【自営業必見】副業で収入の悩みを解決|おすすめの稼げるダブルワークを紹介

個人事業主が副業をした方がいい6つの理由カフェの始め方 
スポンサーリンク

 

働き方改革で多くの企業でこれまで禁止されていた「副業」が解禁されました。

個人で事業を経営するみなさんにはあまり関係がないもののように思われるでしょうが、決してそうではありません。

 

企業に勤めるサラリーマンだけでなく自営業にとっても、副業をやることはいくつものメリットがあるのです。

 

私は2014年に脱サラして夢だったカフェ経営を始めましたが、現在いくつかの副業をしています。

ハンドメイドアクセサリーを作ってネットで販売したり、webライターとしてwebメディアに掲載する記事を執筆したり、ブログを書いて広告収入を得たり、webデザインを行ったり。

これらのことを、本業のカフェ経営と並行しておこなっています。

 

この記事では、小さなお店や商いをされている自営業者の方に向けて、自営業者こそ副業をすべきだと思う理由をお伝えします。

 

実は、比較的時間に融通の利く自営業者は副業に向いているんです。

 

副業をやっている人の中には、月に1〜3万円程度から数百万円ほどを稼ぐ人まで幅広くいます。共通するのは、副業を通して収入をアップし、新しいお金の稼ぎ方を見つけていることです。

 

自営業よりも安定しているはずのサラリーマンでも副業をしてリスク管理をしています。自営業者ならなおさら副業を始めておくべきでしょう。

経営者に副業は関係ないと思っていると、すぐに時代に取り残されてしまいます。

 

大事な店や家族を守っていくためにも、自営業の副業方法を参考にしてみてください。

 

 

⬇︎こちらもおすすめ

 

スポンサーリンク

【自営業が副業をすべき8つの理由|収入以外にも様々なメリットが】

自営業の方が副業をすることのメリットは8つあります。

  • 収益源になる
  • 不安が減る
  • 一つの事業への依存度が減る
  • 働きながら同時並行で出来る
  • 将来への投資になる
  • 相乗効果を生むこともある
  • どんなに努力しても本業が未来永劫続くわけがない
  • 「待ち」の仕事ではなく「取りに行く」仕事が出来る

 

それぞれ解説します。

・収益源になる

本業以外の収入があることは、経営を安定させてくれます。

 

客商売をやっている以上、売り上げには波がありますよね。

日々良いお店になるよう改善に努めたり、新メニューを考えたり、SNSを使って告知をしたり、雑誌に取り上げてもらえるようにプレスリリースを送ったりと、あらゆる方法で事業を継続していこうと努力されているはずです。

 

しかし、それでも全てに効果があるわけではなく、どんなに頑張ってもお客さんが全然来てくれない日もあると思います。

そんな日に、落ち着かずに掃除をしたり指をくわえて待っていても1円にもなりません。

 

ですが、その時間を使って副業をすれば収入になります。

本業だけで暮らしていくのが理想ですが、何もしない時間がどうしてもできてしまう以上、その時間を使って副業をすることで収入につなげることが出来るのです。

 

・不安が減る

副業の収入によって経営上の経済的に厳しい局面が減れば、悩みや不安も減ります。

それがどれだけ心に平穏をもたらすかは、自営業の方であれば想像に難くないはずです。

 

自営業者が事業を辞める大きな理由は2つあります。

1つは経営が立ち行かなくなって「廃業」に追い込まれる時。そして、もう1つの大きな理由は「心労」です。

 

「明日はお客さんが来てくれるだろうか?」
「いつまで続けられるだろうか?」
「サラリーマンに戻った方がストレスなく生きていけるかもしれない…」

 

ほとんどの自営業者はこのような心労を常に抱えて生きているのではないかと思います。

 

どんなに努力してお店が賑わったとしても栄枯盛衰。見えない将来への不安を常に抱えながら生きていくのが自営業という働き方です。

 

自由で自分の努力次第で収入を上げれるように見える反面、サラリーマンのように毎月決まった給料を当たり前のようにもらえる保証はありません。

そうした不安を抱えながら生きていくのは、正直言って幸せではありませんよね。

 

「好きなことを仕事にできても、不安が大きくて全然幸せを感じられない。それならサラリーマンに戻ろう。」と思う人も少なくないようです。

 

副業をすることで全ての不安がなくなるということはありません。しかし、波に身を任せて漂うよりは確実に仕事を取りに行けます。それによって不安を減らすことができます。

 

・一つの事業への依存度が減る

投資の世界においては、効率的に富を増やす基本は「分散投資」をすることだと言われます。

一箇所だけに投資をするよりも、様々な種類、様々なエリアに投資をすることでリスクを分散することができます。

 

事業においても同様に、一つのお店にのみ全精力を費やすことはリスクを大きくします。

 

ここに、一つの飲食店のみを行なっている人と飲食店の他にも三つの事業(複業)を行なっている自営業者がいると想像してみてください。

時代の流れや周辺環境の変化で、ともに飲食店が前年比50%も下がってしまったとします。

そうなると飲食店だけをやっていた人は大ダメージです。廃業に追い込まれる可能性もあります。

 

しかし、複数の事業を行なっていた人は、飲食店が昨年比50%減になったのは痛いですが、それでも他の事業が支えてくれています。

副業は主の事業を支えてくれる重要な要素になるのです。

 

また、一つの事業への依存が減れば、身動きも取りやすくなります。

副業だけで生活していくお金を稼ぐことができれば、本業を辞めることだってできるのです。

夢や目標を持って始めたお店でも、時間が経てば夢も理想が変わることもありますよね。

その時に本業への依存度が高ければ、辞めるなどの身動きが取れません。

 

人生における新しい挑戦をするためにも、一つの事業に依存しすぎるよりも分散することが重要です。

 

自営業者は一つの事業しかやってはいけないわけではありません。自営業者にとっては行動のすべてが「事業」なのです。

 

一つのことをやり続けることも素敵なことですが、依存しすぎると身動きが取れなくなります。

事業が悪化した時には致命的なダメージを避けることができなくなるというリスクもあります。

これからの時代はさらに変化が激しくなることが予想されます。今のうちから副業を始めて柔軟な働き方にしておいた方が良いかもしれません。

 

・働きながら同時並行で出来る

自営業は基本的に自分のお店や仕事場に出勤して仕事を行います。

常にお客さんがいて仕事があって、毎月なんの心配もなく事業ができているのであれば問題ありませんが、すべての人がそうではありません。

仕事やお客さんが少ないと、掃除をしたりぼんやりとした時間というのも大きくなりますよね。

 

会社員であれば毎日の仕事が必ずありますが、個人事業主の場合はお店を開けたとしても仕事がない状態もあります。

もちろん、お店は開けなくてはいけませんので、アルバイトのような形で外に働きにいくこともできません。

 

そんな時に、仕事場にいながら空いた時間を使ってできる副業があれば、本業と副業を両立できます。

 

飲食店などであれば、お客さんが来るかどうかは開けるまでわかりません。もっと言えば、開けてもお客さんが来なくて「暇かな?」と思っても直後に混雑し始め、結局一日が終わる頃には「忙しい一日だった」なんてこともありますよね。

開けるまでわからないのではなく、閉めるまでわからないのです。どうやったって「運」の要素も大きいと言えます。

 

お店が忙しい時はお店を一生懸命頑張って、お店が暇な時には副業にその時間を充てる。会社員であれば働きながら同時に副業はできませんが、自営業なら可能です。

 

そう考えると、実は自営業者はサラリーマン以上に副業をしやすい面もあるのです。

 

・将来への投資になる

副業は皆さんにとって新しい「稼ぐ力」になります。

 

多くの人は本業をやめたら働けないと思っています。しかし、副業を経験すれば「お金の稼ぎ方は他にいくつもあるんだな」と気付くことが出来ます。

 

副業を通して本業以外のスキルを磨いていけば、それは将来への投資にもなります。

 

例えば、プログラミングやウェブライティングを学んで稼げるようになれば、副業といえども立派にスキルになっています。

そうしたスキルを今のうちから磨いておけば、将来万が一本業がダメになったとしても、他の仕事をすぐに見つけることが出来るでしょう。

 

逆に何のスキルも持っていなかったとしたら怖いですよね。

副業は収入を増やすため以外にも、スキルアップや将来への投資にも繋がるのです。

 

・相乗効果を生むこともある

副業の種類によっては、本業との相乗効果のある働き方もあります。

後ほど、自営業者におすすめの副業でも紹介しますが、本業でのスキルを活用した副業ができれば、副業収入だけでなく本業での収入アップにも繋がります。

 

本業で稼げないからしょうがなく副業をするというイメージの人もいるかもしれませんが、実は副業には本業をパワーアップさせる力もあるのです。

 

・どんなに努力しても本業が未来永劫続くわけがない

飲食店の廃業率は、3年で50%、10年以内に90%以上と言われています。

地方であれば競争は都会よりも少ないのでもう少し長いですが、それでも1つのお店を一生続けることは奇跡に近いでしょう。

 

この生き方を選んだ時点で覚悟しておくべきことではありますが、「未来永劫は続けられない」という事実を受け入れるべきです。

 

だからこそ、本業以外にも稼げる何かを持っておくことが重要です。

逆に本業以外にも収入源を持っておくことで、本業の経営を助け、より長い期間事業を続けていくこともできるようになります。

 

・「待ち」の仕事ではなく「取りに行く」仕事が出来る

自営業者の多くは、お店を開けてお客さんの来店を待つ「待ちの商売」です。

お客さんが来てくれたら仕事があるけれど、来なければ仕事はありません。かといって「取りに行く仕事」を積極的にできるわけではありません。

 

お店からの営業というのは客側からしたら得てして「鬱陶しいもの」になるからです。事業を知ってもらうために広告は重要ですが、度が過ぎると逆に評価を落としてしまいます。

 

イメージを大事にするカフェや美容室の場合は特にそうした営業がかけにくいですよね。結果的に待つことしかできません。

 

ですが、副業であれば別です。時間がある時には積極的に仕事を取りに行けます。

これは待ちの商売をしていた人にとっては非常に新鮮な体験になると思います。

多くのサラリーマンにとって「営業」はしたくない仕事です。初対面で緊張するし、どんな人かわからないし、断られたり無下にされたら傷つきますよね。

正直仕事が取れなかったからって給料がゼロになるわけでもないですし、モチベーション高くやれる仕事ではないと思います。

 

しかし、自営業者にとっては、一件一件の仕事は貴重な収入であり、生きていくために不可欠なものです。サラリーマンにとっての営業よりも、頑張り甲斐があるものになります。

 

待ちの仕事に疲れた方にとっては、副業を通して「取りに行く仕事」ができるというのは新たな刺激にもなるはずです。

 

 

【副業で出来る仕事の種類を一覧で紹介】

【報連相ができない人の理由がやばかった|3つの原因が成長を妨げる】

副業と言っても、その種類は数百種類以上あると言われます。以下はその一例です。

 

  • 情報発信(ブログ・アフィリエイト)
  • プログラミング、WEBデザイン
  • ネーミング
  • 動画編集
  • WEBライティング
  • せどり、転売
  • イラスト、デザイン
  • ハンドメイド
  • 英語
  • 写真
  • 単発アルバイト
  • 投資(株、不動産)

 

昔は新聞配達やコンビニでのアルバイトなどが一般的でしたが、最近は多くの人がクラウドソーシングサイトを使って副業をしています。

クラウドソーシングでは主に単発の仕事の案件が募集され、募集されている仕事に応募をして仕事をこなすという働き方です。基本的にはインターネット上で仕事を受注してパソコンで仕事をします。

 

その他にも趣味や特技を「商品・サービス化」するマネタイズ方法も増えてきました。

例えば、ギターが得意な人が1時間1000円で教えたり、お店の開業経験のある人が開業をしたい人の相談に乗るといった感じです。

クラウドソーシングが応募されている仕事をこなす働き方であるのに対し、こちらは事業のチャンネルを増やすような働き方であると言えます。本業のスキルを活用しやすい働き方です。

 

このように、副業には非常に様々な働き方があります。こうした副業での稼ぎ方について詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

 

>>【完全版】おすすめ副業ガイド|副業の選び方と始め方を0から丁寧に解説

【完全版】おすすめ副業ガイド|副業の選び方と始め方を0から丁寧に解説
この記事では、副業に興味がある方に向けて、副業の種類と選び方、スキル0から稼げるようになるための始め方を解説します。数百種類の副業の中からどれを選べば良いのかわからない方も多いと思います。副業によっては選び方を間違えると全く稼げずに終わってしまいます。そうならないように選び方と始め方を0から丁寧に解説していきます。

 

ですが、これだけでもありすぎてどれをしたら良いのか迷ってしまいますよね。自営業の人にとってはどのような基準で副業を選ぶのがよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【ダブルワーク選びのポイント|おすすめはインターネットを使った副業】

副業といってもその種類は多岐に渡りますが、自営業の方におすすめの副業の条件は4つあります。

 

  • 家や会社などどこでもできる
  • 初期投資がかからない(リスクがない)
  • スキルとして磨かれる
  • 副業をしていることが見つからない

 

本業があって仕事場から離れることはできないのでジアt区でできる仕事がいいですし、お金が欲しくて始めるのに最初にお金がかかってしまっては元も子もありません。

また、地方の方では副業はまだ「お金がない人がやること」というイメージも残っています。

もし事業主であるみなさんがコンビニで副業をしているところを見たら、お店がうまく言っていないのかもと勘ぐられ、その噂はたちまち広がってしまうかもしれません。

そうならないためにも、なるべく人目に付く副業は避けた方が良いでしょう。

 

こうした条件に合致する副業。それが「パソコンとインターネットを使ってできる副業」です。

 

パソコンとインターネットを使った副業には以下のようなものがあります。

 

  • ホームページの制作をする仕事
  • web上のメディアに記事を書く仕事
  • 画像を編集して広告を作る仕事
  • Youtubeの動画編集クリエイターの仕事

 

これらの仕事は、直接依頼主と合わなくても、メールでのコミュニケーションやデータのやり取りで仕事が完結します。つまり、家や仕事場から出ずに仕事ができるということです。

 

インターネットでの仕事は、パソコンとネット環境さえあればどこでも省スペースでできます。

空いた時間ですぐに取りかかることができる点が、本業の隙間時間で行う副業に向いている点です。

 

また、パソコンとネット環境だけなので、格安パソコンの購入ととモバイルWi-fiの契約を合わせても15000円程度から始めることができます。

すでに持っている人も多いと思うので、その場合は1円もかかりません。

インターネットでの仕事はこれからさらに増えます。その時にスキルを身につけて仕事ができる力があれば、本業が芳しくないときでも仕事に困ることはなくなります。

 

 

パソコンとネットで出来る副業は、主にクラウドソーシングサイトの「クラウドワークス」や「ランサーズ」で募集されています。

興味のある副業がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【自営業が本業を活かして稼げるおすすめの働き方】

【集中できる時間&集中を最大化する方法を取り入れてライフハックしよう】

パソコンとネットでおこなう副業も良いのですが、実は自営業の方にしかできないとも言える副業があります。

それは「経験をお金に変えること」です。

 

個人事業主の方なら新たにスキルを身につけなくても、本業における知識を人に伝えるだけで副業になります。これは「本業の利子」とも言われる考え方です。

 

飲食店の方であれば専門的な調理技術や調理のコツは押さえていらっしゃるはずです。

それだけでなく、飲食店経営の中で掴んだ集客方法やリピート客を増やす方法など、たとえ当たり前にやっていることでもそれは立派なスキルです。

 

そんな大それた知識やスキルはないよと思われる方もいるかもしれません。しかし、これから事業を始めたいと思っている方にとってはみなさんは憧れの存在なのです。

みなさんも事業を始める前は、その事業について多くのことを学んできたのではないでしょうか。

本や学校、またはインターネットの情報を頼りにスキルを学び、事業計画を築いてきましたよね。

 

今、昔のみなさんと同じように事業を始めようと思っている方は、まさにそうした情報を求めています。

みなさんの持っている情報を発信することは、昔のみなさんと同じ道を歩んでいる人にとって非常に有益なものとなるのです。

現在、情報をお金に変えるプラットフォームはいくつも存在しています。それらを上手に利用して価値を発信すれば、みなさんにしかできない副業になります。

 

・個人事業主が経験と知識とスキルを副業に変える方法

事業をやっていく上で身につけた知識と経験を副業につなげる方法は、「経験を体系的にまとめた上で提供すること」です。

ほとんどの場合、意識していなければ経験や知識は断片的なものです。それをまとめることがまずは重要です。

 

本屋さんに行くと、事業の始め方や経理の仕方、集客方法などについて書かれた本が売ってあります。

要はそうした本と同じような情報をみなさんも発信することで収入を得ることができるようになります。

 

本を出版しようというのはハードルが高いですが、今は本を出版しなくても情報で稼ぐ方法が存在します。

 

  • ウェブサイトを作ってそこに情報を網羅的に集め、広告収入で稼ぐ
  • noteやココナラといったサービスを使い、情報を販売する

 

こうした「知識で稼ぐ方法」を以下で詳しく解説します。

 

お金を稼げる稼げないに関わらず、自分の経験をまとめて誰かに伝えるということについては興味のある方も多いはずです。

これから事業を始めたいと思っている「昔の自分たち」のような人は世の中に大勢います。

試行錯誤しながら事業を興し、悪戦苦闘しながらも経営を頑張ってきたみなさんの経験は、若い人たちにとって重要なヒントになります。

彼らに経験を伝えるのは、事業を始めたみなさんの使命の一つになり得るのではないでしょうか。

 

また、経験をまとめることは自分の人生を振り返ることでもあります。その中でまた新しい気づきや学びが得られることもあるでしょう。

 

まずは、経験や知識というものが必要としている人にとってはお金を払ってでも知りたいものになるということを理解しましょう。

経験に基づく知識の発信が副業になるというのはこういうことなのです。

 

・知識を集めた専門的なウェブサイトを作って稼ぐには

では実際にどうやって情報を発信したら良いのでしょうか?

一番最初に始められることは、皆さんの知識を記事という形にしてインターネット上に上げることです。

知りたい情報があるとき、人はネット上でそのことを調べます。例えばカフェを始めたいと思ったとき、インターネットで「カフェ 開き方」のような感じで検索をしますよね。

 

皆さんも何かを知りたいと思った時にこのような検索をした経験があるかっと思います。そして、何かしらの答えに巡り合ったはずです。そうした答えとなる記事を書くのです

飲食店をされている方であれば飲食店の開業や経営などについての記事を集めたウェブサイトを、資格を有した専門的な仕事をされている方であれば「専門家が教える●●●●」のような記事を書いたウェブサイトを作るといった感じです。

 

人の役に立つ記事を書けば、多くの人がみなさんのウェブサイトを見に来ます。

そのウェブサイトにGoogleの広告(アドセンス広告)などを貼ったり、商品やサービスの広告(アフィリエイト広告)を貼ることで収益化できるようになります。

 

ウェブサイトはワードプレスというウェブサイト作成ツールを使って作ります。初期設定が少しややこしいですが、そこをクリアすればあとはWordと同じような感じで文章を書いたり画像を貼ったりするだけで記事の投稿ができます。

 

実際にどういったことを書くかは初めに決めておいたほうがスムーズに書き進められるでしょう。

私が「カフェを開業したい人に役立つサイト」を作ろうと思ったときは以下の流れでテーマやタイトルを決めましたのでよければ参考にしてください。

 

  1. 「カフェ開業」でどのようなサイトが出てくるか調べる
  2.  「コンセプト」「開業資金」「物件探し」「経営」などサイトの核となるテーマを決める
  3.  その中でみんなが知りたいだろうことや役に立ちそうなことを洗い出す
  4.  さらに「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」「関連キーワード取得ツール」を使ってどのような質問や知りたいニーズがあるかを調べて加える

 

ここまでやってみると、自分がどういったサイトを作れるかが見えてきます。あとはその記事テーマについて一つ一つ記事化します。

最初は慣れませんが、徐々に頭の中が整理されてきます。なんとなくやって来たことがしっかり明文化され再現性のある「知識」として現れるのは楽しくもあります。

記事が10記事ほど出来上がれば、Googleアドセンスに申請してみましょう。承認されれば収益化が始まります。

 

【経験と知識を武器に自営業者は新しい稼ぎ方が出来る】

【ブログを続ける秘訣は?|マナブさんイケハヤさんに学ぶ10のコツ】

このように事業の経験と知識を体系化することで、人の役に立つコンテンツを作りながら収益化させることができます。

 

みなさんの知識は事業を始める前の人にとっては知りたくてしょうがない情報かもしれません。

本業の中で自然と身につけたものは誰にでもあるものです。それを人の役に立つようにまとめて体系化しようとするかしないかでこれからの働き方は大きく変わってくるでしょう。

 

この記事ではウェブサイトを使っての収益化をご紹介しましたが、さらにその先にも事業の知識と経験で稼ぐ方法が存在します。

 

  • 電子書籍や本を出版する
  • 上記の媒体をもとにしてコンサルタントを請け負う
  • 人を集めてセミナーを開く

 

今の時点で、セミナーを開くなんて考えられない方も多いと思います。いきなりそこを目指す必要は全くありません。

ですが、知識をまとめればこういうこともできるのです。将来の選択肢の一つとして知っておくかどうかは重要なポイントになります。

 

一生をかけて一つの事業を続けていける自営業は稀です。多くの経営者は時代に合わせて変化をしながら進んでいます。

 

もちろん本業に力を入れることは重要です。

しかし、複数の事業でリスクを分担させながら経営することは事業を長続きさせるコツとも言えます。

知識であれば新しいスキルを身につけなくとも活用することで収益につながる可能性があります。

 

副業ブームの中、自分のウェブサイトを作ってブログを書いて稼ぐという方法は多くの人に注目されています。

しかし、自営業ほどの実践に即した知識は誰も持っていません。事業をやっているというのはそれだけでアドバンテージがあるということです。

 

今は昔よりもそのチャンスを生かしやすい時代です。知識と経験を使って収入を上げる方法にぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

【自営業の副業 関連記事】

 

・【あなたが始めるべき副業はこれ|スキル&収入アップできる3つの副業】

・【副業で出来るフリーランスの仕事ってどんなもの?始め方やスキルの学び方を解説】>>

・【副業の人気ジャンルを一覧で紹介|目的別のおすすめ副業はこちら】>>

 

スポンサーリンク

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
カフェの始め方  副業
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました