おすすめ16選!起業を考えている人が読んでおくべき本|スタートアップに必須の思考法が学べる

おすすめ16選!起業を考えているなら読んでおきたい本|スタートアップに必須の思考法が学べるビジネススキル/仕事術

この記事では、起業を志している方におすすめの書籍を16冊紹介します。

私も大学時代に起業に憧れ、2014年に独立。その後小さなビジネスをいくつも立ち上げてきました。

起業を実現できたのは本の力が非常に大きかったと実感しています。多くの先人や専門家からビジネスを学ぶことは必ずあなたの力になるはずです。

  • 自分の作った事業で社会を変えたい
  • 起業で成功して周りを見返したい
  • 大金持ちになりたい
  • 起業して自分の人生を最高のものにしたい

こうした想いを持っている方にとって有益な本ばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

 

【本で読んで満足してませんか?起業人の最短ルートは読書ではない】

【本で勉強して満足してません?起業を決意している人の最短ルートは読書ではない】

本の紹介の前に、起業を志している人が気をつけておくべきことがあります。

それは、「起業の勉強は本でしかできないと思っていませんか?」ということ。または「勉強しただけで起業家になったつもりでいませんか?」ということです。

実は、起業をしたいと考えていても、情報収集するだけで行動できない人が大半。結局勉強している自分に満足して逃げているだけの人も多いのです。

本気で起業をしたいと考えているのであれば、起業するという行動を前提とした勉強が必要。ですが、本を読むだけで行動できていない人が多いのも実情です。

では、どうしたら起業に向けて最短で勉強できるのか? その1つの方法が「起業家養成を目的としたビジネススクールに通うこと」です。

コロナ渦でビジネスを学べるオンラインスクールが増えましたが、実は起業家を目指す人向けのビジネススクールもあります。

それが、日本最大級の起業支援メディア「アントレグループ」が運営する「起業の学校」です。

「起業の学校」とは、経営スキルを学んで実際に事業構築や起業体験ができるオンラインビジネススクールです。

起業の学校

  • 経営スキルの習得
  • 事業計画と起業体験
  • 起業を志す仲間や相談できるメンター

こうしたスタートアップに必要な力や仲間を身につけることができます。

起業家になるためのプログラムは、サイバーエージェント、孫泰蔵氏、LIFULL、クックパッドなどのサポートを受けて開発されており、卒業生の中には、以下のような実績をあげている方もいます。

  • 25歳で創業3ヶ月で黒字化に成功し、6事業を手がける方
  • 24歳で数億円規模の事業売却に成功した方
  • 27歳で2.4億円の資金調達に成功した方

3ヶ月のプログラムの中で起業の勉強からビジネスを構築して事業化、収益を発生させるところまでいけるスクールは他にはありません。

なるべく早く、絶対に起業をしたいと考えている方にとって起業家になれる最短ルートだと言えます。

起業の学校では無料の体験会も行っており、その内容は90分間と大ボリューム。起業に向けて何を考えるべきかがこの説明会だけではっきりわかります。

【起業の学校 無料体験の内容】

  • 起業準備の難所とその乗り越え方とは?
  • 起業のメリットとリスクとは?
  • 起業成功に必須の8ステップとは?
  • WILLFU 社会人講座 でできること
  • 授業の様子〜起業の失敗事例とその防止策とは〜
  • 料金、日程、質疑応答等

こうしたことを学べて、起業のきっかけにもなる内容です。

起業に興味のある方は無料体験だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

 

起業の学校について詳しく見る

無料体験だけでも価値あり

 

【ビジネスで役立つ基本的な思考法が学べる本】

【事業アイデアのヒントが学べる本】

それでは起業に役立つ本の紹介を始めます。まず紹介するのは「ビジネスで役立つ基本的な思考法が学べる本」です。

起業のためには事業計画書の書き方などのノウハウも必要ですが、ビジネスを始めるためにはビジネスの思考法も不可欠。

まずはこれらの本からビジネスの思考法を学びましょう。

起業だけでなくビジネス全般に役立つ考え方が学べる本が以下の4冊です。

  • イシューから始めよ
  • 0秒思考
  • 思考・論理・分析
  • ドラッカーの実践マーケティング

それぞれ紹介します。

・イシューから始めよ 〜知的生産のシンプルな本質〜

・イシューから始めよ 〜知的生産のシンプルな本質〜

ビジネスの課題を見抜いて、最善の解決策を思いつくための思考法を学べる一冊

目次

  • はじめに 優れた知的生産に共通すること
  • 序章 この本の考え方―脱「犬の道」
  • 第1章 イシュードリブン―「解く」前に「見極める」
  • 第2章 仮説ドリブン(1)―イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる
  • 第3章 仮説ドリブン(2)―ストーリーを絵コンテにする
  • 第4章 アウトプットドリブン―実際の分析を進める
  • 第5章 メッセージドリブン―「伝えるもの」をまとめる
  • おわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう

感想

「うまくいっていないけど何を考えたらいいかわからない。」これは仕事をしている人の誰もが経験した悩みではないでしょうか。

まずは問題(イシュー)をどう設定するかが重要。良い問いは良い答えを導くと言われるますよね。

著者が、脳科学、マッキンゼー、ヤフーといったキャリアの中で生み出した問題設定と課題解決法を学べる一冊。

これを読むことで問題へのアプローチの質が上がるようになります。


・0秒思考 〜頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング〜

・0秒思考 〜頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング〜

トップアスリートも戦略コンサルタントも実践する、頭がよくなり、心も鍛えられるトレーニング。

目次

  • 第1章 「考える」ためのヒント
  • 第2章 人はゼロ秒で考えられる
  • 第3章 ゼロ秒思考をつくるメモの書き方
  • 第4章 メモを使いつくす
  • 第5章 メモの整理・活用法

感想

考える時間が長いほど良いアイディアを思いつけるというのは幻想。1分で答えを出すと決めて集中して考えた方が良いアイディアも出やすいということに気付けました。

思考に時間をかけないことで生産性は大きく向上します。起業して経営者になれば、考えることは山のようにあります。

スピーディーに物事を進める上でも身につけておきたい考え方です。


・思考・論理・分析 〜「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践〜

・思考・論理・分析 〜「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践〜

ビジネスに不可欠な「分析」の方法を身につけられる数少ない良書

目次

  • 第1章 思考(思考とは;「分ける」ための三要件;思考成果 ほか)
  • 第2章 論理(論理とは;論理展開;論理展開の方法論 ほか)
  • 第3章 分析(分析とは;分析作業;合理的分析の手法 ほか)

感想

起業はアイデアを閃いて形にして終わりではありません。

事業を大きくするためには常に現状分析と成長戦略を考える必要があります。

そうした分析と思考をする上で参考になる書籍が「思考・論理・分析」です。

正しい分析ができなければ質の高い問いを生み出すことができません。

「イシューからはじめよ」や「0秒思考」の効果を最大化するためにもぜひ分析スキルを養っておきましょう。


・ドラッカーが教える実践マーケティング戦略

ドラッカーの実践マーケティング

起業に欠かせないマーケティングスキルを学ぶならこの一冊

目次

  • イントロダクション ドラッカーとマーケティング
  • 第1章 マーケティング発想
  • 第2章 競争戦略の策定
  • 第3章 環境分析(マクロ&ミクロ)
  • 第4章 ターゲットの決定(STP分析)
  • 第5章 マーケティング・ミックスの決定
  • 第6章 マーケティングの実行

感想

マーケティング関連の本は多い中で、初心者でも網羅的に学べるという点でこの本を選びました。

マーケティングで迷った時には何度も読み返していますが、その度に道が見えるのでおすすめです。


 

【事業アイデアのヒントが学べる本】

【事業アイデアのヒントが学べる本】

続いては起業に必要な事業創造のアイデアが学べる本を紹介します。

起業しようにもアイデアがなければ実現しません。

  • 先人たちはどんなきっかけで事業を思い付いたのか?
  • 連続起業家たちはどんな発想で起業アイデアを考えているのか?

こうした事業のヒントを学べる本が以下の3冊です。

  • START UP 〜優れた起業家は何を考え、どう行動したか〜
  • リクルートの構想力
  • それ、売りますか?貸しますか?運用しますか?無料という手もありますよ。

それぞれ紹介します。

・START UP 〜優れた起業家は何を考え、どう行動したか〜

・START UP 〜優れた起業家は何を考え、どう行動したか〜

17人の起業家へのインタビューにより、事業立ち上げの「定石」が見えてくる一冊。

目次

  • 第一章 アイディアを見つける
  • 第二章 最初の仲間を集める
  • 第三章 プロダクトを作り、ユーザー検証する
  • 第四章 ユーザーを獲得する
  • 第五章 資金を調達する
  • 第六章 起業するということ

感想

書籍の中で登場する起業家はIT系のサービスを立ち上げている人が多く、これからIT系で起業をしようと思っている方には特に参考になる一冊です。


 

・リクルートのすごい構創力

・リクルートのすごい構創力

次々と新しい事業を創造するリクルートの新規事業創造の仕組みを学べる一冊

目次

  • 序章 なぜ、あなたの会社の新規事業はうまくいかないのか
  • 第1章 ステージ1「0→1」──「不」を発見し、事業性を見極める
  • 第2章 ステージ2「1→10」その1──勝ち筋を見つける
  • 第3章 ステージ3「1→10」その2──爆発的な拡大再生産
  • 第4章 10を超えて、さらに飛躍するために
  • 第5章 経営陣の役割――「リクルートモデル」を活かすために
  • 終章 新規事業を育てる企業風土

感想

好きなことを仕事にしたいと思っている人も多いでしょう。しかし、儲かるビジネスにするためには、人々の「不」を発見することの方が重要だと教えてくれます。

また、勝ち筋を見つけるためのステップやさらにビジネスを大きくするためのメソッドも学べます。


・それ、売りますか? 貸しますか? 運用しますか? 無料という手もありますよ。

・それ、売りますか? 貸しますか? 運用しますか? 無料という手もありますよ。

「ビジネス=販売」という固定観念を打ち破って様々なビジネスモデルの創造に役立つ一冊

目次

  • 第1章:あなたの「それ」は何ですか?
  • 第2章:どう「売る」かが問題です
  • 第3章:「貸す」で利益を最大化する
  • 第4章:強みを活かして「運用」する
  • 第5章:「無料」を使って顧客を作る
  • 第6章:あとは「時間軸」を忘れずに

感想

やりたいことはあるけれど、どうやったらビジネスになるかわからないという方も多いのではないでしょうか?

それは、「ビジネス=何かを売らなければならない」と思っているからかもしれません。

この本では、「売る」以外の「貸す」「運用」「無料」という手段について解説されています。

この一冊を読むことでビジネスモデルについて新しい気づきを得られるはずです。


【モチベーションが上がる起業家ストーリー】

【モチベーションが上がる起業家ストーリー】

あなたが起業を志したきっかけは何でしたか?誰かに憧れたことがきっかけの方も多いでしょう。

その出会いは人生を変える大きなきっかけになり、さらにはこの先に挫折しそうになった時にも力をくれるはずです。

起業家のストーリーには、起業に向けたモチベーションを高めてくれるものも多いです。ここでは起業のモチベーションを高めてくれる6冊の本を紹介します。

  • 渋谷で働く社長の告白
  • 一勝九敗
  • 起業の天才 江副浩正
  • 成功はゴミ箱の中に
  • スティーブジョブズ
  • Airbnb

諦めそうになった時、先人たちがどのように苦難を乗り越えたのか?

それを知っていれば一歩踏み込む力を得られるはずです。

・渋谷で働く社長の告白

・渋谷で働く社長の告白

2000年代以降の経営者の多くがバイブルとして上げるビジネスストーリーの名著

目次

  • 1章 裏切り、それでも手放せなかった夢
  • 2章 ゼロからの起業
  • 3章 ネットバブルの波に乗る
  • 4章 バブル崩壊、孤独と彷徨
  • 5章 ランナーズ・ハイ

感想

「Amebaブログ」「AWA」「AbemaTV」など21世紀の変革に大きく寄与した事業を立ち上げたサイバーエージェント社。しかし、そのスタートは社員3人の営業代行からでした。

そこから日本を代表する一流企業に成長するまでの道のりを細かく追ったノンフィクション作品です。

発売は2005年と古いですが、この本を読んで起業を決意した方も多いように、起業を志す方に大きな影響を与える一冊です。


・一勝九敗

・一勝九敗

家業の紳士服店をいかにして世界的アパレル企業「ユニクロ」に成長させたのか?
事業をスケールアップさせる思考が学べる一冊。

目次

1章 家業からの脱皮
2章 挑戦と試行錯誤
3章 急成長からの転換
4章 働く人のための組織
5章 失敗から育てる次の芽

感想

小さなビジネスが大きくなるには越えるべきポイントがいくつか存在します。そのポイントを理解しておくことで事業を大きくするための設計がしやすくなると感じました。

新しいことへのチャレンジには失敗がつきもの。ですが、小さな失敗で落ち込む必要はありません。

日本を代表する企業でさせ、一勝九敗。失敗は当然乗り越えるものだという意識がこの本で身に付きます。


・起業の天才 江副浩正

・起業の天才 江副浩正

「Googleのような会社を作ろうとした」リクルート創業者の規格外の創業ストーリー

目次

  • 第1章 ユニコーンの誕生
  • 第2章 紙のグーグル
  • 第3章 進撃のダイバーシティー
  • 第4章 「日本型経営」を叩き潰せ
  • 第5章 APPI
  • 第6章 打倒Y
  • 第7章 江副か稲盛か
  • 第8章 森田の未来、真藤の未来、江副の未来
  • 第9章 情報の海へーーALL HANDS ON DECK !(総員配置につけ!)
  • 第10章 変容
  • 第11章 情報が人間を熱くする
  • 第12章 世紀のスクープ
  • 第13章 反転
  • 第14章 「おまえら。もっといかがわしくなれ!」

感想

Googleのラリー・ペイジ、Amazonのジェフ・ベゾス、Appleのスティーブ・ジョブズ。

世界に目を向けると最高の経営者が数多く存在しますが、日本にも彼らに負けずとも劣らない経営者がいました。それがリクルートの創業者である江副浩正。

新規事業の考え方やスケール方法については上述した「リクルートのすごい構創力」に詳しいですが、そのリクルート自体のストーリーを読み解くにはこちらの書籍がおすすめです。


・成功はゴミ箱の中に

・成功はゴミ箱の中に

マクドナルドを世界一のフランチャイズ企業に育てた著者による
大きなチームを作るためのノウハウを学べる一冊

目次

  • チャンスを逃すな
  • 仕事はハンバーガーの肉だ
  • セールスの極意
  • 売上げを伸ばす
  • ストレスに打ち勝つ!
  • 契約の落とし穴
  • フランチャイズシステム
  • 成功の方程式
  • 知りたいことはゴミ箱の中に
  • キャッシュフロー
  • 取引先とともに成長する
  • 理想の組織
  • トップは孤独である
  • ヒット商品の作り方
  • 球団買収
  • やり遂げろ!
  • おわりに/「おまえたち、金儲けに精を出せ!」──孫 正義
  • 付録1/特別対談「心に焼き付けた起業魂とアメリカの夢」──孫 正義 vs 柳井 正
  • 付録2/「事業の創り方」「市場の捉え方」法則7──柳井 正

感想

ユニクロの柳井正やソフトバンクの孫正義など多くの企業家に影響を与えた一冊。

成功している人に共通しているのは、やっぱり成功するまでハードワークをやめないこと。

人生を賭けて執着出来る人ほど成功に近づくということに気付かされます。

 


・スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

未来を創った今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズ。彼のすべてを描き切った一冊。

目次

  • 第1章 子ども時代 捨てられて、選ばれる
  • 第2章 おかしなふたり ふたりのスティーブ
  • 第3章 ドロップアウト ターンオン、チューンイン
  • 第4章 アタリとインド 禅とゲームデザインというアート
  • 第5章 アップル1 ターンオン、ブートアップ、ジャックイン
  • 第6章 アップル2 ニューエイジの夜明け
  • 第7章 クリスアンとリサ 捨てられた過去を持つ男
  • 第8章 ゼロックスとリサ グラフィカルユーザインターフェース
  • 第9章 株式公開 富と名声を手にする
  • 第10章 マック誕生 革命を起こしたいと君は言う……
  • 第11章 現実歪曲フィールド 自分のルールでプレイする
  • 第12章 デザイン 真のアーティストはシンプルに
  • 第13章 マックの開発力 旅こそが報い
  • 第14章 スカリー登場 ペプシチャレンジ
  • 第15章 発売 宇宙に衝撃を与える
  • 第16章 ゲイツとジョブズ 軌道が絡み合うとき
  • 第17章 イカロス のぼりつめれば墜ちるだけ
  • 第18章 ネクスト プロメテウスの解放
  • 第19章 ピクサー テクノロジー・ミーツ・アート
  • 第20章 レギュラー・ガイ 凡夫を取り巻く人間模様
  • 第21章 『トイ・ストーリー』 バズとウッディの救出作戦

感想

起業を志す人でスティーブ・ジョブズを知らない人はいないでしょう。ジョブズの狂気とも呼べる圧倒的なこだわりが今のAppleの成功を生んでいます。

人柄的には決して人望を集めるタイプではありませんが、自分のやりたいことを絶対に実現するという気持ちは壁を乗り越える力になるはずです。

ちなみにこちらは下巻もあります。


・Airbnb Story 〜大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法〜

・Airbnb Story 〜大胆なアイデアを生み、困難を乗り越え、超人気サービスをつくる方法〜

ほんの10年ほど前に小さな部屋でスタートしたビジネスが、
世界34000都市、時価総額3兆円の巨大企業に育つまでの物語。

目次

  • 1章 大ばくち
  • 2章 会社をつくり上げる
  • 3章 エアビーアンドビー共和国
  • 4章 わるいヤツら
  • 5章 アンチとの闘い
  • 6章 ホテル業界を破壊する
  • 7章 リーダーになる
  • 8章 3人が次に出すものは?

感想

ビジネスを知らずカリスマでも天才でもない3人が考えた事業は、出場したビジネスコンテストで酷評。投資家からも全く相手にされないものでした。

それでも世界中の人が利用するサービスになった。そこまでの道が細かく描かれています。

最近は、「買うだけではなく自分も売る。」「借りるだけではなく自分も貸す。」といったAirbnb的なビジネスモデルも増えていますよね。

これからの時代で起業をする方には特に参考になる一冊です。


【起業で失敗しないために読んでおくべき本】

【起業で失敗しないために読んでおくべき本】

夢いっぱいで起業したものの、多くの人は事業がうまくいかずに数年以内に失敗します。

リスクマネジメントについてもしっかり勉強しておくべきでしょう。

実は、事業が失敗する要因については、研究によっていくつかのパターンが判明しています。過去の事例から学ぶことで起業失敗のリスクは抑えることができます。

  • ビジョナリーカンパニー3 〜衰退の5段階〜
  • 世界倒産図鑑
  • 成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

この2冊は起業前にぜひ読んでおくべき書籍です。それぞれ解説します。

 

・ビジョナリーカンパニー3 〜衰退の5段階〜

・ビジョナリーカンパニー3 〜衰退の5段階〜

克明な調査・分析で明らかになった衰退する企業の傾向がわかる一冊

目次

  • 静かに忍び寄る危機
  • 衰退の五段階
  • 第一段階 成功から生まれる傲慢
  • 第ニ段階 規律なき拡大路線
  • 第三段階 リスクと問題の否認
  • 第四段階 一発逆転策の追及
  • 第五段階 屈服と凡庸な企業への転落か消滅
  • 充分な根拠のある希望

感想

企業の成功要因にスポットを当てる書籍は多くあるものの、失敗や衰退をここまで研究した本はありません。

衰退する企業には5つのポイントがあります。逆に言えば、5つのポイントを回避することが出来れば事業の衰退を回避できるということでもあります。

これから起業する人ならぜひ衰退の要因を知っておき、兆候に即座に気づけるようにしましょう。


・世界倒産図鑑

・世界倒産図鑑

日本や世界の企業25社の失敗・衰退・倒産の原因をまとめた一冊。

目次

  • 倒産とは何か
  • 戦略上の問題 編
  • 「過去の亡霊」型
  • 「脆弱シナリオ」型
  • マネジメントの問題 編
  • 「焦りからの逸脱」型
  • 「大雑把」型
  • 「機能不全」型

感想

衰退するビジネスの原因は、実は成功している時点ですでに芽生えていることも多いと言われます。

それは戦略上の問題なのか? それともマネジメントの問題なのか?

25社の衰退から見えてくる企業が抱えやすい課題について学べる一冊。

ビジョナリーカンパニー3と合わせて読んでみてください。


・成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

・成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

起業家が成功までの道のりで味わう数々の問題や悩みを前もって理解できる一冊。

目次

  • 第1章 見せかけの成功物語
  • 第2章 幸福と不幸の狭間で
  • 第3章 優しさの罠
  • 第4章 成功の果てに…

感想

起業から成功までの物語だけでなく、その過程で起こる数々の問題とその対処についても書かれています。起業して何もかもうまくいくわけではありません。問題や悩みも尽きないでしょう。

しかし、それも先人の経営者たちも経験しているものだとわかっていたら、捉え方も変わりますよね。

経営者が抱えるであろう悩みや事業で起こりうる問題について知っておくことも重要です。


 

以上が起業したい人におすすめの本17選でした。参考になれば幸いです。

【ビジネススキル 関連記事】

悩み解決!キャリア相談が出来るおすすめサービス6選|やりたい仕事はカウンセリングでわかる!

【活用術】Kindle Unlimitedは社会人の勉強におすすめ|本よりも勉強に向いている理由

社会人必読!ビジネス雑誌のおすすめ22選|経済誌はオンラインの読み放題がコスパ最高

必須!ビジネスの情報収集に活用すべきサイト&アプリ18選|おすすめのツールと方法も紹介します

プロフィール
執筆者
にしむー

にしむーです。書店員時代にビジネス誌担当として全国Top5入賞。
退職後に独立し、ブックカフェ・ハンドメイド腕時計作り、アパレルブランド、ウェブメディアなどを運営。「自分の好きなことを仕事にする力」を磨いてきました。
このサイトでは、自分らしく生きていきたい人に向けて、参考になるキャリアの学びやおすすめの自己投資方法を発信していきます。

ビジネススキル/仕事術好きなことを仕事にする方法書評・映画評
ライフワークカフェ