【5選】WEBライティングで稼げるサイトはここ!初心者向け案件の探し方

ウェブライティングはどのサイトが稼げる?おすすめ案件の探し方副業

 

副業でライティングをしてみたいけど、どのサイトで探せばいいんだろう?

 

Webライティングはパソコン一台あれば、いつでもどこでもできる副業です。数ある副業の中でもスキルが無くても取り組みやすいので、非常に人気があります。

ライティング案件を扱うサイトは数多くありますが、良くない方法だと仕事を見つけられませんし、お金も稼げません。どのサイトでも良いわけではないのです。

この記事では、ライティングで稼ぐために必要な「おすすめのサイトと案件の探し方」をお伝えします。

私自身、何のスキルも実績もない状態からライティングで月に5万円を稼げるようになり、ライティングだけで数十万円の収入を得られました。

 

ライティングはプログラミングなどのスキルが必要な副業と違い、誰でも始められますし、月に数万円といったまとまった収入を得られます。

 

1日に1〜2時間、仕事の前後に取り組んでみるだけで経済的な余裕ができますし、それだけでも全然人生が変化します。

さらに、記事の執筆を通して物事に詳しくなったり、ライティングやマーケティングのスキルも身につきます。仕事外の時間でお金を稼ぎながら自分の実力を高められるので、だらだらスマホを触るよりも数倍良い時間の使い方ができますよ。

ぜひ皆さんも始めてみてください。

 

 

 

【初心者必見!Webライティングで稼ぐまでの流れと勉強法】

【Webライティングで稼ぐ方法】

Webライティングで稼ぐというのはどういった働き方なのでしょうか? まずは0からライティングでお金を稼ぐまでの流れを解説します。

 

1、ライティング案件を扱っているクラウドソーシングサイトに登録
2、出来そうな案件に申し込むまたは執筆して納品(初めは好きなジャンルから)
3、記事を書いて納品
4、訂正依頼があれば対応し、承認されれば納品完了
5、後日成果報酬が振り込まれる

 

クラウドソーシングサイトに無料でアカウントを作るところがスタートです。クラウドソーシングサイトとは、インターネット上で仕事の依頼や受注、納品ができるプラットフォームです。

 

ライティングで言えば、

・ウェブサイトに上げる記事を書いてくれる人を探している個人や企業
・記事を書いてお金を稼ぎたい人

をマッチングするサービスとも言えます。

 

登録をしたら、掲載されている案件の中から自分ができそうな案件に応募(提案)しましょう。
提案とは「●●に詳しいので、ご希望の記事が書けます。納期よりも早めに納品できますので、どうぞよろしくお願い致します。」といった感じです。

提案が採用されれば、実際に執筆して納品をします。問題なければ納品完了。先方から修正依頼があれば修正して再度納品するといった流れです。

 

とりあえず、最初は右も左も分からないと思います。その段階で大事なことは、「飛び込んでみること」です。数十円の案件でもいいので、まずはウェブライティングの業界に飛び込んでみることです。

 

初めからいきなり数千文字の文章をかける人なんていません。まずは簡単なところから始めてみて、そこから少しずつレベルアップしていきましょう。

 

それでも、最初の最初は本当に自信がないと思う人もいますよね。私もそうでした。笑

 

先に少しでもWebライティングの基本を勉強したい人は、本で勉強してもいいかもしれません。ある程度の基本を理解しておけば、仕事への恐怖はかなり和らぎます。

 

私が読んだ中でおすすめできる本は以下の3冊です。

 

また、Kindle Unlimitedを使うのもおすすめです。
.
Webライターとして稼いだ経験を持つ人が「Webライターの稼ぎ方」のようなものをKindleでも販売されています。

 

「Kindle Unlimited」はAmazonが運営している月額980円で12万冊以上の本が読み放題になるサービスです。パソコン、スマホ、タブレットを使って、読みたい本をその場で読み始めることが出来ます。

Kindleで読めるWEBライティング関係の本には以下のようなものがあります。

 

Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本 Kindleで読めるWEBライティング関連本

本を買おうと思ったら1冊1500円ほどはザラです。それが月額980円で読み放題なので、圧倒的にコスパが良いですよね。

Kindleには書店に並んでいないような電子書籍専用の本もあります。ここでしか知ることのできないWEBライティングで稼いでいる人の秘訣を読むことができるのも大きなメリットです。

 

また、30日間の無料トライアルがありますので、30日間で出来るだけの本を集中的に読んで学ぶのも1つの手。
.
期間内に解約すれば1円もかかりません。つまり、実質無料でWEBライティングでの稼ぎ方が学べるということです。

 

WEBライティングについて全くわからない人でも、こうして関連本を何冊か集中して読むことで「記事の書き方の基本」や「稼ぐための道のり」を理解できます。

Amazonでアカウントを持っている方なら、ワンクリックで今から勉強を始めることができます。WEBライティングで稼いでいる人から、成功のノウハウを学んでみてはいかがでしょうか?

 

 

→ Kindleで読める本をチェックしてみる↑30日間無料トライアルあり↑

 

 

【WEBライティングで稼ぐためのサイトと案件の選び方】

始めにもお伝えしましたが、良いサイトを選ばないと稼げません。ライティングを副業にするにあたって、良いサイトと案件は以下の条件を押さえたものです。

 

・案件に困らないこと
・稼げるのは1記事3000円以上の継続案件
・単発の数百円記事は稼ぎにくい(趣味程度ならいいけど)
・文字単価1円以下は無視していい

 

ライティングの仕事が掲載されたクラウドソーシングサイトは数多くありますが、中には仕事が全然なかったり、1記事数十円しか稼げないものもたくさんあります。そういったサイトを使って仕事を探しても稼げません。案件数の少ないサイトは無視していいです。

また、稼ぐ上では高単価案件が多いこともポイントになります。

 

・1記事500文字で500円
・1記事5000文字で5000円

 

この場合だと、後者の方が効率が良いです。

ライティングは書くことが仕事だと思われがちですが、実は仕事の中には「情報収集」の時間も多く含まれます。

情報収集は記事の文字数に関係なく時間がかかりますので、短い記事のために情報収集していると効率が悪いのです。

1記事あたりの文字数が多くなると書くのが大変だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、目次を作って要領よく書けば、すぐに慣れます。

最初は少ない文字数の案件でライティング自体に慣れることも大事ですが、稼ぐためには1文字1円以上、1記事で数千円稼げる案件を探しましょう。

 

特に文字単価が1円以上のものを選ぶということは非常に重要です。文字単価1円以下の案件はかなり劣悪だと考えていいでしょう。全く稼げませんので選ぶ価値はありません。

 

 

【Webライティングで稼げるサイト5選|クラウドワークスが初心者向き】

【ライティングで稼ぐためにおすすめのサイトと案件】

 

では、実際にライティングの仕事をするためのプラットフォームを探しましょう。ここでは案件が少なかったり低単価案件ばかりのものは除外して紹介します。

これからライティングの仕事をしたい方は、ぜひ以下のクラウドソーシングサイトに登録して仕事を探してみてください。

 

クラウドワークス:ライティング案件が多く仕事が見つかりやすい。
ランサーズ:初心者向きからがっつり稼ぎたい人向けまで幅広い案件がある。
サグーライティング:高単価案件も多く、継続して稼ぎやすい
Shinobiライティング:ジャンルが探しやすく仕事がしやすい。
EDILENT:企業から逆オファーが来るWEBライティング案件マッチングサービス

 

それぞれ詳しく解説します。

 

・クラウドワークスとランサーズ

・クラウドワークスとランサーズ(ほぼ一緒)

どちらも日本最大級のクラウドソーシングサイトです。案件は違うものの、基本的な仕事の流れはほとんど同じです。

ライティングに特化したサイトではありませんが、日本最大級というだけあって、その辺の専門サイトよりも案件数は充実しています。

案件の内容は、5分ほどで数百円が稼げるタスク案件から月に数万円稼げるプロジェクト案件まで様々です。

タスク案件は主に商品の感想や体験談を書くことが仕事で、ちょっとした時間にやりたい人におすすめです。執筆は基本的にサイト上のフォームに入力して納品します。

プロジェクト案件は長期の継続案件が多いため、毎月数万円を稼ぎたい人におすすめです。プロジェクト案件の場合は、ワードなどで記事を書きます。そして、グーグルドライブなどのクラウドソフトを使って納品し、修正依頼がきたら対応。問題なければ納品完了といった流れです。

継続案件の場合は、記事納品後に次の記事のテーマが与えられ、それについてまた執筆するということの繰り返しになります。

 

納品ごとに新しい仕事を探して提案するという作業が不要になりますので、その分執筆に集中できて稼ぎやすくなります。
.
ライティングで稼ぐなら、継続契約ができるかどうかが1つのポイントでしょう。

 

クラウドワークスとランサーズを利用する場合は一点だけ注意点があります。それは、報酬獲得から180日以内に出金しなかった場合、獲得した報酬がなくなってしまうということです。

本人確認や振込口座の登録を忘れなければ良いのですが、もう1つ条件があるんです。それが「獲得報酬1000円以上にならないと振込依頼できない」というルールです。つまり、低単価案件の場合はいくつか仕事をこなして1000円以上にならないと、報酬を得ることができません。

「試しに低単価案件にチャレンジしてみたけど、つまんなかったからやめた」といった場合、せっかく時間をかけて情報収集して仕事をした分の報酬が180日後には消えてしまいます。

1000円以上の高単価案件であれば問題ありませんが、180日以内に1000円以上いかない場合は無駄になってしまうことを覚えておいてください。

クラウドワークスでは、ライティングスキル向上のためにホームページ上で受けられる「ウェブライター検定1〜3級」も実施中です。

3級は無料で受けられるので、腕試しに受けてみてはいかがでしょうか? 合格するとバッジがプロフィールに表示されますので、仕事が獲得しやすくなるかもしれません。

 

クラウドワークス 無料登録はこちら

 

 

・サグーライティング

・サグーライティング

サグーライティングは、ライティングに特化したクラウドソーシングサイトです。ウェブライティングの副業をしている方に人気のサイトで、利用者の中には月に数万円以上稼いでいる人も多い印象です。

1件数百円程度のレギュラー案件と、1件4000円ほどのプラチナ案件があります。プラチナ案件は、サグーワークスの独自テスト「プラチナライターテスト」に合格しなければ応募できないようになっています。

プラチナライターテストは誰でも何度でも受けられます。フィードバックも受けられますので、ぜひチャレンジしてスキルを伸ばしましょう。

プラチナライターテストに合格すれば、サグーライティングに限らずライティングの仕事はどれでもこなせる実力があります。ライティングスキルを高めるためにも、ぜひとも使いたいテストです。

サグーライティングでは、毎月の獲得金額ランキングが公表されています。プラチナ案件を定期的に受ければトップ10入りは難しくありませんし、上位に表示されればモチベーションも上がります。上位者にはボーナスポイントもあるので、楽しみながら副業ができますよ。

 

サグーライティング 無料登録はこちらから

 

 

・Shinobiライティング

・Shinobiライティング

Shinobiライティングも、ライティング案件に特化したクラウドソーシングプラットフォームです。

美容、生活、ビジネス、ITなどテーマが分かれていて、案件の探し安さはナンバーワンです。「1000文字以上の案件」や「500字以下の案件」など、案件のボリュームで絞ることもできます。

Shinobiライティングはクラウドワークスやランサーズと違う点が2つあります。

 

・サイト上のフォームで記事を書く
記事を執筆後、採用されれば報酬が得られる

 

気になる案件が見つかればサイト上でそのまますぐに記事を執筆できます。メールフォームに入力するのと同じような感覚でした。使用して欲しいキーワードやその回数が指定されるので、それに従って執筆します。

そして、最大の違いは、「仕事を受注してから執筆する」のではなく、「執筆して採用されでれば報酬がもらえる」という点です。

 

逆に言えば、執筆しても採用されなければ無駄働きになるということです。

 

私が取り組んだ案件は募集数も多かったためか、問題なく採用してもらえました。しかし、採用されないと無駄働きになるのは気になりますよね。

手軽に書けるような案件が多いので、情報収集で時間がかかることは少ないです。また、サイト上で手軽に執筆できるのもメリットです。

空いた時間にちょっとだけやるのには向いていますので、他のサイトと掛け持ちで登録しておいてスキマ時間で取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

なお、Shinobiライティングでは、

5記事採用ごとに+100P
50記事採用ごとに+1000P

などのキャンペーンもやっています。こうしたボーナスポイントを得られるのも嬉しいですね。

 

Shinobiライティング 無料登録はこちら

 

・EDILENT

EDILENTはShinobiライティングが運営するWEBライターのマッチングサービスです。

公募型とオファー型があります。公募型は上記で紹介した他のクラウドソーシングと同じようなもの。自分で興味のある案件に応募し、採用されれば記事の執筆を行います。

 

一方のオファー型は、EDILENTの最大の特徴とも言えます。
.
自分のライターとしてのスキルや実績をプロフィールに書いておくことで、企業側から記事執筆の依頼が来ます。得意分野を記載しておくことで声がかかる可能性があるのです。

 

しかし、オファー型の場合はあくまでこれまでの実績を見て仕事のオファーが来ます。そのため、中級者向けとも言えます。

初心者のうちは他のサービスで実績を積み、実績ができたらEDILENTに登録してオファーを待つ。そうすれば、長いスパンで活躍できるWEBライターになれるでしょう。

 

EDILENT公式サイト

 

 

【WEBライティングなら副業初心者にもおすすめです】

【ライティングは初心者からでも稼げるようになりやすい副業です】

以上が、ライティングで稼ぐためにおすすめなサイトと案件の選び方でした。

 

まとめると、

・ここで紹介した全てのサイトに登録
・数百円の簡単な案件に応募
・5〜10件くらい練習でやってみて、プロフィールや実績に書く
・高単価の継続案件に応募
・継続的にライティングの仕事で収入ゲット

といった流れで取り組みましょう。

 

初めは自分の興味のある分野を選んで取り組めばOKですが、それだけだと出来る案件を狭めてしまいます。

実際のところ、ライティングの仕事は「情報収集」さえすればそこまで詳しくない分野でも執筆できますので、慣れたらどんどんいろんな案件に挑戦しましょう。

私も毎回テーマについてググって、上位表示されているサイトを5つほど見て情報収集していました。知らないテーマでも、基本的には全てググって調べて書けばOKです。

 

これが出来るようになると、何のテーマでも記事が書けるようになるので無敵ですよ。

 

ライティングは自分の人生の武器にもなり得ると思います。それは書く技術ではなく、物事に詳しくなる技術が磨かれるからです。

記事を書くためには情報収集をして体系的にまとめなければなりません。そのため、いつの間にか好きなことをより深堀りできます。

興味を持った分野について詳しくなるのも早くなりますし、興味のない分野ですら情報収集のコツがわかっているので詳しくなれます。

 

情報は武器になります。それを使って自分の人生を切り開いていくこともできますし、誰かに教えることでお金にもなります。ライティングはそんな武器を磨くための副業にもなり得るのです。

 

スキルがなくてもここで紹介した方法を参考にすれば今日から始められます。ぜひ皆さんも取り組んでみてください。

 

 

記事で紹介したクラウドソーシングサイト
クラウドワークス:ライティング案件が多く仕事が見つかりやすい。
ランサーズ:初心者向きからがっつり稼ぎたい人向けまで幅広い案件がある。
サグーライティング:高単価案件も多く、継続して稼ぎやすい
Shinobiライティング:ジャンルが探しやすく仕事がしやすい。
EDILENT:企業から逆オファーが来るWEBライティング案件マッチングサービス

 

【WEBライティング 関連記事】

【4選】WEBライティングおすすめ講座&スクール|書き方と稼ぎ方を学んでWEBライターになろう

【Webライティング】月10万稼ぐには? 初心者でも案件を獲得する2つのコツ

WEBライティングの副業ってどんな仕事? 初心者からの始め方とステップを解説

【なぜ?】WEBライティングで仕事が取れない理由|クラウドソーシングで受注率をアップするコツ

【最短】副業で稼ぐ力がつくおすすめスクール7選|独学では稼げない理由

プロフィール
執筆者
にしむー

にしむーです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

副業
ライフワークカフェ