この記事にはPRが含まれます。

【解決】自分の強みを見つける5つの方法 ストロングポイントがわからない人はキャリアのプロの意見を聞こう

自分の強みを見つける5つの方法 ストロングポイントがわからない人はキャリアのプロの意見を聞こう

この記事では、自分の強みがわからないという方に向けて、自分の強みを見つける5つの方法について解説します。

強みを把握しておくことにはいくつものメリットがあります。

後半では、自分の強みをうまく伝える方法についても解説しますので、就職や転職活動で自己PRが必要な方はぜひ参考にしてみてください。

 

【厳選】人気キャリア相談サービスおすすめ5選 キャリアアップが実現する無料体験ありの有料カウンセリングを紹介

【2024年最新】キャリア相談サービスおすすめ5選徹底比較 有料カウンセリングの無料体験も評判
この記事では、キャリアカウンセリングを受けたいと思っている方に向けて、有料キャリア相談を受けることのメリットとおすすめのサービスを紹介します。私自身キャリアカウンセリングを受けたことで、働き方を見直す大きなきっかけになりました。仕事や転職の悩みを解消し、理想の実現をサポートしてもらいたい方は要チェックです。

 

自分の強みを見つける必要性

自分の強みを見つける必要性

そもそも自分の強みを見つける必要はあるのでしょうか?

  • 仕事でのパフォーマンスが向上する
  • キャリアアップのチャンスが増える
  • 自分が得意とすることが見つかり、人生のやりがいが増す
  • コミュニケーションが取りやすくなる
  • 相手にとってのメリットを提示できて内定に繋がりやすくなる

まず初めに上記5つのメリットについて解説します。

 

1、仕事でのパフォーマンスが向上する

1つ目の理由は仕事のパフォーマンスが上がり、成果や評価に繋がりやすくなることです。

自分の強みを知っていると、その分野においては自信が持てますよね。自信があると元々得意な上に、より良いアウトプットを出そうと努力を惜しまなくなります。

それによってますます評価され、モチベーションや待遇アップにもつながるでしょう。

 

2、キャリアアップのチャンスが増える

多くの人は自分の強みが理解できていないため、可能性に蓋をしています。

強みを知ることで、自己評価ができるようになります。強みを持っている部分に関しては自分に自信を持てるようになり、チャレンジに対しても前向きになれるでしょう。

また、明確に自分の能力を理解することで、スキルや実績を企業にアピールしやすくなります。そうした人の方が転職活動や副業において成果を上げやすいですよね。

強みを知ることは自分の可能性を広げることにもつながっています。

 

3、人生のやりがいが増す

強みが明確に持てると、自分という人間の特徴や使命のようなもの見えてきます。

自分が何をしたいのかわからず自信も持てないと、毎日ネガティブな気分で過ごさなくてはならなくなります。

ですが、自分の強みを知っていると取り組むモチベーションも上がります。結果的に人生のやりがいが増すという効果もあるのです。

 

4、コミュニケーションが取りやすくなる

強みがあると、チームの中での役割が明確になります。その結果、コミュニケーションが取りやすくなるという効果も。

自分自身の持つ強みで認識され、周りから頼られるのは嬉しいことですよね。

仕事ができる人は社会で評価されやすいですが、特に特定の分野で強みを持つことが社会人としての成功のコツだと言えます。

働く環境を良いものにするのも自分自身の強みなのです。

 

5、相手にとってのメリットを提示できて内定に繋がりやすくなる

就活生にとっては、自己PRにて自分の強みを伝えることは必須ですよね。

最近は学生時代に力を入れたこととして「ガクチカ」が注目されますが、企業が知りたいのは、あなたのどんな強みで会社に貢献してくれるかどうかです。

強みをしっかりとアピールすることができれば、採用担当者にあなたの良さが伝わりやすくなります。

その結果、希望する会社から内定を得やすくもなるので、強みを言語化することは非常に重要です。

では、どのようにしたら自分の強みを見つけることが出来るのでしょうか? 次章では5つの方法をわかりやすく解説します。

 

自分の強みを見つける5つの方法

自分の強みを見つける5つの方法

自分の強みを見つける方法として、ここでは以下の5つのメソッドを紹介します。

  1. 自分の性格やスキル、仕事や生活でのパフォーマンスを書き出す
  2. 自分の強みと弱みを把握するための自己分析ツールを使う
  3. 自分の好きなことが自分の強みにつながるかどうかを確認する
  4. 周りの人からのフィードバックを受ける
  5. キャリアカウンセラーや転職エージェントで市場価値を測る

いろんな方法があるので、いくつか試してみて自分に合う方法を見つけてください。

 

【15分で解説】書くだけであなたの「強み」が見つかるノート

 

1、自分の性格やスキル・仕事や生活でのパフォーマンスを書き出す中で見出す

前提として、思考を整理する際には紙とペンを使って頭の中に浮かぶ言葉を書き出しましょう。

紙とペンで書き出すのは非常に簡単に出来ることではありますが、効果は絶大です。書き出すことの効果については多くの専門家が実証しています。

頭の中だけで考えても、モヤモヤとしたまま答えは出にくいもの。気づけば他のことを考えてしまっているなんてこともよくあるのではないでしょうか。

強みを見つけることに特化したワークブックなどもありますので、こうしたものを活用してみてください。

 

 

2、自分の強みを把握するための自己分析ツールを使う

考えを整理するには書き出すのがおすすめですが、問題は何をどのように考えたらいいかということですよね。

ビジネスの場では、施策やアイディアを考えるときにフレームワークを使うことがよくあります。考えるフレームがあることで、最短距離で思考を進めていくことができます。

そうしたフレームワークには自己分析に特化したものも多くあります。

自分史作り自分の過去から現在までの経験を時系列で整理して、過去の傾向から自分の強みを明確化する
モチベーショングラフどんな状況でモチベーションが上がるor下がるのかをグラフにまとめて、強みの源泉を知る
ロジックツリー×Why分析自分の好きや得意なことに対して「なぜ」を繰り返して思考を深める
自分インタビュー自分自身でインタビューに答える形式により、主観的かつ客観的に自分の強みを理解する
SWOT分析強み・弱み・機会・脅威の4つの事象で考えることで、軸となる強みを決める

こうしたフレームワークを用いてみると強みが見えてきます。

自己分析をサポートするワークブックも販売されているので、そうしたものを使うのもおすすめです。

 

 

3、自分の好きなことが自分の強みにつながるかどうかを確認する

自分の強みは自分が好きなことの中にある可能性が高いです。好きなことの中から自分の強みを見つけようとしている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その際に注意すべき点があります。それは、好きなことが誰かの役に立つものかどうかということ。

消費的な好きではなく生産的な好きであることが条件になります。

「消費的な好き」とは、ただ自分が気持ち良くなるもののこと。一方で「生産的な好き」とは、やっている自分が楽しいだけでなく、同時に誰かにとっても価値を生み出すことを指します。

詳しくは以下の記事でも解説していますので、参考にしてみてください。

>> 【好きなことを仕事にするのは難しい? 仕事に出来る3つの条件】

 

4、周りの人からのフィードバックを受ける

強みは結局のところ、他人が評価するもの。そうであれば、誰かに自分の強みを聞くことが最も本質的かもしれません。

家族、友人、同僚、上司。人によってあなたの見え方は異なるでしょう。いろんな人にあなたの強みを聞いてみて、いろんな角度から自分を見てみましょう。

誰が何を評価しているのかがわかると、自分の強みとして伸ばしていくべきポイントに気づけるはずです。

 

5、キャリアカウンセラーや転職エージェントで市場価値を測る

自分の強みを誰かに聞いてみるのも一つの手ですが、それは各人の意見でしかないのも事実。好き嫌いの度合いのよっても評価は変わるので、当てにならない場合もあります。

社会において自分の強みとなるものを理解するためには、キャリアカウンセラーや転職エージェントを利用することもおすすめです。

市場価値を測れる診断サービスや適性検査も無料で受けられることがあるので、自分の強みを理解するためにそうしたものも役立ててみてください。

 

【厳選】人気キャリア相談サービスおすすめ5選 キャリアアップが実現する無料体験ありの有料カウンセリングを紹介

【2024年最新】キャリア相談サービスおすすめ5選徹底比較 有料カウンセリングの無料体験も評判
この記事では、キャリアカウンセリングを受けたいと思っている方に向けて、有料キャリア相談を受けることのメリットとおすすめのサービスを紹介します。私自身キャリアカウンセリングを受けたことで、働き方を見直す大きなきっかけになりました。仕事や転職の悩みを解消し、理想の実現をサポートしてもらいたい方は要チェックです。

 

強みをアピールする際のポイント

強みをアピールする際のポイント

自分の強みを見つけたい方の中には、面接や履歴書などで強みをアピールする必要に迫られている方もいらっしゃるでしょう。

自分で認識するだけでなく、誰かにあなたの強みを伝える際には以下のポイントを意識してみると良いでしょう。

  • 強みを身につけた(重視しようと思った)きっかけから伝える
  • 強みを有効に発揮した経験や考えている活用法を伝える
  • 言い回しが思いつかない時はAIツールを使うのも手

強みとなるスキルを磨こうと思った経緯を考えることで、単なる特徴がストーリー性を帯びます。

ストーリーにすると同じスキルでも個性を発揮できますし、相手の印象にも残りやすいのでおすすめです。

また、その強みを発揮できた経験もあなただけのオリジナルのストーリーに昇華できます。その経験をもとに、この先どんな風に貢献できるかまで伝えるようにしましょう。

どうしても上手な伝え方が思い浮かばないときは、ChatGPTなどのAIツールをヒントにするのも手です。

・〇〇という強みは社会でどう役立つ?
・〇〇という強みを他の言い回しに変えたら?
・〇〇という強みをうまくアピールする文章を考えて

このような質問をAIに投げかけると、新しいヒントが得られるかもしれません。

 

強みは今からでも作れる

強みは今からでも作れる

「自分の強みを探そうと思っても、何も出てこない」。そんな問題に直面してしまった方もいるかもしれません。

私自身もまさにそうでした。診断結果やフレームワークを使ってある程度の答えは出るものの、納得感を抱けるほどのものではなかったのです。

ですが、自分の人生を過去だけで判断する必要はないと気づきました。

要は、強みが見つからないなら自分の強みにしたいことを探してそのスキルを磨いていけばいいのです。

何を自分の軸にして伸ばしていきたいか。考えて、決めて、磨いていく。その過程で確実にあなたの強みは養われます。

理想の将来を考えて、そこに到達するために必要なものを磨く。そうすることで、強みは今からでも作ることができます。

ぜひ、試してみてください。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

LIFE WORK CAFEではキャリア相談も承っております。詳しくはキャリア相談&副業支援サービスページをご覧ください。

 

関連記事

【おすすめ6選】人生相談したい社会人は誰に相談するべき? 悩みはより良い将来へのきっかけです

キャリアの不安や漠然とした悩みを解消するには? 72%のサラリーマンが抱える悩みの原因と対処法

【個人向け】ビジネスコーチングを受けたい人におすすめのサービス|受けるべき人の特徴と必要性

転職に迷ったら誰に相談するのが正解? 上司やエージェントよりもキャリア相談に最適な相手とは?

【解決法】転職したいけど何がしたいかわからない?やりたいことが見つかる適職の探し方

【理想の仕事】ライフワークの見つけ方|やりがいのある天職を手に入れる3ステップ

【出会える】やりがいのある仕事の見つけ方|仕事には不満や苦痛だけでなく喜びもある

【解決策】好きなことがない? 自分の好きを見つけて人生を変える12の方法

【理解】「変わらないために変わり続ける」という名言の意味は? 歌詞で使っている人まとめ

キャリアカウンセリングの効果とメリット|キャリア相談の重要性と受けるべき人の特徴を解説