【副業経験談】webライティング案件の実際の仕事内容を公開

【副業経験談】webライティング案件の実際の仕事内容を公開副業
スポンサーリンク

 

「クラウドソーシングでライティングの仕事をしてみたいんだけど、どうやって仕事するんだろう? 実際の仕事内容を知りたいな。」

 

この記事では、副業としてwebライティングで月に5万円を継続して稼いだ経験から、ライティング案件の仕事内容をお伝えします。

 

これからライティングを副業にしたい方にとって参考になれば幸いです。

 

 

⬇︎こちらもおすすめ

 

 

スポンサーリンク

クラウドソーシングでwebライティングの案件に採用されるまで

クラウドソーシングでwebライティングの案件に採用されるまで

 

私はクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」に登録して案件を探しました。他にもランサーズサグーワークスなどのクラウドソーシングサイトがあります。

 

登録はどこも無料なのでこれから副業に力を入れていきたい方はそれぞれ登録しておくべきです。

 

ライティングで稼ぐには、「継続案件」に応募して採用されることが重要です。タスクや単発案件ではなかなか稼ぎづらいのが現状ですので、その点だけまずは覚えておいてください。

 

この記事では「継続案件の実際の仕事内容」をお伝えしますが、その前に「継続案件を獲得するまでのステップ」も解説しておきます。

 

 

クラウドソーシングに登録

 

まずはクラウドソーシングのサイトに登録していきます。クラウドワークスは無料で受けられるwebライタースキル検定が用意されています。ライティングの練習になりますので、ぜひ登録して腕試ししてみてください。

 

 

軽めの案件で文章を書いて実績を作る

 

クラウドソーシングサイトに登録できたら、

「ライティング案件をチェックして応募しましょう!」

と言いたいところですが、登録したばかりで申し込んでも採用確率は低いです。

 

ライティングはスキルがいらないのでハードルが低い分、ライバルが大勢います。その中から選ばれるためには2つの準備が必要です。

 

1つはプロフィールの充実です。依頼主側は、皆さんのプロフィールを見て信用できる人なのかどうかを判断します。これまでの仕事で文章を書く機会があればそうした経験があることを記しておきましょう。

 

また、ブログやツイッターをしていればそれも武器になります。物は言い様です。

「日頃からネットでの情報発信にも取り組んでいます」
「たくさんの方に読まれるようにwebマーケティングについても勉強しながら取り組んでいます」

といった書き方をすれば、webライティングに関する仕事への抵抗感がないことをアピールできます。

 

これまでの経験や現在の仕事内でライティングにつながる実績など、嘘のない程度で充実したプロフィールを用意してください。

 

資格や可能な業務、1日の中で作業可能な時間の目安、月に稼ぎたい金額などは相手側もできれば確認しておきたいところですので、書ける範囲で書いておきましょう。

 

2つ目は実績を作ることです。クラウドソーシングのサイトでは仕事をこなすと実績が付きます。その実績の数が多いと信用に足る人だと思われて採用されやすくなります。

 

クラウドソーシングにおいて実績は「作業承認率」と「受注実績」という形で表わされます。

 

まず、作業承認率ですが、応募した仕事をやり遂げて納品完了まで行くことで承認されます。仕事には比較的簡単な作業の多い「タスク」と、数千字程のまとまった量の文章作成が求められる「固定報酬制」あるのですが、どちらの仕事も作業承認率に反映されます。

 

しかし、受注実績についてはタスクでは付加されません。固定報酬制の仕事をしないと受注実績は増えないので注意が必要です。

 

重要になるのは受注実績です。そのため、受注実績の加わる「固定報酬制」の中で比較的軽めの仕事に申し込んで実績を作ることをおすすめします。

 

この時点では文字単価や報酬金額は考えなくて大丈夫です。その後安定した収入を得るための実績作り&練習だと思って取り組みましょう。5つくらいの受注実績を得たら次のステップに移ります。

 

スポンサーリンク

1記事で4~5000円稼げる継続案件を探して応募する

 

受注実績ができたら継続案件を探して応募します。継続案件をおすすめする理由は一度仕事が決まれば他の仕事を探したり応募する手間がかからないからです。

 

単発の案件だと、1つの仕事をした後はまた1から案件を探して応募して採用を待たなければいけません。ライティングで月に数万円を稼ぐためには、実際に記事を書いて稼ぐ以外の時間は極力省くべきです。応募は継続案件に絞って行いましょう。

 

それと重要なのが文字単価です。文字単価は1円以上のものでないとかなり消耗します。ライティングの仕事は情報収集や修正など執筆以外にも時間がかかります。

 

2000円の記事を書くのに執筆自体が1時間で出来れば時給は2000円となりますが、実際は情報収集に1時間、修正に30分といった時間がかかっていき、時給換算すると大してコスパが良くないということはザラにあります。

 

場所も時間も選ばずにできるというメリットはあるものの、あまりにもコスパが良くない仕事だと稼げずに消耗するだけです。そのため目安としては文字単価1円以上で、1記事で4~5000円を稼げるものを選んで応募しましょう。

 

中には初心者を狙った「お金を稼ぎながらライティングスキルが学べる」という謳い文句で文字単価0.2円などの案件もありますが、自信がないからといってそういった案件に申し込まないようにしましょう。

 

基本的にライティングの仕事に採用されたら、どの企業でも執筆のマニュアルを渡されます。それでライティングの方法は勉強できますし、執筆後に修正指導も入ります。

 

ライティングスキルはどの案件でも学べますので、初心者をカモにしたような案件に引っかからないようにしましょう。

 

 

テストライティングで記事を執筆する

 

継続案件の場合は、応募した後にテストライティングで合否の判断をされる場合もあります。先方の指定するキーワードでどの程度の記事が書けるかチェックされるのです。

 

テストライティングへの参加が条件の場合は、テストライティング自体でも報酬が出るものを選びましょう。テストとは言え、情報収集や執筆といった労力がかかります。それを無料で行うのは無駄です。

 

また、報酬が出ないところはブラック企業である場合が多いです。まずは報酬の出るテストライティングかどうか必ず確認し、明確な記載がないところは避けるようにしましょう。

 

 

合格したら継続ワーク

 

採用されたらいよいよ仕事が始まります。

 

単発の仕事の場合はクラウドソーシング上で受注・納品の流れとなりますが、継続依頼の場合は企業と直接やりとりになる場合も多いです。

 

メールなどで基本的な個人情報や報酬の振込先を伝え、登録が済んだ後に仕事の進め方が伝えられます。

 

クラウドソーシングを通さずに直接契約になると、手数料が引かれないというメリットがありますが、逆にどれだけ仕事をこなしても実績は増えていかないというデメリットもあります。

 

では次に、実際に採用された後の仕事の流れをお伝えします。

 

 

 

クラウドソーシングで採用された後のwebライティングの仕事内容

クラウドソーシングで採用された後のwebライティングの仕事内容

 

無事に継続案件で採用されれば、しばらくの間はライティングの副業で稼いでいくことができます。先述したように1記事で5000円ほど稼げる案件であれば3日に1記事のペースでも10記事50000円を稼ぐことができます。

 

採用後の仕事の流れは以下のようになります。

 

 

ライティングマニュアルを確認する

 

採用されるとそれぞれの企業のライティングルールが載ったマニュアルがメールなどで配布されます。

 

記事の書き方だけを見れば企業ごとに大きく異なることはありません。しかし、

 

・記事に写真を挿入するところまでライターがやるのか
・写真はどういったものを使うのか
・ワードプレス(ウェブページを投稿するソフトのようなもの)に入稿までを行うのか

 

といった個別のルールもあります。そうしたルールに従って執筆をすることになります。

 

今はやり方がわからなくても大丈夫です。マニュアルを見てやりながら覚えていく感じです。

 

 

納品はグーグルドライブを使うことが多い

 

記事を書いたら納品をしますが、最近はグーグルドライブという無料のクラウドソフトを使っての納品が増えています。

 

グーグルドライブはオンライン上のオフィス系ソフトです。その中の「ドキュメント」がマイクロソフトでいうワードと同じような役割のソフトになります。

 

ドキュメントに記事を書いて(またはコピペして)、「共有」をすることでオンライン上で企業の方が確認できるようになります。

 

グーグルドライブはグーグルアカウントがあれば無料で使えるので先に作っておいて軽く触っておきましょう。

 

スポンサーリンク

執筆テーマについて

 

ライター募集時には「●●系の記事の執筆」といった感じでざっくりとしたテーマしか告げられていない場合も多くあります。

 

実際に書く記事の詳細なテーマについては以下の2つの方法で伝えられます。

 

1、毎回メールでテーマが伝えられる。
2、グーグルドライブのスプレッドシートにキーワードの一覧が用意されている。

 

メールでのやり取りが主な場合は、毎回記事のテーマと執筆における要望点などがメールで届きますので、タイトルや目次となる見出し、納品予定日を返信します。OKが出れば執筆開始です。

 

グーグルドライブのスプレッドシートで確認する場合もあります。ライターがたくさんいる場合などに多いです。共有スプレッドシート内に、テーマに関するキーワードがいくつも並んでいるので、その中から自分の書くキーワードを選びます。

 

そのキーワードについてどのような記事を書くかを決めたら、タイトルと見出しを考えて担当者に伝えます。その内容でOKが出れば執筆開始です。

 

 

調べる

 

執筆テーマを決めたら執筆を開始しますが、その前に情報収集が欠かせません。まずはテーマについての基本的な知識です。

 

知っていることであれば基本的な知識を学ぶ必要はありませんが、個人的なブログとは違い記事の内容に責任が伴います。間違った内容や根拠のない主張を書くわけにはいきませんので情報収集は必要でしょう。

 

また、ニーズを探すのも重要な情報収集です。ウェブ上の記事のほとんどは検索を通じて見つけられます。例えばデジタル一眼レフを探そうと思ったら「デジタル一眼レフ」というキーワードで検索しますよね。

 

多くの人は出てきたページの1ページ目しか見ないと思います。デジタル一眼レフについての記事はウェブ上に1500万件以上あります。ですが1ページ目に出てくる10件程度しか人の目に触れないのです。

 

実際、検索順位別のクリック率は1位の記事が20%、2位の記事が10%で、8位以下は1%しかクリックされていないという調査結果が出ています。

 

ウェブライティングをお願いする業者からしたら、特定のキーワードで上位に来る記事を書いてもらいたいと思っています。最低でも1ページ目には来て欲しいでしょう。

 

そうなると、ライターに求められるのはキーワードで上位が狙える記事の執筆です。そのためにはユーザーの検索意図にしっかりと答える記事を書くことが重要になります。

 

キーワードプランナーや関連キーワード検索ツール、グーグルサジェストといったウェブ上のツールを使って、読者の検索意図を調べる必要があるのです。

 

それによって、デジタル一眼レフで検索する人は「デジタル一眼レフ」というキーワードの他にも

・デジタル一眼レフ おすすめ
・デジタル一眼レフ 比較
・デジタル一眼レフ 動画
・デジタル一眼レフ 設定
・デジタル一眼レフ メリット デメリット

といったキーワードで検索していることがわかります。

 

同じデジタル一眼レフでもそれぞれのキーワードは検索意図は異なりますよね。キーワードと検索意図を理解することで、読者のニーズに合った記事を書くことができるようになるのです。

 

テーマについての知識があるだけではこうしたニーズを理解した記事は書けません。基本的な情報だけでなく、検索意図を調べることも良い記事を書くためには必要な作業です。

 

 

記事を執筆して納品する

 

情報を仕入れたら記事を執筆します。見出しに沿って中身を埋めていきましょう。

 

場合によっては画像の挿入が必要な場合もあります。画像は企業が用意してくれている場合もあれば、自分で用意しなくていけない場合もあります。

 

自分で用意する場合は「フリー素材」のサイトから画像をダウンロードして使用します。Googleの検索で出てくるような画像は基本的には著作権の関係で使えません。「引用」の条件に当てはまれば使用することもできますが、フリー素材を使っておけば安心でしょう。

 

フリー素材のサイトには「unsplash」などがあります。もしも自分で画像を用意しなくてはいけない場合は、こうしたフリーサイトをいくつかブックマークしておくと良いでしょう。

 

執筆ができたら納品します。メールにファイルを添付して送ったり、グーグルドキュメントで共有という形で納品することになります。

 

 

修正指示に従って記事の修正をする

 

記事の提出をしたら終了ではありません。先方のチェックが入り、修正の指示がくる場合があります。

 

グーグルドキュメントの場合は修正箇所にマーカーが引かれ、

・わかりにくい表現がある
・事実の相違が見られる
・情報の記述不足

といったコメントがつきます。その箇所を直して再提出します。

 

 

OKが出れば納品完了

 

先方からのOKが出れば納品完了です。納品記事の報酬は月末締め翌月●日払いなど企業によって異なります。

 

 

次の記事を執筆

 

継続案件の場合、記事の納品が完了したら次の記事に取り組みます。

 

メールで案件が送られてくる場合は次の案件を待ちます。基本的に継続案件の場合は納品後数時間で次の案件のメールが来ます。

 

スプレッドシートで管理されている場合は、次のキーワードを選んでまたタイトルと見出し付けから始めて執筆をしていきます。

 

この作業の繰り返しがwebライティングを副業として稼ぐ方法になります。

 

 

 

webライティングはスキルなしの人でも場所と時間を選ばずににできる理想の副業

webライティングはスキルなしの人でも場所と時間を選ばずににできる理想の副業

 

webライティングの仕事内容を細かく見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

よく自分の書きたい案件や書けそうな案件がないという人がいますが、情報収集してから書けば書けないものはありません。

 

わからない分野だと最初は時間がかかることもありますが、何記事か書いていくうちに業界構造がわかってくるので執筆を進めやすくなります。

 

スキルがなくても時間や場所にとらわれず出来る仕事はそう多くありません。出来るものといえば単価の安いアンケートみたいなものばかりです。

 

月に数万円を稼ぐにはwebライターとしての副業がベストでしょう。

 

まずはクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトに登録をして、案件に応募してみてください。

 

新しいステップは緊張もしますが、今までになかった経験をもたらしてくれます。是非あたらしい働き方にチャレンジしてみてくださいね。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

関連記事

初心者の副業に最適なのはライティングの継続案件|実際の仕事の流れを解説

【初心者の副業に最適なのはライティングの継続案件|誰でもスキル不要です】>>

 

 

クラウドソーシングで副業を始めたいけどできる案件がない?稼げるスキルは今からでも身につけられます

【クラウドソーシングで副業を始めたいけどできる案件がない?|結論:稼げるスキルは今からでも身につけられます】>>

 

 


 

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
副業
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました