

場所も時間も選ばずにできるというメリットはあるものの、あまりにもコスパが良くない仕事だと稼げずに消耗するだけ。

そのため、目安としては文字単価1円以上で、1記事で4~5000円を稼げるものを選んで応募しましょう。

初心者を狙った「お金を稼ぎながらライティングスキルが学べる」という謳い文句で文字単価0.1円などの案件もありますが、そういった案件に申し込まないようにしましょう。全く稼げません。

基本的にWebライティングの仕事に採用されたら、どの企業でも執筆のマニュアルを渡されます。それで記事作成の基本は勉強できますし、執筆後には修正指導も入ります。

初心者をカモにしたような案件に引っかからないようにしましょう。

 

④ テストライティングで記事を執筆する

継続案件の場合は、応募した後にテストライティングで合否の判断をされる場合もあります。

先方の指定するキーワードでどの程度の記事が書けるかチェックされるのです。

テストライティングへの参加が条件の場合は、テストライティング自体でも報酬が出るものを選びましょう。

テストとは言え、情報収集や執筆といった労力がかかります。それを無料で行うのは無駄です。

また、報酬が出ないところはブラック企業である場合が多い印象。

まずは報酬の出るテストライティングかどうか必ず確認し、明確な記載がないところは避けるようにしましょう。

 

⑤ 合格したら継続ワーク

採用されたらいよいよ仕事が始まります。

単発の仕事の場合はクラウドソーシング上で受注・納品の流れとなりますが、継続依頼の場合は企業と直接やりとりになる場合もあります。

メールなどで基本的な個人情報や報酬の振込先を伝え、登録が済んだ後に仕事の進め方が伝えられます。

クラウドソーシングを通さずに直接契約になると、手数料が引かれないというメリットがありますが、逆にどれだけ仕事をこなしても実績は増えていかないというデメリットもあります。

では次に、実際に採用された後の仕事の流れをお伝えします。

 

【Webライティングの実際の仕事ってどんな内容? クラウドソーシングの場合を解説】

クラウドソーシングで採用された後のwebライティングの仕事内容

無事に継続案件で採用されれば、しばらくの間はライティングの副業で稼いでいくことができます。

先述したように1記事で5,000円ほど稼げる案件であれば3日に1記事のペースでも10記事50,000円を稼ぐことができます。

採用後の仕事の流れは以下のようになります。

  1. ライティングマニュアルを確認する
  2. 執筆テーマについて記事の構成を考える
  3. テーマについての情報収集を行う
  4. 記事を執筆して納品する
  5. クライアントからの修正指示に従って記事の修正をする
  6. OKが出れば納品完了

それぞれ解説します。

 

① ライティングマニュアルを確認する

採用されるとそれぞれの企業のライティングルールが載ったマニュアルがメールなどで配布されます。

記事の書き方だけを見れば企業ごとに大きく異なることはありません。しかし、以下のような個別のルールも存在します。

  • 記事に写真を挿入するところまでライターがやるのか
  • 写真はどういったものを使うのか
  • ワードプレス(ウェブページを投稿するソフトのようなもの)に入稿までを行うのか

そうしたルールに従って執筆をすることになります。

今はやり方がわからなくても大丈夫です。マニュアルを見てやりながら覚えていく感じです。

ちなみに記事を書いたら納品をしますが、最近はグーグルドライブという無料のクラウドソフトを使っての納品が増えています。

グーグルドライブはオンライン上のオフィス系ソフトです。その中の「ドキュメント」がマイクロソフトでいうワードと同じような役割のソフトになります。

ドキュメントに記事を書いて(またはコピペして)、「共有」をすることでオンライン上で企業の方が確認できるようになります。

グーグルドライブはグーグルアカウントがあれば無料で使えるので先に作っておいて軽く触っておきましょう。

 

② 執筆テーマについて記事の構成を考える

ライター募集時には「〇〇系の記事の執筆」といった感じで、ざっくりとしたテーマしか告げられていない場合も多くあります。

実際に書く記事の詳細なテーマについては以下の2つの方法で伝えられます。

  1. 毎回メールでテーマが伝えられる。
  2. グーグルドライブのスプレッドシートにキーワードの一覧が用意されている。

メールでのやり取りが主な場合は、毎回記事のテーマと執筆における要望点などがメールで届きます。

タイトルや目次となる見出し、納品予定日を返信。OKが出れば執筆開始です。

グーグルドライブのスプレッドシートで確認する場合もあります。

ライターがたくさんいる場合などに多いです。共有スプレッドシート内に、テーマに関するキーワードがいくつも並んでいるので、その中から自分の書くキーワードを選びます。

そのキーワードについてどのような記事を書くかを決めたら、タイトルと見出しを考えて担当者に伝えます。その内容でOKが出れば執筆開始です。

 

③ テーマについての情報収集を行う

執筆テーマを決めたら執筆を開始しますが、その前に情報収集が欠かせません。

記事の内容に責任が伴います。間違った内容や根拠のない主張を書くわけにはいきませんので情報収集は必要でしょう。

また、ニーズを探すことも重要な情報収集です。

ウェブ上の記事のほとんどは検索を通じて見つけられます。例えばデジタル一眼レフを探そうと思ったら「デジタル一眼レフ」というキーワードで検索しますよね。

多くの人は出てきたページの1ページ目しか見ません。デジタル一眼レフについての記事はウェブ上に1500万件以上あります。

ですが1ページ目に出てくる10件程度しか人の目に触れないのです。

実際、検索順位別のクリック率は1位の記事が20%、2位の記事が10%で、8位以下は1%しかクリックされていないという調査結果が出ています。

Webライティングをお願いする業者からしたら、特定のキーワードで上位に来る記事を書いてもらいたいと思っています。最低でも1ページ目には来て欲しいでしょう。

そうなると、ライターに求められるのはキーワードで上位が狙える記事の執筆です。

そのためにはユーザーの検索意図にしっかりと答える記事を書くことが重要になります。

キーワードプランナーや関連キーワード検索ツール、グーグルサジェストといったウェブ上のツールを使うことで、読者の検索意図を調べることが出来ます。

例えば、「デジタル一眼レフ」というキーワードの場合だと、

・デジタル一眼レフ おすすめ
・デジタル一眼レフ 比較
・デジタル一眼レフ 動画
・デジタル一眼レフ 設定
・デジタル一眼レフ メリット デメリット

といったキーワードでユーザーが検索していることがわかります。

デジタル一眼レフでというキーワードでも、その後に続くキーワードによって読者の検索意図は異なりますよね。

デジタル一眼レフで検索する人の中には様々な意図があり、それを理解することで最適な記事を書くことが出来ます。

テーマについての知識があるだけではこうしたニーズを理解した記事は書けません。基本的な情報だけでなく、検索意図を調べることも良い記事を書くためには必要な作業です。

 

④ 記事を執筆して納品する

情報を仕入れたら記事を執筆します。見出しに沿って中身を埋めていきましょう。

場合によっては画像の挿入が必要な場合もあります。

画像は企業が用意してくれている場合もあれば、自分で用意しなくていけない場合もあります。

自分で用意する場合は「フリー素材」のサイトから画像をダウンロードして使用します。Googleの検索で出てくるような画像は基本的には著作権の関係で使えません。

「引用」の条件に当てはまれば使用することもできますが、フリー素材を使っておけば安心でしょう。

フリー素材のサイトには「unsplash」などがあります。もしも自分で画像を用意しなくてはいけない場合は、こうしたフリーサイトをいくつかブックマークしておくと良いでしょう。

執筆ができたら納品します。メールにファイルを添付して送ったり、グーグルドキュメントで共有という形で納品することになります。

 

⑤ クライアントからの修正指示に従って記事の修正をする

記事の提出をしたら終了ではありません。先方のチェックが入り、修正の指示がくる場合があります。

最初から完璧な文章を書くのはほぼ不可能ですし、担当者の好みもあります。ですので、修正が来ても落ち込むことはありません。

初納品したライティングの記事。

数時間後に返信いただいたんですが数カ所の指摘いわれちゃった

当然やろって感覚で送ったからそこまでダメージは受けてない笑

今はもうとりあえず受けた案件は、質より量でこなしてくー!#webライティング

参照:Kumin@そろそろ学生辞めたいWebライター (@asiankumin_98)

グーグルドキュメントの場合は修正箇所にマーカーが引かれて、以下のようなコメントが残されます。

  • 表現がわかりにくい
  • 事実の相違が見られる
  • 情報の記述不足

指摘された箇所を直して再提出します。

 

⑥ OKが出れば納品完了&次の記事の執筆

先方からのOKが出れば納品完了です。納品記事の報酬は「月末締め翌月○日払い」など企業によって異なります。

継続案件の場合、記事の納品が完了したら次の記事に取り組みます。

メールで案件が送られてくる場合は次の案件を待ちます。基本的に継続案件の場合は納品後数時間で次の案件のメールが来ます。

スプレッドシートで管理されている場合は、次のキーワードを選んでまたタイトルと見出し付けから始めて執筆をしていきます。

この作業の繰り返しがWebライティングを副業として稼ぐ方法になります。

 

【Webライティングの仕事は難しい?初めて副業をする方が知っておくべき注意点】

【Webライティングの仕事は難しい?初めて副業をする方が知っておくべき注意点】

Webライティングの仕事は副業初心者でも出来るのでカンタンだと思われがちです。

とは言え、副業といっても仕事であることに変わりはありません。

初めて副業をする方に覚えておいてもらいたい注意点を3つお伝えします。

 

・時間を確保する必要がある

月に数万円を稼ぎたいと思っている方も多いと思います。月に5万円を稼ぐとしたら、一例として以下のような感じになります。

・文字単価1円で5000文字の記事を10本納品=50000円

単純に計算すると、10本納品するためには3日に1本のペースで納品しなくてはいけませんよね。

1本の記事を納品するためには、以下のような工程が発生します。

  • 記事のテーマ選定
  • 情報収集
  • 構成
  • 執筆
  • 修正

これらを3日以内に終わらせないといけないのです。そう考えると、今の生活スタイルをかなり変えなくてはなりません。

隙間時間で副業できるとは言え、月に数万円を稼ぐにはしっかりと副業のための時間を作ることが必要になります。

 

・納期に遅れてはいけない

皆さんにとっては副業でも、依頼者にとっては副業ではありません。

副業と聞くとまだまだイメージ的には本業ほど重要ではない感じがする方も多いと思います。

しかし、仕事を依頼された以上、責任を持って取り組む必要があります。

もっとも重要な点は、指定された納期に遅れないことです。納期に遅れれば先方に迷惑をかけますし、低評価にも繋がります。

クラウドワークスなどの副業のプラットフォーム上では、評価がかなり重要な指標になります。

適当な仕事をして低評価を押されると、副業プラットフォーム上では仕事が取れなくなるでしょう。

社会人として当然のことではありますが、副業でもしっかりと納期を守って仕事を行いましょう。

 

・返信を早くする

納期に遅れないことと同様に、社会人として仕事をする以上は返信の速さも重要になります。

仕事は1人でするものではなく、多くの人間が関わっています。1人の遅れはその他関わる全ての人の時間を奪うことになりますよね。

本業でも副業でも、誰かと仕事をする以上はその意識を持って取り組みましょう。

 

【Webライターとしての副業は今日から始められます】

【WEBライターとしての副業は今日から始められます】

以上が「副業初心者にWebライティングがおすすめな理由」と「未経験からの始め方」でした。

Webライティングは特別なスキルを持たない方でも今日から始めることが出来ます。

始め方は以下の通りです。

【Webライティングの始め方】

  1. Webライティングの案件を扱うクラウドソーシングサイトに登録
  2. Webライティングの案件に申し込んで仕事を獲得
  3. 指定されたテーマについての文章を書いて納品

今すぐ登録して仕事を探せば、早速数百円から千円程度の報酬を得ることができるでしょう。

さらに単価の高い仕事をして月に数万円を稼げるようになりたいのであれば、Webライティングについての勉強も欠かせません。

方法は3つあります。

【Webライティングの勉強法】

  • 書籍で勉強
  • Kindleで勉強
  • Webライティングを学べる講座で勉強

しっかりと勉強してから案件に臨みたい方は、記事内で紹介した本や講座を参考にしてみてください。

コツコツと継続して実績を積み重ねていけば、数ヶ月で月に10万円以上を稼ぐライターになることは夢ではありません。十分に現実的な目標です。

本業以外でそれだけの収入を得ることができれば、日々の生活には余裕が生まれますし、会社以外のところで収入を得ている自分に自信も生まれるでしょう。

副業を通して人生の可能性はさらに広がります。

Webライティングに興味を持った方は、ぜひ今日から行動に移してみてください。

 

【Webライティングを副業にすることのメリット】

【Webライティングを副業にすることのメリット】

副業の選択肢には、プログラミングやデザイン、せどりやアルバイトなど実に様々なものがあります。

私もいくつもの副業を経験していますが、Webライティングをおすすめする理由を6つ紹介します。

 

1、Webライティングは時間を選ばずにどこでも出来る

1つ目の理由は、場所も時間も選ばずに仕事ができる点です。パソコンやスマホが1台あればどこでも記事の執筆ができます。

就業前、移動時間、休憩時間、仕事が終わってから寝るまでの時間。時間を見つけていつでも仕事ができるのが特徴です。

よく「インターネットに繋がっている場所でないと仕事ができないのでは?」と思われる方もいますが、基本的な執筆はWordやスマホのメモなどを使ってオフラインでも出来ます。

納品時だけメールやインターネットのクラウドを通して送る必要がありますが、記事を書くだけならインターネットに繋がっていなくても全く問題ありません。

 

2、知識がなくても調べながら出来る

Webライティングの案件はクラウドソーシングのサイトで多数見つけることができます。

文章の書き方についてはそれぞれの企業がライティングマニュアルを用意しているので、それに従って書けば大丈夫です。

基本的な文章の書き方についてはマニュアルがあるので心配する必要はありません。

中には、普段から文章を書く機会がなく、数千文字も文章を書ける自信がないという方もいるかもしれません。

ライティングの案件は「文字数」でボリュームが表されます。ボリュームの少ないものだと数百字、ボリュームが大きく単価も高いものだと3000〜5000字程度のものまであります。

ですが、見出し設定のコツを掴めば長文でも簡単に書けるようになります。

見出し(目次)を作ったら、一章あたりの文字数は例えば300字程度。少ない文字数を積み重ねることで気づけば数千字の記事が出来上がっています。

300字程度をいくつか書けばいいと考えたら、気持ちのハードルは下がりますよね。

さらにテーマについても、自分が詳しいテーマでないと書けないわけではありません。

もちろん、好きなテーマや自分が体験したことがあるテーマにについての記事なら比較的簡単に書くことができると思います。

しかし、それほど詳しくないテーマについてもインターネットを使って調べればカンタンに書くことができます。

これまでにも、プライベートで興味を持ったことはネットで調べたり本を読んだりして詳しくなったという経験があるでしょう。

それと同じ方法で案件のテーマについても調べればOKです。キーワードで検索して上位10記事を読めば基本的なことはわかります。

その情報を元に自分の体験談や言葉を交える。そうすればオリジナルの記事に仕上げることができます。

このようなことから、Webライティングはスキルや知識のない方でも始めやすい副業と言えます。

 

3、需要が大きい

Webライティングの案件は年々増えています。案件が多いということは需要があるということで、仕事を見つけやすいということになります。

Webライティングの需要が大きくなっている理由は2つあります。

  • インターネット集客の重要性が増している
  • 企業のホームページが上位表示されるためにはSEO施策が重要

Webライティングは商品やサービスを売るための記事を書くことだと最初にお伝えしました。

サービスや商品を探すとき、必ずと言っていいほどネットで検索をしますよね。

以前は雑誌やテレビが情報源だったところが、ここ10年ほどで完全にネットに置き換えられました。

そのため、どの企業もインターネット上での販売戦略が非常に重要になっているのです。

しかし、ただホームページを作っただけでは大勢の人に見てもらうことはできません。

インターネット上には何億ものページが存在しており、その中でも1ページ目に出てくるサイトでないとほとんど見てもらえないのが現状です。

1ページ目の上位に表示させるためには「SEO」という検索エンジン最適化の施策が必要になります。

検索エンジンの細かいシステムは年々変化していますが、ページを上位に表示させるためには「検索ユーザーに対して有益なコンテンツ」であることが必須です。

そのため、各企業は自社ホームページ内に有益な記事を大量に用意することで上位表示させ、集客を図ります。

簡単に言うと、売り上げを上げるためにはたくさんの記事が必要なのでWebライターに依頼するという形です。

そうした企業が増えているので、Webライティングの案件数も増えているということです。

Webライティングは誰でもできる分倍率は高くなりがち。ですが、それ以上に需要も拡大しているので仕事は見つけやすいと言えます。

 

4、未経験から副業で月数万円稼ぐなら1番稼ぎやすい

ネット副業で月に数万円を安定して稼ぐにはライティングが最適です。

副業で人気のあるホームページ制作であれば、一度ホームページを作ってしまえば契約は終了。毎月新しい案件に応募し続けなくてはいけません。

ですが、Webライティングの継続案件に採用されれば、しばらくの期間は安定して仕事の案件と収入が得られます。

副業で継続して月数万円の収入を得たいと思ったら、Webライティングは稼ぎやすさナンバーワンでしょう。

 

5、基本はパソコンだけど、記事を書くことはスマホでもできる

Webライティングの仕事はスマホでも可能です

確かに納品時はパソコンを使ってファイルをアップロードする必要がありますが、それ以外のタスクは全てスマホ一台で進めることができます。

  • 発注先との連絡 → メールやSlackなどのメッセージアプリ
  • 記事の情報収集 → スマホのブラウザ
  • 記事を執筆する → スマホのメモアプリ

このように1つの仕事をこなすために必要な工程のほとんどがスマホ一台で完結します。

スマホ一台あればできるので、休憩時間や通勤時間、家族とテレビを見ている時間といった隙間時間にも副業を進めることができます。

 

6、Webライティングには稼ぐ以外のメリットも多い

Webライティングを始める際にスキルは必要ないとお伝えしました。それは、企業側からマニュアルをもらって勉強できるからです。

つまり、お金をもらいながらWebライティングのスキルを磨くことができるということ。

Webライティングのスキルといっても、そこには様々な要素が含まれます。

  • 論理的思考力
  • 検索力
  • 企画力
  • Webマーケティング力
  • 物事に詳しくなる

Webライティングの仕事をすることで様々なスキルを養うことができます。

こうしたスキルや経験はWebライティングの副業でしか活かせないものではありません。

本業でも活用できるものですし、ビジネスパーソンとしての市場価値にも繋がるものです。

単純なアルバイトのように時間の切り売りではなく、しっかりと稼ぐに直結するスキルが身に付く点もWebライティングをおすすめできる1つの理由です。

 

【実践!副業初心者でもクラウドワークスで案件を獲得するコツ】

【実践!副業初心者でもクラウドワークスで案件を獲得するコツ】

実際に副業で稼ぐとなると、クラウドソーシングサイトで案件に応募し、採用されなくてはいけません。

Webライティングは初心者でも始められる分、競合も多いです。

特に最近は副業ブームでたくさんの人がクラウドソーシングを使って副業を始めているので、競争はより激しくなっています。

私もWebライティングを始めたばかりの頃は、一日かけて様々な案件に応募するも、一つも採用されないなんてこともありました。

そこから、どうすれば採用してもらえるのかを考え、試行錯誤してきました。

その経験を踏まえて、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトで案件を獲得するコツを2つお伝えします。

  • 提案方法
  • 実績

初心者で実績のない方が採用されるには、しっかりと自分をアピールする必要があります。ぜひ参考にしてください。

 

・提案方法

Webライティング案件に応募する際、まずは自己紹介をする必要があります。

「この人にお願いしたい」と思われる自己紹介にするためは、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 素早い返信をすること
  • 納期を守ること
  • 正確な文章を書くこと
  • 案件のテーマについて自分なりの経験があり、有益な記事が書けること
  • 検索上位に表示されるSEOを意識した文章を書くこと
  • 依頼主の達成したい目標に向けて役立つ記事に出来ること

前半3つは基本的な定型文になりますので、後ろ3つが特に重要です。依頼主のためになる記事を書けることをしっかりとPRしましょう。

 

・実績

クラウドソーシングにおいては実績も重要です。始めたての頃は実績がありませんので、まずは簡単な仕事をいくつか受注して実績を5つ以上作りましょう。

クラウドワークスを使う場合は、「カンタン作業」で仕事を探し、「固定報酬制」で絞り込みます。

もっと簡単にできる仕事として「タスク」もありますが、こちらは実績としてカウントされませんのでやっても意味がありません。

「固定報酬制」の仕事の中から簡単なものを選ぶようにしましょう。

カンタン作業の場合、報酬が低いものも多いです。しかし、最初は報酬を気にせず、Webライティングの案件で稼ぐための実績作りの時間と位置付けてやっていきましょう。

実績はクラウドソーシング上での実績の他に、

  • ブログ運営経験
  • Webマーケティングの実務経験
  • Webライティング系の保有資格

これらでも表すことができます。

クラウドワークスでは無料でWeb上で受けられる「Webライター検定3級」というものがあります。実績づくりのために受けてみるのも手でしょう。

 

>> クラウドソーシングのWEBライティング案件で仕事が取れない方へ【副業経験談】

【受注率UP】Webライター案件で採用されない3つの理由 仕事獲得のコツを解説
副業でライティングをしたいけれど、全然採用されずに困っている方は多いのではないでしょうか? この記事では、クラウドソーシングで仕事を探す側と依頼する側の両方をこなした経験から、受注率がアップするコツをお伝えします。記事の後半では、自分のスキルに自信がない方に向けて勉強方法も紹介。ぜひ参考にしてください。

 

【Webライティングを副業にして月10万以上稼ぐための7ステップ】

【Webライティングを副業にして月10万以上稼ぐための7ステップ】

ここまででWebライティング初心者が勉強する方法から、実際に仕事の案件を行う流れまでをお伝えしてきました。

このような流れで進めば、未経験の方でも確実にWebライティングを副業にして新たな収入を得ることができるはずです。

しかし、月10万円以上を継続的に稼げるWebライターになるには、もう一工夫が必要になります。

では、初心者からWebライティングで稼げるようになるためにはどうしたら良いのでしょうか?

そのステップは以下のような感じです。

  1. クラウドソーシングのカンタンな案件で実績作り
  2. 文字単価1円以上、文字数2000字以上の継続案件に採用してもらう
  3. 実績を増やしながらWebライティングの勉強も行う
  4. 勉強した知識を元にして、依頼主に改善提案を行う
  5. 依頼主に文字単価アップ交渉を行う
  6. 実績を元にさらなる高単価案件に応募する
  7. クラウドソーシングを利用せずに記事作成の営業を行う

ゴールとしては、フリーランスのWebライターとして個別で仕事の依頼をもらえるようになること

フリーランスのWebライターになれば、文字単価は自分で設定することができます。

また、クラウドソーシングサイトに手数料を抜かれることもなくなります。

プラットフォームは仕事探しには便利ですが、より稼ぎやすいスタイルを構築できるのはフリーランスでしょう。

ポイントとしては、言われた記事を書くのではなく発注者の利益となる記事を書くこと。そのための提案ができることです。

イメージとしては、Webライターではなくディレクターやマーケターのような感じです。

Webサイトから商品やサービスが売れるように改善提案をして、実際に売上がアップしたらどうでしょうか? 評価も報酬も上がりますよね。

Webライティングはクラウドソーシングで仕事を探すものだと思っている人も大勢いますが、実はクラウドソーシングでライターを募集している人以外にも潜在的な顧客は多いのです。

最近は企業の営業活動もインターネット集客に移行してきているのが一因です。

例えば1つの美容院が集客をしようと思ったら、少し前まではチラシや雑誌に載ることが一般的でした。

しかし、今は「地域名 美容室」などで検索した時に上位に表示されることが、より重要になっています。

ネット検索で上位に表示させる方法は、Webライティングを勉強してきた人であれば知識もスキルもありますよね。

美容室はほんの一例で、今後は様々な業種がインターネットでの上位表示をしたいという悩みを持ち、それを解決してくれる人材を探します。

そうした場所に営業をかければ、数万円から数十万円の案件を受注することも可能でしょう。

このような話をすると、「それはWebライティングではなくてWebサイト制作になるのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

確かにネットで集客するためには、ホームページがあることが前提にはなります。

しかし、今はホームページ1つだけで集客できる時代ではありません。

思い出してください。クラウドソーシングで募集されている案件は何のための記事作成だったでしょうか?

商品やサービスのサイトに誘導するために必要なもの。それがWebライティングによって書かれた記事です。

ホームページを作れる必要はなく、ホームページに誘導するための記事を書ければ良いのです。それならWebライターでも出来そうですよね。

企業はWebライターを使って、商品やサービスに誘導するための記事(コンテンツ)を作っています。これらをコンテンツマーケティングと呼びます。

コンテンツマーケティングについても、Webライティングを学んでいく中でスキルが磨かれます。

Webライティングで稼ぐ方法はクラウドソーシングで案件を探すだけではありません。

Web検索で上位表示ができるWebライターの需要は様々な業界で高まっているのです。

まずはクラウドソーシングで稼げるようになる。そこから勉強をしながら実績を重ねて改善提案ができるようになる。そして、プラットフォームを利用せずに稼げるようになる。

今後Webライティングでがっつり稼ぎたいと考えている方は、ぜひ初心者のうちからこうしたステップを意識して取り組んでみてください。

 

・WEBライティング初心者が今日から稼ぐには?

以上が、Webライティング初心者に向けた案件の見つけ方と勉強の方法でした。始め方と稼ぐまでのステップを理解していただけたでしょうか。

Webライティングは今後さらに求められるスキルになります。

SEOやセールスライティングのスキルがある人材は、人がネットでモノを買う時代にもっとも企業に求められる人材だからです。

稼ぐに直結するスキルを磨くなら、Webライティングは最適な選択肢の一つです。

早速これから一歩を踏み出そうと思われた方がやること。それは2つです。

  1. クラウドソーシングサイトに登録をして案件を探すこと
  2. Webライティングが学べる本で勉強すること

始めるにあたってリスクは1つもありません。

数ヶ月後、新しいスキルを獲得して収入を増やしている自分をイメージして、ぜひ今日から始めてみてください。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

【Webライティング 関連記事】

【初心者の副業に最適なのはライティングの継続案件|誰でもスキル不要です】

【クラウドソーシングで副業を始めたいけどできる案件がない?|結論:稼げるスキルは今からでも身につけられます】

【6選】WEBライティングおすすめ講座&スクール|書き方と稼ぎ方を学んでWEBライターになろう