【ビジネス雑誌おすすめ22選】社会人が経済・トレンドの最新動向を知るのに役立つ雑誌を紹介

【ビジネス雑誌おすすめ22選】社会人が経済・トレンドの最新動向を知るのに役立つ雑誌を紹介ビジネススキル/仕事術
スポンサーリンク

 

社会人として新聞やビジネス雑誌を読んで経済の勉強をした方がいいかな? でもどんな雑誌がビジネスマンとしての情報収集に最適なんだろう?

 

この記事では、社会人が読むべきビジネス雑誌22誌を紹介します。また、ただ読み流すだけでなく自分の仕事に活かす読み方についても後半で解説していきます。

私は書店員時代、雑誌担当リーダーとして数々の雑誌に接してきました。その中でもビジネス雑誌については、大手ビジネス雑誌の出版社「日経BP社」による年間表彰も受賞させていただいたほど傾倒していました。

その経験から、ビジネス雑誌選びについて皆さんの役に立つ情報を提供できるかと思います。

 

この記事を読むことでビジネスの情報収集スキルは、きっとアップするでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

>> 雑誌読み放題!月額380円で250誌以上が読み放題

【社会人向けビジネス雑誌一覧|読むべき22誌を紹介】

それでは早速、社会人がチェックすべきビジネス雑誌を紹介していきます。気になるものがあればぜひ書店やAmazonでチェックしてみてください。

 

ビジネス雑誌の多くは雑誌の読み放題サービスを使っても購読できます。読み放題サービスについては次章で紹介しますので、よかったらそちらもチェックしてみてください。

 

・プレジデント

雑誌プレジデントの紹介

プレジデントは日本で一番売れているビジネス雑誌です。

経済、経営、ビジネス思考など毎号多くの学びを得られます。プレジデントという名のつくように、基本的には40代以上が対象となっています。しかし、ビジネスの場で年齢は関係ありません。

若い内から高い視座を持つことは非常に重要です。

 

全てのビジネスパーソンにおすすめ
雑誌『プレジデント』の公式サイト
プレジデント社の雑誌「プレジデント」は市販で一番売れているビジネス総合誌です。最新のマネジメント手法、ホットな経済情報、今すぐ仕事の役に立つ情報を満載。できるビジネスパーソンは全員読んでいる。毎月第2、第4月曜日発売!

 

・Newsweek

・Newsweek

Newsweek日本版では、世界情勢やテクノロジー、カルチャーといったテーマで毎週テーマがピックアップされます。

ビジネススキルというよりは、時事問題への理解が深まるのを助けてくれる印象です。教養力につながる雑誌と言えるでしょう。

 

グローバルな視点でビジネスを考えたい方におすすめ
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。

 

・週刊ダイヤモンド

・週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドの創刊はなんと1913年。100年以上の歴史を誇る日本を代表するビジネス誌です。

時事性の高いテーマに加え、普遍的な成功法則を多くの経営者や専門家から学べます。執筆者の主観ではなく、数多くのデータに基づく分析が多いことも情報収集に役立ちます。

 

ビジネスの潮流を知りたい経営者層におすすめ
週刊ダイヤモンド | 書店で一番売れてるビジネス週刊誌
週刊ダイヤモンドは毎号「仕事に効く」タイムリーなビジネス情報が満載。独自の切り口による徹底した取材記事と豊富なデータ、見やすいビジュアルでビジネスパーソンが今もっとも知りたいニュースをわかりやすく分析・解説しています。

 

・週刊東洋経済

・週刊東洋経済

週刊ダイヤモンドが100年以上なら、週刊東洋経済は120年。こちらは日本でもっともの歴史のある週刊誌です。

会社四季報も発行している同社ではなんと3600社以上の上場企業に担当を配置しており、業界に張り付く記者ならではの視点で日本経済を解説してくれます。

 

いま押さえておきたい時事ネタを知りたい方におすすめ
週刊東洋経済2020年9月26日号 | 東洋経済STORE
東洋経済新報社が発行する週刊東洋経済の最新号をご案内しています。

 

・週刊エコノミスト

・週刊エコノミスト

週刊エコノミストは40〜50代の経営社層に向けて質の高い情報を提供するビジネス誌です。

発行元は毎日新聞出版。新聞社系の高い取材力を強みとし、マクロな経済情報からミクロな特集記事までビジネスパーソンのニーズに応える記事が特徴です。

 

企業のトップ層や金融関係者におすすめ
週刊エコノミスト
週刊エコノミストは、毎日新聞出版が発行するビジネス誌です。1923年(大正12年)に創刊、2013年に創刊90周年を迎えました。経済や外交、社会問題について、専門家による緻密な情報と鋭い分析をお届けします。

 

・日経ビジネス

・日経ビジネス

日本経済新聞のグループ会社である日経BP社から発行される日経ビジネス

東京のみでなく、ニューヨーク、ロンドン、シリコンバレー、中国より旬の企業や人を取材して記事が作成されています。

販売は基本的に定期購読制となっています。取り扱いのある大手書店以外では購入できず、自宅やオフィスに直接届けられます。

書店に並んでいないので見慣れない方も多いと思いますが、日経のビジネス誌としてはもっとも経済・経営に特化した雑誌であるためビジネスマンには必見の一冊です。

 

第一線で活躍するビジネスリーダーにおすすめ
総合トップ:日経ビジネス電子版
日経BPが刊行するNo.1ビジネス誌「日経ビジネス」運営のデジタルメディア。リーダーや意思決定者に、経営・経済の「今」を読むコンテンツを毎日お届けします。

 

・クーリエジャポン

・クーリエジャポン

クーリエジャポンは世界中のメディアから興味深いトピックを切り出し日本語に翻訳して出版している、いわばキュレーション雑誌です。

IT・デザイン・ビジネス・政治・文化など幅広いテーマを扱っているので、一冊の中から非常に多くの知識を得ることができます。

数年前まで紙版も発行されていましたが、時代の変化をいち早く察知し、早々にウェブ版のみの発行に切り替えました。

 

経済・文化についてのグローバルな視点を持ちたい方におすすめ
クーリエ・ジャポン | 海外メディアから記事を厳選!
クーリエ・ジャポンは「世界の潮流」と「多様な価値観」を知るために、世界中のメディアから厳選した記事をお届けするメディアです。グローバル視点を持ったビジネスパーソンが忙しい日々のなかでも素早く内容が掴めるよう、丁寧な翻訳記事を掲載しています。

 

スポンサーリンク

・Forbes Japan

・Forbes Japan

アメリカの経済史「Forbes」が発行する全世界32の国際版のうちの1つが「Forbes Japan」です。

世界長者番付を発表することでも知られています。ITやテクノロジーを中心としてこれからの時代を作るヒトや企業に注目して紙面を作られています。

世界の企業や経済の最新動向、ビジネスの潮流を読む上で欠かせない一冊です。ビジネス誌とは思えないデザイン性の高さも特徴的。

 

世界の企業や経済の最新動向を知りたい方におすすめ
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
Forbes JAPANは、世界的な経済誌であるForbesの日本版として、世界中のビジネスニュース、ランキング、テクノロジー、リーダーシップ、アントレプレナー、ライフスタイル、投資、金融ニュースを配信しています。日本ではあまり紹介されないビジネスニュースを世界中からお届けします。成功のヒントはフォーブス ジャパンにあ...

 

・ハーバードビジネスレビュー

・ハーバードビジネスレビュー

ハーバードビジネスレビューは、ハーバードビジネススクールの教授陣や経営者、コンサルタントや心理学者など様々な業界の権威による論文を掲載している雑誌です。

最新のビジネス研究は多くの経営者や若手リーダー層にも支持されており、働き方やビジネスのヒントが得られます。

 

30代以上の経営層・マネジメント職の方におすすめ
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
世界50カ国以上のビジネスエリートが愛読するグローバル・マネジメント誌。最新号やバックナンバーのほか、オンライン限定の記事・論文を多数配信しています。

 

・THE 21

・THE 21

The21はビジネススキル誌とも言われます。ビジネス情報誌ではなくあえてビジネススキル誌と言われる理由は、毎号の特集が実用的であるからでしょう。

独学法・文章術・トリセツ・整理術・休息法など、ビジネススキルとなる思考法や実学が多く学べます。

ビジネス書籍のようにあるテーマについて自分のスキルを高めることができる有益な雑誌です。

 

スキルアップを図りたい若手におすすめ
THE21 | 雑誌 | PHP研究所
「THE21」最新号のご案内。熾烈なビジネス競争のなかで、ビジネスマンが、「仕事力」をワンランクアップするために必要なスキルを提供します。

 

・Wired

・Wired

Wiredはアメリカで創刊された、ビジネス・インターネット・ジャーナリズム・カルチャーをテーマに構成される雑誌です。

他雑誌と一線を画すデザイン性やテーマ選びはビジネス誌の概念を広げてくれます。

本誌でしか得られないビジネス的な情報も多く、知的好奇心をくすぐられる一冊です。

 

最新のテクノロジーや社会の変化に興味がある方におすすめ
WIRED.jp
『WIRED』はテクノロジーによって、生活や社会、カルチャーまでを包括したわたしたち自身の「未来がどうなるのか」についてのメディアです。最新のテクノロジーニュースから、気になる人物インタヴューや先端科学の最前線など「未来のトレンド」を毎日発信。イヴェント情報も随時アップデートしてお届けしています。

 

・致知

・致知

致知は人間学を学べるビジネス誌です。

松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、ビジネスで成功する人の多くは、結局のところスキルではなく人間力の高い人であることが多いですよね。そうした成功者の思考法を学べるのがこの雑誌です。

致知は書店には並んでおらず、直接定期購読を申し込まないと購入できません。

書店には並んでいないので知らない方も多いと思いますが、自己研鑽をしたい方にとっては読むべきビジネス誌の一つです。

 

仕事を通して人間として成長したい方や高い志を持って仕事に励みたい方におすすめ
致知』とは?|人間学を学ぶ月刊誌『致知』|致知出版社
『致知』は、人間学を学ぶ唯一の月刊誌です。有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号ご紹介しています。各界を代表するリーダーにもご愛読者が多く、1,200を超える企業で社員教育のテキストとしてご利用いただいています。人間学を学べば人間力が高まる。人間力が高まればあなたの人生...

 

・日経ウーマン

・日経ウーマン

日経ウーマンは日本経済新聞のグループ企業である日経BP社が発行する働く女性向けのビジネス雑誌です。

婚前婚後の働き方や効率の良い仕事術、マネーハックや手帳活用法など男性視点とはちょっと違ったビジネス情報を得ることができます。

経済動向を知るためというよりは、スキルアップやキャリアアップ、人生の一部として仕事にどう取り組むかというヒントを得られる一冊です。

男性にとっても参考になる部分は多くあります。

 

自分らしい働き方や生き方を見つけたい方におすすめ
日経ウーマン
『日経ウーマン』は、「仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ」をテーマに、仕事にも私生活にも本当に役立つ情報を掲載しています。自分らしい働き方、資格、就 職・転職など、働く女性の仕事を応援する内容から、恋愛・結婚・出産、マネー管理、カルチャー、メイクなどのプライベートを充実させる情報まで、あらゆ るテーマを働く女性の立場にたって...

 

・プレジデントウーマン Premier

・プレジデントウーマン Premier

日経ウーマン同様、女性向けのビジネス誌として知られるプレジデントウーマン

仕事や人生においての成功のために必要なビジネススキルや情報が掲載されており、30代以上のキャリアアップを生きがいに働く女性に多く読まれています。

 

稼げる女性を目指したい方におすすめ
PRESIDENT WOMAN Premier(プレジデントウーマンプレミア)
働く女性のための雑誌「プレジデントウーマン」。仕事を通じて成長したい、自分の時間も充実させたい、結婚して子どもも欲しい。どれも大切な気持ちだからこそ、働く女性は悩みがつきません。そんな頑張る女性たちを応援し、“働く喜び”を見つけるお手伝いをします。

 

スポンサーリンク

・おすすめのマーケティング関連雑誌

おすすめのマーケティング雑誌

ビジネスで欠かせない視点の一つがマーケティング的視点です。トレンドや消費者心理がどのように変化しているかを知ることは、全てのビジネスで役に立つ情報と言えます。

そんなマーケティングにおける情報収集に役立つ雑誌を5冊ご紹介します。

 

 日経トレンディ

日経TRENDY

日経BP社が発行するトレンド情報に特化した情報誌。流行や新しい商品サービスなど、消費の最前線についての情報収集に最適な一冊。

 日経エンタテインメント

日経エンタテインメント!
映画、音楽、本、テレビ・・・ヒットがわかる流行情報マガジン、日経エンタテインメント!のオフィシャルサイト。

こちらも日経トレンディ同様、世の中の流行を捉えることができる一冊。エンタメ業界がメインとなっているが、商品やサービスについての情報も掲載。

 宣伝会議

宣伝会議オンライン
マーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク「宣伝会議」のWEBサイト。マーケティングに関わる全ての人に向け、雑誌・書籍の出版や教育講座の全国展開をしています。

広告宣伝マーケティングの専門誌。毎号、消費者に届くマーケティング施策のアイディアを得られる。

 販促会議

販促会議
宣伝会議発行の雑誌「販促会議」のご案内です。

宣伝会議が発行する集客や顧客体験向上に関する専門誌。ネットやリアル店舗での集客について最新の事例を紹介。ビジネスのヒントを得られます。

 日経MJ

日経MJ :日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。「日経MJ」に関する最新のニュースをお届けします。

日本経済新聞社が発行する、消費・流通・マーケティング情報に特化した専門誌。雑誌というよりも新聞のようなものですが、毎号有益な情報が満載です。

月・水・金 発行で月額2300円となっており、紙面版とWEB版があります。

 

・おすすめの投資関連雑誌

おすすめの投資関連雑誌

投資に特化した雑誌も複数出版されています。投資情報は資産運用の側面だけでなく、経済の動向を知ることや時代の先読みにも役立ちます。

 

 日経マネー

日経マネー 最新号
日経マネーは、日本経済新聞社グループの強みをフル活用した、他の追随を許さない情報量と信頼度を誇るマネー誌です。初心者にも金融の基本知識や商品情報をわかりやすく解説ながら、本格的な資産運用をお考えの方にも満足いただける充実の誌面です。

株式相場の分析や銘柄情報、売買テクニックなど株式投資に関するタイムリーな情報をはじめ、 投資信託や各種の金融商品、ローン、保険、不動産、税金、マイレージなどあらゆるマネー情報をカバー。

初めての資産運用から定年後 のマネープランまで、分かりやすさと信頼度No.1のマネー誌。

 ダイヤモンドZAI

投資&お金の総合サイト! ザイ・オンライン
マネー誌「ザイ」の最新情報から株式投資、株主優待、クレジットカード比較、節約術、不動産、テクニカル分析や投資法、ネット証券活用術など、個人投資家にとってお得で役立つ情報満載!

ダイヤモンド社が発行する初心者向け投資情報誌。

株式投資、株主優待、クレジットカード比較、節約術、不動産、テクニカル分析や投資法、ネット証券活用術など、個人投資家にとって有益な情報が掲載されています。

 投資手帳

堅実な運用投資情報誌 投資手帖 日本株式新聞社
投資手帖は堅実な投資家の資産を堅実に運用していく為の総合証券情報誌

創刊50年を超える「個人投資家のバイブル」とも呼ばれる信頼のある雑誌です。時流や有望企業を知るのにも使えます。

 

・その他 業界別専門誌

ビジネス誌は業界別専門誌も要チェック

ここからは業界別の専門誌をご紹介します。

所属する業界以外の情報は基本的には不要だと思われがちですが、アイディアというのは掛け合わせや他業種からの転用で生まれることも多いです。

「もしこの考えを自分のビジネスに転用するとしたら?」と考えてみると、これまでにないビジネスのアイディアが見つかるかもしれません。

 

 月刊事業構想

PROJECT DESIGN - 月刊「事業構想」オンライン
地方創生・イノベーションNo1 会員制メディア 月刊「事業構想」の公式サイト。社会課題と経営資源から新たな事業を構想するヒントが満載です。

新しい事業戦略を考える企業や自治体の経営者・幹部クラス向けの雑誌

 WD(Web Designing)

https://book.mynavi.jp/wdonline/

企業のWeb戦略に特化した雑誌。Webをビジネスに活用する知見を得られる。

 ブレーン

ブレーン
宣伝会議発行の雑誌「ブレーン」のご案内です。

広告・クリエイティブに関する専門誌。

 月刊経理ウーマン

経理 総務のことが丸ごとわかる月刊誌 経理ウーマン
株式会社研修出版の月刊経理ウーマンです

経理・税務・総務に関する専門誌。配属された若手が仕事の全体像を理解するのに役立ちます。

 ファッション販売

ファッション販売 20年10月号 (2020年08月27日発売)
売場と商品の基本、接客の技術、最新のトレンドなどを分かりやすく解説。 1年間通して読めば、あなたも販売のスペシャリストに!

アパレル業界に身を置く人に向けて、売場作りや接客術、商品陳列の方法など実践的なノウハウが紹介された一冊。

 企業診断

【企業診断】|同友館オンライン
中小企業の経営書に特化した出版社である同友館ウェブサイトでは、全ての同友館出版物がオンラインでご購入頂けます。経営書の著者によるセミナーや、セミナーの動画配信も行っています。

企業へのアドバイスを行うコンサルタントを主な対象としたビジネス誌。実例も多く、経営者層にとってのビジネスの情報収集にも役立ちます。

 月刊食堂

月刊食堂  (株)柴田書店 - 食の総合出版社
柴田書店,本,料理書,専門料理,カフェ,スイーツ

1961年創刊の外食業専門のビジネス誌。外食業のトレンドや新メニューのヒント、経営術などを特集。

 企業実務

月刊『企業実務』公式サイト
月刊『企業実務』は、経理・総務・人事の担当者が使える情報をタイムリーにお届けします。

すぐに役立つ専門誌として経理・税務・庶務・労務の実務情報が一冊に凝縮されています。経営者や総務業務の担当者におすすめ。

 月刊中国ニュース

月刊中国ニュース 2020年10月号 (2020年08月26日発売)
中国の国営通信社である中国新聞社が編集で、中国国内で最大規模の発行を誇る、中国の代表的な時事週刊誌と言われる『中国新聞週刊』の日本版です。日々変わりゆく中国を動かす政府の中枢層や専門家の声など、日本では目にすることのできない記事を提供しています。また、中国入門や日本の政財界トップインタビューなど、日本のビジネスパーソン...

日本で数少ない中国の政治経済ビジネスに特化した専門誌。中国でのビジネス展開を考えている経営者や中国人観光客をターゲットにしている担当者に読まれている。

 ネット販売

ネット販売
インターネットの登場が通販を変える。「可能性」は「現実」へと変わり、通販業界は今、大きな転換期を迎えています。既存通販事業者以外にも、ネットベンチャーやメーカー、非通販の小売業者の多くも通販に参入。通販市場は急速な変化と膨張を遂げています。月刊「ネット販売:はこの“新市場”の健全な発展を支えるため、他誌(紙)では収集し...

インターネット販売(EC事業)の専門誌。変化の早いインターネット業界での歩き方のヒントを得られる。

 週刊トラベルジャーナル

トラベルジャーナル
観光立国を支えるすべての人々に向けて

1964年創刊の観光ビジネス専門誌。観光業界の動向や観光をキーワードにした様々なビジネスのヒントを掲載している。

 

スポンサーリンク

【読み放題サービスはコスパ最強の雑誌購読術】

【読み放題サービスはコスパ最強の雑誌購読術】

ビジネスについての情報収集をしようと考えたとき、雑誌は非常に役立ちます。ネットニュースを活用すればトレンドや最新情報を得ることはできますが、大抵の場合は表面的な情報に過ぎません。

その点、雑誌では専門家によるさらに踏み入った知見を得られるのが特徴です。ビジネス雑誌をチェックすることは情報収集には欠かせない行動だと言えるでしょう。

しかし、毎週のように書店に通って雑誌を購読するのは難しいという方もいらっしゃると思います。いくら情報収集が重要だからと言っても、月に何冊も雑誌を買っていたら貴重なお小遣いも圧迫してしまいますよね。

 

そんな問題を解決してくれるのが「雑誌の読み放題サービス」です。

 

雑誌の読み放題サービスとは、月額数百円で何百冊もの雑誌がネット上で読み放題になるサービスです。契約すればスマホやパソコンのブラウザやアプリを使っていつでも読めるようになります。

 

  • 楽天マガジン
  • dマガジン
  • ブック放題
  • ブックパス
  • Kindle Unlimited
  • タブホ

 

雑誌の読み放題サービスにはこのように様々なサービスがあり、それぞれ取り扱い雑誌などが異なります。

月にわずか数百円で数百誌の雑誌がパソコンやスマホで読み放題になるサービス。雑誌一冊分の金額で月に数百誌が読み放題になり、しかも書店に行く必要もないので非常に便利なサービスです。

もちろん、ここで紹介した全ての雑誌を読めるわけではありませんが、ビジネス誌の扱いも増加しているので読みたい雑誌もきっとあるはずです。

 

私は楽天マガジンを利用していますが、毎回利用するたびに「すごい時代だな」と感じています。
コスパが最高に良いのはもちろんのこと、通勤途中や仕事の休憩時間、自宅でくつろいでいる時間など、本当にちょっとした時間でビジネス雑誌から情報収集ができます。

 

多くのサービスでは無料体験も行なっていますので、まだ体験されたことのない方はぜひトライしてみてください。

 

どの読み放題サービスが良いかわからない方は、楽天マガジンがおすすめです。コスパ、雑誌数でトップクラスなので、選んで後悔ないサービスです。

 

>>  楽天マガジンで読み放題になる500誌以上をチェック

 

【仕事に活かすビジネス雑誌の読み方】

いくら月に何冊もビジネス雑誌を読み漁っても、ただ読み流しているだけでは使える情報になりません。

ビジネスの情報収集をしていても、仕事の成果に繋げている人と全然仕事に役立てられていない人がいます。その差は情報収集の仕方にあります。

ビジネス雑誌を読んで自分の仕事に活用するには、以下の3つのポイントを意識しておく必要があります。

 

  • 感情読み
  • アクティブラーニング
  • アウトプットのシチュエーション想定

 

感情読みとは、頭の中で情報を咀嚼すること。アクティブラーニングとは、わからないことや興味を持ったことをさらに調べるということ。アウトプットのシチュエーション想定とは、誰かに話したり実際に自分が活用するシーンを想定しながら情報を得ることです。

これらの方法については、「ビジネスに役立つニュース・新聞の読み方|情報を整理するコツとおすすめの読解術」の記事で解説していますので、よかったらこちらもご覧ください。

 

 

【勘違い】ビジネス雑誌を読んでも仕事ができる人間にはなれません

【勘違い】ビジネス雑誌を読んでも仕事ができる人間にはなれません

この記事を読んでくださった方は、社会人として知識をつけるために雑誌から情報収集をしたいという方だと思います。

 

しかし、実は多くの方が勘違いをしていることがあります。それは、雑誌を読んでも仕事ができるようにはならないということです。

 

私もいくつもの雑誌から情報収拾をしようと思い、毎週いくつも買い求めました。しかし、雑誌をいくら読んだところで全然仕事が出来るようにはならなかったのです。その理由は「勘違い」でした。

 

新聞を読めるようになりたいという思いの裏には、

・仕事で恥をかきたくない
・勉強していると思われたい
・もっと認められたい
・同期と比べて劣っていると思われたくない
・早く仕事が出来るようになって昇級したい
・使えない人間だと思われたくない(褒められたい)

このような思いがあるのではないでしょうか。

 

本当に望んでいる姿は、「仕事が出来て周りに認められ、信頼されること。優秀な仕事ができるようになって、仕事のストレスなく自信を持って働けること。」だと思います。

 

そのために必要なことは、「仕事の成果に繋がるビジネススキルを磨くこと」です。

 

雑誌を読むという行動でビジネスに役立つ情報収集は出来るかもしれません。しかし、目的を達成する方法としては遠回りな方法になります。それよりも「仕事のレベルを上げるために必要なビジネススキルを磨くこと」の方が圧倒的に効果的な学習方法でした。

 

実は、多くの人はビジネススキルを磨くための最適な勉強法を知りません。毎日の仕事をしているだけでは体系的なビジネススキルは身につきませんし、売れているビジネス書を読むことも仕事の成果には繋がらない。雑誌を読むことも同様です。

では、具体的にはどうしたら良いのか。私は書店員時代からビジネス誌担当として、ビジネスの情報収集や学び方について研究してきました。そして、自分なりにもっとも効果のある方法がわかりました。

 

自分の仕事で成果を出すために必要なビジネスの勉強法。それは、ビジネス動画サイトで勉強することです。ビジネス動画サイトで勉強すれば、体系的なビジネススキルを身に付けることができます。

 

ビジネススキルを学べる動画サイトには、書籍よりもわかりやすくセミナーよりも安価で学べるという特徴があります。何よりもビジネスのテーマごとに「思考法」や「実践で使えるスキル」が体系的にまとめられているのが最大のメリットです。

 


営業の仕事の方なら営業に必要なスキルを、総務や経理の仕事の方ならその仕事に必要なスキルを学ぶことができます。まさに、自分の仕事の成果に直結するビジネススキルが学べる方法なのです。
.

 

なかなか自分の仕事に直結するスキルをピンポイントで学べる方法ってないんですよね。これまでは本を読んで勉強していましたが、正直読んで終わりという状況が多くありました。

しかし、動画サイトで学び始めてからは、明らかに「明日の仕事で使える考え方やスキル」が学べるようになりました。動画コンテンツというのは非常に効率的なビジネスの学び方だと言えます。

 

「売上を上げるための考え方の型」や「伝わるプレゼンテーションのルール」といった具体的なスキルを勉強したら自分がどう変わると思いますか?

仕事が出来るようになって周りに認められるでしょう。今までわからなかった仕事のコツがわかるので、自分に自信が持てるはずです。さらに、自信がついて周りからの信頼も感じられれば、仕事に行くのが楽しくなるかもしれません。

逆に、いつまでも仕事の仕方がわからずにうだつの上がらない社会人でいたくないですよね。自分で勉強をしなければ、30代や40代になっても自信が持てず誰からも信頼されないままです。成果が出せなければ市場価値も上がらないので、人生が詰みます。

 

雑誌を読んで社会人として必要な情報収集をすることも重要ですが、それは今の悩みを本質的に解決するものではありません。仕事で自信を持ち、周りから認められたいならば適切な努力をする必要があります。

 

私はビジネスを学ぶならビジネス動画サイトをおすすめします。実際に使ってみた感想などを以下の記事で紹介していますので、今より仕事の出来る人間になりたいという方はこちらもご覧ください。

 

>>【無料あり】ビジネススキルを磨ける動画サイト3選|本で勉強するより効果的

【無料あり】3大ビジネス動画サイトを比較|仕事で自信が持てるおすすめ勉強法
この記事では、ビジネススキルを磨くために使える「ビジネス動画サイト」を3つご紹介します。優秀なビジネスマンになるためには、ビジネスの勉強が欠かせません。今は本よりも動画サイトでの学習の方がわかりやすく効率的に学べます。その中でも特に人気の3つの動画サイト「グロービス学び放題」「Schoo」「Udemy」を比較し、実際に体験した中で気づいた特徴をお伝えします。ビジネスの勉強法としてどの動画サイトで勉強しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

【ビジネス系雑誌 関連記事】

>> 【ビジネスの情報収集におすすめのサイト18選|まとめて見れるツールも紹介】

>> 【ビジネスを学べるおすすめ動画サイト10選|本やセミナーよりも効率的な学び方】

>> 【新書での勉強は教養を学ぶのにおすすめ|知識や人間力を短時間で磨ける名著がズラリ】

>> 【無料あり】有益なオンラインビジネスセミナーの探し方|受講方法とおすすめ5選

>> 【なぜビジネス書を読んでも稼げない?収入&成長に直結する正しい読書法】

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
にしむー

にしむーです。カフェ経営・手作り腕時計作家・ちっちゃい本屋など、自分の好きなことでビジネスをして生きています。
好きなことを仕事にして生きていきたい方に、ビジネスでの経験や学びをもとに役立つ情報を発信していきます。

にしむーをフォローする
ビジネススキル/仕事術
にしむーをフォローする
ライフワークカフェ
タイトルとURLをコピーしました